マンガでよめる痔のこと・薬のこと

「給与所得等に係る市民税・県民税 特別徴収税額の決定・変更通知書」
を見ているのですが
-----------------------------------
給与収入:2,644,992円
給与所得:1,670,800円
総所得金額:1,670,800円

所得控除 所得控除合計:686,801円

課税標準 総所得:983,000円
-----------------------------------
どれが年収なのでしょうか?

ご回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>給与収入:2,644,992円…



年収の言葉に法律上の定義はありませんが、
「年収」=「年間の収入」
と解釈するのが素直ですから、サラリーマンならこちらが年収です。

商売屋さんなら、1年間の総売上高が年収です。
「年商」とも言います。

>給与所得:1,670,800円…

1年間の給与支払額 (税や社保を引かれる前) から一定の見なし経費である「給与所得控除」を引いた数字で、サラリーマン特有のものです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

商売屋さんの、総売上高から仕入れや経費を引いた粗利益に総投します。

>総所得金額:1,670,800円…

副業や株投資などをしていなければ、
「給与所得」=「総所得」
です。

>所得控除 所得控除合計:686,801円…

「所得 (利益)」のうち、課税対象とされないものの合計値です。

・所得税の「所得控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
・住民税の「所得控除」・・・某市の例
http://www.city.fukui.lg.jp/d150/siminzei/jumin/ …

>課税標準 総所得:983,000円…

課税対象となる数値のことで、
「総所得」-「所得控除の合計」
です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2011/12/18 23:07

1か所の会社で働くサラリーマン等の場合、年収とは1月から12月分の(税・社会保険料・その他給与天引き分などすべて込み)のボーナスを含んだ総支給分(源泉徴収票の収入欄記載=一番大きいい額)です。

また、複数の企業で働く場合はその総合計です。不動産所得など他の収入があれば、こちらも加算します。
    • good
    • 0

専門家紹介

木村正人

職業:ファイナンシャルプランナー

FP1-オフイス21 代表
[ エフピ-ワン-オフイスニジュウイチ ]
あなたの人生のアドバイザーFP1!
家庭のいち専業主婦から世界のトップ企業様までアドバイス!
これが誰にもひらかれたエフピーワンの心意気です!

詳しくはこちら

お問い合わせ先

073-402-5035

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

年間の給与の収入金額がいわゆる税込みの年収です。

配偶者控除や社会保険料控除などの控除の合計額が所得控除額、給与所得の金額は、給与所得控除後の金額になります。
    • good
    • 1

専門家紹介

専門家プロファイル_宮里恵

職業:ファイナンシャルプランナー

主婦や女性の方が気兼ねなく相談できる、生活密着型の「家計アドバイザー」です。家計の見直しの入り口として、等身大の目線で保険の見直しのご提案をさせて頂きます。

詳しくはこちら

専門家

ようするに税引き前の給与収入でボーナスも含まれます

    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすい説明ありがとうございます。

お礼日時:2011/12/19 21:14

給与収入:2,644,992円

    • good
    • 5
この回答へのお礼

給与収入のことですね。ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/12/18 23:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q源泉徴収票は特別徴収税額の給与収入額と同じですか?

源泉徴収票がなくなったのですが特別徴収税額通知書が家にありました。以前源泉徴収票を見たときの額と特別徴収税額通知書の給与収入欄と額が同じなような気がするんですがおなじなんでしょうか??
また、特別徴収税額通知書で源泉徴収票の代わりになりますか?

Aベストアンサー

>源泉徴収票がなくなったのですが特別徴収税額通知書が家にありました。以前源泉徴収票を見たときの額と特別徴収税額通知書の給与収入欄と額が同じなような気がするんですがおなじなんでしょうか??
同じです。

>特別徴収税額通知書で源泉徴収票の代わりになりますか?
いいえ。
なりません。
「源泉徴収票が必要」ということであれば、源泉徴収票でなければダメです。
というのも、源泉徴収票は所得税についての内容で、特別徴収税額通知書は住民税についての内容が記載されており、そこが違います。
たとえば、「源泉徴収票、もしくは住民税の特別徴収税額通知書」と書かれていればいいです。

Q給与所得と給与収入の違いを教えてください。また、年収はどちらで答えればよいか?

こんにちは。

給与収入と給与所得の違いを教えてください。また、年収はどちらで答えればよいでしょうか?

Aベストアンサー

年収は給与収入です。

給与所得は給与収入から経費を差し引いた金額です。
この経費というのは年収に応じていくら!と決まっ
ています。

確定申告や年末調整の手引きなどにはこの表が載っ
ています。

自営業は、領収書で経費差し引けますがサラリーマ
ンなどはそういうのが認められていないので、国が
年収に応じて経費を算出しました。
サラリーマンといえども、仕事の為に靴は買う!
スーツは買う!などしますからね。

Q市・県民税の通知書の見方について

毎年、春に届く市・県民税の支払い税額が書かれている細い帯状の紙、
一番上の『所得』の項目に出てきている『給与収入』と『給与所得』についてお聞きしたいのですが、
『給与収入』に書かれている金額は、給料明細の課税対象額を一年分足した金額だということは分かったのですが、
『給与所得』の欄に書かれている金額はどこを足した金額なのかわからないんですが、
給料明細の差引支給額を全て足した金額とも違うのですが、どこの金額なのでしょうか?

差引前の支払い合計額を足しても、給与収入の金額にはなりませんが、
一般的に『年収』と呼ばれる金額は、”給与収入”のことなのか、”給与所得”のことなのか、
どちらのことなんでしょうか?

一番金額が大きいのは
(1)給料明細の支払合計額(差引前の金額)
(2)通知書の給与収入欄に書かれている金額(給料明細の課税対象額を足したもの)
(3)給料明細の差引支給額(手取り合計)
(4)通知書の給与所得の欄に書かれている金額(どこの金額を足したものなのかは不明)

この(1)~(4)の中で、一般的に年収と言われる物はどれに当てはまりますか?
(1)だとすれば、源泉徴収書にも、税額通知書にもどこにもその金額って出てきていないので、
自分ですべての給料明細を足していくしかないのでしょうか?

毎年、春に届く市・県民税の支払い税額が書かれている細い帯状の紙、
一番上の『所得』の項目に出てきている『給与収入』と『給与所得』についてお聞きしたいのですが、
『給与収入』に書かれている金額は、給料明細の課税対象額を一年分足した金額だということは分かったのですが、
『給与所得』の欄に書かれている金額はどこを足した金額なのかわからないんですが、
給料明細の差引支給額を全て足した金額とも違うのですが、どこの金額なのでしょうか?

差引前の支払い合計額を足しても、給与収入の金額にはな...続きを読む

Aベストアンサー

>差引前の支払い合計額を足しても、給与収入の金額にはなりませんが、
そのとおりです。
通常、なりません。
給与明細の「支払金額」には交通費が含まれていますが、これは税法上非課税(マイカー通勤だと一部課税分があることもある)であり、税法上の「収入」には含みません。

>一般的に『年収』と呼ばれる金額は、”給与収入”のことなのか、”給与所得”のことなのか、どちらのことなんでしょうか?
「給与収入」ですね。
給与所得の場合、「収入」から、税法上の「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を税法上「所得」といい、この「所得」から社会保険料控除や扶養控除、基礎控除などを引いた額に税率をかけ税額が出ます。
なので、この「所得」は明細をいくら足してもできません。

>この(1)~(4)の中で、一般的に年収と言われる物はどれに当てはまりますか?
(1)もしくは(2)ですね。
健康保険では年収130万円未満の人を扶養に入れられますが、その場合、通常、交通費を含んだ収入をいいます。
ただ、健康保険によっては交通費を含まない年収をいいます。
私の加入している健康保険では含みません。

なお、給与明細の課税対象が所得税と住民税で異なることはありえません。
所得控除(扶養控除や基礎控除)の額が、所得税と住民税出は違うため「課税される所得」は違います。

>(1)だとすれば、源泉徴収書にも、税額通知書にもどこにもその金額って出てきていないので、自分ですべての給料明細を足していくしかないのでしょうか?
そのとおりです。

>差引前の支払い合計額を足しても、給与収入の金額にはなりませんが、
そのとおりです。
通常、なりません。
給与明細の「支払金額」には交通費が含まれていますが、これは税法上非課税(マイカー通勤だと一部課税分があることもある)であり、税法上の「収入」には含みません。

>一般的に『年収』と呼ばれる金額は、”給与収入”のことなのか、”給与所得”のことなのか、どちらのことなんでしょうか?
「給与収入」ですね。
給与所得の場合、「収入」から、税法上の「給与所得控除(年収によってきまります)」を...続きを読む

Q「源泉徴収票」と「特別徴収税額の決定通知書」

「給与所得に係る市・県民税 特別徴収税額の決定通知書」に書かれてある「給与収入」というのは源泉徴収票「支払金額」とイコールですか?

私は一つの会社でのお給料を貰っているのみで、他の収入はありません。

21年度の源泉徴収票を用意した…つもりが「21年 給与所得に係る市・県民税 特別徴収税額の決定通知書」でした(泣)
どちらにしても「21年給与所得に係る~略」とは20年度のお給料に対するものですよね。

昇給はしたものの、残業が減っているから21年の年収が増えたか減ったかはちょっと微妙なところなのですが、
上記の2つの金額が大幅に違う、となれば大大問題で月曜出勤するまで不安でなりません。

とりあえず上記2つの金額がイコールになるか否か教えてください。

Aベストアンサー

平成20年の「源泉徴収票」の支払金額、と、平成21年の「市町村民税・都道府県民税 特別徴収税額の決定通知書」の給与収入は同額です
(>一つの会社でのお給料を貰っているのみで、他の収入はありません・・の場合)

Q収入証明書ってどこで手に入れるのでしょうか

収入証明書ってどこで手に入れるのでしょうか



賃貸マンションの申し込みをしてきました




この後,内見⇒申込金を振込⇒ 契約 ⇒ 申込金を差し引いて入金



というながれだと言われました。



差し当たって,内見できるのが1ケ月後なので,何か用意する書類ありますか?と質問したところ。



収入証明書を用意してくださいと言われました。



これってどこで手に入れるのでしょうか

Aベストアンサー

収入証明書は会社からいただく源泉徴収票やお役所でいただく所得証明や納税証明で良いと思います

源泉徴収票は会社によって違うかもしれませんが大抵は会社から無料でいただけますし取りに行く時間がはぶけますよ

どの証明書が必要か不動産会社にどれがいいのか聞くのも良いかと思います。

また働き始めで年末調整が1度も済まれてない場合は源泉や所得証明等がなければ会社から給与証明書などいただくことは出来ると思いますよ

Q給料手取りについて

主人の給料はだいたいしか知らない主婦です。
この度、主人に頼まれて市役所に課税証明書を取りに行きました。
この証明書の見方を教えてください。

給与収入金額は600万ほどです。
所得金額の内訳の給与=総所得金額は450万ほどです。
この場合、手取りは450万のほうでよろしいのでしょうか?600万のほうは年収ですか?
給料はいろいろ引かれ手取り37万ほどでよかったですか?

そうなると、ざっと年間150万(月12.5万)も引かれているんですね!?

私は社員の経験がなく派遣社員経験しかありませんが、引かれても4万ほどでした。

無知で恥ずかしいですが、あっているか等わかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

現物を見ていないのでわかりませんが、推測では、その総所得というのは、給与所得だけであれば、給与所得の金額でしょう。

推測を説明すれば、給与所得は給与収入から給与所得控除を引き計算します。給与所得控除は最低でも65万円で収入に応じて上がります。これは、会社員などの概算経費的な意味の控除となります。
そして、給与所得以外の収入があれば、それぞれ一定の方法で所得を計算し、給与所得などと合算したものを総所得と呼ぶでしょうね。

ですので、手取りでもなんでもありません。

証明書類で手取り額を推測することは、まず無理ということです。

市役所の証明では、市民税のための証明であり、所得税の要素は含まれていません。社会保険料や雇用保険料のような天引きは社会保険料控除を見ればわかるでしょう。ただ、税金の計算に関係ない、社内購入品の支払いが天引きにされていたり、互助会などの天引きがあれば、どの証明書にも書かれていないことでしょうね。また、通勤費などを手当としてもらっている場合も税金に関係ない部分がほとんどですので、証明書に記載されないことでしょう。

手取りと支給額の違いは、給与明細書で確認することですね。

現物を見ていないのでわかりませんが、推測では、その総所得というのは、給与所得だけであれば、給与所得の金額でしょう。

推測を説明すれば、給与所得は給与収入から給与所得控除を引き計算します。給与所得控除は最低でも65万円で収入に応じて上がります。これは、会社員などの概算経費的な意味の控除となります。
そして、給与所得以外の収入があれば、それぞれ一定の方法で所得を計算し、給与所得などと合算したものを総所得と呼ぶでしょうね。

ですので、手取りでもなんでもありません。

証明書類で手取...続きを読む

Q住民税は、およそでいいのでいくらなのか教えて下さい

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。

国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円
国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円

この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。

住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず
ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが

ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上
必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか?

私は年収200~230万位で 
年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形
住民税は毎月払うのでしょうか?

毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで
年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど

自由になるお金減りすぎますよね。

あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・

年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが
こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか?

月の収入で見ると

月給 180,000円
年金  -15,000円くらい
健康保険-16,000円くらい
所得税 -7000円くらい
住民税 -???円(仮に10,000円として)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 

醜い数値が出ました。

ひとり暮らしをしたら

知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。
食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円
この時点ですでに9万円です。 
残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払...続きを読む

Aベストアンサー

年収210万円とした場合の住民税
住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。
所得割
1360000円(所得)-370000円(社会保険料控除)-330000円(基礎控除)=660000円(課税所得)
660000円(課税所得)×10%(税率)=66000円
これに、均等割5000円がプラスされ71000円が税額です。
なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。

71000円÷12=5900円/月
が、毎月の給料から天引きされます。

なお、所得税は7000円も引かれません。
4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。
年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。

Q源泉徴収票と住民税額通知書の内容が違う!?

過去にもらった源泉徴収票と住民税特別徴収税額の通知書を整理していてたまたま気づいたのですが、6年前の書類で、下記の項目が違っていました。

[源泉]支払金額 と、[住民税]給与収入
[源泉]給与所得控除後の金額 と、[住民税]給与所得

ほかの年度は上の2項目に入っている金額は同じなのに、なぜ違うのでしょうか?
年数がたっているので市役所への問い合わせはしないつもりですが、気になります。ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

まず、「[源泉]給与所得控除後の金額 と、[住民税]給与所得」は、「[源泉]支払金額 と、[住民税]給与収入」が違えば、当然それに合わせて変わってきますので、それしか考えられないと思います。

では、「[源泉]支払金額 と、[住民税]給与収入」が違っている原因として考えられるものは、その年に限って、何かバイトをされた、という事はありませんか?
その年中の給与収入全てを合算すべきものですので、バイトをしていればそれも含めた金額が正しい住民税の給与収入金額となります。

もしも、その心当たりが全くないという事であれば、会社が何らかの手違いで、ご質問者様へ交付した源泉徴収票又は市町村へ提出した給与支払報告書、のいずれかについて、金額が違う内容のものを提出してしまった、としか考えられないと思います。

ただ、原因がわかったとしても、還付が可能なのは5年前までではありますが。
(バイト等をしていないのがハッキリしていれば、原因究明しようとすれば、会社に尋ねるしかないものと思いますが、逆にバイトしていたのでは、と疑いの目を向けられる可能性も否めないとは思いますが、逆に源泉徴収票の金額が多ければ、それはありえない訳ですが)

まず、「[源泉]給与所得控除後の金額 と、[住民税]給与所得」は、「[源泉]支払金額 と、[住民税]給与収入」が違えば、当然それに合わせて変わってきますので、それしか考えられないと思います。

では、「[源泉]支払金額 と、[住民税]給与収入」が違っている原因として考えられるものは、その年に限って、何かバイトをされた、という事はありませんか?
その年中の給与収入全てを合算すべきものですので、バイトをしていればそれも含めた金額が正しい住民税の給与収入金額となります。

もしも、その心当...続きを読む

Q自分の年収の調べ方

いつもカードを作成するときに記載する項目に
「年収」があります。
年収の定義がよく分かりません。

総支給額(年収)-税金等=手取り

といった感じになるのでしょうが、
この総支給額の内容は何なのでしょうか?
例えば、固定的に残業40時間を最初から
給料に入れてある人は該当すると思うのですが、
私の残業時間は月によって変動します。
あと賞与についても基本的に会社の業績に応じて
支払われるものですから、
固定的に決まっているものではありませんよね。

どこかで年収とは固定的に入る収入といった感じの
ことが書いてあったような気がします。
それであれば、変動する残業代は入らなくなります。

源泉徴収票は残業代等すべて含まれてる
のでしょうから
自分の正確な年収を導き出す為に
何を見ればいいのか分かりません。
毎月の給料明細で割り出すしか
自分で調べる方法はないのでしょうか?

Aベストアンサー

源泉徴収票、もしくは所得証明書をとった場合、一番大きな額が表示されている金額が、前年の年収です。(税、社会保険料など全部加えた額。)つまりsakocchi さんが言われるとおり、年収は毎年毎年、残業代、賞与などで変動します。のでカード、ローンなどの年収欄は、前年の年収を書きます。でもいちいち証明書を添付しなくていいカード申込みなどは、10万円前後の差があっても問題ありませんので、だいたい自分は、これぐらいの年収(何百何十万ぐらい)だと、頭に入れておいておけば、全く問題ありません。

Q住民税から年収ってわかりますか?

こんにちは。
夫に、住民税の通知が来ました。
なんと60万円(一括の場合)の請求額でした。
ここから所得がどれくらいかが分かるのでしょうか?

すみません、夫が幾らの収入があるのかを知らないので、ちょっと聞いてみました。

Aベストアンサー

所得証明をとってみるのが一番確実でしょう。
ご主人の所得証明ですから、何の問題もなくとれますよ。
給与収入でいくらなのか、ほかに所得があるのか等がわかります。


人気Q&Aランキング