大学で第二外国語を履修しないといけないのですが韓国語とスペイン語どちらのほうが学びやすいですか?ちなみに一回スペイン語の単位落としました。やはり韓国語なんでしょうか?お願いします。ハングルはハングルで書くのが難しいと思いました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

第二外国語をどうするかっていう質問、けっこうあるんですけど


私はその度にどれでも好みのものを取ればいいって回答しています。
何故なら第二外国語で学習する程度では将来役に立つことはなく、
「外国語の勉強の仕方」を学習する場だからです。
だから単位が取りやすいからとか、カッコ良さそうだからとか、
ラテン文化が好きだからとか、その程度の理由で十分。
将来外国に行く機会が出来た時に「あ~、そういえば
あの時やったんだよね~」って思いだせればいいという範囲です。

もしまだ迷ってるんだったら、例えば書店・図書館で
参考書をパラパラっと見たり、NHKの講座で音声を聞いたり
雰囲気をつかんで好きなものを履修すればいいでしょう。
あるいは周囲の人に単位が取りやすいのはどうか尋ねてみるもよし。
担当講師によっても単位の取りやすさはずいぶん違いますよね。
いくら好きな言語でどうしてもそれしかやりたくないって思っても
単位が取れないんじゃ卒業出来ませんしね^^

本当にその言語が好きで一生懸命にやりたいんだったら
単位に関係なく、自分でやってみればいいんです。
そうでないなら難易度はどれも同じ。
好きな方をお取りなさい、と私はアドバイスします。
    • good
    • 0

以前親戚の人から聞いたはなしですか、その人は東京外語大学の学生の時専攻科目に、韓国語か、スペイン語かに迷った時に、恩師に相談し「スペイン語」を進められたそうです。

その理由は、韓国語は韓国一国しか使用できない。( 決して韓国を軽視しているわけではないが) が、対するスペイン語はそれを母国語としている国( 主に南米)が多い。
またそれらの国々は日系人が多く、親日国が多い。資源もたくさんあるこれからは南米との関係にも重要になるとのアドバイスを受けたとうです。その後その親戚は、恩師のアドバイスを受けスペイン語を専攻し卒業後南米関係の仕事をしています。
その親戚は「学生時代スペイン語をアドバイスしてくれた恩師には本当に感謝している」と言っていました。機構の場合は第二外国語で、少し事情がちがいますが、参考にしてください。
    • good
    • 0

ハングルは他の文字に比べて難しいわけではないです。

むしろ簡単な部類だと思います。文法は韓国語は日本語に近いので、文字を覚えればスペイン語等欧米の言語に比べれば取り組みやすいと思います。ただし発音はスペイン語などに比べれば日本人には難しいと思います。でも大学の第二外国語の授業程度でしたら、文法とかさえ抑えることが出来れば問題ないでしょうから、その点では発音しやすいかどうかは問題ではないでしょう。
それよりは、モチベーションの問題でしょうね。いくら日本語に近いとは言え、やる気が起きない言語では、効率も悪く、覚えるものもなかなか覚えられない。なので、韓国語にしろスペイン語にしろ、他の言語にしろ、難しい簡単も一つの動機かもしれませんが、その言語を覚えて何をしたいとか、そういう目的意識みたいなものがはっきりしている言語を選択するのが一番だと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング