人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

実は、乗りかかった簿記2級をまずは取得してからと思っているのですが、
簿記2級が必要とされる経理業務が、
頭 (賢さ) 的にも経験的にも自分に向いているのか判断できずにいます。
これまでの人生で本格的に力を注いだものがありません。
小手先で取得可能な資格ではなく、
仕事に相互にいかす意味でも、興味の面でも、自分の知識の上でも、
一念発起して社労士を勉強しようかと検討しています。
(実務経験重視というのは痛感していますので、資格至上主義ではありません)

社労士の試験は、8月頃ですよね。
勉強期間、難易度を考えると、
本格的に通学か通信で勉強しても、かなりの難関ですよね。
社労士の試験が今夏実施され、
翌年以降受験者向けの講座がそろそろ始まりますよね。
社労士は、10%未満の合格率で一発合格は無理でしょうし、
1年以上勉強して初めて受験レベルに達するかなと、
勉強に慣れていない私は勝手に思っています。
でも、今秋、簿記を受験します。

こんな私ですが、教えてください。
社労士の標準勉強期間はどのくらいですか。
今秋は簿記を受験するけれど、
勉強期間のことや途中から講座に入る位なら、
来年受験向けの講座など講座開始に合わせて、勉強を開始した方が良いですか。
簿記とは比較にならないので通信では無理でしょうか。
良かった/良くなかった社労士講座は、どこですか。
社労士資格について、勉強された経験をお聞かせください。
(時間+費用対効果については、漠然と少しは現実はわかってはいます)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一応、日簿2級も社労士も合格している者です。



> 社労士の標準勉強期間はどのくらいですか。
私は社労士試験にはなかなか合格できず(因みに平成9年合格)、足掛け6年間勉強することとなりました。その頃の試験日は『7月の第4火曜日』(後に7月の最終日曜日)であり、一般的な勉強開始は11月でした。
現在の試験日が8月最終日曜日であることを考えると、日簿試験終了(’12/11/18)と同時に社労士の勉強開始でも間に合うと考えます。

> 今秋は簿記を受験するけれど、
> 勉強期間のことや途中から講座に入る位なら、
> 来年受験向けの講座など講座開始に合わせて、勉強を開始した方が良いですか。
実際に受講する社労士講座の開催日によって話は変わってきますが、今回の11月検定は18日ですある事と、ビデオ等による後追い受講が可能であり、後追い受講を受ける為の日程に無理がならば、簿記の試験勉強と平行して社労士講座に出席する必要はありません。
なぜならば・・・6年間の勉強中に、私は『通信1回、通学3校』での講義を経験しておりますが、大抵の講座に於いて、最初の方はそれほど難しい部分をやりませんから(笑
それに、昔から『二兎追う者は一兎を得ず』『虻蜂取らず』と申すでは有りませんか?

> 簿記とは比較にならないので通信では無理でしょうか。
勉強した時代[簿記2級は昭和50年代]が異なるので、私の経験がそのまま通用するとは思いませんが、社労士の試験勉強からみれば日簿2級の勉強はとても簡単でした。
 ⇒私見ですが、日簿2級は宅建や2級FPと同レベルか少し難しい程度
そして、これは飽くまでも経験からの感想ですが、通信教育を選んだ場合に配賦される教材が『冊子類のみ』とか『冊子類+音声(カセットテープ、CDなど)教材』であるならば、その通信教育で社労士試験に合格するのは困難です。せめて映像教材(VHS、DVDなど)による通信教育か、ビデオブースでのフリー受講の講座を受けてください。
【理由】
 ・法律に詳しくない者が、テキストだけで全てを理解することは困難。
 ・教材の中に条文を検索するための『六法』が付属していることが有りますが、正しく読みこなせないことが多いし、その『六法』自体がエッセンス版という劣悪品である場合がありえる。
  この試験では条文に出てくる法律用語を覚えると共に、「施行令・施行規則」「重要判例」「行政からの通達」に沿った条文解釈が必要なのに、エッセンス版は主たる科目の条文と過去に出題された問題の正誤判断するのに必要な付属情報が載っているだけ。『六法』は「労働法全書」か「労働総攬」と言う書籍が良い。
 ・音声教材の中には、通学用講義を録音しているだけの場合がある。そうでないとしても、講師が話している箇所が「講師が黒板に書いた内容の板書」と「テキスト」のどちらのどの箇所を指して解説しているのか迷ってしまうことがある。

> 社労士資格について、勉強された経験をお聞かせください。
手前味噌ですが、↓は他の方の質問に答えた私の考える勉強方法等です。
 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7530854.html  
 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7076708.html
 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6974777.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほかの方への回答も含めて、詳しく教えていただきとっても参考になりました。
思っていた以上に、はるかに格段勉強も合格も難しそうですね。
回答者様のそれだけの勉強ややり方をしても、5回受験で奇跡の合格といわれる程度なんて。

>その頃の試験日は『7月の第4火曜日』(後に7月の最終日曜日)であり、一般的な勉強開始は11月でした。

ということは、一通りの学習の修了までは8ケ月程ということですか。
カリキュラムを終えるには1年は十分かかると思っていて、ならば、そろそろ並行してボチボチでも開始しないといけないと思っていました。
それか、今は試験範囲が広くなり、学習範囲も広く深くなったので、
講座としては1年くらい前から開始しているのかな・・・詳細に講座を比較した訳ではないので、調べる必要はありますが。

ちなみに、法律資格に強い学校の講座を受けた方がいいですよね?
たとえば、簿記は大原簿記だったんですが、大原やTACは法律系は主たる講座ではないようで、漠然とLECを考えています。

>大抵の講座に於いて、最初の方はそれほど難しい部分をやりませんから(笑
それに、昔から『二兎追う者は一兎を得ず』『虻蜂取らず』と申すでは有りませんか?

多少遅れても追いつくことは可能なんですね。
簿記では、通信のDVDコースを受講しました。
通学は費用と時間面で無理で、通信の中ではおっしゃる通り、音声だけでは不安で、通学の講義と同じ内容の通信DVDが、板書もあるしマイペースで繰り返し見る事も停止して理解やまとめたりする時間も作れるからでした。
おかけで、理解は十分できました。
ただ…試験向けの問題練習が不十分で、2度ほど不合格でした。
簿記は、練習あるのみですよね。
社労士の経験をお聞きして、試験対策でも大きな違いがあることを教えられました。感謝です。

『二兎追う者は一兎を得ず』『虻蜂取らず』は自分でもこうならないかの不安もあり、社労士受験に関して生の声を聴かせていただきたかったのですが、詳しく教えていただき、本当に助かります。

>日簿2級は宅建や2級FPと同レベルか少し難しい程度

宅建はすごく難しいイメージがあるのですが、簿記2級も同程度なんですね。
なかなか合格できないし、一方では、「簿記2級なんて1ケ月でそれも独学で合格できた」という人も多いと聞き、「私は、無理かな。馬鹿なのかな。数字が得意とは言えないからな…」とこちらも不安になっていました。

社労士の試験問題などの本を書店で立ち読みしましたが、
国家資格+合格率数パーセントというだけあって、やっぱり奥が深いですね。
昨今は、特に、年金をはじめ、社労士範囲の法律改正が頻繁になされそうですし、法改正に追いつくことは合格を大きく左右しそうです。
あと、書店で読んだ以上に、想像以上に、法律の解釈が難しいと初めて知りました。

今は、焦らず、とにかく簿記に専念してもよさそうなので少しホッとしました。
ただ、絶対、簿記は来年には持ち越さないようにしたいところです。

お礼日時:2012/08/09 16:53

あくまで参考マデ。



社労士ですが、
 私の経験では、平日2時間、土日5時間で1年間やれば、試験ではそこそこいけると思います。ただ、その年によって難問奇問もありますので、科目によって基準点に到達できないかもしれず、合格できるかどうかは別物です。私の場合は2年かかりました。

 お金はかかりますが、早期合格を目指すなら大手専門学校の通信などで勉強すれば、今からで十分可能性はあると思います。内容的に楽しいわけではないので続けることができるかどうかが勝負でもありますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

2年で合格できたんですか。すごいです。
私は勉強というものが苦手で、心配です。
昔から、まともに塾も受験勉強の経験もなく、
いつも、「努力すれば可能な所(もの)」ではなく、
「現時点で可能なもの」にしか手を出してこなかったんです。
学校の授業だけでかろうじて生きてきてしまったんです。

通信でも可能ですかね。
よろしければ、どの学校の講座を受講されたかお聞かせ頂ければ、嬉しいです。
20万くらい(?)受講料もかかるので、学校選びは慎重にしたいです。

前の勤務先の総務の同僚が社労士を受講していたんですが、
(6月頃に)「受験しようか迷っている。徐々に受講者が減ってきて授業に来ている人が数人(彼女だけだったかな?)なんだ」と言っていた事がありました。
勉強を修了するのさえ難関なんだとその時知りました。
働きながら、主婦をしながらなどとなると、
確かに途中で挫折しないかも大きなポイントですよね。

1年がやはり標準勉強期間ですか。
夏1度の試験なので前年の夏頃には受講を開始するのが理想ですね。
今秋の簿記受験と並行して、受講だけは開始した方が良いのでしょうか。
秋を過ぎると追いつけないですかね。
「二兎追うものは…」・・・判断が難しいですね。
「最初から2年計画でじっくり」か、1年計画でやらないと結局同じ事なのか、それなりの資格・勉強は、見極めが難しいです。

受講料を支払った分しっかり勉強できる状態にして、始める以上はモノにしたいと思います。

お礼日時:2012/08/15 19:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相性の良い資格、悪い資格。FPと社労士

今、どんな資格を勉強すればいいのか迷っているのですが、
社会保険労務士という資格に興味が湧きました。

でも実はAFP(ファイナンシャルプランナー)という資格にも興味があるのです。
できれば努力して、2つとも勉強したいなと思っているわけなんですが、
友人に話してみると、資格にも相性があると教えてもらいました。

この社会保険労務士と、AFPは相性がいいのでしょうか?
2つの資格の中身を見る限り、なかなかいい組み合わせのような気もするのですが、
なにぶん私は素人なので、どなたか詳しい方がおいでになりましたらアドバイスをお
願いします。

他にも、ビジネス関連の資格で、
この資格とこの資格の組み合わせは強力!などの意見もお願いします。

Aベストアンサー

確かに、社会保険労務士とAFPは愛称がいいです。ファイナンシャルプランナーには下記の業界団体のホームページ上の名簿を見れば分かるように、社会保険労務士を持っている方は多いです。
しかし、これは既に取得した資格で得た経験の結果として複数資格を得ることができたに過ぎないもののはずです。
cat200xさんが関心もたれている社会保険労務士もAFPも二足のわらじをはいたような勉強方法ではうからないと思います。試験はかなり難しいですよ・・。
まずは、勉強しようとする資格を一つにねらいを定め、資格取得してから考えても、遅くないと思います。

それはそれとして、その他にも複数資格をとっている業界とかはありますけど・・・。例えば司法書士と土地家屋調査士とか。これも試験は難しいです。

それでは、資格取得の勉強、がんばってください

参考URL:http://www.calley.co.jp/ogawa/kfpcoop/

Q社会保険労務士になるための勉強法を教えて下さい

これから社会保険労務士を目指そうと思っています。
社会人です。

通学は時間的に無理なので独学か通信教育で悩んでいます。
(様々な講座が開始されているのですが、来年の合格は無理でしょうか??)

独学であればおすすめの参考書を教えて下さい。
通信教育では、大手資格学校のものを考えていますが、合格率が高い学校や講座がありましたら教えて下さい。

この先生の講座(通信)はおすすめ、この本はわかりやすいなど、体験談もお待ちしています。

絶対に取得したいので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

えーとですね。。。

結論から言うと、ちゃんとした「自分なりの学習法」さえきっちり確立できれば、今からでも十分合格圏内に間に合うと思いますよ。
自分なりの学習法なしに、やれ通学講座だ、通信教育だの、独学だの、お勧めの参考書が・・・ってあーだこーだ言っても何も始まりません。それ以前の問題です。

合格体験記などを読んだ事があると思いますが、合格者ってのは「苦しかった事」とかを「今となっては、いい思い出」「苦しかった学習期間を美化した表現」にすりかえて自己満足で書いてる場合があって、そのまま真に受けちゃうと参考にもなりませんしね。
行間を読まなきゃね。客観的に。

ちょっと話がずれてきたんで、話しを元に戻して・・・
いくら大手の資格学校の通信教育って言っても資格学校は所詮営利目的の企業ですからね。

学習する内容は教えてくれますけど、学習をいかに継続して続けると言った「学習の仕方」とか「モチベーション維持の方法」とかは教えてくれません。よって自分なりの学習方法を確立する事が非常に重要です。

それが出来れば、どこの資格学校の通信教育でも十分です。
よって特にコレといったお勧めというものもありません。

中には厚生労働省の外郭団体である財団法人系の通信教育ならいいかも?と想像しがちですが、コレといった特徴もなく他の資格学校と大差ありません。

暴露しちゃうと・・・(元関係者なんで)
大体どの資格もそうなんですけど、管轄省庁(まぁ社労士だと厚生労働省ですね)から試験要綱みたいなモノが出るんですね。要するにこの科目はこういった条文でどういった解釈でとかが書かれてる訳なんですよ。

各資格学校は、そのガイドラインに沿って教材開発をするので結局内容は全て同じなんですよ。違うのは編集方法とか編纂方法、装丁(見栄えとかね)くらいで、どこも同じ。そしてカリキュラムなんですが何の根拠も無いです。その資格学校の都合で決めてます。適当に。大体この位の期間で労働基準法は終わらせてーとかってね。で、勝手に標準学習期間6ヶ月なんて謳うんですよ。

調べてみたら分かると思いますが、社労士なら大体どこの資格学校でも労働基準法から勉強は始まります。行政書士なら民法からとかって。おかしいでしょ。

実名出しちゃうと色々問題があると思いますので伏せ字にしますが、忘却曲線理論に沿ってパソコン学習を謳い文句にしているT●Tニュ●トンとかもね、最初は「おっ!スゲー超画期的ー!」と思ったんですが、冷静に考えればですよ、通常の格安通信教育教材を利用しても同じ事ができるんですよ。自分の学習法さえちゃんと確立できてれば・・・。

そして、あくまでも本試験は「手」でマークシート塗りつぶして、記述してって超アナログなんですよ。パソコン使って学習する根拠が無い。
どの資格試験も。

また、ちょっと話しが逸れてきたんで元に戻しますが・・・

>絶対に取得したいので、よろしくお願いします。

全然OKですよ。その位のマインドがあれば。でも、途中でそのマインドの維持ができなくなる事が必ず出てくると思います。要するにモチベーションをいかに維持するかなんですが。これは誰だって経験する事なのであまり気にしないで下さい。
ココなんか参考になるかも?→http://www.shikakujp.com/

勉強法・学習法を解説しているところですが、最終的にはそのノウハウを販売してるんですけれど別に買わなくてもいいです。自分で考える事ができるのなら。

なぁに。資格試験は逃げませんよ。しっかりとしたマインドを持って「楽勝~!」って感じでやっていけばね。
合格に向けて頑張って下さいね。

あ、最後に。決して精神論とか根性論に走った勉強法にはならないで下さいね。はっきり言って「しんどい」し何よりも失うものが多くなります(色んな意味で)。

えーとですね。。。

結論から言うと、ちゃんとした「自分なりの学習法」さえきっちり確立できれば、今からでも十分合格圏内に間に合うと思いますよ。
自分なりの学習法なしに、やれ通学講座だ、通信教育だの、独学だの、お勧めの参考書が・・・ってあーだこーだ言っても何も始まりません。それ以前の問題です。

合格体験記などを読んだ事があると思いますが、合格者ってのは「苦しかった事」とかを「今となっては、いい思い出」「苦しかった学習期間を美化した表現」にすりかえて自己満足で書いてる場合が...続きを読む

Q働きながら社会保険労務士資格取得

閲覧いただきありがとうございます。

私は今年で34歳になる会社員です。

現在社会保険労務士の資格を取得しようと考えています。

実は昨年、LECの講座に1ヶ月通っていたのですが、仕事が大変忙しい時期でしたので、勉強時間がほとんど確保できず、挫折してしまいました。
当然、忙しいことは見越して色々やりくりするつもりでしたが、蓋を開けてみると講座にも出席できない有様でした。

今は平日は19時には退社できますし、土日も空いていますので勉強時間の心配はなくなりました。
よって再チャレンジしようと考えております。

目標は平成25年度の合格ですが、私のようなライフスタイルの場合、どのような方法が良いのか迷っております。
現在考えつくものとしては

1.再度予備校の講座を受講する。

2.昨年の教材・授業音声で勉強する。

3.通信の教材を購入する。

と言ったところでしょうか。
1は勉強ペースが保てるので良いですが費用の面で難が。
2は法改正の面で難が。また勉強ペースを保つのが難しそう。
3は費用が安く最新の教材が得られますが、効果が不明。

2は古い知識を覚えてしまう怖さがあるのでほぼ無しなのですが、そういう心配が少ないか後で少し憶え直せばよい程度であれば視野に入れたいです。
どのようなスタイルで勉強するのが私のような社会人受験者にとって適切なのでしょうか。

また勉強するに当たっての注意点や効果的な勉強法などの体験談等も教えていただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

閲覧いただきありがとうございます。

私は今年で34歳になる会社員です。

現在社会保険労務士の資格を取得しようと考えています。

実は昨年、LECの講座に1ヶ月通っていたのですが、仕事が大変忙しい時期でしたので、勉強時間がほとんど確保できず、挫折してしまいました。
当然、忙しいことは見越して色々やりくりするつもりでしたが、蓋を開けてみると講座にも出席できない有様でした。

今は平日は19時には退社できますし、土日も空いていますので勉強時間の心配はなくなりました。
よって再チャレンジしよう...続きを読む

Aベストアンサー

働きながらこの資格を取りましたが、途中で1度挫折した上、色々とあって述べ6年かけてやっと合格した者です。
そんな私からの一方的な話しでよければ・・・

> 目標は平成25年度の合格ですが、私のようなライフスタイルの場合、
> どのような方法が良いのか迷っております。
私でしたら迷わず1番を選択して、土曜や日曜の講座に出席します。
・2番は情報が陳腐化してしまう上に、講師が話している内容が黒板(ホワイトボード)のどの部分に書いた事柄なのかが判らなくなります。
 私が最初に通った学校は追加料金を出すと、講義の3日後に「講義ビデオ」を毎回送ってくれましたが、上記の理由から使えない教材となってしまいました。
・3番は法律に関する理解力を要する上に、2番で指摘した講師の話がどの部分を言っているのかが不明となる難点があります。
 私は合格後にレッスンアドバイザーを数年間勤めましたが、この3番で基礎部分を勉強した後に答練を受けに来た方の一部は、法律を自分の都合のいいように解釈していたり、最低限は到達していて欲しかったレベルに達していませんでした。

> また勉強するに当たっての注意点や効果的な勉強法などの
> 体験談等も教えていただければ幸いです。
A 勉強方法とか勉強のスケジュール
1 できれば、社労士用の法律書を購入しておく
  ・私が合格した後に発売が開始された「社労士××」と言うような名称で販売されている薄い法律書はお勧めではない。
  ・上記の法律書に比べると値段が張るが、『労働法全書』か『労働総攬』と言う法律書がお勧め。
2 ホボ初心者の方なので、先ずは講義内容の予習を心掛けて下さい
  ・講義の前日か前々日にテキスト(講義予想範囲)を数回読む。
  ・読んでいてチョットでも疑問に思った点や法律用語はメモしておき、時間が許せば法律書を開いて「この点(あるいは法律用語)に関して、実際に条文はどの様に書いていて、どの様な通達等があるのか?」と調べておく
3 講義を受けても解消できなかった疑問点等は、講師に質問する。
  講師との相性などもあると思いますが、私を導いてくださった方は講義終了後も時間の許す限り質問を受け付けてくれた上、説明が尽くせていない場合には次の講義までに詳細な回答書を作成してくれました。
4 講義終了後は、教わった範囲に対する過去問を解く。
  その際には、自己の導いた解答は適切な紙に書く様にして、問題集に直接○×等の印を付けない。
5 4番を行った翌日以降は、テキストを読み返して何度も復習
6 1つの科目が終わった時点で、その科目に関する過去問を全て解いて見る。
  このとき、4番で書いたように問題集には印を付けず、専用の解答用紙【注】を作ってそれに記入しておく[第1回目正誤表]。
  【注】私はエクセルを使って、次のような択一式用の解答用紙(A4縦)を数10枚作成
   1行目:「科目名」「解いた日付」「正解率」
   2行目:空白
   3行目:A列から順番に「問題番号」「解答欄」と言う項目を4つ作成
   4行目~43行目 
     3行目で作成した「問題番号」と項目を入力した列に対して番号を入力
     A列であれば「1~40」、C列であれば「41~80」と言うことになる。
   44行目
     解答を記入するB列・D列・F列・H列に対する正解率を記入する欄を作成
7 基礎講座が終わり、過去問を一通り解き終わった時点で、もう一度、過去問の全てを数日かけて解く[第2回目正誤表]。
8 第1回目正誤表と第2回目正誤表とを見比べて、「どの科目」「どの単元(法律の何条~何条まで)」が不得手なのかとか、忘れてしまっているのかを掴む。
9 8番の行為で認識した自己の不得意分野等を重点的に復習する
10 多分、基礎講座が終了したら問題を解く講座(答練)を引き続き受講すると思われるので、最初の段階ではその講座で解いた問題で不正解だった箇所を必ず復習する。
  ある程度講座が進んだら、それまでの講義で使った問題集を毎日ランダムに解いて行く。当然、専用の解答用紙を使ってください。そして、2回あるいは3回解いた時点で8番に書いた行為を行い、9番の行為を行う。
※そのような講義を受けないのであれば、過去問集を科目ごとに切り離した上で、更に2分割又は3分割にし、毎晩、ランダムに200問を解く。
 このランダム200問は私が実際に4回目以降の受験勉強で行った行為です。私の場合は答練講座を受ける前の空白期間に行っいましたが、初心者にはつらいのですよ。但し、「頭の切り替え」「科目間の類似点・相違点の認識」ができるようになったためか、解答に要する時間も短くなりました。
11 模擬試験を受けると思いますが、複数の団体に申し込みしてはダメ。なぜならば、復習時間が取れない!
  ⇒試験の解答時間は半日ですが、もう一度問題を解いた上に自己採点をして、更に間違った箇所の重点復習をしていたら1日では済みません。
  ⇒中途半端に復習したり、ただ受験しただけで済ませたりしていると、『私はこれだけの問題を解いた』と根拠の無い自信から慢心を起こします。
   私も最初の3年間は可能な限り模擬試験を受けましたが、この慢心を起こしてしました。
12 時系列が前後しますが、ゴールデンウイークにオプション講座が開かれると思いますが、受講するのであれば「法改正講座」か「弱点科目を対象にした講座」に絞ってください。
13 本試験の1ヶ月前あたりになると「総復習講座」が開催されると思いますが、これは受けておき、受講後はそこで配賦されたテキストを復習するようにしてください。
B やってはいけない事!
1 Aの11番に書きましたように、十分な復習時間が取れないことが多いので、複数の団体で模擬試験は受けない。複数の団体で受験しないことで生まれた空き時間を使って、弱点克服のための復習を行う。
2 過去問を解く事を厭わない。
  私は「忙しい」とか「講義を受けていれば大丈夫」等と自己弁護して、講師が『過去問は必ず1回は解いておいてください』と言うアドバイスを3回目の受験勉強までは無視しておりました。この時点での択一式は自己採点で35点[当時は点数は通知されなかった]。しかし第4回目の受験の時には「とりあえず過去問を2回解こう」と一念発起して、どうにか2回解いて見たら、自己採点で40点台でした。
3 とはいえ、同じ問題集は繰り返し解いたとしても3回がお勧め。
  私が受験していた時、受験生の間では某学校の講師による『問題を10回解けば合格できる』(問題の正解率がUPするのがその証拠らしい)と言う指導が有名でしたが、10回も解いていたらもんだ巣の正解氏を覚えてしまいますし、復習する時間が有りません。
4 疑問点は必ず原典で確認
  テキストは過去の出題傾向だとか、社会的に重要だとかと言う観点でセレクトされた条文とその解説が中心となっております。ですので、疑問点はテキストを読み返すと同時に条文や通達がちゃんと載っている法律書で確認して下さい。又、問題集等を解いた後に、間違ってしまった問題に対する解説文に書かれているは法律書で必ず確認してください。
5 マニアックになってはダメ
 性格なのか、法律がわかるのが楽しい為なのかは知りませんが、およそ試験ではこれまでに問われなかった法律を勉強したりする方が見られますが、試験合格に役に立たない事が多いです。
 私は勤務先に労働法全書を置いておいて、昼休みに適当なページを読むということをしておりましたが、唯一役に立ったのは記述式(当時は選択式ではなかった)で出題された『発破技士』に関する知識。
6 簡単に群れるな
 講義に出席していると、その内に仲良しの人が出来たりして『勉強会』とか『勉強グループ』が形成されますが、無資格者ばかりでは、わからない箇所を下手でもちゃんと法律に基づいて説明できる者が居るとは限りませんし、下手すると『飲み会』に変貌してしまいます。

働きながらこの資格を取りましたが、途中で1度挫折した上、色々とあって述べ6年かけてやっと合格した者です。
そんな私からの一方的な話しでよければ・・・

> 目標は平成25年度の合格ですが、私のようなライフスタイルの場合、
> どのような方法が良いのか迷っております。
私でしたら迷わず1番を選択して、土曜や日曜の講座に出席します。
・2番は情報が陳腐化してしまう上に、講師が話している内容が黒板(ホワイトボード)のどの部分に書いた事柄なのかが判らなくなります。
 私が最初に通った学校は追加...続きを読む

Q社労士試験ってそんなに難しいですか?

どうもはじめまして。
先日大学時代の友人と何年かぶりに会いました。たまたま資格の話になりその友人は過去に社労士試験を2度受験したみたいなのですが駄目だったそうです。共に地方の公立大学の法学部出身なのですがその友人は私の高校より数段偏差値の高い高校に通っていて大学時代も私より真面目で勉強熱心でした。たまたま私も社労士試験を受けようかと思っていた時期なのでその話で盛り上がったのですが友人曰く生半端な気持ちで勉強するなら初めから止めておいたほうがいいと忠告されました。私はまだ参考書も開いた事がないので試験の内容は全くわからないのですが友人が言うにはいくら真面目にまた時間を割いて勉強しても中々点数に結びつかないらしく正直運もかなり左右すると聞かされました。友人は受験は2回までと自分で決めていたらしくその間は仕事の合間を縫って専門学校にも通い必死で頑張ったらしいのですが突拍子もない問題に敢無く撃沈したみたいです。とりあえず何か資格をと甘く考えていた私にとって何か凹んでしまいました。
そこで質問なんですが社労士試験って運までも左右するような難関資格なんでしょうか?
アドバイス宜しくお願い致します。

どうもはじめまして。
先日大学時代の友人と何年かぶりに会いました。たまたま資格の話になりその友人は過去に社労士試験を2度受験したみたいなのですが駄目だったそうです。共に地方の公立大学の法学部出身なのですがその友人は私の高校より数段偏差値の高い高校に通っていて大学時代も私より真面目で勉強熱心でした。たまたま私も社労士試験を受けようかと思っていた時期なのでその話で盛り上がったのですが友人曰く生半端な気持ちで勉強するなら初めから止めておいたほうがいいと忠告されました。私はまだ参考...続きを読む

Aベストアンサー

お友達が仰るとおりですね。運が左右する面もあります。労働関係の一般常識あたりは特に
これはその年の労働白書などから出されたりするのですが労働白書です。分厚い。。。しかも発表されてから
期間が短い。。。と言っても流れは確かにあるのですが。
それと、年金関係もかなりの難関です。年金の今年の騒ぎや、成り立ちを見れば分かりますが
基本的につぎはぎだらけで、つじつま合わせに終始された法律です。作った本人達も理解しきれておらず
法律が出来た後に、条文がおかしかった。あちらの条文と合わない。。。などと問題が出る始末です

それと試験の合格率はだいたい毎年一定あたりなんですが
それでも難度は結構違ったりします
今年の午前中のテストは健康保険の分野のテストがくっきりと出来る人できない人が分かれるような問題でして
これで足切りにかかった。。。と思った人も少なくなかったと思います

なんでもそうですが、集中力は大切で、午前中のテストで意識せずとも、失敗しただろうかなどとかすめただけで
集中力が切れる人もいます
こういう人は精神面も鍛錬、慣れる事を考えないとダメだと思います
午前と午後で、休憩をはさむので以外にこれは難関だったりします

それぞれの分野とそれら全体の関わりを把握できないと中々勉強もすすまないのが事実だと思います

実際されるのであれば、一度参考書なりを読んでみるのと
できれば、どこか通いたい物です
最低でも模試は受けた方が良いと思います
ちなみにテストはほとんどが8月最終週(もしくは1つ前)の日曜日です

今からですとギリギリだと思われます。5月には申し込みですから。速めに。

お友達が仰るとおりですね。運が左右する面もあります。労働関係の一般常識あたりは特に
これはその年の労働白書などから出されたりするのですが労働白書です。分厚い。。。しかも発表されてから
期間が短い。。。と言っても流れは確かにあるのですが。
それと、年金関係もかなりの難関です。年金の今年の騒ぎや、成り立ちを見れば分かりますが
基本的につぎはぎだらけで、つじつま合わせに終始された法律です。作った本人達も理解しきれておらず
法律が出来た後に、条文がおかしかった。あちらの条文と合わ...続きを読む

Q今更ですが、簿記と社労士について

一貫して事務をしてきました。経理と入力業務が多く、付随して、庶務や一般事務、総務の応援みたいな事をしてきました。
現在、自身のアトピーや身内の事情、色々と紆余曲折があり求職活動中です。
資格は、事務系は簿記3級とMOSのワードとエクセルに合格、
派遣会社の自己学習のアクセスコースと経理実務研修を受けた事があります。

これまで資格そのものに興味がなく、せめて経験を踏まえて簿記だけでもと思って2級修了まではいったんですが(2度受験して不合格)、求職活動や非正社員で色々感じて、
意味ある資格なら取っておいた方が良いんじゃないかと考えるようになりました。40歳前後という年齢も年齢ですので(恥ずかしい)。
実はずっと、自分は経理や簿記は向いていないな、と思っていました。ある人は、性格的に経理向きと言うんですが、どうも苦手意識が抜けません。
総務系の経験や資格を取れれば、経理経験と相互にいかせるし、何より興味があるので、社労士資格を一念発起して目指そうか真剣に迷っています。

社労士に関しては、合格率は10%に満たない、学習期間も1年、受講料も20万~30万必要、一発合格はほぼない、とはわかっています。起業が目標でない限り時間とお金を費やす程のものではないのかという不安があり、踏み切れません。(受験資格はあり)

どうも経理は苦手、センスの問題なのかわかりませんが。センスってそもそも具体的には?ですが、適性をどう自己判断したらいいのでしょう。
興味の視点からは、簿記より社労士の方が勉強も続くんじゃないか、と思います。(隣の芝生がよく見えるだけなのか・・・)
仕事の経験から見ると、まず簿記を取ってからの方が良い、社労士取ったところで総務の経験がないのでは仕事につながらない、との声が聞こえてきそうな気もして、質問させて頂きました。

社労士を目指す事、方向性としてどう思いますか。
(その場合、DVD通信で勉強しようと漠然と思っています)
乗りかかった船である簿記2級を、まずはこの6月に何が何でも(例えば、求職活動を休止してでも)取るべきだと思いますか。(社労士は、7月開講分からでも来年に間に合いますし・・・)

資格カテでいいのか分かりませんが。
求職面では、苦手意識があっても経理の方向で、直接雇用(願わくば正社員)を根気よく探し、めげずに求職していくのが賢明でしょうか。
それ以外の分野といっても総務系か経理系、これ以外の仕事、考えられる仕事ありますか。(起業・自営は除外で)

質問の意味がわからなかったら補足させて頂きます。
簿記と社労士、求職に関して、忌憚ないアドバイスお願いします。女性です。

一貫して事務をしてきました。経理と入力業務が多く、付随して、庶務や一般事務、総務の応援みたいな事をしてきました。
現在、自身のアトピーや身内の事情、色々と紆余曲折があり求職活動中です。
資格は、事務系は簿記3級とMOSのワードとエクセルに合格、
派遣会社の自己学習のアクセスコースと経理実務研修を受けた事があります。

これまで資格そのものに興味がなく、せめて経験を踏まえて簿記だけでもと思って2級修了まではいったんですが(2度受験して不合格)、求職活動や非正社員で色々感じて、
意味ある...続きを読む

Aベストアンサー

どちらが良いかといえば、簿記の方をお薦めします。

まず簿記のほうは需要はかなり多いということです。

経理のない会社はありませんが、社労士のお世話になる会社は少数です。
大半の会社は関係ありません。
またあなたの経歴から社労士に合格できてもそれで採用ということは無理でしょう。
また社労士はよほどの営業能力がないとその資格だけで食べて\郁子とは出来ないと思います。

それに比べれば経理は経験をお持ちなのですからかなり有利ですね。
2級に2回不合格ということですが、もう一度熱心にやれば半年もあれば合格は可能だと思います。普通に高校を卒業できる程度で受かる試験です。
その代わり受験中はそれに専念するつもりで自由時間は全部勉強というくらいの覚悟は必要です。
もし自信がないのならば夜間にでも専門学校に行かれたらよいと思います。

ということで、経理関係の専門知識をもっと高めて経理の求人を丹念に当たるというのが現実的だと思います。

Q40代からでは無意味か…

司法書士資格を取りたいと思っているのですが、今から勉強しても、合格するのは40代になっていると思います。

40代から司法書士資格を取得しても無意味でしょうか?

数年事務所で経験を積んで、独立したいのですが…

Aベストアンサー

ありだと思いますね。

私は30代半ばですが、時間とお金があれば挑戦したいですね。

私自身補助者として税理士業界にいましたので、士業人脈を大切にしています。
私の知っている事務所は、司法書士の随時募集を常にやっていますね。
その事務所で特に仲の良い司法書士から聞きましたが、独立する前に司法書士法人に就職することで、住宅ローンなどを組みやすくし、経験とローンのほとぼりが冷めたころに独立する人が多いため、若手の先生は入れ替わりが多いと言っていましたね。

現在司法書士業界はグレーゾーン金利などの訴訟で賑わっていますが、これから目指すのであれば関係ないでしょう。であれば、今までの経験を生かした特化した法務などもよいと思います。

知っている司法書士法人の代表なんて、資格を多く持っていて、経営ノウハウも持っているため、司法書士法人・土地家屋調査士法人・行政書士法人・測量会社などを運営し、社会保険労務士事務所や弁護士事務所を傘下に置いていますね。さらに介護施設まで立ち上げています。司法書士資格をとっかかりにして多角経営もよいかもしれませんからね。

ただ、年齢からしても、保険は掛けておきましょう。国家資格は絶対合格できるとはいえない試験です。何年も受験し続けて合格できない人も多いですし、1年で合格できるような人もいます。合格できなかったときのことを考えて、定職は失わない方が良いと思いますね。

司法書士であれば、弁護士事務所などで下働きするのも経験ですし、合格後は何とか就職できるのではないですかね。最悪、未経験のまま開業してしまうのもありではないですかね。

ありだと思いますね。

私は30代半ばですが、時間とお金があれば挑戦したいですね。

私自身補助者として税理士業界にいましたので、士業人脈を大切にしています。
私の知っている事務所は、司法書士の随時募集を常にやっていますね。
その事務所で特に仲の良い司法書士から聞きましたが、独立する前に司法書士法人に就職することで、住宅ローンなどを組みやすくし、経験とローンのほとぼりが冷めたころに独立する人が多いため、若手の先生は入れ替わりが多いと言っていましたね。

現在司法書士業界はグレーゾ...続きを読む

Q社会保険労務士資格を取った後は・・・

この夏に社会保険労務士資格の取得を目指している者ですが、もし資格が取れた場合の仕事の仕方について、独立開業の目処、一般企業での需要など、具体的に可能な働き方についてご教示ください。

Aベストアンサー

以前にも回答した覚えがあるのですが・・・

一口に社会保険労務士と言っても、開業と勤務ではまったく違います。

勤務社労士の仕事は地味な総務の仕事です。
定型的な仕事も多いですから
資格が無ければどうしても困るというものではありません。

社労士事務所にとって本当に欲しい人材は、
すでに社労士としてのスキルを持っていて教えなくても何でもでき、
開業に色気のない典型的サラリーマンタイプのまじめ人間か、
社労士の業務は少々わからなくても営業のセンスがある人間です。
つまりどちらも開業にはつながらないであろう人間です。

社会保険労務士の主要な業務は地味な総務の仕事ですから、
その仕事の延長として社会保険労務士を捉えれば、
開業・起業という賭けに出ることとの間には相当な乖離があります。
まず自分がそのあたりのバランスが取れているのか
見つめ直してみることが必要でしょう。

日常の地味な業務も黙々とこなせる忍耐力があり、
海千山千の中小企業の社長とも渡り合えるセンスもあるのなら、
資格取得即開業もありです。

QFP2級取得には何ヶ月ぐらいかかるのか?

簿記2級をTAC予備校で受験ている時、機会があったので無料体験FP講座を受講しました。
1回のみの体験だったので、深くは勉強していないのですが、人生にとても役に立つ資格だなと思い。今の簿記1級の勉強が取得できたら、FPを取得したいと考えています。
だだ、少なくとも1年ぐらいかかる資格なのかな?と勝手に自分で考え学習計画プランを練っていましたが、ここのスレを観覧したら、みなさん、1ヶ月または2ヶ月で取得する人もいるみたいで、そんなに短期間で習得できる資格なのかと驚いてしまいました。
あらためて質問なのですが、FP2級取得には何ヶ月ぐらいかかるのでしょうか?
また講座を受講するとしたら、どこの予備校がお勧めでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。

FP2級取得までに必要な学習期間については、もともと持っている知識等の下地、一日の学習時間、学習方法等により、各個人で大きく変わると思いますので、なんとも言えないところだと思います。
ただし、あくまでも私の主観ですが、まったくの初学者の方が資格学校等に通わず、市販の参考書、テキスト等を使用し独学で学習し、3級を受験せず、いきなり2級合格を目標とした場合(もちろん受験資格を満たしている必要があります)、トータルで200時間程度の学習時間を目安としたほうが良いと考えます。
※資格学校等の調査による平均学習時間に加え、私の学習の経験を加味した「私個人の」考えです。

2級学科はすべて4択問題であり、合格に必要な正答率は60%です。
これは他の試験に比べてハードルが低く、単に試験に合格することだけを考えた場合、学習が中途半端な状態で受験されても合格する可能性が十分あります。
受験者のなかには、他の試験を経験されて試験慣れ(4択慣れ)されている方もたくさんいらっしゃいますし、そういう方はある程度、問題文の傾向から回答を絞りこめたりもします。
また、試験範囲の一部分(もしくは科目)を学習せず、割りきって捨てて試験に臨む方もいらっしゃいます。
もちろん、そういう方でも十分合格できます。
それは、この試験が足きりなどなく、「トータル」での正答率60%を満たせば良いだけだからです。

以上のようなことから、全範囲をしっかり学習して万全の状態で臨む方とは逆に、中途半端な学習状態で臨む方でも合格する可能性が十分あり、前者と後者ではもちろん学習時間に大きい差が出てきます。

試験の頻出項目、基本事項、問題演習(特に実技)をしっかりと学習すれば、No.1の方がおっしゃるとおり、合格自体はそれほど難しいものではありません。

はじめまして。

FP2級取得までに必要な学習期間については、もともと持っている知識等の下地、一日の学習時間、学習方法等により、各個人で大きく変わると思いますので、なんとも言えないところだと思います。
ただし、あくまでも私の主観ですが、まったくの初学者の方が資格学校等に通わず、市販の参考書、テキスト等を使用し独学で学習し、3級を受験せず、いきなり2級合格を目標とした場合(もちろん受験資格を満たしている必要があります)、トータルで200時間程度の学習時間を目安としたほうが良いと考...続きを読む

Q宅建(通信希望) TACとLEC迷っています・・・

この度宅建の取得を目指し勉強しようと決心した者です。
現在2歳の子供がおりフルタイムで働いています。
実際、通学は時間的に不可能ですし独学で2月から勉強をスタートしていますが内容が頭に入ってこず、このままでいくと独学で学習する自信がなくなり通信を4月から始めようかなと思っています。
HPでTACやLECを見てみました。 内容的にLECの方が模試の回数も多く、講師の方々や、学習内容も濃いような感じがしますが、実際TACとLECと迷っています。実際に通信で宅建の免許を取得された方、色々とアドバイスをいただけますでしょうか。その中でTACやLEC以外の通信でもしお薦めがあれば教えていただきたいですし、TAC,LECで学習し資格を取得した方にもアドバイス頂けたらと思います。 どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

子育てと仕事で大変だと思います。4月から通信で勉強方法は変えるのは、効率的でいいかもしれません。LECでお勧め出来る方は、水野健氏です。多分、LECを受講された方ならわかると思います。授業を受講した感想としては、まずは「あきない」という点と「わかりやすい」の点でお薦めいたします。一度、1日体験授業を受講したらどうでしょうか。LEC以外でも体験授業制度はありますので、お時間があればためしたらいかがでしょうか。他の学校ですと「らくらく宅建塾」があります。講師の佐藤先生の授業を見た時は、正直びっくしました。楽しかったですよ。入門編ですと本屋さんなどでDVDが発売されています。10月までまだ時間はありますので、体に気を付けて頑張って下さい。

Q司法書士と社労士、どちらが有用なのでしょうか

会社勤め11年の33歳、男です。

将来(保身)のため、難関資格を取得しておこうと
思い、今 司法書士・社労士の資格で悩んでいます。

大学は、法学部を出ていますが、卒業後、ずっと
今の会社の、システム部門にいたため、知識は皆無に
近くなっています。

将来、どちらの資格のほうが 求人や募集があり
収入は安定しているでしょうか? 

Aベストアンサー

私は、「司法書士」をおすすめします。

ただし、どちらが良いとかは基本的にあなた次第だと思いますよ。
やはり、どちらの分野に興味があるとか、少しでも経験が生かせるとか、いろいろな要素が係わってくるでしょうからね。

知識は忘れるのではなく、引き出すことが難しくなるだけです。法学部で学ばれたのであれば、まったくの最初からの勉強であっても、はじめて学習する人より早く覚えられることでしょう。

社会保険労務士の分野も広く、法学の知識は役に立つことでしょう。しかし、司法書士に比べて、手続き的な業務が強いと思います。昔はわかりませんが、ほとんどの社会保険事務を会社の事務担当者が行うことが多くなっていることでしょう。多少の間違いも訂正などが出来ますしね。

しかし、これからは高齢化の社会で相続の案件も増えることでしょう。弁護士が増えるといってもどこまで増えるのかはわかりません。司法書士であれば、弁護士に近い業務を行えます。簡裁の範囲であれば認定を受けることで代理行為が出来ますし、簡裁以外の案件でも本人の後方支援としての相談や書類作成業務などもあることでしょう。社会保険労務士に比べて、個人と法人のそれぞれから受けられる業務も多いと思います。

どちらの資格も、弁護士や税理士に比べて顧問契約は期待できません。ですので、営業力や人脈がないと安定収入は期待できません江。雇用される資格者であっても、やはり安定収入などがなければ雇用の機会も減りますので、就職も厳しいかもしれません。もちろん資格者として企業に雇用されるというのもありますが、社員であれば資格は不要で会社の業務として会社の諸手続が可能でしょう。そのため、スポット依頼になりがちですので、雇用は難しいでしょうしね。

私自身は税理士事務所の経験を生かしてIT分野の会社の役員となりました。私のように自社の手続のために社会保険などの手続や各種社内規定の整備、各種助成金などの業務経験がある場合には、社会保険労務士のほうが稼ぎやすいかもしれません。司法書士の分野で素人で出来るのは簡易的な登記ぐらいですからね。経験の無い分野への挑戦であれば、簡易的な業務から高度な業務まである司法書士が良いでしょう。他士業事務所への就職もしやすいかもしれませんからね。

私は、「司法書士」をおすすめします。

ただし、どちらが良いとかは基本的にあなた次第だと思いますよ。
やはり、どちらの分野に興味があるとか、少しでも経験が生かせるとか、いろいろな要素が係わってくるでしょうからね。

知識は忘れるのではなく、引き出すことが難しくなるだけです。法学部で学ばれたのであれば、まったくの最初からの勉強であっても、はじめて学習する人より早く覚えられることでしょう。

社会保険労務士の分野も広く、法学の知識は役に立つことでしょう。しかし、司法書士に比べて、手続...続きを読む


人気Q&Aランキング