人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

フランス語のplusという単語は、プリュスとかプリュというように最後のsを読まない場合とある場合があるそうですが、使い分けを教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

辞書によって書いていることに多少ズレがあるので、時代とともに変化があるのかもしれません。



<s を発音する場合>
・名詞または名詞的に使う場合
 -◆ “+”
 -◆「le plus」で最大限のこと
C'est le plus qu'on puisse esperer.「これが望める最大限のこと=これ以上は望めない」
 -◆「プラスになること」
C'est un plus dan la vie.「これは社会でプラスになることだ」
 -◆「plus de (数詞)名詞」のとき
Vous avez plus d'amis que moi.「あなたは私より友人が多い」
Il est venu plus d'une fois.「彼は幾度となく(<一度より多く)来た」名詞句が副詞として機能

・その他
 -◆「動詞+(le) plus」の形をとり「より多く/一番」
Il mange plus que moi.「彼は私より多く食べる」
On ne peut faire plus.「これ以上はできない」
C'est moi qui vous aime le plus.「あなたを一番愛しているのは私」
 -◆ s を発音する熟語など
au plus, de plus, en plus, il y a plus, pas plus, plus que tout, plus que jamais, en plus de... など(最後の3つは s を読まないこともある)

以上、94年発行の辞書から抜粋です。70年代の辞書では「+」以外で s を発音することに言及はありませんでした。

この回答への補足

la plus haute montagne de la Franceでは、ラプリュスオットモンターニュとは、ならないでしょうね。ラプリュオットですよね。

補足日時:2010/06/26 18:19
    • good
    • 2
この回答へのお礼

trgovecさんはいつも丁寧に細かく説明してくれるのですね。過去の履歴を見ると、trgovecさんはドイツ語、フランス語、ロシア語に堪能なんですね。失礼ですが、もしかしたら大学の教授ですか?これからもよろしくお願いします。

お礼日時:2010/06/24 05:29

普通は [ply] ですが、「プラス」の意味では [plys] と発音するそうです。


副詞として用いられる場合はもちろんリエゾンして語尾が [z] の音を持ちます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qかわいい響きのフランス語

現在、自宅の一室を利用してネイルサロンを開業する準備をしています。
お店の名前をずーーーっと考えていて、フランス語などでかわいい響きの言葉がいいな、という希望はあるものの、私の知識では煮詰まりません。
まずはお店の名前を使ってブログの開設をしたいのですが、停滞状態で困っています。

お店のコンセプトは、隠れ家的なお部屋で普段の生活に映えるような飾り過ぎないネイルをご提案していきたいな、と思っております。

店名のイメージとしては、安っぽくなく、ふんわりとした感じがいいのですが・・・
あと、すぐに覚えていただけるように短い言葉(1~2単語程度)がいいな、と思っております。

知っている単語をならべてみたり、辞書で調べてみるものの、いまひとつピンときません。

どうか、お力添えしていただけないでしょうか。。。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。No.4、8です。メールを見るのが遅れ、お返事が遅くなり申訳ありません。

<(2)チャラチャラした感じではなく、日常生活の一部分としてネイルを考え、派手すぎない大人の可愛さを出すようなアートを提案したいと思っています。L'Allureはとても気に入っているのですが、その点では少し、イメージと外れてしまうのかな・・・?と。。。>

そうですね、L’Allureは「気品」と言う感じで少し冷たい感じがしますね。ちなみに、世田谷で「お花とマナーサロンを開いている友人」が、この言葉を提示したところ気に入ってサロンに使っているのです(Allure一語だけではなく一部に取り入れています)。

雰囲気からですと、「明るく、柔かな、落ち着いた」という感じでしょうか、、、

Au Soleil(オ・ソレイユ)「太陽に向かって」
Le Coin Ensoleile(ル・コワン・アンソレイエ)「日だまり」
Le Jardin Secret(ル・ジャルダン・セクレ)「秘密の園」
Le Jardin Ensoleile(ル・ジャルダン・アンソレイエ)「日だまりの庭」
Le Jardin Du Reve(ル・ジャルダン・デュ・レーヴ)「夢の庭」
Le Tournesol(ル・トゥルヌソル)「ひまわり」
Le Relais Du Soleil(ル・ルレ・デュ・ソレイユ)「太陽の小宿」
Le Sourire(ル・スリーr)「微笑み」
l’Aube(ローブ)「夜明け」
Le Point Du Jour(ル・ポワン・デュ・ジューr)「同上」
Le Petit Jour(ル・プティ・ジューr)「同上」
La Reve Des Papillons(ラ・レーヴ・デ・パピヨン)「蝶の夢」
La Reve Ravissant(ラ・レーヴ・ラヴィッサン)「魅惑的な夢」
La Reve Illusoire(ラ・レーヴ・イリュゾワーr)「幻惑的な夢」
La Belle Du Jour(ラ・ベル・デュ・ジューr)「昼顔」
Bonne Journee(ボンヌ・ジュルネ)「よい一日を」
Bonne Chance(ボンヌ・シャンス)「幸運を」
Les Amoureuses(レザムルーズ)「恋人達」
La Douceur(ラ・ドゥサー)「やさしさ」
Doucement(ドゥースモン)「やさしく」

などなど、イメージから想像すればきりがありません。
少しでもご参考になれば幸いです。

こんにちは。No.4、8です。メールを見るのが遅れ、お返事が遅くなり申訳ありません。

<(2)チャラチャラした感じではなく、日常生活の一部分としてネイルを考え、派手すぎない大人の可愛さを出すようなアートを提案したいと思っています。L'Allureはとても気に入っているのですが、その点では少し、イメージと外れてしまうのかな・・・?と。。。>

そうですね、L’Allureは「気品」と言う感じで少し冷たい感じがしますね。ちなみに、世田谷で「お花とマナーサロンを開いている友人」が、この言葉を提示した...続きを読む

Qフランス語できれいな店の名前をつけたいのですが…

フランス語で店の名前をつけたいのですが、次の言葉をフランス語にするとどう書いてどう発音するのか教えてください、なかなか決まらず困ってます。きれいな名前で簡単なのがいいのですが、そのほか何かアドバイスがあればお願いします。
かっこいい生き方、勝利の女神、私のスタイル、私らしさ、女神の微笑、天使の祝福、バラのような女性、素敵な時間
その他、透明、かっこいい、素敵、女神、バラ(バラの名前でもいいです)などを使ったフレーズがあれば教えてください、美容関係の店です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

k-k-m さん 

候補に入れて頂き感謝です 今、お一つのご提案

● Quatre fois Neuf (カトル・フォア・ナフ)

ながぁ~いと、お感じであれば真ん中foisを略し
Quatre-Neuf(カトル・ナフ)でも良いと思います

学校で習う掛け算の歌等に良く出てくる慣用句
quatre(数字の4)fois(掛けるとか、何回の回)
neuf(数字の9)で、4×9でその答えは36です

何をあほなことをとお感じになるのはもっともです

此処から本題でして、女性は一生に何回生れると
お思いでしょうか、そうですお答えは、4回ですね

一は、そうおぎゃぁ~と命を授かる
二は、12歳前後に少女から乙女に
三は、愛する人とご結婚で妻に変身
して、最後はお子様を生んで母親と

この4回を意味するのか、quatre fois です
そうしてneufは数字の9と同時に同音異義で
新しいとか新鮮なと形容詞でもあうことから
フランス語36との数字は4回新しいことを
つまり、新しいの意味を、強調しています

人生の節目節目でより美しくなる新しい自分を
見つけるお手伝いを、この美容でとの想いです
考え過ぎかな、でもでも女性は幾つでも美しく

k-k-m さん 

候補に入れて頂き感謝です 今、お一つのご提案

● Quatre fois Neuf (カトル・フォア・ナフ)

ながぁ~いと、お感じであれば真ん中foisを略し
Quatre-Neuf(カトル・ナフ)でも良いと思います

学校で習う掛け算の歌等に良く出てくる慣用句
quatre(数字の4)fois(掛けるとか、何回の回)
neuf(数字の9)で、4×9でその答えは36です

何をあほなことをとお感じになるのはもっともです

此処から本題でして、女性は一生に何回生れると
お思いでしょうか、そうですお答えは...続きを読む

Q*フランス語など「お花」に関するかわいい響きありませんか?*

お花に関する意味でフレンチなかわいい響きの単語はありませんか?
他、フランス語に限らず、日本語でも英語でもいいので
お花に関する、簡単でかわいらしい響きの言葉を探しています。

ちょっと名前を付けるのに参考にさせて頂きたいので、
どうかよろしくお願いします。
(読み方とつづりもお願いします♪)

Aベストアンサー

『花』に関係した言葉を、辞書で引くと、

La fleur 花(フルール)
La Flore 花の女神フローラ(フロール)
floral  花の (フローラル)
fleurette 小さい花(フルーレット)
fleuron  小さい花(フルーロン)
freuriste 花屋(フルーリスト)
fleurage  花(古語)(フルラージュ)
fleurir(e) 開花する、花が咲く(フルーリール)
fleuri(e)  花の咲いた(フルーリ)

発音は、カタカナでは表しずらいですね。

ちょっと気になったのですが、No.4の方。
dans le Jardin (庭の中)
dentdelion(たんぽぽ)これは、英語。フランス語では、pissenlit(ピッサンリ)と言いますが、子供のおねしょの意味もありますので、御注意下さい。

Q幸せのひととき・・・名前にできる響きのいい外国語!

こんばんは。

◆幸せのひととき
◆幸せな空間
◆ささいな幸せ

上記の言葉の訳、
もしくは似たような意味を表す言い回しをご存知の方いらっしゃいませんか?

フランス語でもスペイン語でも
何語でもかまいません。
かわいくて響きがよければ造語でも全然オッケーです♪


ただ、ブランド名にしたいので、できれば覚えやすく、短めの言葉希望です。


現在、卒業研究でアロマランプを制作しておりまして、そのブランド名がなかなか決まらなくてとても困っています(>_<)

いろいろな翻訳サイトで訳しては見たものの
長かったり、音があまりきれいではなかったりで、なかなか気に入ったものを見つけられませんでした;;


どなたかご協力していただけたら幸いです。
どうかよろしくお願いします!

Aベストアンサー

フランス語です。


幸せのひととき bon moment(ボンモマン)、moment heureux(モマンウルー)

幸せな空間   espace heureux(エスパスウルー)

ささいな幸せ  petit bonheur(プティボヌール)


などいかがでしょうか。

Qフランス語で、純粋、透明なという意味のお店の名前を考えています。

こんにちは。
フランスのデザインを取り入れた透明感あるポップな色合いの
アクセサリーを取り扱うお店の名前を考えています。

フランス語で、

・純粋、透明、きらきら、クリア、すっきりした、
・明るくカラフル、色とりどりの、ポップな

などというような意味を含む響きの言葉が
ありましたら教えていただけないでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず思い浮かぶのが、月並みなんですが、clair [クレール] ですね。
明晰、透明、清らかなイメージ。
あるいは、それを女性形にして、claire [発音は clair と同じ] とか。
名詞化すれば、La Clarte [ラ・クラルテ] (e の上にはアクセント記号と同じものが付きます)。

そうして、これまた月並みですが、lumiere [リュミエール] (初めの e の上には普通のアクセント記号の向きを逆にしたのが付きます)。意味は「光」ですね。
あるいは、「光を発する」というイメージで luminescence [リュミネサ~ンス] なんてのもカッコいいかも。定冠詞もつけると、女性名詞なので、La Luminescence [ラ・リュミネッサ~ンス] なんてなります。
また、あくまでも「光」にこだわると、La Luminariste [ラ・リュミナリスト] とすると、「光を描く(女性)画家」みたいな意味で、キラキラした感じとマッチするかも。

Qフランス語でオシャレな店名をつけたいんです…

エステ系の小さい店を開きます。
店名をフランス語でつけたいと思っていますが、全く知識がないので考えても考えつきません。
…自分ではciel chic beaute とか(悲)
思いついた方、考えて下さい!(意味も教えて下さい)
小さい店、なので大げさではなく、深い意味もなくて結構です。
響きが良ければOKです。

Aベストアンサー

Embellir(アンベリール)
美しくするという意味の動詞です。

Qフランス語の「~こと」、「ce que」と「que」について

フランス語の文の繋ぎ方(?)「ce que」と「que」についてなのですが、

(1)Vous voyez ce que je veux dire.
私が言わんとすることはお分かりでしょう。

(2)Je vois bien que j'ai tort.
私が間違っていることは十分分かっています。

なぜ前者は ce que というように ce が入っているのに、 後者は que だけでそれぞれ繋がっているのですか?
前者はce que にしなければならないのでしょうか?前者を que にしたり 後者を ce que にすることは可能なのでしょうか?

教えてくださいっ。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

どちらも「こと」と訳しますが、ちょうど英語の what と that のような関係です。

Vous voyez ce que je veux dire.
You know what I want to say.

Je vois bien que j'ai tort.
I know well that I am wrong.

同じ「こと」でも ce que は続く文の成分(目的補語など)になり je veux dire quelque chose「私は何か言いたい」の quelque chose が ce que になり前に出たものと考えられます。これを英文法では「what は先行詞を含む関係代名詞」とか「what の後には不充分な分が続く」などと表現します。

que は「~ということ」と言い換えられます。ce que をこう訳すと変になります。

「私が間違っているということはよく分かっています」
「私が言いたいということはお分かりでしょう」←言いたい内容が述べられていない。

que (=that) は接続詞で、英文法ではよく「後に充分な分が続く」と言われます。

どちらも「こと」と訳しますが、ちょうど英語の what と that のような関係です。

Vous voyez ce que je veux dire.
You know what I want to say.

Je vois bien que j'ai tort.
I know well that I am wrong.

同じ「こと」でも ce que は続く文の成分(目的補語など)になり je veux dire quelque chose「私は何か言いたい」の quelque chose が ce que になり前に出たものと考えられます。これを英文法では「what は先行詞を含む関係代名詞」とか「what の後には不充分な分が続く」などと表現します...続きを読む

Q『~と思う』の表現法 【フランス語】

フランス語で「~と思う」という意味合いで
Je crois , Je pense , Je trouve
っていうのをよく耳にしますが、自分で使う場合、どう使い分けたらいいのでしょうか?

また日常会話において、文頭に置くのと、文末に添えるのはどちらが自然でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。7/26のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問1:
<Je crois , Je pense , Je trouve
っていうのをよく耳にしますが、自分で使う場合、どう使い分けたらいいのでしょうか?>

croire・penserは、trouverとはややニュアンスは異なります。

1.croire:

(1)ニュアンス的には「そんな気がする」「そう信じたい」「たぶんそうだと思う」といった感じです。

例:
C’est lui, je crois.
「たぶん、彼だと思う」

(2)また、よく否定形で用いられ、「疑惑の否定」すなわち、強い肯定・確信を表す場合に使われます。

例:
Je ne crois pas.
「そう思わない」=「そんなことありえない」
Je ne crois pas qu’il a tort.
「彼が間違っていると思わない」=「彼は間違ってない」

2.penser:

(1)croireとの明確な線引きはありませんが、croireより確信の高い「思う」の意味で使われているように思います。

例:
Je crois que c'est vrai.
「たぶん本当だと思う」
確信度は50%といったところでしょうか。

Je pense que c'est vrai.
「本当だと思う」
確信度は70%ぐらいでしょう。

(2)従って、否定形で強い肯定を強調する用法では、やはりpenseの方が確信が強くなります。

例:
Je ne crois pas. 「信じないわ」
<Je ne pense pas.「思いもしないね」「想定外だね」

3.trouver:

この語が3つの中で一番確信が強い語です。

もともとtrouver「見つける」「発見する」という意味ですから、「~を思う」と判断するまでに、その理由や根拠をある程度吟味してその判断に辿り着いた場合に使われます。従って、それなりの確信を持って判断する場合に用います。

例:
Je trouve qu'il est intelligent.
「彼は頭いいと思うね」
Je trouve qu'il a raison.
「彼は正しいよ」


ご質問2:
<また日常会話において、文頭に置くのと、文末に添えるのはどちらが自然でしょうか?>

状況によりけりで、自由に使えます。

(1)文頭に持ってくると、副詞的な働きも加味して、文のニュアンスを予め示唆できます。

例:
Je crois que,~
「たぶん、~でしょう」
Je trouve que,~
「恐らくほぼ、~だ」

つまり、これから述べる内容の確信度を予め示唆できるというわけです。

(2)文末だと、「100%事実じゃないから念のため」という念押しのニュアンスになるでしょう。

例:
Il es Ichiro, je crois.
「彼、イチローよ。たぶん、、、」
Il es Ichiro, je tvouve.
「彼、イチローよ。絶対そうよ、、、」


ご質問3:
<相手)イチローと松井、どっちが野球優れてるの?
私)うーん、イチローだと思います。>

主観で決められるといいと思います。ご質問の例ですと、以下のように答えると次のようなニュアンスになるでしょう。

例:
Je crois.
「たぶんイチローは松居より少し上」=「そうあってほしい」
Je pense.
「イチローは松居より上」=「そう信じている」
Je trouve.
「客観的にもイチローは松居より上だと思う」=「客観的にそうだ」

ご質問文では、「うーん、イチローだと思います。」と「うーん」と熟考している感嘆詞が入っているので、熟考の結果の判断ですから、確信の強いJe trouve.でいいと思います。


以上ご参考までに。

こんにちは。7/26のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問1:
<Je crois , Je pense , Je trouve
っていうのをよく耳にしますが、自分で使う場合、どう使い分けたらいいのでしょうか?>

croire・penserは、trouverとはややニュアンスは異なります。

1.croire:

(1)ニュアンス的には「そんな気がする」「そう信じたい」「たぶんそうだと思う」といった感じです。

例:
C’est lui, je crois.
「たぶん、彼だと思う」

(2)また、よく否定形で用いられ、「疑惑の否定」すな...続きを読む

Q縁(えん)をフランス語に訳すと?

こんばんは。
タイトルの通りなのですが、
『ご縁がある』などのように、人との出会いで使う『縁』を
フランス語ではなんと言うのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<『ご縁がある』などのように、人との出会いで使う『縁』を
フランス語ではなんと言うのでしょうか?>

最も相応しい語は
une rencontre(ユヌ・ランコントr)
「(偶然の)出会い」→「縁」
となります。

ちなみに
une rencontre, une chance
(直訳)「一度の出会いが、一度の機会」
→(意訳)「一期一会」
の意味で使われます。

また、
une rencontre de hasard
「偶然の出会い」→「偶然の縁」
Trouver un beau tableaux est le hasard d’une rencontre.
「いい絵画に出会うのは、出会いの偶然です」→「~は縁ものです」
といった表現もあります。


ご質問2:
<『ご縁がある』>

「あなたとはご縁がある」といった表現では、このrencontreよりはdestin「運命」を使うと、しっくりくる仏訳になるでしょう。

Je vous ai recontre, c'est un destin.
(ジュ・ヴ・ゼ・ランコントr、セ・タン・デスタン)
「私があなたと出会ったのは、運命です」

Nous nous somme rencontres, c'est un destin.
(ヌ・ヌ・ソム・ランコントr、セ・タン・デスタン)
「私達が出会ったのは、運命です」
などが相応しい表現になります。

以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問1:
<『ご縁がある』などのように、人との出会いで使う『縁』を
フランス語ではなんと言うのでしょうか?>

最も相応しい語は
une rencontre(ユヌ・ランコントr)
「(偶然の)出会い」→「縁」
となります。

ちなみに
une rencontre, une chance
(直訳)「一度の出会いが、一度の機会」
→(意訳)「一期一会」
の意味で使われます。

また、
une rencontre de hasard
「偶然の出会い」→「偶然の縁」
Trouver un beau tableaux est le hasard d’une rencontre.
...続きを読む

Q響きの良いラテン語/イタリア語/スペイン語

会社の名前のアイディアを探しています。
ブランド名は具体的で堅いネーミングに決めていますが、
社名は響きの良いものにしたいと思っています。
「良い」「楽しい」

「場所」「空間」「人生」「仲間」「関係」
のような組み合わせを考えています。

「高く」と「跳ぶ」的なものも
響きのいいものがあればいいかも知れません。

ちなみに
benesseなんてのはいい響きだな、と思います。

カタカナで発音を教えていただけるととても助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

英語だから月並みというよりも、英語だと既に使われている可能性が高いことを危惧してですよね。あと、ネーティブに「隠語」に当たらないか聞くよりも、文法に注意してください。というのは、それらの言語には「性」があって、それに応じて形容詞が語尾変化をするからです。中には フランス語のフの字やイタリア語のイの字も知らずに 肝心な部分を逃して ただ 茶々を入れる人もおりますが、文法の間違いだけは みっともないです。隠語といっても 例えば boxにvaginaの意味があるからといって神経質になる必要はありません。

「基本イタリア語2000」の類は、基本になる外国語をアルファベットに並べただけで tanmen08さんの目的にはそぐわないと思います。それよりだったら このような本がいいと思います。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E5%95%86%E5%93%81%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8B%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E8%BE%9E%E5%85%B8-%E5%AD%A6%E7%A0%94%E8%BE%9E%E5%85%B8%E7%B7%A8%E9%9B%86%E9%83%A8/dp/4054012795

私はラテン語は知りませんが、イタリア語とスペイン語で書いてみます。

良い場所 buon luogo ブオン ルオゴ/ bueno lugar ブエノ ルガル

良い空間 buon spazio ブオン スパーツィオ / bueno espacio ブエノ エスパシオ

良い人生 buona vita ブオナ ヴィータ / buena vida ブエナ ビダ

良い仲間 buon compagno ブオン コンパーニョ / bueno companero ブエノ コンパニェロ

良い関係 buona relazione ブオナ レラツィオーネ / buena relacion ブエナ レラシオン

高く跳ぶ saltare altamante サルターレ アルタメンテ/ saltar altamente サルタル アルタメンテ

英語だから月並みというよりも、英語だと既に使われている可能性が高いことを危惧してですよね。あと、ネーティブに「隠語」に当たらないか聞くよりも、文法に注意してください。というのは、それらの言語には「性」があって、それに応じて形容詞が語尾変化をするからです。中には フランス語のフの字やイタリア語のイの字も知らずに 肝心な部分を逃して ただ 茶々を入れる人もおりますが、文法の間違いだけは みっともないです。隠語といっても 例えば boxにvaginaの意味があるからといって神経質になる必要はあ...続きを読む


人気Q&Aランキング