イチゴを洗う時、しっかり洗うと水っぽくなるし、水気が残ってるとすぐにグチャグチャになったりふやけたようになりますよね。そこで流水をかけるだけ、ということになるのですが、これで何か洗い流せてるんでしょうか。
どうせ大して変わらないなら洗わなくてもいいのではと思いますが。可食部分に農薬がついている可能性ってあるんでしょうか。人が触った程度なら洗わなくても平気だと思うのですが。果実ができてから洗わなければならないような状況が生じているのか、生産者の方に事情を聞きたいです。

A 回答 (3件)

自分は生産者ではありませんが、生産者が身内にいますので回答しますが


イチゴには、可食部にも農薬がついてます。
果実がついてからの農薬散布もあるそうです。
(当然果実以外の部分だけといった様な器用な農薬散布はできない)
すべてのイチゴ栽培がそうだとはいいませんが
栽培しているイチゴのほとんどは、農薬を散布してます。
イチゴ狩りのイチゴもそうです。
形や色や虫食いを消費者がきらっているうちは無くなりません。

農薬が水で少し洗った程度で落ちるかどうかわかりませんが
洗わないよりはいいと思います。
でも、そのまま食べても何か起こるのかといわれてもわかりません。
気になるようだったら洗ってから食べる事をお薦めします。
よく聞く話ですが、自分の家で食べる分は農薬をしなかったりします。
もちろん形や色は多少悪いですけど
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございます。
このような内情に詳しい方の情報が欲しかったんですよ。
参考になります。
無農薬イチゴが高いのも納得です。

お礼日時:2001/04/02 17:03

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「“いちご”は流水に5分くらいつけておく」
「無農薬いちご」
「いちごの天敵利用による減農薬栽培」

農薬使用の有無は生産者によっていろいろあるようですね?
いちごの洗い方は最初のサイトを参考にして下さい。

ご参考まで。

http://www2.health.ne.jp/library/3000/w3000538.h …
(“いちご”は流水に5分くらいつけておく )
http://www.suga.gr.jp/haru/diary/words/47.html
(無農薬いちご)
http://www.agri.pref.chiba.jp/chiiki/fukyu_cente …
(いちごの天敵利用による減農薬栽培)

この回答への補足

有難うございました。いつもの事ながらMiJunさんの検索能力には頭が下がります。

補足日時:2001/04/02 16:58
    • good
    • 2

通常は洗わなくて大丈夫です。


イチゴ狩りのときはそのまま食べていますよね。

でも、気になるようでしたら次のように洗ってください。

ボウルにたっぷりの水と苺をいれ、塩大さじ1ほど加え、両手で大きくかき混ぜる。
塩で簡単に汚れがとれる。 2~3回水を取りかえる。

この回答への補足

今自分なりに検索した所、なんと「正しいイチゴの洗いかた」というところを見つけました。
http://three-f.co.jp/special/strawberry/wash.html
ここを見ると塩を使うのはダメだ、そうです。
立場が逆になってしまって恐縮ですが、ご参考までに。

補足日時:2001/04/02 17:11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
塩ですか、なるほど。気がつきませんでした。
やってみます。

お礼日時:2001/04/02 17:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいちご栽培

栽培に関して素人です。。。
鳥取県は、比較的雨が多く、日は短いと思いますが、いちごの施設栽培(土耕)に適してますか?鳥取県に適した地域はありますか?

やはり晴れの国岡山県よりは、おいしいイチゴは出来ないのでしょうか?

実際、鳥取県でもいちごは栽培栽培されてます。雨が多く、日が短いって言うのは関係ないんでしょうか?

Aベストアンサー

鳥取の地域を把握してはいないのですが、雨が多く、日照が少ないのは、イチゴには比較的難しいのかと思います。イチゴは水が好きですが、過水は根グサレの元となります。また雨が多いと、結実が難しい(受粉しても花粉が流れてしまう)ので、ほぼハウスで温度管理等をしているのではないかと思います。

今は農業技術が発達しているので、栽培に適さない場所は少ないのではないでしょうか。おいしさは、比較したことがないので分からないため、ごめんなさい。

Q冷めた後に出てくる水気

冷めた後に出てくる水気

炒めた料理をフライパンから皿にうつし、しばらくすると
料理が水分に沈んでてうんざりします。

野菜などから水分が出てきているというのはわかるんですが
これは冷めたから出てきているのですか?
それとも炒め始めた時から出てるけど、フライパンの上では蒸発してしまうから
気付かなかっただけですか?

Aベストアンサー

原理的に考えれば、調理中は調理の熱による細胞組織の破壊と変性で、また調理後は調味料の浸透圧によって水分が出て来るはずです。そしてその水分は、食材の細胞液に由来します。

その水分の出方は、調理方法というか、熱の掛け方でも大きく変わります。良い例が中華系の野菜炒めでしょう。野菜炒めは極めて大火力のバーナで一気に炒めます。食材の回りを油で包み込み、かつあの煽ると呼ばれる調理法によって火炎に直接曝し、野菜の表面のみを強く加熱します。
下手なズリズリ炒めをすると、野菜の中の方が煮えた様になり、より水分が出やすくなります。

どの様な料理をしても、後から水分が出る事は避けられないと思います。それを上手に隠すのが調理法でもあります。
煮魚は、調味液と一緒にある程度の時間煮るので、煮ている間に水分がかなり出て来ているはずです。そして盛りつける時に、多少の汁を添えます。
フレンチの薄衣付バター焼き(いわゆるムニエル)は、薄衣が出て来る汁を吸収する役目をしているでしょう。更に、ソースを掛けています。
中華炒めの多くは、あん掛けにしてあんを添える事によって、出て来る汁を吸収しているはずです。またあんにする事によって、調味液の浸透力も抑えているのではないでしょうか。

要するに、プロの料理は汁が出にくく調理すると共に、出て来るであろう多少の汁を分からない様にしている。素人料理はそれをしない事と、加熱調理技術が未熟ゆえに出て来る汁が気になるのではないでしょうか。

原理的に考えれば、調理中は調理の熱による細胞組織の破壊と変性で、また調理後は調味料の浸透圧によって水分が出て来るはずです。そしてその水分は、食材の細胞液に由来します。

その水分の出方は、調理方法というか、熱の掛け方でも大きく変わります。良い例が中華系の野菜炒めでしょう。野菜炒めは極めて大火力のバーナで一気に炒めます。食材の回りを油で包み込み、かつあの煽ると呼ばれる調理法によって火炎に直接曝し、野菜の表面のみを強く加熱します。
下手なズリズリ炒めをすると、野菜の中の方が煮えた...続きを読む

Q今年もいちご栽培失敗のようです。

以前住んでいたところまで(たくさん引っ越しましたが)は放って置いてもイチゴが成り、株も増えていました。現在の家に移ってからはイチゴがまったく育ちません。今年もめげずに4株買ってきてプランターに植えました。1か月くらいは元気でしたが、最近どんどん外側にあるまだ若い葉っぱまで枯れてゆきます。1株はクラウン(中央の芽のでるところ)のところまで茶色くなりました。日当たりは11時ころからは日光が当たります。残念ながら朝は建物の影になってしまいます。本をいろいろ見ているのですが、イチゴの栽培方法はなかなかくわしいものがありませんでした。栽培方法と、現在弱っている株を復活させるほうほうがあれば教えてください。ちなみにアパート1階のベランダでの栽培です。他にもたくさんの植物がありますが、大抵のものは育っています(ただし、5年以上ずーっと育てていたバラは10鉢以上あったのに現在の家に来て夏越しできず年ごとに減り7鉢くらいはダメになりました)。

Aベストアンサー

こんにちは

miitannさんのイチゴの現状から、考えられるのは、
土壌病害として、イオウ病・イチョウ病、カビ関係のタンソ病・葉タンソ病、ウイルス病としてエキ病、虫の害として線虫などが考えられます。症状としては、もっともポピュラーな、イオウ病ではないかと思うんですけど(実物の写真があればすぐにわかるんですが)若い葉っぱは、小さくなっていませんか?小さくなっていればイオウ病です。イオウ病は土の中に病原菌がいるので、いったん発病したら直す方法はありません。
いずれにしても、上に書いた病気であれば、土に病原菌がいるので、wyvern0さんも書かれている通り土壌病害ですから、土の交換がよいです。土に病原菌がいいれば、新しい株を買ってきても一緒の結果になります。
念のため、新しく買ってきたイチゴの1株はいままでの土に、他の株は新しい土の植えてみると、よくわかると思います。
イチゴのイオウ病・葉タンソ病は、イチゴ専門の農家でも大問題になっている病害です。(発病してからの農薬防除の方法がない、発病すればすでに手遅れ)
今までの土は、他の花とか作物を作れば問題ないと思います。ただし、イチゴはバラ科の植物なので、バラは避けて下さいね。

こんにちは

miitannさんのイチゴの現状から、考えられるのは、
土壌病害として、イオウ病・イチョウ病、カビ関係のタンソ病・葉タンソ病、ウイルス病としてエキ病、虫の害として線虫などが考えられます。症状としては、もっともポピュラーな、イオウ病ではないかと思うんですけど(実物の写真があればすぐにわかるんですが)若い葉っぱは、小さくなっていませんか?小さくなっていればイオウ病です。イオウ病は土の中に病原菌がいるので、いったん発病したら直す方法はありません。
いずれにしても、上に書い...続きを読む

Qぬか漬けについて:ぬか床の水気の取り方を教えてください。

粗食を始めようと思って、ぬか漬けを始めて一ヶ月になります。とっても美味しくて気に入ってます。
始めは粗食の本でぬか床を作りましたが、その後の保持の仕方はその本には書いていませんでした。最近ぬか床が水っぽくてどうにかした方がいいのかなと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。
もしよろしかったら今後のぬか床の保持の仕方とかも教えてくれたらうれしいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

毎日かき回していますかぁ?(^-^)

ぬか床の水分は、ガーゼや木綿の布巾を上にかぶせて吸い取ってやるか、
「ぬか床の水分抜き」なるものが売られていたりします。これは、コップの側面に穴がポコポコ空いているものを想像してください。
この「水分抜き」をぬか床の中央にブスッと差し込んでおくと、そのなかに水がたまります。
あとは、時々乾燥ぬかを足して、よく混ぜてあげましょう。

Qいちご栽培について

どうしてもMYいちごが食べたくてマンションなんですが昨年、プランターにイチゴの苗を植えて栽培し始めました。ここ最近、苗が枯れてきました。葉の周りから茶色になり始め葉全体が枯れてきてしまうんです。新しい葉も出て来ていますが回りが茶色くなってきたような気がします。何か病気にかかっているのでしょうか?対処方法を教えてください。

Aベストアンサー

どこにお住まいか分かりませんが、普通寒い時期はそのような状態になります。よほどの寒冷地でなければそのままで良いでしょう。春になって活動を始める前に枯葉を取り除き施肥を行います。肥料は与えすぎると障害が起きます。

Qフライパンを熱したあと、油をひいて、水気のある玉葱のみじん切りを入れた

フライパンを熱したあと、油をひいて、水気のある玉葱のみじん切りを入れたら、熱い油がパチパチと大きくはねてしまいした。熱かったです(+_+)

水気のある野菜などをフライパンに入れるときは、どのようにするのが1番良いですか?アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

フライパンを加熱しすぎではないですか?

細かな水気のある材料 少量などの野菜のとき 予めの加熱は、控えめにして手早く炒めれば問題はないはずです。

大きめに切ったキャベツなどを炒めるなら 良く加熱して白い煙が立つくらいになったフライパンに キャベツを一気に全部入れて (ここで少しずつ分けて入れるとはねますよ。)手早く調味料を加え 一・二分さっと炒めると 歯ごたえのある野菜炒めのキャベツになります。

だらだらと炒めるとキャベツは、柔らかくなつて食感が落ちます。

炒める野菜 その量 大きさで フライパンを熱しておく時間 火力調整を分けると良いのです。

玉ねぎの みじん切りの時 フライパンが100度以上になっていたら 一気に水分が蒸発するので はねますよ。
低めにしてみじん切りの玉ねぎをいれ 火力も合わせて水分を飛ばしつつ 炒めていけばいいのではないですか? 

失敗は 成功の始まり。

痛い思いしたら 次は、ちょっと弱くしてみるとか 変えてみるとか。

するとうまく行くようになりますよ。

Qいちご栽培について

今年初めてイチゴの苗を買って畑に植えていますが
今後どうやって育てていけばよいか分りませ
どんな肥料をいつ頃やって寒い冬はそうすればよいか
教えて下さい

Aベストアンサー

家庭菜園で毎年20ポット買って来て畑に植えています。

植え付け準備として2~3週間前に堆肥、苦土石灰、ようりん、元肥(化成肥料)を全面にまいて、耕して置きます。

目安としては1m2当たり堆肥(2kg)苦土石灰(150g)ようりん(100g)です。元肥として化成肥料を1m2当たり60gです。

イチゴは生育期間が長いので、肥料を追加します。追肥と言います。12月、2月に薄い液肥(ハイボネックス等)か油かすをひとつまみ程度株元に施します。

♯1さんが書かれている様にマルチングすると、地中が温められ育ちが良く雑草等の繁殖防止になり又、雨などの土はねで果実が汚れずにすみますので、マルチングはお勧めです。

私の地方での積雪(10cm)は5回位ですが、特に管理はしていません。

Q流水で解凍・・・とは?

よく冷凍食品の解凍方法の説明で、流水で5分解凍してください、などと書いてあることがあります。

お恥ずかしいのですが、流水で解凍とは、どのようにするのですか?
字のごとく、水道の水を5分間流しっぱなしのままにしておくのでしょうか?

すみません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

冷凍庫に入っていた冷凍食品は、0℃よりもかなり低温度になっています。
水道から出る流水は0℃よりも高い温度(例えば、冬場では7℃前後)です。

そこで、入れ物に溜めた流水に冷凍食品を入れると、
溜めた流水温度は水道から出る流水温度よりも冷えます(例えば、冬場では7℃以下)。

もし、溜めた流水が0℃以下に冷えて凍ってしまうようであれば、
水道から出る流水を追加すれば良いでしょう。
尚、追加する流水量は、多ければ多い程、解凍温度は高くなりますが、
水道から出る流水温度よりも高温度(例えば、冬場では7℃前後以上)にすることは出来ません。 

従って、水道の水を5分間流しっぱなしのままにしておく必要は無いでしょう。

Qいちご栽培担当者を英語で何と言いますか?

名刺に記載する名称で困っています。

「いちご栽培担当者」を英語で何と言いますか?

教えてください。宜しくお願いします。

Strawberry Cultivation Administrator では固いような気がして。。
他に良い表現があればお願いします。

Aベストアンサー

どういう意味の担当者かによります。
実際につくっていれば、Cultivatorでもよいでしょうが
省庁などでの担当誰ばお書きになったような訳かと
おもいます

Qフルーツタルトのタルトがふやけてしまう。

フルーツタルトを作ったのですが、カスタードやフルーツから出る水分でタルト生地がふやけてしまいました。
作り方はこんな感じです。
1、タルト生地を型に敷き、アーモンドクリーム(?)を入れ、オーブンで焼く。
2、焼きあがったものにカスタードクリームを敷く。
3、各種フルーツを盛り付け、アプリコットジャムでテカリを出す。
かなりはしょったレシピですが、こんな感じです。
作ってすぐはもちろんサクサクしてるんですが、時間がたつと、カスタードかフルーツの水分がタルト生地にしみこんでしまい、ふやけてしまいます。
どなたかこれに対処する方法をご存知ないですか?
お願いします。

Aベストアンサー

ちょっとずれますが、アーモンドクリームは必須アイテムでしょうか?

アーモンドクリームは使わずにタルトを空焼きしたあと内側にホワイトチョコを塗り、カスタードとフルーツを盛り込めば(多分)しけるのは遅いと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報