ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

こんにちは。私は大学二年なのですが、司法書士を目指してダブルスクールをしようと思っています。法学部生ではないので初学者でも分かりやすい予備校がいいのですが、たくさんあって悩んでいます。

一番親しみがあるのが伊藤塾とLECです。去年から法学に興味を持ちはじめ、伊藤先生の「試験対策講座」や「C-Book」なんかを読んでたので…。と言っても、憲法や民法総則・刑法総論くらいですが。その感じだと、分かりやすいのは伊藤塾、頭に入りやすいのがLECでした。パンフや資格相談会などで調べた限りでは、講義もサポートも伊藤塾がいいな…と思ったのですが、ちょっと不安に思うのがテキストです。LECのブレークスルーというテキストは大変良いと聞きます。テキストの知識でちょうど必要十分だと。それに対し、伊藤塾の司法書士のテキストは言葉が難しいというか表現が硬いというか…。読んでも分かりづらいような印象を受けたのですが、講義を聞けば分かるのでしょうか?知識量はブレークスルーと同様にちょうどよい程度だと思われますか?これらのテキストを使って合格された方、勉強中の先輩方、是非教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.1ですが、たびたびすみません。


LECと伊藤塾についての私の意見なんですが、
LECは、司法書士受験教育の歴史が長く実績もあるので、
その分資料が多く、テキストも含めてよく分析されているなぁという感じです。ただ、LECは値段も比較的高く他の予備校に比べてフォロー制度が充実していないように思います。(休んだ分のビデオやカセット受講が有料)
伊藤塾は、司法試験受験では相当有名ですが、司法書士受験に関してはまだ短いので(はじまって4~5年だと思います。)まだ発展途上という感じがあります。ただ、私が通っていたのは始まって間もないころだったので、今はテキストも講義の質もかなり良くなっています。伊藤塾は価格が安く(テキストが受講料込み。別途テキストを買うと3万円くらいかかってしまいます)フォロー制度がしっかりしている(講義を休んでも、家でインターネットで講義が無料で見れるなど)ところが良いと思います。
あと、講義は私はライブ講義を受けることをお勧めします。通信の方がやりやすい方もいるとは思うのですが、もし校舎が自宅から通える範囲内ならば、ライブ講義がオススメです。やっぱりビデオなどで講義を受けるより緊張感もあるし、受験仲間ができるとやる気も起きます。
でもまぁ、前にも書きましたが予備校に通う上で一番重視してほしいのは講師だと私は思っています。
長々と私の勝手な意見を書かせていただきましたが、
参考にしていただければ幸いです。
    • good
    • 1

LECに通ってました。



私としては、テキスト重視で行きました。
LECの良い点は、とにかくブレークスルーが分かりやすくて
細かい点まで掲載されているところです。当然足りないところ
もありますが、市販されているテキストと比べると凄く良いです。

不満なところは、講義とサポート、受講料が高すぎる点でした。

講義のスピードが最初はゆっくり丁寧にやっているのですが、
民法の後半とか刑法の後半とか、科目の後半になると、終わらせる
ために恐ろしくスピードが速くなり、”ふざけんなよ”と思う
事も多々ありました。あと当然、講義だけでは合格に必要な
知識の6割くらいにしかならないですし。
まあ、基本的な部分しか講義しないところはどこのスクールでも
同じでしょう。

サポートとしては、合格講座を受けなかった年は、もうブレークスルー
が買えない所。インターネットでのフォローについて、返事が来るのが
遅いところなどが不満でした。
2年目に法改正があってテキストが古くなっても、講義を受けて
いなかったので、ブレークスルーが更新できないのです。

と、不満な点を多く書いてしまいましたが、私としてはテキスト重視
で行きましたので、途中で放り投げるまでは行きませんでした。

kirin_7さんもがんばってください。この試験、1にも2にも暗記です。
覚えられないところは、語呂合わせでもなんでも覚えてください。
    • good
    • 2

やっぱり一番重視したほうがいいのは講師の先生じゃないでしょうか??


どの予備校でも無料の体験講義が受けられると思うので、
それを受講するのをオススメします。
どんなに有名な先生でも、自分との相性があると思うので、
実際に講義を受けてみたほうがいいです。
せっかく高い授業料をだして受講するのですから、
途中でやめたりするのはもったいないですし。(1年という長丁場なので、途中でやめてしまう人が多いのも現実です。)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうですね。
相性の合う先生がいると、何よりやる気がでますよね。。。
無料体験は行ったのですが、一番最初の体系編だったので
法学的な内容に入らないまま終わってしまったのが残念でした。
無料体験も着目すべきことを考えて行かないといけませんね。
ありがとうございました。。。

お礼日時:2006/11/14 23:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q伊藤塾よりLECのほうが受講料が圧倒的にやすい(?) 下のサイトを見てアドバイスください

伊藤塾
http://www.itojuku.co.jp/shihou/kouza_ichiran/pdf/28ki/28ki_price.p...

LEC
http://www.lec-jp.com/kouza_ippatsu/houka/pack_speed.html

http://www.lec-jp.com/houka/choice/pack_cource.shtml

どう見ても伊藤塾は高すぎな気がするのですが、何か、からくりがあるのでしょうか?

たとえばLECは別料金がたくさんいる(テキスト代とか模試代とか)

また、どこか見落としてる可能性もあるかもしれません。

ご指摘お願いします。

Aベストアンサー

LECで活躍されていた伊藤先生というのが設立されたのが伊藤塾です。
ですので、資格試験、とくに司法試験については、伊藤先生のノウハウ
カリスマ性が、伊藤塾に引き継がれ、ありていにいえば、伊藤塾のほう
が司法試験に絶対的な自信をもっているので、価格に反映さているといえ
るでしょう。他方で、LECは、伊藤先生が脱退したため、司法試験は
片手間になり、LEC大学と呼ばれるなど、大学経営にものりだし、
多角化の一途をたどっており、多角化するほど薄利多売ですから、価格が
低下しているのだと分析できます。
 これは資料の費用にも反映されていて、伊藤塾のテキストのほうが
高めになっています。模試代とかはあまり変わらないきもしますが。

司法試験にかぎっていえば、以上のような経緯から、LECは、司法試
験分野から撤退したがっているのが目に見えています(すでに論文向けけ
の本格的な講座はあまりありません)。価格比較をするのであれば、む
しろ辰巳でしょうね。

Q通信講座で行政書士に合格した方アドバイス下さい

行政書士の資格を取りたいです
通学は無理なので通信講座のみで勉強していく予定です
ユーキャンを受講しようかと思ってます
法律についてはゼロからのスタートなので通信講座のみでついていけるのか不安に思いましたが、費用時間を考えると通学は無理です
通信講座のみで合格なさった方のアドバイスを頂けたらと思い質問しました
それと教材以外に何か自分で用意(購入)したものはありますか?
六法全書は毎年買うものなのでしょうか?(3年前のものなら家にあるのですが)
きちんと教材を隅々まで勉強すれば法律から一般教養まで通信教育だけで合格までレベルアップできるか知りたいです
通信講座のみで受験するに当たって何かアドバイス頂けたらとても有難いです
乱文ですみませんがよろしくお願いします!

Aベストアンサー

おはようございます。No.3です。
そうですね、ユーキャンで学んだ後は予備校等へは行っていません。
市販の問題集は不安にかられて(笑)1冊だけ購入してしまいました。でもこれも気休めでしかなかったです(ピントのずれた問題が多かったし)。
自分はしていませんでしたが、やはり大手予備校の模試を受けておくのをお勧めします。
ユーキャンのものとはやはりレベルが違い、より本番に近い(というかそれ以上の)難易度を経験出来るかと。
私が一番力を入れたのは六法を読み込むことでした。その条文に関する判例も含め、全部暗記してやる!位の意気込みでかかってました(の割りに頭に入らなかったけど…)。
>ちなみにユーキャンの講座では一般教養の部分はどうなんでしょうか?
えー、ぶっちゃけて言うと全く役立ちません(笑)。
公務員試験の一般教養対策本とかがいいのかなあ。
自分の場合は『朝日キーワード』(という題名だったと思います)とか高校の政経の参考書を買いました。
しかも今年度から行政書士試験の内容が大きく変わり、一般教養の問題も少なくなったようですね。
ますますユーキャンのテキストは役立たないと思われ(笑)。
本屋さんで時事問題等が判り易く説明されているものを探すのがベストですね。
申し訳ないです、こんな回答で。

参考URL:http://gyosei-shiken.or.jp/kaisei/index.html

おはようございます。No.3です。
そうですね、ユーキャンで学んだ後は予備校等へは行っていません。
市販の問題集は不安にかられて(笑)1冊だけ購入してしまいました。でもこれも気休めでしかなかったです(ピントのずれた問題が多かったし)。
自分はしていませんでしたが、やはり大手予備校の模試を受けておくのをお勧めします。
ユーキャンのものとはやはりレベルが違い、より本番に近い(というかそれ以上の)難易度を経験出来るかと。
私が一番力を入れたのは六法を読み込むことでした。その条文に関す...続きを読む

Q行政書士になるのはなぜやめておいた方がいい?

 表題のとおりなのですが。
 私は行政書士試験合格者です。しかし、登録はしていません。今後、登録して開業する気もありません。
 許認可の仕事は古参の行政書士が既におさえている状態で新規参入は極めて難しく、入国管理は珍しい外国語ができなければ顧客獲得が難しく、車庫証明は自動車ディーラーがついでにやってしまっているような状況で独立して行政書士事務所を運営するにとても足りないということがわかったからです。
 行政書士会や行政書士会連合会、行政書士政治連盟は商業登記開放や成年後見業務などの獲得を目指して動いているようですが、他士業ががっちりスクラムを組んで行政書士に新規の仕事を与えないよう共闘しているような状況だということも知りました。
 2000年ぐらいを境に、それ以降の新規登録者で急成長している行政書士事務所や行政書士法人は、ほとんどが商業登記を違法に行ったり(非司行為)、法律相談や法的交渉の代理などの業務を行ったり(非弁行為)して市民の法的権利を害するようなことで大きくなったことも知りました。
 新人行政書士に「仕事を教える」として研修費名目でお金を払わせたり、実務マニュアルを売ると売り込みがあったり、宣伝広告のノウハウを教えるという情報商材があったりするいわゆる「ヒヨコ食い」の話もさんざん知らされました。
 挙句の果てには外国人の不法入国の手引を行うものが後を絶たないとして、警察が行政書士会を監視対象にしているという事も知りました。
 資格学校の安くない受講料と、合格までに費やした2年間という時間は、自らの無知が招いた授業料と割り切ることもできます。
 であればこそ、今後、資格学校の「街の法律家」「法廷に立たない弁護士」「扱える書類は10000種以上」「就・転職にも有利」などの謳い文句に踊らされてこの無駄な資格試験を受検する人が出てこないよう、思いとどまれるように折にふれて説得していくことで、自分のできる社会貢献としたいと思っています。
 上記しましたように、行政書士にはならない方がいいという根拠になる事実はたくさん知っています。しかし、ひとことで「ズバッ」と説明する訴求力には欠けていると思うんです。
 「行政書士にはならない方がいい」端的に説明できる方法を、何か教えて下さい。

 表題のとおりなのですが。
 私は行政書士試験合格者です。しかし、登録はしていません。今後、登録して開業する気もありません。
 許認可の仕事は古参の行政書士が既におさえている状態で新規参入は極めて難しく、入国管理は珍しい外国語ができなければ顧客獲得が難しく、車庫証明は自動車ディーラーがついでにやってしまっているような状況で独立して行政書士事務所を運営するにとても足りないということがわかったからです。
 行政書士会や行政書士会連合会、行政書士政治連盟は商業登記開放や成年後見業務...続きを読む

Aベストアンサー

行政書士は独占業務がないから。あっても付随的な業務だから。

この一言に尽きると思います。

私は弁理士試験の受験生時代に行政書士登録をしていました。これは2次試験の選択科目免除のためです。登録中に県の行政書士名簿をもらっていました。そこで分かったのは、行政書士一本でやっている人は圧倒的に少ないってことです。大多数は司法書士か税理士がダブルライセンスとしてもっていました。司法書士は農地法の許可申請のためであり、税理士は建設業の許可申請のためですね。

会社設立を業務にしている行政書士がいますが、登記ができなければ意味がないし、記帳業務をしている行政書士がいますが、税務申告ができなければ意味がない。

Q司法書士

こんにちは。
30代サラリーマンですが、一念発起して司法書士を取得しようかと
思います。
おすすめの予備校や勉強の仕方など、詳しい方にどうかご教授願いたいです。
それと、合格したらどのように「司法書士」の肩書をもらえるのでしょうか。
例えば司法試験は、退社して司法修習受けなければ法曹にはなれないですよね。
司法書士はそのようなシバリがないのでしょうか。

ぜひ、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 司法書士になるには,司法書士試験に合格した後,司法書士会に登録しなければなりません。登録時に2万5000円の費用がかかるほか,年間20万円くらいの会費を支払わなければなりません。
 司法書士になるための修習などは特に義務づけられていませんが,司法書士会の研修を受けることは義務づけられており,さらに認定司法書士といって,法務大臣の認定を受けると簡易裁判所の代理業務なども行えるようになりますが,その認定を受けるためには法務大臣の指定する研修を受け,試験に合格する必要があります。
 司法書士試験に合格するまでの間は,別に退社しなければいけないという縛りはありませんが,働きながらそう簡単に合格できる試験でもありませんし,合格した後は退社し司法書士として独立開業するというのでなければ,全く意味がありません。仕事の内容も,約8割は住所や氏名を書き写したり法務局の役人にお伺いを立てたりする形式的な作業で,特にやりがいを感じられるものではないと聞いています。
 試験の内容も,法務局の登記に関する特殊なものが多く,あまり社会人として普段の仕事に活かせるというものではないので,ほとんどの人の場合,そんなもの勉強するくらいなら現在の仕事を頑張った方が100倍ましだと思います。
 以上をご承知の上でそれでも司法書士を取りたいという場合,独学で合格できる人もたまにいますが,基本的には予備校に通うのが無難でしょう。予備校は自分に合うかどうかという問題もありますので,自分で無料ガイダンスを受けるなどして決めた方がよいと思います。

 司法書士になるには,司法書士試験に合格した後,司法書士会に登録しなければなりません。登録時に2万5000円の費用がかかるほか,年間20万円くらいの会費を支払わなければなりません。
 司法書士になるための修習などは特に義務づけられていませんが,司法書士会の研修を受けることは義務づけられており,さらに認定司法書士といって,法務大臣の認定を受けると簡易裁判所の代理業務なども行えるようになりますが,その認定を受けるためには法務大臣の指定する研修を受け,試験に合格する必要があります...続きを読む

Q大学1回生からダブルスクールするべき?

初めまして!私はこの春から、某大学の法学部に通っている18歳です。
わたしは小学生のころから法曹関係に進みたいと思ってきたのですが、いざ法学部に入学すると何から始めればいいのかわかりません。
司法試験に合格するためにはまず何をすればいいのでしょうか?

私の大学には、週1回授業の空きコマに先輩から法学を教えていただくサークルや、市民の法律相談にお答えするサークルなどがあります。私はこのどちらかのサークル(どちらにするかは悩み中です)に入ろうと思っています。それから、私はずっと運動を続けてきて運動も大好きなのでので、勉強の妨げにならないような週1~2回ゆるーく活動するテニスサークルにも入りたいと思っています。(勉強との両立が厳しそうなら、テニスサークルは入るのをあきらめます、、)あと、少しでもダブルスクールの費用の足しになればと塾講師のアルバイトもはじめました。

伊藤塾やLECなどの各予備校の資料も取り寄せてみたのですが、いつから始めるべきなのかわかりません。やはり1回生のうちからダブルスクールするべきなのでしょうか?ちなみに私は自分で民法の入門の本は読んでいるのですが(あまりわかりませんが)、大学の講義はまだ一般教養ばかりで法律のことは全く学んでいません。

親はがんばって援助はするよと言ってくれていますが、予備校もとても費用がかかりますし、もし無駄になってしまうのなら親にたくさん負担をかけるのも申し訳ないです。でもずっと夢見てきたことだから、絶対に法律家になりたいです!だから、この4年間で絶対に法科大学院または予備試験合格しよう、という心意気でがんばろうとおもいます!!今からどういう生活をするべきか、何かアドバイスをいただけたらとてもうれしいです。よろしくお願いします!

初めまして!私はこの春から、某大学の法学部に通っている18歳です。
わたしは小学生のころから法曹関係に進みたいと思ってきたのですが、いざ法学部に入学すると何から始めればいいのかわかりません。
司法試験に合格するためにはまず何をすればいいのでしょうか?

私の大学には、週1回授業の空きコマに先輩から法学を教えていただくサークルや、市民の法律相談にお答えするサークルなどがあります。私はこのどちらかのサークル(どちらにするかは悩み中です)に入ろうと思っています。それから、私はずっと運...続きを読む

Aベストアンサー

一年の時からダブルスクールをすべきかというのは,とても微妙な議論です。

資格試験というのは,案外,長丁場なのですね。
もし法科大学院を見据えているのであれば,4年間+3年間の7年間を,勉強に充てなければなりません。これは小学校時代に匹敵する長丁場で,この時間を継続して法律の勉強にあてなければならないわけです。そのような集中力がまず持続するのかという問題があります。
ですので結論から言えば,大学1年のときは,ゆっくり遊んでもいいと思います。

次にではいつから本格的に始めるかということですが,2年生くらいからでよいのではないかと思います。

最後に,これは最初にというべきかもしれませんが,予備試験コースか,法科大学院コースかは,予備試験の合格率をみてから決めればよいと思います。予備試験コースの合格率が5%程度であれば,文句なく,法科大学院コースがよいと思います。

Q司法書士と社労士、どちらが有用なのでしょうか

会社勤め11年の33歳、男です。

将来(保身)のため、難関資格を取得しておこうと
思い、今 司法書士・社労士の資格で悩んでいます。

大学は、法学部を出ていますが、卒業後、ずっと
今の会社の、システム部門にいたため、知識は皆無に
近くなっています。

将来、どちらの資格のほうが 求人や募集があり
収入は安定しているでしょうか? 

Aベストアンサー

私は、「司法書士」をおすすめします。

ただし、どちらが良いとかは基本的にあなた次第だと思いますよ。
やはり、どちらの分野に興味があるとか、少しでも経験が生かせるとか、いろいろな要素が係わってくるでしょうからね。

知識は忘れるのではなく、引き出すことが難しくなるだけです。法学部で学ばれたのであれば、まったくの最初からの勉強であっても、はじめて学習する人より早く覚えられることでしょう。

社会保険労務士の分野も広く、法学の知識は役に立つことでしょう。しかし、司法書士に比べて、手続き的な業務が強いと思います。昔はわかりませんが、ほとんどの社会保険事務を会社の事務担当者が行うことが多くなっていることでしょう。多少の間違いも訂正などが出来ますしね。

しかし、これからは高齢化の社会で相続の案件も増えることでしょう。弁護士が増えるといってもどこまで増えるのかはわかりません。司法書士であれば、弁護士に近い業務を行えます。簡裁の範囲であれば認定を受けることで代理行為が出来ますし、簡裁以外の案件でも本人の後方支援としての相談や書類作成業務などもあることでしょう。社会保険労務士に比べて、個人と法人のそれぞれから受けられる業務も多いと思います。

どちらの資格も、弁護士や税理士に比べて顧問契約は期待できません。ですので、営業力や人脈がないと安定収入は期待できません江。雇用される資格者であっても、やはり安定収入などがなければ雇用の機会も減りますので、就職も厳しいかもしれません。もちろん資格者として企業に雇用されるというのもありますが、社員であれば資格は不要で会社の業務として会社の諸手続が可能でしょう。そのため、スポット依頼になりがちですので、雇用は難しいでしょうしね。

私自身は税理士事務所の経験を生かしてIT分野の会社の役員となりました。私のように自社の手続のために社会保険などの手続や各種社内規定の整備、各種助成金などの業務経験がある場合には、社会保険労務士のほうが稼ぎやすいかもしれません。司法書士の分野で素人で出来るのは簡易的な登記ぐらいですからね。経験の無い分野への挑戦であれば、簡易的な業務から高度な業務まである司法書士が良いでしょう。他士業事務所への就職もしやすいかもしれませんからね。

私は、「司法書士」をおすすめします。

ただし、どちらが良いとかは基本的にあなた次第だと思いますよ。
やはり、どちらの分野に興味があるとか、少しでも経験が生かせるとか、いろいろな要素が係わってくるでしょうからね。

知識は忘れるのではなく、引き出すことが難しくなるだけです。法学部で学ばれたのであれば、まったくの最初からの勉強であっても、はじめて学習する人より早く覚えられることでしょう。

社会保険労務士の分野も広く、法学の知識は役に立つことでしょう。しかし、司法書士に比べて、手続...続きを読む

Q早稲田大学法学部と中央大学法学部のどっちがいい?

現在浪人一年生です。
早稲田大学法学部と中央大学法学部のどちらに進学しようか迷ってます。どちらも(中央は明日ですが)センター利用で合格が決まりました(決まります)。
私は、将来は司法試験を受けて法曹界で働きたいと思ってます。が、大学四年間でどう変わるかわ解りません。

まず中央大学に行きたいと考えるのは
詳しくは知らないのですが中央大学は法学部在学中に安価でOBからの添削指導が受けるシステムがあると聞いております。司法試験受ける多くの方が何らかの塾に通うらしいですが、東京での下宿にお金がかかりますので、できるだけ親に迷惑かけないよう塾には行かないつもりでいます。そのため中央大学のこのシステムはうれしいです。
また、法科大学院の合格者数・合格率ともに中央の方が勝っております。

次に早稲田大学に行きたいと考えるのは
単純に大学の名前です。やはり受験勉強する中でずっと早稲田のほうが(偏差値が)高いという認識で来たので、何となく早稲田のほうがいいんじゃないかなと思えてしまいます。もし中央よりも早稲田が良いという認識が社会レベルであって、司法試験取得後や、あるいは法科大学院に進まず法学部に行った後企業に勤めることになった際に、早稲田の名前が有利に働くのなら早稲田も捨てがたいです。

以上のことを踏まえまして以下のことにお答えいただきたいです。

(1)早稲田大学に安価でOBからの添削指導が受けるようなシステムがあるか?(もしあるなら、中央の良いところが一つ減ります)
(2)(司法試験取得後や、あるいは法科大学院に進まず法学部に行った後企業に勤めることになった際のそれぞれにおいて)就職時などで、早稲田大学という名前が中央大学という名前より有利に働くことがあるか?
(3)そのほかに早稲田あるいは中央の良いところ。
(4)上記を踏まえて最終的にどちらを薦める?

にお答えいただきたいです。

現在浪人一年生です。
早稲田大学法学部と中央大学法学部のどちらに進学しようか迷ってます。どちらも(中央は明日ですが)センター利用で合格が決まりました(決まります)。
私は、将来は司法試験を受けて法曹界で働きたいと思ってます。が、大学四年間でどう変わるかわ解りません。

まず中央大学に行きたいと考えるのは
詳しくは知らないのですが中央大学は法学部在学中に安価でOBからの添削指導が受けるシステムがあると聞いております。司法試験受ける多くの方が何らかの塾に通うらしいですが、東京での下宿に...続きを読む

Aベストアンサー

合格おめでとうございます。


(1)早稲田大学に安価でOBからの添削指導が受けるようなシステムがあるか?(もしあるなら、中央の良いところが一つ減ります)

詳しいシステムはわかりませんが、
早稲田大学の場合、稲門会というOB組織があり、法曹関係のOBとの強いつながりが予想されます。

(2)(司法試験取得後や、あるいは法科大学院に進まず法学部に行った後企業に勤めることになった際のそれぞれにおいて)就職時などで、早稲田大学という名前が中央大学という名前より有利に働くことがあるか?

早稲田のほうが良いです。

(3)そのほかに早稲田あるいは中央の良いところ。

早稲田大学の場合、高田馬場キャンパスで4年間を過ごせるので、
学生街の雰囲気に浸り、早稲田祭で大いに盛り上がり、また文学部キャンパスなどを含め膨大な種類の科目から、
自分の学びたいことを選ぶことができます。
早稲田は7限まであるので、集中的に科目を履修して平日にあき時間を作ることもできますし、
留学制度が盛んなので、王道な欧米圏への留学以外にも、同志社大学への国内留学、中央アジアなどへの短期留学も考えることができます。

一方、中央は4年間八王子なので、勉強以外の面ではちょっと・・どうなんでしょうね。

(4)

明らかに早稲田です。
もし法曹につきたい場合、大学院で中央のロースクールに行けば良いのではないでしょうか?

合格おめでとうございます。


(1)早稲田大学に安価でOBからの添削指導が受けるようなシステムがあるか?(もしあるなら、中央の良いところが一つ減ります)

詳しいシステムはわかりませんが、
早稲田大学の場合、稲門会というOB組織があり、法曹関係のOBとの強いつながりが予想されます。

(2)(司法試験取得後や、あるいは法科大学院に進まず法学部に行った後企業に勤めることになった際のそれぞれにおいて)就職時などで、早稲田大学という名前が中央大学という名前より有利に働くことがあるか?

早稲田のほうが...続きを読む

Q40歳からの資格取得(司法書士)及び就職状況について

司法書士という資格に興味をもっています。
資格取得後の話ですが、40台での就職(それも地方!)状況はどうなのでしょうか?
独立開業は考えておらず、法律関係の事務所勤務希望です。
今までのQ&Aには目を通したつもりです。
とりあえず、合格して地元の司法書士会に履歴書を送れば、法律事務所から連絡がきて何とかなる!という意見があったのですが、それにしても年齢や性別(女)で、難しかったりするものなのでしょうか?
自分の強みとしては、英語がそこそこできる(TOEIC800点)くらいなのですが、これも地方だと余り関係ないものなのでしょうか?
まずは合格するのが先なのですが、資格だけとっても・・・となることは避けたく、情報を求めています。
予備校の説明は、ちょっとバラ色すぎるようで。
実務関係者の正直ベースでのご回答、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>>少なし・・・で、それでも仕事を選ばなければ、なんとか食べてはいける・・・ということなのかな?と。
>>地裁の書記官をやっている友人も、試験の大変さのワリには仕事内容や報酬が報われないという意味
>>で、余りオススメではないと言ってました。

そうですね。
新人は、司法書士の中の資格内資格である簡易裁判所代理権の資格を取って、訴訟やそういう面倒な
債務処理をやる事で活路を見出しています。
ベテランの司法書士は、登記をやった方が効率がいいから、あまりやりたがらない。
低額ねぇ。地域にもよるでしょうが、自己破産で1件20万円前後じゃないですかね。
弁護士が40万円前後でしょうから、まあ半分くらいでしょう。
非効率といっても、近頃はそれ専用のいいソフトもあるし、慣れればどういう事はないみたいですよ。
これからも多重債務や破産は増えるでしょうから、そういう面を開拓していけば、食いっぱぐれはないでしょう。
新人でも1年目から事務員を雇って、羽振りのいいのはいる(^^;)


>>Uターン就職の選択肢として考えているのが甘いんだろうなとは思ってます。

地方というのがどの位の人口の都市かわかりませんが、合格したら開業するのが前提として考えた方がいいでしょう。
質問者さんは女性という事なので、地方では女性司法書士は少ないから、開業してもその点は有利でしょう。
大都市でないのなら、土地家屋調査士・行政書士の資格は取っておいた方がいい。
その資格があれば、登記関係は全部引き受けられますからねぇ。
土地家屋調査士の仕事が来れば、司法書士の1件の単価とは1桁違いますからスポットで来ればボーナス気分になります。


>>司法書士という仕事の喜びややりがいなど、教えていただけたら幸いです。

登記は、誰がやっても結果は同じ。金額が高いか安いかだけ。
依頼者が金を払って、司法書士が当然の報酬をもらうビジネスライクの関係です。

やはり、困っている人を助ける事が喜びになるでしょう。
例えば、法律に無知な人で、悪徳商法にかかってる人を救うとか。
クーリングオフの文章は行政書士でも書けますが、折衝や訴訟は司法書士の分野になります。
簡易裁判所の範囲(140万円迄)の事案は、報酬の関係で弁護士はなかなか引き受けないのでねぇ。
多重債務者も、ワラにもすがりたい気持ちですから、救ってくれた人間には感謝をしますよ。
そういう面では、司法書士の仕事はやりがいがあるでしょう。

後、本当に司法書士に合格しようと思ったら、司法書士の受験指導校は慎重に選ばなければいけません。
勉強をした1年間の時間を損をします。(私の過去ログも参照)
難しくなってますし、合格者の年齢層も若くなってますからね。

いずれにしても、よく考えて結論を出して下さい。
頑張って下さい。

>>少なし・・・で、それでも仕事を選ばなければ、なんとか食べてはいける・・・ということなのかな?と。
>>地裁の書記官をやっている友人も、試験の大変さのワリには仕事内容や報酬が報われないという意味
>>で、余りオススメではないと言ってました。

そうですね。
新人は、司法書士の中の資格内資格である簡易裁判所代理権の資格を取って、訴訟やそういう面倒な
債務処理をやる事で活路を見出しています。
ベテランの司法書士は、登記をやった方が効率がいいから、あまりやりたがらない。
低額ねぇ。...続きを読む

Q(司法書士)LECの講師陣では誰がお勧めですか?

先日DVDの無料講座を取り寄せて見たのですが、長期の試験勉強になるので、一度だけの講義では判断しにくく決めかねています。お勧めの講師がいれば教えてください。ちなみに海野、三枝、樋口、??正次講師の講義を見ています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、この質問は知ってたら教えない内容だって事を理解しましょう。
次に、100万近く投資して、講義皆勤と1時間程度の復習を完璧にこなしても、合格できるレベルの試験では有りません。最低でも講義を聞く3倍の時間が必要です。講師と受験者の平均的な能力だけでは足りません。
合格者による情報が少ないのは、きっと講師の講義は励まし程度で自分の努力で合格したと、合格者は確信するからでしょう。上の計算では、講義は25%しか占めませんから。この25%を間違えると、話にもなりませんけど・・・
また、講師の評判は受講生が作ります。受講生の9割は不合格者ですから、評判の9割は不合格者が作ります。商売でやる予備校は不合格者にいい評判をとらなければなりません。くじけそうな所を励ますとか、基本部分中心にわかりやすく説明する点に重点がおかれます。そういった講師の評判は上がります。
講師は最低限の能力は持っていますから、ご自分に合っているかどうかで決めた方がいいです。
司法書士的視点から、ポイントを印象深く講義する樋口さん、範囲にメリハリをつけて、論理的に、合格に必要な知識の9割以上を与えてくれる三枝さん、図表が多く講義を聞くと元気か出る海野さんそれぞれ特徴がありますから、自分と相性が合うと思う人を選べばいいでしょう。

まず、この質問は知ってたら教えない内容だって事を理解しましょう。
次に、100万近く投資して、講義皆勤と1時間程度の復習を完璧にこなしても、合格できるレベルの試験では有りません。最低でも講義を聞く3倍の時間が必要です。講師と受験者の平均的な能力だけでは足りません。
合格者による情報が少ないのは、きっと講師の講義は励まし程度で自分の努力で合格したと、合格者は確信するからでしょう。上の計算では、講義は25%しか占めませんから。この25%を間違えると、話にもなりませんけど・・・
また、講師...続きを読む

Q士業の資格難易度を格付けしてください。

士業の資格難易度を格付けしてください。

世の中にたくさんある資格の中で士業(●●士)の資格
の難易度をランキング付けしていただきたいと思います。

対象は下記です。

司法書士・行政書士・不動産鑑定士・土地家屋調査士・FP
公認会計士・弁理士・宅建・海事代理士・社会保険労務士
中小企業診断士

※宅建・FPは士業とは言い難いですが、参考までに入れてみました。
※司法試験・税理士は受験資格自体狭き門の為省いています。

もちろん、それぞれ専門分野が違う為、全く普通の人間(理系・文系等全て平均知識)
が受験する感覚で一般的なランキングを付けていただければと思います。

2位タイ、3位タイとかでもOKです!!

もしよろしければその理由を付けていただければ幸いです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

うーん、受験者の属性や試験の形式にも因るので、単純な順位付けは
難しいですが・・・

(1)この中では「司法書士」「公認会計士」「不動産鑑定士」「弁理士」は
 国家資格中、最難関グループに属します。特に、司法書士は「科目免除」
 や「科目合格」が全く無い「一発勝負」で(口述だけは1回、リトライ
 できますが・・)合格率が約2~3%程度になるよう、調整も事実上入
 る、書式試験は実務の能力が試される、等、著しい難易度です。他は科
 目合格や一部免除が申請できるので、条件に当てはまれば、幾らかは難
 易度が下がります。とはいえ、受験生は一流の大学や大学院を出ている
 人が多数なので、元々の受験者の母集団のレベルが高く、そんな中での
 10%前後の合格率ですから、厳しいことには変わりありません。反面、
 司法書士には「受験要件」が無いため、誰でも受験できます。これらは、
 いわゆる「才能」と「運」が「努力」と共に必要な資格と言えると思い
 ます。

(2)次に「土地家屋調査士」も「2次試験」が測量士などの既得資格で免除
 になれば、大分ハードルは下がるものの、それでも司法書士と同じく実
 務形式の「書式」試験、口述試験がありますし、免除なしで全受験する
 なら、(1)に匹敵する難易度になります。

(3)「診断士」「社労士」「行政書士」は、(1)よりは「努力」でカバーでき
 る資格なので、現実、普通のサラリーマンや学生の合格者も多いですが、
 それでも、時間をこなすだけの学習では合格は困難です。情報収集して、
 的確かつ効果的なやり方が求められます。

(4)「海事代理士」は合格率的には難関とは言えませんが、受験者の多くは
 関連業務で既に法知識のある「司法書士」「行政書士」開業者が、業域
 の拡大を狙って受けるためです。また、試験内容が特殊で教材が少ない
 事から、二次の口述試験など、むしろ「勉強の仕方」が分らなくて苦労
 します。

(5)「宅建」「FP」はこの中では、受験要件も無く、最も容易な「エント
 リー」クラスの資格ですが、さりとて合格率は20%を切る(FPは2
 級技能士以上)国家資格であり、安易な気持ちで挑戦すると、何度受け
 ても受かりません。特に宅建は何度も不合格で、結局、諦めてしまう人
 が意外といます。ただ、キチンと努力出来れば、運などに左右されず、
 必ず合格できる資格だと思います。

 (結論)
 
 司法書士≒会計士・不動産鑑定士、弁理士>調査士>診断士>社労士≒行政書士>海事代理士>
 宅建・FP(2級以上)

 ※正直、最難関資格は個人の属性や得意・不得意分野などで主観が入り、一概にはいえない。
 ※「診断士」は二次で実務講習or専門教育が必要なため社労士以上の難易度とした。
 ※社労士と行政書士は年度で難易度にバラつきがあり、どちらが上かは一概に言えない。ただ、
  専門性や出題の深さ、細かさでいえば、「社労士」がやや難しいという意見も多い。

うーん、受験者の属性や試験の形式にも因るので、単純な順位付けは
難しいですが・・・

(1)この中では「司法書士」「公認会計士」「不動産鑑定士」「弁理士」は
 国家資格中、最難関グループに属します。特に、司法書士は「科目免除」
 や「科目合格」が全く無い「一発勝負」で(口述だけは1回、リトライ
 できますが・・)合格率が約2~3%程度になるよう、調整も事実上入
 る、書式試験は実務の能力が試される、等、著しい難易度です。他は科
 目合格や一部免除が申請できるので、条件に当てはまれば、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング