柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

DTPの勉強中なのですが、プリンタの階調数について教えてください。

カラーレーザープリンタの仕様をメーカーのHPで見ていると、普通に「600dpi、256階調、約1,677万色」と載っています。
そのプリンタをDTPの資料にある公式に当てはめると 最大出力線数=解像度÷√階調数 なので 600÷16=37.5線 となります。
「え、256階調表現するには、37.5線しか出せないの?私の算出の仕方がおかしいのかな。」と感じました。

又、あるメーカーのカラーオンデマンドプリンタの仕様に「1200dpi、170線と200線で選択可能、256階調」と唱っています。
階調数=(解像度÷線数)の2乗
そうなると、どう計算しても256階調にならないと思います。

これは「256階調出す実力はあるけど、文字再現を良くするために、階調は犠牲にして170線を強引に使っています」との解釈で良いのでしょうか?

そこらへんの理屈を教えて頂けると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

> 誤差拡散法はたしかに知っていましたが、プリンタでは


> 大抵このような処理を行っているのでしょうか?
私の知る限り、現在のプリンタは100%誤差拡散法を使っているようです。
下の左側の図は、初期のプリンタ印刷に使われていた規則的ディザによる256諧調表現です。誤差拡散法よりは解像度が落ちますが、16×16ドットに領域分けするよりはるかに良い表現ができることが分かると思います。

> プリンタの仕様にある「256階調」というのは、> 16×16ドットで
> 256階調ということではなく、誤差拡散などを使って「256階調」分
> 表現できるという意味でしょうか?
そういうことです。
下の右側の図は、256諧調表現の基本となる、ランダム ディザによる表示です。
ここでは、各ドットは、(ドットの色レベル)+(0~255の乱数)を計算し、結果が256以上なら白、256未満は黒で表示します。これによって、各ドットはその色レベルに応じた確率で白黒分けられることになり、全体として256諧調表現が実現されます。
規則的ディザも誤差拡散法も、この(0~255の乱数)の部分を改良したにすぎません。
規則的ディザは乱数でなく規則的なパターンで0~255の値を作り、誤差拡散法はフィードバック理論により情報の欠損を最小限にしています。
「プリンタの階調数について」の回答画像3
    • good
    • 0

論より証拠。

まず16×16ドットの領域に区切って色を決めてから出力する方法と、領域に分けずに誤差拡散法で出力した場合の比較です。(モノクロのほうが分かりやすいので、白、黒のドットだけで書いた2諧調モノクロです)
ポイントは、はじめに領域に分けないことです。実際のところ256諧調の色を出すには256ドット必要なのですが、はじめに領域に分けないことで、256ドットの範囲はお互いにかぶりあって、全体として256諧調出していても、解像はあまりそこなわれない・・・ということです。
「プリンタの階調数について」の回答画像2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
誤差拡散法はたしかに知っていましたが、プリンタでは大抵このような処理を行っているのでしょうか?

お礼日時:2010/11/26 07:17

> 私の算出の仕方がおかしいのかな。


そのとおりです。
質問中に書かれた計算方法は、まず、印刷を16×16ドットの領域(256ドット分)に区切って、それからその中で色を決めるという考え方です。
しかし、いまどきのプリンタのカラー発色は、そのようなことはしないで、(いや、昔から、そんなやり方をしたことは一度もないのだけれど)、プリンタの表現可能な情報量の限界まで、ほぼ使い切るやりかた(詳しくは誤差拡散法、またはFMスクリーニング法で調べてください。)をしています。
この場合、プリンタの1ドットは8色の色を出すことができるので、3ビットの情報量を持っています。一方1677万色のデータは24ビットの情報量を持っています。したがって24÷3=8 で、平均8ドット(実際はもう少し必要)あれば1677万色を出せることになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。勉強になります。
プリンタの仕様にある「256階調」というのは、16×16ドットで256階調ということではなく、誤差拡散などを使って「256階調」分
表現できるという意味でしょうか?

お礼日時:2010/11/26 07:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレーザープリンターの解像度

レーザープリンターの解像度について教えてください。
モノクロのレーザープリンターの解像度は600dpi×2,400dpi相当のようなものが多く、
カラーのレーザープリンターの解像度は600dpi×9,600dpi相当のようになっており、
カラーレーザープリンターのほうが×の後の解像度が格段に大きいものが多いのですが、
カラーレーザープリンターはモノクロ印刷の場合でも、
9,600dpi相当の解像度で印刷しているのでしょうか?
それとも、カラーを印刷する場合だけ9,600dpiのような解像度で印刷しているのでしょうか?

モノクロ印刷のみの用途でプリンターを買う予定なのですが、
解像度4倍も違うのならばカラーレーザープリンターを買おうと思っています。
印刷したものにそんなに違いはありますでしょうか?

Aベストアンサー

一般的はレーザープリンターのトナーカートリッジは(C/M/Y/K)の4つ。
600dpi× 2,400dpX4=9,600 <-これの意味わかるよね。
となりますので、モノクロ印刷の場合は、先の方もおっしゃているように意味がない。
後は気に入った方をどうぞ。

Qプリンタ解像度の表示について 1,200dpi×600dpiって何???

プリンタの解像度を調べている際に
2400dpi 1200dpi 600dpi 300dpi だったり
したのですが、

自分の認識では 600dpi と表現されるのは
600dpi × 600dpi と表示されているモードだと
思います。

では、1200dpi×600dpi って
解像度はいくつと表現すればよいのでしょう?(涙)

その前になぜ、2つあるのでしょう・・・?
どなたか、分かりやすく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実は私もCANON LBP-250を使っているのですが,プリンタのプロパティの「印刷品質」の中の「詳細設定」に,「トナー濃度」を設定するところがあります。デフォルトの設定では,インクジェットプリンタと比べて細くて読みにくく感じることがあるので,濃くして使うことが多いのですが,濃くすると太さが変わるように思います。

レーザープリンタのdpiの違いが問題になるようでは,インクジェットプリンタの出力ではとても使えないような気がします。それで,別の理由(例えば「コードの中にA~Dのキャラクタが含まれている」とか)を考えたほうがいいのかな?と思いました。
それから,CANONのレーザープリンタには「スーパースムーズ」という機能があります。バーコード印刷のような印刷の場合はOFFにしておいたほうがよいのかもしれません。でも,バーコードというのは,普通,垂直な線ですよね?スーパースムーズが原因となるのも考えにくいような気もします。う~ん,わかりません。もし原因がわかったなら是非知りたいです。

Qレーザープリンタのメモリについて

本当に初心者なのでよろしくお願いします。
レーザープリンタを購入しようと考えています。
それでなのですが、レーザープリンタに「メモリ」とありますが、メモリとはいったいどういうものでしょうか?
メモリより大きな、たとえば8Mのメモリプリンタに9Mのデータを印刷しようとしたりする事はできないのでしょうか?だとすれば増設できるものの方がいい、という事になるのですか?
多分とても基本的な事なのだと思いますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メモリはデータを一時的に溜めておくために利用します。

データが8M以内なら、パソコンからすべてのデータを転送可能なので、パソコンは印刷作業から解放されます。

9Mのデータなら、メモリがいっぱいになるまでデータを転送し、後の1Mはメモリに空きが出来たら転送されます。

つまり、パソコンの転送作業にかかる時間を減らすために付いているのです。
インクジェットプリンタのようにメモリが無い場合は、印刷が終わるまでデータを徐々に転送するだけの事です。

Q面積階調型と濃度階調型

プリンタに使われる面積階調型と濃度階調型の違いについて教えてください。

Aベストアンサー

面積階調型は新聞の印刷のように
黒の色を変えて中間調の表示をするのではなくドットの大きさを変えて白と黒の面積の比率を変えて擬似的にグレーに見せる方式で
濃度階調型はその名の通り濃度を変えることでグレーを表現する方式です。

Qレーザープリンターで写真が綺麗に印刷できる用紙?

ドラム式(リコー製)カラーレーザープリンターで、写真画像を綺麗に印刷でき、
且つ本体を痛めない、普通紙以外の用紙をアドバイス下さい。
(できれば光沢感を出したい)

※ サンワ製等の「レーザープリンター対応」を語っている用紙(光沢紙等)は、
ドラム式の機種には適応しない様ですね…。

Aベストアンサー

業務で使用している用紙があります。

カラーレザープリンター用コート紙 PODグロスコート(つやあり)
http://www.rakuten.co.jp/paper-m/1774589/


テカテカになりますが、トナーの付き方によってはわずかにざらつきます。

どちらかといえばグロスよりマットコートの方が適度な光沢で綺麗に仕上がります。


カラーレザープリンター用コート紙 PODマットコート(つやなし)
http://www.rakuten.co.jp/paper-m/1774589/

Qレーザーとインクジェット。画質はどちらが上?

失礼します。
質問したいのですが、レーザープリンターとインクジェットプリンターでは、画質はどちらが上でしょう?

趣味でイラストを制作し、プリントしています。
2ヶ月くらい前に、キャノンのMG6230を購入しました。
インク粒は微小で見えませんが、その個々の滲みの集大成は肉眼で視認出来ます。
まあ、それも僅かではありますが、目を凝らせば見えないこともないんですね。

出来るなら、そういった滲みも全く見えないのが望ましいです。
市販のイラスト類なんて、目を凝らしても全く見えません。

やはり、インクジェットなのが問題なのでしょうか?
レーザーだと、そういうこともないんでしょうか?
インクジェットとレーザープリンターでは、どちらが画質が上でしょう?

Aベストアンサー

レーザーとインクジェットでは色合いが異なります。
また、ドットの細かさはエプソンのインクジェットが上です。
にじみは乾式であるレーザーの方が少ないです。
レーザー(LEDタイプもあり)で高画質なものは一部しかありあせん。
A3だとZEROX DocuPrint C3360が最安値になります。
レーザーで1,200×2,400dpiは驚異的な画質です。
ただ、個人で使う値段ではありません。
http://www.fujixerox.co.jp/product/printer/docuprint_c3360/

A4までだとZEROX DocuPrint CP100 b
http://www.fujixerox.co.jp/product/printer/docuprint_cp100b/index.html
そのOEM?のNEC MultiWriter 5600C
http://www.nec.co.jp/products/laser/color/5600c/index.html
が高解像度デジタルスクリーン技術による1,200×2,400dpi相当の画質を誇っています。
ただ、このモデルはドラム組み込み式のためドラム交換が出来ないので
ドラムの寿命=プリンターの寿命になります。
その分かどうか、NECの実売価格は1万を切ってます。
http://kakaku.com/item/K0000277250/

なおEPSONのインクジェットプリンターの最高値は8色インクで5760×1440dpiを誇っています。
レーザーは4色です。

レーザーとインクジェットでは色合いが異なります。
また、ドットの細かさはエプソンのインクジェットが上です。
にじみは乾式であるレーザーの方が少ないです。
レーザー(LEDタイプもあり)で高画質なものは一部しかありあせん。
A3だとZEROX DocuPrint C3360が最安値になります。
レーザーで1,200×2,400dpiは驚異的な画質です。
ただ、個人で使う値段ではありません。
http://www.fujixerox.co.jp/product/printer/docuprint_c3360/

A4までだとZEROX DocuPrint CP100 b
http://www.fujixerox.co.jp/product/pr...続きを読む

Q仕切り価格の意味を教えて下さい。

経理の方と話をしていると「仕切り価格」という言葉が出ました。

調べても上手く理解出来ません。
頭の悪い私にでも分かるように具体例を挙げて教えて頂けると大変助かります。


よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

売るときの値段です。

定価10,000円だとしたら、
大量に仕入れてくれるA社には仕切り60%、6,000円で販売、
そこそこ仕入れてくれるB社には仕切り80%、8,000円で販売、
一般の方には、仕切り無し、つまりは定価の10,000円で販売。

ということになります。

もちろん仕切りが仕入れ値を割ってはいけません、損しますから。
そんな感じでゆるく考えてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報