介護をしていますが床ずれがひどくなり困ってます。
塗る薬をもらいましたが食事の時座ってるのもつらそうです。
何がいいアドバイスをお願いします。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

知り合いでご主人の介護をされていた方で、体位転換をこまめにやり、シーツの下に小さい目の電子カーペットを敷いてその上にバスタオルを数枚のせていれて、低温で使用して暖めることで、病院関係者も治すことのできなかった床ずれを直した奥さんがいました。


この方法はかなり有効のようですが、こまめな体位転換と低温やけどには十分な注意が必要で、なによりも付けっぱなしにしてはいけません。
特に、伺った話では、最初布団が冷たいからと、強にして使うと温度が上がりすぎてあぶないとのことでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございました。
やけどに気を付けて実行したいと思います。電子カーペットの利用
は気が付きませんでした。
皆様ご回答のエアーマットも用意したいと思います。

お礼日時:2001/01/17 09:35

皆さんが回答されていますが、私の祖母も長期入院していたとき、床ずれがしないようにと、病院でエアーマットを有料で貸してくれました。


そのマットと、まめな体位交換のおかげで、寝たきりにもかかわらず、床ずれは起きませんでした。
    • good
    • 0

床ずれの程度がわからないとなんともいえないのですが。


まず、皮膚科、外科、あたりの診察を受けることです。
が。床ずれは、結構治療方針が難しいのですね。
とにかく病期を的確に判断すること。
壊死組織があれば早めに取り除くこと。
適度な湿潤環境におくこと。
血流を保つこと。(その意味で、体位交換は必要なのですが、2時間おき程度の交換では無意味との報告あり)
円座はたとえば、座位でTVを見るなどの短時間は意味がありますが、寝たきりの場合、かえって中心部の血流が悪くなります。
とにかく自分でできることに固執しないで専門家の意見を聞いてください。
まあ、その専門家を見つけるのが大変なんだけど。
ここでアドバイスできるのはこんなもんです。
    • good
    • 0

 褥瘡の原因は皮膚の圧迫による血流障害と栄養障害です。

したがって治療は簡単に言えばこの逆をやればいいのです。すなわち、 しっかり食べて圧迫をとること。
 座るのも辛いということは仙骨部の褥瘡がもっとも考えられますがそうだとしたら円座を使用したり、ベッドはエアーマットにしたりして圧迫をとること。ついで軟膏などは殆ど感染予防を目的にしてのことですから、褥瘡の治療には余り役立たないかもしれません。ただ感染を起こすと確実に悪化しますし、場合によっては敗血症の原因となって生命の危険すらあります。
 時には外科的に褥瘡の手術をしたりしますが、あまりいい結果はでていません(成功率が低いのです)。
 褥瘡はとっても治りにくい状態です。栄養の改善、圧迫の除去、感染の予防が治療の原則かと思います。
    • good
    • 0

床ずれがひどい方は固い部位の長期のベットとの接触を避けタイコウを頻繁にしたり、栄養を考えてください.塗る薬のみでは治りません.皮膚

科などでは積極的に研究しているところもあるようです.
    • good
    • 0

まず、介護認定を受けておられればケマネージャーか、医療的には皮膚科医に相談していただきたいのですが、ご参考までに、


東京都衛生局による家庭介護のページです。
医療も日進月歩で、中の内容で若干古い方法もそのまま紹介されてます
今は
:マッサージは厳禁
:ドライヤーの風をあてるなど過度の乾燥は厳禁
(いずれも皮膚をいためるため)となっています。
「寝たきり」も「座りきり」もよくありません。場所は圧迫されていれば
耳でも足でも床ずれが起こりえます。

床ずれは専門的には「褥創(じょくそう)」と呼びます。
どちらで検索してもたくさんのサイトが出てきますので、さらに詳しく
お知りになりたい場合は他にもご参照ください。

参考URL:http://www.us1.nagasaki-noc.ne.jp/~nagamed/Pages …
    • good
    • 0

うちの婆さんが3年以上寝たきりでした。


こまめな体位交換と、エアマットレスで、ひどい床ずれにはなりませんでした。
体位交換は必須ですし、エアマットレスは、介護用品店でお尋ね下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどのエアーマットがいいのか教えてください

頸椎損傷のものです。
これまで、腰のあたりの左右にスポンジを入れて
背骨部分を浮かせて、夜中は寝ていました。
仙骨部分に床ずれの後があるので、ちょっと怖いのですが、
体も大きく、介助者も大変なので、
エアーマットで一晩寝れないかと思っています。
どのエアーマットがいいのか教えて頂けないでしょうか。

どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

エアーマットに一番良い品物、と言うのは一口には選べません。
「一番、もしくはより適した」物はあるでしょうが。
例えば一番高価な、高機能な物ほどよいのではないのです。

エアーマット、すなわち空気で膨らむマットのことですが、寝たまま寝返り一つ打てずにという方なら常に全身の背面を接地し寝ておられ、床ずれ防止を始め、保温や保湿、体位変換機能などの機能が求められます。

逆にある程度寝返りなど体動が取れる、寝たきりではなく身体を起こしたり、立ち上がる機会も何度となくあるという方なら、柔らかさと同時にある程度の固さがありませんと身体が沈み込み寝返りや起き上がりの際に身動きが取りにくくなります。
柔らかさ・固さだけなら任意に調整出来る製品も多いのですが、座位をとる時間もある場合、折れ曲がりに腰部にしわやゆがみ、ひずみが出来ないよう工夫された製品もありますので。

と言うことで、もう少し具体的に
・ベッド上で上で横になって過ごす時間
・寝返りなど自発的な動きの出来る程度(失礼ながら「頸椎損傷」とのことで難しいのかとは推測出来はしますが)
・介助による物であれ、食事時など上体を起こし座位で過ごす時間
・ベッドから車いすへなど端座位となりベッドから離れる機会、時間
・わかるならば身長と体重
・これまで床ずれが出来た部位(仙骨部のみでしょうか?)
・電動で背や足が起き上がるいわゆる介護用ベッドの使用の有無

・さらには障害福祉制度か介護保険の認定を受けておられるかと思いますが、その認定の内容、相談員やケアマネージャー、すでにベッドをお持ちであれば出入りの福祉用具貸与の業者などつながりの有無

など補足願えますか?

エアーマットに一番良い品物、と言うのは一口には選べません。
「一番、もしくはより適した」物はあるでしょうが。
例えば一番高価な、高機能な物ほどよいのではないのです。

エアーマット、すなわち空気で膨らむマットのことですが、寝たまま寝返り一つ打てずにという方なら常に全身の背面を接地し寝ておられ、床ずれ防止を始め、保温や保湿、体位変換機能などの機能が求められます。

逆にある程度寝返りなど体動が取れる、寝たきりではなく身体を起こしたり、立ち上がる機会も何度となくあるという方なら、柔...続きを読む

Q高齢者の床ずれの手術

91歳の母です。介護度「5」の認知症です。今回、発熱、肺炎 低酸素で入院し、肺炎状態は、峠をこしたようです。 5年くらい前から寝たきりで軽い床ずれだったのが急激に悪化して、直径10センチぐらいのポケット状に口をあけています。 ここからの肺炎もありうるので体力の回復を見て手術してみる、との担当医の説明をうけました。 所が、介護のケアマネ-ジャ-や実際に母の生活をみている女性たちから、退院後のケア-が大変であるとのことで賛成をえられません。私は男であり、今までのように「だましだまし」在宅ケアを
続けたほうがよいのか迷っています。
どなたか高齢者の床ずれ手術を経験された方がおりましたら、参考ご意見なり
おしえていただきたいのですが。 お願いします。

Aベストアンサー

褥瘡(=とこずれ)の管理において最も重要なのは栄養状態
ついで 局所の減圧 そして 局所処置です

肺炎があったということですから 栄養摂取も順調ではなかったと
察します 摂取方法も検討されているとおもいます

減圧とは病巣近辺にかかる体重を分散させることです
在宅用でもエア・マットレスなどの器具があります。いろんなのがあります。
あまり空気圧を高くすると体との接触面積が減って減圧になりません

局所処置の重要性はその次とはいえ、壊死組織の除去(私の認識では手術とは呼びませんですが切ることには違いない)
は行わないと話にならないです。死んだ組織があると再生のジャマになるし、バイキンがはびこる元になります。
除去をした上でどうするかあたりが医者の腕のみせどころでもあり
コンセンサスがまだ成立していない領域です。
除去した方が絶対によろしいに決まっている(ただし除去の方法もいろいろある)とはいえ 結果を保証するものではありません。
栄養状態や減圧という根本原因に対する対策がうまくいかないかぎり
限界があります。

昔は他の場所から組織をもってくる自家移植もやってましたが
根本原因に対する対策ではないので最近はあまり聞きません。

褥瘡(=とこずれ)の管理において最も重要なのは栄養状態
ついで 局所の減圧 そして 局所処置です

肺炎があったということですから 栄養摂取も順調ではなかったと
察します 摂取方法も検討されているとおもいます

減圧とは病巣近辺にかかる体重を分散させることです
在宅用でもエア・マットレスなどの器具があります。いろんなのがあります。
あまり空気圧を高くすると体との接触面積が減って減圧になりません

局所処置の重要性はその次とはいえ、壊死組織の除去(私の認識では手術とは呼びま...続きを読む

Q床ずれが治りません・・。

 母の床ずれが治らなくて困っています。
寝たきりではないのですが、
身体が不自由なので、起きているのは半日程度です。
介護保険でエアーマットも借りていますし
病院で床ずれの薬も貰っています。
一箇所が治ってくると、他の箇所にできています。
へこんでいて、膿が溜まった状態です。
何か良いアドバイスを、頂けないでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

膿が固まった状態とは膿ではなく不良肉芽でしょう。
それを全て削りとり、出血したきれいな肉が出てくるとよいのですが。
赤い肉の状態が回復にはベストです。
そうなると後は水を流しながら指で汚れをこすり落としてサランラップで密閉しておくと良いくらいに湿潤し回復も早くなります。
体位はこまめに変えましょう。
一度受診している医療機関で「鋭庇などで不良肉芽を取ってみたらどうでしょうか?」と聞いてみたらどうでしょうか?その先生の方針などもあるでしょうが提案自体は悪いことではないと思いますよ。

Q病院の医師は院内処方の薬が増えても儲からないとおっしゃっていますが、そ

病院の医師は院内処方の薬が増えても儲からないとおっしゃっていますが、それは本当ですか?内科や精神科を受信した場合です。薬を院内で増やせば増やすほど儲かると思うのですが、それは間違いでしょうか?それとも制度は変わったのでしょうか?「院内の薬を増やしても仕入れで9割で、儲かっても10円かそこらだ」と言うのですか、本当ですか?

Aベストアンサー

薬価(保険で定められた薬の値段)の決め方について、参考URLをご覧下さい。
既存薬の薬価改定は3ページにのっています。これによれば、
薬価は、平均的な実勢価格(病院が仕入れる値段)+消費税+調整幅2% となっています。
つまり、利幅(病院が受け取る差益)は、薬価の2%ほどしかありません。
(病院が薬を仕入れるときには消費税を払わなければなりませんが、患者さんの医療費には
消費税はかかりません)

自営で商売をしている人ならわかると思いますが、仕入れ値が売値の98%と言う状態では、
まったく商売としては成り立ちません。
一般的な小売店では、業態によっても異なりますが問屋から仕入れる値段は50%以下です。
(それでなければ、バーゲンで3割引、4割引などができるはずがありません。
 衣料品は20%程度といわれています。)

それと比べて病院は98% !
これでは保管する費用もでません。
病院には、普段は使わないが緊急の際に使うかもしれないので常備しておかなければ
ならない薬もあります。このようなデッドストックの費用もでません。

薬で病院が儲かるわけがありません。

参考URL:http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/kyousou/sentan/dai6/siryou3.pdf

薬価(保険で定められた薬の値段)の決め方について、参考URLをご覧下さい。
既存薬の薬価改定は3ページにのっています。これによれば、
薬価は、平均的な実勢価格(病院が仕入れる値段)+消費税+調整幅2% となっています。
つまり、利幅(病院が受け取る差益)は、薬価の2%ほどしかありません。
(病院が薬を仕入れるときには消費税を払わなければなりませんが、患者さんの医療費には
消費税はかかりません)

自営で商売をしている人ならわかると思いますが、仕入れ値が売値の98%と言う状態では、
ま...続きを読む

Qエアーマットの補修方法について

エアーマットの補修方法について教えてください。エアーマットを購入した際についているリペアキットで、空気漏れしている穴をふさいでいるのですが、次から次ぎに別の部分に穴があいて、きりがありません。一度に簡単に空気漏れをふさぐ便利な物、アイデアがありましたら、教えてください。宜しく、お願いします。

Aベストアンサー

ogawaテント社から、PVCのカヌーやテントの
補修用のシールが売られています。
テレホンカードの一回り小さいサイズの物が、
8~12枚ほど入っていて、1000円もしていなかったと
思います。
ゴムボートでもそれを使っていますが、
ほぼ完璧に、エアー漏れを防ぐことが出来ます。
糊がかなり強力で、変なところに引っ付くと
あとが大変なので、お気を付けください。

Q糖尿病の薬でじんましんがひどい

夫は糖尿病でインスリンと飲み薬で治療していますがじんましんがひどくて困っています。
医師からかゆみ止めの飲み薬をもらったのですが大変眠くなったので今は飲んでいません。
(1)医師から糖尿の薬を止めますかと言われたのですがそれしか方法はないでしょうか。
いっそ皮膚科に行ったほうがよいでしょうか

(2)じんましんが出る事を放置しておいてこの先体に支障がでる事はないでしょうか。

(3)突然アナフィラキシーが起こったりしないでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

2,3=問題の薬を続けるほうが危険だと思います(痒み止め程度じゃ間にあわないはず…)

1 別の薬は無いのでしょうか…
普通は別の成分の(似た成分で構造が違うとか)薬に替えるのですが…
http://www.nagayoku.com/basic2/medicine/
↑どの種類の薬なのか調べてください
治療薬なのか その場しのぎ的なのか(それなら食生活を管理すれば飲まずに済むかもしれません)
医師にやめたらどうなるのかをよく説明してもらってください

飲み薬(痒み止め等)はどっちにしろ肝臓に負担になりますから
薬の数は少ないほうが良いハズです…

私は抗がん剤で肝臓がお疲れ気味です^^;

Q車中泊で眠れないのはエアーマットのせい?

車中泊を5~6回試みましたが、一度も眠れませんでした。

当方の車は日産JUKE。コンパクトカーではありますが、工夫すればまっすぐな状態で横たわれます。最近になって、エアーマットがいけないのか?と思い始めました。
http://item.rakuten.co.jp/mitsuyoshi/logos-bedmattress-2801/

上記のロゴス(LOGOS)スカイラダーベッドを使用しています。電動ポンプで空気を入れるタイプのものです。「柔らかすぎるベッドだと寝付けない」とどこかで聞いたことがありますが、このエアーマットが原因で眠れないのか?と思い始めました。

このエアーベッドは、空気を入れたり抜いたりするのが面倒なので、折りたたみ式のマットを買おうか?とも考えていますが、上記エアーマットと電動ポンプを買ってしまったので、折りたたみ式マットを買うのをためらっています。眠れない原因が上記エアーマットにあると断定出来れば、折りたたみ式マット購入に迷いはないのですが・・・・

空気が薄くなるので眠れないのか?とも思っていますが、冬は窓を開けておくわけにはいきません。もちろん、睡眠をとるときはエンジンを切っています。

こんな状況です。車中泊に詳しいお方の御助言をお待ちしております。

車中泊を5~6回試みましたが、一度も眠れませんでした。

当方の車は日産JUKE。コンパクトカーではありますが、工夫すればまっすぐな状態で横たわれます。最近になって、エアーマットがいけないのか?と思い始めました。
http://item.rakuten.co.jp/mitsuyoshi/logos-bedmattress-2801/

上記のロゴス(LOGOS)スカイラダーベッドを使用しています。電動ポンプで空気を入れるタイプのものです。「柔らかすぎるベッドだと寝付けない」とどこかで聞いたことがありますが、このエアーマットが原因で眠れないのか?と...続きを読む

Aベストアンサー

その道具一式を自宅の床に敷いて寝てみてはどうでしょうか?

==> 自宅でも寝られないのであればマットや寝袋を疑ってみます。

マットを通常寝るときに使う布団にしてその上で寝袋で寝てみる
==> これでダメなら寝袋で寝ることに慣れていない

という事だと思います。
あるいはエアマットの上に普段使っている掛布団で寝てみるとか…

まずは問題の切り分けが必要です。

Qアトピーの塗り薬を塗ると、かゆくなってしまいます・・・

私は小さいころからアレルギー持ちで、今は医師から処方された飲み薬と塗り薬を服用しているところです。しかし、アステラス製薬のプロトピック軟膏0.1%という薬を医師の言われたとおり寝る前に塗ると、夜中ほてり感と激しいかゆみに襲われなかなか寝付くことができなくなってしまいます。医師には塗り続けないと治らないと言われましたが、かゆくなるのは仕方ないことなのでしょうか?

Aベストアンサー

いんや 合わない薬は存在します
ただし 副作用でもあるけど 頑張れば静まるとも書いてありますよね
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se26/se2699709.html

Qできてしまった床ずれ

入院中の祖母が風邪をこじらせて肺炎になり、最近になって腰~お尻のあたりに床ずれができてきたらしく心配しています。肺炎の治療のため、肺にたまった水を抜くなどして体位変換など身体を動かせない状態が続き、それで床ずれができたのではないかと思うのですが、自宅介護しているならともかく入院しているのに、肺炎や床ずれは予防できないものなのでしょうか?また、床ずれの苦痛を少しでも軽減してあげるために、できることは何かないのでしょうか?寝ている状態の時はまだマシなのですが、ベッドを起こして座らせている状態にすると、身体がぶるぶる震えだすほどの苦痛のようで、可哀想で見ていられません。同じような経験をされた方、また介護のプロの方で何か良いアドバイスがあればお願いします。(エアマットなどは既に使っています)

Aベストアンサー

入院中に床ずれができることもあります。
2時間も同じ姿勢をとっていれば、出来てしまいます。
保険の改正で、病院では、床ずれについてのケア計画書を書かなければ
いけなくなりました。
治療法などは、「創傷治癒」という内容で、ネットに出ていると思いま
す。
以前は、赤くなった場所をマッサージしたりしていましたが、それは厳
禁です。
1)栄養状態を改善する
2)圧迫を少なくする(エアマットがあっても、体位を定期的に変える)
3)適切な創部の治療(良い治療法が沢山あります)
4)皮膚の清潔を保つ(汗・尿・便などによる湿潤を取り除く)
5)摩擦の防止(体位を変える時は、十分な人数で、擦らないように)
6)ベッドをギャッヂアップしたら、一度身体をもう少し前に倒して
  から、ベッドに倒すようにすると、筋肉と骨のズレが少なくなる
など、予防と治療の方法は、まだ他にもあります。
ご本人の体調が良くなることも、床ずれの治りを早くすることに繋がり
ますので、両方を合わせて治療して頂きましょう。

Q糖尿病の食事療法 1日2回の食事と3回の食事

お世話になります。

糖尿病になり、1日1600kcal(20単位)の食事をするように言われました。
私は男で会社勤務なので、昼飯は外食になります。
そうするとどうしてもカロリーが高くなってしまいます。

1000kcalの食事と600kcalの食事の2回にする。
なるべく、均等に500kcalずつ食べる。
どちらも1日1600kcalですが、体への影響は同じなのでしょうか。

Aベストアンサー

外食となると、「全部食べない」ということになってしまうのではないでしょうか。あとは、油もの、揚げ物を避ける(あるいは衣を残す)、野菜を多く用いた料理を選ぶ、といったことが考えられます。

肥満や脂質代謝異常があると血糖値は下がりにくくなるので肥満や過食の解消は必要ですが、血糖値を上昇させるのはカロリーではなく炭水化物(糖質)です。血糖とは血液中のブドウ糖のことで、炭水化物(糖質)が消化されるとブドウ糖になり、結果、血糖値を上昇させます。少なくともカロリー量が血糖値に影響することはありません。

例えば、牛肉ステーキを1,000kcal食べても血糖値はほとんど上がりませんが、食パン600kcalはブドウ糖並みに血糖値を上げてしまいます。私は境界型ですが、カロリーの範囲と思って餅を食べて食後血糖値を測ったら100近く上がっていて驚いたことがあります。このためアメリカの糖尿病食はcarbohydrate countingといって炭水化物の摂取量を調整することになっています。

米飯、パン、うどん、砂糖水を食べて血糖値の変化を測定 http://castela.blog104.fc2.com/blog-entry-133.html
アメリカ糖尿病協会 http://www.diabetes.org/food-and-fitness/food/planning-meals/carb-counting/

外食となると、「全部食べない」ということになってしまうのではないでしょうか。あとは、油もの、揚げ物を避ける(あるいは衣を残す)、野菜を多く用いた料理を選ぶ、といったことが考えられます。

肥満や脂質代謝異常があると血糖値は下がりにくくなるので肥満や過食の解消は必要ですが、血糖値を上昇させるのはカロリーではなく炭水化物(糖質)です。血糖とは血液中のブドウ糖のことで、炭水化物(糖質)が消化されるとブドウ糖になり、結果、血糖値を上昇させます。少なくともカロリー量が血糖値に影響す...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報