仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

・英語のビジネスレベルというのはTOEICで具体的な点数にすると何点くらいになるのでしょうか?またその点数を取るためにはどのように勉強を進めていけばいいでしょうか? よろしくお願いします。 
・日本語のネイティブレベルについても今ひとつわかりません。 
どなたかわかる方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

就職の募集条件についておっしゃっているのなら、早い話が、英語で日に何度かメールをやりとりしたり電話を受けたりできて、日本語で終日きちんとした敬語の使い分けができたり和やかな雰囲気を作れたり話し合いができるレベル、ということだと思います。

    • good
    • 1

こんにちは。



・英語のビジネスレベルというのはTOEICで具体的な点数にすると何点くらいになるのでしょうか?

TOEIC とビジネスの英語のレベルとは、直接の相関関係はないと思いますね。点数は、#1の方が書いたとおりなのかもしれませんが、もし、そういうモノサシが出来てしまうと、本質的なものを見失ってしまう可能性があります。

仕事を単位に考えると、TOEIC というのは、あくまでも、一部の語学力を測る試験で、それで会話をチェックされたわけでもありませんし、試験の内容をみても、一般的な会話のやり取りでしかありません。仕事の同僚とやり取りは出来ても、仕事として、お客に売り込んだり、お客に宣伝したり、というような営利を目的としたものとは、本質的に違うものだと思います。

仕事は、トレーニングの機関がなければ仕事で培うしかありません。ドイツ語圏などの人が、国際ビジネスに出る前に、独特のロジックを勉強してから、営業に出てきていることが分かります。しばらく、英語学校に通ったと教えてくれた人もいました。(新人の営業の方が、判を押したような事を言うのは聞いていて、心の中では笑ってしまいます。)

TOEICには、残念ながら、そのようなロジックやテクニックを教えるものはなさそうに思います。ただ、リスニングの会話などは、「妥当な返事・ノーマルな回答」というのを常に求められるようです。

昔、NHKのテレビ英会話で、『ビジネスワールド』という番組は、ひとつのシリーズで、一人の人のビジネスの一生分ぐらいの重みがありました。日本人がおかしそうな恥ずかしい話やら、誰でもミスする話とか、みんな実話から取った話だそうで、見ているたびに、ジワっと汗が出てきましたね。現地の宗教や社会習慣や生活習慣を、ちゃんと理解したりすることや、政府関係の人たちへの交渉とか、語学力だけでは、どうにもならないものに対して、やはり学習する必要性はあると思います。

私は、確かに語学は大事だけれども、その人のものの考え方が大事だと言うことです。中には、詐欺のような商売をする人もいます。そういう人は、概して語学は上手です。自分の考えだけを押し通そうとしたり、相手の話を無視したり、相手の言っていることを絶対に認めようとしない人たちがいます。

国際性とか、国際的なビジネス感覚は、そのような作られた試験だけでは身に着けることは無理ではないでしょうか?単にTOEICは、入り口だけのもので、その先は、また別だと思います。

・日本語のネイティブレベルについても今ひとつわかりません。

これは、経験がありますね。今、オーストラリアの人たちで、日本語をものすごく勉強している人たちがいます。大学でも、そういうところがあります。仕事の電話で、日本人だと区別が付かないのでしたが、それは現地の人でした。そこに住んでいて、こちらが聞き分け出来ないレベルに出来るものでしょうか。

ある外資系の大手の取引先のドイツ人なども、驚くほどの日本語力でしたが、逆に、不気味に思いました。私は、外国人と仕事でお会いしていましたが、あまりに日本語が上手な人は、逆に警戒します。なぜ、そこまで日本語が出来るのか、なぜ日本語を勉強したのか、相手が一般社員ではなく、取締役(Director)レベルですと、疑問に思います。日本に法人を作る予定なのか、とかんぐってしまいます。

仕事にもよりますが、そこまで、外国語としての日本語が、日本に住まないで、ネイティブレベルに出来る必要性はないと思います。
    • good
    • 0

アメリカに住んで40年目になりました。

 私なりに書いてみますね。

私も#1さんと同じ考えを持っています。 ちょっと個人的コメントを書きますので使っていただければうれしいです。

TEOIC満点の人で「しゃべれない」とはっきり言う人がいると言う事は、満天でもビジネスで使う英語力としては初級となってしまう可能性がありますね。 TOEICの点が英語力と正比例すると勘違いしている人が日本には多すぎると言うイメージを私は持っています。 文法ができれば英語も出来る、と思わされているのと同じですね。 幸運にもそれを反証する事実が簡単に見れるようになったので後はトーイックの実情を見せる必要があるという事だと思います。

確かに高い点数を出来たってダメなものはダメだと言うことではないと言う事は理解しておいてくださいね。 ただ、その逆の「絶対的なものである」と言うことでもないと言う事なのです。

試験であるある限り、点を良く取れるように「試験のコツ」を売り物にしている本や塾があるわけですからそれを利用する事も今日慮似いれて、本屋さんや図書館を利用するべきだと思います。 

しかし、上に書いたように、本当の意味での「英語を使える実力」と正比例しての点数ではないわけですから、運もあるでしょうし、試験の取り方を熟知していると言う事もあるでしょうから、実力だけである点数を取った人と、試験のためのコツでとった人とを比べると言うことが出来るわけですから、もしあなたが実力で取った組であれば、出来ないのに「コツで同じ得点を取った」人とは「同じに扱って欲しい」あるいは「就職で同じ実力があるとみなされてしまった」と言うのであれば、トーイックの実価値に疑いを持つようになると思いませんか?

目安にはなるけど実力ではない、と言う事は知っておいて損はないと思います。 そして、その点数を実力と思っている会社やそれでしか英語の実力を試す事が出来ない英語が分からない人が就職させるかさせないかに影響を与えていると言うのであれば、満点を取れば言いのかなとも思いますが、残念ながら私にはその気は毛頭ないです。 なぜなら、コツで得点を取れる、と言う事実がある以上、ばかばかしいと言う個人的思いがあるからなのですね。

数年前にアメリカの本社から来ないかと声がかかりましたが、自信を持って蹴りました。 <g>

頭の固いGからの回答でした。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。
    • good
    • 0

「英語のビジネスレベル」というのは、「ビジネスで必要な英語の


レベル」ということで解釈すれば、TOEICの公式ホームページの
資料から考えると 730点以上ということになると思います。
勉強方法というのは、点数だけのことを考えれば、その人のレベルに
応じた問題集から始めて、最終的に 730点の問題集をみっちりやれば
良いと思いますが、元々の目的である「ビジネスで通用する英語」と
なると、スピーキングも含めて総合的に学習する必要があります。
何を目的にするのかを間違えない方が良いと思います。

2番目の質問は「日本語のネイティブレベル」というのが、何を
指しているのかわかりません。何がわからなくて、何を質問されて
いるのか、補足説明をしていただいた方が良いと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日常会話程度/ビジネス会話程度/ネイティブレベル、のネイティブレベルとは・・・

こんにちは。
エントリーシートや大学院の願書などで、語学力を
日常会話程度/ビジネス会話程度/ネイティブレベル、の三段階の
どのレベルか選択して明記させる形式をよく目にしますが、
このような場合のレベルの判断、みなさんはどんなふうにしていますか?
特にネイティブレベルって、どの程度の語学力があれば言ってもいいものなのでしょうか?
あるいは、採用する立場から、どの程度の語学力を期待していますか?

私の場合、TOEICは920点ですがTOEFLではやっと250点といったところで
即戦力になるような英語力にはまだまだ、という感じです。
読み書きのほうは得意なので、それだけについて聞かれるなら
ちょっと背伸びして「ネイティブレベル」を選択しても
まあ許されるかしら・・・?(^-^; という感じなのですが、
聞く・話す能力に関しては、その三段階でいうところの
まさにビジネス会話程度といったレベルなんです。

なので、今までは、自分の聞く・話す能力の相対的な低さを無視できず、
TOEIC・TOEFLの点数を併記した上で「ビジネス会話レベル」を選択していました。
けれど、願書やエントリーシートの性質を考えると、
TOEIC900点以上のイメージというのは
もっと積極的に活用するべきなのかなとも思うのです。
TOEICに関して言えば、自分では点数の割に
実質があまり伴っていないと思ってはいますが、
それは、聞く・話す能力が私程度の人にも
920のスコアを出してしまうTOEICというテストの性質と、
それを判断基準としている企業など「選ぶ側」の問題であって、
私が気にすることではないのかもしれない・・・という気もします。
そのへんをふまえ、920点というのを後ろ盾(?)に
「ネイティブレベル」を選んでしまっていいものか、非常に迷ってます。

みなさんの場合の判断基準や経験談などアドバイスお待ちしています。
どうぞよろしくお願いします。

こんにちは。
エントリーシートや大学院の願書などで、語学力を
日常会話程度/ビジネス会話程度/ネイティブレベル、の三段階の
どのレベルか選択して明記させる形式をよく目にしますが、
このような場合のレベルの判断、みなさんはどんなふうにしていますか?
特にネイティブレベルって、どの程度の語学力があれば言ってもいいものなのでしょうか?
あるいは、採用する立場から、どの程度の語学力を期待していますか?

私の場合、TOEICは920点ですがTOEFLではやっと250点といったところで
即戦力になる...続きを読む

Aベストアンサー

外資系企業2社経験しています。
ちなみに私は、直接の職務に英会話力は必要ないため全く喋れません。

実際に、外人社員や英語の堪能な社員と一緒に仕事した経験から言わせていただければ、「ネイティブレベル」というのは言葉の通り、発音から何から、声だけ聞いていたらまるで外人が喋っているんじゃないかと思わせるほど、英語が堪能って事だと思います。
帰国子女や外国経験が長い(数年ではなく、何10年)方に多いのですが、せいぜい数年間の留学程度では、ネイティブレベルにまで英語力を高めるのは難しいと聞いています。

ただ、実際の仕事でネイティブレベルが必要な職務・ポジションとはそう多くはありません。
ビジネス上必要な特殊な言い回しや表現などがあるのかもしれませんが、メールの使い方さえ理解できれば何とかなるのではないでしょうか。
ぶっちゃけ言っちゃうと、仕事の現場で本当に必要なのは「語学力」「TOEICのスコア」ではなく「コミュニケーション能力」です。いくらスコアがよくても、仕事そのものができなきゃ意味ないし…

採用の場合、レジュメ上でTOEICの点数を申告する必要はありますが、実際は職務経歴や、外人社長などネイティブの役員との面談を通して、適材かどうかを見極めるようです。
会社によって、スコアをどの程度重要視するかは違うかと思いますが、前勤務先の場合は「不問」とのことでした。仮に、採用時の英語力が基準に達していなくても、入社後のトレーニングでちゃんとマスターできるレベルであればOK。語学力よりもやる気や素質を重視、とのことでした。

外資系企業2社経験しています。
ちなみに私は、直接の職務に英会話力は必要ないため全く喋れません。

実際に、外人社員や英語の堪能な社員と一緒に仕事した経験から言わせていただければ、「ネイティブレベル」というのは言葉の通り、発音から何から、声だけ聞いていたらまるで外人が喋っているんじゃないかと思わせるほど、英語が堪能って事だと思います。
帰国子女や外国経験が長い(数年ではなく、何10年)方に多いのですが、せいぜい数年間の留学程度では、ネイティブレベルにまで英語力を高めるのは難し...続きを読む

Qエントリーシートの語学レベルという欄。

こんにちは。早速質問させていただきます。
私は現在就職活動中で、エントリーシートを出さなければいけないのですが
エントリーシートの項目の中に「得意な語学とそのレベル」という欄があります。
私は英語は中学生レベルしか分からないし、中国語も大学の授業で習いましたが
字を見て単語だけがやっと分かる・・・・か?といった程度です。
嘘を書いても筆記試験や面接の会話などから分かってしまうと思うし
どちらにせよ嘘をつくのも上手くないのでありのままに書こうと思うのですが、
どちら(英語か中国語)を、どのような書き方で書いたらいいと思いますか?
アドバイス、ご意見お聞かせください・・・。

Aベストアンサー

エントリーシートの場合は、
大学名を記入するのでその大学を卒業する程度の英語力はあると判断されます。
なので、書くとするとそれ以上のことのみです。

質問者様は大学に行かれているのに
なぜか英語は中学レベルという点はひとまず置いておくとして、
書き方としては、「特になし」が一般的です。
「特になし」が「大学卒業程度」として受け取られます。

その他の書き方としては
「TOEIC○○点」「日常会話程度」などという一般的なものもありますが、
「簡単な英文読解は可能」などと記入することで
会話は無理でも英語の記事や論文くらいは多少読めるアピールになるそうです。

とはいっても、正直に書くべきところですね。
下手に嘘をついて面接でツッコまれても困りますし。

就職活動、がんばってくださいね。

Q一部上場とは??

タイトル通りなのですが、一部上場企業とはどういう意味でしょうか?していない企業と比べて何が違うのでしょうか??現在就活中でして、この意味がよく分からないので教えていただけますでしょうか?又、その企業が上場しているか、していないかはどうやって見分けるのでしょうか??
お返事ください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買う人がいなければなりません。このような株の売り買いをするところが株式市場です。株式市場はできるだけ大きな市場の方が売りたい人、買いたい人が多く集まるので、取引が成立しやすくなります。逆に株を売りたいときに株式市場で取引できないと買い手が見つからないので、株式を持つ意味が半減します。
日本で一番大きな株式市場が東京証券取引所(東証)です。東証にも一部や二部などがあり、一部が最も活発に取引されます。そこで、株を売りたい人や買いたい人は東証の一部に行けば、売り買いが成立しやすくなります。
ところがどんな会社の株でもここで取引ができるわけではありません。上場基準と呼ばれる厳しい基準に合格した企業の株だけが、東証の一部で売り買いできるのです。
この東証一部で株式の取引ができる企業が一部上場企業とよばれる企業です。
東証一部に株式を上場できると、株を持っている人は取引が成立しやすくなるので、株に魅力が出て株価が上がります。また、一部上場企業は財務状況の公開が求められるので、粉飾やごまかしをしにくくなり、その結果、会社の信用が増します。
色々な株式市場がありますが、日本の企業のうち、市場で株を売り買いできる企業は一部にすぎません。その中でも東証一部で株を取引できる企業はごく限られたほんの一握りの大企業だけ。つまり東証一部上場企業は企業の中のエリートと考えられるのです。

>今までどんな勉強をしてきたのでしょうか?
>そんな事も分からないような人を企業が採用するとは思えませんが?

ひどいことを言う人もいるものです。私も就職するときは、大学が理科系だったので一部上場企業とか資本金とかまったく意味が分かりませんでした。今でも私の周りには一部上場企業の意味を正確に知らない人がたくさんいますが、ボーア半径とか熱力学の第二法則とかは良く知っています。それでいいのです。就活がんばってください。

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報