プロが教えるわが家の防犯対策術!

会社の普通預金からの送金で、
証券会社に50万送金して、手数料が120円かかった場合の仕訳を教えてください。
 
借方 普通預金  50万 貸方 送金   50万
借方 支払手数料 120  貸方 普通預金 120 

こんな感じで良いんですか?
ダメダメですか?
送金という勘定科目ないですよね??
すいません。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>株を買っていなくても証券会社に送金した時点で…



日本語の分からない方ですね。
【株でも買ったとして】
と断ってあるでしょう。

買う前なら、単に A銀行から B銀行へ口座間移動したのと同じです。
「○○証券△△口座」とでも科目名を付けておけばよいでしょう。

○○証券△△口座 500,000円
支払手数料 12円/○○株式購入代金/普通預金 500,120円
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ごめんなさい。
簿記も何も習ってなくて独学で右も左もわからなくて
パニック状態です。
また、こういった事で質問すると思います。
税理士に頼め!! 分からんやつが会社など立てるな!!っと怒った声が聞こえてきそうです・・・。
ですが、負けたくないので頑張りたいと思います。
分からず屋でイライラさせるとは思いますが、また見つけたら回答のほうよろしくお願いします。
私の欠点の1番はズバリ「日本語が分からない」事なんです。すいません。

お礼日時:2006/08/16 16:22

預け金500000普通預金500000


支払手数料120普通預金120

1.購入金額と同じときの仕訳
有価証券500000預け金500000

2.購入したとき、送金額より高ければ追加送金します。
3.購入したとき、送金額より少なければ預け金残高が
 残ります。これをどうするかは証券会社と相談して
 決めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2006/08/17 09:44

>証券会社に送金した後に1株1000円の株を買ったとしたら、


有価証券 1000円/???

もし、
仮払金    50万円 /普通預金 50万120円
支払手数料  120円
これで処理しているのなら、

有価証券 1000円 /仮払金 1000円
になります。
ただし金額は1000円×株数で変化します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
解りやすかったです!!

お礼日時:2006/08/16 16:15

「証券会社に50万送金」これは何のためのお金でしょうか?



それが分からないと仕訳できません

投資用に有価証券(長期保有)を購入したなら

投資有価証券 50万円 /普通預金50万120円
支払手数料  120円

売買目的なら 「投資有価証券」が「有価証券」になります

科目が未確定または概算払いで金額が確定していない場合、一時的処理として「仮払金」かも知れません

その取引の内容が判らないと仕訳も出来ませんのでとりあえずは「仮払金」でしょうか?

この回答への補足

株は売買目的です。

最初に送金してまだ株を買っていない場合

仮払金 50万/普通預金 50万120円
支払手数料 120円

証券会社に送金した後に1株1000円の株を買ったとしたら、
有価証券 1000円/???

証券会社にお金を送金してるので普通預金ではないですよね?

補足日時:2006/08/16 15:22
    • good
    • 0

借方 普通預金  50万 貸方 送金   50万


借方 支払手数料 120  貸方 普通預金 120

----------------------------------------

これでは普通預金に 50万円入金されてしまいます。
また、証券会社に送った目的は何でしょうか。
株でも買ったとして、

有価証券 500,000円
支払手数料 12円/○○株式購入代金/普通預金 500,120円

この回答への補足

目的として、株を買うのに送金しました。
株を買っていなくても証券会社に送金した時点で
有価証券として取り扱うのですか?

補足日時:2006/08/16 15:18
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMRFに運用しない単純な証券口座の勘定科目

株式を売買するために証券口座を開きましたが、この証券口座を会計処理する場合の勘定科目は何でしょうか?(MRFの運用もありません)
仮払金や預け金で処理するとの意見もありますが、本当のところはどうなのでしょうか? 特に仮払金で処理をすると決算でこの勘定の残高が残ることが普通になってしまいますので、通常の考え方からするとまずいような気がします。
MRFへの運用もないので通常の預金と実態が同じと見て、流動資産の部に「証券口座」勘定とするのが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

税理士で元銀行員です。

証券会社に口座を開設して資金を入金する場合、「預け金」という形
と「MRF」という形があります。

質問者様のお話は預け金ということですので、文字通り「預け金」で
良いと思います。

期中に経過勘定として「証券口座」という勘定科目で処理するのも
特に問題ありませんが、決算時点では「その他の流動資産」ですね。

ちなみに、MRFの場合は「有価証券」で良いと思います。

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q法人で株取引をする時の仕訳について。

法人で株の取引をします。売買目的で、取引による差額は売り上げに計上します。

これにあたり、証券会社の法人口座を作りました。
この口座にまず入金し、証券会社を通して、株の売買は行います。
この時の仕訳と、売買時の仕訳がわかりません。
株の取引の利益、損益は当社では売り上げに計上するので、この場合の仕訳を教えてください。

私個人の名義ではなく、法人で行う場合の仕訳がわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「売上」は使えません。

売買目的有価証券(資産)
売買目的有価証券売却損
売買目的有価証券売却益

の科目を使って営業外収益とします。

まさか株式投資を「主たる事業」にはしていませんよね?

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。

Q消費税・法人税の中間申告の納付時の仕訳のやり方について

いつもお世話になっております。
消費税と法人税(法人税・県民税・事業税・町民税)の中間申告納付時
の仕訳についてお聞きしたいのですが、ある会社では上記は全て、「仮払金」であげて、期末に処理しております。(実際の処理は税理士さんにお願いしております)
また、違う会社では、消費税については「仮払金」(資産)であげているのは同じなのですが、法人税については中間納付の時点で「法人税および住民税等」(費用)という科目で処理しており、同じく期末で税理士さんにお願いして最終処理しているようです。
仕訳の方法については特に指摘もないことから、この2社どちらのやり方でもかまわないの(間違いではない)だろうとは思うのですが、上記2社のやり方では法人税の期末の仕訳はそれぞれどのようになる(違いがある)のでしょうか?
実際の部分は税理士さんにお願いしていることから、期末の仕訳がどうなるのか、いまいちわかりません。
すいませんが、大まかでかまいませんので、期末の仕訳がどうなっていくのか教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・仮払金の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[仮払金]*****
           /[未払法人税等]*****

・法人税等の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[未払法人税等]*****

Q投資信託を解約した時の仕訳

法人です。
グローバルソブリン債という投資信託を7000万円投資していましたが、このたび急に現金が必要になり、解約(買取)することになりました。
この金融商品は、海外、特にオーストラリア等への格付けが高い国債に
分散投資するもので、毎月、決算され分配金として40万円ほど入金
されてきていました。その時の仕訳は、当座預金/分配金で処理し、
源泉所得税が発生する場合は、当座預金と租税公課/分配金で仕訳
をきっていました。
今まで、決算書には(借方)投資信託と表示されていましたが、解約
(買取)したので、この投資信託というものはなくなり、当座預金に
振り替えられるかと思います。
ところが100万円ほど差引かれて入金されてくるということになりま
した。それは手数料というものではなく、元々購入した際の基準価格
を元に解約時の基準価格と比較した時の差を反映させて入金しました
との説明を受けました。
(借方)当座預金6900/(貸方)投資信託7000
    ???? 100
のところの???が何かしらの勘定科目で一致してくるかと思いますが
調べてもよく分かりません。
もしご存知な方がいらっしゃれば教えて下さい。
(あるいはこれらに付随するサイトなどあればURL でも結構です)
宜しくお願いします。

法人です。
グローバルソブリン債という投資信託を7000万円投資していましたが、このたび急に現金が必要になり、解約(買取)することになりました。
この金融商品は、海外、特にオーストラリア等への格付けが高い国債に
分散投資するもので、毎月、決算され分配金として40万円ほど入金
されてきていました。その時の仕訳は、当座預金/分配金で処理し、
源泉所得税が発生する場合は、当座預金と租税公課/分配金で仕訳
をきっていました。
今まで、決算書には(借方)投資信託と表示されていました...続きを読む

Aベストアンサー

単純に科目が何かということであれば、有価証券売却損となります。

なお、通常は特別分配金(源泉等発生しない分配金)に関しては元本の取り崩しと見られるため、収益計上ではなく当座預金/投資信託(有価証券)という仕訳となります。そのため、本来は現在より投資信託の簿価が特別分配金の金額分下がっていたということになります。
厳密に言えば該当額について更正請求した上で、今回の売却損については同額減少することになるのですが、まぁ会社にとっては不利になっている(=先に収益を計上する形となっている)ので、過年度の税務上の繰越欠損金に影響が無いのであれば、そのまま売却損で計上しても問題とされる可能性は低いのでは?とも思います。(お勧めしているわけではありません。念のため)

なお、老婆心ながら消費税の課税売上割合の計算上、売却額(質問内容では6,900)の5%相当の非課税売上を加算する必要があります。

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Q株を売却した場合の仕訳方法

会社で取得していた株を今回売却しました。取得時に所得税の支払をしているのですが、売却した場合の税金や売却損の仕訳の処理はどうしたら良いのでしょうか?

EX)
取得価格:800,000円(1,000株*800円/株)
株:450,000円(1,000株*売却時株価450円)
証券会社への手数料:4,200円(税込)
当社への入金額:445,800円
(450,000円-4,200円)

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

売却時の税金や手数料は有価証券売却損の科目で処理します。

EX) 普通預金    445800/ 有価証券 800000
    有価証券売却損 354200

Q印鑑証明の仕訳

印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか?
ネットで検索したところ、
租税公課という話も見つかりましたし、
教えてgooでは手数料という話も見つかりました。
租税公課だと、税金なのかという疑問があり、
手数料だと、弥生会計の標準の仕訳にないところから
(支払手数料ならありますが)、
一般的ではない気がします。
何が一番適当なのでしょうか。

Aベストアンサー

消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。
あえて決めるなら、役所関連の費用というところから
公租公課(租税公課)というところでしょうか。
消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。

Q建物の解体・取り壊し費用の科目名を教えて下さい。

表題の通りですが、
色々な例を調べていますと3通りあります。
1)解体・取り壊した建物の除却損に含める。
2)取り壊した後に改めて新築し建物の取得原価に含める。
3)修理費等の費用として処理する。

税理士の例題解答では
1と2が出てきます。
実務的には3もあるようです。

その使い分けを教えていただけませんか。
特に2について
解体された建物と新築された建物との関与の程度なのかな
とも思うのですが、いかがでしょう。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

なるほど…問題を見た限り、回答が「除却損」となるポイントは…。

「老朽化したため、取り壊し」

の、一点のみです。

「老朽化したため、取り壊し」ということは、「既存の建物には資産価値が無い(評価額0円)」と解釈できます。
この「価値が無い資産」を帳簿から外す(処分する)行為は「固定資産の廃棄」と位置づけられ、処分時に発生した損失は費用に計上することができる…とされています。
故に、取り壊し後に新規に建物を取得する場合であっても、回答は「除却損」ということになります。

いやいや、なかなか良くできた例題ですね。
取引日付や経過日数は、おそらく減価償却費の算定や月数按分の算出。
それと「引っかけ」の意味もありそうです。

この例題のように、簿記の試験問題には余計な情報が含まれていることが多く、全体を見すぎてしまうと逆に訳が分からなくなってしまいます。
回答のポイントは、だいたい一つか二つですので、それを見極めることが重要になります。

以上、参考になれば幸いです。
長文、駄文ご容赦ください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング