来客用の飲料や茶菓子等の勘定科目は何にするのがいいのでしょうか?交際費?雑費?消耗品費?教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

一般的には、その内容によって、会議費、福利厚生費、交際費に分かれるものと思います。



その場で商談する際に出す飲料や茶菓子であれば会議費、主として従業員のためのものであれば福利厚生費、来客へのお土産については交際費に該当するものと思います。
(飲料や茶菓子について、来客と従業員、どちらにも出す場合は、どちらが比重が大きいかで判断されれば良いと思います。)

ただ、金額がそれほど大きくなければ、雑費で処理する会社もあるとは思います。
(もちろん、そのうちの交際費については、税務上は交際費で処理すべき事となります)
    • good
    • 9

弊社では「会議費」の扱いになっております。


打ち合わせに関連するような飲食代、得意先へのお土産代も同様の処理です。

ただ社内で社員用のお茶などは「福利厚生費」の扱いになっております。

社外の人間に対して=会議費
社内の人間に対して=福利厚生費、というくくりです。

あとは御社の考え方によると思います。
    • good
    • 1

雑費です。

    • good
    • 4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q勘定科目使い分け 備品費・消耗備品費・事務消耗品費

勘定科目の使い分けについて教えてください!!
会計ソフトを使って入力をしています。その際にタイトルの

備品費
消耗備品費
事務消耗品費
消耗品

が勘定科目にあり使い分けに悩んでいます。
前任の経理担当者からも教えてもらったのですが、いまいち基準が分からなくて…

何人か会計に詳しい人に聞いて、上記の4つを今期からは

消耗品(10万円未満のもの)
事務消耗品費(消耗品の中でも事務で使うもの)

という使い分け方をして、二つに絞ることになりそうです。

そこでいまさら調べる必要はないのですが、あえて上記4つの勘定科目を使うなら、みなさんはどう使い分けますか?
もしくはどのように使い分けるのが一般的だと思われますか?

結局備品費って何!?消耗備品費との違いは!?事務消耗品費、消耗品とは…というもやもやをすっきりさせたいです。

Aベストアンサー

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備品○○/現金○○

と仕訳します。


◆「消耗備品費」という勘定科目もほとんど見かけません。「消耗性備品費」が正しい。

器具・備品のうち少額のもので、税法が「費用」に計上することを認めるもの(※)。

税法が「費用」に計上することを認める:
(1)法人税法では、少額の資産は損金算入を認めます。
(2)所得税法では、少額の資産は必要経費算入を認めます。


※ちなみに、会計では「消耗品」という科目は存在しません。会計では、
消耗品費:洗剤、モップ、箒、灯油、お盆、湯のみ・・
貯蔵品:期中に消耗品費または事務消耗品費または通信費などに費用計上したもののうち期末時点で未使用のものは、「貯蔵品」という資産科目に振り替えます。「消耗品」という科目は使わない。

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備...続きを読む

Qこの費用の勘定科目は…商品仕入?消耗品費?材料費?

いつもお世話になっております。

清掃業の会社の経営をしています。
仕訳の勘定科目のことで質問があります。
清掃の時に使う‘洗剤’や‘ワックス’は、「商品仕入」になるのでしょうか?
それとも、「消耗品費」か「材料費」でになるのでしょうか?

「消耗品費」や「材料費」にした場合、損益計算書において売上高に対して仕入高が発生しませんが、いいのでしょうか?

また、この材料は毎月使う分だけを購入するので、月末に在庫が残る事がありません。
その場合は、決算での棚卸の必要はないですよね?

ご回答をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「サービス業」に該当するのでしょうから、「仕入」・「売上原価」は発生しないのが通常です。
そのもの自体を販売することは、そう無いですよね。

決算期末時点で在庫になっていないのであれば、棚卸も、仕様がないですね。

「消耗品費」にすると、かなり他の要素のものも含まれると思いますし、業種から判断して、「材料費」になるのかと・・・。普通業界の方たちは、それらのものをなんと呼んでいるのでしょう。「材料」と呼んでいるのであれば、「材料費」しか考えられないのですが、あまり特殊すぎず、外部の人間にも分かりやすい「○○」との呼び名があるのであれば、「○○費」と付けてしまう方法もあります。

Q勘定科目(会議費か交際費か)

法人の経理について質問させていただきます。

1.社長と社員の飲食代
  (2名で打ち合わせをして領収書8000円を持ってきた)

2.法人として取引のある業者との飲食代
  (社長とその業者で打ち合わせをして領収書8000円を持ってきた)

3.法人として取引がない業者との飲食代(見積もりなどの打ち合わせ)
  (社長とその業者で打ち合わせをして領収書8000円を持ってきた)

上記の場合の勘定科目を教えてください。すべて2名での打ち合わせです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

会社役員で経理なんかも見ているものです。

1ですが、明確に会議(打ち合わせ)をしていたとしても2人で8千円というのは少々高いような気がします。
税務署に指摘された場合、
・その店で会議を行った明確な理由 ・会議の内容(議事録等の記録)
を確実に示す必要があります。税務署側が納得しない場合は最悪給与扱いとなります。
最初から無難に交際費で処理するのがいいかと思います。

2・3ですが、どちらも交際費で処理できます。
この場合、現在取引があるかどうかは関係ありません。

さらに1人単価が5千円以内なら全額を損金算入することが出来ます。(時限法ですが、ずっと期間延長されています)
そのためには、いくつかの事を記録しておく必要があります。
ここに記録しておかなければならない内容が書かれています。
http://www.kojima-noriaki.com/article/245626996.html
こちらもコーヒー代程度の金額なら、1のところに書いた会議の内容等を記録しておけば会議費で処理できますが、上記の方法で損金算入できるのであれば、無理に会議費にするメリットがありません。

会社役員で経理なんかも見ているものです。

1ですが、明確に会議(打ち合わせ)をしていたとしても2人で8千円というのは少々高いような気がします。
税務署に指摘された場合、
・その店で会議を行った明確な理由 ・会議の内容(議事録等の記録)
を確実に示す必要があります。税務署側が納得しない場合は最悪給与扱いとなります。
最初から無難に交際費で処理するのがいいかと思います。

2・3ですが、どちらも交際費で処理できます。
この場合、現在取引があるかどうかは関係ありません。

さらに1人単価が5...続きを読む

Q消耗品 消耗品費 簿記仕訳

決算整理前の合計試算表には
消耗品 借方13 貸方13
消耗品費 借方60

損益勘定の借方に消耗品費50
繰越試算表の借方に消耗品10

とあります。どのような仕訳でこうなるのか教えてください。
ちなみに問題では、決算整理前の合計試算表の消耗品の貸方と消耗品費の借方が、空白になっていて、そこを答える問題です
お願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。

本問は、期中には消耗品費勘定を用いて記帳し、期末に未使用分を消耗品勘定に振替えるという決算整理の方法を取っているものと考えられます。

消耗品勘定借方13は前期末の未使用分として当期に繰り越された分です。これを先ず期首に、

消耗品費 13  /消耗品 13

という仕訳を行なって消耗品費勘定へ組入れています。これが、
決算整理前合計試算表における
消耗品 借方13 貸方13
という意味です。

期首のこの振替の結果消耗品費勘定には13が計上されていますが、更に期中に消耗品を購入しています。金額は60-13=47です。
消耗品費  47  /現金など  47

これで期中における消耗品費勘定の合計額が60になります。

ここまでが期中、すなわち決算整理前合計試算表に計上されている金額です。


ここから、

損益勘定の借方に消耗品費50
繰越試算表の借方に消耗品10

を用いて、決算整理仕訳、つまり

消耗品 xx  / 消耗品費 xx

と言う仕訳を作成します。今分かっているのはこの決算整理仕訳を行なった後の消耗品勘定及び消耗品費勘定の残額です。それが損益勘定と繰越資産勘定に計上されています。つまり、

消耗品 10  / 消耗品費 10

が求める決算整理仕訳です。


ところで、

>ちなみに問題では、決算整理前の合計試算表の消耗品の貸方と消耗品費の借方が、空白になっていて、そこを答える問題です//

答えさせる試算表は決算整理後残高試算表ではないですか?決算整理前合計試算表だったら、既に

>消耗品 借方13 貸方13
消耗品費 借方60//

と出ているはずですから。私の指摘通り決算整理後残高試算表でしたら、問題として理屈が分かります。
そして、その問題を解答するヒントとして、損益勘定と繰越試算表は決算整理後残高試算表の金額を基に作成されるという事を付け加えておきます。

こんにちは。

本問は、期中には消耗品費勘定を用いて記帳し、期末に未使用分を消耗品勘定に振替えるという決算整理の方法を取っているものと考えられます。

消耗品勘定借方13は前期末の未使用分として当期に繰り越された分です。これを先ず期首に、

消耗品費 13  /消耗品 13

という仕訳を行なって消耗品費勘定へ組入れています。これが、
決算整理前合計試算表における
消耗品 借方13 貸方13
という意味です。

期首のこの振替の結果消耗品費勘定には13が計上されていますが、更に期中に消耗品を購入して...続きを読む

Q代引きで消耗品を買った時の勘定科目は?

代引きで消耗品を買った時の勘定科目を教えてください。
この場合、消耗品費と運賃の2つが考えられると思うんですが、代引きの明細には、内訳などはありませんし・・・。
管理的な問題なので、会社毎に違うと思うんですが、例えば公開企業のようなきちっと管理されている会社ではどのように仕訳するのでしょう?

Aベストアンサー

仕入でもそうですが、主たる商品・製品を仕入れるのに付帯する諸掛はその主たる勘定に含めます。
一般経費でも統合勘定といい、主たる目的に沿った科目に統合させます。企業の規模うんぬんは関係ないです。
消耗品を購入するのに発生した費用として捉えれば代引き手数料や着払い運賃も消耗品費に含まれることになります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報