英語の一人称のIとはそもそもなにを意味しているのでしょうか。
I am~と言いますが、My heart am とかMy body am とは言いません。
I をほかの単語で表すとそれにつづくbe動詞は必ず is(又はare)になってしまいます。
Iっていったい何者なのでしょうか。昔からずっと不思議に思ってました。
賢明などなたかエレガントなお答えをお待ちしております。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

デカルトの話が出たので私なりの意見を。


「我思うゆえに我あり」の元になったラテン語は
“cogito ergo sum”というのですが、
「思う」にあたるcogitoも、「あり」にあたるsumもどちらも1人称単数のかたち(sumはおそらく英語のamにつながるはず)なのに、主語にあたる「私」というのが言葉に表れていません。もともとラテン語は主語をあえて表現しなくても、動詞の形を見れば「私」のことなのか「あなた」のことなのかわかるという言語です。
どうしても「私」つまり「自分」ということを強調したいときには、ego=英語のI にあたる語を使いました。
エゴというのは心理学の術語でもありますし、「エゴイスト」につながる語です。だから、もともとは「他の誰かではなく『自分』が」ということを強調するための語だったはずが、いつの間にか英語では文法上必ず必要とされる語になってしまったのではないでしょうか。根拠のない、あくまでも個人的な想像による意見です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

へーそうなんですか、ふーん。すごいことご存知ですね。そうかラテン語ってどこか日本語っぽいところもあるんですね。「あえて表現しなくても」なんてところは日本人好みの奥ゆかしさみたいなものを感じずにはいられません。
 Iの正体はおっしゃるとおりエゴなのでしょうか。そんな気がしてきました。エゴ剥き出しのときの自分はそんな自分を客観的に見る(表現する)余裕なんかないので、三人称で言い表すことができない。どうもそんなところなんでしょうか。
 またご意見をお聞かせください。大変為になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/02/19 23:02

ずばり「私」という意味なんですが、それだけです(笑)。


なぜIにはamがつくかというと多分Iとamはコンビなんです。
考えてもみて下さい。ダウンといえばタウン、ウッチャンといえばナンチャンですよね。

真面目な話をすると、英語には1人称、2人称、3人称とあります。
1人称とは自分のこと、つまりIです。2人称とは相手をいいます。younokoyodesu.つまり私が友達と話ているとき、友達は2人称にあたります。3人称とは自分と相手以外の全てです。
My heartやMybodyは3人称なんです。
そしてbe動詞にも3種類あります。
Iにはamが、youにはareが、それ以外ではそのモノが1つだったらis,2つ以上だったらareをつけます。
こういうことってあまり深く考えないので私の説明でY2a2サンが納得するかどうかわかりませんが、こういうことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またもやご親切にもご回答をいただき誠にありがとうございます。「I」についていろいろと考察しているとどんどんと新たな疑問が沸いてきます。「I」って本当にむずかしいですね。”Iis very difficult,isn't it.”あっ!is も使えました!
・・・・・・すみません。頭の中がIモードでちょっとおかしくなってきました。Iを鏡に写してみました。そこにはこちらの世界と全く同じ顔をしたIが微動だにせずこっちを見つめていました。

お礼日時:2001/02/20 23:58

全くエレガントではない、回答を(^^)。



リーダーズ英和辞典によれば、Iの語源は
OE ic=OS ik, OHG ih (G ich), ON ek, Goth. ik < Gmc. *eca, IE *ego
だそうです。

これを解読可能な日本語に直すと、
「現代英語の一人称Iは古英語の一人称icが変化したものであり、icは古スコットランド語のik、古高地ドイツ語のih、(そして現代ドイツ語のich)、古ノルド語(北欧のあたり)のek、ゴート語のik等と同じくゲルマン基語(ゲルマン諸語が分岐する以前の推定上の共通語)の一人称ecaから派生した言葉だとされている。そのeca自体はインド・ヨーロッパ語のegoをルーツとしている。」
となります。しかし、印欧語のego自体が何を指していたのかはハッキリしていないのではないでしょうか。

もしかすると、「ことばの生活誌―インド・ヨーロッパ文化の原像へ」(風間喜代三著、平凡社選書)という本の第1章「人間(王・共同体・民衆;遊女;泥棒;友;人間)」で扱われているかもしれないです。私はこの本はまだ読んではいないのでなんとも言えないのですが(^_^;)。テーマ的には近いものがあると思います。下のリンクでこの本の簡単な説明を見ることが出来ます。

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とんでもない、とってもエレガントなご回答をいただき恐縮しています。皆さん本当に博識ですね。私のなかの私がとっても小さなものに思えてきました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/02/19 22:50

私は文法的なことは一切無視して全くの私見ですが、I は Identity の I ではないかと思います。

まったく根拠のない説です。あしからず。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。私も実はそうではないかと思っていました。でもIdenntityにするとamがつかえなくなってしまいます。デカルトのいうところの「我思うゆえに我あり」と考えている最初の”我”はきっとamが使えると思うのですが、あとの”我”はたぶんamじゃないのではと思います。Iはそれを言葉で説明しようとするといきなりどこかに行ってしまうような、そんな気がします。

お礼日時:2001/02/18 19:40

artis0さんが分かり易く解説されていますが、I が何者かという前に、人称に誤解があるような気がしました。

My heart や My body は私に所属はしますが、人称では3人称単数です。従って一人称のI とは関係なくbe動詞ではisになり一般動詞では3人称単数の'sがつくわけです。これは英語に限らず欧米語に共通の規則です。

英語は他の欧米語より動詞の変化が簡素化された言葉ですが、発展が途中でストップしてしまった為、例外規則の多い言語でもあります。英語以上にシンプルな言語はエスペラント語(世界共通語として考案された言葉)です。エスペラント語では人称に関係なく動詞が常に同じ変化形で使用されます。文法に例外のない言葉だといわれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご造詣の深いご回答ありがとうございました。
言葉っておもしろいですね。初めに文法ありきではなかったはずなのに、ある程度きちんとルール化されていますよね。でも時たま例外があるところがまたなんともいえずいいと思います。大変為になりました。

お礼日時:2001/02/18 19:27

I my me mine なんて言いますが、一人称単数の「私」を表す言葉は、


"I" と "me" だけです。
"my" は "my car" や "my hat" のように "my ~"という形で使い、
"my" の後に続く「~」を修飾する言葉です。
よって、"my ~" は「私」を表すのではなく、"my" の後に続く「~」の部分、
先の例でいうと「車」や「帽子」のことを表しています。

"My heart am" と言わないのは、"My heart" が「(私の)心」であって、「私」ではないからです。
"my heart" は私のものではありますが、一言で言えば、「心」なのです。
よって、"my heart" を代名詞で受けると、"it" になります。
"it" は主語になったとき、組み合わせるbe動詞は "is" です。
と言うことは、"my heart" も "My heart is" となります。

繰り返しますが、I と me は「私」ですが、
my と mine は「私」ではありません。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速にご回答をいただきありがとうございました。「私」が何者かを考えはじめると洋の東西の分化の違いがどうだとか、なにやら哲学的な世界に迷い込みそうですね。大変為になりました。

お礼日時:2001/02/18 16:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q類語辞典アプリについて

最近出先で類語辞典を使うことが増えました。
今までは講談社の類語辞典とオンラインのシソーラスを使っていましたが、講談社の類語辞典は語彙少なく、通信環境必須でした。
しかし必ずしも作業する環境が通信環境がいい状況でなかったりするのでオフラインで使える類語辞典を探しています。

角川類語新辞典と三省堂類語新辞典のどちらかの購入を考えています。
この2つのアプリはオフラインで使用できますか?
アプリ評価のサイトを色々探ったのですがオフラインについて記述が見当たりませんでした。
価格が価格だけに試しに買ってみるのはちょっとためらってしまいます(書籍の類語辞典買うよりは安いんですが…)

それと角川の方は2200円のものと1500円のものがあるので、どちらを使っているかも書いていただけると助かります。

ちなみに角川は大辞林との連携が売りですが、私はあまりそこは用途として必要としていません。

Aベストアンサー

角川の2種類と三省堂のものを持っています。
以下に挙げる辞書はすべてオフライン利用が可能です。
角川の1500円のほうは、説明文の単語をキーに再検索しようとすると、それを再入力しなければならず、UI的にダメです。

角川2500円のものと三省堂では個人的には三省堂のものが好みです。
理由は幾つかあって、角川2500円のほうで見つからなかった単語が幾つかあったこと(例えば「順手」)、三省堂のほうでは対義語も表示されること、三省堂のは他の辞書との連携が特定の辞書に限定されていないことなどです。

それから私がよく使う類語辞書を紹介します。
ネット上に存在するデータを使いローカルに持っているアプリですが、Word ouenというところが出している類義語辞書です。
この辞書では単語のみが表示されて用例や意味は表示されませんが、関連語というカテゴリがあって、類語からは外れる近い単語を表示してくれます。
また類語と共に英和・和英ができ、英語の類語と関連語も捜せるのが魅力的です。
意味や用例については外部辞書連携が利用できます。
広告は入りますが無料版もあります。

角川の2種類と三省堂のものを持っています。
以下に挙げる辞書はすべてオフライン利用が可能です。
角川の1500円のほうは、説明文の単語をキーに再検索しようとすると、それを再入力しなければならず、UI的にダメです。

角川2500円のものと三省堂では個人的には三省堂のものが好みです。
理由は幾つかあって、角川2500円のほうで見つからなかった単語が幾つかあったこと(例えば「順手」)、三省堂のほうでは対義語も表示されること、三省堂のは他の辞書との連携が特定の辞書に限定されていないことなどです。

そ...続きを読む

Q英語「I am not good at ~」と「I am not good with ~」の違いを教えて下さい。

「私は~が苦手です」を意味する
「I am not good at ~」と「I am not good with ~」
の違いを教えて下さい。
あと、「私は寒いのが苦手です」などと言う時には、
「I can't take cold weather.」なんて言ったりするようですが、
それとの使い分けも教えて頂けると有難いです。

Aベストアンサー

こんにちは。

1.
(1)
good at は「~が上手い = skillful」ということで、自慢できるような趣味であるとか特殊技能を指す場合が多いようですね:
・You are good at English. (英語が堪能)
・He is good at swimming. (水泳が上手い)

(2)
これに対して good with は「~の扱いが上手い」という意味合いです。すなわち:
・She is good with children. (保母さんのように子供の扱いが上手い)
・I am good with fingers. (細かい作業におけるユビ使いが上手い ⇒ 器用である)

(3)
この他:
・My son is good in math. (数学が得意である)
・She is good on guitars. (ギター演奏が上手い)
、、、といった使い方もありますので、ご参考まで。

2.
・I can't take cold weather.
、、、「寒さは受け入れられない ⇒ 寒いのは苦手だ」ということですね。
この言い回しは日常的に大変よく使われます:
・I can't take it anymore. (これ以上ガマンできない)
、、、take は「受け入れる、許容する」、これに can'tが付いて「それができない ⇒ 限界だ、許容範囲を超える」という意味です。

使い分けというと、(not) good at/with は「上手い(下手)」という意味で、can't take はもっと「ガマンの限界を超える」という意味ですから、ちょっと本来の意味合いが違うのかなという気がします。


ご質問あらば、何なりと。

こんにちは。

1.
(1)
good at は「~が上手い = skillful」ということで、自慢できるような趣味であるとか特殊技能を指す場合が多いようですね:
・You are good at English. (英語が堪能)
・He is good at swimming. (水泳が上手い)

(2)
これに対して good with は「~の扱いが上手い」という意味合いです。すなわち:
・She is good with children. (保母さんのように子供の扱いが上手い)
・I am good with fingers. (細かい作業におけるユビ使いが上手い ⇒ 器用である)

(3)
この他...続きを読む

Q文書作成ソフトと連動した類語辞典は?

文書作成(日本語)ソフトと連動した類語辞典(日本語)を探しています。

もしくは、文書作成ソフトが類語辞典の内容を取り込めるようなものがいいです。

たとえば、メモ帳でもWordでもよろしいが、「青空」という語句を別の言葉に
置き換えたいなと思ったときに、「青空」の文字をマウスで選択して、特定の
キーを押すと、類語の候補がズラッと表示されるようなものを探しています。

類語辞典を別に起動して、「青空」と打ち込むようなものは避けたいです。
当たり前のように存在すると思っていたら、見つからないので驚いています。

言語は日本語で、文書作成ソフトと連動しているもの(連動できるもの)を
探しているのですが、ご存知の方はおりませんでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

> たとえば、メモ帳でもWordでもよろしいが、「青空」という語句を別の言葉に
> 置き換えたいなと思ったときに、「青空」の文字をマウスで選択して、特定の
> キーを押すと、類語の候補がズラッと表示されるようなものを探しています。

ATOK用の類語辞書はあるようです。
下記URLのページをご参照下さい。

「角川類語新辞典 for ATOKの使い方」
http://support.justsystems.com/faq/1032/app/servlet/qadoc?QID=025546

「角川類語新辞典 for ATOK(NW2)」
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E9%A1%9E%E8%AA%9E%E6%96%B0%E8%BE%9E%E5%85%B8-for-ATOK-NW2/dp/B000LV61RY

Q”I think therefore I am ” の ”I am” とは、どういう意味でしょうか

デカルトの言葉と言われている、“Cogito ergo  sum” は、“我思うゆえに我あり ”と訳されていますね。
この文を英訳すると、“I think therefore I am ” になるそうです。
ところで、この “I am ” とはどういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

The pen is on the desk. とか、He is in Tokyo.
とか、be 動詞に「ある、いる」の意味がある、
普通にはそれですむ話かもしれません。

There is a pen on the desk. のような there で始まる文も、
is が「ある、いる」だから。

ただ、現代の英語で、この「いる、ある」になるのは
後に場所を表わす表現、on the desk とか in Tokyo がある場合で、
(普通には理解しにくいかもしれませんが、これで SVC みたいなもの)
ただ、am だけで「ある」となるのは今の英語にはありません。

しかし、古い英語には be だけで「存在する」exist の意味がありました。
God is. みたいな。

この古い英語をもとに、The pen is on the desk. のような表現も含めて
be で「いる、ある」の意味、とずっと教えられています。

私としては The pen is on the desk. は
the pen = on the desk であって、特に「いる、ある」とは感じません。

とにかく、これは「われあり」などと訳される通り、古い英語としては
am だけで「存在する」の意味です。

The pen is on the desk. とか、He is in Tokyo.
とか、be 動詞に「ある、いる」の意味がある、
普通にはそれですむ話かもしれません。

There is a pen on the desk. のような there で始まる文も、
is が「ある、いる」だから。

ただ、現代の英語で、この「いる、ある」になるのは
後に場所を表わす表現、on the desk とか in Tokyo がある場合で、
(普通には理解しにくいかもしれませんが、これで SVC みたいなもの)
ただ、am だけで「ある」となるのは今の英語にはありません。

しかし、古い英語には be ...続きを読む

Q英英辞典や類語辞典の使い方

最近、英語の勉強をやり直そうと思い立ち
英語の本を読んだり、英語で日記を書いたり
しています。

それに伴い電子辞書を購入しました。
英和・和英はもちろん英英・類語辞典も
入っています。

しかし、今までの勉強で英英・類語を
使った経験がなく、どのように活用したら
いいものか良くわかりません。

英英類語は勉強に役立つというような
コメントを見たことがあるのですが
どのように使っているのでしょうか?

使っている方で、こんな風に勉強してます、とか
こんな時に使うと便利です、とかアドバイスなど
あったらお願いします。

Aベストアンサー

私は英英辞典はよく使いますが、類語辞典はあまり使いません。

英英辞典を使うなら最初は知らない単語ではなく、知っている単語を調べてください。英英辞典だと英単語を日本語に置き換えているだけですが、英英辞典は
語義の説明を読むこと自体が英語の勉強にもなり、英語を英語で理解できるようになります。

参考URL:http://plus.hangame.co.jp/browse/db_detail.php?dir_id=110301&docid=40030

Q和訳してください>_< I might go crazy. My heart won't even

和訳してください>_<

I might go crazy. My heart won't even at all. It's like memories just start going.

Aベストアンサー

狂気のようにつっ走ろう、もうまともな気分じゃいられない、今日からすべてが変わるんだ。

Q角川の「類語国語辞典」を素早く引きたい。

角川の『類語国語辞典』(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4040120000/qid=1141472311/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/249-1334781-2808320)を気に入って使っているのですが、文章を書いている途中に気になった言葉があり調べてもピッタリした言葉を探し出すまでに時間がかかってしまい、結局何を書こうとしていたのか忘れてしまうことがあります。
自分なりに見出しに付箋をつけたり、目次に色分けしたりしてみたのですが、まだまだ引くのが遅いです。。

そこで質問です。

辞書を良く引かれる方。
早く辞書を引くコツ(?)みたいなのはありますか?

主にPCで書いている為、CD-ROM版の類語辞典も考えたことがあるのですが、やっぱり「角川書店」の類語辞典じゃなきゃダメなんです・・・。

ここで調べたら角川の『類語辞典』が入っている電子辞書を見つけたのですが、調べたところ角川の『類語'新'事典』で私の気に入っているほうではありませんでした。。

角川の「類語国語辞典」が収録されている電子辞書、またはソフト等ありましたらどうぞ教えてくださいm(__)m

よろしくお願いします。

角川の『類語国語辞典』(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4040120000/qid=1141472311/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/249-1334781-2808320)を気に入って使っているのですが、文章を書いている途中に気になった言葉があり調べてもピッタリした言葉を探し出すまでに時間がかかってしまい、結局何を書こうとしていたのか忘れてしまうことがあります。
自分なりに見出しに付箋をつけたり、目次に色分けしたりしてみたのですが、まだまだ引くのが遅いです。。

そこで質問です。

辞書を良く引かれる...続きを読む

Aベストアンサー

んー? あれは牽きやすい辞書だと思いますがね。もう一冊べつのを使ってご覧になれば同感していただけるかもしれません。今はもっぱら『日本語大シソーラス』に当たりますが、これ引きにくい。総索引じゃないから空振りが多くて。

あれ? 「目次」ですか? それはなんのことだろう。色分けってことは、語彙分類体系表のことですか? 見出しと併せてお使いになるようなので、これか! もしそうなら、そりゃ信じられないような使い方ですな。

しかしほんとかなあ。私はそんな引き方をしたことは一度としてありませんが。必ず索引で引きます。これは総索引なのでまず空振りはしません。いま書いている文章にぴったり嵌まるわけじゃないけど近似している語で引いて、その語の近辺にを眺め渡すわけです。って当たり前のことくだくだ説明してるようで戸惑います。いや、念のためですからどうぞお叱りなきよう願います。

お詫びがわりに私が見つけた索引の誤りを二三あげておきます。「崇敬454」は「崇敬474」、「長老441」は「長老551」、「取り込む340b」は「取り込む230b」がそれぞれ正しいはずです。手元のは平成五年の七版です。

んー? あれは牽きやすい辞書だと思いますがね。もう一冊べつのを使ってご覧になれば同感していただけるかもしれません。今はもっぱら『日本語大シソーラス』に当たりますが、これ引きにくい。総索引じゃないから空振りが多くて。

あれ? 「目次」ですか? それはなんのことだろう。色分けってことは、語彙分類体系表のことですか? 見出しと併せてお使いになるようなので、これか! もしそうなら、そりゃ信じられないような使い方ですな。

しかしほんとかなあ。私はそんな引き方をしたことは一度とし...続きを読む

QI am a Virgin/I am Virgin

和訳するとどう異なるか教えてください。

Aベストアンサー

> I am a Virgin.

 わたしは男を知りません (オボコです)。

 * ただし、a Virgin という表記は誤り。 a virgin が正しい。

> I am Virgin.

 わたしはヴァージンです。

 * Virgin は人名。

Qやはり類語辞典は……

オンライン上に無料の類語辞典はないだろうか?と探しているのですが見つかりません。やはり無料で見つけようとしているのが間違いでしょうか。
言語工学研究所のがとても良さそうに見えるんですけど、もうサービスをやめてしまったのですよね?(T_T)。
もし万が一「ここに類語辞典があるよ!」ということをご存知の方は教えていただけませんか?

Aベストアンサー

英語のThesaurusだったら...

参考URL:http://www.m-w.com/

QI keep closing my eyes. と、I keep my

I keep closing my eyes. と、I keep my eyes closed. は、どちらが正しいでしょう?

どちらも正しい場合なら、どちらが自然でしょう??

Aベストアンサー

どちらも正しく、どちらも自然で一般的な言い回しですが、意味が違います。

I keep my eyes closed.
「私は目を閉じたままにする」

I keep closing my eyes.
直訳すると「私は目を閉じることを常にする」
転じて「私、つい、目をつぶっちゃう」

どちらかというと、後者のほうがそのまま使う機会が多いですよね。
前者は「I'll keep my eyes closed.(目を閉じてるわね)」
みたいな使い方をする場合が多いかな。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報