そもそも流れ星はどうして発生するのでしょうか?
突然軌道からはずれてしまうなんて不思議で仕方ありません。

それから、例えば1光年先の星が流れ星になったとします。
この流れ星の光は1年かかって目に届くので、見えている流れ星
は、見た時点から1年前に起こったものと考えていいのでしょうか?

どなたか詳しい方回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

みなさんの回答に補足させていただきます。


「流星群」と言われるものの多くは、「彗星」の軌道の中に地球が入って起こります。

「彗星」は太陽の周りを廻る間に、自らが融けたり壊れたりして様々な「ゴミ」をばら撒いています。
言わばその「ゴミ」のベルト(帯)と、太陽を回る地球の公転軌道が重なると、その「ゴミ」が地球の大気にぶつかって発光し「流れ星(流星)」と言う現象になります。

「しし座流星群」など星座の名の付いた流星群は、地球が「ゴミ」のベルトと交差したときに大量の「流星」となって地球に降り注ぐわけですが、地球上ではその交差した地点を中心に「流星」が放射状に飛ぶように見え、その「中心」となるところにたまたま「しし座」があって、あたかも「しし座」を中心に放射状に広がる「流星群」のように見えているわけです。決して「しし座」の星が飛んでいるわけではありません。

なんだか夢を壊しているような感じになりますが、現在では以上のように考えられています。
でも考えたら恐ろしいですね。
彗星の軌道と地球の軌道が「交差」しているわけですよ。
タイミングが悪ければ・・・衝突!?。
    • good
    • 0

>流星群っていうのもやっぱり宇宙のチリなわけですか?


流星群も同じです。量が多いだけです。
チリが地球の大気圏に入ってまぁ燃えているわけです。
    • good
    • 0

流れ星は、数百キロ以内の上空で起こります。

砂つぶ程度のチリが大気圏に突入します。

宇宙から見ると、上空から、流れ星を見下ろすことが出来ますよ。

↓宇宙から見た、しし座流星群です。
http://www.leonid.arc.nasa.gov/leonidnews25.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
流星群っていうのもやっぱり宇宙のチリなわけですか?
それとも発光して動いている物体なのでしょうか?

お礼日時:2008/03/14 06:18

No1の方も仰っていますが、流れ星は地球の引力に捕まった塵が大気に突入する時、すごい摩擦力で燃えて光るのです。



ですから、そのときに見える光はそのときに起こったものです(^^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結構近くで起こっている現象なんですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/14 06:13

 誤解があるようですが、夜空に見える星(恒星)が突然流れ出すのではありません。


 流れ星は、彗星などが軌道上を無数の塵を放出しながら移動するのですが、その塵が地球の大気に突入して発光したものです。
 詳しくは、下記サイトの「概要」をよく読んでください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%81%E6%98%9F# …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうだったのですか。勘違いをしていました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/14 06:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいるかのイラストのフリー素材を探しています

いるかのイラストまたは写真のフリー素材を探しています。マイクロソフトのクリップアートは見ましたがいいのがありませんでした。そういうイラストサイトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

http://emu.main.jp/

http://www3.to/doldol

上の二つは、いかがですか?
duckcallさんの、好みの素材が、見つかるといいですね☆

Q千葉県で流れ星を見ることは不可能?

中学生まで静岡市に住んでいました。
その頃一度だけ流れ星を見たことがあります。
天体観測などではなく、日常の中で、何気なく見上げた空に見ました。
夫は大学の4年間神奈川にいた以外は、千葉県北西部の住宅地に住んでいますが、一度も見たことがないそうです。
千葉は工場も多く、空気が汚れているから、見ることができないんだといいますが、
全く見えないのでしょうか?
○○流星群は別として、です。

確かに地方の方が見える確立は高いでしょう。
でも私の住んでいたのは、静岡市といっても清流の流れる山の中ではありません。
高速道路も通っていますし、住宅地にすんでいました。
また、たとえ空気のきれいな田舎でも、広いところに寝転がってずっと空を眺めていたのならともかく、普段の生活で流れ星を見つけることは、そんなに多くないと思うのです。

私は単に、空を見上げる回数の違いだと思っていますが、どうでしょう?

Aベストアンサー

流れ星にもピンからキリまであって、大都会の真ん中でも見ることができるほど大きな流れ星もまれにはあります。
ただ、ふだんの星空で見かけることができるものは、たいていくらいものですから、より夜空がくらい場所で観察した方が流れ星を目撃できる可能性はずっと高くなるでしょう。
「なんとか流星群」でなくとも、流れ星はくらい夜空では一時間に5こや10こは見られるものです。
千葉県の北西部でもじっと夜空を眺めていれば一時間に数個の流れ星に巡り会うことは可能だと思います。

Qイラスト用フリー素材のサイト知りません?

今日の午前中にパワーポイントでプレゼン資料を作る羽目になってしまいました。(泣)

できるんだろうか・・・・・・
<他人事みたい

もし、フリー素材のサイトをご存知でしたら、教えて下さい。
特に人のイラスト(ちょっとマンガ風)なら、うれしいです。
たとえば、歩いている姿とか、バンザイしている姿勢etc...

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フリー素材のサイトをちょっと検索してみました。
下記に何点かURLを紹介します。
検索サイトで紹介されているフリー素材をあたってみてはどうでしょうか。

○使える!!イラスト・素材集
 http://www.unyuroren.or.jp/home/menu/otoku/illst/cut.htm
○イラスト・写真のリンクです。(検索サイトより)
http://dir.lycos.co.jp/computer_internet/internet/authoring/image_collection/photo_illustration/

http://search.goo.ne.jp/computers/00665/00770/00784/00787/

Q地球が火星の軌道近くに発生したとしたら大気はどうなるのか。

もし、地球が火星の近くに存在したらどうなるのでしょう。大気は火星の大気とほぼ同じになってしまうのでしょうか。太陽からの紫外線が、どのように放射平衡温度に結びついていくのか。圧力はどうなるのか。彗星などの隕石によって、水はそのまま蒸発や凍ることや昇華することなく、液体のまま存在できるのか。酸素は、存在できるのか。いろいろ考えてみましたが、糸口が見つかりません。よろしければ、質問に答えていただきたい。その際に参考文献などございましたら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
こんな難しい問題に答えることのできる人はいないと思えます。

地球を、火星の軌道まで動かしてみて、どうなるか試さないと分からないとも云えます.無論、その前にシミュレーションを行うことが可能でしょう。

地球が火星の軌道辺りに移動して変化するのは、まず二つのことです。一つは、太陽からの距離が、1.52天文単位ほどになるので、太陽定数が、2.3分の1ぐらいに減るということと、もう一つ、好転周期が長くなり、1年が686日ぐらい、30日を一ヶ月とすると、20ヶ月ぐらいが1年になるということです。

これが、どういう効果になるのか、よく分かりません。地球の自転周期や月の公転周期はとりあえず変化しません。日食が起こりやすくなるということがありますが、これは、そんなに大きな影響があるとは思えません。

太陽からの輻射エネルギーが、2.3分の1になるということは、光合成が減るとかいう以前に、地球大気上空に、火山の噴火による微粒子のヴェイルがかかり、地表への到達熱量を減少させたと同じ効果ぬなるはずです。

まず、「寒冷化」が最初に起こってくるはずです。大気や、大陸、海洋などの惑星学的な熱平衡や循環平衡はどうなるのか、シミュレートできるはずですが、まったく分かりません。

地球の自転軸の軸傾斜はそのままですから、季節が異常に長くなります。これがどういう効果になるのか分かりませんが、夏と冬のあいだの温度差が大きくなるということは出てきます。どちらの季節も、長期間継続するので、冬は、より長く続き、寒冷は蓄積され、夏は暑さで同じことが起こります。

大気は、地球が引力で維持しているものなので、地球の質量が同じなら、とりあえず、失われることはないと思えます。

全体的な寒冷化と同時に、大気の循環運動がより緩やかになると思われます。熱エネルギーの局所性を均衡させるため、地球大気の循環運動は起こっているわけで、元になる熱エネルギーの総体が、2分1以下になると、例えば、熱帯低気圧の持つエネルギーが、小さなものになるはずです。

しかし、大気循環は、極地域と赤道地域のあいだのエネルギー差の均衡のために起動されているとすると、同じぐらいの強度かも知れません。

地球の場合、熱循環もあるからかも知れませんが、太陽からの輻射エネルギー総量が数%とか減少するだけで、目に見えて、寒冷化効果が出てきますから、半分以下になると、間違いなく、氷河時代に入ります。365日のバイオリズムを強く維持しようとするような生物は滅びるか変質するでしょう。

過去100万年ほどの氷河期よりも、もっと極端な氷河期が訪れ、ユーラシア大陸の北半分は氷河に覆われ、アメリカ大陸は、赤道近辺が温帯になって、現在の合衆国の大部分は氷河に覆われ、南アメリカも、南部分半分ほどに氷河生じる可能性があります。

100万年ほどの氷河期のあいだ、植物の分布域は相当に変化し、縮小されていましたが、それで地球の大気成分に目立った影響・変化があったとは云えません。大気組成を明確に変化させようとすると、億年のオーダーの持続的な変動が必要なのでしょう。

従って、大気組成は、それほど変化せず、氷河期が非常に大きな規模で発生し、地球はほぼ氷の惑星になるでしょう。気候が安定するまでのあいだ、気象に大きな異常が起こる可能性もあります。

約6000万年前ほどの新生代と中生代を画期する時代変化は、気候変化と、全体的な寒冷化の影響だと思え、海中生物も多数が滅びています。その意味では、この寒冷化で、かなり多数の種が滅び、しかも、生来的に、太陽輻射が元に戻ることは見こめないので、生物相の多様性の回復は難しいでしょう。

大気の循環現象は、現在よりも、緩やかな規模で、長期間に渡るゆっくりした変化になるだろうという推測ぐらいしかできません。大気組成や大気密度は、そう簡単には変化しないというのは云えそうです。
 

 
こんな難しい問題に答えることのできる人はいないと思えます。

地球を、火星の軌道まで動かしてみて、どうなるか試さないと分からないとも云えます.無論、その前にシミュレーションを行うことが可能でしょう。

地球が火星の軌道辺りに移動して変化するのは、まず二つのことです。一つは、太陽からの距離が、1.52天文単位ほどになるので、太陽定数が、2.3分の1ぐらいに減るということと、もう一つ、好転周期が長くなり、1年が686日ぐらい、30日を一ヶ月とすると、20ヶ月ぐらいが1年に...続きを読む

Q官公庁HPにWord等フリー素材のイラスト掲載は?

官公庁に勤めています。


担当部署のホームページを修正する役割を任ぜられたのですが、上司にイラスト等を挿入し、見やすくしてくれと言われました。

そこで、著作権等に抵触することなく、利用者が見て楽しく、わかりやすいホームページにするには、何を利用すればよいかを教えていただきたく思います。


自分なりに調べると、Wordの「クリップアート」か、ネット上の「著作権フリー素材」ならば著作権等の問題なく掲載できるのではないか、と思いました。

広告代理店勤務をしていた友人に相談すると、「Wordの方はまぁ問題ない、著作権フリーの方はなんか微妙かなぁ。」とのこと。「自分の会社のHPならどちらも使っていたが、役所はどうかなぁ。」とも言っていました・・・。


どなたか、このような役所と著作権等の兼ね合いにお詳しい方、どうぞお知恵をお貸しください。
私としては、Wordのクリップアートだけでも使えれば問題ありませんが、著作権フリーのものが使えれば、なお良いなとは思います。

また、イラストの加工は全くするつもりはありません。
そのほか、もっと違った切り口でイラスト掲載できるような方法があれば、そちらもお教え願います。

どうぞよろしくお願い致します。

官公庁に勤めています。


担当部署のホームページを修正する役割を任ぜられたのですが、上司にイラスト等を挿入し、見やすくしてくれと言われました。

そこで、著作権等に抵触することなく、利用者が見て楽しく、わかりやすいホームページにするには、何を利用すればよいかを教えていただきたく思います。


自分なりに調べると、Wordの「クリップアート」か、ネット上の「著作権フリー素材」ならば著作権等の問題なく掲載できるのではないか、と思いました。

広告代理店勤務をしていた友人に相談すると、「Wor...続きを読む

Aベストアンサー

官公庁HPでも企業HPでも、「著作権フリー素材」ならば著作権等の問題ないと思われますが、
心配でしたら、「著作権フリー素材」を製作者に、メールでの承諾確認をしたほうが良いですね。

「著作権フリー素材」の使用目的は原則個人を対称にしていると思われますので、政府(役所)や企業で使う場合は、「著作権フリー素材」が收入等に繋がる使い方と判断されますので、「著作権フリー素材」の使い道に承諾しているかどうかは、「著作権フリー素材」製作者に確認して下さい。

そう言った事から、友人は「自分の会社のHPならどちらも使っていたが、役所はどうかなぁ。」っと言われた物と考えられます。

正直に申告すれば、「著作権フリー素材」製作者さんは丁寧に返事してくれると思います。
「著作権フリー素材」製作者さんのメールアドレスが全然分からない場合は、オールOKでしょう。
「著作権フリー素材」は個人使用に限るとか、收入目的に使う事は禁止とか、フリーでも使い道に条件をつけていないかよくご確認下さい。
 
 
P.S.
ANo.1さんの回答は悲しい回答ですね。
 
 
 

Q楕円軌道と円軌道

本日、天文衛星「すざく」が楕円軌道から予定されていた円軌道に投入されたとのニュースを見ました。
そこで、軌道について質問なのですが、
静止衛星は円軌道、同期衛星や回帰衛星には楕円軌道を描くものもありますよね。
どのような場合に円軌道で、どのような場合に楕円軌道、という線引きはできるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
「円軌道」は地表との「距離(高度)を確保するため」、
「楕円軌道」は地表との「周期を確保するため」、
このような目的で選択されているのではないでしょうか。

「円軌道」は高度が一定ですので交信や地表観測全般に適していますし、「楕円軌道」は同期衛星や回帰衛星に使われ、ある一定の周期で元の場所に戻って来るために調性されています。地表観測衛星の多くが円軌道を回っているようですが、決して楕円軌道が地表観測に向かないというわけでもなく、逆にランドサットなどは楕円軌道を回ることによって精密な観測を行なっているそうです。
静止軌道は、どちらかと言えば地表との周期を確保するためのものですが、こちらはどうしても円軌道でなければ実現できません。その他に、衛星が目的の軌道に到達したり遷移したりするためには、最初は楕円軌道に投入されますよね。

Qフリー素材こんな風なイラスト。

こういうイラストの画像が置いているサイト知りませんか?

Aベストアンサー

こんなの?
https://www.google.co.jp/search?tbs=simg:CAES2AEa1QELEKjU2AQaAggBDAsQsIynCBpgCl4IAxIo_1A6iHKccoRzjG7sOnAX6BNwb-g7JI_1Ej8yPXLO8j7COzI7Yg1Cy0IxowEiXIBl4SBO_1txL3oIofw3PTv7bEMENUo5pj5cBnnwFWBtYQokfuLV2yaqFlzVYKSDAsQjq7-CBoKCggIARIEy7R6UwwLEJ3twQkaRQoFCgNhcnQKFwoVc3VwZXJuYXR1cmFsIGNyZWF0dXJlCgcKBWFuZ2VsChEKD3BlcmZvcm1pbmcgYXJ0cwoHCgVkYW5jZQw&q=angel+wallpaper+hd&tbm=isch&sa=X&ei=LlsCVZnbAYOxmAWeyoLQAg&ved=0CCgQsw4&biw=1920&bih=956#imgdii=_

画像をクリックすると、更に他の画像も見る事が出来ますよ。

Q月の公転軌道面と地球の公転軌道面の関係

月の公転軌道面と地球の公転軌道面は、同一平面状に在るのでしょうか?あるとしたら、なぜそうなっているのでしょうか?必然なのでしょうか?
同一平面上にないとしたら、どの程度の傾きがあるのでしょうか?
また、太陽系の他の惑星同士の公転軌道面は同一平面上にあるのでしょうか?なぜそうなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

初めまして。
mideさんが仰るとおり、月の軌道面の傾きは…6度40分あります。月は、他の惑星の衛星に比べて、極端に大きく、どうも、月が地球の誕生後、大彗星の衝突で地球から分化したと言われます。月は、地球の欠片だと言う説があります。
地球の水に含まれる水素の同位元素比が、彗星の水の同位元素比に極めて近い、と言われています。
通常、木星等の衛星が、自転、公転軌道面に近い軌道を動いているのは、その惑星誕生じの、塵やガスから誕生したと言われています。
それに比べ、月の軌道の角度が大きいのは、彗星の衝突が原因であるため、ぶつかった衝撃で舞い上がった塵や岩石が固まって、月になったといわれています。ですが、未だ、これぞと言う説がないのが現実です。
tntさんが申した塵は・・・たしか、月と地球とその塵を結んだ線が、正三角形になるように、つまり、月の軌道上の、地球から見て、軌道の後ろ側60度の位置に常に追尾するかたちになています。
また、太陽系の公転軌道面はほぼ一致していると言うのは、mideさんの申してる通りです。ただ、最近の研究では、冥王星が、太陽系に元々有ったのではなく、宇宙空間をさまよっていた他の惑星が、偶々太陽系の引力圏に捕まった説が有力です。
太陽系の惑星がなぜ、公転面がほぼ水平かといいますと、太陽系発生初期、塵やガス(惑星の元)が、公転面に円盤状に集積し、その後、雪達磨しきに、大きな惑星のもとに、ガスや塵が集まって、惑星になったからです。
最近の観測データで、ハッブル望遠鏡が、誕生初期の恒星でも、やはり、惑星の誕生が、公転面に集積した塵やガスから惑星が誕生しているところを観測しています。
参考になさって下さい。

初めまして。
mideさんが仰るとおり、月の軌道面の傾きは…6度40分あります。月は、他の惑星の衛星に比べて、極端に大きく、どうも、月が地球の誕生後、大彗星の衝突で地球から分化したと言われます。月は、地球の欠片だと言う説があります。
地球の水に含まれる水素の同位元素比が、彗星の水の同位元素比に極めて近い、と言われています。
通常、木星等の衛星が、自転、公転軌道面に近い軌道を動いているのは、その惑星誕生じの、塵やガスから誕生したと言われています。
それに比べ、月の軌道の角度が大き...続きを読む

Qフリー素材について

代理質問ですがよろしくおねがいします。

社内の文章をWORDで作ることになり、WORD内に画像やイラストを挿入したりしたいのですが、インターネット上にあるフリー素材となっているものをWORDに挿入したりブログにアップしてしまうと著作権にひっかかってしまうのでしょうか?

それとおすすめのフリー素材を置いてあるホームページを教えてもらえないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フリー素材のサイトを管理されている人によると思います。
サイト内の規約や、ご利用上のご注意、等を熟読ください。

フリーでも、いろいろです。
 加工も、再配布も、個人の趣味ならOK
 個人の趣味ならOK。加工はダメ。
 個人の趣味ならOK。ただし、リンクを貼ることが条件
 個人の趣味で、アフリエイトまでならOK。
 ダウンロードした本人が使う時はOK。代理はダメ。
 商用もOK。
 商用はリンク。
 商用や、ある分野のサイトは使用不可。
 商用は、不可。
 メールはリンクをはればOK
商用とは
 サイト作成業者の作成代行
 金銭のやりとりが1円でもあれば、商用
 アフリエィト程度なら非商用
 お店の名前が1箇所でもあれば、商用
 郵送・料金支払い方などのページがあるサイト
 その素材をキャラクター商品にする。

ざっとあげるとこんな感じです。管理人さんによってまちまちなので、使いたいページの規約やよくある質問などを熟読して、わからなければ、メールなどで問い合わせしてください。管理人さん(=著作権者)の意に反していれば、著作権にひっかかる(?)可能性が高いです。

「社内の文章」はたぶん想定外だと思います。フリー素材はホームページ用の画質の荒いものなので、印刷というと嫌がられるかもしれません。確認された方が確実でしょうね。

フリー素材のサイトを管理されている人によると思います。
サイト内の規約や、ご利用上のご注意、等を熟読ください。

フリーでも、いろいろです。
 加工も、再配布も、個人の趣味ならOK
 個人の趣味ならOK。加工はダメ。
 個人の趣味ならOK。ただし、リンクを貼ることが条件
 個人の趣味で、アフリエイトまでならOK。
 ダウンロードした本人が使う時はOK。代理はダメ。
 商用もOK。
 商用はリンク。
 商用や、ある分野のサイトは使用不可。
 商用は、不可。
 メールはリンク...続きを読む

Q2年前に見た流れ星について

2年前の12月中旬頃だった思います。
深夜のバイトに行く為、自分の部屋を出てアパート正面にある
公共のドアを開けて外に出た途端、
正面に見える夜空に、赤い星粒が見えた瞬間スーッと、
比較的ゆっくりと左上から右斜め下に光が線となって
落ちていきました。
「あ、流れ星だ」と思い、そのまま大して何も思わすバイトに
行ったのですが、
数日後、ある事に気付きました。
「自分がアパートから出て夜空に視線が移ったその瞬間に流れ星って
流れるんだろうか?あんなにタイミング良く見る事ができるものなのか?また、流れ星ってあんなに光が大きくハッキリ見え、
ゆっくりと流れるものなんだろうか?」と。
自分はそれまで流れ星をみたことが一度もありません。
あの時見た流れ星のようなものの大きさは、夜空に見える火星くらいの大きさと明かりと色でした。
それと最も気掛かりなのが、
アパートを出て見えた夜空に一瞬星がそこにあって、
それがそのまま落ちて流れていったようにも記憶しています。
(でもこれは僕の記憶違いの可能性もあるような気もしますが、
この辺りはよく覚えていないんです)
通常の流れ星の見える大きさと早さはどのくらいのものなんですか?
僕があの日見た、落ちていく赤っぽい色をした光は本当に流れ星だったのでしょうか?
このことは知人に一度メールで書いて送った事があるだけで、
親しい人にも話した事がありません。
ですが、あれを見て以来、妙に心に引っかかっています。
どなたかこのモヤモヤした心の引っ掛かりをとって下さい。
よろしくお願いします。

2年前の12月中旬頃だった思います。
深夜のバイトに行く為、自分の部屋を出てアパート正面にある
公共のドアを開けて外に出た途端、
正面に見える夜空に、赤い星粒が見えた瞬間スーッと、
比較的ゆっくりと左上から右斜め下に光が線となって
落ちていきました。
「あ、流れ星だ」と思い、そのまま大して何も思わすバイトに
行ったのですが、
数日後、ある事に気付きました。
「自分がアパートから出て夜空に視線が移ったその瞬間に流れ星って
流れるんだろうか?あんなにタイミング良く見る事ができ...続きを読む

Aベストアンサー

「火球」だったのかも知れません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/火球

というか12月の中旬て「ふたご座流星群」のドンピシャのタイミングですね。今年は12月13日~15日で観られるようです。1時間夜空を見上げていれば数十個は見えるかもしれません。今年の夏の「ペルセウス座流星群」の時は30分で30個見えました。


人気Q&Aランキング