あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

11月いっぱいでアルバイトを辞めました。
先日、11月分の給与明細を郵送するよう求めましたがまだ送られてきません。
もう少し待ってみますが、先に質問させてください。

アルバイトを辞めた人は給与明細を貰う権利はないんですか?
会社は辞めた人に給与明細を提出する義務はないのですか?
去年分はすでに時効ですか??
そもそも、給与明細とは会社が労働者に対して絶対に発行しなければいけないものなんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

給与明細の発行義務について法律で定めたものはありません。


ですが、源泉徴収票の発行については義務付けられていますし、就業中は給与明細をもらっていたのであれば、会社に郵送を依頼するのは特に間違った行為ではありません。

質問者様のかつての就業先が、どのような給与締日で、支払日はいつで、、、などの状況によっては、発送が遅れる場合も経理の都合上発生する場合もあります。・・・とはいえ、そろそろ送られてきても良いかと思うのですが。。。

勝手な憶測ではありますが、源泉徴収票を一緒に郵送しようとして遅れているのかもしれません。源泉徴収票は必要な書類ですので、そちらの郵送依頼をされる際に、給与明細についても再度、お願いしてみてはいかがでしょうか?

この回答への補足

源泉徴収票とは何ですか?
それは毎月出されるものですか?

ここの給与明細には、「支給」「控除」の欄があって、「控除」の欄には「所得税」「年末調整還付」などが記載される欄もあります。
これは給与明細と源泉徴収票が一緒になっていると考えていいのでしょうか?

補足日時:2008/01/22 03:35
    • good
    • 0

はい相手に渡す義務があります


ないなら違法になるもの・・・
    • good
    • 3

#1です。

源泉徴収票についての補足依頼がありましたので参りましたが、既に回答されている方がいらっしゃいましたので^^;
(補足いただき、ありがとうございます>f-kafka様)

と、既に説明いただきましたとおり、給与明細以上に源泉徴収票は大事なものなので、そちらを理由に催促するのが良いかと思います。

「着払いでも結構ですので」と、金銭的負担をかけないように(少々、皮肉な言い方でもありますが、、、)、そのくらい困っているという点をアピールされたほうが良いかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

また来ていただいて有難うございます。
明日にでも連絡してみます。

お礼日時:2008/01/22 23:31

金銭トラブル防止のために、給与明細は発行されます。



どんな社風のアルバイト先なのかわかりませんが、
細かい話ですが、給与明細を送るには郵送料(80円~)や
給与明細書式(2円~)などの事務経費がかかります。
「取りに来てください。」という企業もあります。

辞めた人より、在職中のバイト・新しくバイトする人に
経費をかける企業もあります。

雇われた側としては、記録のために欲しい所ですが、
そこはなかなか難しいところですね。


すでに送られている可能性もあるかもしれません。
普通郵便の場合、未着の可能性があるので、
前のバイト先に穏便に質問することをお勧めします。
一度問い合わせてみましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/22 23:29

こんにちわ。



#1さんがおっしゃるとおり、源泉徴収票と同封しようとしてるのかもしれません。・・・が、これまた同じく、もう送ってきててもおかしくない時期ではありますが。。。

源泉徴収票とは、その会社があなたに対して1年間(1/1~12/31)、どれだけ給与を支払ったか、どれだけの税金・社会保険料を天引きしたかを証明する書類です。明細に書かれている「控除」の欄とは別物です。
その源泉徴収票をもって、必要であれば確定申告をします。確定申告は1年間の所得税を確定させるもので、その時多く払いすぎていたら返金されるし、足りなければ追加で納めます。
質問者様がどのような環境(扶養状況や収入状況)か分かりませんが、仮に複数バイト等していて他にも収入があったり、今回辞めたバイト先で何ヶ月か所得税を控除されていて、且つ年間の収入が少ないような場合、確定申告は必要になります。

給与明細よりもむしろこちらの方が重要です。
確定申告するので、とでも言って、早めに送ってもらいましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりました。
詳しく説明していただき有難うございました。

お礼日時:2008/01/22 23:27

給与が1円でも出ている以上、たとえ退職したアルバイトでも明細はもらって当然です。


郵送されていないのは怠慢です。
もう少し待つとか言わず、すぐにでも催促しましょう。

私は15年以上、某有名ショップで店長をしていましたが、退職したアルバイトの給与明細は必ず送っていましたよ。たとえ入社1日でバックレたアルバイトでも。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

わかりました。
有難うございました。

お礼日時:2008/01/22 23:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバイト先で給料明細がもらえない。

今働いているバイト先で給料明細がもらえません。
働いているのは大手の書店です。
以前給料明細が欲しいといったところ、年末に源泉徴収票をもらいました。
毎月の給料明細が欲しいのですが、バイト先(店長)に何と言えばいいでしょうか?
あまりバイト先との関係を悪くしたくないので、何と言うか迷っています。
またバイト先は給料明細を渡す法的義務はないのでしょうか?

Aベストアンサー

源泉徴収されていたり、社会保険等に入っていて天引きされている場合は、それぞれの関連法に明細発行が義務付けられています。もちろん、年末の源泉徴収票とは別です。
所得税も、社会保険も、何も引かれていない場合は明細発行義務はありません。なぜか、労基法には毎月の発行義務は無いんだな。(退職時等ならある)

Q会社に給与明細を出させるには税務署に言うべき?労働基準監督署?

 うちの会社は毎月の給与明細をくれません。ある程度経つとたまに何ヶ月分かをまとめて渡してきます。
ただ その明細はコピー用紙にプリントアウトしただけの代物です。誰でも自宅で作成できるもので まったく確証性がありません。

 しかし、そんなものでももらえなければ その月の自分の給与所得、またそこから引かれる源泉徴収や厚生年金やらすらはっきりしません。
 おまけに源泉徴収の額も税額表とは異なる額を取られているときがあるのでやはり、明細がないと安心できません。
 さすがに源泉徴収票はくれるものの、それとあわせてそれまでの明細をくれる、ということがないので源泉票の額が実際の額と合っているかもわかりません。

  
 そこでご存知の方にお聞きしたいのですが、
1:「雇用主は明細を出す義務はない」というこの規定  は 従業員などから明細を出してくれと言われても  出さなくても良し、とされるものなのでしょうか?
  何度も社員からは明細を出すよう嘆願があるにもか  かわらず かたくなに拒まれます。

2:こうしたことを相談するのは税務署になるのでしょ  うか?労働基準監督署のほうがいいのでしょうか?

3:公務員をしている人間がその会社の「オーナー」を しているのですが、(つまりは副業です)これは違法 ですよね?「オーナー」であれば法律上 ひっかから ないのでしょうか?
  
 確定申告の際に、源泉票の額があっているかどうかをみるのに必要なときでさえ、明細をくれません。
本当に従業員 一同困っています。
 どなたか教えてください。お願いします。

 うちの会社は毎月の給与明細をくれません。ある程度経つとたまに何ヶ月分かをまとめて渡してきます。
ただ その明細はコピー用紙にプリントアウトしただけの代物です。誰でも自宅で作成できるもので まったく確証性がありません。

 しかし、そんなものでももらえなければ その月の自分の給与所得、またそこから引かれる源泉徴収や厚生年金やらすらはっきりしません。
 おまけに源泉徴収の額も税額表とは異なる額を取られているときがあるのでやはり、明細がないと安心できません。
 さすがに源泉徴...続きを読む

Aベストアンサー

労働基準監督署の方は#1さんが詳細に書かれている通りですが、税務署の方も所得税法に反していますので言えるべきものと思います。

該当の所得税法を掲げます。

(給与等、退職手当等又は公的年金等の支払明細書)
第二百三十一条  居住者に対し国内において給与等、退職手当等又は公的年金等の支払をする者は、財務省令で定めるところにより、その給与等、退職手当等又は公的年金等の金額その他必要な事項を記載した支払明細書を、その支払を受ける者に交付しなければならない。

これについて、具体的内容を所得税法施行規則で次のように定めています。

(給与等、退職手当等又は公的年金等の支払明細書)
第百条  法第二百三十一条 (給与等、退職手当等又は公的年金等の支払明細書)に規定する給与等、退職手当等又は公的年金等の支払をする者は、同条 の規定により、次に掲げる事項を記載した支払明細書を、その支払の際その支払を受ける者に交付しなければならない。
一  その支払に係る法第二百三十一条 に規定する給与等、退職手当等又は公的年金等の金額
二  前号の給与等、退職手当等又は公的年金等につき法第四編第二章 (給与所得に係る源泉徴収)、第三章(退職所得に係る源泉徴収)又は第三章の二(公的年金等に係る源泉徴収)の規定により徴収された所得税の額(法第二百二十二条 (不徴収税額の支払金額からの控除及び支払請求等)の規定により控除された金額を含む。)
三  法第百九十一条 (過納額の還付)の規定により還付した金額
(以下省略)

ですから、所得税法では、少なくとも毎月の給料に対しては、支払額と源泉徴収税額が記載された明細書を会社が交付する義務があります。
(社会保険料の控除額についても#1さんが書かれているように義務付けられているようですね。)

これについては、所得税法で次のように罰則規定もあります。

第二百四十二条  次の各号のいずれかに該当する者は、一年以下の懲役又は二十万円以下の罰金に処する。ただし、第三号の規定に該当する者が同号に規定する所得税について第二百四十条(源泉徴収に係る所得税を納付しない罪)の規定に該当するに至つたときは、同条の例による。
(第一号~第六号省略)
七  第二百三十一条(給与等、退職手当等又は公的年金等の支払明細書)に規定する支払明細書を同条に規定する支払を受ける者に同条の規定による交付をせず、又はこれに偽りの記載をして当該支払を受ける者に交付した者
(第八号~第九号省略)

ですから、明らかに会社は所得税法に違反している訳(後でまとめて交付すれば良いものではなく、その都度交付すべきものですので)で、税務署にその旨と今までの会社の対応等を強く伝えれば、税務署が動くはずと思われます。

労働基準監督署の方は#1さんが詳細に書かれている通りですが、税務署の方も所得税法に反していますので言えるべきものと思います。

該当の所得税法を掲げます。

(給与等、退職手当等又は公的年金等の支払明細書)
第二百三十一条  居住者に対し国内において給与等、退職手当等又は公的年金等の支払をする者は、財務省令で定めるところにより、その給与等、退職手当等又は公的年金等の金額その他必要な事項を記載した支払明細書を、その支払を受ける者に交付しなければならない。

これについて、具...続きを読む

Q去年の給与明細が欲しいんですけど・・・。

去年12月の給与明細が欲しいんですけど、申告すればもらえるものなんでしょうか??

Aベストアンサー

なぜ給与明細が必要なのでしょうか?そこが問題ですよね。
本当に「明細票そのもの」が必要なのか?「証明書」に記入する為に金額(数字)だけ知りたいのか?それによっても異なりますよね。

確かに給与明細なら会社の総務とか人事に言えば、出してくれないこともないと思いますが、実務担当者から言わせて貰えば、データがシステム化されてるような企業でもない限り、倉庫へ行って昨年の全社員の給与明細の中からあなたの分を見つけて、コピーを取るなり、白紙の給与明細に手書きで写すなりの労力が要るわけですよ。
それが仕事だっていわれると困りますが、それだけが仕事ではないので、かなりの負担なんです。
給与明細票を必要としている理由が「入社してから今まで全部残しておいたのに、昨年の12月分だけ紛失してしまった」とかいうような、さしあたってせっぱ詰まった理由でないのなら、丁寧にお断りしたいですね。それか発行するにしても他の仕事が一段落してから時間のある時に腰を据えてやりたいっつーのが実状です。

なにか給与証明とか、どこかに提出する為に必要というお話なら、なにも給与明細そのものでなくとも、証明書みたいなものに金額だけ書けば済むんだし・・・。

給与明細の再発行は可能ですが、なるべくベターは方法を探して下さい。

なぜ給与明細が必要なのでしょうか?そこが問題ですよね。
本当に「明細票そのもの」が必要なのか?「証明書」に記入する為に金額(数字)だけ知りたいのか?それによっても異なりますよね。

確かに給与明細なら会社の総務とか人事に言えば、出してくれないこともないと思いますが、実務担当者から言わせて貰えば、データがシステム化されてるような企業でもない限り、倉庫へ行って昨年の全社員の給与明細の中からあなたの分を見つけて、コピーを取るなり、白紙の給与明細に手書きで写すなりの労力が要るわけ...続きを読む

Q私が行かなきゃダメなんですか?

先月、会社を退職しました。

給与明細と一緒に、離職票等の書類を送ってもらえるか、
思っていたのですが、全く届く気配もなく・・・

ハローワークに行って調べてもらったところ、
雇用保険の加入がされてない状態で(保険料は払っている)、
加入と脱退の届けの会社側に依頼するように、と言われました。

そこで会社側へメールをし、雇用保険の加入、脱退の手続き、
離職票、源泉徴収票の作成、雇用保険被保険者証、給与明細の郵送を
お願いしました。そして、会社側からの返事は、来週手続きに行くから
その後取りに来て欲しい、ということでした。
私からすれば、顔を合わせたくないので会社には行きたくありません。
郵送ではダメなのでしょうか??

会社側が手続きを怠っているのに、私に取りに来い、と言われるのも
不思議です。こういったケースでも、私が取りに行かなくては
いけないのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 #2です。お礼を拝見しました。

  >期間が短かったため、雇用保険の受給資格はないのですが…
  6ヶ月未満の退社、もしくは短時間労働で12ヶ月未満と言う
 ことですね?

 今度就職するところで、1年間は辞めない、もしくは辞めさせられない
のであれば別に不要です。

 雇用保険を受給なさる場合は、離職票に、あなたのサイン、押印が
必ず必要です。(複写になっているので、企業にも控えが残る。)
企業ではOKと言われても、職安でまた貰ってくるように指示されます。
 立会い不要の会社もあります。(と言うことは、企業の書いたことに
「異議なし」ということになります。)
 

 たとえ短期間しかかけていなくても、次に働いた企業でフルタイムの
場合保険期間のトータル月数が6ヶ月を超えると、今回の企業の退社日から
1年間であればカウントに入るので、離職票をもらうことを推奨します。
 なお、今回は該当しなくても、1年以内なら必要になることが
発生した場合、また前の企業に書いていただかなくてはならないので
今の時代貰っておく方が無難ですよ。


 中には、辞めた会社に行くことがイヤで雇用保険受給を断念する
方も少数居られるみたいです。
 精神的にも厳しいですが、かんばって行くことを私はオススメします。

 経験者でした。

 #2です。お礼を拝見しました。

  >期間が短かったため、雇用保険の受給資格はないのですが…
  6ヶ月未満の退社、もしくは短時間労働で12ヶ月未満と言う
 ことですね?

 今度就職するところで、1年間は辞めない、もしくは辞めさせられない
のであれば別に不要です。

 雇用保険を受給なさる場合は、離職票に、あなたのサイン、押印が
必ず必要です。(複写になっているので、企業にも控えが残る。)
企業ではOKと言われても、職安でまた貰ってくるように指示されます。
 立会い不要の会...続きを読む

Q制服を返すときのマナー

こんにちは。
辞めたバイトの制服を返しに行きたいのですがその際に気になる部分がいくつかあるので質問させて頂きます。

返しに行くときの連絡は、前日の連絡がいいのですか?時間などもはっきり伝えた方がいいのでしょうか?それともその日に「今から返しに行きます」でいいのでしょうか?

また従業員の時は裏口から入っていたのですが、裏口も表口も誰もいない状態の時が多いです。(接客中は)
裏口から入るつもりでいましたがその場合、ただ置いて帰っても大丈夫でしょうか?
それとも接客終わって誰か来るまで待ってた方がいいのですか?

教えてください^^;

Aベストアンサー

クリーニング代は会社の経費ですからする必要はありません。制服によって会社は金儲けを目指していたのですから。
汚したら、洗濯機で充分。

客ではないから裏から入るのが普通ですが、従業員ではない、やめた人間なので必ず声をかける、事前に連絡する、勝手に入ってはいけません。無断で置いていくのもまずい。紛失した場合はあなたの責任になります。手渡し等、必ず会社の人間の確認が必要。面倒なら郵送(送料は自腹だけど)

Q給与明細書、源泉徴収票、雇用保険被保険者証が貰えないまま退職

2ヶ月間働いていたアルバイトを辞めました。1ヶ月分の給与明細書、源泉徴収票、雇用保険被保険者証を貰っていません。正社員ではありませんでしたが所得税区分は甲欄で、所得税、雇用保険が給与から引かれています(1ヶ月分は給与明細書を貰っていないのでどうなっているか分かりません)。経営者とはもう口も聞きたくないので電話もしたくありません。貰って当り前の物、取り戻せる物は何とかしたいと思います。こうゆう場合どうしたらよいものでしょうか?アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

源泉徴収票は、給与の支払者に交付義務が有り、年の途中で退職した場合はね1ケ月以内に交付する必要が有ります。
返信用の切手を貼った封筒を同封して、送附を依頼しましょう。
それでも、会社が源泉徴収票の交付をしない場合は、所得税法違反ですから管轄の税務署に連絡をして、会社を指導勧告してもらうことが出来ます。

年内に、次の会社で働く場合は、源泉徴収票を勤務先へ提出すれば年末調整で1年間の所得税の精算がされます。
ただし、扶養控除等申告書を提出しないと、年末調整を受けることが出来ません。
年末調整を受けられない場合は、来年確定申告をすれば、年収が103万円以下であれば、控除されている源泉税が還付されます。

雇用保険に加入していた場合、雇用保険被保険者証も本人に交付する必要が有ります。
源泉徴収票と一緒に請求しましょう。
なお、雇用保険被保険者証は無くても、次の勤務先で
その旨を伝えれば、継続して加入手続きをしてもらえます。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/yousiki/soukatu/annai/23100017.htm

源泉徴収票は、給与の支払者に交付義務が有り、年の途中で退職した場合はね1ケ月以内に交付する必要が有ります。
返信用の切手を貼った封筒を同封して、送附を依頼しましょう。
それでも、会社が源泉徴収票の交付をしない場合は、所得税法違反ですから管轄の税務署に連絡をして、会社を指導勧告してもらうことが出来ます。

年内に、次の会社で働く場合は、源泉徴収票を勤務先へ提出すれば年末調整で1年間の所得税の精算がされます。
ただし、扶養控除等申告書を提出しないと、年末調整を受けることが出来...続きを読む

Q辞めた後、返却物と一緒に

頑張れれば頑張りたいのですが、肉体的、精神的に持たなそうなので、
今年いっぱいで、今の仕事(パート)を辞めようと考えています。

制服や、その他返却するべきものは、年が明けてから返そうと思うのですが、
その際、会社の人には会いたくないので、店に送ろうと思います。
また、会社の締め日は15日で、25日に給料日なので、
今年末で辞めた場合、12/16~31までの給料は、来年1月25日に支払われ、明細書も配られるはずですが、
やはり会社の人には会いたくないので、返却物と一緒に、
切手を貼った封筒を入れて給料明細書を郵送してもらいたいと思うのですが、勝手でしょうか?

なぜ会いたくないかというと、会えば冷たい態度を取られそうな気がするからです。
年明けは大体1/2から仕事なので、
今まで、他のパートさんはみんな同じ日に休みの希望を出し、社員と私だけ出勤という状況でした。
(上司がそれでも仕事は回ると思ったからそうなったのでしょう、
私も休みたかったのですが、
他の人が早い時期からいっぺんに希望を出すので言い出せませんでした。
他の人のことも考えず、自分勝手だなぁと私は思いました)

私が年末に辞めて、新しい人が入って来ない場合、
他のパートさんは、正月に休めず、私を見た途端、きっと恨みの気持ちを持つと思うからです。
今まで陰で色々言われているのも知っているし、
信用できない人が多いので会社には顔を出したくないのです。

私の考えている方法に、まずい点はあるでしょうか?
ご指摘ありましたらよろしくお願いします。

頑張れれば頑張りたいのですが、肉体的、精神的に持たなそうなので、
今年いっぱいで、今の仕事(パート)を辞めようと考えています。

制服や、その他返却するべきものは、年が明けてから返そうと思うのですが、
その際、会社の人には会いたくないので、店に送ろうと思います。
また、会社の締め日は15日で、25日に給料日なので、
今年末で辞めた場合、12/16~31までの給料は、来年1月25日に支払われ、明細書も配られるはずですが、
やはり会社の人には会いたくないので、返却物と一緒に、
切手を貼った...続きを読む

Aベストアンサー

>私の考えている方法に、まずい点はあるでしょうか?
ないと思います。
ただ、疲れてしまうので
そこまで気を配らなくても大丈夫ですよ♪

まず、制服等の返却物を宅配便で送るのは よくあることです。
それと 給与明細書の郵送は 会社側で行うことなので
切手を貼った封筒は必要ないと思います。

給与明細書の他にも源泉徴収表や
会社保険や雇用保険に関わる書類(加入していた場合)が
会社側からmimosukeさんへ提出されるので
どちらかと言えば それらの書類のついでに郵送されるって感じなので
切手の事など気にしないで下さい。
ただ、切手代等をケチって「書類取りにきて~」等と言われたら
忙しくて等と 適当にごまかせばいいのですよ。

あと4ヶ月ですね、
大変なこともあると思いますが どうか頑張って下さい。

Q給与明細はいつ配られますか?

私は何の疑問も無く、基本的には給料日に配られるものとばかり思っていました。
ところが、バイト先で給料日より2~3日前に渡される事があったので、驚いて社員さんに、振込みが早くなるのか聞きましたら、いつもと同じとの事。「何で明細が先に来るんでしょうね?」と聞いたら「別に普通でしょ?うちの家族も給料日前に貰ってくる事あるよ」と言われとても驚きました。

私が過去に社員だった時や、バイトをしていた時、また自分の夫も給料日にしか配られていません。ですからいまだに半信半疑です。給与計算を仕事でしていたことがあるので、明細が早めに出来上がっているのは、知っています。その時は給料日までは上の人が持っていて当日に本人に渡していました。


給料日前に明細が配られるのは割と普通の事なんでしょうか?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前、店舗勤務の社員をしてました。

給与明細については、会社から早く届いた時は早めにアルバイトスタッフに渡してました。

なぜなら、社員が渡し忘れたり、きちんと金庫に保管していても紛失等があると困るからです。
ま、要するに責任逃れです。渡した後で給料日前に本人が紛失しても店には責任はないよ…と。渡す時に、受領のサインや印鑑ももらってました。

振り込みは給料日当日ですので、何ら問題はないと思います。

ですので普通に有り得る話だと思いますし、逆に当日までもらえないところは責任や管理がしっかりしていると思えばよろしいのではないでしょうか?

Q給与明細の渡され方について

何らかの形でお勤めされている方に質問です。
給与明細は、どのように渡されますか?

封筒に入れてあったり、袋とじの封筒になっている、
自宅に郵送されるなど、他の人の目にさらされにくい形で
渡されるなど、いろいろあると思います。

しかし、先日まで友人が勤めていた会社では、
プリントアウトされたものを、そのまま裏返しにして
渡されるだけだったそうです。
しかも本人がいないと机の上に置いておかれます。

最近は誰かが指摘したのか、封筒に入るようになりましたが、
封筒の口を折るでもなく、封筒だけ回収されたとのこと。

エコといえばエコですが(笑)、常識的に……どうもモヤモヤします。

このような明細の渡され方は普通なんでしょうか?
小さな規模の会社なら、わからないでもないですが、上場企業です。

Aベストアンサー

たまたま人事で給与や賞与など実務を担当してきた者に過ぎません。

給与支給担当もあり、給与支給日の前日にそれぞれの部門長に何度もチェックして当たり前のことですが、部門ごとに複数で再度確認し、もしその部署で有給休暇あるいは外出や出張などで、ご本人や部門長も社内にいない場合は人事で金庫に明細を保管して、部門長に連絡をし、必りず手渡しが大原則です。

また部門長が不在の場合は連絡の上、その上司である理事や役員などに支給日当日にひとりひとり「ご苦労様」など一言いただき、明細を確実にお渡しし、休職などの方は親展は当然で、また郵送で書き留で送りました。

店舗や支店も同様です。システム上前々日やその前には明細自体は印刷しなければいけないということや、印刷中で高速印刷でガラス面があっても用紙で見えないようにする、あるいはその設置場所なども配慮してきました。

全国に2,000名の店舗で、事前に店長に送付し当日に同様のことを依頼するのが慣例になっていました。同じく上場企業です。
しかし上場や非上場でも零細会社でも同様で、給与は労働の対価であり、賞与とは性質が違う面もあるので、「ご苦労さん」と言ってもらえるだけで、当然仕事中でも自然に「ありがとうございます」と席を立って、両手で受け取るように自然となるものかと思います。
会社の規模など関係なく、関係あるとすれば規模や従業員の少ない会社であるからこそ配慮などがあって当たり前ということも思いました。
また従業員の態度や士気向上にもつながる面があります。
たった一言ですが大切なことだと気づきました。別にわざとらしく機械的ではなく端的に一言あれば随分雰囲気も次第に変化すると思います。
会社が支給してやってるのだから、などといったことはなく、むしろご苦労だったな…など様々です。そんなに時間がかかる訳でもありません。

袋閉じで開封するための折り目と切り取りのミシン線が入った形です。
従来は封筒に明細を入れ、封筒に貼るための印字シールをつけ社員やパート、アルバイトの方の社内で使う番号と氏名、○月分など封筒に入れてシールになっていましたが、あまりに時間がかかるのでシステムが変わると同時に上記のようになりました。しかし手渡しが原則で、受け取りサインももらうようにしていました。これで誰に渡していないかという万が一のミスなど防止が目的です。
本人がいない場合は部門長にサインを代行していただいておりました。

あくまで会社のモラルや常識度の問題かと思いました。

あくまでアドバイスにもなりませんが、参考程度にでもなれば幸いです。

たまたま人事で給与や賞与など実務を担当してきた者に過ぎません。

給与支給担当もあり、給与支給日の前日にそれぞれの部門長に何度もチェックして当たり前のことですが、部門ごとに複数で再度確認し、もしその部署で有給休暇あるいは外出や出張などで、ご本人や部門長も社内にいない場合は人事で金庫に明細を保管して、部門長に連絡をし、必りず手渡しが大原則です。

また部門長が不在の場合は連絡の上、その上司である理事や役員などに支給日当日にひとりひとり「ご苦労様」など一言いただき、明細を確実...続きを読む

Q試用期間中の即日退職(パート)

今月半ばからスーパーにパートとして入りました。現在は試用期間中(3ヶ月)で勤務4日を終えてみて情けない話ですが、自分には向いていないと感じ退職したいと考えています。

つきましては直属の上司である店長に直接辞意を伝えるのが当然というのはわかっているのですが、勤務中はとても忙しいですし、閉店後は閉店後で事務所や休憩室には他のパートの方や社員がおり話を切り出しにくい状況です。

このような場合、電話で辞意を伝えるというのは許されるでしょうか?

労働契約書には試用期間中の3ヶ月の期間の記載があるのですが、試用期間いっぱい勤めなければならないでしょうか?因みにこの契約書を含めた入社時の書類はまだ提出しておりません。

保険関係も未加入ですので4日分のお給料を辞退して即日退職できればと思っているのですが、就業規則では自己都合退職は一ヶ月前までに退職願を提出となっています。即日退職は難しいでしょうか?

Aベストアンサー

やはり社会人として直接辞意を伝えられたほうが良いと思います。私も現場の長として採用にかかわっています。3日3月3年と言いますが、入社3日ほどで矢張り自分には向いていないと辞められる方が1割程度いらっしゃいます。外から見たら簡単そう、でもやってみたら意外と大変。という事はある事だと思います。試用期間中という事ですので、退職願いは1か月前でなくて良いです。社会保険の手続きは入社時の書類未提出という事なのでしていないと思います。あとは自己都合による退社という事が分かるように退職願いをかいてください。尚、4日分の給料は辞退できません。まともな会社なら給料振り込み用の銀行口座届書かなにかあるはずです。監査があった時に給料不払いの指摘を受けると大変なので、きちんとしてください。ちなみにわが社では3年間応募書類は保管します。ですので、私の会社ではアルバイトだろうと書類が全部提出されないと就業できません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング