彼女は東京大学理科二類に入学後医学部を卒業して大学院にまで行ってますよね。もちろん東京大学の医学研究所ですからおおくの研究資金を国から援助されていると思います。
ぼくは国の研究資金をつかっておきながらこういう医者になる気がない人間がむかつきます。なにを考えてるんでしょうか?税金の無駄だとおもいます。しかし現在多くの女性が国立の医学部に進学しながら、結局はすぐに医者をやめる、または優秀な人材が人の死と直結しないような分野に進んでいると思います(たとえば美容外科とか皮膚科とか?)ぼくはこれが医者不足の原因のひとつなんじゃないかと思います。私立の医学部に進学する女性は自分個人のお金で大学にいくのだからどうしようが自由です。でも国立の医学部に入ったからにはその役割を社会の中ではたしてもらわないと困ります。小正裕佳子さんみたいな、大学院までいっといて、ミス東大に選ばれちゃったから人気でちやほやされる女子アナになる、みたいな考えの人間は国立医学部にいってほしくありません。
別に僕は女性の医師がみんなそうだと言っているわけではありません。しかし知り合いの医師のかたが女性はすぐやめてしまうといっているのを聞いたことがあります。

そこでみなさんは(1)国立医学部卒の女性医師はキャリアが短い、または医者にならないケースも多い(2)国立医学部卒の女性医師の多くは別になくても人はほとんど死なない分野にばっかり進んでいること、の二つについてどう思いますか。またどうしたらよいでしょうか? あと小正裕佳子さんみたいな人はどう思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

そりゃ、人間だし将来どうなるかそのときの判断で変わってくるんじゃない?



医学部に行ったから医者にならなきゃいけない?間違いすぎ。

極端な話、法学部に行ったら弁護士になるのですか?

名前は忘れたけど、同じく東大医学の大学院でて女優やってるおばさんもいるじゃないですか。

税金のことがどうも引っかかってるみたいですが、国立行くために必死でがんばった人間の特権だ。

そんなこと言うくらいだったら自分も東大行けばよかったじゃないですか。自分が東大だったら税金がどうとか絶対に言わないはず。

器が小さい。ひがみだな。

この回答への補足

法学部と医学部では話がぜんぜん違うと思います。少なくとも医師は国の中で絶対に必要な数がきまっていて、それらの人材を育てるために医学部はあるんじゃないですか?国立大学に医学部があるということ自体、医者を国が必要としていることを表しているように思います。

確かに東大に入ったのは彼女の努力があったからですが、国立大学で医学部生として膨大な研究費をもらってるわけだから私たちの生活に貢献してもらわないとこまる、というのは意見として十分通用するとおもいます。

結論として、国立大学の医学部生は国の利益のために医師として活躍することが、個人の職業選択の自由よりも優先されるべきなんじゃないかと思います。どうおもいますか?

補足日時:2009/05/14 01:01
    • good
    • 0

税金使って義務教育受けてるのに社会に貢献してない人はたくさんいますよ。



>国立医学部卒の女性医師の多くは別になくても人はほとんど死なない分野にばっかり進んでいること
「ばっかり」の根拠を示してください。上の方では「じゃないかと思います」なんだけど。

診療科のほうで女性を敬遠してるケースをご存知でしょうか?
私学助成金はご存知でしょうか?

この回答への補足

私の意見が根拠に乏しい、また質問自体破たんしているのはわかってます。でも私はそういうイメージをいだいてるんです。だから専門の人や一般の人が私のような考えにたいしてどう思うのか意見がききたかったんです。
では彼女のように結局医師にならない女性が昔と比べると多くいる、というのは医師不足の原因のひとつに考えられますか?それとも私のそのようなイメージは根拠に乏しい偏った意見でしょうか?

補足日時:2009/05/14 00:54
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミス東大の小正裕佳子について

彼女は東京大学理科二類に入学後医学部を卒業して大学院にまで行ってますよね。もちろん東京大学の医学研究所ですからおおくの研究資金を国から援助されていると思います。
ぼくは国の研究資金をつかっておきながらこういう医者になる気がない人間がむかつきます。なにを考えてるんでしょうか?税金の無駄だとおもいます。しかし現在多くの女性が国立の医学部に進学しながら、結局はすぐに医者をやめる、または優秀な人材が人の死と直結しないような分野に進んでいると思います(たとえば美容外科とか皮膚科とか?)ぼくはこれが医者不足の原因のひとつなんじゃないかと思います。私立の医学部に進学する女性は自分個人のお金で大学にいくのだからどうしようが自由です。でも国立の医学部に入ったからにはその役割を社会の中ではたしてもらわないと困ります。小正裕佳子さんみたいな、大学院までいっといて、ミス東大に選ばれちゃったから人気でちやほやされる女子アナになる、みたいな考えの人間は国立医学部にいってほしくありません。
別に僕は女性の医師がみんなそうだと言っているわけではありません。しかし知り合いの医師のかたが女性はすぐやめてしまうといっているのを聞いたことがあります。

そこでみなさんは(1)国立医学部卒の女性医師はキャリアが短い、または医者にならないケースも多い(2)国立医学部卒の女性医師の多くは別になくても人はほとんど死なない分野にばっかり進んでいること、の二つについてどう思いますか。またどうしたらよいでしょうか? あと小正裕佳子さんみたいな人はどう思いますか?

彼女は東京大学理科二類に入学後医学部を卒業して大学院にまで行ってますよね。もちろん東京大学の医学研究所ですからおおくの研究資金を国から援助されていると思います。
ぼくは国の研究資金をつかっておきながらこういう医者になる気がない人間がむかつきます。なにを考えてるんでしょうか?税金の無駄だとおもいます。しかし現在多くの女性が国立の医学部に進学しながら、結局はすぐに医者をやめる、または優秀な人材が人の死と直結しないような分野に進んでいると思います(たとえば美容外科とか皮膚科とか?...続きを読む

Aベストアンサー

そりゃ、人間だし将来どうなるかそのときの判断で変わってくるんじゃない?

医学部に行ったから医者にならなきゃいけない?間違いすぎ。

極端な話、法学部に行ったら弁護士になるのですか?

名前は忘れたけど、同じく東大医学の大学院でて女優やってるおばさんもいるじゃないですか。

税金のことがどうも引っかかってるみたいですが、国立行くために必死でがんばった人間の特権だ。

そんなこと言うくらいだったら自分も東大行けばよかったじゃないですか。自分が東大だったら税金がどうとか絶対に言わないはず。

器が小さい。ひがみだな。

Q医学部大学院の英語

 私は医学部出身ではないのですが、今年医学部大学院の受験をしようと思っています。
なので医学英語に関してまったく知識がありません。 医学英語はどのように勉強したら良いでしょうか?
 お勧めの本等を教えていただけるとありがたいです。ただ、英語が苦手なので詳しい説明つきのものがいいです。

Aベストアンサー

大学院ということは、専門分野が決まっているということですよね。
ならば、一番の勉強はその分野の教科書と論文を読むことだと思います。
医学英語だからといって、特別な英語の文法はなく、むしろ共通語としての英語の側面が強いので、あまり持って回った言い回しもないので、その分野でよく使われる単語の使い方を文章を読みながら覚えてゆくのが一番だと思います。
大学院試験以上に、(博士)論文は英語で書かないといけませんので少しずつ慣れておきましょう。
私が好きなのは、
「科学英語のセンスを磨く―オリジナルペーパーに見られる表現」という本です。何かのご参考に。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4759808345/kenkyuuryuuga-22/249-5880147-0943516

QYouTubeから動画をダウンロードする方法を教えてください。

4月1日に、YouTubeが変わりました。

それから、サファリから、HDのQUICKTIMEの動画がダウンロードできなくなりました。

当方Macです。

もうサファリからは、ダウンロードできないのでしょうか?

サファリからダウンロードする方法があるのでしょうか?

別の方法しかないのでしょうか?

ダウンロードの方法を教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
こういったタイプのものは、Safariにこだわらない方が・・・
Firefox+downloadhelperのほうが楽だと思いますよ。

参考URL:http://www.downloadhelper.net/

Q医学部受験時の理科の科目選択について

 こんにちは。
 私は医学部の大学受験を考えている者です。
 理科の選択科目で、一般的には2科目指定されているところが多いですが、私は、医学に関連する科目として、生物、化学を考えています。しかし、受験生の多くは物理、化学の組合せが多いようですね。これはなにか理由があるのでしょうか。(例えば、物理の点が取りやすいとか・・・)
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

医学生です。受験生の多くが物理・化学選択をする理由としては、
以下のことが挙げられるでしょう。
(あくまで私個人の考え・体験での話ですが)

1.生物は部分点を取りやすいが、満点は取りにくい。一方、物理は大問1つを
   落とす危険性も無くは無いが、高得点となりやすい。
2.(国公立大学受験の場合)2次試験の問題を見ると、物理は他学部との
   共通問題なので簡単な一方、生物は医学部専用問題を出すことがよくあり、
   難易度が高くなる傾向がある。
   (私立大学入試でも、物理と生物の問題の難易度差が異なる場合があります)
3.理工学部などの併願をする際、生物選択では受験できる大学が少なくなるので
  物理を選択する。

No.1の方に反論するようで恐縮ですが、殆どの受験生は大学での勉強を
視野に入れて科目選択する程、出来は良くありません。
(現代医学だ、系統生物学だ、などと騒ぐ程学力に余裕のある者は
 少数派でしょう)
また、高校で学ぶ程度の内容は大学入学後に学べば十分です。

Q有価証券(棚卸資産)の評価基準及び評価方法

企業会計原則の重要な会計方針の中に、上記の有価証券(棚卸資産)の評価基準及び評価方法がありますが、その「基準」、「方法」の違いや具体例がわかりません。
低価法、原価法はそれにあたるのでしょうか。もしそうなら評価「基準」に入るのでしょうか。それとも評価「方法」なんですかね。
洗替法、切り放し法は?

細か過ぎると指摘を受けるかもしれませんが、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 評価基準とは会計基準に合わせたもの(決算整理で行う評価方法)で、評価方法とは取得時、売却時等の簿価決定のため(帳簿作成の上でその資産を金銭的価値で表すため)に用いた評価方法だと思います。

棚卸資産について

評価基準:原価基準・低価基準・強制評価減

評価方法:先入先出法・後入先出法・移動平均法等・売価還元原価法等・売価還元低価法 等


有価証券について

評価基準:原価基準・低価基準・償却原価法・強制評価減

評価方法:先入先出法・後入先出法・移動平均法・総平均法 等

 *洗替方式・切放方式は記帳方法かな?

 他のカテでこの質問をみて回答を楽しみにしていましたが、回答が付かなかったみたいですので、書き込みました。
 間違っている可能性が大きいのであまり信用しないで下さい。
 間違っていたらどなたか指摘してください。
 私も参考にしたいです。 

Q医学部卒業後の研修先

 医学部を卒業後、研修先を選択する際卒業した所とは別の大学院進学によって、その大学の病院で研修できるよう考慮してもらえるのでしょうか?また、研修先をどのようにして探したのかをお聞きしたいのですが。

Aベストアンサー

 一世風靡セピア(懐かしいなあ)さん。ご存知の通り大学院進学と臨床医としての研修は別ですね。大学院博士課程4年や修士課程2年ではそれぞれの専攻分野ごとに分かれていて、講座に配属され、研究テーマを与えられ、学位論文のための研究を行いますので、臨床研修のようなローテートはありませんし、general physician(総合的臨床能力をもつ医師養成コース)の大学院過程も、一部では考えられてはいますが、まだありません。医育機関便覧(図書館にある)のようなもので自分の気に入った講座があればそこに大学院生をとっているかなど直接色々たずねて見るのもよいでしょう。一見さんの飛び入りはすくなくとも最初は警戒されるかもしれません。自分の専攻が決まっていないなら選ぶのも難しいですね。
 一方臨床研修はいろんな病院でできます。大学よりも第一線の病院のほうが症例数も多く、集中的に早く実力が身につきますので、臨床研修の現場は大学離れしつつあるのが日本の実情です。
 そのあと、大学院に行くことも、あるいは、大学院のあと、研修に行くことも可能ですが、研修のほうは、患者さんを相手の真剣勝負なので、高密度に量的にたくさんの研修内容をこなすとなれば、あんまり、年がいっては、しんどいでしょうね。たとえば、36まで基礎研究をしていて、そのあと、1からの研修をはじめてバリバリの第一線の外科医になるなんて、よほど体力ないと体をこわすね。
 そうそう、おもてに出ませんが、医師のうつ病・自殺・過労死は多いのですよ。某K医大であった過労死事件で、その大学はずいぶん(代表で)たたかれて、大学での”鬼”研修はましになり、研修医の負担はへりましたが、競争の舞台が一般病院に移っただけという見方も幾分かはあります。
 結論。いい部署があれば、選択すべきです。卒業大学にこだわるべきではありません。よくなければ辞するべきです。大学の病院での研修目的に大学院を受験する必要はありません。大学院は、大学にとって、入っていただく(文部省からの助成金が増える)お客様ですから、どこでも、学生確保は躍起です。でもそこの大学院を出たから優遇されるといった甘いことばにあまり過剰な期待をしないほうがよいですよ~。(そういうところなりに、言わずもがなの問題を抱えるのよ。)
 ところで日本は、脳神経外科医の比率が世界でトップです。これが、強みなのか、高値警戒線なのかはわかりません。一方で癌治療関係の認定の専門医はほとんどいません。でもこれも買いなのかどうかわかりません。日本の医療社会は、あま~い保険制度にすがっていたために、いまだお乳をすっている未成熟ものです。いまやその乳房はしぼみ、ミイラのようになりつつありますが。わかっているのは、病床数が将来大幅に削減されること。
 大学医局はほぼどこでも高い平均年齢に悩まされ始めています。下手をすれば能無し教授と取り巻き茶坊主に自分の元気なところを吸い取られるだけかもしれません。医局入局はその下に入ることを意味します。なんだか、どこかの国の健康保険制度と似ていますね。多くの研修医が非大学の生きのよいあかるい第一線病院にいきたがるのもこんな現状に対する不安と無縁ではないでしょう。
 ああ、おしゃべりのようになりました。すみません。ではご健闘を祈ります。

 一世風靡セピア(懐かしいなあ)さん。ご存知の通り大学院進学と臨床医としての研修は別ですね。大学院博士課程4年や修士課程2年ではそれぞれの専攻分野ごとに分かれていて、講座に配属され、研究テーマを与えられ、学位論文のための研究を行いますので、臨床研修のようなローテートはありませんし、general physician(総合的臨床能力をもつ医師養成コース)の大学院過程も、一部では考えられてはいますが、まだありません。医育機関便覧(図書館にある)のようなもので自分の気に入った講座があればそこに大...続きを読む

Q「総平均法に準ずる方法」について

個人の有価証券の譲渡所得の計算においては譲渡原価の計算は総平均法に準ずる方法で計算することになっており、総平均法というのは「株式等をその種類及び銘柄の異なるごとに区分して、その種類等の同じものについて購入価額の総額を株式等の総数で除したもの」というのは理解しているのですが、次のような場合には「総平均法に準ずる方法」で計算すると譲渡原価と翌年に繰り越す取得価額はどのようになるのでしょうか。

平成19年2月1日 購入 A社株式 100株 200,000円
平成19年3月1日 売却 A社株式 100株 300,000円
平成19年4月1日 購入 A社株式 100株 100,000円
上記以外に取引がなく所有株式も存在しない場合、「総平均法に準ずる方法」の文言だけ解釈すると取得は200株、300,000円(1株あたり1,500円)となってしまいますが、この例のように中途にその株式を所有していない場合も、このような理解でよいのでしょうか。

Aベストアンサー

所得税法施行令第百十八条(譲渡所得の基因となる有価証券の取得費等)

居住者が法第四十八条第三項(譲渡所得の基因となる有価証券の取得費等の計算)に規定する二回以上にわたつて取得した同一銘柄の有価証券で雑所得又は譲渡所得の基因となるものを譲渡した場合には、その譲渡につき法第三十七条第一項(必要経費)の規定によりその者のその譲渡の日の属する年分の雑所得の金額の計算上必要経費に算入する金額又は法第三十八条第一項(譲渡所得の金額の計算上控除する取得費)の規定によりその者の当該年分の譲渡所得の金額の計算上取得費に算入する金額は、当該有価証券を最初に取得した時(その後既に当該有価証券の譲渡をしている場合には、直前の譲渡の時。以下この項において同じ。)から当該譲渡の時までの期間を基礎として、当該最初に取得した時において有していた当該有価証券及び当該期間内に取得した当該有価証券につき第百五条第一項第一号(総平均法)に掲げる総平均法に準ずる方法によつて算出した一単位当たりの金額により計算した金額とする。


ご質問のような例は、「二回以上にわたつて取得した同一銘柄の有価証券・・・を譲渡した場合」には該当しないと思います。
(平成19年3月1日に譲渡したのは、平成19年2月1日に取得したものだけだから)


ついでにいうと「当該有価証券を最初に取得した時(その後既に当該有価証券の譲渡をしている場合には、直前の譲渡の時。・・・)から当該譲渡の時までの期間を基礎として」の部分も重要で、結局「総平均法に順ずる方法」というのは、いわゆる「移動平均法」のことになるのだろうと思います。

所得税法施行令第百十八条(譲渡所得の基因となる有価証券の取得費等)

居住者が法第四十八条第三項(譲渡所得の基因となる有価証券の取得費等の計算)に規定する二回以上にわたつて取得した同一銘柄の有価証券で雑所得又は譲渡所得の基因となるものを譲渡した場合には、その譲渡につき法第三十七条第一項(必要経費)の規定によりその者のその譲渡の日の属する年分の雑所得の金額の計算上必要経費に算入する金額又は法第三十八条第一項(譲渡所得の金額の計算上控除する取得費)の規定によりその者の当該年分...続きを読む

Q医学部の学生および卒業生の方いろいろと教えてください。

私は現在医学部を志望している高校3年生です。家庭の経済事情(母子家庭のため)により私立の医学部には行けないので、国公立の医学部を目指しています。質問は2つあります。1つ目は、奨学金のことですが、母子家庭なので、奨学金をもらって学生生活を送らないといけないのですが、私が住んでいる首都圏には、私の学力に合った大学はなく、どこかの地方の国立大学で、一人暮らしをして通学しないといけないので、奨学金をもらうことは絶対条件なのです。いろいろと調べたら、育英会以外に、民医連や徳洲会という団体のものも、ありました。しかし、卒業後に指定病院に勤務するという条件だと思うのですが、上記のような奨学金をもらったら、卒業後には指定病院以外では勤務できず、医師としての活動の場が限られてしまうのでしょうか?それとも、一定期間勤務すれば、あとは自由にしてもよいということなのでしょうか?上記の奨学金をもらった場合のメリットとデメリットを教えてください。2つ目は、卒業後勤務する場所なのですが、大学は学力の関係上、地方の大学に行くことになりますが、母と二人だけの母子家庭なので、できれば首都圏に戻ってきて、勤務して母と一緒に暮らしたいと思っているのですが、地方の大学の医学部に行って、卒業後は首都圏に戻って勤務できるのでしょうか?医学部に在籍されている方や医学部卒業の方からの、アドバイスお待ちしています。よろしくお願い致します。

私は現在医学部を志望している高校3年生です。家庭の経済事情(母子家庭のため)により私立の医学部には行けないので、国公立の医学部を目指しています。質問は2つあります。1つ目は、奨学金のことですが、母子家庭なので、奨学金をもらって学生生活を送らないといけないのですが、私が住んでいる首都圏には、私の学力に合った大学はなく、どこかの地方の国立大学で、一人暮らしをして通学しないといけないので、奨学金をもらうことは絶対条件なのです。いろいろと調べたら、育英会以外に、民医連や徳洲会という...続きを読む

Aベストアンサー

民医連に勤務した経歴がその後不利になることはあるか,という追加質問にお答えします。
民医連に勤務する医師の政治色は実際のところ薄くなってきているとおもいますが,病院経営者は保守系支持者が多いので若干の抵抗はあるかもしれません。私は地方にいるので関東方面の実情は分かりませんが,今後ともこういう傾向は薄らぎながらも続くと思います。どこにもいけないという事態にはならないとおもいます。現場レベルではまず問題にならないとおもいます。
民医連に行くデメリットとしては偏見の他に,中小規模の病院が多いので専門的な研修ができないかとおもいます。医者の世界では専門医志向が強いのが偏見以上に不人気の理由です。徳州会は病院によっては専門的な研修ができるところも有ります。が,一定期間の離島勤務も必須と聞いています。徳州会も医師会と仲が悪いですが人事で不利になることは聞いたことがありません。
とにかくいつでももらえるので紐付きはラストチョイスにして入学してから考えるのがいいでしょう。学校によっては医学部生には率の良いバイトがあることもあります。とにかく経済的理由で退学する人はあまり聞かないので苦労はあるでしょうが入学してしまえば何とかなると思います。

民医連に勤務した経歴がその後不利になることはあるか,という追加質問にお答えします。
民医連に勤務する医師の政治色は実際のところ薄くなってきているとおもいますが,病院経営者は保守系支持者が多いので若干の抵抗はあるかもしれません。私は地方にいるので関東方面の実情は分かりませんが,今後ともこういう傾向は薄らぎながらも続くと思います。どこにもいけないという事態にはならないとおもいます。現場レベルではまず問題にならないとおもいます。
民医連に行くデメリットとしては偏見の他に,中小規...続きを読む

Q接続の方法と種類

接続の方法に広帯域設定とフレッツ接続ツールを使っての設定があると思いますが、フレッツ接続ツールを使う場合、フレッツ接続ツールを接続にしてからInternet Explorerを起動しHP表示をしますよね?
こんな面倒な接続方法ですが、確かOSごとに広帯域接続をできるものとできないものとがあるのだったと思います。
その接続方法のOSごとの違い(Win、Mac共に知りたいです)を教えてください。
それからルーターを使った場合、フレッツ接続ツールは使う必要性はないのでしょうか?
もう1つダイヤルアップ接続の場合はフレッツ接続ツールを使うことはありますか?
すべてごっちゃになっているので、整理して教えていただけますでしょうか?

Aベストアンサー

ネット通信には規則が必要なのですが、ダイヤルアップ通信時代は、PPPを使っていました。
 Winでいうと、98、Me、2000までは、この方法によっています。
 XP以降、PPPOE接続によるイーサネット接続に代わりました。
 フレッツ接続ツールは、NTTと回線契約しますとXP,VISTAを使っているユーザーにも送ってきます
 ルータには、PPPOEが入っていますので、ルータを使えば、PCが98でも、XPでも接続設定はルータに作りますから、PCは関係ありません。

 「フレッツ接続ツールを使う場合、フレッツ接続ツールを接続にしてからInternet Explorerを起動しHP表示をしますよね?」
 ということですが、次の用に設定されたらどうでしょうか?
1、フレッツ接続ツールで接続設定を作る
2、フレッツ接続ツールで接続をする
3、IEを開きネットへの表示を確認する
   そのIEの画面で、「ツール」→「インターネットオプッション」→「接続」タブ→「通常の接続でダイヤルする」にチェックして、「適用」をクリック→「OK」
4、IEを閉じる
5、「接続」を切断する(右下の接続アイコンを右クリック→「切断」をクリック)
6、IEを起動する
7、ダイヤルアップ接続が出てくるので、次から自動で接続する、にチェックを入れる→「接続」をクリック
8、再度、ネットの表示を確認する
9、IEを閉じて、「接続」を切断する(右下の接続アイコンを右クリック→「切断」をクリック)
9、再びIEを自動で「接続」され、表示されます

 すにません、Macはわかりません。


 

ネット通信には規則が必要なのですが、ダイヤルアップ通信時代は、PPPを使っていました。
 Winでいうと、98、Me、2000までは、この方法によっています。
 XP以降、PPPOE接続によるイーサネット接続に代わりました。
 フレッツ接続ツールは、NTTと回線契約しますとXP,VISTAを使っているユーザーにも送ってきます
 ルータには、PPPOEが入っていますので、ルータを使えば、PCが98でも、XPでも接続設定はルータに作りますから、PCは関係ありません。

 「フ...続きを読む

Q現代医学とその他の医学

世界には現代医学以外にも、その他様々な医学があります。そしてそこにはいろいろな治し方、治療法が存在します。特に健康の先進国アメリカでは、メンタル的な部分から治療をする医学や、気の流れのようなもなで治療をする医学などたくさんあります。一部の医師の中で「現代医学では治らない病気を現代医学に頼るのは賢明ではない」という考え方があり、私自身もこの考え方に同意しています。

今世間いっぱんでは病気=現代医学という構図ができていて、どんな病気になっても、現代医学で治すことは不可能だと悲劇的なことを言われても、多くの人は現代医学の治療法を受けます。ほかの医学に目を向ければ何か道が開けるかも知れないのに、目の前には現代医学しかみえていません。

皆様、がん患者や、慢性の腰痛の患者、難病の患者、原因不明の病の患者の人たちが、医者に「治らない」といわれてもなお現代医学に頼るのはどうしてなのでしょうか?現代医学しか知らないからなのでしょうか?ほかの医学は、科学的証明に希薄なため信用がおけないからなのでしょうか?現代医学にだって解明できていないことはたくさんあるし、病に関することすべてが医学的、科学的な根拠で立証できるものではないのでは・・・?

ほとんどの人が現代医学だけにしか頼らない、という現状についてなにか意見を下さい。よろしくお願いします。

世界には現代医学以外にも、その他様々な医学があります。そしてそこにはいろいろな治し方、治療法が存在します。特に健康の先進国アメリカでは、メンタル的な部分から治療をする医学や、気の流れのようなもなで治療をする医学などたくさんあります。一部の医師の中で「現代医学では治らない病気を現代医学に頼るのは賢明ではない」という考え方があり、私自身もこの考え方に同意しています。

今世間いっぱんでは病気=現代医学という構図ができていて、どんな病気になっても、現代医学で治すことは不可能だと...続きを読む

Aベストアンサー

西洋現代医学というカテゴリーとそれ以外という図式で考えることが多いのでそのように話しをすすめます。その他に入るものはhafizさんがかかれた医療も入りますし、一番の大物は「東洋医学」とか「中(国)医(学)」と呼ばれるものだと思います。

おっしゃるとおり、現代西洋医学では立証もされずまた治療法がないものは山ほどあります。また治療法があっても「何故効くか」わからないものの方が多いともいえます。
科学的根拠から言えば確かに西洋医学の方が抜きん出ていますが、患者が治療場所を選ぶのは科学雑誌片手ではないのでおそらく他の部分に原因があると思います。

私自身が考えるのは
『施術者の社会的な信用』だと思います。漠然とした言い方ですが『きちんとした教育と学問の上に成り立った施術』であれば多くの共感が得られるのでは?と思います。少なくともどんなバカな西洋医でも6年の期間を費やし、国家試験を通過しそれなりに名の通った先人に教えられて研鑚した結果でなければ『独自の』医療は展開できません。人の体について考える以上、西洋医学でも基礎とされる解剖学や生理学は全ての医療の基本となると思いますが、少なくともここ日本におけるその他の医療者…施術者がこれを身につけているとは考えられないところが不安の種です。解剖学で骨に関して熟知していない人間が骨のずれなどわかるわけがない…本当はわかるのかもしれないけれど普通はそうは考えない。他も同様です。体のバランスを整えるなどと宣伝するもののでは真のバランスとは如何に?と聞かれて答えられるものはいるのか?そこが問題です。中医の中には完璧な生理学を修めている方は山ほどいます。そういった人が行うものに関してなら信頼はおける…そういう理屈です。

現代医学にだけしか頼らないのではなく、信頼できる医者が(一般的には)現代医学にしかいない(確かに中には変なのもいるが・・)というだけのことだと思います。
健康食品の宣伝などで、玉石混交といってもコンマ1以下しか玉はない(ほんとにあるのか?)というところです。

西洋現代医学というカテゴリーとそれ以外という図式で考えることが多いのでそのように話しをすすめます。その他に入るものはhafizさんがかかれた医療も入りますし、一番の大物は「東洋医学」とか「中(国)医(学)」と呼ばれるものだと思います。

おっしゃるとおり、現代西洋医学では立証もされずまた治療法がないものは山ほどあります。また治療法があっても「何故効くか」わからないものの方が多いともいえます。
科学的根拠から言えば確かに西洋医学の方が抜きん出ていますが、患者が治療場所を選ぶのは科...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報