はじめまして。
税理士試験の講座でTACと大原が強いし、
どちらに通っても同じというのはよく聞きますが、
どちらにも特徴があると思います。
それぞれの学校に通ったり友達から聞いたとかでも
結構なので、それぞれの学校の特徴(講師・テキスト等)
を教えてください。また、自分は社会人受験を考えていますので、
社会人向けなのはどちらかという意見を募集します。
(講師が、覚えることや問題を絞ってくれるとか、
学校の雰囲気とか。)
あと、DVD通学での受講を考えているので、そちらのほうの意見も
募集します。
沢山のご意見をお待ちしています。
よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

TACの方が社会人向けだと思います。


私も実際にTACの税理士講座にいますが半分くらいが社会人です。
友人は大原に行っていますが、大原にはあまり社会人はいないと言っていました。
大原では定期親睦会というのがあるらしく、勉強仲間をつくるにはいいと思いますが、社会人の方だと忙しくて参加できないんじゃないかな。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
そうですか。確かに大原は学校ってイメージですものね。
参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/18 00:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公務員 就職活動

 今年から大学2年生になります。公務員(国家公務員II種)になるか民間企業に勤めるかでどちらを目指していくべきか悩んでいます。公務員を目指すなら早めに対策すべきだけど、一般企業に備えて英語などに力を入れないといけないので、どっちつかずにならないか不安です。

 公務員試験の勉強と一般企業への就職活動を同時にするのは忙しいのは確かだと思うのですが可能なのでしょうか?経験者の方、回答おねがいします。

 また公務員を第一希望にしていた場合は民間企業に内定をいただいた場合、辞退できるのでしょうか?

 公務員をめざしていることは就職活動の際は発言しない方が良いのでしょうか?

 また公務員の仕事のやりがいはどんなところか知りたいです。一般企業との違いなど。公務員の大変なところなども知りたいです。公務員と一般企業の両方で働いたことがある方は参考までにどちらの方が充実しているのか教えてください。

 周りに公務員の方がいません。初歩的な質問ですが回答よろしくおねがいします。

 

Aベストアンサー

上場企業で実務担当部門の管理職で、中途採用や新卒採用に関わることもあります。

ご質問の主旨と異なり、恐縮ですがあえて。。。
危険な感じがしましたので。。。

まず何をしたいか、それをする為には何をすべきから、考えないとせっかく目的を果たしても、また考えが不安定化して転職を考えてしまうリスクが高いです。

他の質問でも述べましたが、
目的意識とモチベーションは達成力の重要な因子です。

それからいわゆる英語やPCと言われるものは単なるツールなので、
大事なのはそこから先です。英語ができても仕事ができないのでは意味がありません。実務能力は単に英語力だけではダメです。わかりやすく言えば、日本語で仕事ができない人は英語力があっても、やはり仕事はできないでしょう。
社会人で重要な能力は自己管理能力、対人関係能力、問題解決能力(進化すればリスク回避能力)、ストレス認容性(精神的タフさ)です。

まだ大学2年生ということなので、
情報をきちんと収集して自分が何をしたいか模索して下さい。

公務員と民間企業は、そもそもベクトル、思考性が全く異なるので、
両立は非常に厳しいです。
公務員を第一希望に考える方に、民間企業は不向きである面もあります。

貴方の軸が確定しないと、目的に向かうエネルギーが分散してしまい、
余計な労力と厳しい結果が待っているような気がして、
おせっかいと思われるかもしれませんが、あえてコメントさせて頂きました。

失礼の段は、ご容赦のほどお願いいたします。

上場企業で実務担当部門の管理職で、中途採用や新卒採用に関わることもあります。

ご質問の主旨と異なり、恐縮ですがあえて。。。
危険な感じがしましたので。。。

まず何をしたいか、それをする為には何をすべきから、考えないとせっかく目的を果たしても、また考えが不安定化して転職を考えてしまうリスクが高いです。

他の質問でも述べましたが、
目的意識とモチベーションは達成力の重要な因子です。

それからいわゆる英語やPCと言われるものは単なるツールなので、
大事なのはそこから先です...続きを読む

Q専門学校(大原やTAC)から公認会計士になった方

お世話になります。

私は工学部卒で現在社会人(エンジニア)です。
全くの畑違いではありますが、公認会計士になりたいと考えております。
動機としては率直に申し上げて高い収入が期待できる(と思ってます)、加えて、将来的に独立して仕事をしたいという希望があるためです。
かなりの難関だというお話は伺っており、社会人の片手間で合格を狙えるとは思っておりません。
仕事を辞めて専門学校に通おうかと考えております。

ここで、特に専門学校から公認会計士になった諸兄のご意見・経験談を頂きたいのですが、

・卒業校
・経歴
・入学から資格取得までに要した期間
・勉強のボリューム
・資格取得後、スムーズに就職できたか
・実収入(一般サラリーマンと比較してどうか、など、抽象的な表現でも結構です)

その他、苦労した話や、入学してから気付いた点など、何でも結構です。
教えて頂ける範囲で情報を頂けないでしょうか。

畑違いということもあり、公認会計士にまつわる情報、特に、経験者の生の声をたくさん収集したいと思っております。
また、専門学校以外で公認会計士になられた方のご意見や経験談もご参考に頂ければ幸いです。

以上、お時間のあるときで結構ですので、ご教示頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

お世話になります。

私は工学部卒で現在社会人(エンジニア)です。
全くの畑違いではありますが、公認会計士になりたいと考えております。
動機としては率直に申し上げて高い収入が期待できる(と思ってます)、加えて、将来的に独立して仕事をしたいという希望があるためです。
かなりの難関だというお話は伺っており、社会人の片手間で合格を狙えるとは思っておりません。
仕事を辞めて専門学校に通おうかと考えております。

ここで、特に専門学校から公認会計士になった諸兄のご意見・経験談を頂きたいので...続きを読む

Aベストアンサー

2010年の5月に短答式試験に合格し、同年8月に論文式試験を合格した者です。

まずは質問にお答えします。

卒業校:中央大学、商学部、金融学科
経歴 :大学在学中のため特になし
期間 :簿記3級から含めると4年ですが、最初の2年は暇つぶしで勉強していたため、本気で会計士を目指して勉強した期間は1年半ほどです。
勉強量:時間数はわかりませんが、財務会計論のテキストは暗唱できるくらいにはなりました(笑)
1年半ほど間でできる限りのことはやったつもりです。
就職 :世間一般が現在就職ですが、その象徴的な存在としてこの会計士業界がメディアで取り上げられています。
収入 :確かに一般的なサラリーマンよりはいいかもしれません。大手監査法人で一般的な大卒初任給の1.6倍くらいでしょうか。

まず、予備校は関係ありません。
テキストをもらいしっかり暗記する、それにつきます。
どんなに素晴らしい授業受けても合格するのは予備校ではなくあなた自身です。
その意味で、体系的に記述されているテキストであれば、どんな予備校でも構いません。


他の方が書いてるように、就職だけは大変です。
勉強したから楽に仕事に就けるわけではないことはわかってください。


ただ、収入は別にして、独立を目指すのであれば、確かにぴったりの資格だと思います。


現在の仕事を辞めると、学費と生活費でかなりのプレッシャーになるとは思われますが、それを覚悟で勉強されるのであれば応援します。

2010年の5月に短答式試験に合格し、同年8月に論文式試験を合格した者です。

まずは質問にお答えします。

卒業校:中央大学、商学部、金融学科
経歴 :大学在学中のため特になし
期間 :簿記3級から含めると4年ですが、最初の2年は暇つぶしで勉強していたため、本気で会計士を目指して勉強した期間は1年半ほどです。
勉強量:時間数はわかりませんが、財務会計論のテキストは暗唱できるくらいにはなりました(笑)
1年半ほど間でできる限りのことはやったつもりです。
就職 :世間一般が現在就職ですが、その象...続きを読む

Q公務員?それとも一般企業に就職?

大阪府に住んでいる大学4年生です。
未だ内定0の状態です。
不景気の影響もあって就職活動が中々上手く往かず
途方に暮れています。
そして現在公務員(出来れば地上)になろうと勉強しています。
しかし公務員になるにはかなり努力がいると言う事もあり
流石に今年は間に合わないと覚悟しています。

そこで今後の活動としまして
・就職活動を続ける。(公務員に転職するまで。また28になっても
公務員になれない時無職になるのを防ぐ為)
・公務員留年する
・公務員浪人する
・卒業後専門学校で勉強する
・卒業後独学で勉強する

の案を考えております。
周囲の意見を聞いたところ
「理系(IT)なんだから就職して稼げ」
「公務員なら警察、消防も行け」
「膨大な努力をした上に給料低いから止めろ。
大体公務員試験受けられるの28までだけどもし28になっても
公務員になれなかったらどうするの?無職30代?」
「留年すればずっと新卒でいける。バイトで稼ぎつつ勉強しろ。」
「就職しつつ勉強なんて甘い。特にITに就職したら忙しくてそれどころでは無い。」

一度しか無い人生に本気で悩んでいます。
もしよろしければ皆様の意見を聞かせて頂けませんでしょうか?
因みに体力は自信がありません・・・中の下です。

大阪府に住んでいる大学4年生です。
未だ内定0の状態です。
不景気の影響もあって就職活動が中々上手く往かず
途方に暮れています。
そして現在公務員(出来れば地上)になろうと勉強しています。
しかし公務員になるにはかなり努力がいると言う事もあり
流石に今年は間に合わないと覚悟しています。

そこで今後の活動としまして
・就職活動を続ける。(公務員に転職するまで。また28になっても
公務員になれない時無職になるのを防ぐ為)
・公務員留年する
・公務員浪人する
・卒業後専門学校で勉...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。
 まず、この不況の中就職活動大変ですね。
 本当にお疲れ様です。

 まず、私も地方上級を受けた経験があり、今ほどではなくても不況の時代でした。
 まず、地方上級の技術でしたがとてもじゃないですけど、無理でした。
 そのころの倍率は途方もなかったと思います。
 一般常識からSPIまでものすごい幅広い知識を要求されることはご存知ですよね。
 そして、志す人は公務員受験の予備校も在学中にいってたりしていました。
 1年間勉強しましたけど、とてもハイレベルでついていけませんでした。
 結局、自分は希望する会社に入社することが出来ましたが、そこでも地方系の一般常識と専門の試験はありましたので、ここでは効力が発揮できたと思いますね。無駄ではなかったという思いはあります。

 今のこの不況の中で、各自治体のホームページに倍率などが描いてあると思うので、去年の受験倍率を見てみるといいです。
 とても現実的じゃないと思うんじゃないでしょうか?
 そしてこの不況の中で今年はもっと高いと思います。
 底打ち宣言はされたので、来年は少しはよくなるかもしれません。
 でも、この状況の中で、高望みよりも安定した仕事をという考えが日本人の仕事感覚を変えたと思います。
 なので、どうしてもやりたいのなら公務員試験の勉強をしながら、自分で納得のいく仕事に出会えるまで就職活動をすることじゃないでしょうか?
 特にITですよね?
 ITというのは、本当に自分しか出来ないという技術、戦術がないと難しいと思います。
 私見ですいません。
 それは、物を実際作るわけじゃないから。
 私は社会人になって、久しいですがやはり、自分の中でITというものは異質に見えてしまいます。
 架空の中での取引というイメージがどうしてもあるんですよね。
 仕事はもちろんされています。分かってます。
 それに比べて物を作るというのは実際に完成されるものが目に見える。
 そして、それがずっと残るという満足感。
 私も仕事の中でいろんなものを作って残ってます。一番うれしかったのは日本で始めての方式のものを作って完成させたこと。
 苦労したので、うれしかったです。
 やはり自分が最初に作ったという自負がありますよね。

 ITというのは技術の革新ですから、古い成果品は消去ということになるわけですよね?
 古いものを愛するという方もいるでしょうが、、、
 今の現実世界、PCを見ても、古いものというのはやはり忘れ去られる存在???
 そして技術革新に追いついていかないと、そのうち使えない存在になる。
 年をとれば習得できるスピードも落ちるでしょう。
 若いものに取って代わられる速さが格段に違うかもというイメージもあります。
 そういうところでITはとても異質に感じてしまいます。
 ITもネットワークからプログラムまで多岐にわたるのでいろいろと細かいところはあるかもしれませんが、、、
 失礼を承知です
 すいません、、、 
 なので、ITで、スキルアップで転々と転職をするよりも、仕事をしっかりとじっくりと考えたほうが一生を考えた場合はいいんじゃないかなと個人的には思いますね。
 どういう形に変化していくのか見えないという意味でもITって言うくくりは怖いな。

 公務員に関しては、、、
 大阪は知事が新卒は取らないと以前宣言してますので、県は無理でしょうから、市か他県ということになるかもしれません。

 こんにちは。
 まず、この不況の中就職活動大変ですね。
 本当にお疲れ様です。

 まず、私も地方上級を受けた経験があり、今ほどではなくても不況の時代でした。
 まず、地方上級の技術でしたがとてもじゃないですけど、無理でした。
 そのころの倍率は途方もなかったと思います。
 一般常識からSPIまでものすごい幅広い知識を要求されることはご存知ですよね。
 そして、志す人は公務員受験の予備校も在学中にいってたりしていました。
 1年間勉強しましたけど、とてもハイレベルでついてい...続きを読む

Q働きながら会計士取得は可能?行くならTAC?大原?

宜しくお願いします。
自分に何も仕事をする上での武器がないなあ、と思い資格を取ろうと思いました。
弁護士はロースクールに行かなければ行けず仕事をやめないといけないので不可。
ということで中小企業診断士か公認会計士を目指そうと思います。

今簿記の勉強をしていて結構楽しいので公認会計士を目指そうと思うのですが働きながらの取得は可能でしょうか?
毎日どれくらい勉強するのが普通でしょうか?

特に一発合格を目指しているわけではなく、時間も2年、3年位ならかけてもいいかなと思っています。

働きながら目指すならTACや大原、その他にいい学校はありますか?
また、仕事から帰ってきて何時間くらい毎日勉強すればいいのでしょうか?(人それぞれだと思いますが目安として教えてください)
もしも合格した場合、会計士補となると思うのですが、会計士になるためには会社を辞めて監査法人に勤めなければいけないのでしょうか?

まとまってなくてすいません。
専門分野をもつためのアドバイス
働きながら公認会計士は可能かどうか
取った後どのような進路があるのか
最適な学校はどこか

などなど教えていただければと思います。

宜しくお願いします。

宜しくお願いします。
自分に何も仕事をする上での武器がないなあ、と思い資格を取ろうと思いました。
弁護士はロースクールに行かなければ行けず仕事をやめないといけないので不可。
ということで中小企業診断士か公認会計士を目指そうと思います。

今簿記の勉強をしていて結構楽しいので公認会計士を目指そうと思うのですが働きながらの取得は可能でしょうか?
毎日どれくらい勉強するのが普通でしょうか?

特に一発合格を目指しているわけではなく、時間も2年、3年位ならかけてもいいかなと思ってい...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
昨年の新試験制度で会計士合格した者です。
ちなみに、環境は仕事を辞め、勉強専念の2年コース受講です。
以下、あくまで私が受験した際、周囲の受験生の状況などをふまえ記載することなので、
私見であるということを前提にお読み下さい。

>働きながらの取得は可能でしょうか?
理論上は可能です。事実、試験制度も大きく変わり、
短答合格を翌年に持ち越せる、論文科目を少しずつ合格すればよい
など、働きながらの方も科目合格可能な仕組みとなりました。
また、将来的に会計士を増加させるという目的で制度改正が行われたので、
今後合格者は増加するだろうという読みも追い風となるかもしれません。

ただ、ここは正確に制度を理解して望むべきです。
まず、科目合格にはなりましたが、それには有効期限があります。
その有効期限が切れれば、短答合格や論文科目合格が消滅し、再度受験しなければならなくなります。
(つまり、合格消滅前に全科目合格が必要)
また、会計士を増加させる目的で制度改正が行われましたが、
実際、旧試験合格者(会計士補)を除く、短答式試験から受験した者の合格率は、8.7%とこれまでと変わらないものでした。
さらに、受験者層には相変わらず学生・無職者が大多数を占めます。これらの人と働きながら勝負するには、並大抵の勉強量では勝負できないと思います。

ということで、回答としては「不可能ではないが、相当の努力が必要」となります。

>毎日どれくらい勉強するのが普通でしょうか?
働きながら学習した訳ではないですが、私の場合は↓でした。
最初の1年は、
・土日はオフ
・平日は6~8時間学習
次の1年は、
・土日はオフ
・平日は10~12時間学習
ざっくりとですが、こんな感じです。あくまで私の場合ですが。

>会計士になるためには会社を辞めて監査法人に勤めなければいけないのでしょうか?
そういう訳ではありません。ただ、ほとんどの人は監査法人勤務ですが。
その理由は「実務経験」です。
会計士試験合格後、最終的には修了考査に合格して晴れて会計士となるわけですが、その要件に実務経験があります。
監査法人勤務なら、その要件がそのまま満たせるため、ほとんどの方は勤務することとなります。

と、会計士の試験資格には簿記1級などは不要です。

まだまだ質問全てに回答できていませんが、
長くなりすぎるのでこのあたりで。。。
制度改正があり、極めてわかりづらい仕組みとなっています。
よろしければ、一度、専門学校のパンフレットを見るのが良いかと思いますよ(^^)

※リンク先は受験時代の経過を記載したものです。参考程度にどうぞ。

参考URL:http://blog.livedoor.jp/arn1582/archives/cat_50091923.html?p=3

はじめまして。
昨年の新試験制度で会計士合格した者です。
ちなみに、環境は仕事を辞め、勉強専念の2年コース受講です。
以下、あくまで私が受験した際、周囲の受験生の状況などをふまえ記載することなので、
私見であるということを前提にお読み下さい。

>働きながらの取得は可能でしょうか?
理論上は可能です。事実、試験制度も大きく変わり、
短答合格を翌年に持ち越せる、論文科目を少しずつ合格すればよい
など、働きながらの方も科目合格可能な仕組みとなりました。
また、将来的に会計士を...続きを読む

Q公務員試験から民間就職活動への切り替えについて。

私は2016年卒業予定の大学生です。
これまで公務員試験に向けて勉強してきましたが、6月の公務員試験に間に合いそうにありません。
そこでこれから民間の就職活動を始めようと思うのですが、公務員試験の勉強は一切やめるべきでしょうか?

一応今年の公務員試験も受験するつもりですが、一切勉強はやめて民間の就職活動に専念するべきでしょうか?専門科目の試験がある地方上級は厳しい気がしますが、教養科目のみの市役所上級ならまだ間に合うかもと思っています。でもどちらか一方に専念しないとどちらも失敗してしまうのではないかと危惧もしています。
また今年民間企業に内定し就職したとしても、余程条件のいい企業に内定した場合以外は、来年の公務員試験を受けるつもりでいます。

なのでここで公務員試験の勉強を一切やめていいか迷っています。

Aベストアンサー

四季報は総合版

Q税理士講座のオプション講座について

私は、これから税理士試験に挑戦しようと考えています。専門学校は「O原」にしようと考えています。
先日、講座について相談に行ったところ、
「通常のコース(=一般コース、上級直結コース)を受講し、きっちりと復習すれば合格レベルまではもっていける。オプション講座(計算演習講座、実力判定模擬試験)は受講する人もいるが、必ずしも受講する必要はない」と言われました。
しかし、計算問題などは、いかに演習量をこなしているかが鍵となると思いますし、実際合格される方々は「計算演習講座」を当然に受講しているというのであれば、当然受講の必要性が生じると思います。
 疑い深いようですが、専門学校の方は「もうこれ以上受講料は必要ない」とアピールして入学を促しているように思えてしまいました。
 前置きが長くなりましたが、そこでお伺いしたいのは、実際に合格されている方々はこの「計算演習講座」を受講されていたのでしょうか?科目にもよるかも知れませんので、~の科目は受講必要、~の科目は不要等で教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いします。
 

Aベストアンサー

都内の税理士です。大原でした。
税理士試験は働きながらの受験生が多いので
専門学校も無理にはいろいろ進めてこないだけです。

質問者様のおっしゃるように、合格のカギは解いた問題の量がそのまま合格率に比例します。

これがわかっている質問者様は将来有望な
気がします。

答えとしては、演習講座は時間があるならば
受講した方が質問者様のご指摘の通り
合格率があがります。

しかし、時間がなく一般の授業がまわらない
状態であれば受講しないで一般の授業の
復習に時間を回すべきです。

ただ、実判だけは無理してでも全ての科目で
受けるべきです。本番に近い形ですから。

Q就職留年は公務員でも有利??

現在公務員試験合格に向けてせっせと勉強に励んでいるものです。

いきなり本題ですが、民間企業での就職活動では、
卒業して何も肩書きがない者よりも、就職留年して大学生という肩書きを持っている者の方が面接に有利であるというのは昔から存在している慣習です。

ただ、公務員試験の場合はどうなのでしょうか。
公務員試験における2次試験の面接でもその慣習は
存在するのでしょうか。

私は去年まで民間の就職活動をしてきましたが
訳あって今年から公務員志望へと切り替えました。
公務員第1次試験合格通知をこの前頂き、2次の面接試験の練習に日々取り組んでいるのですが、正直就職留年の部分が少々不安ではあります。

もし上記の件ご存じの方おられれば、知識を拝借させていただきたく思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。まずは、一次合格おめでとうございます。

 ご質問の件ですが、公務員の方が民間よりも就職浪人や留年に対して寛容だと思います。
 最近は、公務員試験のために就職浪人する人や転職して公務員になる人も多いので、質問者さんのような状況はそんなに珍しいものでもないと思います。
 (うちの自治体なんて新卒の方が少ないくらいです)

 ただ、噂によると、国家の方は、若い方が有利なところもあるそうです。地方は年齢はそんなに見てないと思いますよ。(事実私は26歳で採用になったし。。。)
 あと、留年している場合は、何故留年したのかは聞かれてくると思います。想定問答をつくってうまく答えられるように対策しといた方がいいですね。
 説得力のある答えさえできれば、留年も問題ないと思います。

 では、採用めざして頑張ってください。

 

Q大原、TAC、クレアール、LEC・・・・・

こんにちは。
大学一年生のものです。会計士を目指しています。
資格学校に通う時間が無いので、通信講座にしようと思っているんですがどの学校にしようか迷っています。
考えているのは、大原、TAC、クレアール、LECなんですが、どれが一番良い学校だと思われますか??
おおまか過ぎますが、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
やはりTACと大原が2強です。
合格者の大多数がこの2校なので、そういう意味で言えばこのどちらかを選べばいいのでしょう。

十分な時間・お金があるのなら、大原をオススメします。
全体的に質が高いです。

クレアールは「個性派・少数派・実力派」といった感じです。
少数派だから悪いというわけではなく、ここも絞り込まれたカリキュラムをきちんとこなして身につければ合格可能な訳です。
そして、大手にはない良さもあります。講師も厳選されている感があります。

クレアールもオススメできます。
LECはオススメしません。

どれが一番良い学校・・・
私の意見では、敢えて「クレアール」としておきます。2強を選ばないという選択肢もあるということです。
是非候補に入れてみて、学校で話をきいてみてください。

Q公務員勉強と民間企業就職活動の両立

よく公務員試験の勉強と民間企業の就職活動を両立させるのは難しいと聞きます
来年秋の公務員試験までおよそ残り1年となりましたが、2つを両立させるのは不可能なのでしょうか?

第一志望は公務員なのですが、(再来年の三月に専門学校卒業で)不合格の場合に無職となってしまうのは経済的にきついので民間企業就職を考えています
ちなみに平日・土曜は毎日2時間+日曜は丸々時間を取れます

公務員勉強や就職活動は今まで未経験で、人より要領がいいとは言えません・・・やはり両立は無理でしょうか?

Aベストアンサー

No.1 の回答の続きです(No.1は間違って送信してしまいました)

そして、もう一方の民間企業の方は、狙う企業のレベルや業界・業種によります。

絶対にメーカー、というように業界を絞っておけば、企業研究が楽にすむので、それほど時間は取られません。

メーカーから数社、金融から数社、物流から数社、というようにさまざまな業界で就職活動をするなら、調べることが多くなるので、公務員試験は後手後手に回ると思われます。


結論をいうと、重要なのは、
(1)目標の公務員試験の難易度
(2)その試験ではどの程度筆記試験が重要視されるか(公務員試験の勉強は筆記試験に一番時間を取られるので)
(3)目標の民間企業の難易度
(4)民間企業の業界・業種
です。
これらを考えて自分の負担が減るように調整すれば、意志があるならば両立は可能です。

Q会計士試験、税理士試験の計算、理論について

会計士試験、税理士試験を受験を考えているものです。

税理士試験では、簿記論・財務諸表論や税法で、計算と理論に問題が分かれていると聞きました。
問題を見たのですが、正直、内容がチンプンカンプンで、どういう差があるのか分かりません。

そこで、何点か質問させて下さい。

(1)計算問題とは、条文や規則等の基準、あるいはそこから生じる論点の結論をもとに、実際に事案を処理していく問題で、理論問題とは、その条文や規則、あるいは論点等の知識について問われる問題と理解して良いでしょうか?

(2)会計士試験は、短答試験問題と、論文試験問題があるようですが、短答試験問題、論文試験問題ともに、理論問題・計算問題の双方が出題されるのでしょうか?

(3)会計士試験、税理士試験ともに、計算問題は同レベルの問題が出題されるが、理論問題は、税理士試験がはるかに難しい(覚えることが多い)と聞きました。
税理士試験は、条文等の丸暗記も要求される試験である一方、会計士試験は、理論問題での丸暗記は少なく、計算問題がメインになるという理解でよいでしょうか?

その他、会計士試験、税理士試験の特徴の差異について、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご回答頂ければと思います。

よろしくお願い致します。

会計士試験、税理士試験を受験を考えているものです。

税理士試験では、簿記論・財務諸表論や税法で、計算と理論に問題が分かれていると聞きました。
問題を見たのですが、正直、内容がチンプンカンプンで、どういう差があるのか分かりません。

そこで、何点か質問させて下さい。

(1)計算問題とは、条文や規則等の基準、あるいはそこから生じる論点の結論をもとに、実際に事案を処理していく問題で、理論問題とは、その条文や規則、あるいは論点等の知識について問われる問題と理解して良いでしょうか?

(2)会...続きを読む

Aベストアンサー

(1)はその理解で構わないと思う。(2)はそうなる。いずれも過去問を見れば確実な回答を得られるのではないだろうか。

(3)は、理論・計算ともに相対比較で、税理士試験は広い知識を、公認会計士試験は深い知識を求められる。なお、何を基準に「難しい」と考えるのかは主観による。公認会計士試験で「計算問題がメインになる」のかどうかは、深い知識を身に付けやすいタイプかどうかによる(身に付けやすいタイプであれば、理論問題の勉強時間を減らすことができ、計算問題がメインとなる)。


参考に、税理士試験は広い知識を求められ、深い知識や問題の背後にある基礎知識を求められない。

そのため、合格し税理士になった後、税務や簿記会計で深い知識や基礎知識を求められる場面に遭遇すると、トンデモ回答をする税理士がたまにいる(この掲示板しかり)。税理士のトンデモ回答に接すると相手や周りはがっかりする。総じて、公認会計士のほうが妥当な結論を出すことに長けている(本来専門外ともいえる税務であっても)。

質問者さんにおかれては、仮に税理士試験受験を選択するにしても、合格後も深い知識を身に付けるべく努力を怠らないなど意識しておくと、トンデモ回答税理士とは一線を画することができる。税務や簿記会計で妥当な結論を得る能力を身に付けたいのであれば、そのような業務をおこなっている税理士事務所や税理士法人を目指す選択肢や、公認会計士試験受験の選択肢もある。

(1)はその理解で構わないと思う。(2)はそうなる。いずれも過去問を見れば確実な回答を得られるのではないだろうか。

(3)は、理論・計算ともに相対比較で、税理士試験は広い知識を、公認会計士試験は深い知識を求められる。なお、何を基準に「難しい」と考えるのかは主観による。公認会計士試験で「計算問題がメインになる」のかどうかは、深い知識を身に付けやすいタイプかどうかによる(身に付けやすいタイプであれば、理論問題の勉強時間を減らすことができ、計算問題がメインとなる)。


参考に、税理士試験...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング