コツコツためてやっと貯金が1000万円に到達しました。

定期預金800万 国債100万 普通預金100万

現在特に使う予定もないのでどのように資産運用していけばよいでしょうか。
定期預金に入れてていても利率が低いので少しもったいないかなと思います。
株、投資信託、外貨預金などに興味はありますが、
ハイリスクというイメージがあり踏み込めません。

ちなみに独身 女性 30歳です(*^_^*)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

個人のライフプランが見えないので何とも言えませんが、3つに分ける方が賢明です。

流動性資金(いつでも利用可能資金)・中期利用(5年以内のライフイベント入用)資金・長期資産運用可能資金(こちらが5年以上の資産運用に回せる資金です。)
    • good
    • 3

専門家紹介

木村正人

職業:ファイナンシャルプランナー

FP1-オフイス21 代表
[ エフピ-ワン-オフイスニジュウイチ ]
あなたの人生のアドバイザーFP1!
家庭のいち専業主婦から世界のトップ企業様までアドバイス!
これが誰にもひらかれたエフピーワンの心意気です!

詳しくはこちら

お問い合わせ先

073-402-5035

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

まず貯金なさった事ご立派と思います。

おめでとうございます。

会計学経営学を勉強しました。
簿記をやると、流動性比率、なんて事をやります。

流動性資産=現金に代表されるいつでも使えるお金。
固定資産=土地に代表される、手堅いけれどすぐにはお金にならない財産。

基本はここで、この中間があるわけです。
現金→普通預金→定期預金→うんぬん

で、どこの会社でも(お金を上手に運用している個人でも)これをどのくらいの比率でもつべきかを検討しているわけです。
200万あったら何にするか、500万あったら、とわかるようになりますよ。

これができれば、もう時給がどうとか気にしないで好きな仕事してゆうゆうと暮らせるし。
できなければ、1000万て、三年でなくなりますよね。

具体的に提案申し上げないのは、投資の基本は
「最もローリスクハイリターンで最高の投資は自分への投資である」
からです、お勉強なさって判断できるようになることが一番です。

だって、自分が将来どのくらい使いたいかとか自分しか評価できないし、何がいいか時代とともに変わるし。株式だって失敗して勉強するもので、失敗したら授業料と思えば安いものです。そのぶん経済の仕組みとかわかりますもの。
今使い方がわからなくてご質問されてるのだから人からのアドバイスに頼らず自分で勉強してやってみると解るようになると思います。

そういった意味で一番勉強になる、わかりやすい、面白いのは古典的ですが株式だと自分は思います。
会社四季報買って、まあ入門編としては300円くらいの物を買ってみるとわかります。
三万円で投資の基本が勉強できてうまくすれば利益が出る、安いもんだと思いませんか?
僕は色々やって2回だけ紙くずになりましたけど、そのくらい恐くないですよ。ちょっとやってみるといいと思います。

なお、証券会社は手数料稼ぐノルマがあるわけですから良くないものをすすめるのがお仕事です。
話を聞いてはいけません。そのくらいなら野村ホールディングスの株を買います。
もちろん買うタイミングの分析法はあります。

投資信託も持ってますけどあんまりもうからないし、信託の仕組みとか理解できない→電話帳みたいな目論見書を受け取っても読んでも解らないから面白くないです。

外貨も持ってますが、なかなか面白いです。しかし今おいしい外貨は難しいですよ。
国際情勢とか為替取引とその国の金融政策とかわかるので面白いです。
FXなんて複雑なものぜんぜん理解できないので手を出せません。
    • good
    • 128

まず、金融商品の事を少し勉強すると良いですよ 



私は安全資産として個人向け国債・定期預金・円建て社債
リスク資産として 投資信託 ETF等を資産配分しています。

個別株やFXは自分にとってリスクが高いのでやりません

又投資信託は今の時代積立で500円や1000円から出来る時代です。
はじめから大金を運用しないで勉強してからにした方が良いです。

金融商品の基礎的な事を理解しましよう

参考URL:http://fixed-deposit.com/index.php?go=EkPQC2
    • good
    • 67

現在特に使う予定もない、とあるのがいいですね。

投資向きです。(逆に使う予定があるならば、そのお金は投資には不向きです)

おすすめは、No.1さんの意見にもありますが、その中からさらに「なくなってもいいと思える額」を分けてみてください。100万か、あるいは50万くらいでしょうか。決まったら、それで株でも投信でも、今あなたが興味のあるものを買ってみてください。最初に決めた額以上には損しません。投資を勉強するにはこれが一番です。(外貨でもよいです。先物はダメ)

ただし、それで損した分はすっぱりあきらめてください。この勉強代とひきかえに、あなたには生きた投資の知識が身につきます。人からただで教わる銘柄情報などはたいてい枝葉末節で、「生きてない」ので注意してください。
    • good
    • 63

確実で上手な資金運用法(錬金術)を格安にて譲渡してます業者がおりますがいかがでしょう?

    • good
    • 181

定期預金は新生銀行のキャンペーン金利(1年:1.1%、5年:1.7%)等を利用するとか。



http://moneisjp.blog23.fc2.com/blog-category-19. …

株はリスクがあるといいますが、個人的には日本円の現金/国債のほうが最大のリスク資産と考えています。今は株が安いので国内株のインデックスファンド、外国株のインデックスファンド等に少しずつ投資していくのがいいでしょう。

日本政府の借金は1000兆円もありGDP比でいくとダントツで世界一です。
日本国内だけで資産を持つというのはかなりのハイリスクで国債や日本銀行券が紙切れになることも考えられます。
まったく無い話ではないと思いますのでドル建て、ユーロ建ての資産に分散しておくのがいいと思います。

http://moneisjp.blog23.fc2.com/blog-category-4.h …
    • good
    • 34

現在はアメリカのサブプライム問題で金融界は混乱していますので、


しばらくは様子見が賢明かもしれません。
ただ膨大な借金を抱える日本の財政事情を考えれば全ての金融資産を日本円で持つことは非常に危険なことは確かです。とりあえずドル、ユーロに分散しておいたほうがいいでしょう。
ちなみに私はドル預金(外国にある銀行)、現物(希少性のあるもの)
日本株式に分散しています。
    • good
    • 30

無理にリスクを背負う必要は無いので、引き続きの運用がよいかとおもいます。


株等はイメージではなくリスクがかなりあります。時間も奪われます。

家購入等を目標にして更なる貯金を目指してみては如何でしょうか。
    • good
    • 27

1000万円到達おめでとうございます。


30歳で1000万円、コツコツ貯めるのは相当な困難であったと思います。

現在特に使う予定がない、ということであれば長期投資をお考えということでしょうか。
個人的なおすすめでは新興国株式投資信託なのですが、リスクをあまり取りたくないということであれば株式投資は避けた方が良いでしょう。

資産保全を第一に考えるならば、変動型個人向け国債を購入するのが一番かと思います。
定期預金、固定国債は金利変動(インフレ)に弱いので、長期間の投資としてはあまりおすすめしません。現在の固定国債や定期預金は1%程度ですが、1年程度ならともかく5年、10年となると今後どのように金利が変動するかわかりません。それは大きなリスクです。
対する変動国債はインフレに強い商品ですので、安心して保有できます。
もちろん、永遠にデフレが続けば固定国債の方が結果的に利回りがよかった、ということになるのでしょうが、景気が悪いとはいえさすがに現在水準から全く金利が全く上がらないという事態は考えにくいでしょう。

といった所です。
    • good
    • 47

 極力、定期預金にしておき、その間に資産運用についてじっくり勉強しましょう。



 自分で勉強するしかありません。そのほうが、損したときでも納得いくでしょう。
    • good
    • 98

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1000万円あったら何ができますか?(仕事)

今の会社がアレな状態なので遅かれ早かれ辞めようと考えています。
普通に転職する方向でほぼほぼ心は決まっているのですが、
1000万円程の貯金を使って別の生き方をするのもありかな?
なんて、ふと思ったので質問してみました。
(本気で考えているわけではないので、気軽にお答えください)

私は自営業で好きな店を始めることくらいしか思いつかなかったのですが、他にどんなことができますかね。
起業カテゴリで質問してみましたが、起業以外のことでもOKです。

Aベストアンサー

自営業者です。

1000万あれば、個人事業のレベルなら大抵の事はできますよ。
お店系なら、コンビニでも、美容室でも、趣味のショップでも、ラーメン屋でも、独りでやる小さな居酒屋でもOKです。
地方だったら300万が目安になるかと思いますが、都内でも1000万なら十分だと思います。
1000万を頭金にして金融機関や政策公庫から融資を受ければ、もう少し大きな事業も可能かもしれません。

1000万あれば大抵の開業は容易ですが、長く続けるのが大変な訳で、利益を出せないといずれ行き詰まります。
ちなみに、開業するための資金だけでなく、軌道に乗るまでの運転資金や生活費も含めて資金計画を立てる事が重要です。

あと、若くて法律や会計に興味があるなら、年間生活費250万で専業受験生になって3年以内に士業の資格を取って、残った250万で開業するという方法もありますが、今のご時世士業の資格があるからといって成功が約束される訳ではありません(弁護士でさえ困窮している人もいます)。
自己投資系に使うなら、資格以外に留学という手もありますが、帰国後にどうやって生計を立てるか具体的に計画して取り組む事が大事ですね。

語学とバイタリティに自信があるなら、物価が安くて日本人に人気のある国へ行き、日本人バックパッカー相手のゲストハウスを経営するというのもアリです。
ただ、物価が安い=経済水準が低い=治安が悪い、という場合も多いので、その点は自己責任でお願いします。
必ずしも経済水準と治安が反比例する訳ではありませんが、1000万持って経済水準の低い国へ行けば周囲の人とは著しい経済格差がある訳で、その上土地勘がないという状態では、仮に治安の悪くない国でも詐欺や殺人などの犯罪に巻き込まれる可能性は高くなりますので、それなりの覚悟が要ります。

>本気で考えているわけではないので

会社が「アレな状態」では毎日面白くないでしょうし、いつでも独立できるという思いを心の支えにしたいという事でしょうか?
まあ、1000万あれば独立の選択肢は無限にあるので、その点は安心して下さい(成功できるかどうかは別問題ですが)。

本気で考える際には、年齢、性別、お住まいの地域(最低限、地方か政令指定都市か首都圏かは明記)、これまでに経験した仕事、興味のある事、家族の有無、これまでの年収、欲しい年収などを明示して、再度質問することをお勧めします。
あと、どんな事をしたいのか、具体的でなくても「人の役に立ちたい」とか「大儲けしたい」とか「慎ましくていいので楽に生きたい」といった程度でも書いた方が、回答しやすいです。
自営業はモチベーションが続くのが大前提ですから「やりたい事」というのも意外に大事です(もちろん好きなだけで成功できる訳ではありませんが)。
あと、一般に年齢は若い方が有利です(例外はありますが)。

私はサラリーマン経験のある自営業者ですが、独立して良かったと思ってます。
まあ、運に恵まれて飯を食えているから、そう思えるのでしょうけど。

最後に一言「成功できるかどうかは最後は運次第。でも、運が巡ってきた時に掴めるのは、自分を信じて努力し続けた人だけ。」という一言を贈りたいと思います。

自営業者です。

1000万あれば、個人事業のレベルなら大抵の事はできますよ。
お店系なら、コンビニでも、美容室でも、趣味のショップでも、ラーメン屋でも、独りでやる小さな居酒屋でもOKです。
地方だったら300万が目安になるかと思いますが、都内でも1000万なら十分だと思います。
1000万を頭金にして金融機関や政策公庫から融資を受ければ、もう少し大きな事業も可能かもしれません。

1000万あれば大抵の開業は容易ですが、長く続けるのが大変な訳で、利益を出せないといずれ行き詰まりま...続きを読む

Q1000万以上預金ある人、ペイオフ対策どうされてます?

1000万以上預金ある人、ペイオフ対策どうされてます?

普通預金→当座預金

にすれば絶対必ず100%安心・安全というのは本当だと思いますか?

各銀行に1000万ずつ分けるってのも面倒なんだよね。

といって株や投資信託や金銀でハイリスクハイリターンに挑む気もまったくしない。

タンス預金も火事や泥棒で万一のことがある。。。

結局当座しかないのかな?

みなさんどんな工夫されてますか?

Aベストアンサー

国内の銀行格付けNo.1の地方銀行に、1000万円を少し超えて預金してます。
そこがつぶれるなら、その前に他の日本の銀行すべてなくなっているでしょう。

あとは、ゆうちょ、農協、ネットバンク、労働金庫などに、1000万円以下で分散させてます。
どこも家から近くにありますし、別に面倒ではありませんが…。

>結局当座しかないのかな?
いくら低金利とはいえ、当座では利息0ですからもったいないですよね。

Qみずほ銀行の大口定期預金について。1000万を大口定期預金に1ヶ月預け

みずほ銀行の大口定期預金について。1000万を大口定期預金に1ヶ月預けたとして
金利が0.05%つくということは、一ヵ月後には1050万円になっているということでしょうか?
全く無知ですので、ほんまにそんなうまい話があるんかいな?と思って質問させていただきます。

それから、あなたなら自由にできる1000万があったら、やっぱり定期預金しますか?
普通預金にしとくのは勿体でしょうか???
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

年利0.05%とは、1万円を1年間預けて5円の利子が付く事を意味します。
ですから1000万円を1ヶ月ですと、5000÷12で416円(実際には1年を365日とする日割計算)になり、更にこれから税金を2割差し引くので、330円程度です。
私なら、1000万円を外債投信に信託し、年間平均で3~4%の利回りを目指します。(円高差損に備え責任準備も積みます)

Q貯金が2000万円!どうしたら?

不幸があり相続で2000万円の現金が口座にあります。

どのようにしたら有効活用できるのでしょうか?

みなさまのアイデアを下さい。

FX、株取引などは何もわかりません、、、。

Aベストアンサー

 
銀行の定期預金 !!

少ないが、必ず毎年利子が付いて増えます。

 

Q銀行への貯金は1000万円までは安全?

現在1つの銀行に1000万円位貯金してます。
ある方に1つの銀行に貯金するなら1000万円までにし、複数の銀行に分けた方が良いとアドバイスを受けました。
理由はもし銀行が潰れた場合、1000万円までは保証されるとのことです。

本当なんでしょうか?
1億円ある場合は、10銀行の口座が必要になり、管理が面倒のような気がしますが。

ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ハイ。建前上は、そのようになっています。
大半は保全されるでしょう。そう信じたいし、そうあらなければなりません。
さて一つ疑問です。あなたが銀行からお金を借りようとします。
貸してもらえるでしょうか?長年の付き合い以外は、きっとノーです。
仮に担保を差し入れて借りれたとしても、よくわからない貸出先はリスクが伴います。
だから金利は高く設定されます。
さて、あなたが預金を仮に1000万定期に入れたとしましょう。
仮に銀行が破綻した場合、あなたは担保を取ってますか?
破綻予測があるならリスクが伴いますがリスク相応に見合った高金利預金をを設定されてますか?
預金保険機構のペイオフ、これは個別銀行が破綻した場合です。
一度に何十も連鎖的に破綻した場合、さて?誰がこれを保障するんでしょう?
法的云々以前に、保障する資金を考えてみると良いでしょう。
一行二行程度の破綻なら保障される確率は高いでしょう。
しかし、一度に何十件が破綻するような場合はペイオフ過信は禁物です。
何故なら、無担保で銀行に低金利で貸し出したと同じ預金をした自己責任ですから。

Q銀行の預金。金利が0.6%で5年間1000万円を普通預金にしました。5年後に1000万円と6

銀行の預金。

金利が0.6%で5年間1000万円を普通預金にしました。

5年後に1000万円と60万円の利息が付いていました。

なぜですか?

どういう仕組みですか?

1000万円と30万円じゃないのは何故???

Aベストアンサー

1000万円の0.6%/年では6万円です。なので、
単利の場合、利息は1000×0.6%×5年=30[万円]です。
1年複利の場合でも、1000×1.006^5-1000=30.36[万円]です。
なので、「60万円の利息」はあり得ません。
何か他の特典があるはずです。
でなければ、銀行の計算ミスで大儲け? 追究しないほうが良いかも。

Q貯めた500万円の貯蓄方法

昨年末でようやく500万円貯金が出来ました。銀行やろうきんの普通口座に入れてあります。今後数年間は特に使う予定もないのですが、定期預金にしても利息も期待できないので、今は特に何も考えずに普通口座に貯金しています。全く知識がないのでよくわからないのですが、少しでも貯金を増やすためにもっと賢い貯蓄方法があれば、どなたか是非アドバイスください。何もわからないど素人な私ですが、是非勉強させていただきたいと思います。何卒、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。500万円達成おめでとうございます^^
500万円で、今後数年間は特に使う予定もないとのことでしたら
あなたのリスク許容度にもよりますが、
いろいろな運用方法が取れるかと思います。
まず、あまり投資の経験がないとうことでしたら

・100万円程度はいざという資金としていつでも解約できる短い期間の定期預金
・300万円は中期的で、金利の良い定期預金
(すでにいろいろ回答されていますが、イーバンクや
お近くの信金さんなんかで探せばあるはずです)
・100万円は外貨や投資信託、株式など。

外貨は投信などは、一般的にドルコスト平均法といわれる、まとめてドカンと買うのではなく、
すこしずづ追加していく方法がよろしいかと思います。(買値が平均化され、リスクが軽減されます)

ぜーーったいにリスクは嫌だと言われるのでしたら
定期預金なんかで固める方がいいかとは思いますが、
これからの時代運用はご自身の知識、経験しだいですので
少しづつ勉強されるのがいいでしょう。
昔みたいに、ほうっておいて増えることはないですので・・・。
逆に知識があれば株式だって怖いものではありません。
大損をしている人はたいてい第三者から見て無謀な運用手法を取っている人です。

また、運用に手数料はつきものですが、
金融機関によって安い高いがありますので
比較し、検討されるのが良いと思います。

こんにちは。500万円達成おめでとうございます^^
500万円で、今後数年間は特に使う予定もないとのことでしたら
あなたのリスク許容度にもよりますが、
いろいろな運用方法が取れるかと思います。
まず、あまり投資の経験がないとうことでしたら

・100万円程度はいざという資金としていつでも解約できる短い期間の定期預金
・300万円は中期的で、金利の良い定期預金
(すでにいろいろ回答されていますが、イーバンクや
お近くの信金さんなんかで探せばあるはずです)
・100万円は外貨や投資信託、...続きを読む

Q3000万円を元手に資産運用したいのですが…

30台前半の独身♀です。
今手元に3500万円ほどの余裕資金があるのですが、このお金を60歳までに6000万円ぐらいに増やしたいと考えています。
(もしくは、私が60歳になった時に、金利だけで食べていける状況になれるのが理想です。)

元本割れが怖いので、現在は手堅くネット銀行の定期預金(金利1%程度)に預けているのですが、もっと効率の良い、賢い運用方法はないものでしょうか…?
このままでは、到底目標金額までには及びそうにありません(汗)

土地を買う、骨董品を買う、金を買う etc.…
株は身近で成功している人が少ないため、正直怖い印象があります。

全くのノーリスクは皆無だとは思いますが、『長い目で見れば必ず増える』という資産運用方法がありましたら、教えて頂けると嬉しいです。

…余談です。
将来、結婚→離婚した場合。
私のこの財産は夫婦共同の財産として、財産分与の中に含まれてしまいますか…?
結婚前にコツコツ貯めたお金なので、なるべく旦那には秘密にしておきたいのですが…。(´・ω・`)

Aベストアンサー

> 今手元に3500万円ほどの余裕資金があるのですが、
> このお金を60歳までに6000万円ぐらいに増やしたいと
> 考えています。
 25年後に目標額達成する為の平均金利は?
 6千万円÷3千500万円≒1.71倍
 1.71=X^25
 終価係数表から 約2.18%でのポートフォリオを組めば可能。
そうすると、リスクに関する許容の内容で投資する物が見えてきます。仮に、失敗のリスク率が高くても良く、為替リスクと国際リスクを許容するのであれば「外国国債(長期)」か「外国国債のファンド」で十分可能。
⇒米国国債「ゼロクーポン債」
 http://www.daiwa.jp/products/bond/afr/tzr/index.html

> 全くのノーリスクは皆無だとは思いますが、『長い目で見れば
> 必ず増える』という資産運用方法がありましたら、
> 教えて頂けると嬉しいです。
・必ず増える物は無い。過去の実績は将来の約束ではない。
・企業が儲かれば株価は上がるが、物価も上がるので、実質的価値は下がり易い。
・貴金属やモノは原則として金利を生まないが、実質的価値は維持される。

> 今手元に3500万円ほどの余裕資金があるのですが、
> このお金を60歳までに6000万円ぐらいに増やしたいと
> 考えています。
 25年後に目標額達成する為の平均金利は?
 6千万円÷3千500万円≒1.71倍
 1.71=X^25
 終価係数表から 約2.18%でのポートフォリオを組めば可能。
そうすると、リスクに関する許容の内容で投資する物が見えてきます。仮に、失敗のリスク率が高くても良く、為替リスクと国際リスクを許容するのであれば「外国国債(長期)」か「外国国債のファンド」で十分可...続きを読む

Qあと10年くらい使う予定が無い200万円があります

地道に積み立てしていたお金が200万円になりました。
このお金は10年くらい使う予定がありません。
このまま通帳に入れておく予定でしたが200万円貯まった記念に運用してみたいと考えるようになりました。
しかし私は知識が無く、勉強しようにも何から始めて良いのかわかりません。
ハイリスクな事は望んでいないのですが、何か少しずつでもいいので増やせる方法があれば教えていただきたいです。また、お金の勉強を始めるには先ず何から手を付けるのが良いのか教えていただけたら助かります。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>運用してみたいと考えるようになりました。

これは「お金を使ってお金を増やす」ということですよね?
しかもただ預けておくだけでなく「自分の腕(能力)で」。

であれば「実力ではほぼ無理」「勉強代としてお金が減る可能性大」「増えるとすれば運」「天賦の才があるなら別」です。

たとえば「お金を使ってお金を増やす」ことを専門に行なっている人・法人があります。「ヘッジファンド」です。

『ヘッジファンド』
http://www.exbuzzwords.com/static/keyword_1492.html

ときおりニュースショーなどで紹介されるヘッジファンドのイメージは「楽々と」「お金でお金を稼いでいる」印象がありますが、以下の「ヘッジファンドの通信簿」をご覧になってみてください。

『HFRX Indices』
https://www.hedgefundresearch.com/hfrx_reg/index.php?fuse=login_bd

様々な運用方法があるので細かく分類されています。
意味はわからなくても良いです。数字を見れば「楽々と」稼いでいるかどうかは歴然としていると思います。

日本では1990年のバブル崩壊から20年余り、「円安に備えろ」「海外に目を向けろ」と言った論調が強く、勉強熱心な人ほど積極的に「外貨預金」や「海外不動産投資」などを行なっていました。

しかし、結果は悲惨なものです。
歴史的円高で「外貨預金」の大半は惨敗。
米国不動産の場合は「サブプライムショック」「(円高)ドル安」でダブルパンチです。

ドル/円(50年)
http://stooq.com/q/?s=usdjpy&c=50y&t=l&a=lg&b=0
米国不動産価格推移
http://www.zillow.com/local-info/#{scid=mor-site-topnavlocalsub}&metric=mt%3D34%26dt%3D1%26tp%3D5%26rt%3D14%26r%3D102001%26el%3D0
※リンクが切れるのでコピー・貼付けでご覧ください。

もちろん運良く儲けた人もいたはずです。
FXという為替取引で「ドルを売る」という取引をしていれば上記のチャート(グラフ)と全く逆の損益になっています。

円/ドル
http://stooq.com/q/?s=jpyusd

伝統的な投資商品では「金(きん)」でしょう。

『東京工業品取引所 金価格(円建て)』
http://sakimono.hsfutures.com/chart/index.asp?tcode=050&mcode=53&ashi=T
※先物チャートですが値動きは現物も同じです。

「投資信託」であれば以下のような銘柄でしょうか?
※期間「10年」、「分配金込み」でご覧ください。

『チャイナオープン』
http://www.morningstar.co.jp/FundData/Chart.do?fnc=1994101401
『(オーロラF) タイ投資F 』
http://www.morningstar.co.jp/FundData/Chart.do?fnc=1995091801
『(オーロラII) 東欧投資F』
http://www.morningstar.co.jp/FundData/Chart.do?fnc=1996071203
『JF ザ・ジャパン 』
http://www.morningstar.co.jp/FundData/Chart.do?fnc=1999121502

ただし、上記投信は例外中の例外。しかも今後の利益は一切約束されていません。

投信の問題点は「信託報酬」といういわゆる手数料が毎年かかることです。高いものだと3%くらいのものもあります。
毎年3%ずつ資産が減っていくわけですから生半可な利益では資産など増えません。

金や投信は元本割れの可能性もありますが、元本保証の代名詞「日本国債」の成績もなかなかです。(国家が全額保証しているので安全性は銀行預金よりも上です。)

『長期国債利回り推移(過去3年・10年)』
http://www.bb.jbts.co.jp/data/index_kinri.html

安定して1%強の利回りを維持していました。
海外に投資したり信託法報酬でぼったくられた「勉強熱心」な投資家よりも、「超安定志向」の「不勉強な」投資家が勝ったわけです。

>ハイリスクな事は望んでいない

投資においてのリスクとは「危険」ではありません。
「不確実性」つまり「予測不能の度合い」ということです。

「未来予測」はどんなに勉強しても上手になりません。
できるのは投資商品の「不確実性」を比較できる目を養うことです。

>何か少しずつでもいいので増やせる方法

「元本保証」を望むならば「銀行預金」か「国債」くらいしかありません。
企業が発行する「社債」も倒産さえしなければ元本保証です。

「債券」より利回りが良くて一見安全そうなものも調べればきちんとリスク(不確実性)が隠れています。
おいしい話があるなら銀行など機関投資家(お金儲けのプロ?)が好き好んで雀の涙のような利子の国債を積極的に買うはずがありません。

なお、本屋にいけば「日本が破綻する」「国債が紙くずになる」という類の本がたくさん並んでいます。
それをどう判断するかはもう「人生観・世界観」の問題になってきます。

>お金の勉強を始めるには先ず何から手を付けるのが良いのか

「お金の勉強」については上記のとおりです。
「元本保証」にこだわるなら選択肢そのものが少ないですから、さして勉強は必要ありません。

「リスク商品」も検討するなら、最初に「払っても良い勉強代」を決めてください。身になる勉強にはお金がかかります。

5万円でも10万円でもいいです。なんなら1万円でもいいです。
とにかく身銭を切って「これをなくすと痛い」という金額を用意してください。

そしたら証券会社に口座を開きます。(だいたい無料です。)
小額取引の手数料無料のM証券(ネット専業)あたりでいいでしょう。
そしたら「日経平均のETF」というものを1万円でもいいので買ってみてください。
「銘柄コード:1321(日経225連動上場投信)」が売買が多くて良いでしょう。(今なら9000円あれば一口買えます。信託報酬も0.22%以下です。)
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=1321

全く意味がわからくて大丈夫です。(むしろ不安がある方がいいです。)
どんなに損しても0円以下(マイナス)にはなりません。
ネット証券なら営業電話も一切かかって来ませんので安心して下さい。
「特定口座&源泉徴収あり」にしておけば面倒な税金の申告も無用です。

ETFを買った段階で「自分が何をやっていて」「自分のお金がどうなるのか」放っておいても詳しく知りたくなるので調べずにいられなくなります。新聞やニュースの経済情報も気になりだします。

疑問があったらWeb検索で調べ、ここで質問などしてみれば良いでしょう。

これで最初のステップは完了で投資について学ぶとはどういうことかが分かるようになります。

-------------------
「気が向かない」「面倒」と思われるなら銀行預金か国債を購入して日本の将来が良くなるような生き方を心がけるのが良いと思います。

※不明点、間違いなどありましたら遠慮無くご指摘ください。

『欧州ヘッジファンド閉鎖の波続く』
http://bit.ly/vCS8Zc
『解約停止・閉鎖となったヘッジファンド一覧』
http://bit.ly/u2plDp

『投資教育が教えない禁断の四択問題 』
http://diamond.jp/articles/-/13759
『金融マーケティングの何に気をつけたらいいか』
http://diamond.jp/articles/-/13903
『投資信託のリスクを防ぐ初心者ガイド』
http://www.j-kurasi.com/
『【第1回】 なぜ銀行や証券会社は低コストで楽な投資法を個人投資家に隠すのか!? 』
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1860.html
『隠れた「お宝商品」に見る悲しい投資環境』
http://www.nikkei.com/money/column/jiyujin.aspx?g=DGXNMSFE1300M_13092011000000
『インデックス投資はなぜ良い投資成果を残せないか?』
http://markethack.net/archives/51784535.html

長いですがよろしければご覧ください。

>運用してみたいと考えるようになりました。

これは「お金を使ってお金を増やす」ということですよね?
しかもただ預けておくだけでなく「自分の腕(能力)で」。

であれば「実力ではほぼ無理」「勉強代としてお金が減る可能性大」「増えるとすれば運」「天賦の才があるなら別」です。

たとえば「お金を使ってお金を増やす」ことを専門に行なっている人・法人があります。「ヘッジファンド」です。

『ヘッジファンド』
http://www.exbuzzwords.com/static/keyword_149...続きを読む

Q株で儲かっている人ってどのくらいいるの?

最近、株で儲ける系の本とか雑誌が氾濫し、株式市場が賑わっているようですが、実際のところファンダメンタルズだのテクニカル分析など学んで儲けている人ってどれだけいるんでしょう?

ファンダメンタル的な指標は、あくまで過去のデータの蓄積にすぎないし、テクニカル分析は現実の株価の動きに適合しずらい気がします。


ボクはこういった本全般は、ただひとえに証券会社が儲ける為の大規模な宣伝活動でしかなく、また、一部の株で運よく儲けた人達の思い込みで構成された、印税目当ての出版にすぎない気がするのです。


だれか、ファンダメンタルズ、もしくはテクニカル分析を駆使して本当に儲けている人がいれば、教えて下さい。

また、逆にそれらを使っても全くダメでした、こんなに存しちゃいましたという人にも体験談をいただければと思います。

Aベストアンサー

デイトレを煽るような本がたくさん出ていますが、それは確かに証券会社の宣伝活動と結びついていると思います。デイトレで儲かるのはよほどの才能がある人だけかなーって思います。

でも、優良会社が何らかの理由で安くなっている時に買ってしばらく辛抱して持っていれば儲かります。スズキショックの時のスズキを拾って1年半くらい持ってましたが、中級の新車1台分くらい儲かりました。
反日デモの時、拾った銘柄もいい儲けになりました。

株投資歴3年目のど素人です。一応、ファンダメンタルとテクニカルは
見ています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報