畑地3反程所有していますが、高齢になり、現在その畑地を
耕作している娘に名義変更したいのですが、それに伴う費用は
いかほどかかるものでしょうか。
 ちなみに、私の跡を継ぐのは娘一人です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「後を継ぐのは娘一人」というのは、他にお子さんがいないという意味でしょうか?yuriさんが耕作している娘さんに継がせるつもりでいるという意味でしょうか?


 質問されている以上、後者の趣旨ではないかと思うのですが、そういうことであれば、特に、贈与税額について、よく検討されたうえで、納税が可能な額であれば、生前に名義変更しておくにこしたことはありません。
 遺言では、遺留分の問題が残りますから。生前贈与でも、理論的には、完璧にはクリアできませんが、現実的に他のお子さんが権利主張するのは、ずいぶんと骨の折れる話になってきますから。
 現に耕作されているのですから、農地法の許可については特に問題ないと思います。
 農業委員会を相手に、農家の方はみなさんご自分でなされている手続なので、手数料程度の費用しかかかりません。
 もし、転用許可を得て、娘さんの家を建てたいというなら、話は別ですが、そういうことではないですよね?
 その他特別の事情があって、いろいろ難しいようであれば、行政書士に依頼してやってもらう場合もありますが、報酬は、数万円程度だと思います。
 あと、主だった費用は、登記費用と、贈与税、および、娘さんにかかってくる不動産取得税ということになります。
 いずれも、固定資産税の評価額から算定されるものなので、役所の税務課に行って、評価証明を取ってください。
 贈与税と、不動産取得税については、(責任は取れませんというでしょうが)そのさいに確認してください。聞いて、余計に払わされる羽目になるとか、そういう心配はナンセンスです。
 その評価証明をもって、司法書士事務所(行政書士と合同か兼業ならより好都合)に行けば、登記費用は見積もってもらえます。
 評価額がわからない以上、なんともいえませんが、登記費用とかは、ほかの方の回答にもあるとおり、通常、数万円程度ですむと思います。
 とにかく、いちばん注意しないといけないのは、贈与税です。
 毎年の固定資産税が、微々たる田畑でも、贈与税ということになると、100万円を超えてしまうということは、ないことではありません(とくに市街化区域であれば、通常、贈与税については、近隣の宅地の単価と同じ扱いになるというところが多いですから)。
 

 
    • good
    • 0

 私も、no1さんの回答のように、相続の方がいいとおもいます。

具体的には、遺言で記した方がいいと思います。その方が贈与税より安井し、登録免許税も不動産の価格の1000分の6ですから。
 また畑地だと相続なら問われせんが、農業従事的確性が問われます。農地法の規制をうけるかもしれないです。
実の娘への贈与ならいいのかな?この辺はわかりません。
農業委員会か農協あたりに相談してください。
    • good
    • 0

不動産の移転を登記する場合、費用は登録免許税と自分で登記申請をされる場合を除き、司法書士に払う手数料が発生します。

現在、不動産を娘さんに名義書換しますと、贈与ということになりますので、登録免許税は不動産の価額に税率である1000分の25を掛けたものになります。司法書士への手数料は3万円~6万円です。また、価額が110万円以上になりますと娘さんが別途、贈与税を申告することになります。強いて、名義を変える必要がないのでしたら、相続登記は税率も1000分の6ですし、相続税は贈与税よりも軽いですので、遺言などを活用されて、娘さんに相続させればいいと思います。
(登録免許税)
http://www.taxanser.nta.go.jp/7191.HTM
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続で披相続人の銀行口座のお金の流れを知りたいとき、

相続で披相続人の銀行口座のお金の流れを知りたいとき、

何年前ぐらいまでのお金の流れがわかるのでしょうか?

Aベストアンサー

原則10年だったと思います。
しかし、金融機関によっては、20年以上前のものもわかる場合があるでしょう。

私が祖父の相続の手続きを代理で行った際には、取引履歴の開示を申し出る書類に依頼期間を書く欄があったと思います。相続で通常必要なのは、3年から5年程度だと思いますし、困ったことはありませんでしたね。

Q所有権移転に伴う、ローンについて

今現在、主人と主人の両親で買った家の所有権を主人の母に
移転しようと思ってます。
その場合、残債も移すにはどういった手続きが必要でしょうか?

今は、5:5にて登記をしていて、ローンも大体、半分です。
所有権移転は司法書士の方に聞いたところ、簡単にできると言われたのですが・・・。
残債は2100万円です。
主人の母はこの家が欲しいと言っていて、主人は要らないと言ってます。

残債を支払いするお金は持っているそうです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

お母さんの名義にするならば、お母さんが改めてローンを組まない限りは「残債の移転」という事はできません。
所有権移転登記には原因が必要ですが、どういう原因でされるのでしょうか?無償で所有権移転されるならば「贈与」となり、お母さんに贈与税が発生しますけど。
お母さんに売って「売買」で所有権移転をし、その売買代金でローンの残債を返済して抵当権を抹消すべきです。
しかしあなたのご質問はご主人の持分とローンについてですよね?ご両親のローン、お父さんが債務者でしょうか?それはどうするのですか?まあそれはご主人の持分を売ってローンを返済すれば関係ない話ですけど。

Q相続 銀行口座凍結について 教えて下さい

相続 銀行口座凍結について

*相続人が 家事専業など無収入の場合
 相続人名義の口座、貸金庫も凍結となりますか?

*被相続人の収入を 無収入の相続人の口座に分散して
 何十年にも わたって わずかずつ貯蓄した場合
 被相続人の財産として相続税課税対象になりますか?

よろしくお教え下さい!

Aベストアンサー

 相続があった場合、亡くなった方、つまり被相続人の口座などは、遺産の分割が問題なく完了したことがわかるまでは凍結されます。貸金庫も通常は同様です。ただし、相続人全員の同意があれば開いたりできるようです。
 でも、相続人の方の口座が凍結されるとは聞いたことはありません。収入の有無にかかわらず、凍結されることはないのではないでしょうか。

 被相続人の収入を分散するというのは、やり方如何によって変わってきます。
 ポイントとしては、貯蓄をした際にお互いの合意があったかどうか。そのことが立証されれば、基礎控除内の贈与(最近であれば110万円以下)は非課税なので、贈与が終わった財産ということで相続税対象には通常なりません。
 しかし、そのことが立証できなかったり、そもそも誰かが勝手にやっているような場合は、贈与ではなく各相続人の名義の口座に、被相続人のお金を預けているという、いわゆる名義預金となります。その場合は、相続財産に加算すべきでしょう。

 それも、たとえば毎年10万づつとか、小額であればそこまで厳密に見る必要はないのではないでしょうか。ただ、何十年もそういうことをしていて、いまや数千万の預金となったなどのような場合は、申告しておいたほうが無難です。後日の税務調査などで、名義預金などと取られると、加算税がかかってくる可能性があります。 
 

 相続があった場合、亡くなった方、つまり被相続人の口座などは、遺産の分割が問題なく完了したことがわかるまでは凍結されます。貸金庫も通常は同様です。ただし、相続人全員の同意があれば開いたりできるようです。
 でも、相続人の方の口座が凍結されるとは聞いたことはありません。収入の有無にかかわらず、凍結されることはないのではないでしょうか。

 被相続人の収入を分散するというのは、やり方如何によって変わってきます。
 ポイントとしては、貯蓄をした際にお互いの合意があったかどうか。...続きを読む

Q相続に伴う所有権移転登記について

素人なのですが、所有権移転登記の手続きをしようと考えています。御指導の程宜しくお願い致します。
(質問No.1)
相続する土地・建物(宅地、畑、田)が合計10箇所あります。この場合、10件分の所有権移転登記申請書を作成しなければならないのでしょうか?2人でこれらの土地を半分ずつ相続するのですが、この相続人はこの五件分、この相続人はこの五件分という形でよいのでしょうか?
(質問No.2)
「課税価格」というのは、「固定資産評価額証明書」にある評価額をそのまま一円単位まで書くのでしょうか?

Aベストアンサー

質問1について
 10件ある不動産を5件ずつに分けられるのでしょうか。この場合は,登記申請書の末尾に相続する不動産5件を列記すれば足りますので,登記申請書は相続人それぞれ1通,合計2通作成することになります。
 10件ある不動産全てを持分2分の1ずつで相続登記する場合は1通で足ります。
 
質問2について
 課税標準は千円未満を切り捨てます。
 私が相続登記した時,相続財産に道路が含まれていました。道路や水路などは評価額に一定の率(0.5だったかな?)を掛けると言う事でしたので,固定資産評価額証明書どおりの金額を記載しては駄目だと,登記所の登記相談コーナーで言われ,書き方を教えていただきました。

 ネット上にたくさん情報がありますので,参考になさり,ある程度書類を揃えてから,登記所の登記相談コーナーへ行かれますと適切なアドバイスがいただけます。

参考URL:http://info.moj.go.jp/

Q銀行口座名義人が死亡した時の相続税について

銀行口座名義人が死亡した時にかかる相続税は、どの位かかるのでしょうか?

仮に、定期預金と普通預金を含め、預金金額が1,000万円あった場合の
相続税金額を教えて下さい。

Aベストアンサー

土地や建物を含めた全ての資産(負債を含めて)
総資産が7000万円以上無ければ
相続税は0円で申告も不要です。

ただ2~3年のうちに
基礎控除を2000万+500万×人数に下げる
自民党案も出ていましたし、
選挙後に税収アップを狙って大幅な法改正が提出されるかも
しれませんので要チェックです。

Q示談書の所有()所有数)について

すみません。度々教えて下さい。
事故を起こしてしまい示談書を書く必要があります。
丙運転の自動車(当方)が乙運転、甲所有の車を損傷させ修理を要した場合の事故の場合、
1)示談書二通を作成し甲丙各一通を所有する。
もしくは
2)示談書三通を作成し甲丙丙各一通を所有する。
のどちらになるのでしょうか?
また別の質問になりますが甲乙丙の使い方として甲は加害者として使うのが普通なのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1.先ず事故証明書の場合本件の場合加害者甲(本質問上では丙)被害者乙(本質問上も乙)のみです。(事故証明上は事故当事者のみ記載)
2.示談書等でも通常加害者甲は被害者乙に対して幾ら幾ら支払います。という形式が多い。
3.本件のように物損のみで加害者(被害一切なし)所有者以外が運転(現実の被害者は被害車両所有者の場合)の場合加害者と(被害車両所有者)被害者間の示談契約と言う事。
つまり示談書2通作成し加害者と被害者(本質問上は甲と丙)各一通を所有する。
4.例:加害者○○ ○○(甲)は被害者×× ××(乙)(但し、運転者は△△ △△)所有の車両の損害賠償金として~~~~~円を支払います。以下真正に異議なく和解・示談した文を入れる。
甲 住所
  氏名           印

乙 住所
  氏名           印

Q相続手続きをしてない、凍結されたままの銀行口座はどうなるのか?

相続手続きをしてない、凍結されたままの銀行口座はどうなるのか?

5年前に父親が亡くなり、プラスの遺産が2行の銀行口座にあります。
相続人・3人(実の子)いますがだれも相続手続きをせず、口座にそのままの状態で5年経っています。

私自身は相続放棄をしたかったが、死亡後3ヶ月以内にせず、後日弁護士より他の相続人のうち1人に(=Aとする)私の取り分を零とする遺産分割協議をして欲しいと連絡するも、拒まれました。

相続手続きをしていない口座にあるお金はいつまでそのままの状態にしておけるのでしょうか?
相続人がだれも何も手続きをしないとお金はどうなるのでしょうか?

最近になってわかったのですが、20年以上前に離婚した母が葬儀代を相続人Aの代わりに出していました。

そのお金を被相続人の遺産から返済したいと思ってます。

私の相続分が零の遺産分割協議にも応じなかった相続人Aですから、弁護士を通して話してもまた遺産分割協議書は作れないと思います。
こうなると裁判所に審理をお願いして遺産分割をする事になるのでしょうか?

私の相続分が零であれば残りの相続人の相続額が増えるので普通は問題なく協議書が出来ると思うのですが、相続人Aが何を考え、なぜ拒否したか詳細はわかりません。
その際連絡を取って下さった弁護士も諦めて何もしないでほっときなさいと言われ終わってしまいました。

アドバイス、ご回答宜しくお願い致します。

相続手続きをしてない、凍結されたままの銀行口座はどうなるのか?

5年前に父親が亡くなり、プラスの遺産が2行の銀行口座にあります。
相続人・3人(実の子)いますがだれも相続手続きをせず、口座にそのままの状態で5年経っています。

私自身は相続放棄をしたかったが、死亡後3ヶ月以内にせず、後日弁護士より他の相続人のうち1人に(=Aとする)私の取り分を零とする遺産分割協議をして欲しいと連絡するも、拒まれました。

相続手続きをしていない口座にあるお金はいつまでそのままの状態にしておけるので...続きを読む

Aベストアンサー

時効期間は、商事債権を適用されて、5年で時効消滅です。
ただし、銀行は消滅時効を適用することは少ない。
期間経過後でも払い戻しをしている。

信用金庫などは、商法が適用されませんので、時効期間は10年です。

20年なんてでたらめです。どうしてそんな回答が、、、、、、、、

Q所有権と区分所有100%の違い。

マンションについて、一棟丸ごとの所有権と区分所有100%はどう違うのでしょうか?

Aベストアンサー

 区分建物の要件を満たす建物を非区分建物として登記するか、区分建物として登記するかは所有者の意思によります。そして非区分建物として登記されている建物を区分建物とする登記(建物の区分登記)をすることもでしますし、区分建物を非区分建物にすることもできます。(区分建物合併登記)ちなみに専有部分と隣の専有部分の間の壁を壊して非区分建物にする場合は、合体の登記になります。

>ちなみに、今想定しているのは、現状いる多数の区分所有者から区分所有権をすべて買い取り土地は売却のうえ定借設定、建物を賃貸するといった感じです。

 敷地権になって場合、分離可能規約を設定して変更登記(敷地権の抹消)をするか、区分建物の合併の登記をして非区分建物(非区分建物になれば当然敷地権は抹消される。)にする必要があります。

>そして、仮に土地を売却しない場合、区分所有のままとする場合と所有権とする場合で違いがあるのかなと疑問に思った次第で。

 例えば建物全部に抵当権を設定する場合、非区分建物でしたらその一個の建物に設定すればよいですが、区分建物の場合、各々の占有部分の全てについて設定しなければなりません。あるいは登記事項証明書を取るのも1通ですむか、専有部分の個数に応じた通数を取るのかという違いが生じます。
 そういった事務上の管理、処理の煩雑さの違いはありますが、それを無視すれば、どちらでも問題はないでしょう。

 区分建物の要件を満たす建物を非区分建物として登記するか、区分建物として登記するかは所有者の意思によります。そして非区分建物として登記されている建物を区分建物とする登記(建物の区分登記)をすることもでしますし、区分建物を非区分建物にすることもできます。(区分建物合併登記)ちなみに専有部分と隣の専有部分の間の壁を壊して非区分建物にする場合は、合体の登記になります。

>ちなみに、今想定しているのは、現状いる多数の区分所有者から区分所有権をすべて買い取り土地は売却のうえ定借設定、建...続きを読む

Q相続・銀行口座について

この度。母親が死去しました。知っている銀行口座は、二つ程あるのですが、他に口座を

作っていたか不安を覚えています。

1.何か、一括して銀行・郵貯銀行に口座があるか調べる方法はありますか?

2.調べられた方は、おられますか?

3.相続税が、かかる程の資産はありませんが、何か手続きは必要ですか?

お分かりになる方がおられましたら、教えて下さい。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1、2、残念ながら、そういう便利な方法はありません。
 みんな、地道に可能性のある金融機関を回って調べています。
 この時、自分が相続人であることが確認出来ないと、金融機関でも回答出来ませんので、戸籍、印鑑証明、実印は必須ですが、事前に電話で聞いておくようにしたほうがいいです。

3、相続手続きが必要になります。(ちなみに子供でも引き出せません。)
 概ね、亡くなった方の戸籍(生まれてから亡くなるまでの連続したもの。これが結構厄介です。改製されていると元の戸籍・原(はら)戸籍も必要です)、相続する権利のある人全員の印鑑証明と書類への捺印等が必要です。
 
遺産分割協議書というものを作っておくと手続きが一部簡略化できます。この時預金明細に、お母様名義の預金・財産一式・・等の記述をしておくと、後々通帳などがひょっこり出てきても対応出来ます。

いずれにしても、時間と手間がかかります。一般的に税金や、印鑑証明などの有効期限の関係で10カ月以内にやられる方が多いです。

 他にもやることがたくさんあって、大変だとおもいますが、とりあえず、取引のある銀行にいって相談してください。

参考URL:http://souzokuprocess.web.fc2.com/

1、2、残念ながら、そういう便利な方法はありません。
 みんな、地道に可能性のある金融機関を回って調べています。
 この時、自分が相続人であることが確認出来ないと、金融機関でも回答出来ませんので、戸籍、印鑑証明、実印は必須ですが、事前に電話で聞いておくようにしたほうがいいです。

3、相続手続きが必要になります。(ちなみに子供でも引き出せません。)
 概ね、亡くなった方の戸籍(生まれてから亡くなるまでの連続したもの。これが結構厄介です。改製されていると元の戸籍・原(はら)戸籍も必...続きを読む

Q土地所有者、建物所有者、建物賃借人

土地所有者をAとし、AがBにその土地を賃貸し、Bはその土地上に建物を建て、その建物をCに賃貸していました。
ところでBはAに地代を支払わないので、AはBに内容証明郵便で土地賃貸借契約の解除の通知をしました。(勿論、催告したうえで)
その後、AはBからその建物を借地権の附随しない建物代金として買い受けました。つまり、現在では土地も建物もA所有です。
そこで質問ですが、AはCに対して建物不法占拠として明渡しを求めることができるでしようか?
私は、地代未払いによる土地賃貸借契約解除の段階でCは建物を利用する権利は無くなっていると思われますので(例え、CはBに建物賃料を支払っていたとしても)この訴訟ではAの勝訴となりそうですが、どうなのでしよう。

Aベストアンサー

 直接「的」な判例として,「特別事情があったため」土地賃貸借の合意解除が地上建物の賃借人に対抗できるとされた事例があります。
  昭和49年4月26日第二小法廷判決 昭和48オ766号,建物収去土地明渡請求
 最高裁HPから検索可

 とりあえず文献的なものを1つ紹介しますと「問答式新借地借家法の解説,石田喜久夫著,新日本法規出版」の「借地上建物の賃借人の保護」という項目に多少の記載があります。
 
 比較的自明なものとして確立されていれば,下級審レベルで終了するため,重要判例として刊行物等に記載されることはほとんど無いかもしれません。


人気Q&Aランキング