まだ入れてない?ブログ始めるならgooblogアプリ♪

昨日もこちらで翻訳のチェックを願ったものです。
今度は4級のサンプル問題を解いてみました。度々申し訳ございませんが、添削いただけませんか?

また、今回はやはり私にはかなり難しく、意味から間違っているかもしれません・・・
長い時間英語を読んでいて頭が混乱してきたりすることはありませんか?
もしあれば、どういう風に対処していらっしゃいますか?
すみませんが、こちらも教えていただければ幸いです。

2. Globalization and Electronic Viruses
Electronic viruses have become more common - and more dangerous - as computers and electronic forms of communication have grown in importance and sophistication. Viruses such as the 'love bug' demonstrate how interconnected the world has become with the advance of globalization. Yet many positive aspects of globalization are reflected in this case as well.
<翻訳ココから>
As soon as the virus was detected, computer and security experts from around the world worked together to prevent its spread, to protect national computer systems and to share intelligence about the virus's origins. While globalization carries with it unfamiliar risks, it also encourages the use of new technologies and new forms of global coordination in countering those risks.
<ココまで>

コンピューターウィルスが発見されるとすぐに世界中のコンピュータやセキュリティーの専門家たちが一丸となりすぐに行動を起こす。ウィルスの拡大を食い止めたり、国家のコンピューターシステムを守ったり、またウィルスの発信元に関する情報を共有することに尽力するのだ。
グローバル化はこれまでにない危険をはらんでいるが、同時に新しい技術使用を促したり、ウィルスなどの危険に立ち向かう際の、国際間の新しい架け橋の形を後押しするものとなっている。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは。


大変よく訳されていると思いますよ。僕は英語版 Microsoft Certified Professional 資格を持っていますが、それをもって僕だったらこんな風に訳すかなということで参考にされて下さい。

(1)
As soon as the virus was detected, computer and security experts from around the world worked together to prevent its spread, to protect national computer systems and to share intelligence about the virus's origins.
⇒ (love bug)ウィルスが検出されると同時に、世界中のコンピュータ専門家やセキュリティのプロが一丸となり、その拡散の防止、各国内のコンピュータシステムの防御、ウィルス発生源に関する情報共有に取り組んだ。

・これは前出のlove bugウィルスを例にとって話しているから過去形になっているようですね。
・業界でウィルスは「検出」「拡散」「隔離」と言いますね。もちろん「発見される」でもOKですが、万人に通じ、かつ業界でも使われる用語を散りばめると、かなりそれっぽい訳になると思いますよ。
・together で「一丸となり」という貴訳は素晴らしいと思いますよ。
・national とは、実際にlove bug ウィルス撃退に参加した computer and security experts がいる国ということじゃないでしょうか。
・to prevent、to protect、to share と不定詞になっていますが、「防止、防御、共有」と名詞で言えば、読み手はよく分かるのではないかと思いますよ。

(2)
While globalization carries with it unfamiliar risks, it also encourages the use of new technologies and new forms of global coordination in countering those risks.
⇒ (ウィルスなど)未知のリスクを包含しているももの、グローバル化は、新しいテクノロジーの(率先的な)利用やこういったリスクに対処する新しい形の国際的な協調体制構築に資するものでもある。

・ここからは一旦 love bugの話を離れて、未来に向けた一般論になっているのでしょう。
・リスクは、金融業界でも「リスク管理」と多用されるので、リスクで良いんじゃないかなと思います。やたらとカタカナが多いのが業界の特徴ですが、テクノロジーもまず万人に通じますよね。
・Love bug ウィルスが猛威を振るったのは確か Windows 98がまだあった辺りですから、10年くらい前だと思いました。コンピュータウィルス研究機関として Virus-Monitoring Groupなどがあり、こういった団体の組成を意識した文なのでしょう、global coordination ⇒「国際的協調」などと言っておけば良いでしょうね。 

、、、翻訳の際にはまず「読み手」が誰であるかを把握し、その業界の専門用語も調べると良いでしょう。ただ、万人向けの文章が極端に専門的になってもいけないので、見極めが必要なのでしょうね。

どんなすごい文を書いても、読み手が???となっては全く意味がありませんよね。なので、とにかく「読み手が読んで、書き手の言いたいことを一発でクリアに分かるように」ということだけが大事だと僕は思っています。文法にばかり捉われてしまい、細かい言い回しを何とか訳そうとして訳文が複雑になってしまったのでは本末転倒ですからね。訳の中に意訳が入ったとしても、書き手の意図が通じるのであれば、進んで取り入れるようにしています。日・英語は全くルーツの違う言語なのですから、意訳ができてナンボだと思いますが、いかがでしょう?

(3)
蛇足ですが、そもそもコンピュータウィルスというのは、ウィルス退治ソフトウェアを開発・販売する業界が意図的に流しているというウワサ?が昔からあったのをご存知でしょうか?  確かにプロからすると、複雑なウィルスプログラムを瞬時にキャッチし、解析して、退治するプログラムが開発・発表されるまでのスピードが妙に速いという気もします。だとすると、その退治のために自社のソフトウェアが売れまくるのですから、これは完璧なビジネスモデルですよね(笑)


ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

duosonicさんお礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
業界の方のご意見、大変参考になります!ありがとうございました。
確かに専門的な分野を訳す時にはそのフィールドの知識(専門用語しかり)が必要であることがとても大切だという事が分かりました。
もっと専門書を読まなければいけませんか?
それとも、手当たり次第読むよりは自分の得意分野を絞った方がいいのでしょうか?

お礼日時:2009/03/24 10:31

>「encourage」の訳は2つある目的語の両方に合うように1つにまとめて良いと思います。



 あらためて自分の訳を読み返してみると、誤解を招きかねない不十分な部分があることが気になります。ご質問者が「encourage」の訳を2回繰り返された意味が理解できたような気がします。

 →「グローバル化にはこれまで経験したことがないような未知の危険が含まれているのだが、その一方で新しい科学技術の使用を促してくれたり、ウィルスなどのような危険への対応を目指す新しい形の世界的な共同組織(の結成)を後押してくれるという(プラスの)面もあるのだ。」

 目的や対象を表す「in」についての補足です。

(1)ある英々辞典には、「With the aim or purpose of ...」という意味が記載されています。

(2)ある英和中辞典には、「..を目指して, ..のために」という用法の例文として「 hold a party in honor of his decoration(彼の叙勲を祝うために会を催す)」や「How many hours a day do you spend in reading?(君は読書に1日何時間使うのか。)」が載っています。

 ご参考になれば・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

googoo1956さん、お礼が遅くなりすみませんでした!
添削をありがとうございました。
特に文法について記載していただき、本当に助かりました。
「encourage」の文は確かに最後まで悩みました…半ばパニック状態で文章を翻訳してしまったので、「in」の働きを論理的に理解していませんでした!マダマダ力不足ですね(恥)
勉強になります。どうもありがとうございました!

お礼日時:2009/03/24 10:41

>As soon as the virus was detected, computer and security experts from around the world worked together to prevent its spread, to protect national computer systems and to share intelligence about the virus's origins.



 ケアレス・ミスだとは思いますが過去の訳になっていない点を除けば、全体的には大変良い訳です。

 あえてもう1点挙げれば、「worked together to ...」の部分を2つの文に分けてしまったことでしょうか。1文にまとめた方がすっきりします。

 また、細かい語句の日本語訳については訳者の好みや日本語のセンスが現れるところでしょうから、状況に大きな違いがなければあまりこだわる必要はないでしょう。

 →「コンピューター・ウィルスが発見されるとすぐに、世界中のコンピュータやセキュリティーの専門家たちが一丸となって行動を起こし、ウィルスの拡大を食い止めたり、国家のコンピューターシステムを守ったり、またウィルスの発信元に関する情報を共有することに尽力したのだ。」

>While globalization carries with it unfamiliar risks, it also encourages the use of new technologies and new forms of global coordination in countering those risks.

 これも全体の構造をよく把握しておられると思います。特に「in countering those risks」は「encourages」という動詞にかかる副詞句ではなくて「global coordination」にかかる形容詞句であることをきちんと見抜いている点がすばらしいと思います。

 ただし、前置詞の「in」は「~の中の」とか「~する際の」という意味ではなく「目的」を表す働きを持っていると考えられますので、「~することを目指している・・・」か、または「~するための・・・」と訳した方が良いと思います。

 「unfamiliar」については、「not to know」と「to not have any experience of something」という二つの意味がありますので、「これまでにない」でも「知られていない」のどちらでも良いでしょう。

 「while」も「対照」または「同時」というニュアンスがうまく出ている訳になっています。「~の一方で」という表現を用いても良いと思います。

 「coordination」の訳が少し実態からずれているように思います。英々辞典によると「the organization of people or things so that they work together well」という意味がありますので、日本語訳は「共同で作業を行なうための組織(の結成)」が良いのではないでしょうか。

 「encourage」の訳は2つある目的語の両方に合うように1つにまとめて良いと思います。

 →「グローバル化はこれまでにない危険をはらんでいるが、その一方で新しい技術を使用することや、ウィルスなどの危険に対応することを目指した新しい形の世界的な共同組織の結成を後押しするものとなっている。」

 ご参考になれば・・・。
    • good
    • 0

pinetreeさん、こんにちは!



 翻訳は、面白いと同時に重要なものでもありますので、頑張っていただきたいと思います。

 この翻訳箇所は、前の部分の例証になっていますね。ですから、たとえば、という気持ちで訳すといいかもしれません。

(1)As soon as the virus was detected, computer and security experts from around the world worked together to prevent its spread, to protect national computer systems and to share intelligence about the virus's origins.

(○貴訳)コンピューターウィルスが発見されるとすぐに世界中のコンピュータやセキュリティーの専門家たちが一丸となりすぐに行動を起こす。ウィルスの拡大を食い止めたり、国家のコンピューターシステムを守ったり、またウィルスの発信元に関する情報を共有することに尽力するのだ。

(コメント)
・「一丸となり」が少し大仰です。ここらは常識を働かせねばなりません。
・「コンピューターウィルス」と訳すと、次に「コンピュータの専門家」「コンピューターシステム」ときますので「コンピュータ」だらけになります。ウィルスだけでいいかと思います。
・「世界中の」というと全世界のに聞こえます。
・nationalは「それぞれの国の」という気持ちでしょう。

(●代案)そのウィルスが発見されるとすぐに、世界各地ののコンピュータ分野、およびセキュリティー分野の専門家たちが連絡を取り合い、協働しながら、ウィルスの拡散を防ぎ、各国のコンピュータシステムを守り、ウィルスがどこから発せられたのかについての情報を共有しようとした。

(2) While globalization carries with it unfamiliar risks, it also encourages the use of new technologies and new forms of global coordination in countering those risks.

(○貴訳)グローバル化はこれまでにない危険をはらんでいるが、同時に新しい技術使用を促したり、ウィルスなどの危険に立ち向かう際の、国際間の新しい架け橋の形を後押しするものとなっている。

(コメント)
・~kind of とか、~form of は訳し下るのが定石です。
・「はらむ」はいい訳ですね!

(●代案)グローバル化は、われわれがこれまでに知らなかったような危険をもたらすが、同時に、それに対抗していく中で、新しいテクノロジーを使用したり、新しい形の国際協調を促す面も持っている。

「長い時間英語を読んでいて頭が混乱してきたりすることはありませんか?もしあれば、どういう風に対処していらっしゃいますか?」

 もちろん誰だって混乱、疲労は当然のごとくあります。一晩寝て、昨日のことは忘れることです。私など、15分前ですら忘れます(笑)。まあ、これはボケですが。

 とにかく、石の上には3年、翻訳の上には30年ですので、気長に楽天的に取り組んでください!

 以上、ご参考になれば幸いです!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

go_urnさん、前回に引き続き細やかな添削をありがとうございました。
「一丸となり」が大仰とのコメント、とても参考になります。
恥ずかしながら、「協働」という言葉を始めて目にしました…
う~ん。本を読んだり、新聞を読んだり、ニュースを見たり、努力はしているつもりなのですが、なかなか語彙は増えませんね。。。
でも、go_urnさんの仰るように気長に少しずつやっていくしかないのでしょう。がんばります。ありがとうございました。

お礼日時:2009/03/19 16:39

1文目について:


 他の方がご回答のように、過去に特定のウイルスで起こった特定の事件に関してですので過去形とすべきです。また、origins は「発信元」とするか「起源」とするか迷いますが、これは複数形なので質問者さんの選んだ訳語が妥当であるように思われます。

2文目について:
 unfamiliar risks を「これまでにない危険」とすると、危険度が過去最大となっているという意味にとられる恐れがあり、これは多分原文が言わんとすることとは異なります。「未知の危険」等がより妥当でしょう。

訳文でいろいろな表現を使い、こなれた日本語になるよう頑張っていらっしゃる様子がうかがわれます。すごいな~と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました!
頭から普段使わない単語を搾り出して訳をしました。
そうすると、どこかぎこちない感じがしていましたが、
コメントのように仰っていただくとやる気が出ます。もっと普段の語彙を増やさねばと思っています。

お礼日時:2009/03/19 16:32

As soon as the virus was detected のthe virus は'love bug' を指しているのでしょうから、


>コンピューターウィルスが発見されるとすぐに
としてしまうとウィルス一般のことになってしまうので、はっきり分かるようにした方がいいかと思います。また、この文ではそのlove bug が検出されたときにどうしたかという話を過去形で書いていますから、そこもきちんとした方がいいでしょう。
ということで、最初の文はこのようにしてみました。

As soon as the virus was detected, computer and security experts from around the world worked together to prevent its spread, to protect national computer systems and to share intelligence about the virus's origins.
「そのウィルスが検出されるやいなや、ウィルスの拡散を防ぎ、国のコンピューターシステムを防御し、ウィルスの起源に関する情報を共有するべく、世界中のコンピューターとセキュリティーの専門家たちが一丸となって取り組んだのである」

While globalization carries with it unfamiliar risks, it also encourages the use of new technologies and new forms of global coordination in countering those risks.
この文では「countering those risks にあたって、the use of new technologies とnew forms of global coordination が促進された」というふうにかかると思いますので、このように訳してみました:
「グローバル化は未知の危険をはらんではいるが、その危険に立ち向かうにあたって新しい技術の使用や新しい形の国際的協調を促進するという側面もあるのである」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

言い訳ですが、何度も何度も読み返していると
頭が混乱してしまい、the virus=love bugということが頭から離れてしまいました…かなり大切なところですよね(恥)
また、「未知の」という単語が私は出てきませんでした。
勉強になります。早速のご回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/03/19 16:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q翻訳家になられた方に、まじめなご相談です。

翻訳家になられた方に、まじめなご相談です。
小生は、現在50歳男性、わけがあって会社を辞めて半年です。学生時代から英語が好きで、会社は外資系のグローバル企業につとめました。本来は翻訳家にすぐにでもなりたかったのですが、まだまだ英語を鍛えようと外資に入りました。
さて、会社を辞めたのは、実は会社の都合でそうなりました。でも、これをきっかけに翻訳家になりたいと思っています。これまでの翻訳経験は、過去に3年程あるヨット専門月刊誌で連載の翻訳を担当したことがあるだけです。
翻訳家になられた方々はどうやって道を切り開かれたのでしょうか?体験談をお聞かせ願えませんか?
「翻訳OOOO」という季刊誌を読んでも、成功談や美談は書いてあるのですが、すぐに私に役立つという情報はあまりありませんでした。
なにとぞ、よろしく、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

見逃していたらすみません。意外とどなたも書いておられないような気がするのですが、翻訳業界では口コミがモノを言うのは有名な話です。それ以外に、客観的に能力を判断する方法があまりないからです。例えば、トライアルに合格しても、いざ発注してみると、量がかさむにつれて質が落ちる、いつまで経っても文体を担当者の好みに合わせられない、下手すると締め切りを守らない、といろいろなことが生じます。その点、口コミなら、その人の人となりやこれまでの仕事の進め方にお墨付きがついたようなものなので、皆、口コミで雇いたがるのです。

私は「家」が付くほどの者ではありませんが、自分もクライアントも長く快適に仕事を続けられているケースは皆、もとをたどれば口コミでもらった仕事です。質問者さんの場合なら、翻訳学校の先生に挨拶がてら連絡してみる、そのヨット誌の関係者に連絡してみる、などの方法が考えられます。また、とかく「会社の都合」で大勢の退職者が出ると、そのうちの何人かは、会社での実績を活かして新たな事業を立ち上げるもので、その際に、翻訳の心得がある元同僚に手伝いを依頼したりします。なぜなら元の会社の業界の流れに詳しいからです。

何にせよ、人間関係を大事になさるといいでしょう。それと同時に、人間関係に“注意”なさるようおすすめします。翻訳業界はクセのある人が多いので。ちなみに収入面では副業が欠かせないのは、皆さん、お書きになっているとおりです。

それから、意外と書かれていない点をもうひとつ。私は質問者さんと同年代ですが、この年齢になると翻訳は肉体的にキツイです。老眼と整形外科系関係はお大事に。

見逃していたらすみません。意外とどなたも書いておられないような気がするのですが、翻訳業界では口コミがモノを言うのは有名な話です。それ以外に、客観的に能力を判断する方法があまりないからです。例えば、トライアルに合格しても、いざ発注してみると、量がかさむにつれて質が落ちる、いつまで経っても文体を担当者の好みに合わせられない、下手すると締め切りを守らない、といろいろなことが生じます。その点、口コミなら、その人の人となりやこれまでの仕事の進め方にお墨付きがついたようなものなので、...続きを読む

Qほんやく検定 サンプル問題

こんにちは。翻訳の勉強を始めたばかりです。
参考にほんやく検定の5級サンプル問題を解いてみたのですが、解答例等がなくどうしたものか分かりません。
以下の英文を以下のように翻訳しましたが、ダメだしお願いできますか?宜しくお願いします。

1. The Structure of the Atom
By the end of the 19th century, most scientists agreed that atoms exist. Furthermore, as a result of the discovery of the electron by J. J. Thomson, they agreed that the atom could not be an individual particle.
<翻訳ココから>
All of the atoms that Thomson tested contained electrons that had a negative charge.
Yet atoms were known to be electrically neutral and much more massive than electrons.
Therefore it followed that atoms must contain not only electrons, but massive, positively charged parts as well.
<ココまで>
 Discovering the nature of the massive part of the atom and the arrangement of the electrons was a major challenge.

1)原子の構造
トムソンが実験に用いた原子はマイナスの電気を帯びた電子を持っていました。
しかし、原子は電気的には中性であり、かつ電子よりも重いということが既にわかっていました。そこで、原子は電子だけを持っているのではなく、重く、プラスの電気を帯びた部分を持っているに違いないと考えました。

こんにちは。翻訳の勉強を始めたばかりです。
参考にほんやく検定の5級サンプル問題を解いてみたのですが、解答例等がなくどうしたものか分かりません。
以下の英文を以下のように翻訳しましたが、ダメだしお願いできますか?宜しくお願いします。

1. The Structure of the Atom
By the end of the 19th century, most scientists agreed that atoms exist. Furthermore, as a result of the discovery of the electron by J. J. Thomson, they agreed that the atom could not be an individual particle.
...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは!

 とてもしっかりした実力を感じます。以下、些細なことばかりですが、気づいたことを書いておきます。

(1)All of the atoms that Thomson tested contained electrons that had a negative charge.

(○貴訳)トムソンが実験に用いた原子はマイナスの電気を帯びた電子を持っていました。

(ポイント)前の文、Furthermore, as a result of the discovery of the electron by J. J. Thomson, they agreed that the atom could not be an individual particle. では、電子の発見で、原子は1つの個体ではないことが共通認識となった、と書いてあります。そうするとこの第一文は、その説明であると同時に、電荷の話しへのブリッジになっていることが分ります。そうした流れも考えるといいかと思います。

(●代案)トムソンが調べた原子は、すべて電子を有しており、そしてそれら電子は一様に負の電荷を帯びていました。(「すべて」「一様に」はallの訳ですが、訳語を変えることで単調さを救おうとしています。)

(2)Yet atoms were known to be electrically neutral and much more massive than electrons.

(○貴訳)しかし、原子は電気的には中性であり、かつ電子よりも重いということが既にわかっていました。

(ポイント)much が訳出されていません。ずっと、はるかに、が定訳です。massive は重いではなく、質量が大きいのほうがいいかもしれません。「かつ」「既に」を補ったのはとてもいいセンスを感じます。

(●代案)ところが、原子全体は電気的に中性であり、かつ電子よりもはるかに質量が大であることが既に分っていました。(「全体」は工夫です。)

(3)Therefore it followed that atoms must contain not only electrons, but massive, positively charged parts as well.

(○貴訳)そこで、原子は電子だけを持っているのではなく、重く、プラスの電気を帯びた部分を持っているに違いないと考えました。

(ポイント)Therefore, it followed ... は、三段論法の結論という感じで、どうしたって、理屈から言ってこういうことになる、ということですね。訳語の「持っている」がダブっています。こういうところはなるべく避けたいのです。

(●代案)そうしたことから、原子は、電子だけでなく、正の電荷を帯び、大きな質量を持つ何かをも含んでいるに違いないということになったのです。

 以上、ご参考になれば幸いです!

 こんにちは!

 とてもしっかりした実力を感じます。以下、些細なことばかりですが、気づいたことを書いておきます。

(1)All of the atoms that Thomson tested contained electrons that had a negative charge.

(○貴訳)トムソンが実験に用いた原子はマイナスの電気を帯びた電子を持っていました。

(ポイント)前の文、Furthermore, as a result of the discovery of the electron by J. J. Thomson, they agreed that the atom could not be an individual particle. では、電子の発見で、...続きを読む

Q翻訳講座は仕事に直結しますか?

翻訳講座(通信)受講を検討中ですが、その後仕事がないのでは?と思うとふんぎりがつきません。DHC、バベル等ありますが、どこの講座が良かった、終了後ガンガン稼動している等の経験談を教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

翻訳教室に通学したことがあります。
(うーん、でもまだ翻訳できるレベルじゃなかったんだなこれが)
仕事してないので「一般人」としておきます。

翻訳のコツを教えてくれるし、勉強を続けていく上で、役には立ちました。
はあ、こういう世界なのか~、と。

通信制でも通学制でも、またどこの学校でもこれは同じだと思いますが、講座を修了したとて、仕事を得られるとは限りません。
No.1の方がおっしゃるように、トライアルを受けるのが一般的。
トライアルに受かってもすぐ仕事があるかどうかも分からないようです。
(だから多くの人は複数会社に登録するらしい)

卒業後にトライアルを受けやすい体制を取っている学校もありますが、実際に仕事を得られるかどうかは本人の努力次第です。

ちなみに私が行ったのはフェローアカデミーで(通信制もあり)、仕事紹介や情報交換の場として「アメリア」という会があります。
http://www.amelia.ne.jp/user/top/introduction_top.jsp
これは受講生や卒業生以外でも入会できると思いますが、会費がかかります。
ここは場を提供するだけで、採用・不採用は翻訳会社が決めます。

また、ニフティの翻訳フォーラムは老舗的に有名らしい(私はまだ入ってないけど、インターネット以前のパソコン通信時代から存在していました)。

No.2の方がおっしゃるように、翻訳家になるには?というような情報を探すと、どういう風に仕事を得るのか書いてありますよ。
・・・あっ、あと、何翻訳をやるかにもよりますね。
一番仕事を得やすいのは実務翻訳ですよね。

アルクのサイトに翻訳者へのインタビューなど載っているようです。
  ↓

参考URL:http://www.alc.co.jp/eng/hontsu/h-wakaru/index.html

翻訳教室に通学したことがあります。
(うーん、でもまだ翻訳できるレベルじゃなかったんだなこれが)
仕事してないので「一般人」としておきます。

翻訳のコツを教えてくれるし、勉強を続けていく上で、役には立ちました。
はあ、こういう世界なのか~、と。

通信制でも通学制でも、またどこの学校でもこれは同じだと思いますが、講座を修了したとて、仕事を得られるとは限りません。
No.1の方がおっしゃるように、トライアルを受けるのが一般的。
トライアルに受かってもすぐ仕事があるかどうかも分...続きを読む

Q翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか

翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか
翻訳を仕事にするには、どのくらいの英語力が必要でしょうか。
例えば、TOEIC等では何点くらいの学力が必要でしょうか。

Aベストアンサー

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分類されますね。
電気、電気、電子、など知識を持っていないと使い物になりません。

私は現役時代、社内で英訳/和訳をやっておりました。家庭電気器具のメーカーで外国の企業の下請け/OEMをやっている会社でした。米国の主力メーカーから資料を貰い、その文書を日本語に訳したり、こちらからの開発提案を英語にして 
先方へ情報を流すような事をやっていました。先ず困ったことは、技術表現(日本語/英語両方で)、部品名(日本語/英語共に)、などを改めて現物で身に付けることでした。

私はTOEICは全く受験したことはありませんでした。必要を感じなかったので、、。英検は一回だけ定年の一寸前に、英語力を確認するために2級ならほぼ間違いなく取れるなと判断し受験しました。2級合格と言ってもピンからキリまであるので、なんとも言えませんが、85%ぐらいだったと記憶しています。100%取れれば大意張りできるでしょうね。2級と言うと軽く考える人が殆どでしょうが100%正解はかなり困難でしょう。社内の仕事なら、自分の解釈を相談できる人も身近にいるので英検準1級もあれば充分でしょう。無論、会社で扱っている製品の知識は技術者に準じるくらいあればOKです。

とわ言っても、翻訳業として開業して翻訳会社などから依頼を受けて本業とするには、其れこそ大いなる努力やツテも必要でしょう。生半可な考えでは、開業までは行き着かないでしょう。翻訳会社の募集に応募することと、翻訳学校の通信講座を受けて力を高めることも必要です。
                               

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報