プロが教えるわが家の防犯対策術!

the entire ~とthe whole~というのはどのような違いがあるでしょうか。英英辞典で調べてもよく分かりませんでした。曖昧な書き方で申し訳ないのですが、意味的な違い、語法上の違い、感覚的な違い、何でも構いませんので教えていただけると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

手元の類語辞典やwebの辞書、webの使用例から、非常に大雑把ですが、使用の傾向を以下のように捉えてみました。


whole)
変化してもよいイメージ、漠然とした全体のイメージ、entireよりも
informalに使用される。健康を取り戻した時等のように、心と身体に用いられる。
Your faith has made you whole.
entire)
変化のないイメージ、具体性のあるイメージ
The seconde generation kept the family fortune entire.

ただ、No.3の方と同じですが、交換してもあまり意味が変わらない用例
もあるようです。
a whole day  an entire day
    • good
    • 1
この回答へのお礼

沢山の回答いただきありがとうございます!実はあまり違わないことが分かりました。皆さんに20ポイント差し上げたい気持でいっぱいです。

お礼日時:2006/12/21 20:37

wholeは名詞としても使えますが、entireは形容詞ととしてしか使えません。

(名詞にするならentiretyとなります)

#2の方がおっしゃるとおり、食べ物などで「丸ごと」と言うときは、wholeを使い、entireとはいわないような気がします。
    • good
    • 1

私は違いはないと思うんですが。



英英辞書にも
whole [= entire ]
entire [= whole ]
と出ていますし、下記のwebsiteで議論されているように、「いろいろ探したけど違いは見つけられない。1音節(whole)と2音節(en-tire)なので、リズムに合わせて使えばいいんじゃないの」というような発言がなされてます。
http://www.phrases.org.uk/bulletin_board/25/mess …
    • good
    • 1

意味的な違いは辞書どおりです。

例文については、各単語を英文の検索エンジンに掛けて探してください。感覚的な違いですが、「entire」は「広大な範囲の隅々まで」という感じがあり、「whole」は「完全な」というイメージとダブります。でも、2つの単語の間には殆ど違いがありません。

例えば、「宇宙全体」と言いたい場合、「the whole universe」でもいいのですが「the entire universe」のほうが「果てしない宇宙の*隅から隅まで*ぜ~~~んぶ」というイメージがより強くなります。反面、「You ate the whole cake?」と言えば「あのケーキを*丸ごと*食べたの?」というイメージになり、「entire cake」とは言いません。
    • good
    • 1

英和辞書によると


entireはwholeよりもやや強意的で
the whole A といった場合【全体を構成する部分よりひとつのまとまりとしての全体に重点をおく】
the entire A といった場合【欠けることなく全てを含んだ全体を現す】
ということらしいです。
私も勉強になりました。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Qwhole と entire の使い分け

whole と entire の使い分けがよくわかりません。いろいろな参考書の説明を読みましたが
どうもはっきりとしません。そこで、wholeではなく絶対にentireを使うべき場合や、その逆の
場合について、例文を幾つか教えていただきたく思います。

Aベストアンサー

★使い方における大きな違い
wholeは形容詞として補語にできる。(entireはできない)
Lord, make me whole. 「主よ、私を完全な者として下さい。」
The cup is left whole. コップはきれいなまま残っている。

wholeは複数形・固有名詞を修飾できない。

★意味における大きな違い
whole もともとhealthからきている単語で、完全な健康体→完全な、全部揃った、無傷の、まぐごとーーという意味を持っている。
whole blood(全血)=どんな成分も除去されていない血液ーーなどはentireが無理だと思います。

entire wholeより意味が強く、partialに対応する点がwholeと若干意味が違う。
ランダムハウス英和辞典によれば「完全無欠の全体を意味する」。
during the entire meal, He saw the entire murder.などはwholeはおかしいと思います。
食事(時間)とか、一部始終のような意味はwholeでなくentireでしょう。whole murderはむしろ完全な殺人に近い意味でとりそうですが、しかしそれならcomplete murderでしょう。つまり、その言い方は無理だと思います。

以上、ご参考になればと思います。

★使い方における大きな違い
wholeは形容詞として補語にできる。(entireはできない)
Lord, make me whole. 「主よ、私を完全な者として下さい。」
The cup is left whole. コップはきれいなまま残っている。

wholeは複数形・固有名詞を修飾できない。

★意味における大きな違い
whole もともとhealthからきている単語で、完全な健康体→完全な、全部揃った、無傷の、まぐごとーーという意味を持っている。
whole blood(全血)=どんな成分も除去されていない血液ーーなどはentireが無理だと思います。

entire...続きを読む

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Q"ask for" と "ask to"の違い

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、"ask for" と "ask to"の意味的な違いがよくわかりません。

例えば、以下のような例文があった場合、
 ・I want to ask you to do that.
 ・I want to ask you for doing that.
どちらも同じ意味として考えてよいのでしょうか?
また、そもそも"ask for"の場合は動名詞が続くことはなかったりしますか?

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

for ~は「~を求めて」で後には求める「もの」か
help, permission のような動作を表す名詞が来て,
動名詞はあまり見かけません。

ask for ~で熟語にもなっていますが,
ask O for ~もよく用いられます。

以前,入試の整序問題で
ask her for help
ask for her help
どちらも可能なものがありましたが,
正解はどちらのつもりだったのでしょう。
(site:us では前者が優勢)

be surprised to 原形
be surprised at ~ing
なんかも悩みますが,
こういう場合は不定詞にするのが基本でいいと思います。

Qregardless of ~ と in spite of ~ の違い

どちらも、「~にもかかわらず」という訳だと思うのですが、どなたか違いをご説明頂けないでしょうか?

尚、次の穴埋め問題の正解は、in spite of ではなくて、regardless of だそうです。
She will carry out her plan, ( ) expenses.
彼女は出費にかかわらず自分の計画を実行するだろう。

Aベストアンサー

She will carry out her plan, (in spite of) expenses.

She will carry out her plan, (regardless of) expenses.

これは何の問題からなのでしょうか。
2者択一の問題なのでしょうか。
正解が書いてあるのでそれに照らし合わせて意味を当てはめることは出来るかと思いますが、正解がなくてどちらかを選べと言われますと私なら鉛筆でも転がさないとなりませんね。こんな問題試験に出さないで欲しいと思います。ニュアンスを問う問題かも知れません。文法的にはどちらでもいいはずです。

ググって見ましょう。
一応どちらも引っかかります。
regardless of の方が多いのは確かです。
despite expenses
irrespective of expenses
notwithstanding expenses
などもヒットします。
in spite of nationality, (race, gender,
occupation, religion and education)なども見つかります。regardless of age やin spite of ageなども検索されます。

英英辞典でも調べましたが、regardless of のところにin spite of と載っています。こうなると厄介ですね。意味的にも近いと言えるでしょう。

http://www.alc.co.jp/より
in spite of ~にもかかわらず
regardless of ~にかかわらず

regardless of expense
金に糸目をつけずに、費用がいくら掛かっても、
費用には頓着なく、費用を惜しまず、費用を無視して、費用をいとわない

どちらが自然かという問いであれば、regardless of expensesだと言えるかも知れませんが、文法上一方を間違いにする根拠はありません。

だったら、その自然はどこから身に付くのかと言われたら、日頃から英語に接している量だと思います。
広義の意味では、日本語でも問題にされてここでも問題になっている「○○円からお預かりします」をどう思うかと聞いているようなものです。

試験対策の点から言えば、熟語として覚えるしかないと思います。日本語の訳からどちらかを選択するのは私では出来ません。

regardless of someone's age 若者であれ中高年であれ
in spite of one's age 老躯を引っさげて

Regardless of circumstances, you have to learn these idioms by heart.
In spite of all my efforts, however, I failed completely.
事情がどうであれ、こうした熟語を覚えなくてはなりません。
でも、あらゆる努力しましたが、私は全く駄目でした。

参考URL:http://www.alc.co.jp

She will carry out her plan, (in spite of) expenses.

She will carry out her plan, (regardless of) expenses.

これは何の問題からなのでしょうか。
2者択一の問題なのでしょうか。
正解が書いてあるのでそれに照らし合わせて意味を当てはめることは出来るかと思いますが、正解がなくてどちらかを選べと言われますと私なら鉛筆でも転がさないとなりませんね。こんな問題試験に出さないで欲しいと思います。ニュアンスを問う問題かも知れません。文法的にはどちらでもいいはずです。

ググって見...続きを読む

Qproper appropriate の違い

あの時適切に彼女を扱っていれば(たとえば彼女が問題を以前起こしていたとして)、これは起こらなかった。と言う場合
If we treated her appropriately at the time, this would never have happened.

でよいのでしょうか?

proper appropriate の違いがいまいちわかりません。どなたか、わかる方よろしくお願いします

Aベストアンサー

#1です。補足です。

>>たとえば彼女が事前に何か問題を起こしていたとして、それに対して私たちがちゃんと(彼女に対し)対処していれば、というのも上記の言い方でいいのでしょうか??

1. If we had handled her case in an appropriate manner at the time, this would never have happened.
2. If we had handled her case in a proper manner at the time, this would never have happened.
3. If we had treated her case properly at the time, this would never have happened.
4. If we had treated her case right at the time, this would never have happened.

    まだまだありそうですが、1は物凄く硬直した感じ、2はやはり鯱張った感じは否めません。「何大袈裟なこと言ってるんだ」という感じですね。3になるとまあまあ、4当たりが自然とも言えます。

     If we had treated her case wisely at the time, this would never have happened.
究極的にはどじった話ですから、以上のような言う見方もあると思います

#1です。補足です。

>>たとえば彼女が事前に何か問題を起こしていたとして、それに対して私たちがちゃんと(彼女に対し)対処していれば、というのも上記の言い方でいいのでしょうか??

1. If we had handled her case in an appropriate manner at the time, this would never have happened.
2. If we had handled her case in a proper manner at the time, this would never have happened.
3. If we had treated her case properly at the time, this would never have happened.
4. If we h...続きを読む

Q「~しながら」ってどう言いますか?

タイトルの通りですが、「~しながら」という2つの動作をどのように表現すればいいですか?
例えば、「私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。」「今、私は歩きながら音楽を聴いている。」のように「~しながら~をしているという動作」

「~しながら・・・・」はどのように表すのでしょうか?and??じゃないですよね。(^^;)宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

まず、している、と言う事ですので、進行形の形を取るとこの意味合いが出ますね。 食べていました、は、I was eating/having. 聴いている、は、I am listening toですね。

blue_watermelonさんがおっしゃるようにwhileと言う単語を付け加える事によって同時進行しているフィーリングを出す事が出来ます。 また、asと言う単語も使えます。

>私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。
I was eating dinner yesterday while watching TV.
I was eating dinner yesterday as I was watching TV.

>今、私は歩きながら音楽を聴いている
I'm listening to music now while walking
I'm listening to music as I walk/am walking.

と言うような表現ですね。

また、~しながら、の持つ、同時にしている、と言うフィーリングを出す表現も良く使われます。

I was eating dinner and wataching TV at the same time.
I am walking and listening to music at the same time.

直訳的には食べる事と見ることを同じ時にやっていた、となりますが、表現としては「~しながら」と全く同じ感覚でこの表現を使います。 つまり、日本語と英語との表現の仕方が違うだけで同じ感覚で言っているのですね。

ただ、この表現ですと、見ながら食べているのか食べながら見ているのか、表現の焦点がなくなります。

ですから、この焦点をはっきり出すために、

I'm listening to music at the same time (I'm) walking.
I'm walking at the same time (I'm) listening to music.

と表現できるわけです。

asとwhileにはちょっと違うフィーリングが入ってきます。 asは「同時に」と言うフィーリングがあり、whileは「他にも」と言うフィーリングが入ってきます。 ~をやっているけど他にも~をやっている、という表現ですね。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

まず、している、と言う事ですので、進行形の形を取るとこの意味合いが出ますね。 食べていました、は、I was eating/having. 聴いている、は、I am listening toですね。

blue_watermelonさんがおっしゃるようにwhileと言う単語を付け加える事によって同時進行しているフィーリングを出す事が出来ます。 また、asと言う単語も使えます。

>私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。
I was eating dinner yesterday while wat...続きを読む

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Qbeneathとunderの違いがどうしてもわかりません。

beneathとunderの違いがどうしてもわかりません。解説書によって書いてることが違うのはなぜ?ですか。
「この建物の地下には徳川秘宝が眠っている」の文でなぜbeneathなのでしょうか?underじゃだめですか?
「あの看板の下に立ってる人だよ」のときなぜbeneath?
underじゃだめですか?
それと、underneathもあります。これはunderとどう違いますか?

Aベストアンサー

このような場合、大型辞典と英英辞典を調べるのが一番よいと思います。また、類語辞典や用例辞典で例文をあたり、理解を深めるようにするといっそう効果的です。また例文がある場合は、その例文が持っている意味合いはすべて用法に反映されているものとして、活用できます。「under a tree」という例文があったとき、「木の枝の下で枝に覆われて」という意味がunderの理解の手助けとして含まれています。

以下、参考になりそうな辞書をリストしましたので、図書館などで調べられてはいかがでしょうか。
1. Collins COBUILD English Dictionary for Advanced Learners (輸入CD ROM版)
2. Oxford Advanced Learner’s Dictionary (OALD: オックスフォード現代英英辞典[開拓社])
3. Practical English Usage (オックスフォード実例現代英語用法辞典[研究社出版])
4. Webster’s New Dictionary of Synonyms (ウエブスター同義語辞典[丸善])

4で[below]の項を引くと次のようにでています。(原文は英文ですので要訳してあります)

Below, under, beneath, underneath は、他のものあるいは他の位置にくらべて相対的に低い位置にあることを意味する。

Below(aboveの反対語)は、直下に限らずある物よりも低いところに位置している物に用いる。

Under(overの反対語)は、上下方向の意味で下のほう(below)にある物に用い、その物が他の何物かによって覆われているという含みがある。

Beneathはbelowとunderのいずれとも同等の意味である。

Underneathはunderやbeneathの代わりに用いられることが多い。ただし全面的ないしはほぼ全面的な隠蔽状態を暗示したい場合に、underneathを使うのが望ましい。

これから見ますと、underで表した徳川財宝はその足許だけに存在するような感じになります。これをbeneathで表せば「この下一帯に(広がって)存在している」というニュアンスになるのではないでしょうか。看板の下の人は、underでもよいと思いますが、underの「上下方向での下」を嫌ってbeneathにしたのではないでしょうか。

以上ご参考になれば幸いです。

このような場合、大型辞典と英英辞典を調べるのが一番よいと思います。また、類語辞典や用例辞典で例文をあたり、理解を深めるようにするといっそう効果的です。また例文がある場合は、その例文が持っている意味合いはすべて用法に反映されているものとして、活用できます。「under a tree」という例文があったとき、「木の枝の下で枝に覆われて」という意味がunderの理解の手助けとして含まれています。

以下、参考になりそうな辞書をリストしましたので、図書館などで調べられてはいかがでしょうか。
1. Col...続きを読む

Qbe of + 名詞について?

NHKラジオ英会話講座より
Did you enjoy the DVD I sent you last week?
It's of the family trip we took to the Bahamas last week.
・・・・、先月、バハマ諸島に家族で旅行したときのものなの。

(質問)「be of (抽象)名詞」についてお尋ねします。「be of+名詞」は形容詞になる、ことは以前教わりましたが、今ひとつ分りません。It's of the family trip./It's the family trip.の違いをもう一度教えて下さい。私の感じとして、of の前に「含み」を感じます。例えば家族旅行の(楽しいいろいろなこと)など。家族旅行と断定するのでなく、柔らかな含みのある表現を感じるのですが・・。「be of+普通名詞」はofの前に「含み」があると考えてはいけませんか? 会話の中でごく自然に使えればいいんですが・・。何か参考になるお話でも聞かせていただければ、嬉しく思います。よろしくお願いいたします。以上

Aベストアンサー

こんにちは。2/21のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<「be of+名詞」は形容詞になる、ことは以前教わりましたが>

1.ここはその用法ではありません。

2.ちなみに形容詞になるのは正確には「be of+抽象名詞」となります。
例:
of use=useful
of importance=important

3.ここではof+the family tripで、the family tripは抽象名詞ではなく普通名詞なので、この用法は適応されません。


ご質問2:
<私の感じとして、of の前に「含み」を感じます。>

この部分は、すぐ前の英文と一緒に理解するとすぐ把握できると思います。

1.何かが隠れている、という発想は正しいです。ただ、「含み」というより、ここは単に代名詞thatが省略されているのです。

2.この文は正しくは
It's that of the family trip we took to the Bahamas last week.
となります。

3.Itは代名詞で、Itが指しているものは前出のthe DVD I sent you last week「先週私があなたに送ったDVD」になります。

4.thatも代名詞で、指しているのは前出の名詞the DVDになります。同じ名詞の反復を避けて使われる代名詞の用法です。
例:
The climate of Tokyo is milder than that of Moscow.
「東京の気候は、モスクワのそれ(気候)より暖かい」
このthatは前出の名詞climateの反復を避けて使われている用法です。

5.従って、このofは「関係」を表す前置詞の用法となります。意味は「~に関する」「~についての」という意味で使われます。
例:
That (=the DVD) of the family trip
(直訳)「家族旅行についてのDVD」
→(意訳)「家族旅行の時のDVD」

6.なお、tripとweの間に目的格の関係代名詞thatが省略されています。先行詞はthe family tripで、これを関係節内に戻すと
we took the family trip to the Bahamas last week.
「先週バハマに家族旅行に行った」
となります。

take a trip toで「~に旅行に行く」のイディオムです。ここではtakeの目的語the family tripが先行詞として前出しているのです。

7.以上、省略された代名詞を踏まえて2文の訳出は
(直訳)「私が先週送ったDVDを、楽しんでもらえましたか?
それは、先月バハマ諸島に行った、家族旅行のときのもの(DVD)なの。」

(意訳)「先週送ったDVDは、楽しんでもらえましたか?
それは、先月バハマ諸島に家族で旅行したときのものなの。」

となります。
以上ご参考までに。
以前類似ニックネームの方がいましたが、tommyさんの名前と番号は覚えていますから、他の類似ネームと間違うことはありませんから大丈夫です。でももし仏語ネームの案が必要なら、遠慮なくお問い合わせ下さい。

こんにちは。2/21のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<「be of+名詞」は形容詞になる、ことは以前教わりましたが>

1.ここはその用法ではありません。

2.ちなみに形容詞になるのは正確には「be of+抽象名詞」となります。
例:
of use=useful
of importance=important

3.ここではof+the family tripで、the family tripは抽象名詞ではなく普通名詞なので、この用法は適応されません。


ご質問2:
<私の感じとして、of の前に「含み」を感じます。>
...続きを読む


人気Q&Aランキング