勤務先の歯科診療室の流し4台に全て石膏トラップが付いています。
1.器具を洗う所(一番使う流し)
2.手洗い、アルジネート使用後のラバーボールを洗う
3.2番と同じだが2番よりは手洗いで使用する回数は若干少ない
4.石膏のラバーボールを洗う(但し石膏はバケツで洗い流すので微量の石膏は流れる)

この内3と4の流しが休暇後とてもきつい悪臭がします。
1と2は殆どありません。石膏トラップ内の掃除は半年に一回程度で悪臭も半年経つ時期に悪臭がし始めるのですが、今回1月にトラップ内の掃除したのに4月の現在とても匂います。
流しを使い始めると徐々に臭いがなくなってくるのですが、それまでの時間が
とても気分が悪いです。
タイトル通りですが、トラップの悪臭の原因とこの悪臭を嗅ぎ続けた場合
体には害がないのかどうか教えてください!
う~明日もあの臭いが待っているのかな~。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

石膏トラップが臭うのは次の理由だと思います。


石膏トラップ内の石膏くずが完全に硬化しないため、ヘドロのような状態になっています。
そこに腐敗菌が繁殖し、排水中に含まれる有機物を分解して悪臭を発生させると解釈しています。
>流しを使い始めると徐々に臭いがなくなってくるのですが
ある程度水を使用すれば、トラップ内の水が還流するので悪臭がへるんだと思います。
体への害はどうでしょうか、ちょっと分かりませんが。
石膏トラップ用の除菌消臭剤というものがありますので、でいりの材料さんに問い合わせてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
石膏を流していない流しのうちの1つが臭いのも、アルジネートのかすが
トラップ内でドロドロになり腐敗菌が繁殖しているのでしょうね・・・。
材料屋さんに今度聞いてみます!

お礼日時:2007/04/22 11:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング