先日カフェインの抽出実験を行いました。実験の流れは、

熱湯&ティーバッグで紅茶をつくる。
熱いうちに酢酸鉛(II)水溶液を沈殿が生じなくなるまで加える(全体的に茶色くなる)。
吸引ろ過(ろ液は黄色)。
ろ液に硫酸を沈殿が生じなくなるまで加える(全体的に白くなる)。
吸引ろ過(ろ液は黄色)。
分液ロート&ジクロロメタンで三回抽出。
無水硫酸マグネシウムで乾燥・・ろ過・・アセトン・・リグロイン・・・

みたいな流れでした。。。
ここでわからないのが、酢酸鉛(II)水溶液と硫酸はなぜ入れたのかです。紅茶の中のカフェイン以外の成分を取り除くためであるとは思うのですが、詳しく何を除去しているのかわかる方いらっしゃいましたらアドバイスをおねがいします(>_<)

あと、アセトンでカフェインを溶かしてリグロインで再結晶したわけですが、ここでアセトンとリグロインは入れすぎに注意と言われました。
入れすぎるとどんな不都合なことがおこるのでしょうか?
これもわかればアドバイスをよろしくおねがいします。
質問が多くてスイマセン(>_<)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

最近のカフェイン抽出実験では、酢酸鉛などは加えないことが多いのですが・・・あまり効果がないようですので。


それはともかくとして、以前は酢酸鉛や、スズ化合物などを加える方法が行われていたように記憶しています。

本題ですが、酢酸鉛(II)の意味は、抽出物中のタンニンを除くためだと思います。すなわち、タンニンなどと鉛が不溶物を作るということでしょう。ただし、抽出物自体が複雑な混合物ですし、タンニンというのも単一の化合物ではありませんので、実際にそのようなことが完璧に起こっているかどうかは不明です。

硫酸の意味はおそらく、過剰に加えた鉛を硫酸鉛(白色固体)として除くためだと思います。

アセトンとリグロインに関しては、再結晶の操作です。カフェインはアセトンにはよく溶けますが、リグロインには溶けません。
始めにアセトン溶液を作っておいて、それにリグロインを加えることによって、溶解度を低下させ、カフェインの結晶を析出させるという操作です。アセトンとリグロインの混合溶媒にも、ある程度カフェインは溶けますので、それらが多すぎると、カフェインの結晶がでてこない(すなわち過飽和にならない)可能性があるということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。アセトンとリグロインのところは特に納得できました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/04/25 13:52

ちょっと分らないところもありますが…。


http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~rika/kagaku/jikke …
にあるように、鉛イオンはこの例のマグネシウムの代わりにタンニンを除くために加えるのでしょう。
硫酸酸性にするのはアルカロイド(アルカリみたいと云う意味)なので溶けやすくしているのですが、沈殿は多分過剰の硫酸鉛。
アセトンとリグロインは入れすぎると結晶が出て来る濃度にならなくなって仕舞うからだと思います。
アセトンが多すぎると引用HPのようにエバポレータを使ったりして「濃縮」してやらなければならないハメに…。
鉛を使うよりマグネシウムの方が「安全」なんですけどね…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

硫酸酸性はアルカロイドなので溶けやすくすろために使っている・・なるほど。ありがとうございました。

お礼日時:2006/04/25 13:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカフェインって依存性ありますか? コーヒー飲めるようになってからふと飲みたくなるときがあるんですが、

カフェインって依存性ありますか?
コーヒー飲めるようになってからふと飲みたくなるときがあるんですが、、

Aベストアンサー

病的な意味での依存症はありません <-珈琲で摂取出来るレベルなら尚のこと

夏の暑い時期にビールが飲みたくなったり
寒い冬に暖かい鍋を食べたくなったり
そういうのと同じ意味合いで、どうしても飲みたくなる!というのはある

それをたとえとして、依存症なんて言うことはある

Q先日学校の実験で、分光光度計を使った実験を2つ行いました。

先日学校の実験で、分光光度計を使った実験を2つ行いました。
1つ目の実験ではシングルビームの分光光度計(40cm四方、厚み15cmくらいの小型のもの)を用い、水中のカドミウムをフェナントロリンで呈色させ、決まった波長で吸光度を測定しました。
2つ目の実験ではダブルビームの分光光度計(奥行60cm×横幅80cm、厚み20cmくらいの本体にモニターが載ったもの)を用い、数種の濃度の過マンガン酸カリウムの溶液を、波長をスキャンして測定し、得られた吸収スペクトルから最大吸収波長や吸光度などを出しました。

シングル/ダブルビームの違いはビームの数で、特徴として、シングルビームは常に同一セルを使えるが毎回参照を測定し、試料の測定結果から補正しなければならない。
ダブルビームはセルが二つ入れられ、常に(交互に)参照と試料を測定しているので、長時間使っていてもデータのブレが起こりにくい、ということだと理解しています。

そこで質問があります。上記以外の基本的な特徴は下記のとおりで合っていますか?
●シングルビームの特徴
波長スキャンができない=吸光度は測れるけどスペクトルは得られない。
測定波長が決まっていて、吸光度の数字のみ測りたいときに使う。
装置が小型(前述の実験1の装置サイズ)

●ダブルビームの特徴
装置が大きい。
スペクトルを見たいときのみ使う。

それとも、シングル/ダブルの方式の違いと、
波長をスキャンしてスペクトルを得られることは別ですか?
「大型で、吸収スペクトルを測れるシングルビーム」や、
「小型でスペクトルは測れず吸光度のみが表示されるダブルビーム」
なども存在するのでしょうか?
(そんな装置も作れるけれど、わざわざダブルビームにするのに、
スキャン機能を省略することはない、ということでしょうか?)

恥ずかしい質問かもしれませんが、宜しくお願いいたします。

先日学校の実験で、分光光度計を使った実験を2つ行いました。
1つ目の実験ではシングルビームの分光光度計(40cm四方、厚み15cmくらいの小型のもの)を用い、水中のカドミウムをフェナントロリンで呈色させ、決まった波長で吸光度を測定しました。
2つ目の実験ではダブルビームの分光光度計(奥行60cm×横幅80cm、厚み20cmくらいの本体にモニターが載ったもの)を用い、数種の濃度の過マンガン酸カリウムの溶液を、波長をスキャンして測定し、得られた吸収スペクトルから最大吸収波長や吸光度などを出しました。

シン...続きを読む

Aベストアンサー

●シングルビームの特徴
波長スキャンができない=吸光度は測れるけどスペクトルは得られない。
→スペクトルは測れますが、対照補正が出来ないので、正しいスペクトルとはなりません。

測定波長が決まっていて、吸光度の数字のみ測りたいときに使う。
→主にこの使い方となるでしょう。

装置が小型(前述の実験1の装置サイズ)
→小型かどうかは、どうでしょう。今シングルのものはあまり販売していないのでは。

●ダブルビームの特徴
装置が大きい。
→ダブルのものでもかなり小さいものもあります。

スペクトルを見たいときのみ使う。
→スペクトルを測る場合のみではなく、対照吸光度補正が出来るので、通常の吸光度を測る場合に使用します。

Qカフェイン依存症?

妊娠4ヶ月です。
妊娠する前は紅茶を1日10杯以上毎日飲んでいました。
カフェインはあまり良くないとのことで、妊娠してから1日2杯くらいにしてあとは我慢しています。
ほかに水やカフェインレスのコーヒーや麦茶でなんとか自分をごまかしてきましたが、紅茶が飲みたくて仕方がありません。
そのうち爆発してがぶがぶ飲んでしまいそうでこわいです。
そうは言っても赤ちゃんの為に我慢するしかないですよね。

同じような経験をされた方はいらっしゃいますか?
どのようにして乗り切ったかも教えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

私も紅茶が大好きな妊婦です。コーヒーに比べて紅茶はカフェインレスの物が少ないですよね。

それでも、紅茶でもカフェインレスの物があります。私はここから度々購入していますが、対応が早くて注文したらすぐに発送してくれます。

妊娠したからと行って我慢我慢では辛いですよね。紅茶が飲みたいということなら、カフェインレスの紅茶を用意してみてはいかがですか?

参考URL:http://www.nuagetea.com/nuage.caffeinfree.html

Q紅茶からカフェインの抽出実験で…

抽出したカフェインの融点が232度になってしまいました。
実際では238度になるはずですよね。
何でこうなってしまったのでしょうか???

Aベストアンサー

 正しくカフェインを抽出しているとして・・・
 融点が低いということはまだ不純物が混ざっていると思われます。再結晶して純度を上げてみてはどうでしょうか。でも、融点測定は上手くやらないと多少誤差が出ると思います。
 あと「混融試験(カフェイン標準品とサンプルを混ぜて融点を測定する)」をして融点が変化しなければほんとにカフェインであることを確認できます。

Qカフェインについて

カフェインはなぜ、薬物として扱われないのでしょうか?

覚醒作用があり、致死量があり多量摂取すればカフェイン中毒になると聞きました。依存性もあるんですよね?眠気覚ましに、ブラックコーヒーや無水カフェインが入った栄養ドリンクをよく飲みますが、なんだか体が蝕まれそうで怖くなってきました。

Aベストアンサー

カフェインを一つの化学物質として評価したとき、カフェインの有害性は、ありふれた程度のもので、特に毒物、劇物として規制する危険性がないからでしょう。むしろ、お茶や琲などのカフェインを含む飲み物には利尿作用、強心作用などがあり、昔から「体に良い飲み物」とされています。
なお、薬事法では無水カフェイン、安息香酸カフェインが劇薬指定されていますが、食品として摂取する限り、有害作用が生じるほど過剰に摂取するのは、先ず不可能ではないでしょうか。

Q先日、化学の実験でNaをH2Oに入れる実験を行いま

先日、化学の実験でNaをH2Oに入れる実験を行いました。H2Oにフェノールフタレイン液をあらかじめいれておき、Naを投入すると、赤くなることからH2OないしはNaがアルカリ性になったことがわかりました。いったい何故アルカリ性になったのでしょう?教えてください。

Aベストアンサー

この実験でNaがアルカリ性になると考えるのは理科的なセンスが
良くないと思います。NaとH2Oが反応して新しい物質ができます。

Na単体を水に入れると以下の反応がおこります。
2Na + 2H2O → 2NaOH + H2

フェノールフタレインが赤くなるのはNaOHができたからです。
また、場合によってはH2が燃えて火がつきます。
そのとき、臭いがするのは、たいてい保存していた石油の燃焼の臭いです。

Qコーラ類の依存・中毒性について

私は毎日500mlから1lのコーラを飲用しています。出来るだけ糖尿病や肥満等の身体への負担を少なくするように、<コカコーラ>であれば【コカコーラ・ゼロ】か【コカコーラ・ゼロフリー】。<ペプシ>であれば【ペプシ・ネックス】を選んでいます。<コカコーラ・ゼロフリー>は就寝直前に飲用すると、含有されているカフェインが作用して寝付きが悪くなるので注意が必要です。カフェインが含まれていない【コカコーラ・ゼロフリー】等のコーラ類は特に安売り店では殆ど販売されていないので困っています。前置きが長くなりましたが、コーラ類には依存性や中毒性はありますか?もしそれらの有毒な作用があれば、固有の商品名はお答えし辛くても、有るか否か。もしくは何かの有害性があればその対策法を教えて下さい。

Aベストアンサー

私は毎日3回自己血糖の測定とインスリン注射をしないといけない糖尿病のクセにコーラが大好きという困った人間なのですが…
「ゼロ」だから糖尿にならない、ということはないと思います。
先日、トクホのペプシスペシャルが発売になりましたが、それを機にゼロカロリーコーラと血糖値の関係を調べました。
これには直前の食事内容や体調など個人差がありますのでデータとしては不確実ですが、一番血糖値に影響が出たのはコカコーラゼロで、飲用後20分で約40%の上昇が見られました。
次に多かったのがトクホのペプシとキリンメッツでそれぞれ約25%の上昇。
これは炭水化物由来の難消化性デキストリン(水あめの成分)の影響だと思います。
一番少なかったのがペプシNEXとコカコーラ・ゼロフリーですが、これでも10%前後の上昇が見られました。
このテストは日を置いて、それぞれほぼ同じ条件を作った上で2回行っていますので、私の体質に限って言えばこの数値は正確な物であると言えると思います。

依存性とか中毒性については、初期のコーラのように本当にコカ(コカイン)を使っていた時代からすれば、可能性はかなり低いと思います。
飲んだときの爽快感や味わいがやめられない、というのは決して依存ではないと考えます。
そうでないと、お茶やコーヒー、紅茶などにも強い依存性があることになりますからね。

ま、私が行ったテストの結果だけで言いますと、ゼロとは言え、過ぎたるは及ばざるが如し、ということになりますね。

私は毎日3回自己血糖の測定とインスリン注射をしないといけない糖尿病のクセにコーラが大好きという困った人間なのですが…
「ゼロ」だから糖尿にならない、ということはないと思います。
先日、トクホのペプシスペシャルが発売になりましたが、それを機にゼロカロリーコーラと血糖値の関係を調べました。
これには直前の食事内容や体調など個人差がありますのでデータとしては不確実ですが、一番血糖値に影響が出たのはコカコーラゼロで、飲用後20分で約40%の上昇が見られました。
次に多かったのがトクホの...続きを読む

Q【化学・超臨界流体】ノンカフェイン、脱カフェイン飲料水の製造方法を見ていて、ノンカフェインコーヒーは

【化学・超臨界流体】ノンカフェイン、脱カフェイン飲料水の製造方法を見ていて、ノンカフェインコーヒーは「超臨界流体として取り出す」とあって、超臨界流体って何だ?と思って調べたら、

「超臨界流体とは気体と液体の区別がつかないもの」と記載されていました。

何ですか?気体と液体の区別がつかない物体って何?

どういう状態のものを超臨界流体と言うんですか?

物体は固体、液体、気体の3態であると習ったのに液体でも気体でもない超臨界流体という物体が存在するってことですか?

水で言う超臨界流体は液体の水でもなく気体の水蒸気でもないどんな状態ですか?

あと何で超臨界流体になるとコーヒー豆はノンカフェインで抽出出来る仕組みなんですか?

教えてください。

Aベストアンサー

>物体は固体、液体、気体の3態であると習ったのに液体でも気体でもない超臨界流体という物体が存在するってことですか?
物理化学で習いますが、多くの物質で臨界点、という物性が決まっています、圧力と温度がその臨界点に達すると、それ以上の温度とそれ以下の圧力では気体か液体か「定義出来ない」状態になります。体積は無関係です。
これが「超臨界流体」で流体ではありますが気体でも液体でもありません。化学的な反応性が高くあるいは低くなるので色々便利です。

Qカフェイン中毒を治したいのですが

自分自身かなりのカフェイン中毒で治したいのですがどうすればいいのでしょうか?

よく眠気や疲れが出ればよくコーヒーや栄養ドリンクを摂取してしまい

チョコレート、紅茶、お茶、ココア、コーラなどもよく食べたり、飲んだりしています。

何か代わりになる様な飲み物や食べ物は無いでしょうか?

特にコーヒーは依存しきっているので他の飲み物で自分を落ち着かせたいのですが

何が良いのでしょうか?

また、疲れや眠気には高蛋白質の食べ物が良いそうですが

他には何か良い方法はありますでしょうか?

Aベストアンサー

コーヒーの代わりと言うと

タンポポコーヒーや
http://bit.ly/RGZRjU
玄米コーヒーがあります。
http://bit.ly/UJWLe7

落ち着かせたいならハーブティーが良いと思います。
http://bit.ly/WNQXOf


チョコレートやコーヒー等の刺激物は
それだけで内臓の負担になるので疲れやすくなります。

野菜中心の少食にすると疲れにくくなるので
試してみると良いですよ。

後は毎日少しでもウォーキングや運動をすると疲れにくくします。

Qカフェイン・クロロフィルの抽出

課題実験でカフェイン・クロロフィル抽出の実験をすることになりました。
何か良い実験方法、もしくは参考になるものがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

抽出には興味があって、調べて見ました。
いやーあ!。数多く出てくるのですね。
ざっと見て、簡単そうなもの張っただけです。

カフェイン

手軽な方法
http://www.aichi-c.ed.jp/contents/rika/koutou/kagaku/ka2/cafein/cafein.htm

学生実験向け
http://www.chem.hak.hokkyodai.ac.jp/CHEMISTRY/ABST/ABSTRACT97.12/niidehonda.pdf

クロロフィル
http://www.mm.kagu.sut.ac.jp/~kato/walkers/study/experiment/panka/07.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング