出産前後の痔にはご注意!

AC3φ380V モーター出力0.2KW 効率0.8 力率0.8 50HZ 4Pである場合の定格電流の求め方について質問です。

 200/0.8/0.8/380/√3=0.48A
という形で電流値をもとめた場合 この0.48Aの定格電流は50HZ 4Pという条件にあてはまっているのでしょうか?
 上記計算式で求めた場合、周波数と極数はいくつの設定なのでしょうか?

 よくわかりません。
わかりやすくおしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 私の知る限りに於いて、周波数及び極数は、電動機の速度を決める要素であって、電流値を決定付ける性格の物ではありません。

故に

>回転軸出力=√3×電圧×電流×力率×効率

 質問者様のお書きになったコレが全てです。ざっくり言えば【周波数及び極数に関わらず】上記の変数のうち四つが決まれば残り一つが求められます。

>極数によって電流値が異なりますし、周波数が50HZから60HZになっても若干ですが電流値が違います。

 一般に極数が変われば電動機本体の物理的な大きさ(=回転子の自重量など)が変わりますから、機械的効率は変わるでしょう。
 また、力率は電圧位相に対する電流位相の遅れにより決まる値で、電流がどれくらい遅れるかは周波数と内部インピーダンスで決まります。

 以上から、冒頭の公式中にこれらも既に織り込み済みと云えるかも知れません。

 参考までに、三菱と日立の電動機諸元のページを付しておきます。
http://www.hitachi-ies.co.jp/products/motor/sans …
http://wwwf2.mitsubishielectric.co.jp/i_motor/li …

>私の計算では2Pの時に電流値に近いような気がします。

 これがどう云う計算に拠るものかがよく解りません。宜しければ補足願います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
効率が変化する点を全く考慮しておりませんでした。
入力=出力+損失 この損失部分が2Pと4Pでは異なるという
ことですね。

効率を2P時と4P時でだいたいで同じ数値で計算していたから
いけなかったのだとわかりました。

お礼日時:2009/03/19 09:12

>AC3φ380V モーター出力0.2KW 効率0.8 力率0.8 50HZ 4Pである場合の・・・



>上記計算式で求めた場合、周波数と極数はいくつの設定なのでしょうか?

50HZは周波数ではないのでしたらなんなのでしょうか?
4Pが極数でないのでしたらなんなのでしょうか?

何を質問したいのでしょうか?

そもそも、計算式は何処からの引用ですか?
こちらも解りません。

この回答への補足

 

補足日時:2009/03/20 23:44
    • good
    • 0
この回答へのお礼

モーター出力=√3×電圧×電流×力率×効率
という計算式です。
計算式はインターネットで検索するとすぐ出てきます。

質問の趣旨はこの計算式で求めた数値がどの極数の電流値に近いかということです。
極数によって電流値が異なりますし、周波数が50HZから60HZになっても若干ですが電流値が違います。
 私の計算では2Pの時に電流値に近いような気がします。

お礼日時:2009/03/18 18:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q誘導機の極数と電流について

誘導電動機の極数を増やすとなぜ電流が増えるのでしょうか?
また、インバーターで低周波数でギャーモーターを運転すると
負荷電流が増加して電子サーマルが作動することがありますが
あまり低周波数で運転しないほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

一般的に3相モータは同容量でも極数が増えるとフレームサイズが大きくなります
(通常市販モータは8極までですが16極とか32極と言うモータも存在するらしい)

また、力率が悪くなるとも言われています(何故力率が悪くなるのかは分りません)
少なくともフレームサイズを大きくしなければならないほどの力率低下か損失低下、
または発熱増大があるのだろうとは思います
(モータメーカ以外でモータ自体を製作する事は無いので普通は誰も気にしません)
ネット上を探しても公式的にそれらの理由を記載したサイトは見つかりません

http://wwwf2.mitsubishielectric.co.jp/i_motor/index.html
http://www.toshiba-tips.co.jp/common/htm/syouhin.htm
http://www.hitachi-ies.co.jp/products/motor/sanso/index.htm

http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2003/00132/contents/0014.htm


>あまり低周波数で運転しないほうがいいのでしょうか?
一般的にはインバータで低周波数で駆動するとモータは過熱すると言われています
逆に言えば過熱さえしなければいくら低周波数でも構わないとも言える
ブロア等は回転数が下がれば負荷電流は二乗に比例して下がる
(二乗低減トルクモード選択)
コンベア等で無負荷なら(コンベア上にワークが無い)
5Hzで連続駆動しても問題は無い

走行台車等なら低速で連続運転は通常は有り得ない

一番の問題は工作機械の主軸
ギア減速無しで低速高負荷での連続加工は無理です
短時間なら可能ではあるが<要するに過熱しなければ可能

一般的に3相モータは同容量でも極数が増えるとフレームサイズが大きくなります
(通常市販モータは8極までですが16極とか32極と言うモータも存在するらしい)

また、力率が悪くなるとも言われています(何故力率が悪くなるのかは分りません)
少なくともフレームサイズを大きくしなければならないほどの力率低下か損失低下、
または発熱増大があるのだろうとは思います
(モータメーカ以外でモータ自体を製作する事は無いので普通は誰も気にしません)
ネット上を探しても公式的にそれらの理由を記...続きを読む

Qモーターの定格電流の出し方

三相200v5.5kw定格電流22Aのモーターなんですが全負荷運転で22Aの電流が流れるって事で良いのでしょうか?
ちなみに定格電流が分からないモーターの電流値の出し方は5500/200×√3なのでしょうか?
そうすると定格電流が違ってくるので・・・
勝手な考えなんですが力率を70%って考えればよいのでしょうか?
調べていくうちにだんだん分からなくなってきちゃいました
もし宜しければ教えていただきたいのですが

Aベストアンサー

・全負荷運転で22Aの電流が流れる
で、OKです。

・定格電流が分からないモーターの電流値
5.5kWは軸出力なので、電気入力(有効電力)に換算するために、効率で割る必要があります。
次に、皮相電力に換算するために力率で割る必要があります。
結果、
{出力/(力率*効率)}/(√3*電圧)
ということになります。

モータの力率や効率が不明の場合には、
JISC4203 一般用単相誘導電動機
JISC4210 一般用低圧三相かご形誘導電動機
JISC4212 高効率低圧三相かご形誘導電動機
で規定されている効率や力率を使うことになるかと。
(これらの規格には、各容量について電流が参考値として記載されていますが)

Q電動機のポール数を多くすると安定?

電動機のポール数で誘導電動機の回転数が変化するのは知っています。
顧客の要求で6000rpmまで回転させなければならない仕事が入ってきました。(試験装置なので、高速且つ、速度の安定性が必要)
50Hzの場合120*50/2=3000rpmなので、100Hzで運転させてるべく周波数をインバータで上げるように考えたところ、先輩から、「4Pのほうが安定する。」と言われました。4Pにすると200Hzでインバータ制御する事になり、インバータは200Hzまで出力可能なので、問題ないのですが
周波数が高いほうが、安定するのは何故なんでしょうか?
構造的?電気的な理由(基本周波数が高いほうがリップル小さい?)
基本的な事だとは思いますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

通常は、高速機だと(回転強度の理由で)ロータ形状をより円筒状にする必要があり、ニ極機にすることが多いかと思います。
安定度というのがどういう安定度(機械的?電気的?)かわかりませんが、電気的には、極数が増えて安定度が増す、というのはなさそうに思います。
(スロット数で見ると、極数を増やすと毎極毎相のスロットが減るので、スロットリプルの点では不利になりそうに思います。)

Q3相電動機の消費電力の求め方

3相電動機の消費電力の求め方について質問です。

定格電圧 200V
定格電流  15A
出力   3.7KW

上記の電動機ですが実際の電流計指示値は10Aです。
この場合の消費電力の求め方は
√3*200*15=5.1KW
3.7/5.1*=0.72
√3*200*10*0.72=2.4KW
消費電力 2.4KW

このような計算で大丈夫でしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

出力は軸動力を表しているので、消費電力はそれを効率で割る必要があるかと思います。
概算で出してみると、定格での効率が85%程度と仮定すると、定格時の消費電力は3.7/0.85=4.4kW程度になります。
この時の一次皮相電力は、5.1kVAで、無効電力Qnは√(5.1^2-4.4^2)=2.6kVar程度になります。

この無効電力は励磁電流が支配的でしょうから、負荷によらず変わらないとすると、軽負荷時に線電流が10Aになったときの皮相電力は√3*200*10 で3.5kVAで、このときの有効電力は√(3.5^2-2.6^2)=2.3 kW という具合になりそうに思います。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q電力の単位KWとKVAの違いと換算方法

単位KWとKVAの違いが分かりません。どっちも電圧E×電流Iじゃないんですか?換算方法とかあれば教えてください。

Aベストアンサー

KWはその装置の消費する本当のエネルギーで有効電力と呼ばれます。
KVAはその装置にかかる電圧の実効値と電流の実効値を
かけたもので皮相電力と呼ばれています。

皮相電力[kVA]から(有効)電力[kW]への換算は、
有効電力=皮相電力*力率 
でこの力率は電流の位相と電圧の位相が完璧に一致している抵抗のような負荷の場合は1になります。
逆に,コイルやコンデンサ成分のあるような負荷(モータなど)は位相がずれるためにこれより小さく(普通0.8くらい)になります。
なぜこのような2通りの表現があるかというと,皮相電力が規定してあると電流絶対値が決まりますので,必要なブレーカの容量,電線の太さなどが決まります。
電力だけだと,決まりません。

Q電動機のkW数って?

電動機のkW数は何を示すのでしょうか?軸出力、それとも規模(消費電力)?

前者なら電動機の効率分だけ余計にこの数値より大きな電力が必要ですね。一般的な3相200V誘導発電機の効率はどれくらいでしょう?電気的な効率である力率と(0.85くらい?)、機械的な効率(摩擦損失、発熱損失)も知りたいです。

後者だと、この数値を超えると焼損の恐れがあるということで、メーカとして安全を見た数値ということでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1)定格出力
モータの銘板に記載してある[W]の値は定格出力(W)を表示しています。
また、定格出力(W)=軸出力(W)のことです。

2)入力電力(W)
入力電力(W)は次の式により計算します。
入力電力(W)=定格出力(W)÷[モータ効率(%)÷100(%)]

3)モータ効率
一般的な3相200V誘導電動機の効率は定格出力や極数により異なります。
定格負荷時に於いて 約80~90数%程度になるようです。
なお、負荷率(=定格出力(W)に対する実負荷の大きさ(W))により変化
しますし、電動機のメーカの違いでも多少異なりますので、詳しくは
採用予定のメーカに問い合わせされると良いでしょう。

4)力率
力率も電動機の仕様により変化しますが、約80~90数%程度です。

5)モータ損失
損失(W)は次の式により求めることができます。
損失(W)=定格出力(W)×{1-[モータ効率(%)÷100(%)]}

6)定格出力の裕度
安全については、多少はあるにしても、容量計算等の際は考慮せず、
負荷の大きさが確実に定格出力以内になるモータを選定します。

1)定格出力
モータの銘板に記載してある[W]の値は定格出力(W)を表示しています。
また、定格出力(W)=軸出力(W)のことです。

2)入力電力(W)
入力電力(W)は次の式により計算します。
入力電力(W)=定格出力(W)÷[モータ効率(%)÷100(%)]

3)モータ効率
一般的な3相200V誘導電動機の効率は定格出力や極数により異なります。
定格負荷時に於いて 約80~90数%程度になるようです。
なお、負荷率(=定格出力(W)に対する実負荷の大きさ(W))により変化
しますし、電動機のメーカの違いでも多少異なりますので、詳しくは...続きを読む

Q電動機出力と消費電力、電源容量

電動機出力はKW表示ですが消費電力に換算する場合は
効率で割ればばよいのでしょうか?
消費電力(kw)=電動機出力/効率
電源容量(KVA)に換算する場合は(効率x力率)で割れば良いのでしょうか?
電源容量(KVA)=電動機出力/(効率x力率)

Aベストアンサー

>消費電力(kw)=電動機出力/効率
●その通りです

>電源容量(KVA)に換算する場合は(効率x力率)で割れば良いのでしょうか?
電源容量(KVA)=電動機出力/(効率x力率)
●その通りです

まとめ 全て貴方の考えで正解です

Q電流値の計算方法

よく電気室や機械室等の動力盤に電流計が盤の扉に付いていますが、電流値は定格電流の値が正常だと思うんですが計算方法がわかりません。たとえば200Vの三相三線式モーター5.5kwではどうなりますでしょうか?素人なのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>200Vの三相三線式モーター5.5kwではどうなりますでしょうか…

少々専門的になりますが、これだけの情報では定格電流までは分からないのです。
「5.5kW」というのは、モーターから出る力の大きさです。「出力」なのです。

電気エネルギーを機械エネルギーや運動エネルギーに変換するとき、必ず損失があります。
「出力」に「損失」を加えたものが「入力」で、入力と出力の比が「効率」です。

その上、交流の電気には「力率」というものも影響してきます。
したがって、出力のほかに効率と力率が分からないと、電流の計算はできません。

これらが分かれば、
【電流】=【出力】÷【効率】÷【力率】÷【電圧】÷【√3】
で計算できます。

概数でよければ、5.5kWの効率は 0.8~0.85、 力率は 0.75~0.8、定格電流が 24A程度です。

Qモーターのトルクと回転数

なぜモーターのトルクと回転数は反比例の関係になるのですか?

Aベストアンサー

質問中には書かれていませんが、モーターの出力が一定のもとで
ということが必須の条件です。

モータ理論の基礎中の基礎で 出力(W)=角速度×トルク
すなわち
P=ωτ  但しP:出力 ω:角速度(2π×回転数/60) τ:トルク

出力が一定であればモータ速度とトルクは相反関係にあります。
尚通常のモータにおいては、出力が一定ということはまずありませんので
負荷トルクの変動に比例して出力(=一般てきには入力電流)が変動
します。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング