ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

文章が幼い!日本人なのに日本語が下手!素敵な文章を書きたい!

「しっかりした文章書く人」「文才ある!」と思われるような文章を書けるようになりたいです!

根本的な原因は分かりませんが、とにかく日本語が下手だとか、文章が幼いだとか、
友人からも教授からも言われます。


具体的には
「何を言ってるのか意味が分からない」
「2行で言える事5行で書くよね」
「誰にでも分かる言葉で説明してくれるよねww」
「インプットの能力は高く、頭もキレるけど、アウトプットの能力がなさ過ぎる・・・」
「もっと賢そうな語彙を使って文章書けよ。」 
「絶対、卒論っぽい文章を書くのに苦労すると思うよw」
「結局何がいいたい?」
「あそこど言葉使うのやめてくんない」
「話がつまらないw」
「言い方の問題だよ。もっと良い風に伝えられるのに・・・勿体ないよね」
「お前の抱える諸問題は言語能力を上げれば8割型解決する」
と、ここ一ヶ月で言われた気がしてます。

高野秀行さんや竹内久美子さんのように、惹きつけられ、ッスと頭に入ってきて、イメージしやすくて、説得力のある文章をかけるようになりたいです。

何をしたらよいのでしょうか?

本や新聞を読んで語彙をつけるのと、
ロジカルシンキング本とかを読んで論理性を高めることですかね?
去年の夏休み、結構「考具」の本とか何冊も読んだんですけどね汗。。


しゃべったり、ブログ書いてるだけで、
もうアホな日本語を垂れ流してて
生き恥みたいです!

文章だけでも賢そうに書きたいです!
どなたか助けてください!


あー!
今も頭の中にモヤッとしているイメージを全て言語化できなくて苦しい!
この「苦しい」って感じも、頭の中にあるイメージとはちょっと違う!
まぁいいや!
全てダンスとか絵画で会話する世の中になったらエエのに笑


すいませんw
もうすぐ24歳なので、
本気でバカを治したいです・・・・。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

No.7です。



書き直した文章と、指摘を受けた文章を読みました。
まず、後者の添削をします。

日本語の文章としては、大きな問題はないと思います。(おかしい部分は他の方が既に指摘されているので割愛します)
ただし、伝え方の点では拙さが見られます。

とくに、ストレスを感じる3つの点については説得力がありません。
3つの点は、一般的に見てそれほど特異なことではなく、人によっては当たり前のことです。
したがって、どうしてそれらがストレスになるのかが伝わりにくいです。
ストレスになる理由をしっかり伝えるには、どんな学生がいるのかという例だけではなく、
それらの学生との接触を不快に感じるあなた自身の性質・性格についても触れる必要があります。
”毎日刺激に晒されることに不慣れであるが故に”と書かれてはいますが、これだけでは漠然としていて弱いです。

また、克服するための手段にも説得力がありません。なぜ、その方法で克服できるのでしょうか。
「相談する」「本を読む」と具体的な行動が書かれているように見えますが、それだけで本当に解決するのでしょうか。
それで解決する見込みがあると思っているなら、その理由も書きましょう。
そうでないと、結局は「とにかく頑張る」と言っているだけにしか捉えられません。


結局のところ、あなたの文章には客観性が欠けていると思います。
ご自分でも小学生の日記を例に挙げていらっしゃいますが、確かにそれに近いです。
日本語自体に重大な問題がなくても、内容がかなり一方的だと感じます。
何を見てどう感じたかは伝わっても、
「どうしてそう感じたのか」、
「感じたことからどうしてその結論が出てきたのか」、
ということが理解しにくいです。
あなた自身にはあまりにも自明であるために、説明の必要を微塵も感じないかもしれませんが、
あなたのことを知らない赤の他人に理解させるためには説明が必要です。

改善する方法として、ゆっくりと声に出して読み返すことをお勧めします。
黙読は自分一人の頭の中だけで完結してしまうので、他人に伝わりにくい文章があっても気づかないことが多いです。
声に出して耳から入ってきた言葉を聞きながら読むと、ある程度客観性が増すと思います。
また、自分ではない他人になったつもりで読むことも重要です。
私自身、自分の書いた文章を音読すると「何言ってんだ、コイツ」と思うことがあります。


補足の文章を読んでいる限り、今後上達していける素養は十分にあると思います。
いろいろと文章上達関係の本を読むのも良いですが、自分自身のチェック能力も高めるように訓練されると良いと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます!
そして、「朗読する」という具体的アドバイスありがとうございます!

そうなんです!!!
自分で「当たり前」と思っている事は、「みんなの当たり前」と感じている節があり
(どこまでが「みんなの当たり前」であるのか、ないのかが分かっていない)
自分の考えを親切に他人に説明する事が本当に下手なんです。

朗読してみましたが、息継ぎしづらい文章ですね。
だめだぁ。

でも、頑張ります!

朗読、恥ずかしいですがやってみます!
本当にありがとうございます!!1

お礼日時:2010/04/26 12:22

つづきです。



「「敵対でも親密でもない大人同士の関係、そのための儀礼的な言動パターン」
このような日本語が書けるようになりたいと」

文章は意味を伝える道具、純粋に手段ですよ。
あなたはそれを半ば目的化しているから妙な文章になってしまうのです。
熟語を巧みに組んだ密度の高い文章はその必要に応じて
結果として生まれます。

まず伝えるべき内容が正しいかが問題です。
非お洒落は相手が悪いけれど
雑多で動物園は自分も相手からは異種動物なのだから
自分中心に述べるのはおかしいし、
社会人は子供が大人になったもので自分はそこに到達して
いないのだから相手の方が優れており、
横並びの違いではなく、自分が社会性を獲得するよう努めるのが正しい。

添削は作文のテクニック論なので内容についてあとまわしにしました。
作文力と内容の正誤は別かというと直結しています。
正しい内容を得る力と作文の力は同類だからです。
まず頭の中で考える際も作文なのだから。
また、まずい料理をきれいな器に入れてもどうしようもないので
内容が先決問題です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。そして遅くなってしまって申し訳ありません。
私自身の人間性の幼さが 文章表現が上達しない理由の一つなのですね。

内容に関してですが
自分が成長しなければならないのは勿論ですが、
「あれを嫌だ」「これを不快だ」と感じた事を素直に表現してみただけです。

一部の高尚な人は除き、
そういう気持ちを持ち合わせてる人も多いのではないかな?と思います。

もしそうではなく
他人を批判したり、不快だと思ったりするような感情は無い
または
そのような感情を自分の中でタブー視し、押し殺している
事が
一般的だというのなら
私の人間性が稚拙すぎるのだと思いますがね。


ともかく貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2010/06/19 18:35

戦後65年、英語汚染によって、正しい日本語の存続が危ぶまれるこの時期に、正しい日本を希望する青年がおり、その願いに真摯に応えようとする日本人がいること知り感激しております。



私は日本語の専門家でもなく、人様にどうこう申し上げる立場ではございませんが、思うところを少々述べさせていただきます。

1.文章の鍵となる言葉は正確に使いましょう。
他者の言を引用する形ではあるものの、ご自身の文章が幼いと書かれていますが、この場合、幼いは妥当な言葉でしょうか?
「ぼく、おっぱいがほちいの、、。ばぶばぶ」というのは明らかに幼い言葉ですが、質問者さんは、一応、てにをは、を使い分け、漢字や外来語も使っているので、幼いというと、違和感があります。
文章全体を読んでから戻れば、「拙い」が正しいと思います。

(原文)文章が幼い!日本人なのに日本語が下手!素敵な文章を書きたい!
(改善)文章が拙い!日本人なのに日本語が下手!素敵な文章を書きたい!


2.カタカナ語の使用に際しては十分注意しましょう。
日本人は漢字の言葉に関しては意味を正確に理解する素地がありますが、カタカナになった途端、意味不明なまま看取する傾向があります。

たとえば、ファッショナブルという言葉をお使いですが、意味は明確ですか?
ファッショナブルとは、当世風の、という意味であり、おしゃれなという意味を必ずしも持ちません。
逆に、お洒落なという日本語は、男性の場合、ダンディという言葉になります。
些細なことに思いがちですが、同じ文章で「ファショナブルな」と「お洒落な」を同時に使っているために、正しい意味で使われているかが問われ、文章の質が低下しています。
(原文)@@@にもファッショナブルでない学生は存在したが、***大学においては割合が高いように感じる。
(改善)@@@にも当世風でない学生は存在したが、***大学においては割合が高いように感じる。
(改善)@@@にもお洒落でない学生は存在したが、***大学においては割合が高いように感じる。

一度、ご自分で書いたすべてのカタカナ語に関して、ご自分で意味を理解しているかを検証し、必要に応じて辞書を引いてみることをお勧めします。

3.四文字熟語の使用に際しては、正確な意味、用法を確認しましょう。
日本語に、中国伝来の四文字熟語を挿入すると格調高くなりますね。
しかし、それが誤用であったり、誤字であったりすると、お里が知れます。
質問者さんの文章では、
一生懸命 => 一所懸命 が挙げられます。
意味がお分かりですか?

かつて、日本国を代表する高級官僚が公共の電波で談話を発表する時、侃々諤々と喧々囂々を混同し、「喧々諤々」と言っていたのを覚えています。しかも、自信満々にね。
東京大学を優秀な成績で卒業した方かも存じませんが、これは日本の恥が、世界に放映されたことになります。

自信の無い四文字熟語は辞書を引いてから使いましょう。


4.言葉自体に間違えがなくとも趣旨が異なってしまうことがあります。
>「しっかりした文章書く人」「文才ある!」と思われるような、、
とありますが、どちらを求めているのですか?両方同時ですか?

文章全体を読んでみると、文才までは求めていないことが理解できます。

文才がある:優れた詩文を作る才能がある。
筆が立つ :文章がうまい。

質問者さんは「筆が立つ」ということを目標にしながら、「文才のある」と書いてしまったのではないでしょうか?


5.ブログで文章を磨こうとお考えですか?
ブログとはWeb Logが詰まってできた言葉ですからLogです。
Logとは、航海日誌の意味で、転じて、実験記録や工程日誌、運転日誌などの意味になります。
このLogを残すのに文章が上手である必要はなく、日本語であれ、英語であれ、決まった用語と限られた語彙を使い、発生日時や発生場所などを、冗長であっても最大漏らさず記入するということが求められます。
読む人のためを考えて作られる文章とは全く正反対の記録ですから、これをいくら書いたからといって「筆が立つ」ようにはなりません。

近頃の青少年の文章が、読む人のことを考えずに、自身の思考過程を逐一記録するような形式が多いのはブログの影響ではないかと訝ります。

ちなみに、同じ日記・日誌でも、その内容が即物的なものから、より高度な考察を含んだものになるに従い、
Log => Diary => Journalという言葉を使い分けます。

カタカナ語で使う場合もこの原義を踏まえて使う方が安全と思います。

いやぁ、人様の文章に関して批評するなんて、天に唾するようなもんだが、今日はなぜだか、うれしいぞ!
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
また、遅れてしまってごめんなさい。
以前の回答も含めて読んでくださってありがとうございます。

(一生懸命・一所懸命に関しては、行政の公式な文章でも一生を用いていたり、私の使っているパソコンでも「一生」としか変換されなかったり・・・誤用が一般化してきたんですかね・・・よく知りませんが・・・)

「幼い・拙い」、「ファッショナブル・当世風・お洒落・ダンディ」など、自分で「分かったつもり」になっている言葉が多いと思っています。しかし、「意味を間違って覚えている」と認識する事が結構難しいと思っています。

ちなみに4に関しては、
なんとなく良い文章を書きたいと思っているのですが、
具体的な理想像が無いので、適当に言葉を書き並べたら、
なんとなく伝わるかなぁ・・・と思ったというだけです。
いい文章と詩文が書ける能力を持ち、また、書けるようになりたいです。
ただ、色々な回答をいただいている中で、
・分かりやすい、シンプルな文章を書く(言い換える事でどんどん文章を短くしていく)事が
とりあえずの初期目標なのかなと感じるようになりました。


5に関してですが、
最近、何かで「インプットが少なくてもアウトプットし続けろ」という記述を読み、
どなたかの回答を読み、それをふと思い出したという感じです。
とりあえず、書く量も少ないので、量を増やすことも
質を高める事について 少しは関係があるのではないかなぁと考えております。


色々とありがとうございます。

お礼日時:2010/04/26 12:14

>基本的な質問ですが口語体でない書き言葉は存在するのでしょうか



勿論ありますよ。現在では殆ど使われなくなってしまいましたが、「文語体」というのがあります。日本の古文の言葉は基本的に文語体でした。この言葉は、日常会話で使っている言葉とは随分違っていました。実は、文語体は平安時代ごろの口語体だったようで、今の口語体が口語を洗練させて書いたように、その当時の口語を洗練して書いたものです。しかし、文章は形に残りますので、皆が美しいと認めるようになった後では、その形を変えることに抵抗があり、時代と共に、口語と文語の差がどんどん大きく開いて行ってしまったのです。

その文語体は今では完全に使われなくなってしまったかと言うと、そんなことはありません。今でも、口語体の中に「武士は食わねど高楊枝」の「食わねど」とか、「急がば回れ」の「急がば」ように、諺や故事を挿入する時には、文語体表現が頻繁に使われています。これを口語体で言ってしまったら、締まりがない言葉になってしまうと言うことに同感してくれると思います。

貴方が日常会話や文章を書く時に、どんな文語を使っているか考えてみるのも面白いですよ。きっと、貴方が考えているよりも貴方自身いっぱい使っていると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事遅くなりました。
なるほど!大変勉強になりました。

「美しき××」もきっと文語体ですね。
日本語も変わり続けているのですね!

面白いです!

お礼日時:2010/04/26 11:53

つづきです。


添削をします。

[意味が同じなら字数が少ないほうがよい]というセオリーがあり、
意味重複はだめです。もちろん理論的に正しいことが必須。
まず逐一ツッコミをすると

「高校に入学してから」
★大学の間違いでは?

「ストレス対して耐性を身につけようと」
★ストレス自体を解消しようとするのが自然で、耐え方を考えるのはおかしい。

「中学から大学までの多感な時期を」
★これでは大学4年間が含まれてしまう。また、中高6年を同じく多感でくくるのは無理。

「一貫校で過ごしてきた。***大学に自ら志願して志願した」
★志願は自らに決まっている。

「以下の3点に集約」
★もともと三つ。

「一つ目は***大学にはお洒落な男性が少ない」
★続きをよむとお洒落が少ないのではなく非お洒落が多いとなっている。

「***大学には多種多様な学生が」
これは高校と大学の違いであり、
その文では或る大学と他との比較になる。

「~色々な~」
★お洒落について具体例があるのだから同列の二点めについても具体例が必要。
3点目についても具体例がない。

「以上の3点の環境変化に私はストレスを感じていた」
★3点を述べる前に同じ記述がある。

「3点目を克服するために、親しい友人に相談したり~」
★社会人の社交辞令は悪いものではなくやはり単に慣れるだけです。
試行錯誤ではない。

--------------------------

では通して書きなおすと、

「私は中高を一貫校で過ごしたため大学に入ることで環境が初めて大きく変化した。
変化は3点あり、一つ目はお洒落とはいえない男性が多いこと。15分間で9人も見かけた。
デザインが古いよれよれになったチェックのシャツ。それもズボンから中途半端に出ている。
快適な視環境とはいいがたい。
二つ目は、学生の多様性。様々な活動があり言語も雑多である。雰囲気が強烈な者も多い。
----要具体性----
彼らに接する毎日は動物園のようで楽しい半面疲労する。
とはいうもののこれら2点には今では慣れている。
三つ目は社会人学生の存在だ。
敵対でも親密でもない大人同士の関係、そのための儀礼的な言動パターン
----要具体性----
にはまだ違和感が大きい。
が、それも時間が解決するだろう。」

となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事遅くなってしまってごめんなさい・・・。

添削ありがとうございました。
「敵対でも親密でもない大人同士の関係、そのための儀礼的な言動パターン」
このような日本語が書けるようになりたいと考えているのですが、
普段どのようなトレーニングをされていますか?
(もし余力があったらお答え下さい)

また、文章については
指摘されれば間違いや違和感はわかるのですが、
指摘されないと分からないのが・・・・
重症ですよね・・・・
困ったものです


でも、自分の文章のレベルの低さが改めて分かりました!
ありがとうございます、

お礼日時:2010/04/26 11:50

度々回答を書いて、申し訳ありません。

たった今、貴方の書いた【不出来な高校生よりも稚拙な文章だと指摘を受けた授業レポート】を読んだ所です。私は文章を書くことが大変重要な職業に就いております。専門職の文章に関して、大学の先生を指導することもしばしばあります。その私が読んで、貴方のこの文章の何処が稚拙だか判りませんでした。言いたいことがきちっと分類整理されていて、読み易い文章でした。ですから、何故この文章が「不出来な高校生よりも稚拙な文章」と評されたのか理解出来ませんでした。

ただし、貴方が1、2、3と分類した意見に関しては、確かに、貴方の知的レベルはまだ未熟だとの印象を受けました。すなわち、貴方にはどうもまだ本当の大人の世界が理解できていないと言う印象を得ました。しかし、文章が巧いか下手かということと、意見が幼稚か優れているかということは、全然違うことです。貴方の場合、思考が整理されており、その結果、貴方の意見がまだ未熟だということが、読み手に曖昧さなしに伝わって来る文章を書いているという意味で、文章の質に関しては合格点をあげることが出来ます。下手な文章とは、何を言っているのかが良く分からず、従って、貴方の意見が未熟なのかそうでないのかも判らないような文章のことです。

しかし、意見が未熟だと言われて失望しないで下さい。意見は未熟ながらも思考はしっかりしているようです。そして、貴方の物の見方には他の人とは違った個性があり、面白そうです。そういう方は、良い先生や良い友人や良い本に巡り会え、また、いろいろな経験を積んで行くと、受け売りでないしっかりした自分の意見を持てるようになり、人を説得することが出来るようになるものです。貴方のように、思考の整理がきちっと出来ている方には、綺麗な口語体の文章を書けるようになるのは比較的易しいことです。それよりも、貴方の個性を生かしながら成長した意見を述べられるようになることに、神経を集中すべきです。そのために、いろいろな遭遇に出会うチャンスを多く作り、目から鱗が落ちるような経験を一杯できるように、積極的な努力をして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、こちらこそありがとうございます。
私も一晩考えたのですが、言葉の問題ではなく、
思考整理の過程などに問題があるのではないかと感じ始めました。

うまく伝わるかわかりませんが、小学生の作文で
「今日の遠足は、箱根にいって、お弁当を食べて(何をしたかを羅列)・・・しました。
今日はとても、楽しかったです」と3行書いて、
作文用紙が埋められないパターンに、
どことなく似ているような気がします。

きっと、「大学の男子のファッションがダサすぎて、憂鬱になるほど最初はショックを受けた」と
表現するにも、もっと年相応の言い回し(大学の男性方に対して失礼すぎる)があったり、
違う視点から見る事ができるかと思います。(具体的には分かりませんが)


特に社会人学生から刺激を受けているという話は
もっと賢そうに言える気がします。

因みに経験という点では人とは違う経験をいくつか経験している気がするのですが、
いずれも「自発的に考えて時間を過ごすこと」が苦手なような気がします
(単なる目立ちたがり屋なので)

これからも色んな人や本などに出会っていこうとおもいます!
目的意識などをもって色々な経験に一生懸命取り組もうと思います
ありがとうございます。

お礼日時:2010/04/22 10:55

#5です。



貴方のその後の文章を読んでいて、私の思ったように一気に文章が上達したようにですね。ですが、一寸気になったことがありますので、一言。

#5を読んで頂くと判ると思いますが、「口語体」とは話し言葉で書くことではなくて、それを文章用に直した「口語体」と呼ばれる文章体のことです。口語のことではありません。そして、貴方が急に巧くなった現在の文章は正しい口語体という文章体で書かれています。すなわち、口語は話し言葉、口語体は文章言葉のことです。もしかしたら、貴方は「口語体」という言葉を「口語」のことと誤解しているかもしれないと思ったので、老婆心ながら、そのことを書かせてもらいました。もし、私の誤解だったら、この文章は忘れて下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

おはようございます。

おっしゃっていることが、理解できたか分からないのですが、
(基本的な質問ですが口語体でない書き言葉は存在するのでしょうか)

多分私は、今まで「書き言葉」というものを書いたことがないのかもしれないと
思いはじめました。


その理由としては、いつも頭の中で喋りながら音声を流しながら(喋りながら)、
考えたり、 文章を書いたり、物を読んだりしています。

したがって、自分が息を吸うタイミングで句点を打つので、
「句点」が多いと指摘される事もあります。

とにかく、ご指摘のとおり、
口語体と話し言葉を同義と捕らえていました。
そので、その点はクリアになりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/22 10:19

質問文で言いたいことは何となく分かりますが、漠然としているので答えにくいです。



質問文だけを読むと、文章能力が相当低いと言わざるを得ません。
言葉の使い方や語彙の問題と言うよりも、その場に相応しい書き方ができていません。
質問文はほとんど話し言葉のように書かれており、見ず知らずの人に教えを乞う場合にはふさわしくありません。

本当にどんなときにも質問文のような書き方しかできないのなら、
論理性とか説得力がどうのと言う前に、その場その場に相応しい書き方を学ぶことをお勧めします。

もし、「今回たまたま相応しくない書き方をしてしまった」ということであれば、もう一度書き直してみてください。
また、実際に指摘を受けた文章を例示してください。
「文章が幼い」というだけでは、あなたの抱えている問題が具体的にどんなものなのか、読み手には伝わりません。
読み手が勝手に想像するしかないので、問題解決には繋がりにくいのです。
もし、既に出ている回答の中で「そういうことを聞きたいんじゃない」というものがあったとしたら、大半はあなたの責任だと思います。

まず、解決のスタート地点に立つために、下手でも何でもいいので、もっと具体例を書いて、本当の問題が何なのかが相手に伝わるようにしましょう。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
口語体で書き込んだという自覚はありましたが、許容範囲だと自分では思っていました。
(失礼にあたるとは思っていませんでした。)
この感覚のズレが、文章力にも反映しているのかもしれません。

今回の回答の中で、意図とは違う回答が返ってきてはおらず、皆さんに大変感謝しています。
が、日常生活にて、自分の意図とは違う事が伝わってしまうことがしばしばありますが、
大半は私が原因だと思い知らされることがおおいです。
また、今回のように「具体性にかける事」が「発言の結論や意図が分からない」としてきされる要因かと感じました。
(具体性をもったトークというのは難しいと感じています。。。)

NO1,NO2さんの補足等に記入したものと同じになってしまいますが、
(これも失礼にあたるとは思ってないのですが、失礼だったらごめんなさい)
質問を書き直したもの、指摘を受けた文をこの後に貼り付けます。


【質問文改訂版(No1さん指定「24歳らしい文章を書いてみてください」)】

私は自分の文章表現が稚拙であるというコンプレックスを抱いております。友人からもしばしば同様の事を指摘されます。このコンプレックスを克服する方法を知りたいと思い、この度は質問させて頂きました。
 友人からは、「話の結論や意図が分からない」、「語彙が幼い」、「指示語が多く、話の繋がりが分かりにくい」、「より伝わりやすい表現方法があるはずだ」と指摘される事が多いです。しまいには「言語能力を高めれば、あなたの悩み事の8割は解決する」と指摘されてしまいました。
 克服の為には、先ず語彙を増やすことと、論理性の構築が必要だと考えております。昨年夏に取り組んだ事は、以前は全く読まなかった新聞と小説を読み、ロジカルシンキングの本を読んだ事です。しかし、あまり周囲からの評価は変化していないように感じているのが現状です。
 目標としては、高野秀行さんや竹内久美子さんのような、読み手にとってイメージしやすい魅力的な文章を書く事です。
 私にとって脳内のイメージや、漠然とした気持ちを相手が実感できるように明確に言語化していく事は困難なことであります。絵画やダンスが主流なコミュニケーション手段であったら良いなあと現実逃避してしまいます。しかし、社会では言語を介してのコミュニケーションが大半を占めるので、生活しているだけで言語能力の低さを露呈しており、生き恥のようです。
 そろそろ24歳を迎えますので、本気で言語能力、文章表現能力の向上に努めたいと考えております。宜しくお願いいたします。

【不出来な高校生よりも稚拙な文章だと指摘を受けた授業レポート】
タイトル:大学生活

私は大学に入学してから、環境の変化によるストレスに対して耐性を身につけようと奮闘している。私は、中学から大学までの多感な時期を@@@(一貫校)で過ごしてきた。***大学に自ら志願して志願したものの、多くの変化にストレスを感じることがあった。それは以下の3点に集約できる。
 一つ目は***大学にはお洒落な男性が少ないことだ。次のような服装をしている男子を15分間で9人見かけた。よれよれになったチェックのシャツ。チェックの柄が少し古めかしい。シャツがズボンから中途半端に出ている。@@@にもファッショナブルでない学生は存在したが、***大学においては割合が高いように感じる。校内に、お洒落でない男子学生が視界に多く入ることは私にとって快適ではなかった。
二つ目は、***大学には多種多様な学生がいることだ。校内を歩いていると様々な学生活動を目にする。また、色々な言語を耳にする。授業では、雰囲気が強烈な学生に遭遇することも多いように感じる。強い個性を持つ学生と交流することは毎日が動物園のようで楽しい。しかし、毎日刺激に晒されることに不慣れであるが故に精神的疲労をもたらす。
3点目として、学部に多くの社会人学生がいることだ。同年代以外の思考特性や行動特性に触れる機会は今まで少なかった。社会人の行動特性として、建前を使うことが上げられると感じた。また、建前を使うことがマナーであるというような姿勢すら感じた。本音が見えない社会人と接することに恐怖を抱いた。
以上の3点の環境変化に私はストレスを感じていた。一点目と二点目は、時間の経過とともに慣れが生じた。3点目は、克服できないままである。
3点目を克服するために、親しい友人に相談したり、話し方や考え方に関する本を読んだりしたい。そこで得た知識を実際の生活に生かせるよう試行錯誤していきたい。





本当の乱筆(?)ですが宜しくお願いいたします。

補足日時:2010/04/22 01:27
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まずは身近な行動からですよね!
ありがとうございます!

お礼日時:2010/04/26 12:25

質問には直接関係ありませんが、一言。



「あそこど」ではなく、「こそあど」です。これは「これ」「それ」「あれ」「どれ」の順で、距離の近い所から遠くへと順に並んでおり、特に精神的な距離を強調する時に使われる言葉です。これは悪い言葉ではなく、その反対に適切な言葉です。例えば、自分たちの仲間に最も近い者は「こいつがね」と呼びますが、「そいつがね」と言ったら、もう仲間としては遠い関係であることを表し、「あいつが」と言ったらもっと遠い。そして「どいつだ」などと言ったら、赤の他人を表しています。日本の文化の生み出した、頓知の利いた便利な言葉でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「こそあど」でしたか!
「あそこど言葉」という単語を最近、頻繁に使っているので、
何度も恥をかいていたようです・・・・

とても記憶しやすい説明のおかげで、
「こそあど」という”距離が近い方から”という順序を二度と間違えない気がします。

本当にありがとうございます。

お礼日時:2010/04/22 00:52

貴方の質問の文章は言いたいことは整理されているようですから、話は簡単でしょう。

「本気でバカを治したい」のなら、「話し言葉」と「書き言葉」には違いが在ることに気付いて下さい。現在の書き言葉は、「口語体」と言われておりますが、これは決して文章を話しているままに書くことではありません。話し言葉は、聞いているうちに次々に消えてしまうので、相手に確実に伝わるように、何度も同じことを繰り返したり、「ね」とか「な」とか余計な接尾語を付けて、相手に自分の言いたいことが確実に伝わっているかどうかを確認しながら話そうとします。しかし、書き言葉では文字が残っているので、一々そんな物を付けると見苦しくなります。口語体の例は、

「山道を登りながらこう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。」

これが、話し言葉では、

「山道をね、そう山道を登りながらこう考えたんだよね。智に働けばさあ、角がたつ。情けに棹させば、流されちゃうしね。そして、意地を通せば窮屈だなんてね。とかくに人の世は住みにくいよ。」

貴方の文章は、この話し言葉に近くて、上の例のように綺麗な口語体にはなっていないようです。今後、文章を書くときは次のことに注意して下さい。

「!」とか「w」とか「?」とか「笑」とか「。。」とか「・・・」とか「ね」などの見苦しいゴミを落した文章を書く。


「書けよ」は「書きなさい」と書き、
「2行で言える事5行で書く」は「2行で言える事を5行で書く」、
「卒論っぽい文章」は「卒論の文章」、
「やめてくんない」は「やめてくれない」、
「勿体ないよね」は「勿体ないですね」、
「気がしてます」は「気がしています」、
「ですかね」は「でしょうか」、
「読んだんですけど」は「読んだのですけれども」、
「流してて」は「流していて」、
「苦しいって感じも」は「苦しいという感じも」

と、それぞれ書き言葉に直してきちっと書くように努力する。話している時には、確かに貴方のように言っているのでしょうが、文章では、話し言葉をそのように表現すると下品な印象を相手に持たれてしまう可能性があります。

「あー」とか「モヤッ」とか「絶対」とか「みたいな」の類いの、妙な感覚語を書き言葉に挿入しない。

一先ず、以上のことを心がけて文章を書く努力をして下さい。そして、そのような文書が自然と書けるようになったら、上級編として、必要に応じてその規則を破った文章を挿入することによって、文章に変化を持たせたり、厚みが付くようにして下さい。

普段規則に従って文章を書いている時に、例外的に規則破りの文章を挿入すると、その部分は大変印象に残り、効果的相手に感情を伝えることが出来ます。ところが、貴方のように、四六時中規則破りの文章を書いていると、いざこちらからどうしても感情を強調して伝えなくてはならない時に、何の感情も伝わらなくなってしまいます。そんなの、勿体ないですよね。

改めて言いますが、貴方の質問の文章では、貴方の言いたいことは整理されて書かれておりますので、上のことに注意して文章を書くようにすれば、上達は早いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そして、「内容は整理されている」という評価を聞いて安心しました。
「インプットとアウトプットのクオリティーの差が激しい」と指摘して友人の真意がなんとなく掴めたように感じます。

とりあえず、口語体と書き言葉を明確に分けようと思います。
「書く」機会が少ないので、明日からひっそりとブログを開設し、
日記を付けたいと思います。

今、自分が書いている書き言葉は「口語体」ではないか。
この質問を常に自分に投げかけて明日から日記を書こうと思います。

上達した後に、変則技を入れると感情が伝わりやすいなど、
上達後の情報も入れていただきありがとうございました。
日々の努力を継続できるよう頑張ります。

お礼日時:2010/04/22 01:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本語が下手過ぎてもう生きるのが辛い・・・

22歳、男です。


話す日本語、書く日本語両方下手過ぎてもう最近生きるのが辛くなってきました・・・。

どうすれば改善できるでしょうか?


例えば今日あった出来事を友達に話そうと思っても噛みまくるし、話してても日本語としておかしいことが常です。

文章を書く時も全く同じです。

全く論理的でなく、使っている語彙もかなり少ないです。


だからといって吃音があったり何か脳に障害がある訳でも無く、普通にテスト等は点取れますし、大学も出ています(ただかなりの低偏差値です)。

断片的に何かを暗記するのは出来るのですが、何かを話したり書いたりすることは恐らく中学受験を控えている小学生よりも出来ないと思います。


何かについて説明してと言われてもスラスラ言えず、言えたとしてもかなり回りくどくなってしまったり、自分の感情を言葉で表そうとしても上手く出来ず、それが話し合いの最中でとかだったら結局感情的になってわめいてしまいます。


昔から友達にもよく「お前って口下手だよな」と言われてきました。


要は自分は、「知ってる言葉がかなり少ない」「論理的に、順序立てて組み立てる事ができない」のだと思います。


「焦って喋ろうとするから噛むし、内容がめちゃくちゃになる。落ち着いて話せば大丈夫」
「時間をかけてゆっくり取り組めば、綺麗な文章が書けるよ」


こんな声が聞こえてきそうですが、時間・速度は一切関係無く下手なのです。

ゆっくり話そうとしても下手ですし、時間をいくらかけても綺麗な文章がなかなか書けないのです。


電話等で何かを予約したりする時でさえも、いつも適切な言葉がスムーズに出て来なくて日本語としておかしい言葉を喋ってしまいます。

昔接客のバイトをしていた時もそうでしたが、言葉を知らなさ過ぎるのと論理的に話せないことが原因で満足にお客さんに説明することさえ出来ませんでした。


このようなことは今に始まった事では無く、小さい時からそうだったと思います。

恐らく今こんな状態になっているのも、多くの原因は母にある様な気がします。

今出来ないのを単に人のせいにしているのでは決してなく、もちろんそれには歴とした理由があります。


母の日本語は自分の何倍も下手で、きちんとした日本語を話しているのを聞いた事がありません。

スラスラ話しているのを聞いた事もありません。

例えば、

「昨日外を歩いていたら急に雨が降って来て、傘を持ってなかったから急いで家に帰りました」

こんなことを言いたいとします。

しかしながら、私の母は何の変哲も無いこんな日本語でさえスラスラ言えません。
もの凄く噛んだり、何回も言い直したりしないと言えません。

言い直したとしても綺麗な日本語ではなく、どこかおかしいです。

もういっその事誰かに聞いて確かめてもらいたいぐらいです。。。。

毎日何かしら母と喋るのですが、100%母から出てくる日本語は日本語として成立していません。

幼児期に本を読聞かせる事によって、子供の言語能力は飛躍的に伸びると言われていることからも分かるように、小さい頃から思春期にかけての言語活動はその後の人生に大きく左右します。


自分はそんなボキャブラリーが乏しく、理解し難い日本語を母から聞き続けたからなのか、下手な日本語が脳に刷り込まれてしまったみたいです。


事実、自分には兄と弟がいるのですが、両方共自分と同じく日本語が下手です。
思考を司る日本語が満足に育まれていないので、3人とも満遍なく頭は悪いです。


この事実からも分かるように、今の言語表現能力の乏しさは母に負っている所が多分にあります(ただ母の脳に異常がある訳ではありません)。



とはいっても、いつまでも今の状態を嘆いていても自体はよくなりません。
もうこんな下手な日本語を使う自分から卒業せねばなりません。



そこで、(かなり前置きが長くなりましたが、やっとこの質問の主張になります)日本語能力を高めるためのトレーニング教材について何かおすすめのものがあれば、是非ともご教示頂けないでしょうか?


日本語能力と言えど漢字や文法と色々ありますが、特に重視したい点は


・語彙力を全般的に増やす
・論理的に、相手に分かりやすく話す・書く
・頭の回転を極力速くする為の普段の頭の働かせ方(これも日本語力と多いに関わっています)

以上の3点です。


少し前に天声人語等を写したりしましたが、文章の難易度が高すぎるため今の自分にはかなり厳しかったです。

ですのでもっとレベルが低く、出来れば小学生でも取り組める様なものでトレーニングにおすすめの本なり教材があれば教えて頂けないでしょうか?


個人的には、

「比較的平易で、明快な文章をそのまま書き写す・音読する」

こうすることによって適切な日本語を頭に刷り込むことができるのではないか?と思うのですが、じゃあそんな文章はどこで手に入れるの?という疑問が次に湧いて来て堂々巡りをしてしまいます。


よってやはり是非とも皆様の回答をお聞きして、参考にさせて頂きたいと思います。


では回答お待ちしております。

22歳、男です。


話す日本語、書く日本語両方下手過ぎてもう最近生きるのが辛くなってきました・・・。

どうすれば改善できるでしょうか?


例えば今日あった出来事を友達に話そうと思っても噛みまくるし、話してても日本語としておかしいことが常です。

文章を書く時も全く同じです。

全く論理的でなく、使っている語彙もかなり少ないです。


だからといって吃音があったり何か脳に障害がある訳でも無く、普通にテスト等は点取れますし、大学も出ています(ただかなりの低偏差値です)。

断片的に何かを...続きを読む

Aベストアンサー

wanderlandland様の指摘するような悩みを掲げる方はとても多いですよ。こういった悩みは、時が経つにつれて悪化していく傾向が多いです。質問者様は、昔から話すのに苦手意識をもたれていますか?

私は就職活動生に「話す」トレーニングをしているものですが、経験的に概ね三つの問題があります。

 ・思考速度が遅い
 ・要約力が低い
 ・緊張

簡単に説明します。思考速度が遅いと喋るスピードについていけなくなります。
「あー」「まぁ」と不要な言葉で会話を補う人が多いですね。また、要約力が低いと話が長くなると同時に、話す内容の順番が不自然になります。例えば、「僕は、うーん、苦手なんだよ話すのが、その、書くのも下手で」と話しながら少しづつ補足する傾向が強くなります。また、緊張しやすい人は、どうしても「話す」こと以外に意識を向けてしまい、結果的に所謂「滑舌」が悪くなります。

思い当たる節ありましたでしょうか。質問の文面からすればとても文章は自然ですので、「本当に日本語苦手なの?」と伺いたいぐらいです。

対策としては、まずは朗読をお勧めします。大きな声ではっきり、ゆっくりと読み上げて下さい。会話文は登場人物ではなく自分が話すかのように。その上で、普段の会話で意識するべきことは、できるだけゆっくり、シンプルに、短くです。まずは買い物時に「お願いします」と「有難うございます」で練習してみて下さい。しっかり店員さんの目を見てくださいね。意外と効果あります。

本当に多きな悩みであれば、ボイストレーニングも検討してみるとよろしいかと思います。少しづつ上達できるよう、がんばって下さい!

wanderlandland様の指摘するような悩みを掲げる方はとても多いですよ。こういった悩みは、時が経つにつれて悪化していく傾向が多いです。質問者様は、昔から話すのに苦手意識をもたれていますか?

私は就職活動生に「話す」トレーニングをしているものですが、経験的に概ね三つの問題があります。

 ・思考速度が遅い
 ・要約力が低い
 ・緊張

簡単に説明します。思考速度が遅いと喋るスピードについていけなくなります。
「あー」「まぁ」と不要な言葉で会話を補う人が多いですね。また、要約力が低いと話が...続きを読む

Q文章が幼い

自分は論文を書いたときによく先生から文章全体が幼いと注意されます。今まで本等を読むことが少なかったせいで構成を考えたりするのが苦手で、語彙力もかなり少ないです。もう時間が無いので即効性がある方法を教えてください。

Aベストアンサー

即効薬はありません。
文章上達の王道はない、ということです。
あなたの年齢を18歳とした場合、他の同年齢の方々は18年の歳月をかけて、日本語を駆使するケクニックを積み上げてきています。それも意識してではなく、読書と模倣等の習慣を通してです。
それを一週間とか、一ヶ月で追いつこうとする「ずぼら」な態度はいけません。達成できたとしても、あなたの日本語はいつか、馬脚を露わすでしょう。
今から携帯をやめ、そのぶん本を読みなさい。他の連中がサボタージュしている間に、多読して追いつくしかないのです。探偵小説や刑事ものなどは飽きが来なくていいとおもいますよ。クライマックスもありますし、筋書きを追うには格好の教材です。
私の知っている著明な大学の学生は、年間四百冊の読書を目標にしていて、「ハウルの城」などもその中に入っています。ところが、その父親たるや、年間1トンという読書目標ですからおどろきです。
このような方には追いつけませんが、年間読書10冊の人に追いつくには、年間20冊読めば読書量のうえでは追いつきます。そして、文章を書くときは、読んだ本の一部の書き方を模倣しなさい。そうしているうちに、先行集団に追いつき、追い越すはずです。
これからは「ウサギとカメ」で行きましょう。
なお文章書きの練習にはYa○oo!の「智慧袋」回答者になってみるのがいいと思います。軽いですから…。中には立派な意見もありますよ。そういう書きかたを何度も繰り返して模倣することです。模倣は上達への入口です。

即効薬はありません。
文章上達の王道はない、ということです。
あなたの年齢を18歳とした場合、他の同年齢の方々は18年の歳月をかけて、日本語を駆使するケクニックを積み上げてきています。それも意識してではなく、読書と模倣等の習慣を通してです。
それを一週間とか、一ヶ月で追いつこうとする「ずぼら」な態度はいけません。達成できたとしても、あなたの日本語はいつか、馬脚を露わすでしょう。
今から携帯をやめ、そのぶん本を読みなさい。他の連中がサボタージュしている間に、多読して追いつくしか...続きを読む

Q理解力のない友達と話すとイライラしてしまいます。

理解力がかなり乏しく、話しているとイライラしてしまう友達がいます。
イライラする事で、強い口調で訂正してしまったりする事がありますが、
理解力のなさは相手の能力の問題でしょうし(治せない本人の素質といいますか)
これって友達として成り立っていないという事でしょうか・・?

どのくらい理解力がないかというと、
・全ての会話に主語をつけないと、誰が、どうしたという部分がわからなくなる。
・1から10まで、ひとつひとつ段階を追って説明しないと、状況理解ができない。
のです。
また、語彙力や、知識も乏しい事が理解力のなさに拍車をかけていると思います。

よくIQが20以上離れていると会話が成り立たないといいますが、それに近いですか?
IQ高いほうが低いほうに噛み砕いて説明するべきと言っている人を見かけたことがありますが、
噛み砕いて話すために一つのエピソードを語るのに3倍近い労力を使うので、
いつもしゃべりつかれてしまいます。

ちなみに、その友達の事は好きですし、友達として付き合っていきたいです。
でも、話すといつも私が、だからーそうじゃなくって!と言ってしまう事が多いんです。
全て丁寧に噛み砕いて話すと、ここまで話してるんだから理解できるでしょうという気持ちになって、
疲れてしまって会話が面白くなくなったり。(会話ってテンポが必要ですから・・)
お互いを思いやる気持ちはあれど、楽しくいられないなら友達として成り立たないのかな。。

みなさまの経験談あれば教えて下さい。また、このような友達と上手く付き合っていく方法を教えて下さい。

理解力がかなり乏しく、話しているとイライラしてしまう友達がいます。
イライラする事で、強い口調で訂正してしまったりする事がありますが、
理解力のなさは相手の能力の問題でしょうし(治せない本人の素質といいますか)
これって友達として成り立っていないという事でしょうか・・?

どのくらい理解力がないかというと、
・全ての会話に主語をつけないと、誰が、どうしたという部分がわからなくなる。
・1から10まで、ひとつひとつ段階を追って説明しないと、状況理解ができない。
のです。
また、語彙力...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。女性です。

質問者さんの気持ち分かります(笑)
大変ですよね~
「だからそうじゃなくて」と何回言ったか。
私自身、他の人と話していてもちゃんと通じるし、なるべく細かく話すようにはしているのですが…
流石に、私にはその友達ほど「全てに主語」をつけるくらいの友達はいませんが、複数人と話していて「だからそうじゃなくて」と説明することが多々ある人がいます。

伝達能力がないから、と言われればそれまでかもしれませんが、他の人とも話していてもそうなるのですから、伝える側の努力だけではなく、理解する側もどうにかする努力はして欲しいと思います。
一番困るのは本人なんですし、どうにかしやすいのも本人なんですから。(病気かなにかでそうなのであれば仕方ないのですが、単に勉強不足だったり集中してなかったりといった本人がどうにかできることを放置しておくのは問題が違うと思いますので)

それで、私が思うそうなる原因は、いくつかあると思っています。

その友達は、質問者さんじゃない他の人との会話ではどうなのでしょうか?
全員にそのような状態が起こるのであれば、友達自身の問題だとは思いますが、一人でもそうでない場合、何かしらこちら側にも理由があって、通じないのだと思います。
例えば「口調」
ゆっくり話せば理解できるけど、そうでない場合、頭の中がついていかない。
「内容」
特に女性とかだと、話題・話のポイントがポンポン飛びます。
話している本人には自覚がないけれど、一つのことを話すのに、様々な情報が混ざって分かりづらくなっていることがあります。
友達というのは男性でしょうか?
もしそうなら、男性の「会話の仕方」と女性の「会話の仕方」が違うので、話していても着目・気にする部分が違うので、主語を使わないと「頭の中で思い浮かべるもの」が違ってくるので、通じにくくなります。
また、男性脳は同時に複数のことを処理することが難しい(女性より苦手)とのこと。
シンプル・単純な話を一つ一つ積み重ねていくような会話だと大丈夫かもしれません。
そういう意味では、友達は男性的な会話の仕方の傾向が強いのかも。
それだと女性的同士の話の仕方では難しいと思います。

誰と話しても同じようになる場合。
「聞いていない部分がある」
一つ前のことについて考えていたりして、次の言葉を聞いていない。
これはあるでしょう。
「発想が変わっている」
これもあるかもしれません。
周りが当たり前のように結びつける対象と、友達が結びつける対象が、そもそも違う。
話のポイントがずれているんですよね。
“イヤイヤ、注目して欲しいのはそこじゃないから”ってところに注目する。
これは仕方ないですね。
「文章の最初を忘れてしまう」
短期記憶がうまくできないのかも。
文章を短くすることで対処できるかも。

あ、あと、多分IQはあるかもしれません。
前に聞いたのでは、とても高いIQの人は、普通の人と会話してもつまらない?疲れるみたいです。
普通の人って「あれ何だっけ」とか忘れることあるでしょ?
IQが高い人からすれば「なんで忘れるんだろう?」となり、「普通(その人の中で)覚えてるでしょ?聞いたんだから。」とか「理解できるでしょ?丁寧に説明したんだから」となるみたいです。
だから、そういう高いIQの人達の集まりがあるとのこと。
必然的に同じ高いIQ同士で結婚することが多いとのこと。
きっと、これと同じような感じかもしれません。

友達を続けるなら、なるべく短文で丁寧に話していくしかないんじゃないでしょうか?
多少の改善はあるかもしれませんが、劇的に変わることはありませんし、友達は友達のままです。
イライラしそうな時は距離を取り「友達の個性」として、笑いにできる余裕のときに会っては?
程よく距離をとることも人付き合いには大切だと思いますよ?
私は職場の同僚で仕事の話をしなくてはいけない相手だったので、皆との会議は大変でした(汗)

がんばってくださいね!

こんにちは。女性です。

質問者さんの気持ち分かります(笑)
大変ですよね~
「だからそうじゃなくて」と何回言ったか。
私自身、他の人と話していてもちゃんと通じるし、なるべく細かく話すようにはしているのですが…
流石に、私にはその友達ほど「全てに主語」をつけるくらいの友達はいませんが、複数人と話していて「だからそうじゃなくて」と説明することが多々ある人がいます。

伝達能力がないから、と言われればそれまでかもしれませんが、他の人とも話していてもそうなるのですから、伝える側の努...続きを読む

Q言われたことがうまく理解できない障害?

上司から指示を受けて、やったことが指示と違うということが多くて悩んでいます。

メモしても、そのメモ事態がポイントがずれているから始末に置けません。

指示したことと違うと言われて、再度説明を受け、実施したことがまた違うということも良くあります。
お互い嫌ですよね・・・・

どなたか、このようなタイプの私にコツのようなものをアドバイスいただけないでしょうか?

実は、これは自分は一種の障害なのかな?とも思っています。

というのも、メールを見ても話し言葉でないと理解できないことがあるのです。話し言葉でないと文章が理解できないのはなんとか(名前はわかりませんが)症というそうです。

簡単なことじゃないかといわれるたびに、気持ちがブルーになります。

Aベストアンサー

病気ではないです。
一言でいいますと、あなたには、思考能力が不足しています。もっと自分で考えてみてください。考えることによって改善されるはずです。

といきなり厳しいことを書きましたが、私も同じことで悩み続けています。上司には毎日怒られっぱなしです。
私も自分のこと、ADHD(注意欠陥多動性障害 )なのかなどと悩んだほどです。
ただ、最近、何がいけないのかがなんとなく、わかってきました。私自身の感じていることを下記に書きますね。


【主な原因】
相手の言行っていることを自分の中の知識の中で考え理解しようとして、結果的に自分の中で新しいことを作ってしまい、相手の指示内容と異なってしまう。
(これって自分では気がつかないんですよね。これが正しい、あの人はこう言っているって思い込んじゃっているから・・・・・)

【私生活において】
私はそうなのですが、私生活において、結構流されてすごしていませんか?つまり、なぜ?なんで、って考えて自分で納得し、理解してから行動する。とりあえず、よくわからないけどやってみますか??
ではないですか?
「お前の行動は私生活にもにじみ出ているんだよ」って私は言われました・・・


【対策】
自分自身の主観的な思い込みはやめる。
相手が何をしてほしいのかを整理して考える。
 何をしてほしいのか
 何でそれをしてほしいのか?
 どういうOutPutを望んでいるのか?

私自身も半分くらいしか理解できていないので正確にかけなくてごめんなさい。
もし、相手の指示が悪ければ、相手に対して指示を明確にさせてあげるくらいのレベルになりたいですよ。

【読むべき本】
これは、考えることができない自分。物事を順序だてて整理できない自分にいつも怒っている上司がアドバイスしてくれた本です。

1.考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則
バーバラ・ミント (著)

2.ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス
エリヤフ ゴールドラット (著)

この2冊はかなり有名のようです。
私が今読み終わった本は、
考えるプロが明かす「思考の生活習慣病」克服法
 船川 淳志 (著)

です。この本を読んで、心が痛かったです。
なかなかお勧めですね。
ザゴール2は読み物(物語)みたいなので読みやすいそうです。ただ、何も考えずに読んだら何にもならないぞ。と言われました。。。。

masadayoさんと私を一緒にしては大変失礼かもしれませんが、私も相手の言っていることを正確に理解し、相手が望む以上のパフォーマンスを出したいと努力しております。これは病気ではなく、今まで訓練していなかっただけですので、どんどん訓練してこんな状況から早く抜け出たいですね。
お互いがんばりましょう。

病気ではないです。
一言でいいますと、あなたには、思考能力が不足しています。もっと自分で考えてみてください。考えることによって改善されるはずです。

といきなり厳しいことを書きましたが、私も同じことで悩み続けています。上司には毎日怒られっぱなしです。
私も自分のこと、ADHD(注意欠陥多動性障害 )なのかなどと悩んだほどです。
ただ、最近、何がいけないのかがなんとなく、わかってきました。私自身の感じていることを下記に書きますね。


【主な原因】
相手の言行っていることを自分の...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q難聴?集中力?何を言ってるか聞き取れない

とても悩んでいることがあります。
最近よく会議に出席しますが、相手が何を言ってるのか、よくわからないことが多々あります。
はじめは
「自分は聞く力がなく、集中力が原因なんだ」
と思い、極力メモを取ったり、相手の言ってることを咀嚼するようつとめたりしてました。
でも、前々から気になってることがあって、
「ひょっとして耳が聞こえてないんじゃないか」と思いました。
健康診断などで聴力テストをしても、引っかかるわけではありません。
しかし、若い時から
例えば友人に「昨日の夜、昔の同級生と飲みに行ったんだけど楽しかったよ」
って言われた時に、
「昨日の××、昔の××と飲みに行って楽しかったよ」と聞こえるのです。
話の前後から、おそらく昔の友人と飲みに行って楽しかった話をしてるんだ、と理解はできます。
ところが、大事な会議になると、そういう推測で理解すると、後で失敗することもあります。
今までは、どちらかと言うと自分が役職的に上で、部下の報告を聞く側でした。
そうなると、「ん?ごめん。どこの事業所の経費について話してる?聞こえなかった。」といえば、「あ、すみません。広島の、です」
と丁寧に教えてくれます。
自分では「ああ、俺は疲れてるのかな、集中力がないのかな、気をつけなければ」と
そういうときはいつも自分戒めていました。
でも最近は部下との会議より、どちらかというと上役の方と話をすることが多く、あまり何度も聞き返せません。
また、聞き返して答えて貰っても、それも聞き取れないことがあり、2回3回と聞いてウンザリされることもありました。
音は聞こえてるんです。
でも何を言ってるか、内容が聞き取れないんです。

ずっと自分の集中力の無さだと考え、特に最近はそのことについて調べたり、
「聞く力」を養成するための方法を取り入れたりして訓練してました。

でも、ふと気がついたのです。
「そういえば若い時からよく人に「今なんて行った?」
聞き返すなあ。音は聞こえてるのに、内容が聞き取れないことがあるなあ」と。

誰でもそんなことはあると思います。
でも、どうも回りの人は会議についていけてるのに、
自分だけついて行けてない。
部下との会議では、自分がファシリテイターになったり、
決裁権を持って挑めた分、
自分が理解するまでその進行ペースをコントロールできたので、
そのことにあまり注意を払わなかったのですが
どうも相手の進行についていく会議の時、自分が
「聞き逃し」をしていたのではなく
「聞き取れていない」のではと考えるようになりました。

この質問はあくまで医学的に聞きたい質問です。
そもそも音が聞こえないのが「難聴」だとしても
「音は聞こえるが、文章が途切れて聞こえたり、
内容が聞き取りにくいということは、医学的に病や障害として
存在しますか?

もともと鼻がすごく悪く、慢性の鼻炎で、そういうことも関係あるのでしょうか。

「医学的にそんなのありませんよ」というのなら、それはそれでいいんです。
常に相手の言う事を聞き逃さず、理解する力をもっと養成するよう勤めれば良いのですから。

ただ、可能性として自分のこの弱点は何が原因なのか
突き止めたいのです。

大変悩んでますので、
お答え、アドバイス等頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。

とても悩んでいることがあります。
最近よく会議に出席しますが、相手が何を言ってるのか、よくわからないことが多々あります。
はじめは
「自分は聞く力がなく、集中力が原因なんだ」
と思い、極力メモを取ったり、相手の言ってることを咀嚼するようつとめたりしてました。
でも、前々から気になってることがあって、
「ひょっとして耳が聞こえてないんじゃないか」と思いました。
健康診断などで聴力テストをしても、引っかかるわけではありません。
しかし、若い時から
例えば友人に「昨日の夜、昔の同級生と飲...続きを読む

Aベストアンサー

>音は聞こえるが、文章が途切れて聞こえたり、
内容が聞き取りにくいということは、医学的に病や障害として
存在しますか?

聴覚認知能力に難があるのかもしれません。
聴力は正常でも、弁別力が弱いのでは。
http://blog.goo.ne.jp/k184125/e/64863547c8ff26bd61c38ad29c6e70b8

原因は、難聴以外に、発達障害による場合もあります。

音の記憶が苦手
聞き間違いがある
一生懸命聞いているのに間違える
聞いたことが理解できない
言葉を聴いても理解ができない

以上は聴覚認知能力に偏りが出やすい発達障害の方の説明のページからの引用です(下記URL)。
http://edu.markelog.net/%E7%99%BA%E9%81%94%E9%9A%9C%E5%AE%B3/%E8%81%B4%E8%A6%9A%E7%9A%84%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E8%83%BD%E5%8A%9B/
聴覚認知能力で検索すると、もっと詳しいページがたくさんあります。

発達障害でない人でも、得意不得意はあります。ここが質問者さんにとって、弱い分野なのかもしれません。


もしくはもっと単純に、意味がとれない部分だけ、聞こえているのに不明瞭な感じがする、という場合は、鼻が悪いということで、体質的に耳管狭窄(飛行機やエレベーターに乗った時におこる耳が塞がれたようになる症状)が起こりやすいのかもしれません。鼻をすすっただけでもなることがあるそうです。

>音は聞こえるが、文章が途切れて聞こえたり、
内容が聞き取りにくいということは、医学的に病や障害として
存在しますか?

聴覚認知能力に難があるのかもしれません。
聴力は正常でも、弁別力が弱いのでは。
http://blog.goo.ne.jp/k184125/e/64863547c8ff26bd61c38ad29c6e70b8

原因は、難聴以外に、発達障害による場合もあります。

音の記憶が苦手
聞き間違いがある
一生懸命聞いているのに間違える
聞いたことが理解できない
言葉を聴いても理解ができない

以上は聴覚認知能力に偏りが出やすい発達障害...続きを読む

Q「裸の王様」という比喩

 飲み会の席などで、よく「あそこのボスは、裸の王様だよね~」という例えを聞くことがあります。

 が、その意味合いは、人や場合によってまちまちの様な気がするのです。具体的には、

(1)自分は「それは違うのではないか?」という疑問を持ってはいるが、周囲が自分と相反する意見を主張すると、リーダーのくせに何も発言することなく「そういうものか。それでは自分が間違えているのだろう」とあっさり引き下がる人

(2)自分では何も見聞していないのに人の言うことを全て鵜呑みにする、判断力に欠けたリーダー

(3)自分にとって都合の良いことを言ってくれる連中だけを周りにおき、都合の悪い話には聞く耳を持たない人

(4)本当は威厳も権威も既に失墜しているのではあるが、他人にそのことを指摘されてもなお、威厳や権威があることを見せつけようとする人

 といったところです。

 「裸の王様」のストーリーからすれば、確かにどれも正しいような気がするのですが、本来はどのような意味合いで使用すべき比喩なのでしょうか? ご存じの方、ご教示下さい。
 なお、辞書は一応調べてみたのですが、掲載されていないようでした。

 飲み会の席などで、よく「あそこのボスは、裸の王様だよね~」という例えを聞くことがあります。

 が、その意味合いは、人や場合によってまちまちの様な気がするのです。具体的には、

(1)自分は「それは違うのではないか?」という疑問を持ってはいるが、周囲が自分と相反する意見を主張すると、リーダーのくせに何も発言することなく「そういうものか。それでは自分が間違えているのだろう」とあっさり引き下がる人

(2)自分では何も見聞していないのに人の言うことを全て鵜呑みにする、判断力...続きを読む

Aベストアンサー

No1です。
辞書をいくつかひっくり返してみました。
で、三省堂の新明解国語辞典(第5版)で、裸の王様の語句説明を発見しましたので、紹介しておきます。

[目に見えない服を着せられているのに気づかず、子供から「裸の王様」と言われてはじめて自分のほんとうの姿に気づくという、アンデルセンの童話から]いいことだけを知らされていて本当のことを知らないでいる人のたとえ。「有権者は裸の王様であってはならない」

という説明がありました。
ご報告いたします。

Q日本語が下手なのを改善するには?

私は今19歳なんですが月日が流れるにつれ
どんどん日本語が下手になってきています;

文章を書いても小学生の作文のようになってしまい
日常の会話も日本語が変だよと、よく言われ困っています。

日本語が上手になるにはどうしたらいいでしょうか?
友達曰く、本を読んだらいいんじゃない?といわれました。
他にもっといい方法などありましたら教えてほしいと思います。

Aベストアンサー

 (IT社会の急速な進展に伴い)「自筆で書けて、読めなければ、困る」語群(自分の名前等)と「読めれば書けなくても、(PCやワープロ等の急速な普及により)困らなくなってきている語群とに、大別しても構わぬ、と言う教授もいますから、深刻に考え過ぎない方が良いと思いますよ!(その教授いわく、全ての日本語を話す人間が「顰蹙」をすらすら書けないのが当然とのこと)

 TVよりラジオで楽しむクセをつけるのも一法だと思います。
 それは例えばTVでうまい!と見聞した時、(美味と言う意の)「うまい!」か上手と言う意の「うまい!」かが即、考える余地を与えず、バレバレなのに対し、ラジオなら、場面がない分考えるのが普通だと思うからです。

 「読む」のが重要なのは、確かだと私も思いますが、何も、小説や文学に限定する事はなく、質問者が医科系なら、専門書を読んでも、マイナスには作用しないでしょうし、森鴎外の様に「医者と作家の二足の草鞋」を履きこなした人物もいますからね。

 更に「書く」に関しては[教えて!goo]への回答その他を最大限活用すべきなのはNo4さんが指摘されている通りで、私も全く同感です。

 IT社会がこれだけ進展する以前は「全て、手書だった」訳で、自ずと乱筆も露呈し兼ねなかったのですが、それが解消しただけ、書く(打ち込む)のに抵抗が少なくなって来ている、と私は認識していますが、如何でしょうか?

 (IT社会の急速な進展に伴い)「自筆で書けて、読めなければ、困る」語群(自分の名前等)と「読めれば書けなくても、(PCやワープロ等の急速な普及により)困らなくなってきている語群とに、大別しても構わぬ、と言う教授もいますから、深刻に考え過ぎない方が良いと思いますよ!(その教授いわく、全ての日本語を話す人間が「顰蹙」をすらすら書けないのが当然とのこと)

 TVよりラジオで楽しむクセをつけるのも一法だと思います。
 それは例えばTVでうまい!と見聞した時、(美味と言う意の)「うまい!...続きを読む

Q住所に記されてある「大字」や「字」とはどうゆう意味なのですか

こんにちは。よろしくお願いします。
住所に記されてある「大字」の意味がよく分かりません。
私が勤めてある会社にも明記されてありまが、私の実家の住所には明記されていません。
これはどのような意味なのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他の方の回答の繰り返しになる部分もありますが…

「字」というのは、江戸時代頃から使われていたと思われる土地の区分です。
ほとんどの場合、かなり狭い範囲(今でいう何丁目レベルよりも狭い)を差すようです。
だいたい同じような意味で「町」という言い方もよくします。(市町村というときの町と同じ文字ですが、違う意味の言葉です)
「字」が何か「町」が何かというはっきりとした定義づけは恐らくありません。
江戸時代からの地名が消えて、新しい地名がついている場合も多いと思いますが、その地名のことも、「字名」や「町名」ということが多いようです。
ちなみに、「緑ヶ丘一丁目」という地名であれば、「~~丁目」まで含んでひとつの町名ということになります。

「大字」についてですが、
明治時代になり、廃藩置県に市町村制と、新しい国づくりをするときに、いくつかの町村が合体して、もう一回り規模の大きい町村になるということが全国的に起こりました。
そのときに、もともとの村(町)名が消えてしまうのを防ぐためでしょうか。
もともとの村名は「大字名」になりました。
たとえば、「いろは村」と「ほへと村」が合体して、「ちりぬる町」になったときに、「ちりぬる町大字いろは~~」や「ちりぬる町大字ほへと~~」が生まれたわけです。
これは、明治政府が出した命令文書が残っているので来歴がはっきりしています。

つまり、もともと「字」という言葉があって、明治時代になって、それより大きな範囲の「大字」というものが作られたということです。

ちなみに、「大字いろは」の場合は、「大字~~」の部分まで含んでひとつの地名ということになります。

実際上の表記として、「大字」の部分を省いて表記することが広く行われていますが、登記簿謄本など地名を正式に書いてある文書を確認すると、「大字」がついていることが多いと思います。
「字」もついていることがありますが、これは、明治からの長い歴史の中で市町村合併や区画整理、住居表示などいろいろな理由で、地名変更が起こり消えてしまっている可能性が大きいです。

「大字」についても、同様の理由で、まったく違う地名になっていることが増えています。新しく地名を作ったときには、「字」やら「大字」やらをつけるという決まりはないので、普通はつけません。

「ちりぬる町大字いろは字あいう123番地」
  ↓
「ちりぬる町いろは二丁目123番地」

こんな風に変わっていきます。

質問とは関係ありませんが、「~~丁目」というのも、非常によく使われる地名ですが、「丁目」というのも何ら定義づけのあるものではなく、単に全国的によく使われている表現ということになります。

ちょびっと不正確なところもあるかもしれませんが、だいたい理解に役立つつもりです^^;

まだ、疑問がありましたら、重ねてお尋ねください^^

他の方の回答の繰り返しになる部分もありますが…

「字」というのは、江戸時代頃から使われていたと思われる土地の区分です。
ほとんどの場合、かなり狭い範囲(今でいう何丁目レベルよりも狭い)を差すようです。
だいたい同じような意味で「町」という言い方もよくします。(市町村というときの町と同じ文字ですが、違う意味の言葉です)
「字」が何か「町」が何かというはっきりとした定義づけは恐らくありません。
江戸時代からの地名が消えて、新しい地名がついている場合も多いと思いますが、その地名...続きを読む


人気Q&Aランキング