今年は私立大学の大学院修士2年になり博士課程の受験をします。
1学外の博士課程を考えるとき合格率ってどのようなものですか
2難しいですか?
3.たいていは外国語なんですがどのような内容ですか一般的な英語
それとも論文を読まされるのか
そして
4.どのくらい出来たら合格できるのですか?
5.面接の方がウエイトが高いというのですか本当ですか
質問が5つの要点に別れていますがよろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず前提として,院試のようすは大学によってかなり異なります。



それをふまえた上で,一応それぞれの質問に答えてみますと,
1.院によりけりでしょう。ほぼ受かるところもあれば,3分の1程度のところもあったりするようです。
2.これもまちまちだと思います。
3.理系の院試,それもドクターとなると,その専門分野の英語の最新の論文がでることが多いようです。
雑誌にのったばかりの長い論文を読ませて,1000字とか2000字で要約させる,というのがよくあるパターン(なお原論文のうちAbstractの部分はしっかり削除してあります)。
しかし,1次と2次と両方で英語の試験がある場合,1次は一般教養的な英語の試験という場合もあります。その場合は,その専攻とは関係のない語学の教員が出題・採点するので,傾向がつかみにくくなります。
4.私が昔聞いた話では,語学は6割といっていました。(3で書いた一般教養的な試験の場合)
5.これもまちまちですが,面接と称して修論の中間発表的なものをさせるところでは,かなりウェイトが高いといっていいでしょう。そうでないところでも,博士課程となれば,今後一生研究者としてやっていく(と思われる)人を採用するわけですから,今後の心構えとか研究テーマなどはしっかり聞かれますので,そのへんがあやふやですと「この学生は大丈夫だろうか」とあとで議論になったりするかもしれません。(私の場合がそうだったと後から聞かされた)

いろいろと書いてきましたが,最初に書いたように院によってかなり個性がありますので,No.1の回答にもありますように,まず受けたい院に行って質問してみるとよいと思います。
院によっては過去の試験問題を公開しているところもあります(事務でコピーさせてくれたり,販売しているところも)。
また,研究テーマはどの程度自由に選べるのか,施設・設備はどの程度整っているか,机・本棚などの個人スペースがどの程度あるか,寝泊まりしやすいか等,下見の意味も込めて一度研究室をたずねて,先生や院生にきいてみるといいでしょう。
特に試験の傾向や面接のポイントなどは,院生に尋ねてみるといろいろ教えてもらえるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく有り難うございますとても参考になりました

お礼日時:2002/01/14 23:03

私も理系です。

生物系。
やっぱり研究室の訪問をお薦めします。
空きがなければどうにもなりません。
席を他において預かってもらえることもありますから
お早めに。
教授の推薦状もあればお願いしましょう。

英語ですが、いろいろとしか言いようがありません。
過去問を手に入れてください。
面接重視というのは、大学によっては指導教官が
「とりたい」と言ってくれれば通ることがあるからです。
ただし、東大医学部などは受験者も多くこの限りでもないようです。
この「とりたい」と言ってくださったときにあまりにもひどいと
終わりなわけです。
ただMで十分ペーパー読んでいれば普通は大丈夫と思います。
その程度の実力があれば良いと言うことでしょう。
あと、英訳もペーパーで練習するでしょうから大丈夫かと?
書く予定がないのでしたらこちらは少し練習が必要でしょう。

先の回答と併せて読んでいただければ幸いです。
とにかく研究室訪問をして、ボス、ラボの様子を観察してください。
あわないと悲惨なことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ドクター入試のことがいろいろ分かってきました
本当に詳細アドバイス感謝しています

お礼日時:2002/01/15 01:14

文系の方でしょうか?


文理で違うのかもしれませんが、Dの場合は試験はあってなきがごとし。
あんまりできないと落とされますけどね。
しかしながら普通に勉強していれば大丈夫ですよ。
しかしながらこちらよ大きいのは、
定員の問題もあるし、相手側が受け入れるかどうかの問題もあります。
もっとも、総研大などはコネもあまり関係なく難しいと聞きます。

先ずは、受験する大学の先生にコンタクトをとるのがはじめだと思います。

この回答への補足

理系の方ですよろしくおねがいします

補足日時:2002/01/14 21:39
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文系博士課程終了後の就職先は?

国際関係系の大学院の修士課程に進学しようとしているものです。
できれば、博士課程にも進学し、研究を深めたいと考えています。

博士課程に進学するということは、
就職が難しくなることだと分かっておりますが、
夢をまだ諦めたくは ありません。

そこで、
今のうちに、博士課程終了後のプランを練っておきたいと考え、
質問させていただきます。


私は、文系博士課程を修了した方は
研究職(大学教員)に就くというのが一般的なのではないかと思っています。

しかし、大学教員という以外に、
どのような就職先があるのでしょうか?(ちなみに、私の専門は国際政治です。)
また、
シンクタンク系でも、博士課程修了者を採用するのでしょうか?

大学教員以外に、一般的にどのような就職先になるのか、
全く無知なため、教えていただきたいです。
よろしくお願いいたします。

 

Aベストアンサー

私も政治や国際関係でしたが、博士課程の後すぐ就職しました。
ただ、自分で言うのもなんですが、ごく稀なケースです。

民間のシンクタンクはまず無理でしょう。
そうなると政府系しかありません。
国門研のように財団だけど、事実上外務省系という所もあります。
(ただ、ここは出入りが激しく、また活動も縮小しつつあります。)

基本的に、ほとんどないかもしれません。

なので、大学教員になるまで、どう食いつなぐかが重要です。
学術振興会の研究員、非常勤講師(ほとんどは語学、運が良ければ教養・専門導入科目)、外務省が募集する在外公館の専門調査員などがあります。

Q修士課程、博士課程の忙しさ

経験者の方は、学部時代の実験などの忙しさと比べて、修士・博士課程の忙しさはどのくらい忙しいですか?また、卒論・修論・博論を読み比べると自分は成長したなーと思いますか?教えてください

Aベストアンサー

忙しいかどうかは、自分次第でしょう。
私は今D1ですが、自分自身に課す要求やハードルが、修士博士と進むに連れて上がってるのでそりゃーもー大変になってきます。
昔自分が『満点』と思ってたラインが最低ラインになったりしますからね(それもどうなのだろう)

それと、学年上がるほど、後輩に教えることや、教授からいいつけられる雑用が増えて(ウチの場合)自分の直接の仕事とは関係ないところで忙しくなりますね。

ただ…『遅くまで実験している=やる気がある』とは限らないと思うんですよねぇ(飽くまで私の考えですが。No.2さんゴメンナサイ)
私は、むしろ卒論や修士初めの頃の方が効率・手際が悪く、結果として『遅くまで実験』していましたから。。

今の私は、卒論と修論の比較しかできませんが…
も、全然違いますねー(汗)
分野も多少違いますが、そもそも英文法からして卒論は酷い!
そして、論理が強引!!

…D論では、M論以上に成長できるように頑張る次第です(笑)

Q電気系の博士課程の就職

某国立大学大学院工学研究科修士1年の者で電子工学(デバイス系)
を専攻しています。現在、就職するか、博士課程進学かで迷っています。
先生方はこの分野は博士課程までいっても就職に困らないと言っていますが
それは博士課程に残ってほしいからいっているのではないかと思ってしまい
ます。博士課程修了後の就職先としてポスドクがありますが、期限付きなので不安定なのではないでしょうか?僕はいずれにしても研究職につきたいと
思っています。アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

再度回答させていただきます。
皆さん念頭に置いているのは日本で"一流企業"や"大企業"と呼ばれている企業への就職だと思われますが、残念ながらこうした企業では博士はあまり重用されていないことは事実です。
それは人事や昇級が年齢によって決定されるため、博士新卒者の多くは27~30歳となり、この人事制度では割高な人材となってしまうからです。したがって大学名はほとんど関係ありません。
こうした硬直した人事で採用しているくらいなので、日本の大企業の多くは、新卒者に能力や専門性求めておらず、入社後のOJTによる教育を重視します。全く畑違いではないものの、希望した研究につけることはないと考えてよいでしょう。
私にも日本企業(メーカー、製薬、総合企業)の人事で働いている友人知人は多くおり、すべてからこのような人事を行っていると聞きました。

しかし、民間の独立した研究所(野村総研や三菱総研など)、ベンチャー、外資、一部の日本企業は事業部門ごと、研究分野ごとに採用を行っており、高度な人材を求めています。もちろん、新卒の一括した採用ではないため、こういったところに貴方がエントリーするのであれば、年功による昇級や賃金は求められません。完全年俸制で実力がものを言う世界です。
ただ、個人というよりも、研究部門や課での成果が重要視されるので、チームワークは重要です。巷に流布しているような完全個人プレーや能力主義のイメージとは合致しません。
一度、こうした人材の流れに身を置くと、転職は珍しくありませんが、転職しやすいです。
より条件のいいところ、より自分の高めたい専門性が生かせるところに移っていくことも、キャリア形成の手段となります。

このような人事、採用は中途(キャリア)採用の現状と非常に近いです。
なので、中途(キャリア)採用に積極的な企業は、博士などの高度な人材の採用にも積極的といっていいでしょう。
中途(キャリア)採用に積極的な企業のなかには、労働内容がきつくて退職者が多いので、中途採用に積極的というところもあるので、ちゃんと求めている経験や能力が具体的であるか、確認してください。

大学への就職はオススメできません。
基本的には退職者のポストを穴埋めする募集しかされず、仮に助手や助教として採用されても、給料は低いです。
准教授以上は給料が格段に上がりますが、テニュア(終身在職権)なのでこれをとれるかどうかは35歳までの実績にかかってきます。
日本の大学で40歳以上でテニュアはまずとれないと思ったほうがいいです。

もし、日本の大企業に就職するような希望を持っているとしたら、博士号の取得はオススメできませんが、需要はあります。
博士をとったからといって一概に就職が不利とは言えません。
大切なのは、博士で行う研究が、就職に結びつくのかどうか、貴方の能力が社会で必要とされているかどうかにかかっています。
また、民間企業の定年退職者であっても、博士号取得者に対して再雇用は大学は割と行っています。
特に私立大学では、工学、物理、化学の基礎科目は枯れた内容であるので、働いていた経験を踏まえて面白い講義を行える人の需要はあります。貴方がその年齢になる頃には世の中も変わっているでしょうから何とも言えませんが、現状では定年後のことまで考えると、決して博士号取得は損とは言えないと思います。

日本の現状は、残念ながら博士号取得者に優しいとは言えませんが、人材の流動性は高まって行くでしょう。
前も書きましたが、貴方が重視することが何なのかが最も重要です。

再度回答させていただきます。
皆さん念頭に置いているのは日本で"一流企業"や"大企業"と呼ばれている企業への就職だと思われますが、残念ながらこうした企業では博士はあまり重用されていないことは事実です。
それは人事や昇級が年齢によって決定されるため、博士新卒者の多くは27~30歳となり、この人事制度では割高な人材となってしまうからです。したがって大学名はほとんど関係ありません。
こうした硬直した人事で採用しているくらいなので、日本の大企業の多くは、新卒者に能力や専門性求めておらず、入社...続きを読む

Q博士前期課程と修士課程

大学院のマスターのことを博士前期課程というところと修士課程というところがありますが、全く同じ意味ということはわかりますが、なぜ2種類あるんですか?
もし、使い分けがあれば教えてください。

Aベストアンサー

文科系の博士課程修了者です。

私の大学では、もともと「博士前期課程」・「博士後期課程」という言葉は無く、「修士課程」・「博士課程」とされていました。学者になりたい人は、まず修士課程に入って修士になり、博士課程にほぼ自動的に進学(形式的に試験はする)する感じでした。

大学院重点化によって、「専修コース」・「社会人コース」など修士で終わって、社会に出る人たち(学者志望ではない)用の課程ができまして、これらがみんな修士課程に編入されたのです。これに伴って、学者志望者の修士課程は、「博士前期課程」となり、博士課程は「博士後期課程」となりました。ただし、これは書類上のことで、今でも慣例で、「修士課程」・「博士課程」と呼んでいます。

けっこう大学によってバラバラで、筑波大学なんかは、昔から「博士前期課程」・「博士後期課程」という言葉を使っていたと思います。ただ、今は全部この言葉に統一されているはずです。

Q博士課程に進むか就職するか迷ってます

32歳の修士2年男性です。
博士課程に進むかどうか迷ってます。

私は、大学を出たあと正社員として1年ほど働いていましたが辞めてしまい、それからはフリーターや契約社員などをしていました。
語学が好きなのですが、言語について色々学びたいと思い、
28の時に三年次編入生として今の大学に入学し、そのまま院に進みました。当時は博士課程まで進み、大学教員を目指すつもりでいましたが、最近その気持ちが揺らいできました。

その主な理由として次の2つがあると思います。
1.このまま博士課程に進んだとしても大学教員になれる保証はない
2.生活のために接客業でバイトしているが、しかたなしに働いてるという感じではなく、従業員が一体となって業務をこなすことに小さな喜びを感じてしまっている。

研究は研究で楽しいと思うんですけど、一方ではみんなで働くことに充実感を感じてしまっています。
年齢的にもっと若ければ一度働いてみて、それでも博士課程に進みたければまた戻ってくるという方法もありますが、
32歳という年齢のためか生活の安定を考えるようになってきました。

今までは今更まともな仕事なんて見つからないと思っていて、
ハイリスクハイリターンを覚悟であくまで大学教員を目指すつもりでしたが、
やはり将来が不安なので、就職という選択肢が浮上してきました。


もし、就職するのならこれ以上年齢を重ねる前に就職先を探す必要がありますが、社会人としてキャリアといえるものを持っていないのでかなり不安です。かといって、博士課程を出てから就職活動するのは絶望的だとも言えます。

就職する場合、今まで積み重ねてきた語学力がそのまま無意味になってしまうのは惜しく、ホテル業界なら多少は外国語を使うことがあるかもと思っています。
昔、ホテル業界に少し興味があったこともあるので、就職するならまずはホテル業界から探してみようと思っています。。。
32歳の業界未経験者がホテル業界で就職することは現実的に可能でしょうか?


博士課程の出願締め切りまで日が無く、
周りにも相談できる人間が少ないので、どうしていいのかと焦っています。
質問らしい質問になっていませんが、どなたかご意見あればおっしゃってもらえませんでしょうか?

32歳の修士2年男性です。
博士課程に進むかどうか迷ってます。

私は、大学を出たあと正社員として1年ほど働いていましたが辞めてしまい、それからはフリーターや契約社員などをしていました。
語学が好きなのですが、言語について色々学びたいと思い、
28の時に三年次編入生として今の大学に入学し、そのまま院に進みました。当時は博士課程まで進み、大学教員を目指すつもりでいましたが、最近その気持ちが揺らいできました。

その主な理由として次の2つがあると思います。
1.このまま博士課...続きを読む

Aベストアンサー

接客と英語が得意なら、ホテル業界への就職は「不可能ではない」と思います。

博士課程を出てから就職活動とありますが、研究職につかないのなら博士号はキャリア(評価の対象)にはなりません。一般就職を目指されるのでしたら博士課程へ進む意味は無いでしょう。

あと、就職のモラトリアムとしての進学は、ゼミり士気を落としますので、受け入れ側にとってみたら、あまり好ましくは無いと思います。

Q新制大学の修士課程と博士課程との接続関係

戦後長い間、修士課程は2年で博士課程は3年であり、博士課程は修士課程を修了後に修めるものとされてきました。しかし昭和24年の「大学院基準」では、両者は上下の関係ではなく、並立の関係であり直接博士課程への進学が想定されています。もちろん、修士課程を修了後であっても進学可能ですが、その場合は修士課程の履修単位は博士課程に算入できるとまで記述されています。なぜ修士課程と博士課程の並立制が実現しなかったのでしょうか?一説には、当時の文部官僚がGHQの並立示唆を上下関係と誤解した結果との解釈もあるようです。3年で済むところが、ミスで5年も必要となったとすれば、社会的責任は大きいと思います。真相をご存知の方、教えていただきたいと思います。

Aベストアンサー

度々失礼します。立命館大の件、私の勉強不足でした。4年生が進学する際、3年で学位が取れるコースと強調し、まさかと思いながらも、そんなこといいながら5年かかるのではないかと思っていましたら、3年目で退学しました。

さて、大学教員の立場から言えば、学士、修士ともすでに学位破壊(それにふさわしいものだけが学位を得てるか)が起きています。4年間授業料を払ったのだからもう1年払わせるのはかわいそうとか、留年させたら退学するとか言う学生の意見を真に受けて卒業させる教員もいます。

大学の学位で基本的に学位破壊が起きていないのは博士だけ(と思っていますがもちろん例外はあるでしょうが)、これを3年にするとどうでしょうか?それで、多くの人が学位を取れるのかということです。多くの人が5年かかる(あるいはそれ以上)のであれば、やはり5年を標準にすべきと思います。

質問文ではGHQが並立制を示唆としたと書かかれているのですが、No.5に対するお礼では、まるで日本が3年制を主張していたかのように取れます。いずれにしても、3年制は、一つのやり方であって、正しいかどうかは別問題です。本国の米国でも5年が一般的であり、3年制が良いとは思えません。要は博士学位に対する認識の問題であり、本来は、GHQや政府が決めることではなく、大学側が決める問題です。博士は、これだけの実績を上げたものに与えられるべきだという基準です。

私が論博を取るとき、ファーストオーサーで10本を要求されました。課程博士だと3本でよいということでした。このような二重基準も問題ですが、課程博士の年限を短くすることはより悪化する方向だと考えます。特別な実績をあげたものは学部卒後3年で博士の学位が取れるという基準で十分だと思います。

度々失礼します。立命館大の件、私の勉強不足でした。4年生が進学する際、3年で学位が取れるコースと強調し、まさかと思いながらも、そんなこといいながら5年かかるのではないかと思っていましたら、3年目で退学しました。

さて、大学教員の立場から言えば、学士、修士ともすでに学位破壊(それにふさわしいものだけが学位を得てるか)が起きています。4年間授業料を払ったのだからもう1年払わせるのはかわいそうとか、留年させたら退学するとか言う学生の意見を真に受けて卒業させる教員もいます。

大学の...続きを読む

Q博士課程後期の就職について

生物系の博士課程後期の大学院生です。
就職を考えているのですが、企業の就職は難しいの
でしょうか?リクナビをみてても、医薬品のメーカー
などは博士課程後期の学生を募集している企業があり
ますが、内定をもらうのは難しいでしょうか??
WDB(バイオ系の派遣会社)のサイトをみると、会社名は
伏せてあるし、即日採用って会社が多いですが、まともな
会社はあるのでしょうか??
生物系の博士課程の就職のことが分かる方がおられましたら、
どんなことでもいいので教えて下さい。

Aベストアンサー

博士後期の就職は年が上なだけに厳しいです。
一般に企業の就職は難しいといわれていますが、
結局は本人次第じゃないでしょうか。
専門性を生かさないと就職は厳しいでしょう。
最後に1社行くところを見つければいいのですから。

WDBは派遣ですが、
まともな会社もあると思います。
面接に行ってみてください。

博士号を是非社会に生かしてください。

Q社会人の進学~博士課程前期(修士課程)~

大学院へ進まれている方のほとんどは、
志望する際には「研究テーマ」が具体的に決まっているのでしょうか。

例えば、
「ベンサムやH・L・A・ハートの法実証主義に興味がある」
と、いったような抽象的な「興味」の段階ではないのでしょうか?

もっと具体的に
「ベンサムの『無政府主義的誤謬論』にみる自然権批判」
とか、具体的なテーマが求められるのでしょうか?

Aベストアンサー

入学後に研究テーマを決めてもよい院もあります。
反対に、テーマと研究方法まで絞ることを要求するところもあるので、受けたい院を調べたほうが確実です。

Q博士課程に進学する人は就職は考えていなかったのでしょうか?

 国の大学院重点化計画により東大を中心とする旧帝大の院は、偏差値の低い大学の学生でも入学できるようになりました。昔と比べると博士課程に進む人も多くなり、今ではポスドクが1万人は超えているらしいです。
 博士課程に進学すると言うことは大学の教員を目指すわけですが、地方の私大でも助教の公募は数百倍になります。当然選ばれるのは難しいわけでポスト待ちになるわけですが、ポスドクは期間がありだいたい35歳ぐらいまでらしいです。この期間を過ぎてフリーターになる博士は毎年たくさんいます。博士号と言う最高の称号を持っておきながらフリーターになるわけです。こんな悲惨な現状を知っておきながらなぜ博士課程に進学するのでしょうか?東大卒でもこんな人はいます。修士卒で一流企業に入社すると言う選択肢は考えていないのでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

>博士号と言う最高の称号を持っておきながらフリーターになるわけです。
この考えは間違ってはいませんが、偏見も多々あります。
分野にもよりますが、博士課程の人が就職するのはそれほど難しいこと
ではありません。
理系であれば大手メーカーに博士課程の枠やポスドク枠というのがあるの
で大手企業に就職することもできます。
メーカー以外でも総合研究所(コンサルファーム、シンクタンク)や
民間の研究施設は、修士以上の学歴がないと応募できないところも多々
あります。
ポスドクや研究補助のあなたが言う「フリーター」になってしまう人たち
はこれらの道を選ばずに、自分の研究を続けて、その分野の研究者や教員
を目指している人たちです。
最近では、博士が認知されるようになってきて、ポスドクから大手企業に
転職することもできるようになってきました。
修士の人と比べて3年年齢が上ですが、それなりの知識、技術を持った人
であれば社会でも評価されるということです。

Q大学院の修士課程、博士課程について教えてください

大学院は修士課程2年と博士課程3年の計5年ですよね?一般的に修士課程のみで卒業する方がおおいのですか?もちろん修士を終了しないと博士課程にはすすめませんよね?修士課程を修了してさらに勉強したい人は博士課程へ進むという考え方でよいのでしょうか?博士課程にすすむのには試験はあるのですか?

Aベストアンサー

> 大学院は修士課程2年と博士課程3年の計5年

ですね。
学部を卒業した方(学士課程)を対象とした教育が行われるのが大学院の修士課程(博士前期課程)で、
その課程を修了し修士の学位を持つ方を対象とした教育が行われるのが大学院の博士課程(博士後期課程)です。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=916043

その課程をこなすことは、終了ではなくて修了という言葉を使います。
修士課程(博士前期課程)を修了した方のうち、博士後期課程への入学試験(または5年制博士課程への3年次編入学)を合格した場合には、博士後期課程に入学することができます。なお、修士課程よりも博士後期課程のほうが定員がかなり少なくなりますので、制度的に入学できないという場合もそれなりにあります。なお、博士課程の目的として、専門的な研究者を養成するという性質が強くなりますので、入学試験には面接や修士論文・入学後の研究計画(指導教員との打ち合わせや広い意味での実現可能性を含む)などが合否の基準における重心になってきます。

> 修士課程を修了してさらに勉強したい人は博士課程へ進むという考え方

たしかにそうなのですが、「勉強する」よりは「研究する」、あるいは企業人としての生き方よりも研究者としての生き方を選ぶ方が博士課程へ進む、というほうが正確かと思います。

仮に首尾よく博士課程を修了し、博士の学位を得ても、それを生かす職は限られています。博士としての知見をかならずしも必要としない職をそのときになって選ぼうとしても、採用する側からすればそれなりの年齢になっている博士号保持者よりもピチピチした若者を採用する傾向がありますので。最近、「余剰博士」という新聞の言葉がでましたのでそのあたりをgoogleると状況がみえるかと思います。

> もちろん修士を終了しないと博士課程にはすすめませんよね?

基本的・原則的にはそうですが、必ずしも修士課程を修了していなくても博士課程に進学することは可能です。就職して企業で研究に従事し、進学・研究したい分野での業績が認められれば、受験資格を与えてくれる場合があります。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=916043

> 大学院は修士課程2年と博士課程3年の計5年

ですね。
学部を卒業した方(学士課程)を対象とした教育が行われるのが大学院の修士課程(博士前期課程)で、
その課程を修了し修士の学位を持つ方を対象とした教育が行われるのが大学院の博士課程(博士後期課程)です。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=916043

その課程をこなすことは、終了ではなくて修了という言葉を使います。
修士課程(博士前期課程)を修了した方のうち、博士後期課程への入学試験(または5年制博士課程への3年次編入学)を...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報