I sing. は S+Vの第一文型ですよね。
では、
I sing a song. は S+V+Oになるのでしょうか?
現在完了形になったらどうなるのですか?
I have sung.

be動詞をみたら、全部S+V+C でいいのでしょうか?
現在進行形の場合もそれでいいのですか?
I am singing. は S+V+Cですか?

なんだか、頭がこんがらがってきました。
教えて下さい。宜しくお願いします。

A 回答 (4件)

◆Naka◆


再登場です。「補足」を読ませていただきました。

補語(C)がなくても使える動詞を、完全自動詞とか完全他動詞と言います。
例えば下の2文を見てください。

[1] I walk.
[2] I am an English teacher.

[1]の文は、「私は歩く」と完結していますね。補語は必要ありません。
しかし、[2]の文で、補語になっている「an English teacher」をはずすとどうなりますか??
「I am.」という文になってしまいます。これでは意味が通じませんね。(この文が「答え」となる「疑問文」の中に、あらかじめ補語が示されているときは別ですが)
また「He is in the room.」みたいな文でも、「he = in the room」ではありませんが、やはり「He is.」で完結させるわけにはいかないので、第2文型に相当します。

このように、補語をつけてやっと使える動詞を、不完全自動詞、不完全他動詞と言います。
ですから、補語のある文、つまり第2文型(不完全自動詞)と第5文型(不完全他動詞)に使用される動詞が、これにあたります。

ご質問の文についても見てみましょう。

[3] He smiled happily.
[4] He looked happy.

この[3]の文の「happily」を除いてみてください。「He smiled.」となりますね。これで、この文は立派に完結していませんか??
つまり、「happily」という単語は修飾語句(M)なんです。
これに対して、[4]の文は、「happy」を省いて「He looked.」とすることができません。「happy」は「He = happy」となるために必要な補語なんですね。

ちなみに、文型を把握するためには、修飾語句(M)を見抜かなければなりません。
「副詞」や「前置詞以降」は、原則として修飾語句に相当します。(原則ですよ)
ですから、「-ly」で終わる単語の大半や、「in、on、at、for、about、from…」等の単語の後ろについている部分は、ペンで塗りつぶしてしまって構いません。ただし、存在を表すbe動詞の後ろに、場所を示す前置詞以降の部分は補語となります。(上で説明した「He is in the room.」など)
また、関係代名詞によって導かれる節や、修飾の意味を持つ分詞等もはずしてしまいましょう。

[例] The man who has green eyes is watching TV happily in his room now.

こんな文を見るとパニクりそうですが、この文の動詞(V)が「is watching」であることを見抜けば簡単ですね。「who ~ eyes」と「happily ~ now」の部分を塗りつぶしてしまえば、第3文型であることがわかります。

では頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすく説明していただいたので、(例)の問題もパニクらずに理解できました。ちょっとわかってきたのかもしれません。本当にありがとうございました。

お礼日時:2000/12/28 16:56

◆Naka◆


すでに回答が出ているようですので、オマケ程度に。
とりあえず、文型がわからなくなったら、目的語をつけてみましょう。

I have sung + the song before.
I am singing + a song.

という具合に「歌を」という目的語を補ってみれば、その前の部分が「動詞」として扱われることがおわかりになるはずです。

それからerimomoさんは、補語(C)がよく理解できないのですね??
補語(C)が出てくる文型は「第2文型(S+V+C)」と「第5文型(S+V+O+C)」ですね。
第2文型の場合、補語は主語(S)の内容や様子を表すもので、第5文型では、補語は目的語(O)の内容や様子を表します。例を挙げてみましょう。

[1] I am happy.
[2] He became a teacher.
[3] She looks young.

これらは、全て第2文型です。
動詞(V)を全てイコールに書き換えてみてください。

[1] I = happy
[2] He = teacher
[3] She = young

となりますね。このように、主語とイコールの関係にしてみて自然なものが補語です。
これに対して、第3文型の場合は、主語と目的語がイコールの関係になりません。

I like apples.

この文において、「I」=「apples」のわけがありませんよね。

次に第5文型の補語ですが、次の文を見てください。

We call the dog Pochi.

よく出る例文ですよね。ここで補語は「Pochi」なのですが、これは目的語の「the dog」とイコールの関係になっているのが、おわかりいただけますか??

この5文型ですが、実際に言語として英語をマスターするのに、特に必要なものではありません。また文法と一言で言っても、実はいろいろな角度から分析・構成された様々な文法形態があります。
学校文法では説明の簡単さから重用されていますが、実際に高校・大学の入試問題の中には「文型」の「ぶ」の字も出てきません。
あくまで文法理解の一助と考えてもらえればよろしいと思いますよ。

なにかありましたら、「補足」をください。

この回答への補足

ありがとうございました。
Nakaさんのおかげで、CとOの違いはよくわかりました。しかし、まだ S+V と S+V+C の違いが
よくわかりません。
完全自動詞と不完全自動詞の区別がわかりません。
He smiled happily. S+V
He looked happy. S+V+C
補語が必要不必要の区別がつきません。

>あくまで文法理解の一助と考えてもらえればよろしいと思>いますよ
少し気が楽になりました。ただ3学期のテスト範囲なので、
また質問するかもしれません。よろしくお願いします。

補足日時:2000/12/28 12:47
    • good
    • 0

I sing a song.は第3文型


I have sung.は第1文型。ただし、singは普通他動詞として使いますので第3文型と考えるのが普通でしょう。
I am singing.は第1文型
目的語を必要とする一般動詞+名詞の仲間の目的語で
第3文型です。
文章として完結するか否かがポイントです。よくやる間違いはam singingという単語2つで自動詞ですが、この
理解が不足するものです。be動詞やhave動詞は助動詞扱いが理解しやすいでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>I have sung.は第1文型。ただし、singは普通他動詞と
>して使いますので第3文型と考えるのが普通でしょう。
ここの意味がよくわかりません。

I am singing.のときは、IがS ,am singingで、Vと
理解したらいいのですね。

tsutomさんは専門家ということなので、教えていただきた
いのですが、やっぱり五文型がしっかりわかっていないと
英語を理解していけないのでしょうか?
これが、基本中の基本ですか?
参考書では、結構うしろの方に載ってるのですが。。。

お礼日時:2000/12/27 00:19

I sing a song.は明らかにS+V+Oですね。


Sは主語(I)、Vは動詞(sing)、Oは目的語(何を:a song)です。
I have sung.はS+Vだと思います。なぜなら、sungは動詞だから。haveは助動詞として扱うのではないでしょうか。
Sが[I]、Vが[have sung]でしょう。

またS+V+CのCは補語といって形容詞などが該当します。
進行形の場合のbe動詞は助動詞として扱うと思うので、
I am singing.は
Sが[I]、Vが[am singing]でS+Vの第一文型だと思います。

とはいっても私は専門家ではないので、専門家の登場を待つとしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
なんだか混乱してしまっていました。
同じ動詞でも目的語があとにくるときと、こないときが
あるんですね。この動詞がきたらS+Vとかで覚えるのは
できないんですね。もっと勉強します。

お礼日時:2000/12/27 00:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文型、S+V型、S+V+O型の見分け方

いつもありがとうございます。今回もよろしくお願いします。

S+V 例)I go. や I sleep. I have.等等と思うのですが、

S+V+O 例) I go shopping. I eat a big sushi. I have a nice pen.は、S+V と解釈しても間違いにはならないのでしょうか?
それともこの場合はS+V+O以外ありえないのでしょうか?


また、ちょっと気になるのですがイングリッシュネイティブスピーカーの方は皆さん、文型は理解した上で話されているのでしょうか?

私は日本人ですが日本語の文型はあまり考えたことないので、どうなのかなぁと気になりました。


話がそれてしまって申し訳ありません。

Aベストアンサー

文型ってたしかに
日本人に英語を理解させるために編み出された
独特の分類ですが・・
筋は通っていますし、
いろいろな文法を学ぶには、
知ってて便利な考え方だと、私は思います。
もちろん、人それぞれですが☆

SVO の O は、簡単に言えば「~を」を表す言葉。
I eat a big sushi.(大きな寿司を)
I have a nice pen.(素敵なペンを)
なので、この2つはSVO以外ありえません。
(どんな文でも、5文型の中のどれか1つにしか当てはまりません。)
ちなみにこの「~を」の部分は、もっと長いこともあります。
たとえば
I have many friends to talk to.
(相談に乗ってくれる友達を)
I want to know what you want for your birthday.
(あなたが誕生日に何を欲しいのかということを)
とにかく「~を」でくくられる部分は全部Oです。

で、ひとつややこしいのが
I go shopping. です。
shopping は、shop という動詞が分詞形になって
go を修飾している関係です。
つまり副詞的な働きをしています。
文型の考え方では、副詞は文の要素として数えません。
I がS、go がV、shopping はノーカウント。
なので、I go shopping. は、SVの文です。

ご参考まで☆

文型ってたしかに
日本人に英語を理解させるために編み出された
独特の分類ですが・・
筋は通っていますし、
いろいろな文法を学ぶには、
知ってて便利な考え方だと、私は思います。
もちろん、人それぞれですが☆

SVO の O は、簡単に言えば「~を」を表す言葉。
I eat a big sushi.(大きな寿司を)
I have a nice pen.(素敵なペンを)
なので、この2つはSVO以外ありえません。
(どんな文でも、5文型の中のどれか1つにしか当てはまりません。)
ちなみにこの「~を」の部分は、もっと長いこともあり...続きを読む

Q名詞節をつくる際のHow+形容詞+S+VとHow+S+V+形容詞の違い

名詞節をつくる際のHow+形容詞+S+VとHow+S+V+形容詞の違いは何でしょうか?
自分は意味は大体同じで前者の方は強調のニュアンスがあると解釈しているのですが。

Aベストアンサー

how 形容詞 SV という名詞節は
How 形容詞 VS? という疑問文の間接疑問,
How 形容詞 SV! という感嘆文からきている
いずれの解釈も可能です。

上の場合,「どれくらい(形容詞)か」で,程度を聞くわけですが,
日本語で「どれほど(形容詞)か」で「なんと」というニュアンスが出るのと同じで,感嘆文との区別は文脈次第です。

いずれにしても,how +形容詞でひっついて「どれほど~」と一まとまりになります。

how SV 形容詞があるとすれば,how は「どのようにして」とか「どうして→なぜ」の意味で形容詞とは切り離されている場合です。
how he is so busy「どうして彼はそんなに忙しいのか」
how busy he is「彼はどれくらい忙しいのか」「彼はなんと忙しいのか」

Q『I hear S + V』と『I heard S + V』の違い

『I hear S + V』と『I heard S + V』の違い

I hear ~/I heard ~、で、『~らしい』とか『~という噂だ』というような意味になると思いますが
両者の具体的な使い分けが、どうもよくわかりません。

たとえば、『彼は入院しているらしい』、『彼は入院している、という噂だ』というようなことを伝えたいとき、次の二つの言い方は、どのようなニュアンスの違いがあるのでしょうか?

(1)I hear he is in the hospital.
(2)I heard he is in the hospital.

たとえば、(1)だと、入院している噂が今飛びかっている感じのとき、
(2)だと、入院の噂が、そういえば、過去の一時期あったな、という感じのとき
というような使い分けなのでしょうか?

よろしく御教示ください。

Aベストアンサー

まず現在けいでは、聞いたのは実際は過去でしょうけど、
その聞いたこと(噂)について、今も同じ事をが聞けるという
感覚があると思います。噂が飛び交っている最中ならそういう
意味で現在けいをつかってもつじつまがあってあってます。

過去けいの場合は場合によっては聞いたという事実を単に
つたえたいだけで、噂が飛び交っていようとなかろうと、
きいたことを単に述べているだけということがあり得る
と思います。

同時にうわさ聞いたけど、その噂について今どうなのかとか
そのうわさ自身ほんとなのかとか分からないときは、単に
聞いたという事実を述べるだけにとどまるでしょうし、
過去けいになる可能性はたかいと思います。

噂という訳ですが、文面通りなら聞いたと言う事ですので、
本人から聞いていても良いわけですし、必ずしも噂と訳が
つけれるわけではないでしょうけど、そういう訳でも
状況によっては構わないと思います。

情報ソースがはっきりしないとか、言いたくない時に
Something told me that....
A little bird told me that....
とかいいますね。まあこれもうわさを聞いたということ
にとれるとおもいます。

まず現在けいでは、聞いたのは実際は過去でしょうけど、
その聞いたこと(噂)について、今も同じ事をが聞けるという
感覚があると思います。噂が飛び交っている最中ならそういう
意味で現在けいをつかってもつじつまがあってあってます。

過去けいの場合は場合によっては聞いたという事実を単に
つたえたいだけで、噂が飛び交っていようとなかろうと、
きいたことを単に述べているだけということがあり得る
と思います。

同時にうわさ聞いたけど、その噂について今どうなのかとか
そのうわさ自身ほん...続きを読む

Q副詞の倒置法の語順について質問です!( 副+V+S と 副+do+S+V の違い?)

こんにちは!はじめまして。

副詞の倒置法を勉強していたのですが、

Down came the stock price at once.(株価は一気に下落した)

Upon very slender arguments did they build up their opinions.
(きわめて貧弱な論拠に立って彼らは意見をたてる)

という文は、どちらも副詞の倒置法ですよね?
私には、副+V+S と 副+do+S+V 形に見えるのですが、
副詞の倒置法は、どちらの語順でもよいのでしょうか?

よろしくおねがいします!

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問:
<私には、副+V+S と 副+do+S+V 形に見えるのですが、
副詞の倒置法は、どちらの語順でもよいのでしょうか?>

ご質問への回答:
どちらの語順でもいいのです。理由は以下の通りです。

1.Down came the stock price at once.:

(1)この倒置はdown「下がって」という副詞を強調し前置したために、主語、動詞の倒置が起こっています。

(2)動詞cameは助動詞+原形動詞(=did+come)に分節しないで、過去動詞をそのまま用いています。この場合は、過去動詞の後に主語がきますから、V+Sの語順になっているのです。このように助動詞に分節しない方法でも、倒置は可能なのです。

(3)これをdid the stock price comeと分節することもできますが、cameは「来る」という自動詞で目的語をとらない場合は、例文のように直接倒置されることがあります。

2.Upon very slender arguments did they build up their opinions.:

(1)この倒置は強調というよりも、副詞句が長いために前置し、倒置が起こっていると思われます。

(2)ここでは過去動詞builtを=did+buildと助動詞+原形動詞に分節しています。

(3)このように分節された場合、助動詞+主語+原形動詞(助動詞+SV)という語順になります。

(4)この場合、過去動詞を使ってbuilt they upと直接倒置していないのは、ひとつには、build upという動詞句を分断できない、という理由からです。

以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問:
<私には、副+V+S と 副+do+S+V 形に見えるのですが、
副詞の倒置法は、どちらの語順でもよいのでしょうか?>

ご質問への回答:
どちらの語順でもいいのです。理由は以下の通りです。

1.Down came the stock price at once.:

(1)この倒置はdown「下がって」という副詞を強調し前置したために、主語、動詞の倒置が起こっています。

(2)動詞cameは助動詞+原形動詞(=did+come)に分節しないで、過去動詞をそのまま用いています。この場合は、過去動詞の...続きを読む

QWhat+V+S?の語順がWhat+S+V に変わる件

平素よりお世話になります。
毎回、基礎的な疑問で恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。

What time is it? が、「Do you know」とくっつく事により、
Do you know what time it is? になることは知っているつもりです。

昨日以下のような英文をテキストでみかけました。
If you study on your own, it might be difficult to keep your attention on the material, or to know which parts are most important.

この場合、何故、which parts most important are.にならないのでしょうか。

お手数おかけしますが、ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

先回答で納得していらっしゃればよいのですが,念のため投稿します。
「疑問詞のつく疑問文」と,「疑問詞で始まる節を持つ単純疑問文」の語順については,以下の約束事と理屈から成り立っています。

(1)疑問詞のつく疑問文の「約束事」
(例文)What time is it?
疑問文であることを明らかにするため,
■疑問詞を文頭に出す
■主語と動詞を,単純疑問文の原則に従って入れ換える
 (つまり,be動詞ならis+主語,一般動詞ならdo(does)+主語+動詞の原形)

(2)疑問詞で始まる節を含む単純疑問文の「理屈」
(例文)Do you know what time it is?
これは,結局単純疑問文にすぎません。したがって,疑問文であることは,Is it…?とかDo you…?で示されます。
逆に言えば,疑問詞で始まる節の中の語順を変える必要はないし,変えてはいけません。
上の例文を肯定文に直せば,
You know what time it is.
です。what time it isの部分は,肯定文でも疑問文でも語順に変化はありません。

*********************

以上の原則を質問のテキスト例文にあてはまると,こうなります。
便宜上,疑問詞以下の部分だけ取り出し,これを「疑問詞のつく疑問文」にします。
(A) Which parts are most important?[どの部分が最も重要か?]
これを,「どの部分が最も重要かを私は知っている」という文にすると,
(B) I know which parts are most important.
さらに,「どの部分が最も重要か,あなたは知っていますか?」という文にしてみます。
(C) Do you know which parts are most important?

まず,(B)と(C)のwhich以下が同じ語順であることを確認してください。
そして,(A)までwhich以下の語順が同じである理由は,単純です。(A)の疑問詞が,たまたま主語に相当しているからです(先回答者の言うとおり)。

こうした語順に混乱が生じる理由は,上記(1)と(2)を関連づけて考えるからです。つまり,
[×]疑問詞のつく疑問文では疑問詞の後の主語と動詞を入れ換え,それにDo you knowがつくと,入れ換えた主語と動詞を元に戻す
という「遠回りの思考方法」をとるから,混乱が生じるのです。
あくまで,(1)は(1),(2)は(2)と,考え方の出発点を別々にしなければなりません。
そして,(2)の文を作るための出発点は,
[×]What time is it?という疑問文ではなく,
[○]You know what time it is.です。

「疑問文は,疑問文のまま考えない。常に,その内容を肯定文にした表現から出発する」のが大原則だと,私は考えています。

先回答で納得していらっしゃればよいのですが,念のため投稿します。
「疑問詞のつく疑問文」と,「疑問詞で始まる節を持つ単純疑問文」の語順については,以下の約束事と理屈から成り立っています。

(1)疑問詞のつく疑問文の「約束事」
(例文)What time is it?
疑問文であることを明らかにするため,
■疑問詞を文頭に出す
■主語と動詞を,単純疑問文の原則に従って入れ換える
 (つまり,be動詞ならis+主語,一般動詞ならdo(does)+主語+動詞の原形)

(2)疑問詞で始まる節を含む単純疑問...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報