行政書士の問題で理解できないものがあります。
問題は以下の文章です。

★日本行政書士会連合会は、行政書士の登録を受けたものが
 偽りその他不正の手段により当該登録を受けたことが判明
 したときは、その事実が判明したときにその欠格事由が
 消滅している場合を除き、当該登録を取り消さなければな
 らない。

上記の文章は×(間違っている)のですが、いまいち理解で
きません。問題集によると、「その事実が判明したときにその
欠格事由が消滅している場合を除き」の部分が×らしいので
すが、文章自体がいまいちぱっと理解できないんです。

分かりやすくご説明いただければありがたいです。
どうぞ、宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

*補足欄でのご質問に関して



 執行猶予でも行政書士法第5条で欠格事由となっていますので、本来は、もちろん登録できません。
 が、
 いかんせん、登録する側も人間ですから、合格者が執行猶予中の身であることを隠していることに気がつかず(看過して)登録してしまうことがないとも限りません。

 法律の条文は、様々な状況を想定し、万一の事態が生じた際にも適切な対処ができるようにしておくため、複雑難解な言葉・表現を多用しています。この点に留意して立法主旨を把握すれば、条文解釈が楽になりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごく、俗に言う「ひっかけ問題」のようなものが
多々あり、かなり勉強しているときに理解に苦しむ
ときが多いんです。

でも、とても助かりました。これからも多くの疑問が
でてくると思いますので、また助けて下さいね。

本当に有難うございました。

お礼日時:2001/11/29 13:21

 登録取消については、行政書士法第6条の5第1項に規定されています。



 「日本行政書士会連合会は、行政書士の登録を受けた者が、偽りその他不正の手段により当該登録を受けたことが判明したときは、当該登録を取り消さなければならない。」

 要するに、ご質問の文中では、この条文に「その事実が判明したときにその欠格事由が消滅している場合を除き」が付け加えられています。

 それでは、具体的な例と言いますと、行政書士の欠格事由は同法第5条第1号~第7号に規定されています。このうち、第4号の「禁錮以上の刑に処せられた者で、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなってから2年を経過しないもの」で考えてみましょう。

 「執行を受けることがなくなってから2年を経過しないもの」は、すなわ
ち、「執行猶予判決を受け、その執行猶予期間が終了してから2年を経過していない
もの」です。こんな人でも、執行猶予期間中に試験を受け、合格することは可能です。で、執行猶予期間中であるにも関わらず登録され、そのことが執行猶予期間の終了後2年以上過ぎて判明したとします。この場合、執行猶予期間の終了後さらに2年以上が経過しているのですから、「欠格事由が消滅している」ことになります。

 この場合であっても、日本行政書士会連合会は、行政書士法第6条の5第1項の規定により、この人の登録を取り消すことができます。一方、ご質問にある文を言葉通り解釈すれば、この人の登録を取り消すことはできません。

 ご理解のお役に立ちましたでしょうか?

この回答への補足

早速のお返事有難うございます。

ちょっとお聞きしたいので補足させていただきました。
ということは、執行猶予期間中に登録されて、その事実が
執行猶予期間がすぎて判明した場合は、もちろん欠格事由が
消滅していますよね?

ということは、この執行猶予を受けている人は登録する
ことができるということですか?

補足日時:2001/11/29 13:02
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q行政書士で登録する際の欠格事由について

現在、行政書士の試験に合格し、将来的に登録を考えています。

ふと最近になって自分は欠格事由に該当しないかと不安になっています。

犯罪を犯したわけでもなく、破産者でもないですが、「行政書士の信用又は品位を害するおそれがある者その他行政書士の職責に照らし行政書士としての適格性を欠く者」と言う一文が妙に引っかかるのです。

信用とは?品位とは?と考えてしまいます。
過去にクレジットカードを強制解約させられている。
仕事を転々としている。
高校中退(旧大検には合格)
など、信用、品位を害する恐れが自分の中で少なからずあると思っています。
こういう理由で登録拒否をうけた方はいるのでしょうか?
どなたかお教えいただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この条文の文言には、「行政書士の~」と付いています。
つまり、行政書士の業務に関するものだけに関係するものです。

> 過去にクレジットカードを強制解約させられている。

ところで行政書士の業務としてクレジットカードを契約していたのですか??
あくまでも、行政書士ではなく、ご質問者様本人の資格で契約していたので、「行政書士の~」はまったく関係ないですね。

> 仕事を転々としている。
> 高校中退(旧大検には合格)

これもまったく同じ理由ですね。

Q行政書士独学についてお聞きします 行政書士を受けたいと思います ケータイ行政書士ミニマム六法 ケータ

行政書士独学についてお聞きします

行政書士を受けたいと思います
ケータイ行政書士ミニマム六法
ケータイ行政書士
1分マスター行政書士2冊を
買いました。

どのように勉強したらいいですか

Aベストアンサー

おそらくですが一分マスターの本は、行政書士の試験範囲についてコンパクトにまとめてある本ではないかと思います。知識の確認には有用なのでしょうが、法律の理解をするための本ではないため、何と言いますか、根付いた知識を身につけるには向かないと思います。
行政書士は、確か11月ですからまだ時間はあるので、伊藤塾の入門書などで、まずは、各法律の大筋をつかんだ方がいいと思います。それから過去問を解き、その合間に、こちらの本で、知識の穴埋めをしていくというのがいいのではないでしょうか。

ミニマム六法は、条文の語句の色分けをしてあるとのことですね。法律の条文は、一言一句、作る人のこだわりが込められているものです。法律の条文と最高裁の判決理由に無駄な語句はないと思います。最初の段階から、この条文はここだけ覚えればいいという習慣をつけるのは、おすすめできません。今までに試験に出てない重要なタームは完全に穴になってしまうのではないでしょうか。行政書士試験に条文の穴埋めのような問題が出るとすれば、こちらの本も直前期に見直すためにだけ使う方がいいと思います。普段の勉強は、面倒でも、普通の六法や判例六法を使った方がいいのではないかと思います。

おそらくですが一分マスターの本は、行政書士の試験範囲についてコンパクトにまとめてある本ではないかと思います。知識の確認には有用なのでしょうが、法律の理解をするための本ではないため、何と言いますか、根付いた知識を身につけるには向かないと思います。
行政書士は、確か11月ですからまだ時間はあるので、伊藤塾の入門書などで、まずは、各法律の大筋をつかんだ方がいいと思います。それから過去問を解き、その合間に、こちらの本で、知識の穴埋めをしていくというのがいいのではないでしょうか。

ミニ...続きを読む

Q行政書士試験に合格したら、行政書士会への登録・独立開業しなくても資格取得になるのですか?

行政書士試験その後について教えてください。ほかの方の質問にもあり、重複してしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。
現在、行政職員として学校に勤務しています。将来、行政書士として開業するかどうかはわかりませんが、行政職員としてスキルアップのためにも資格を持っていたほうがいいのかな?…と漠然と思い、勉強をはじめました。
試験案内を見ていたら、「行政書士となる資格」のところで、行政事務に20年従事しているものが資格を有するとのことがあったのですが、行政事務に従事していても勉強をして資格試験に合格するのとでは知識の差が違うのではないかな?(勤務が学校ですから分野(?)が限定されてしまいますので…)と思うので、受験して合格し、資格をとりたいなと考えています。
そこで、まだ勉強を始めたばかりなのですが、心配事ができてしまい、質問をさせていただきました。
☆質問☆
(1)行政書士試験に合格=行政書士の資格を取得と考えてよいのでしょうか?
(2)行政書士試験合格のその後には、行政書士会へ申請し登録すると開業できると言うことですが、公務員なので開業は考えていませんが、登録しなくても、行政書士資格取得となるのでしょうか?
(3)試験合格後、登録しないまま年月が過ぎても開業したいときに申請したら開業は可能なのでしょうか?
似ているような(?)内容3点になりますが、教えていただけるとうれしいです。よろしくお願いします。

行政書士試験その後について教えてください。ほかの方の質問にもあり、重複してしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。
現在、行政職員として学校に勤務しています。将来、行政書士として開業するかどうかはわかりませんが、行政職員としてスキルアップのためにも資格を持っていたほうがいいのかな?…と漠然と思い、勉強をはじめました。
試験案内を見ていたら、「行政書士となる資格」のところで、行政事務に20年従事しているものが資格を有するとのことがあったのですが、行政事務に従事していても...続きを読む

Aベストアンサー

お分かりだとは思いますが、試験合格しても行政書士会への入会をしなければ、行政書士を名乗ることも行政書士業務を行うことも出来ません。

履歴書などには、
○年○月 行政書士試験合格
ですし、名乗っても行政書士有資格者です。

知り合いのそこそこ大きい士業総合事務所では、支店や業務責任者以外の有資格者は、名刺に○○士有資格者と記載しています。あくまで登録者の補助業務として業務を行うためお金をかけないためでしょう。

合格時の証明書や試験センターなどが発行する合格証明などがあれば、いつでも登録・開業は可能でしょう。

Q今年の行政書士のテスト(行政書士合格者に質問)

去年、行政書士に受験して、不合格だったものですが、ここ3年間は、試験の難易度が高くなっていると思い、今後の対策に悩んでいます。

他のサイトなどで紹介されてた、司法試験用の伊藤塾のシケタイとかを基本書として使い、六法も判例六法とかを使っていますが、問題集も司法試験や司法書士とかを使うべきですか?

基本的に、行政書士の過去問題や参考書は、必要ですか? 予想問題や模試などは、購入や受けてみようとは、思っています。

最近の行政書士の合格者の方、アドバイスください。
他にいい勉強法あれば、教えてください。
基本的に、独学で勉強しようと思っています。

Aベストアンサー

平成16年に合格した者です。
昨年は少し傾向が変わったと聞いておりますので、ご参考までに。

行政書士試験も過去問は大事です。
私も5年分くらいは解いたと思います。
http://www.hajimete.tv/test/index.html

六法は、行政書士試験用の六法を買いました。
通常の六法も持っているのですが、それに載ってない規則などもありますので。
http://www.seibidoshuppan.co.jp/cgi-bin/serch/book_details.php?bookcd=2819

上記六法で条文の素読みはしたものの、今ひとつ身に付いてない気がしたもので、直前は、ひたすら下記書籍のカードをやりました。
http://book.dai-x.com/shop/6/2677.html

その他、早稲田セミナーの基本書も、たしか行政法は使ったと思います(諸法令というのもあったんですが、今はないのかな)。
http://www.w-seminar.co.jp/gyousho/view.cgi?gyousho_text_list.html%23nandemo2006

それから教養対策ですが、普段新聞を採っていないので、「新聞ダイジェスト」(月刊誌)を半年くらい購読してました。
これには時事ネタを就職試験向けにアレンジした問題が入ってます。
http://www7.ocn.ne.jp/~n-digest/

私が受験した感想は、行政書士試験は基本的に暗記がモノを言う試験だということです。
シケタイは、法的思考力を付けるのには優れていますが、これだけでは合格できないと思います(ただし、憲法・民法は量が多すぎることを別にすれば、有用かもしれません)。
司法試験の問題についても同様のことがいえます。
Takamituさんの場合、ある程度行政書士試験に特化した勉強をする必要があるのではないでしょうか。

来年は合格率も多少は上がると思います。
がんばって下さい。

平成16年に合格した者です。
昨年は少し傾向が変わったと聞いておりますので、ご参考までに。

行政書士試験も過去問は大事です。
私も5年分くらいは解いたと思います。
http://www.hajimete.tv/test/index.html

六法は、行政書士試験用の六法を買いました。
通常の六法も持っているのですが、それに載ってない規則などもありますので。
http://www.seibidoshuppan.co.jp/cgi-bin/serch/book_details.php?bookcd=2819

上記六法で条文の素読みはしたものの、今ひとつ身に付いてない気がしたもので、直...続きを読む

Q監査役の欠格事由について

監査役は、株式会社もしくは子会社の取締役もしくは支配人その他の使用人・・・をかねることができないとありますが、その他の使用人も兼ねることができないとすると、一従業員であってもいけないということなのでしょうか。「その他の使用人」の意味を教えてください。

Aベストアンサー

監査役についてはその会社或いは子会社の取締役、支配人、使用人を兼ねることができないとされています。一従業員が兼ねることはできません。

参考URL:http://www.h7.dion.ne.jp/~f-office/kekkakujuyuu.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報