畑地3反程所有していますが、高齢になり、現在その畑地を
耕作している娘に名義変更したいのですが、それに伴う費用は
いかほどかかるものでしょうか。
 ちなみに、私の跡を継ぐのは娘一人です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「後を継ぐのは娘一人」というのは、他にお子さんがいないという意味でしょうか?yuriさんが耕作している娘さんに継がせるつもりでいるという意味でしょうか?


 質問されている以上、後者の趣旨ではないかと思うのですが、そういうことであれば、特に、贈与税額について、よく検討されたうえで、納税が可能な額であれば、生前に名義変更しておくにこしたことはありません。
 遺言では、遺留分の問題が残りますから。生前贈与でも、理論的には、完璧にはクリアできませんが、現実的に他のお子さんが権利主張するのは、ずいぶんと骨の折れる話になってきますから。
 現に耕作されているのですから、農地法の許可については特に問題ないと思います。
 農業委員会を相手に、農家の方はみなさんご自分でなされている手続なので、手数料程度の費用しかかかりません。
 もし、転用許可を得て、娘さんの家を建てたいというなら、話は別ですが、そういうことではないですよね?
 その他特別の事情があって、いろいろ難しいようであれば、行政書士に依頼してやってもらう場合もありますが、報酬は、数万円程度だと思います。
 あと、主だった費用は、登記費用と、贈与税、および、娘さんにかかってくる不動産取得税ということになります。
 いずれも、固定資産税の評価額から算定されるものなので、役所の税務課に行って、評価証明を取ってください。
 贈与税と、不動産取得税については、(責任は取れませんというでしょうが)そのさいに確認してください。聞いて、余計に払わされる羽目になるとか、そういう心配はナンセンスです。
 その評価証明をもって、司法書士事務所(行政書士と合同か兼業ならより好都合)に行けば、登記費用は見積もってもらえます。
 評価額がわからない以上、なんともいえませんが、登記費用とかは、ほかの方の回答にもあるとおり、通常、数万円程度ですむと思います。
 とにかく、いちばん注意しないといけないのは、贈与税です。
 毎年の固定資産税が、微々たる田畑でも、贈与税ということになると、100万円を超えてしまうということは、ないことではありません(とくに市街化区域であれば、通常、贈与税については、近隣の宅地の単価と同じ扱いになるというところが多いですから)。
 

 
    • good
    • 0

 私も、no1さんの回答のように、相続の方がいいとおもいます。

具体的には、遺言で記した方がいいと思います。その方が贈与税より安井し、登録免許税も不動産の価格の1000分の6ですから。
 また畑地だと相続なら問われせんが、農業従事的確性が問われます。農地法の規制をうけるかもしれないです。
実の娘への贈与ならいいのかな?この辺はわかりません。
農業委員会か農協あたりに相談してください。
    • good
    • 0

不動産の移転を登記する場合、費用は登録免許税と自分で登記申請をされる場合を除き、司法書士に払う手数料が発生します。

現在、不動産を娘さんに名義書換しますと、贈与ということになりますので、登録免許税は不動産の価額に税率である1000分の25を掛けたものになります。司法書士への手数料は3万円~6万円です。また、価額が110万円以上になりますと娘さんが別途、贈与税を申告することになります。強いて、名義を変える必要がないのでしたら、相続登記は税率も1000分の6ですし、相続税は贈与税よりも軽いですので、遺言などを活用されて、娘さんに相続させればいいと思います。
(登録免許税)
http://www.taxanser.nta.go.jp/7191.HTM
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q示談書の所有()所有数)について

すみません。度々教えて下さい。
事故を起こしてしまい示談書を書く必要があります。
丙運転の自動車(当方)が乙運転、甲所有の車を損傷させ修理を要した場合の事故の場合、
1)示談書二通を作成し甲丙各一通を所有する。
もしくは
2)示談書三通を作成し甲丙丙各一通を所有する。
のどちらになるのでしょうか?
また別の質問になりますが甲乙丙の使い方として甲は加害者として使うのが普通なのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1.先ず事故証明書の場合本件の場合加害者甲(本質問上では丙)被害者乙(本質問上も乙)のみです。(事故証明上は事故当事者のみ記載)
2.示談書等でも通常加害者甲は被害者乙に対して幾ら幾ら支払います。という形式が多い。
3.本件のように物損のみで加害者(被害一切なし)所有者以外が運転(現実の被害者は被害車両所有者の場合)の場合加害者と(被害車両所有者)被害者間の示談契約と言う事。
つまり示談書2通作成し加害者と被害者(本質問上は甲と丙)各一通を所有する。
4.例:加害者○○ ○○(甲)は被害者×× ××(乙)(但し、運転者は△△ △△)所有の車両の損害賠償金として~~~~~円を支払います。以下真正に異議なく和解・示談した文を入れる。
甲 住所
  氏名           印

乙 住所
  氏名           印

Q所有権と区分所有100%の違い。

マンションについて、一棟丸ごとの所有権と区分所有100%はどう違うのでしょうか?

Aベストアンサー

 区分建物の要件を満たす建物を非区分建物として登記するか、区分建物として登記するかは所有者の意思によります。そして非区分建物として登記されている建物を区分建物とする登記(建物の区分登記)をすることもでしますし、区分建物を非区分建物にすることもできます。(区分建物合併登記)ちなみに専有部分と隣の専有部分の間の壁を壊して非区分建物にする場合は、合体の登記になります。

>ちなみに、今想定しているのは、現状いる多数の区分所有者から区分所有権をすべて買い取り土地は売却のうえ定借設定、建物を賃貸するといった感じです。

 敷地権になって場合、分離可能規約を設定して変更登記(敷地権の抹消)をするか、区分建物の合併の登記をして非区分建物(非区分建物になれば当然敷地権は抹消される。)にする必要があります。

>そして、仮に土地を売却しない場合、区分所有のままとする場合と所有権とする場合で違いがあるのかなと疑問に思った次第で。

 例えば建物全部に抵当権を設定する場合、非区分建物でしたらその一個の建物に設定すればよいですが、区分建物の場合、各々の占有部分の全てについて設定しなければなりません。あるいは登記事項証明書を取るのも1通ですむか、専有部分の個数に応じた通数を取るのかという違いが生じます。
 そういった事務上の管理、処理の煩雑さの違いはありますが、それを無視すれば、どちらでも問題はないでしょう。

 区分建物の要件を満たす建物を非区分建物として登記するか、区分建物として登記するかは所有者の意思によります。そして非区分建物として登記されている建物を区分建物とする登記(建物の区分登記)をすることもでしますし、区分建物を非区分建物にすることもできます。(区分建物合併登記)ちなみに専有部分と隣の専有部分の間の壁を壊して非区分建物にする場合は、合体の登記になります。

>ちなみに、今想定しているのは、現状いる多数の区分所有者から区分所有権をすべて買い取り土地は売却のうえ定借設定、建...続きを読む

Q土地所有者、建物所有者、建物賃借人

土地所有者をAとし、AがBにその土地を賃貸し、Bはその土地上に建物を建て、その建物をCに賃貸していました。
ところでBはAに地代を支払わないので、AはBに内容証明郵便で土地賃貸借契約の解除の通知をしました。(勿論、催告したうえで)
その後、AはBからその建物を借地権の附随しない建物代金として買い受けました。つまり、現在では土地も建物もA所有です。
そこで質問ですが、AはCに対して建物不法占拠として明渡しを求めることができるでしようか?
私は、地代未払いによる土地賃貸借契約解除の段階でCは建物を利用する権利は無くなっていると思われますので(例え、CはBに建物賃料を支払っていたとしても)この訴訟ではAの勝訴となりそうですが、どうなのでしよう。

Aベストアンサー

 直接「的」な判例として,「特別事情があったため」土地賃貸借の合意解除が地上建物の賃借人に対抗できるとされた事例があります。
  昭和49年4月26日第二小法廷判決 昭和48オ766号,建物収去土地明渡請求
 最高裁HPから検索可

 とりあえず文献的なものを1つ紹介しますと「問答式新借地借家法の解説,石田喜久夫著,新日本法規出版」の「借地上建物の賃借人の保護」という項目に多少の記載があります。
 
 比較的自明なものとして確立されていれば,下級審レベルで終了するため,重要判例として刊行物等に記載されることはほとんど無いかもしれません。

Q区分所有している所有権って放棄できますか?

とあるリゾートマンションを所有しております。もともとは、16年ほど前に1室の所有権をもっていたリゾート業者から一部(3/13)の所有権を購入し、その会員として所有していたものでした。固定資産税はその業者に支払い、業者が役所に納めていました。
ところが、12年ほど前から業者による固定資産税の滞納が続き、それからまもなくして倒産し、連絡もとれなくなってしまいました。当方としては、区分所有分の差押えは避けようと、役所に掛け合って区分所有分(3/13)の固定資産税を認めてもらい、以来毎年払い続けております。
しかし、当該リゾート業者の実態はなく、その所有分(10/13)の所有権は固定資産税の滞納により差し押さえられております。また、管理費も業者から管理会社への支払いが滞っており、10年以上区分所有している部屋を使用できておりません。
固定資産税の支払いも、年間1万円強ではありますが、納税の“義務”だけは負って、所有している“権利”は行使できないという状況がずっと続いております。
そこで、質問ですが、当方にように「マンションの1室の所有権を区分所有していてその所有分の固定資産税を支払っている場合」において、「所有権を放棄してでも固定資産税を支払わなくて済む」ような方法はないでしょうか?
役所に聞いたのですが、「納税義務は存在するのでできない」というような回答でした。
もはや使用できない権利だけ所有権ですから、「一刻も早く手放して固定資産税の納付義務から逃れたい」というのが本音です。

とあるリゾートマンションを所有しております。もともとは、16年ほど前に1室の所有権をもっていたリゾート業者から一部(3/13)の所有権を購入し、その会員として所有していたものでした。固定資産税はその業者に支払い、業者が役所に納めていました。
ところが、12年ほど前から業者による固定資産税の滞納が続き、それからまもなくして倒産し、連絡もとれなくなってしまいました。当方としては、区分所有分の差押えは避けようと、役所に掛け合って区分所有分(3/13)の固定資産税を認めてもらい、以来毎年払い...続きを読む

Aベストアンサー

補足いただき有り難うございます。
そのリゾートマンションの現在の価値
また仮に売買できるとした場合の需要はどうなのでしょうか?

ちなみに地方のリゾートマンション等では需要はほぼ皆無に等しく
新築時数千万円で購入したものが現在では100~300万円程度で
取引されているものが多くあります。

固定資産税のみの滞納であれば、このまま放置していても
市役所等は競売まで行わない可能性が大です。
仮に競売に出したとしても、10/13の持ち分のみであれば
誰も買わない(落札しない)でしょう。

もし、貴方に他の不動産や預貯金等の資産がなければ
貴方も固定資産税を滞納して差押えしてもらうのも良いですが
最近は給与や動産を差押えられたりしますので現実的では
ないですよね・・・。

マンションそのものに現在でもそこそこの価値と需要があることが
予想される場合は、「共有物の分割請求」の訴訟を起こし
分割ができなければ(建物だから当然にできませんが)
全て持ち分を競売に出し、その売却価格を持ち分に応じた
比率で分配することができるはずです。

運良く誰かが落札してくれれば
その売却価格の3/13が貴方の取り分となります。
なお、競売に出しても落札されるまでは貴方の固定資産税の
支払い義務は続きますが・・。

※100%この方法が可能かどうかはわかりません。
ただ、不動産の相続等で親族の話し合いがつかない場合など
このような方法で分配する事例は多くあります。

なお、ご事情を拝見する限り、もし競売価格が安かったからといって
貴方が落札されてしまうのはお止めになったほうが良いでしょう。
競売でも任意売却であっても、従前の所有者が滞納していた
管理費はその購入者が支払わなければならないことが多いです。
リゾートマンション等の場合は通常住宅用の分譲マンションと比べて
管理費が割高なことが多く、莫大な滞納額となっている可能性があります。

以上、これら手続きは一般の方が行うのは無理がありますので
一度弁護士さん等の専門家にご相談になってみてはいかがでしょうか。

補足いただき有り難うございます。
そのリゾートマンションの現在の価値
また仮に売買できるとした場合の需要はどうなのでしょうか?

ちなみに地方のリゾートマンション等では需要はほぼ皆無に等しく
新築時数千万円で購入したものが現在では100~300万円程度で
取引されているものが多くあります。

固定資産税のみの滞納であれば、このまま放置していても
市役所等は競売まで行わない可能性が大です。
仮に競売に出したとしても、10/13の持ち分のみであれば
誰も買わない(落札しない)でしょう。
...続きを読む

Q不動産の所有権移転登記(所有者の住所が証明できない場合)

いつもお世話になっております。
先日亡くなった父の不動産の所有権を母に移転する手続をしています。
うち一つ(R市)に登記された所有者の住所(N市)は20年以上前のものです。
N市に住民票があった頃、本籍地は別の場所(Z市)にありました。
N市からS市に引っ越すと同時に本籍地をZ市からS市に移しました。
その後、S市内で再び転居・転籍しています。

R市の法務局に問い合わせたところ、Z市から戸籍の附表をとるように言われました。
Z市からは、除籍されて5年以上経過した戸籍の附表はとれないと言われました。
N市もS市も、転出・転入後5年以上経過しているので、
N市に父の住民票があった事実が記載された証明書は出せないそうです。

このような場合、どのようにして父が不動産の所有者であることを証明すればよいのでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご指導のほど宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

この事例は、たくさんあります。
栃木県で悪用されたこともある、同姓同名の別人が相続登記した。
厳格になりました。
公開の場で回答すると、差し障りがありますので、法務局に相談を、
父の権利書を添付します。  後は省略


人気Q&Aランキング

おすすめ情報