はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

こんにちは
私は個人事業者で、今年から、青色申告に切り替え
(今までは白色申告でした)ようと簿記の勉強を
しています。

そこで、疑問があるのですが、私の読んでいる本には
現金出納帳や仕訳帳には

(1)国税
(2)地方税(住民税)
(3)国民健康保険料
(4)国民年金

の日々の出金は、記帳しろとは記述されていないのですが、どうも私の実感と食い違って疑問に思っています。
現金の入出金の管理が、帳簿作成の目的であるなら
(1)~(4)も記帳した方が理解しやすい(現実とあって
いる)気がしています。

それが、日々に作成する帳簿なんだ、との決まりだ
とは、理解はできたのですが、理由が解りません。

変な質問かも知れませんが、何方かご解説頂ける
と、ありがたいです。

よろしく、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

(1)国税


(2)地方税(住民税)
(3)国民健康保険料
(4)国民年金

その本の言わんとしているところは、これらはいずれも経費とはならないということでしょう。

経費にならなくても、事業用の財布から支払ったのであれば、記帳しなければなりません。特に、(3)と (4)は、税額計算の際に控除対象となりますから、事業会計から支出するのに何の制約もありません。その場合の仕訳は、次のようになります。

【事業主貸/国民年金/現金 (or普通預金など)】

なお、もう少し詳しく言うと、(1) でも所得税を延納した場合の利子税は経費となります。
(2) で事業用の土地建物にかかる固定資産税は経費となります。

経費にもならず控除もされない所得税や市県民税であっても、事業会計から支出したときは、「事業主貸」として記帳しなければならないことは言うまでもありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。
なんか、すっきりしました。
ありがとうござます。

お礼日時:2006/02/10 16:04

青色ですよね、個人事業の場合、現金出納帳や仕訳帳には、事業で使われる項目しか書きませんよ。

商品仕入れ支出、事業にかかわる公費など。領収書等の照らし合わせも、申告時確認のためにあったりもするので、そのための記帳が主です。


1~4は事業でなく、個人の支払いなので、別途家計簿等で毎月の支出を計算されていればいいのでは?
毎月支払われている1~4は市や区からハガキで、合算合計が送られてきますよね年度末に、なのでそれらを保険等合計の支払いと提出するため、わかる範囲で別にしておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、やはり事業に関することだけを
記述するのですか。。。
うーん 難しいですね

御回答有難うございました。

お礼日時:2006/02/10 16:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q市民税県民税の仕訳

個人事業主ですが、市県民税を支払いした仕訳が分かりません。
教えて頂けませんでしょうか?

Aベストアンサー

 個人所得税が経費参入できないように、市県民税はあくまであなた個人に課されたものです。従って事業収益とは無関係で「公租公課」として経費参入できません。

Q立て替えた費用の現金出納帳の記載の仕方で困っています。

経理初心者です。本を読んでもまだ理解ができていない事、またお金もなく、会計士の方にお願いする事ができないため些細な事とは思いますが困っております。どうかよろしくお願い致します。
たとえば社長・役員の人が経費の一部(たとえば水道代4986円)を現金で立て替えて支払い、その立て替え分がいつ返せるか分からない場合(もしかしたら何年かは返せない、本人も了承済み)の場合の現金出納帳の書き方は

  摘  要          入金  出金

借入金 山田太郎        4986
光熱費 ○○(コンビニ名など)     4986

でよろしいのでしょうか。また、これは口座を通さずに現金です。なので、銀行帳には記載する必要はないと理解しているのですが、いかがでしょうか。勘定科目は未払費用ではなくて借入金でよろしいのでしょうか。
そして、別に、借入金表(未払費用表)を作成して、誰がいついくら何の支払いをするためにお金を立て替えたという事がわかるようにする。
また、これを社長・役員ではなくて社員が立て替えて支払い、いつ返せるか分からない場合でも同じ処理の仕方でよろしいのでしょうか。このような事はきちんとした企業ではあり得ない事とは思うのですが、
私の会社ではまだ設立したばかりというのもあるとは思うのですが、誰かが立て替えて(ほとんどは社長です)返せるようになったら返そうという事になっています。。。
すいませんがどうかよろしくお願い致します。

経理初心者です。本を読んでもまだ理解ができていない事、またお金もなく、会計士の方にお願いする事ができないため些細な事とは思いますが困っております。どうかよろしくお願い致します。
たとえば社長・役員の人が経費の一部(たとえば水道代4986円)を現金で立て替えて支払い、その立て替え分がいつ返せるか分からない場合(もしかしたら何年かは返せない、本人も了承済み)の場合の現金出納帳の書き方は

  摘  要          入金  出金

借入金 山田太郎        4986
光熱費...続きを読む

Aベストアンサー

 #2さんのとおり、借入になると思います。複式簿記ですから、

借方科目:水道光熱費
貸方科目:借入金

 というような感じになるかと思います。
 返済まで何年かかろうと関係ありません。もし、あとで経営者に立替分の費用を払ったなのなら

借方科目:借入金
貸方科目:現金

 というようになります。
 もし、経営者がそのまま自腹を切るつもりで、会社の建て替え分はもういらないよ…という場合には、それは債権放棄(借金の棒引き)を受けたことになり、収入になります。

借方科目:借入金
貸方科目:雑収入

 という感じでしょうか。

 ちょっと話はそれますが…

>  摘  要          入金  出金

>借入金 山田太郎        4986
>光熱費 ○○(コンビニ名など)     4986

 この場合、「コンビニに」お金を払ったわけではなく、「コンビニで」お金を払っただけですから、適用の支払先は市町村の水道局や電力会社名などになると思います。

Q開業時の現金出納帳のつけ方

個人事業主として開業する予定ですが、現金出納帳の最初の記入の仕方がわかりません。最初の1行目にどう記入すれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

#1の追加です。

自営業の場合、青色申告にすると、記帳方法によって最大55万円の青色申告特別控除など、税制上の特典があります。
青色申告の特典と申請方法は、下記のページをご覧ください。
http://www.joho-yamaguchi.or.jp/icci/html/zeimu/aosin.html

なお、お近くの商工会か商工会議所(地域によっていずれかが有ります)へいくと、起業・記帳や経費についての指導や相談を無料で受けられます。

Q金銭出納帳の書き方・事業主の給料

金銭出納帳をつける場合、収入と支出(経費など)を日付に(年間通して?月ごと?)単に並べて記入していけばいいのでしょうか?
また金銭出納帳の中で経費は勘定科目ごとに集計しておいたほうがいいのですか?アドバイスお願いします。

個人事業者の給料についてですが、給料をどう決めて、金銭出納帳でどう扱ったらいいのですか?

Aベストアンサー

◆金銭出納帳をつける場合、収入と支出(経費など)を日付に(年間通して?月ごと?)単に並べて記入していけばいいのでしょうか?

1.記帳方法
金銭出納帳は、実際に現預金の入金・出金があった日付に、一行づつ、入金は借方(左の欄)に、出金は貸方(右の欄)に金額を記入して、出納帳摘要欄にはその取引の内容を記載します。(例えば、商品売上とか交通費支払い等)

金銭出納帳は上記のように毎日の入出金ごとに記帳して、○月分の出納帳として月単位で作成していきます(これを基に月次試算表が作成されるわけです)。月単位の出納帳が12ヶ月分集まったものが、決算書のベースになるわけです。

2.残高確認
一日分の入出金取引が終了したら、差引残高欄に残高を記入し、実際の現預金有高と照合します。 (現金有高確認の際には通常、金種表を使用します)
 
◆個人事業者の給料についてですが、給料をどう決めて、金銭出納帳でどう扱ったらいいのですか?

個人事業者の場合、個人事業者自身には給料は出せません。個人事業者自身の生活費を支出した場合には、「事業主貸」という勘定を使用して、出納帳に記帳します。(この勘定は最終的に「元入金」・「当期利益」・「事業主借」の勘定と相殺されます。)

個人事業者以外の者にたいする給料については、
給与×× / 現預金 ××
*****/ 預り金 ××(所得税・住民税)
*****/ 法定福利費××(社会保険料)
といった仕訳を切ることになります。

金銭出納帳では、現預金の支出の部分だけを記帳して、給与・預り金・法定福利費などの勘定科目を反映させるために「振替伝票」を作成して、それを会計ソフトに入力します。

仕訳がわからないときは、下記URLをご覧になってください。(仕訳Q&Aのところ)
http://www.otasuke.ne.jp/

参考URL:http://www.otasuke.ne.jp/

◆金銭出納帳をつける場合、収入と支出(経費など)を日付に(年間通して?月ごと?)単に並べて記入していけばいいのでしょうか?

1.記帳方法
金銭出納帳は、実際に現預金の入金・出金があった日付に、一行づつ、入金は借方(左の欄)に、出金は貸方(右の欄)に金額を記入して、出納帳摘要欄にはその取引の内容を記載します。(例えば、商品売上とか交通費支払い等)

金銭出納帳は上記のように毎日の入出金ごとに記帳して、○月分の出納帳として月単位で作成していきます(これを基に月次試算表が作成され...続きを読む

Q経費と現金出納帳、仕入れ帳

商売して半年ほど現金出納帳や元帳、仕入れ帳、経費帳などをつけてました。その後引越しをして店名も変えて、1ヶ月、開業をするためにいろいろと、消耗品など、かなり経費を使ってきました。もちろん、その間売り上げがなく、自分のお金を立て替えて支払ってきたのですが、帳面の付け方が分らないのです、経費をそのまま現金出納帳につけるとマイナスの掲示になり、開業した後も出来た売り上げは、元帳の銀行へ入金しますので、現金出納帳はマイナスのままになります。その場合ひょっとして現金出納帳を無視して、事業主借で経費帳に乗せるだけでいいのでしょうか。仕入れた先への支払いも自分のお金を立て替えて支払ってきたのですがこの場合も、教えて下さい。

Aベストアンサー

まず、事業の現金と、事業主個人の現金を別に考える必要が有ります。
事業の出納帳に関係するのは、事業の現金だけで、生活費として事業から事業主に渡した現金は、事業主個人のもので事業とは関係なくなります。

事業から事業主に生活費などを渡した場合は、次のような処理になります。
事業主貸し **** /現金

反対に、事業の式が足りなくなった場合は、事業主個人から現金を借りた場合は、次のような処理になります。
現金 **** /事業主借

そこで、ご質問の件ですが、売上代金は店の現金出納帳を通して、銀行に預ければマイナスにはなりません。

現金 ***** /売上 *****
預金 ***** /現金 *****

開業のために準備したものの購入した現金を、事業以外の生活費から立替えて支払った場合は、次のようないずれかの処理をします。

1.立て替えた分を、店が事業主個人から借りたことにします。
出納帳を通さないので、現金はマイナスになりません
消耗品費 ***** / 事業主借 *****

2.現金を事業主個人から借りたことにして、その枯れた現金から費用を払ったことにします。
現金が入金と出金に記帳されますから、現金はマイナスになりません。

現金 **** / 事業主借 ****
消耗品費 ***** / 現金 *****

上記の2以外の方法は別として、現金が動いた場合は、必ず出納帳と経費帳・出納帳と売上帳・出納帳と預金帳というように、2つの帳簿に記帳します。

まず、事業の現金と、事業主個人の現金を別に考える必要が有ります。
事業の出納帳に関係するのは、事業の現金だけで、生活費として事業から事業主に渡した現金は、事業主個人のもので事業とは関係なくなります。

事業から事業主に生活費などを渡した場合は、次のような処理になります。
事業主貸し **** /現金

反対に、事業の式が足りなくなった場合は、事業主個人から現金を借りた場合は、次のような処理になります。
現金 **** /事業主借

そこで、ご質問の件ですが、売上代金は店の現金出納...続きを読む

Q電気代を個人口座から引落した時の帳簿記入は?

個人事業での帳簿のつけ方について質問です。
自宅で仕事をしているので電気代と家賃を按分して経費にしたいのですが、この2つは毎月、個人口座の方から引き落としになっています。
それを帳簿につけるとき、
(1)按分した金額を現金出納帳に直接記入していいのでしょうか?
(2)その場合、引落された日付で「電気代○月分 ●%」とするのでしょうか?それとも1年分を合計して12/31付で記入するのでしょうか?
(3)電気代は前月の分を翌月払うようになっているのですが、
12月分は1月の引き落としを待って記入してよいのでしょうか?

初めての申告なのでどこまで細かく考えればいいのかわかりません。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>預金出納帳をもう一冊作って個人口座使用分…

家庭用の口座なら「預金出納帳」など要りません。

【再掲】
事業用の口座から口座から支払っているのなら「預金出納帳」に記載します。
家庭用の口座から支払っているなら、「事業主借」勘定で処理することになります。

>現金出納帳に「事業主借」として記帳するのが楽なのですが…

その電気料等は、とにかく口座引き落としなのでしょう。現金で支払っていないものを「現金出納帳」に載せてはいけません。
現金出納帳に事業主借として載るのは、家計からの「実際の現金」で、事業用経費を支払った場合です。

【再掲】
【水道光熱費】○○円/家事関連費(電気料)/【事業主借】○○円

これは現金出納帳には現れず、『経費帳』に「年末決算」として記載します。

Q自分で支払った社会保険料の科目名

個人事業主です。現在青色申告用の伝票を入力しているのですが、
私自身が支払った国民年金や国民健康保険料の科目は何になるのでしょうか?損害保険料でしょうか?

Aベストアンサー

>私自身が支払った国民年金や国民健康保険料の科目は何になるのでしょうか?
いえ、、、事業の収支計算に含めてはいけません。
それを含めずに事業所得を出してください。

国民年金や国民健康保険料は「社会保険料控除」といい、「所得控除」になります。
事業の所得を算出する経費にしてはだめです。

売り上げから経費を差し引いて所得を出します。
所得から所得控除を差し引くと課税所得が出ます。

この所得控除は本人控除、扶養控除、配偶者控除、生命保険料控除などとともに社会保険料控除などがあります。
ご質問のものは社会保険料控除という所得控除です。

Q現金出納帳に記入するんでしょうか? 銀行振込

何年も事務をやってなくて出納帳の書き方を忘れてしまったので
経験者の方ご回答お願いいたします。

※振込帳または振込用紙と通帳を銀行窓口へ持って行き
振り込んだ場合です。
領収書として振込の控えをもらうので他の領収書と一緒に
綴っているんですが、これを現金出納帳に書き込んでよい
のでしょうか?

例えば銀行窓口に通帳と印鑑を直接出して地代を10000円振込ました。
振込手数料は525円です。

10000 現金/ 9475 地代家賃
        525 支払い手数料

それとも直接窓口から振り込んで現金が手元に出る訳ではないので
記入しなくてもよいのでしょうか?
ちなみに通帳には 振込・手数料という風にしか書かれて
いないのでどこに振り込んだかわかりにくいです。
(銀行帳はつけておりません)

昔やってた事務で確か書き込んでた記憶があるの
ですが定かではありませんので何方か回答お願いします。

Aベストアンサー

多分ですが、
かつては現金化の仕訳をしてらっしゃったのだと思います。

この場合正しくは同日処理で

現金 10,000 / 普通預金 10,000

地代家賃 9,475 / 現金 10,000
支払手数料 525

です。

また、小口現金を用意してらっしゃらない点、
当座預金ではない点などから、
もしかして、企業会計ではなく、収支会計なのではないでしょうか。
そうなりますと、現預金を合わせた出納帳になっていたりもします。
いづれにしても、出金について、支払先と内容は記帳されなければなりませんね。

Q個人事業主の個人のカードから事業用の引落しが行われている場合の仕分けの仕方

個人事業主で同じクレジットカードから個人の利用分と事業用の利用分の両方が引き落とされています。
その場合の仕分けの仕方がよくわからない為、教えてください。

クレジットカードの場合、購入時期と支払時期がずれるので、
今は以下のようにしています。

2/1 通信費  2000円 / 事業主借 2000円 ← 購入時点の仕分け
3/10 事業主貸 2000円 / 現金   2000円 ← 支払日(引落日)の仕分け

根本的に間違っているかもしれませんが教えてください。

Aベストアンサー

個人事業主で同じクレジットカードによる仕訳
支払が月を跨ぐ時は、「未払金」て会計しましょう。
クレジット会社の請求書が届いた時点で
発行日付で
通信費100/○○クレジット NTT/未払金300
消耗品費100/○○クレジット ○○文具
車両費100/○○クレジット ○○スタンド
請求書の明細には、角該当欄に該当勘定科目を書いて捺印して保管しましょう。
銀行引き落とし日で
未払金300/○○クレジット/事業主借
と会計します。
なお事業主分は、仕訳しません。

引き落とし通帳を事業用として資産計上すると、事業主分は「事業主貸」となります。
この場合は、銀行引き落とし額とクレジット会社請求書の金額が一致して確認しやすくなります。
ご参考まで

Q弥生会計で国民健康保険や国民年金を入力するところを・・・。

こんにちは。

弥生会計で国民健康保険や国民年金を入力するところはありますか?
簡易入力では、損害保険や生命保険はあったのですが、みあたらなかったので・・・。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「簡単取引入力」で仕訳を入力されているのでしょうか。

初期に登録済みの中には、国民健康保険や国民年金はないようです。

国民健康保険も国民年金も生命保険と同じく「事業主貸」で仕訳を起こすことになります。
ですから、仕訳日記帳の画面を開いて、

事業主貸 ××× / 現金(預金) ××× 摘要:国民健康保険

のように入力すればよいです。

また、弥生会計で所得税の確定申告書も作成するのであれば、
第2表の社会保険控除のところに

国民健康保険の年間支払額の合計
国民年金の年間支払額の合計(国民年金の証明書の金額)

生命保険料控除のところに

一般の生命保険料の年間支払額及び個人年金の鮮明保険料の年間支払額

損害保険料控除のところに

地震保険料の年間支払額及び旧長期損害保険料の年間支払額

を記入することになります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング