痔になりやすい生活習慣とは?

 ディックという消費者金融で義父に借金があり、土地がその担保になってしまっているため、そこに家を建てることができません。銀行の審査では、そこの抵当権が外れれば借入できることになっているのでどうしても土地の担保設定を解除してもらわなければなりません。

 借金は500万円で、借りたお金は会社に貸しているため、毎月5万4千円ずつを会社から現金で受け取り、毎月滞ることなく義母が振り込みに行っています。

 相談を重ねた結果、そのお金を私たちが立て替えて全額返済し抵当権設定を解除してもらい、会社に貸し付けているお金は今後は私たちに返してもらうという形をとることにしました。
 そして義父が残高の確認と残高を一括返済するから担保を解除してほしいとディックに言いに行ったところ、それでは約束が違う、一括返済はダメだと断られたというのです。
 相談する段階で、あらかじめディックのホームページを見たら、全額返済するには違約金が発生すると書かれていたので、違約金を払えば全額返済することは可能と解釈して、全額返済の方向で話を進めてきました。ですからディックの方で「約束が違う」とか「ダメ」だなんて断ること自体がおかしいと思いますし、「それでは契約時の約束通り、規定の違約金を払ってもらえれば解除できます」となるのが当たり前ではありませんか?それとも私の「違約金」に対する解釈が間違っているのでしょうか?
 また、それどころか、「必要なときはすぐにうちに声をかけてください。いつでも貸しますから」と言われたそうです。

 500万円の借金に対して、差し入れてある担保は公示価格でおよそ4000万円の土地です。借金に対する担保価値が大きすぎるので、初めは分筆して一部解除してもらう方向で考えていたのですが、今は大きい担保を差し入れているから金利が低くなっているのでそのやり方では金利が上がってしまうと義父が言うのでそれはやめました。

 ディックの人が言っていることはやはりおかしいと思うのですが、どうなのでしょうか?スムーズに解決できる対処方法を教えてください。

 よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

知り合いはディックの不動産担保を、短期間で一括で返しましたよ?


まあ、違約金は払いましたけど。

実際、消費者金融は一括返済をきらいます。
儲けが少なくなるから。
そして、一括返済を断ることは営業テクニックの1つとして推奨されています。
なので、こういうことは結構よくあるケースです。
今後は貸金業法改正で、一括返済を断ることも規制対象となった気がします。(自信ありませんが。)
今はまだ新法の施行前だから、そういうこともあるかも知れませんね。

また、契約書に違約金の定めがどのように書いてあるのかによっても変わってくるのでしょう。その点は確認が必要ですね。
「一括弁済できない」と明記してあるのと、
「一括弁済するときには違約金を払う」と書いてあるのでは大きな違いです。
一度契約書を確認しましょう。

いろんな対応策が浮かんで、どれがいいか考えてますが。
どれもこれもケンカ半分で「スムーズ」とはいえないですね…

窓口では「受領拒否は不当だと思うけど、私には今後どうしたらいいのか分からない。ここで店員さんと言い争っても解決できなさそうなので、どうしたらいいのか弁護士会に問い合わせようと思う。また、こういう拒否が許されるのかどうか関東財務局に聞いてみようと思う。」と店員にはっきり伝えたほうがいいのではないでしょうか。

色々考えた上で、一番ソフトだと感じた方法を投稿しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
来週主人が一緒に行って、
残金全額を返してくることになりました。
また同じことを言われたら、
>受領拒否は不当だと思うけど、私には今後どうしたらいいのか分からない。ここで店員さんと言い争っても解決できなさそうなので、どうしたらいいのか弁護士会に問い合わせようと思う。また、こういう拒否が許されるのかどうか関東財務局に聞いてみようと思う。
と、言ってきてもらいます。
ただ後からわかったのですが、
どうも「違約金」について、そんなものは払わないと
義父が言ってしまったように思われます。

お礼日時:2008/05/13 10:50

規制が厳しくなって貸金業者は貸して利ざやを稼ごうとしても貸せない状況になってきています。

ので、規制が緩い時代に貸した分を返してもらっては率のいい稼ぎがなくなるので返してほしくはない。。。それが本音です。ただただ、それだけです。
当たり前のことですけど契約書のどこにも「一括返済は出来ない」とは書いてないですよねぇ。。。
一括返済を拒否する理由はどこにもありませんし、拒否されて支払が出来ないうちに、その間も発生する利息でディックが甘い汁を吸っていると考えると腹立たしいですね。

会社としてそんなことをしているのが発覚すれば、問題になります。
担当者レベルでごねているだけなら、支店長や本社カスタマーセンターに問い合わせや苦情を言ってみるあたりが穏当な手段でしょうか。
それでもダメなら、監督官庁(ディックは関東財務局になります)に苦情を申し立て、行政指導をしてもらという手もあります。
弁護士に一括返済の交渉を頼んで、がつんといってもらうのも手です。
これくらいすれば、普通はいつまでも理不尽にごねたりはしないと思いますけど。。


いざとなれば、現在残高とそれまでの利息を法務局に「弁済供託」してしまうというのもありかと。。この辺までするのなら法律家に相談をした方が安全ですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
来週主人が一緒に行って、
残金全額を返してくることになりました。
拒否されたときはみなさんに教えていただいたように対処したいと思います。

お礼日時:2008/05/13 10:52

> 一括返済はダメだと断られたというのです。


この部分が気になりますね。
一緒に行って、相手の言い分等を確認した方が良いかと。
> 4000万円の土地です。中略 義父が言うのでそれはやめました。
他にも抵当にしている等の可能性があるような。
それほどの価値の土地を担保に出来るなら、利率の高い消費者金融でなく、利率の低い銀行で借りることが出来る。
金額が大きいから、10%以上の利率の違いはすごく大きい。
何かあるのではないかと想像してしまう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
来週主人が一緒に行って、
残金全額を返してくることになりました。
行政書士の方に調べていただいた限りでは、
他の抵当に入っていることはなさそうです。
もちろん銀行での借入が一番有利だと私も思うのですが、
以前借りられない時期があり、今も、この先もずっと、
義父は自分は銀行では借入ができないと思い込んでいるようです。

お礼日時:2008/05/13 10:48

東京都庁などにある貸金業者の登録窓口などで相談すればよいと思います。

(監督官庁)

または、金融庁へ相談(監督官庁)

監督官庁はそのどちらかです。認可または許可を取り消されば仕事できなくなります。解決できると思います。
あとは消費者金融の協会などでも相談を受ける

一括返済を拒否する聞いたことがありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
来週主人が一緒に行って、
残金全額を返してくることになりました。
また同じことを言われたら、そのようにしたいと思います。

お礼日時:2008/05/13 10:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q完済後5年以上経過してからの解約手続きについて

以前アコムから借り入れがあり、5年以上前に完済しました。
JICC(日本信用情報機構)にて、完済後5年以内に開示請求した際には、
以下のように情報登録されておりました。

(1)債権情報:包括残0債権
(2)入金日:H17.8.25
(3)残高:0円

現在(H23.2.19)は5年以上経過しているため、債権情報は抹消されて
いると思っております。

しかし、これから解約の手続きを行うと、信用情報に再登録されてしまうもの
なのでしょうか?

近い将来、住宅ローンの申込みを考えており、せっかく消えた情報が解約に
よって再登録されてしまうのであれば、このまま放っておいたほうが良いのか
判断に迷っております。

どなたか詳しい方がおられましたら、ご回答をお願いします。

Aベストアンサー

>5年以上経過しているため、債権情報は抹消されていると思っております。

借金は「完済」していますが、未だ包括契約が残っている状況ですね。
分かり易く言うと、現在の借金残高はゼロ円。以後、新たに借金をする可能性がある!とね。

>これから解約の手続きを行うと、信用情報に再登録されてしまうものなのでしょうか?

借金完済での解約は、信用情報に登録されても問題ありませんよ。
申込情報(審査の合否は関係ない)とか解約情報は「半年で消える」のです。

>近い将来、住宅ローンの申込みを考えており(略)このまま放っておいたほうが良いのか判断に迷っております。

記録が残っていても「破算・任意整理・個人再生などのブラック情報とは別物」です。
金融機関は、気にしていません。
サラ金利用があっても、契約どおり(過払い請求をしないで)返済していれば大丈夫です。
ただ、住宅ローン申込時には「全ての借金をゼロ円」とすする方が良いです。
この場合、クレジットカードのショッピング利用は問題ありません。

例えば、クレジットカードも一種の包括契約ですよね。
与信枠内で、ショッピング・キャッシングが(いつでも)可能ですから。
然しながら、どの金融機関も「カードを持っているだけで、利用していない場合=借金ゼロ」と判断します。
時々、カードを持っているだけで「与信枠は借金をしているのと同じだ。審査に落ちるから、カードは解約しろ!」という都市伝説を広めている方も時々見受けますがね。
冷静に考えれば、分かる事です。

ですから、解約しても他の回答のように何もしなくても結果は同じです。
返済事故を含む金融事故を起こしていなければ、気にする事はありません。
多重債務に陥っていれば、別ですが・・・。

>5年以上経過しているため、債権情報は抹消されていると思っております。

借金は「完済」していますが、未だ包括契約が残っている状況ですね。
分かり易く言うと、現在の借金残高はゼロ円。以後、新たに借金をする可能性がある!とね。

>これから解約の手続きを行うと、信用情報に再登録されてしまうものなのでしょうか?

借金完済での解約は、信用情報に登録されても問題ありませんよ。
申込情報(審査の合否は関係ない)とか解約情報は「半年で消える」のです。

>近い将来、住宅ローンの申込みを考えて...続きを読む


人気Q&Aランキング