簿記3級の試験勉強をしております。 過去問題集の第三問のところなのですが、どうしてもどうしても理解出来ずつまづいております。。。
どうかお力添え下さいませ(;_:)

決算にさいして行われた仕訳と、繰越試算表にもとづいて決算整理前合計試算表を作成せよ。という問題の中で・・・

★貸倒引当金に関する決算整理仕訳(差額補充法)
問題文に記入されているのは
仕訳…(借)貸倒引当金繰入 15600 (貸)貸倒引当金 15600
繰越試算表…(貸)貸倒引当金 25600

答案用紙に記入されているのは
(借)取崩額 5000

です。 解答説明をみてみると

        貸倒引当金
--------------------------------------------
|答案用紙より→5000  | 前期繰越    |
----------------------| (   ? ) |
 繰越試算表より      |--------------------
       25600      | 繰入額  15600

答えは15000円ということなのですが、恥ずかしながらさっぱり理解出来ません。。。
超初心者申し訳ないですが、詳しい方、お教え下さいませ。
御願いいたします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

『貸倒引当金』勘定の埋め方は?


・期首残高は貸方に前期に計算した金額を書きます。現時点では不明ですね。
・期中に発生した取り崩しは、借方に書きます。5,000ですね。
・決算整理で計上する金額は、その時によって貸方に書く場合と借方に書く場合があります。今回は貸方で15,600ですね。
・決算整理後の繰越試算表により、今期の貸倒引当金勘定の残高は25600ですね。
以上4つの事柄から、次の計算式が式が成り立ちます。[簿記の大原則:借方合計と貸方合計は一致させる]
 取崩額  +期末残高  =期首残高+繰入額
 5,000+25,600=????+15,600
すると・・・式の左側の合計は30,600ですから、
 30,600=期首残高+15,600
期首残高は15,000でないと計算式が成り立ちませんよね。
この計算式を図にしたのが解答説明に出ている図です。

『差額補充法』とは?
簡単に書けば、期末残高が今期末に計上すべき貸倒引当金の金額になるようにするために必要な金額のみを計上する方法。因みにもう一つの方法は「洗い替え法」といいます。
今回の問題を使えば、次の数値から15,000(=25,600-10,600)であり、残高は決算整理前より増えているので、その金額は貸方に書く事となる[簿記の原則:貸倒引当金の増加は貸方]
・期末残高25,600
・決算整理前の勘定残高10,600(=期首15,000-取崩5,000)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく説明していただきありがとうございました!!
なかなか私にとっては難しいですが、頑張ります!

お礼日時:2009/05/28 08:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貸倒引当金の洗替法について

貸倒引当金の洗替法について

決算前の戻入れで、
借方 貸倒引当金 貸方 貸倒引当金戻入益
となり、

新たに貸倒見積高の計上で、
借方 貸倒引当金繰入額 貸方 貸倒引当金
となりま

すが、
貸倒引当金戻入益は収益の増加となり、貸倒引当金繰入額は費用の増加になると思いますが、それぞれの貸倒引当金はどのような解釈となるのでしょうか?

Aベストアンサー

>貸倒引当金戻入益は収益の増加となり、貸倒引当金繰入額は費用の増加になると思いますが、それぞれの貸倒引当金はどのような解釈となるのでしょうか?

・引当金は、B/S科目です。

Q貸倒引当金と貸倒引当金戻入について

いつもお世話になります。
簿記3級の勉強中です。
精算表作成の問題で、少し理解しにくい箇所についてお尋ねいたします。
「貸倒れ引当金」は貸借対照表の方に記入しますが、これは負債という意味でしょうか?どうして負債ととらえるのでしょうか?
また、貸倒引当金戻入についてですが、こちらは費用という意味で損益計算書に記入しますが、どうして費用ととらえるのでしょうか?
なんとなく理解できるものの、実ははっきりとわかっておりません。
どなたかわかりやすく教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

貸倒引当金の残高は貸方にあって、売掛金等の回収見込額はこの勘定の金額を
売掛金勘定から差引くことにより求められます。

そのため貸倒引当金勘定を【評価勘定】といいます。
ですから負債でもなければ資産のマイナスでもありません。

尚、日商簿記検定においては出題区分表の改定に伴い、
差額補充法及び洗替法の用語は削除されました。
(貸倒引当金の繰入額と取崩額とは相殺表示され
差額補充法に一本化されたため)

貸倒引当金繰入=費用
貸倒引当金戻入=収益

となります。

Q「貸倒引当金」勘定科目について・・・。

D学校で財務諸表論では「貸倒引当金」は、「貸倒引当金額」と記載する様にと習い、それと平行して簿記論においても「貸倒引当金額」の記載が許されていました。
今現在O学校に通っています。
いつもの癖で「貸倒引当金」を、「貸倒引当金額」と書いて「×」されました。2~3人くらいの学者さんの本にも「貸倒引当金」は出てきても「貸倒引当金額」出てこないのです。
「貸倒引当金額」は間違いなのでしょうか?
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

貸倒引当金を繰り入れる場合は次の仕訳になります。

貸倒引当金繰入 ***** /貸倒引当金 ******


戻入れの場合は、次の仕訳になります。

貸倒引当金 ****** / 貸倒引当金戻入益 *****

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.jah.ne.jp/~maechan/boki11.htm

Q連結税効果会計 内部取引 貸倒引当金繰入

以下の問題の読み取りが難しいです。

問題文

P社がS社の株を80%所有し連結子会社としている
P社の売掛金に5000円S社に対するものが含まれている
P社は売掛金期末残高に対して2%の貸し倒れ引当金を計上している
(税法上の損金算入限度額)
税効果会計を適応する税率40%

この時、テキスト答えでは

貸倒引当金  1000 / 貸倒引当金繰入1000
法人税等調整額 400 /  繰越税金負債 400
*問題文より、個別会計上においては一時差異は発生していない事が読み取れる。

とあります、ここで2つの疑問です。

もし問題文に(税法上の損金算入額は100である。)だった場合、損金不算入が300の為

個別会計上
貸倒引当金繰入 1000 / 貸倒引当金  1000
繰越税金資産   120 / 法人税等調整額 120

と計上されている為

貸倒引当金  1000 / 貸倒引当金繰入1000
法人税等調整額 400 /  繰越税金負債 400
法人税等調整額 120 / 繰越税金資産   120 

という連結修正仕訳になるのでしょうか?

以下の問題の読み取りが難しいです。

問題文

P社がS社の株を80%所有し連結子会社としている
P社の売掛金に5000円S社に対するものが含まれている
P社は売掛金期末残高に対して2%の貸し倒れ引当金を計上している
(税法上の損金算入限度額)
税効果会計を適応する税率40%

この時、テキスト答えでは

貸倒引当金  1000 / 貸倒引当金繰入1000
法人税等調整額 400 /  繰越税金負債 400
*問題文より、個別会計上においては一時差異は発生していない事が読み取れる。

とあります、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

非常に細かい論点ですね。気になって手持ちの問題の記述を調べてみました。結果、「税法上の損金算入限度額」に類する記述が有るものと無いものがありました(より正確に言えば、商品がP→Sと販売され連結相互間の売掛金がP社にある場合には上記記述があり、反対の場合には記述がありませんでした。子会社は親会社に対して税法上の損金算入限度額以上の貸倒引当金を計上することはないという前提でしょうか?)。

ご質問にある、

>もし問題文に(税法上の損金算入額は100である。)だった場合、損金不算入が300の為
・・・・
という連結修正仕訳になるのでしょうか?//


ですが(上記記述ですが、税法上の損金算入額は700ではないですか?)、「連結財務諸表における税効果会計に関する実務指針(会計制度委員会報告第6号、最終改正平成23年1月12日)」第20項及びその解説である第51項によると、ほぼaaaiiyudaさんのお考えのとおり、P社の貸倒引当金損金算入限度額超過分に相当する繰越税金資産の取崩しが必要なようです。しかし、

貸倒引当金  1000 / 貸倒引当金繰入1000
法人税等調整額 400 /  繰越税金負債  400
法人税等調整額 120 / 繰越税金資産   120 

ではなく、

貸倒引当金  1000 / 貸倒引当金繰入1000
法人税等調整額 280 / 繰越税金負債  280
法人税等調整額 120 / 繰越税金資産  120 

となるようです。つまり損金不算入額300に対応する繰越税金資産を取崩し、さらに連結会計上相殺消去するが、損金算入限度額内である700(1000-300)のみが繰越税金負債計上対象額となり、結果相殺消去される貸倒引当金1000に対する税効果会計上の連結会計対個別会計の差異額が400となるということです。

これを問題として出すには、ちょっと複雑すぎますね。そのため繰越税金負債の計上だけで済むよう、「税法上の損金算入限度額」という文言を入れているのかもしれません。

(「連結財務諸表における税効果会計に関する実務指針」をご覧になりたい場合には、下記参照URLを開いて、下の方にある「同意する」をクリックしてください)

参考URL:http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/1011_3.html

こんにちは。

非常に細かい論点ですね。気になって手持ちの問題の記述を調べてみました。結果、「税法上の損金算入限度額」に類する記述が有るものと無いものがありました(より正確に言えば、商品がP→Sと販売され連結相互間の売掛金がP社にある場合には上記記述があり、反対の場合には記述がありませんでした。子会社は親会社に対して税法上の損金算入限度額以上の貸倒引当金を計上することはないという前提でしょうか?)。

ご質問にある、

>もし問題文に(税法上の損金算入額は100である。)だった場合、...続きを読む

Q簿記の、貸倒引当金の質問です。おしえてください。

期末売掛金残高 10300円と期末受取手形残高 30000に対し、2%の貸倒引当金を差額補充法により設定する。なお、貸倒引当金残高 500円であった。また、期中に売掛金 300円(前期発生分)が貸し倒れたが未処理であった。


答案 

借方科目   金額   貸方科目   金額
  ?      ?      ?      ?


?に答えを記入する問題でした。
しかし、 

貸倒引当金繰入  306  貸倒引当金   306

貸倒引当金     300  売掛金      300

と記入したら間違えと判断されました。

1行目に
貸倒引当金     300  売掛金      300

2行目に
貸倒引当金繰入  306  貸倒引当金   306

と記入しなければ間違えになってしまうのかをsじりたいです。
また、答えじたいが間違っているのかを知りたいので、どなたか教えていただきたいです。

Aベストアンサー

未処理事項と決算仕訳の順番はどっちでもいいと思います。
これは金額が間違ってるのだと思いますよ。

未処理事項300円を考慮すると売掛金が300減ってるので
期末の債権は1万+3万=4万円
つまり4万×2%=800円が引当金にならないといけない。
残ってる引当金は500-300=200円
だから繰入額は600円

つまり
貸倒引当金    300  売掛金     300
貸倒引当金繰入  600  貸倒引当金   600

となるわけです。
未処理は期中事項なので先にやらないと本問のようにズレたりします。

Q不渡手形【貸倒損失か貸倒引当金どちら?】

貸倒れ引当金の残高があり、売掛金が回収不能になった場合、
(1)その売掛金が前期に発生したものならば貸倒引当金を充当
(2)今期発生分なら貸倒損失 になりますよね。

不渡手形の場合に、どう処理するのが正しいのか悩んでいます。

(例) 貸倒れ引当金の残高があり、受取手形が不渡りになった場合

不渡手形 XX 受取手形 XX
           現金等 XX

 【回収できなかった場合】
 (A)貸倒損失 XX 不渡手形XX
   OR
(B)貸倒引当金 XX 不渡手形XX

 【回収できた場合や間に裏書人が入っていた場合】
 現金等 XX 不渡手形XX



貸倒引当金残高がある場合、(A)、(B)どちらが正しいのでしょうか?
(売掛金の場合と同じく不渡手形が発生したタイミング等で異なるのか否か、、etc)

できれば理由も合わせて教えていただけると助かります。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

> 売掛金の場合と同じく不渡手形が発生したタイミング等で異なるのか否か
貸し倒れ引当金を計算する際に対象となる債権に含まれていたのであれば『貸倒引当金』。その後に発生したものであれば『貸倒損失』。
ですから、3月決算法人だとすれば
・3/31現在所有していた手形
・3/31現在の売掛金
・3/31現在の売掛代金に対する手形
この3つに対しては『貸倒引当金』となりますが、4月以降に発生した売上代金に対する手形が不渡りになったのであれば、『貸倒損失』です。

Q貸倒引当金繰入超過額について

貸倒引当金差額戻入と繰入なんですが、
前年度と今年度を比較し、前年度は戻入額が前年度貸倒引当金繰入額(プラス)で繰入が当年度貸倒引当金繰入額(マイナス)となっており、貸倒引当金差額戻入が発生しました。今年度は戻入額が前年の繰入額(同金額マイナス)で繰入額が今年度の貸倒引当金繰入額(プラス)で貸倒引当金差額繰入が発生しました。
前年の別表4の貸倒引当金繰入超過額は当年度の貸倒引当金繰入額がそのまま超過額となっているのですが、今年度の超過額は貸倒引当金差額繰入分だけが超過額です。
前年度は繰入額すべてが超過額だったのに、今年度は
差額繰入分だけが超過額となるのはなぜでしょうか?
質問が長くなってしまい済みません。
どなたかご回答おまちしております。

Aベストアンサー

おはようございます。

ご質問の前提は次のようでよろしいのでしょうか?
この前提で説明します。

-前提-
【前期】
・貸倒引当金 100/貸倒引当金戻入100
・貸倒引当金繰入 80/貸倒引当金 80
・貸倒引当金戻入 80/貸倒引当金繰入 80
 →一度、総額で洗い替え処理し、差額戻入処理をしています
(法人税別表4)
・貸倒引当金繰入限度超過額80

【当期】
・貸倒引当金 80/貸倒引当金戻入 80
・貸倒引当金繰入100/貸倒引当金 100
・貸倒引当金戻入 80/貸倒引当金繰入 80
 →一度、総額で洗い替え処理し、差額繰入処理をしています
(法人税別表4)
・貸倒引当金繰入限度超過額20
  →これで良いのか?80では無いのか?と言う質問ということで説明します。
    尚、税務上の繰入限度額はご質問の文面から「0」として説明します。


結果的には、zxcvbnmnbvcxzさんの回答と同じになってしまいますが、結果OKとなります。

法人税でも所得税でも、原則として、前期に繰り入れた貸倒引当金の金額は、翌年の戻し入れし、収益計上する事となっています。特例として、差額繰入・戻入も認められています。(法人税法52条9項、所得税法52条3項)

従って、原則に従った別表ということであれば、「当期」の別表4は、
・貸倒引当金繰入限度超過額 100(加算)
・貸倒引当金繰入限度超過額認容 80(減算)
となります。

税務上の繰入限度額が無いと言うことであれば、全額が損金不算入となりますので、結果として、20の差額部分のみを加算処理しても、最終的な課税所得の金額は同じとなりますので、税務申告上は問題ありません。

ただし、あまり一般的な処理ではないと思いますので、会計処理上はともかく、別表処理上はネットせずに、グロスで洗い替え処理した記載・表示の方が、後々担当者が代わったときなどには理解しやすいのではと思います。

おはようございます。

ご質問の前提は次のようでよろしいのでしょうか?
この前提で説明します。

-前提-
【前期】
・貸倒引当金 100/貸倒引当金戻入100
・貸倒引当金繰入 80/貸倒引当金 80
・貸倒引当金戻入 80/貸倒引当金繰入 80
 →一度、総額で洗い替え処理し、差額戻入処理をしています
(法人税別表4)
・貸倒引当金繰入限度超過額80

【当期】
・貸倒引当金 80/貸倒引当金戻入 80
・貸倒引当金繰入100/貸倒引当金 100
・貸倒引当金戻入 80/貸倒引当金繰入 80
 ...続きを読む

Q貸倒引当金に関するこの仕訳を教えてください

設問:当期中に売掛金7,000(前期以前に生じた売掛金3,000及び当期に生じた売掛金4,000)が貸し倒れだが未処理である。←この設問に、2,700の貸倒損失と5,000の貸倒引当金が既に存在していました。

正答は:
貸倒引当金 3,000    売掛金  7,000
貸倒損失  4,000

と書いてありますが、どうしても納得いかず、自分の感覚だと:
貸倒引当金 5,000    売掛金  7,000
貸倒損失  2,000

どこが違ってたのでしょうか、詳しく優しくお願いします。

Aベストアンサー

前期に行った仕訳例を考えてみましょう

前期末における債権1,000,000円に対して0.5%の貸倒引当金を設定した

貸倒引当金繰入 5,000  貸倒引当金 5,000
 
「貸倒引当金繰入」という費用の勘定を使うことにより、これはすでに前期の費用で処理され、「貸倒引当金」という負債が計上されました。
今期中に発生した売掛金4,000に対しては引当金は設定されていないので、引当金を取り崩してしまうと、正しい期間計算ができなくなってしまいます。 したがって
  貸倒引当金 3,000 売掛金 3,000(前期以前分)
  貸倒損失 4,000  売掛金 3,000(今期分)
 と分けて考える必要があるのです。 
  

Q貸倒引当金の処理について

弥生会計を導入している法人です。

今回の決算で貸借対照表を見ていた時に、貸倒引当金 △150,000となっていたので気になり調査しました。

7期前に、下のような仕訳が計上されているのを発見しました。

借方               貸方              摘要
貸倒繰入額(販) 150,000  貸倒引当金(売) 150,000  貸倒引当金設定

その後、貸倒引当金に関しての仕訳は見当たりません。
本来であれば、同じ会計期(第2期)に、処理をしなくてはいけなかったようです。

今期で修正するためには、どのように仕訳して、摘要に記載しておけばよいのか分かりません。

借方               貸方                  摘要
貸倒引当金(販) 150,000  貸倒引当金戻入(売) 150,000  第2期未処理分の貸倒引当金戻し入れ処理

これでよいのでしょうか。ご教授お願いいたします。 

Aベストアンサー

貸倒引当金は、いったん計上したら、その後は毎期末に見直しを行います。

見直しをして、増加したら差額を増額計上し、減少したら差額を減額計上します。法人の経営が続く限りは、貸借対照表の貸倒引当金の金額が消滅しない(ゼロにならない)のが普通です。
〔参考〕貸倒引当金は貸借対照表の資産の部にマイナスで表示されます。


さて、7期前の期末に、

〔借方〕貸倒繰入額150,000/〔貸方〕貸倒引当金150,000
【摘要欄】貸倒引当金繰入れ

と仕訳したのであれば、

6期前の期末に貸倒引当金を見直して、163,000円が正しいのであれば、

〔借方〕貸倒引当金繰入額13,000/〔貸方〕貸倒引当金13,000
【摘要欄】貸倒引当金繰り入れ

と仕訳して、貸倒引当金を13,000円増額させるべきでした。

そして、5期前の期末に貸倒引当金を見直して、148,000円が正しいのであれば、

〔借方〕貸倒引当金15,000/〔貸方〕貸倒引当金戻入益15,000
【摘要欄】貸倒引当金戻し入れ

と仕訳して、貸倒引当金を15,000円減額させるべきでした。

以上、ご参考に。

貸倒引当金は、いったん計上したら、その後は毎期末に見直しを行います。

見直しをして、増加したら差額を増額計上し、減少したら差額を減額計上します。法人の経営が続く限りは、貸借対照表の貸倒引当金の金額が消滅しない(ゼロにならない)のが普通です。
〔参考〕貸倒引当金は貸借対照表の資産の部にマイナスで表示されます。


さて、7期前の期末に、

〔借方〕貸倒繰入額150,000/〔貸方〕貸倒引当金150,000
【摘要欄】貸倒引当金繰入れ

と仕訳したのであれば、

6期前の期末に貸倒引当金...続きを読む

Q3級 決算整理仕訳 貸倒

いつもお世話になっております。



精算表の問題で仕訳の回答がなく、解からないのでご教授願います。


問題

期末修正事項

受取手形と売掛金の期末残高に対し、2%の貸倒を見積もる。貸倒引当金は期末残高に実績法(補充法)によって計上すること。

売掛金    借方 65,000 
受取手形   借方 40,000
貸倒引当金  貸方 1,000


65,000 + 40,000 * 0.02 = 2,100


この「2,100」の仕訳ってどうなるのですか??


貸倒損失  2,100/  売掛債権  2,100
ですか?
        
でここからどうすればいいのかわかりません。







答えを見てみると
整理記入欄に
貸倒引当金   貸方  1,100
貸倒引当金繰入 借方  1,100

になっています。






なので
貸倒損失  2,100/  売掛債権  2,100 

         ↓

      ??  / ?? 

         ↓

貸倒引当金繰入  1,100/貸倒引当金  1,100

になると思うのですが何が入るのでしょうか?






ちなみに
「当期分の売掛債権は貸倒引当金の取り崩しはできない」
暗記しているんですが間違っていますか??




あと
精算表の勘定科目欄に「貸倒損失」があることはあり得ないのですか?




よろしくお願い致します。

いつもお世話になっております。



精算表の問題で仕訳の回答がなく、解からないのでご教授願います。


問題

期末修正事項

受取手形と売掛金の期末残高に対し、2%の貸倒を見積もる。貸倒引当金は期末残高に実績法(補充法)によって計上すること。

売掛金    借方 65,000 
受取手形   借方 40,000
貸倒引当金  貸方 1,000


65,000 + 40,000 * 0.02 = 2,100


この「2,100」の仕訳ってどうなるのですか??


貸倒損失  2,100/  売掛債権  2,100
です...続きを読む

Aベストアンサー

受取手形と売掛金の期末残高に対し、2%の貸倒を「見積もる」。
ですので、まだ実際に貸し倒れたわけではありません。
あくまで翌期に貸し倒れが生じることを予想するだけです。
ですので、「貸倒損失」は発生してませんし、「売掛債権」も減少してません。

よって・・・・
 貸倒損失  2,100/  売掛債権  2,100 
この仕訳は必要ありません。
(これは期中に貸し倒れが「実際に発生」したときの仕訳です)

で、本問の場合、「見積もった額」が2,100円ですよね。
しかし今回は「補充法」ですので、すでに貸倒引当金が1,000円設定されているはずです。
最終的に2,100円の貸倒引当金が計上されればいいので、2,100-1,000=1,100円だけ繰り入れることになります。
だから
貸倒引当金繰入  1,100/貸倒引当金  1,100
なのです。

ちなみにこれが「洗替法」なら
貸倒引当金繰入  2,100/貸倒引当金  2,100
貸倒引当金  1,000/貸倒引当金戻入  1,000
となります。
(まだ勉強してなかったら気にしないでください)

受取手形と売掛金の期末残高に対し、2%の貸倒を「見積もる」。
ですので、まだ実際に貸し倒れたわけではありません。
あくまで翌期に貸し倒れが生じることを予想するだけです。
ですので、「貸倒損失」は発生してませんし、「売掛債権」も減少してません。

よって・・・・
 貸倒損失  2,100/  売掛債権  2,100 
この仕訳は必要ありません。
(これは期中に貸し倒れが「実際に発生」したときの仕訳です)

で、本問の場合、「見積もった額」が2,100円ですよね。
しかし今回は「補充法」です...続きを読む


人気Q&Aランキング