1)よく(大)企業では、社員のビジネススクール派遣(修業)がありますが、あのお金(授業料、生活費、渡航費含む)は経費となるのですか?

2)その他、業務に必要な知識を身につけるために会社にお金を払ってもらって社員が専門学校や大学へ行く場合も経費となるのでしょうか?

以上が可能だと仮定して・・・
3)私は個人事業主ですが私も業務に必要な知識や技術を身につけるために大学に通ったら授業料や通学費などすべて経費として落とせるのでしょうか?

4)個人事業主の経営者がアカウンティングスクールやロースクール、ビジネススクール(すべて大学院)に通ったとしても、授業料などそれに関する費用を事業の経費として落とせるのでしょうか?

質問が多く成りすぎましたがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



私も個人事業主です。が、法律の専門家ではないので、経験則です。

以前、税務署の方に同じような質問をしたことがあります。
その際、まず大きな前提として、日本の所得税に対する考え方は
「自己申告」を旨とすること。
ですから、たとえ年商1000万で接待交際費が500万かかったと申告しても、
それが明らかに事業に必要であると証明されれば
通ってしまう、ということです。
(実際に査察が入ればそうはいきませんが、理屈ではそういうことです)

ですから、1)~4)ともに経費として計上できると思います。
もちろんそのためには、それが事業に必要なことであるという証明と、
いくらかかったかの領収書等が当然必要かと思います。

ただし、3)~4)の場合、「事業に必要不可欠である」ということを
しっかりと説明できなければならないと思います。
「そこに通わないと事業が成立しないのか」と突っ込まれたとき、
答えられるだけの説得力が必要でしょう。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

聞かれたことあるんですね。参考にします。

やはり経費にできますよね。私の事業も楽しくなってきましたヘ(^o^)/

お礼日時:2003/07/20 22:09

できるはずです。

財務会計上は、調査研究費として計上するのがベターではと思います。税務上の問題は#1の方がおっしゃるように、明確な目的の説明が必要です。
下手をすると、個人への報酬になったりすることもあるのでは?と思いますが、
「私も業務に必要な知識や技術を身につけるために大学に通ったら・・・」とのことですので、大丈夫では?
頑張ってください。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

科目は調査研究費に当たるんですね。早速、調べてみます。

>「私も業務に必要な知識や技術を身につけるために大学に通ったら・・・」とのことですので、大丈夫では?

費用で学費が落とせるなんてうれしいです。いまは全然、利益がないですから無理ですけど、いつか利益がでまくったらどっかに通おうと思います。がんばります。

お礼日時:2003/07/20 22:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告で、雑収入が40万円で、経費が10万円の場合は、雑収入の項目に

確定申告で、雑収入が40万円で、経費が10万円の場合は、雑収入の項目に30万円と記入して、経費の欄は空白で提出しても良いでしょうか?(自分の中で雑収入と経費を相殺して、純粋な利益の部分だけを確定申告に書くような感じです)

Aベストアンサー

所得税法第百二十条第四項で、確定申告書には「その年において不動産所得、事業所得又は山林所得を生ずべき業務を行う居住者が第一項の規定による申告書を提出する場合(当該申告書が青色申告書である場合を除く。)には、財務省令で定めるところにより、これらの所得に係るその年中の総収入金額及び必要経費の内容を記載した書類を当該申告書に添付しなければならない。」と規定しています。ですから、収入と経費を相殺してはいけないのです。

また青色申告の場合は、所得税法第百四十九条で損益計算書を添付しなければならないと規定しています。損益計算書を提出するのですから、むろん、収入と経費を相殺出来ないわけです。

ですから面倒でも収入40万円も経費10万円も両方書いてください。

Q個人事業主 夫の自家用車を事業で使用した場合の経費

夫(サラリーマン) 妻(個人事業主)です。
夫名義の自家用車(ローンなし)を週1~2回の割合で事業用に使用しており
ガソリン代や車検、保険など使用按分で経費に計上しています。

私が車の所有者であった場合、車も減価償却できると思うのですが
夫名義の場合は無理でしょうか?
夫にリース料としていくらか払うなどは可能でしょうか?

Aベストアンサー

>よくわかりませんが、ダメだということですよね…

真反対の解釈をされてしまいました。
「どうぞ」と端折らずに「どうぞ減価償却してください」と書くべきでしたかな。

>土地建物の場合は賃貸であれば按分できますが、持ち家であれば経費に計上できませんね…

考え方が違います。
賃貸なら経費になるのは「家賃」、持ち家なら「地代」と「減価償却費」に「ローンの金利」、「修繕費」などです。
もちろん、全額支払い済みならローン金利は関係ありませんけど。

>ガソリン代や車検、保険など使用按分で経費に計上することは問題ないのでしょうか…

事業に使用しているのが事実なら、何の支障もありません。

いずれにしても、事業用以外の財布、預金から事業の経費を払った場合は
【減価償却費 △△円/事業主借 △△円】
【修繕費 △△円/事業主借 △△円】
【消耗品費 △△円/事業主借 △△円】
などと仕訳をします。

事業用以外の財布、預金から支払った、すなわち「生計を一」にする家族が払ったということです。
繰り返しますが、事業に使用しているのが事実なら、家族の持ち物でも経費になるのはとうぜんのことです。

なお、建物を事業の経費とする場合、もし夫が住宅ローン控除を受けているとしたら、事業に使用している部屋面積分は、住宅ローン控除の対象から外されますのでご注意を。

>よくわかりませんが、ダメだということですよね…

真反対の解釈をされてしまいました。
「どうぞ」と端折らずに「どうぞ減価償却してください」と書くべきでしたかな。

>土地建物の場合は賃貸であれば按分できますが、持ち家であれば経費に計上できませんね…

考え方が違います。
賃貸なら経費になるのは「家賃」、持ち家なら「地代」と「減価償却費」に「ローンの金利」、「修繕費」などです。
もちろん、全額支払い済みならローン金利は関係ありませんけど。

>ガソリン代や車検、保険など使用按分で経費に...続きを読む

Q経費項目につきまして

確定申告の際の経費項目のついてお伺いさせて頂きたいのですが、
フリーのイラストレーターをしています。
気分転換も兼ねて、カフェなど、自宅以外の場所で仕事をした時の飲食代は何という経費に含まれるのでしょうか?

以前どこかのサイトで、執筆家が旅館にこもって仕事する際の経費と同じ、と読んだ事があるのですが。。。

宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

お一人で仕事をしている場合の経費項目は、従業員を使用してる企業と同じ感覚で計上しますと、とんでもないしっぺ返しを食らいます。
収入を得る為の経費として、喫茶店で来客とコーヒーなら交際費で認められもしましょうが、一人で福利厚生費はふざけるなで、カットされるでしょう。年収の総額次第です。
『執筆家が旅館』と、貴方の場合は同一ではありませんから、飲食代を認められるケースは、限りなく0に近いです。
自腹になります。『事業主貸し』の項目です。

Q個人事業の事業主貸と事業主借の期末処理

個人事業で、
事業主貸と事業主借は、
期末で相殺して、
残高が残った方を元入れに振替るのが正しい処理でしょうか?

それとも、両科目とも相殺せずに、残高を残しておいて、決算を作成し、翌年の期首残高の段階で、上記の相殺処理をするのでしょうか?

Aベストアンサー

>翌年の期首残高の段階で、上記の相殺処理をするのでしょうか…

こちらです。

>期末で相殺して、残高が残った方を元入れに振替るのが…

事業主貸も事業主借も、貸借対照表に期末の数字を記載しなければなりませんので、早々と相殺してはいけません。
しかも、元入金は、期首の数字がそのまま 1年間は変わりませんので、繰り入れたり繰り戻ししたりしてはいけません。

Q請求書の請求明細項目に”その他経費”と言う名目での本体工事費にプラス請

請求書の請求明細項目に”その他経費”と言う名目での本体工事費にプラス請求するのは変ですか。
其れは費用であって相手方(支払い側)に経費(会計用語?)と言うのは如何なものか、アドバイスお願いします。カテ違いでしたらお許し下さい。

Aベストアンサー

その他経費、諸経費とか一般的です。問題ありません。
>相手方(支払い側)に経費(会計用語?)と言うのは如何なものか
それをいうなら工事費の費も同じですよね、むしろ工事に費はつけないほうが良いと思います。
こちらからすれば工事売上であり、相手からすれば工事費用です。
諸経費の場合は工事売上とは違って、こちらが施したものではなく、立替払い的要素が含まれておりますので、こちらにとっても、相手にとっても経費で良いのではないでしょうか

Q事業主貸 事業主借 相殺 その方法とタイミング

新米の個人事業主です。 掲題の件でお教え下さい。
昨年一年間経理した結果、事業主貸と事業主借が自動的に相殺されるものではない事を始めて知りました。  事業主の貸し借りは所詮プラスマイナスの関係にあると思うので、いつかの時点で相殺すべきかと考えました。 今回はそのタイミングと 方法とについてお伺いします。

まずそのタイミングです。
  期初が宜しいのでしょうか? それとも未来永劫相殺すべきではないのでしょうか?

次はその方法です。 
仮に事業主借の方が少額として、その額を事業主貸から引く方法は以下の通りで宜しいですか?

 方法: 借方に 事業主借  貸方に事業主貸 、金額は上記事業主借の金額

以上です。
技術屋にて、経理はど素人。
ちょっと馬鹿げた質問かもしれませんが、お恥ずかしながらお伺いする次第です。
宜しくお願いします。


       

Aベストアンサー

>事業主貸と事業主借が自動的に相殺されるものではない事を始めて知りました…

自動的にというのがどういう意味かよく分かりませんが、事業主貸や事業主借は翌年への繰越処理の際に精算するものですよ。

[当年の元入金] + [青色申告控除前の所得金額] + [事業主借] - [事業主貸] = [新年の元入金]

で、新年は事業主貸、事業主借ともに 0 からのスタートです。

>期初が宜しいのでしょうか? それとも未来永劫相殺すべきでは…

だから、翌年への繰越処理の際。

>方法: 借方に 事業主借  貸方に事業主貸 、金額は上記事業主借の金額…

「元入金」に繰入。

Q【確定申告について質問です】不動産所得用収支内訳書、経費の項目について

不動産所得の収支内訳書、経費について前回の質問でお聞きし忘れた事について、教えてください。

現在、所有しているマンションを賃貸に出しています。
管理を不動産会社に委託するシステムを利用しており、、月々の家賃の5%を「管理報酬金」として払っています。

1.その管理報酬金は収支内訳票の経費でどの項目に入るのでしょうか?
 
2.委託システムの登録料として初回に163,000円を支払っています。
 これはどの項目でしょうか?


それらしいのは、「給料賃金」の項目なのですが、私が払っているのは給料ではないし・・・。
「雑費」でしょうか?


ご回答、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>「雑費」に全部入れて、財務署から電話が来たり証明書を求められたら、それに応えれば良いのでしょうか?

それしか方法は
ありません。

Q事業主貸と事業主借は次期繰越額0円ですか?

決算終了後、事業主貸が0円になるのは理解できるのですが、事業主借はどうなるのでしょうか?そのまま次期繰越額で残るのでしょうか?
あと、昨年度の利益金額は前期利益として今期の期首残高に残すのでしょうか?
実は・・・会計ソフトに頼って次期繰越をしたら、利益金額はなし、事業主借は元入金になっていました。なぜ元入金なのかも分かりません。

Aベストアンサー

#3の追加です。

本来は、元入金は開業時と、翌年初に事業主貸・事業主借・当期損益を相殺して元入金に振替えるときだけ使います。

開業時に用意した資金は元入金で計上すべきだったのですが、結果的には同じになりますから、そのままでも問題ありません。

Q返金時の経費項目!?

先日イベントを行い、会計報告を作成しています。

しかしながら、一部参加者に入場料の返金が行われました。

その場合、収入欄にて対応するのでしょうか。
それとも、支出欄にて対応するのでしょうか。

入場時、一度入場料は受け取っております。
支出欄にて対応するように思いますが、経費項目が解りません。

前年度迄の経費項目としては、謝金、宿泊費、食費、雑役務費、旅費、印刷製本費、借料損料、通信運搬費、消耗品費、会議費、保険料、となっています。

どれにも該当しないように思い、調べてみましたが良く解りません。

どのように対応すべきなのでしょうか。

Aベストアンサー

No.1です。

>予定していた一部アトラクションが実施出来ず、会場エリアが縮小となりました。
>そのため、入場料として徴収していた金額を一部払い戻すコトとなりました。

となると、提供を予定していたサービスの一部がキャンセルされたのですから、入場料の返金については、やはり収入欄にて対応して収入をマイナスすべきでしょうね。

Q青色申告の事業主借、事業主貸について

小規模な個人事業主です。青色申告の記帳について教えて下さい。
毎月、月末に売上収入が現金で入り、翌月にそこから必要経費を現金で払い、残金を全て家計に入れています。その場合の仕訳は、
現金/売上
消耗品費など/現金
事業主貸/現金
でいいのでしょうか。
また、特に事業用の現金も手元には残っていません。さらに、預金も事業用はなく、個人の預金から必要経費が引き落としされていますがこの場合は、
通信費など/事業主貸
になるのでしょうか。

教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>毎月、月末に売上収入が現金で入り…

商品を売るのは月末だけですか。
そんなことはないと思いますので、売れた日に
【売掛金 △△円/売上 △△円】
月末に
【現金 △△円/売掛金 △△円】
です。

>翌月にそこから必要経費を現金で払い…

これも収入側と同じで、経費が発生した日と支払った日との 2段階仕訳が必用です。
【消耗品費 (等) △△円/未払金 △△円】
【未払金 △△円/現金 △△円】

>残金を全て家計に入れています…

それはお書きのとおり
【事業主貸 △△円/現金 △△円】
で良いです。

>特に事業用の現金も手元には残っていません…

ふだんは現金取引を一切しないというならそれでも良いですが、例えばボールペン 1本がなくなっても、掛けでしか買わないのですか。

>預金も事業用はなく、個人の預金から必要経費が引き落としされて…

「個人の」って、個人事業である限り、事業用金が別立てであったとしても、それはあくまでも「個人」のものであり、団体のものでも公共のものでもありません。

つまり、経費が落ちている預金が事業用預金と考え、青色申告特別控除 65万円を取りたいなら、貸借対照表に記載すべきです。

>こ場合は、通信費など/事業主貸…

だからその預金を事業用途考え、
【通信費 △△円/普通預金 △△円】
とするのが良いです。
その預金から家事費を引き出したとき、家事費が振替出金されたときは
【事業主貸 △△円/普通預金 △△円】
です。

あくまでも家事用預金だと主張したいなら
【通信費 △△円/事業主借 △△円】
です。
事業主貸が右側に、事業主借が左側に来ることは、越年処理のとき以外にはあり得ません。

>毎月、月末に売上収入が現金で入り…

商品を売るのは月末だけですか。
そんなことはないと思いますので、売れた日に
【売掛金 △△円/売上 △△円】
月末に
【現金 △△円/売掛金 △△円】
です。

>翌月にそこから必要経費を現金で払い…

これも収入側と同じで、経費が発生した日と支払った日との 2段階仕訳が必用です。
【消耗品費 (等) △△円/未払金 △△円】
【未払金 △△円/現金 △△円】

>残金を全て家計に入れています…

それはお書きのとおり
【事業主貸 △△円/現金 △△円】
で良いです。

>特に事業...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報