ちょっと変わったマニアな作品が集結

はじめまして。
現在就職活動中のものです。

自己分析にあたって、
『学生時代頑張ったこと』
『苦労したこと』
『自己PR』
など用意しとかなければならないですが、私はサークル活動に一番力をいれてきました。
なので、頑張ったことも苦労したことも
サークルについてなら書けるのですが
やはりサークルネタだけでは
まずいでしょうか?

サークルは200人近く所属するテニスサークルで副会長を勤めました。


ゼミは自由な感じで
とても就活のネタにはなりません。

アルバイト経験は
ファミリーレストランのモーニング(朝の6時~10時)です。
これといって苦労したことや大きな失敗はありませんでした。

小さい失敗や苦労ならいくつかあります…

・朝の6時オープンなので週3回5時起きで早起きが大変だった
・ランチに比べて客数も少ないため、ホール、キッチン一人ずつでまわしている。そのため混んだとき(お正月)は大変だった
・ホールは一人なのでミスをしないように気を付けるのが大変だった


このようなかんじです。



アドバイスをいただけたらうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

相手による。



要するにコミュニケーションだよ。

ケースバイケースです。売りがそれならまず売ればいい。

それがダメなら違うモノを売ればいい。
    • good
    • 5

採用側の人間です。



サークル活動は所詮お遊びだと考えておくべきです。特に『テニスサークルで副会長やってました』というのは、一番よくあるパターンでほとんど関心を示されません。
というのは、多くの学生がテニスやサッカーやフットサルサークルの、副会長や幹事や世話役をしていたといいます。本当にそういう役職だったかどうか確認のしようもありませんが、体育会のキャプテンならともかく、所詮遊びの延長程度にしか見られません。

サークル活動にしても、アルバイトにしても、一生懸命やったことをアピールするのは大切ですが、あくまでも学生の本分は勉強なので、どれだけ授業に出てどれだけ「優」をとったかが一番です。
敢えて勉強を犠牲にしてまでやったと胸を張れることがあるなら、それはそれでしっかり主張すれば良い。
中途半端な「ごまかし」は墓穴を掘ることになります。

一般的に、接客アルバイトで辛い目をしたというのは、好意的に受け取られます。

この回答への補足

皆さんご回答ありがとうございます!
考えなおすべき点がたくさんありました。
本当にありがとうございます。

就活生が多く話すネタだと分かっていても、一番力をいれてきたのはサークル活動なだけに『よく聞くお遊びサークルの自慢話』と片付けられてしまうのは悲しいですね…。


学生の本業は学業。勉強。
確かにそうですね。

興味のある講義の話とかでも
よろしいのでしょうか?
その場合
講義の簡単な内容→学んだこと
という流れでしょうか。



あと、よく面接やESで聞かれる
『挫折経験』のことですが
21年間で大きな挫折を味わったことがなく、困っています。
大学も推薦で入りました。



挫折をどう乗り越え何を学んだのかが大切だと思いますが、
小さな挫折でもよいのでしょうか。
『え、それが君の中の挫折?』
とならないか心配です。




質問ばかりですいません。

不安なことだらけで…

補足日時:2013/01/13 14:16
    • good
    • 1

 上から目線で申し訳ないですが、学生さんの多くは面接の自己アピールでサークル活動部活の話をされます。


 よほど全国的に有名なあるいは上位大会で成績を残された方の話ならば採用においてプラスになりますが、その他のサークルの話は世間話程度にしかなりません。
 採用側サイドとしては学生さんの目標企業に就職するに当っての意欲、
人間間における協調性、
今までに経験して来たトラブルに対する対処能力、
学生時代に何を勉強して、どのような成果が出たのか(卒論、研究論文等)
後は面接時においての態度(マナー)を見ています。
多くの人を面接するので、集中的に意識して見るのはそれぐらいです。
「はっきり言ってサークルでの自慢話は結構です。」と言っても過言ではありません。
 そして残念ですが多くの企業では、もちろんの事学歴も見ています。
学歴不問は表向きのきれいごとです。
そこら当りを心得て就職活動に臨まれた方がよいと思います。
    • good
    • 0

>私はサークル活動に一番力をいれてきました。



企業としては
採用後きちんと働いてくれる人で、一緒に働きたい人を求めます。

それは
課題を見つける能力と、
課題を解決する能力と、
そこそこの協調性がある人です。

技術職であれば、専門性は不要で、卒論をきちんとやれたかどうかが問題です。
文系でも同じと思います。
最近の学部卒ではレベルがあまりに低いので修士を採用していますが、本当は高卒でも構いません。

あなたがサークル活動で例えば組織運営の課題を改善できたのであれば、サークル活動の話だけでも良いでしょうが、卒論のテーマでどのような課題を選び、どのように調査研究したのかは聞きたいところです。
    • good
    • 0

たぶん、箇条書きにすれば大丈夫です。

タイトルをいくつか作り、説明を書きます。見やすく分かりやすければよいのです。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「自己PR 」と「学生時代がんばったこと」

はじめまして。私はいま大学4回生で就職活動をしています。今月の5日に初めて面接を受けるのですが、「自己PR」と「学生時代がんばったこと」はやはり違う事を言った方がよいのでしょうか。私は大学に入ってから、サークル、部活などは全くしておらず、アルバイトばかりしていました。なので、「学生時代がんばったこと」はアルバイトのことを言うつもりですが、「自己PR」もアルバイトで身に付けたコミュニケーション能力みたいなのをアピールしたいなと思っていました。でも良く考えてみれば同じ事を言うのってよくないですよね…。やはり自己PRは別の事をアピールするべきでしょうか。

Aベストアンサー

私は人事のマネージャーを長くしてきまして、リクルーティングの面接もたくさんしてきました。
NO.1さんとまったく同意見です。
特に企業にとっては、人とのコミュニケーションをどうとれるかが気になるところですので、それを仕事(バイト)を通して、どう身に着けたかを具体的に言うことは大事だと思います。
ただ、学生さんがおっしゃることは、同じような内容が多いので、なるべく具体的なエピソードなどを交えてお話されたほうがいいと思います。
ただし、嘘はいけませんよ!すぐにばれます。
こちらも場数を踏んでいるので、学生さんの嘘はすぐにわかります。

Q○○ゼミ記入→担当教授の名前を記入?

エントリーシートなどでよくゼミ名記入の欄があるのですが、私は今までそのゼミの内容、専攻(例えば『近世文学ゼミ』)の名前を書いていましたが(その方が他の人にも分かりやすいと思って…)、どうやら説明会などで周りを見ていると皆、そのゼミの担当教授の名前(例えば『山田太郎ゼミ』など)を書いているようです。

やはり、この欄には担当教授の名前を書くべきなのでしょうか?
今まで専攻のゼミ名を書いてエントリーシートを提出していたので、心配になって来てしまいました。。

どなたか教えて下さい!よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

結論から言えばどちらでも良いと思います。

担当教授が、その研究分野で知名度が高い場合は
教授名を書いておくと良いような気がします。
また、履歴書の中の自己アピールのような欄に、
これまでの研究について書いていく場合は、
同じく担当教授名を書いておけばよいと思います。

そうでない場合は、あなたがなさってきたように
ゼミの内容を書かれているほうが、面接をする側にとって親切だし、これまで勉強してきた内容をアピールしやすいので良いと思います。

納得のいく就活をしてくださいね☆

Q「学生生活を通して得たこと」の添削お願い致します。

初めて、投稿させていただきます。

履歴書に書く「学生生活を通して得たこと」という欄にとても悩まされています。
添削、アドバイス等いただけると大変助かります。
拙い、文章ですがなにとぞよろしくお願いします。

私は学生生活を通して事前に計画を立てることの大切さを学びました。大学の授業で展示会をすることになり私はB2パネル4枚にボールペンでイラストを描くことにしました。約半年かけての制作だったためなんとかなるだろうと思い無計画に進めていました。しかし締め切りギリギリに利き手である右手の手首を骨折してしまいボールペンを握れる状態ではなく制作が出来なくなってしまいました。なんとか反対の手で描いていきましたが思い通りに書き進めていくことができず結果、未完成のまま展示することになってしまいました。もし、私が早い段階で計画的に進めていれば締め切りギリギリよりも前に描き終わらせることが出来たのではないかと思い自分の無計画さを悔やみました。この経験から事前に計画を立てることの大切さを学びました。

こういう感じで書き進めているのですが「計画を立てる」なんていうのは普通のことだとは思うのですが思いつかなくて.....。

本当にだめな文章だとは思いますが添削、アドバイス等何でも構いませんのでどうぞよろしくお願いします。

初めて、投稿させていただきます。

履歴書に書く「学生生活を通して得たこと」という欄にとても悩まされています。
添削、アドバイス等いただけると大変助かります。
拙い、文章ですがなにとぞよろしくお願いします。

私は学生生活を通して事前に計画を立てることの大切さを学びました。大学の授業で展示会をすることになり私はB2パネル4枚にボールペンでイラストを描くことにしました。約半年かけての制作だったためなんとかなるだろうと思い無計画に進めていました。しかし締め切りギリギリに利き手であ...続きを読む

Aベストアンサー

1番気になったこと。それは、
あなたは今回の経験で学んだことを、社会人としてまたは入社後、どのような場面でどのように活かしていこうと考えていますか?


こんにちは。
就活を終えた大学4年生です。
私の回答は全部で5部構成にしており、少々長いですが最後までお付き合いいただければ幸いです。


1.アドバイス

文章の最後を「大切さを学びました。」で終わらせていますが、この終わり方はあまり良くないですね。
この手の文章で最も重要なのは、"学びました"の次にくる一言です。

その一言とは、あなたは今回の経験で学んだことを社会人として、または入社後、どのような場面でどのように活かしていこうと考えていますか?ということ。

「~を経験し、~を学んだ。~が身に付いた」このような文章は誰でも書けます。
大事なのは、今後どうしていきたいのか。どうしていくべきなのか。というように、文末に将来を見据えた一言を入れることです。






2.添削

~~私は学生生活を通して事前に計画を立てることの大切さを学びました~~
ここで書くべき項目は"学生生活を通して得たこと"なのですから、最初の部分「私は~通して」は書かなくても大丈夫です。

~~大学の授業~~
大学なのですから、授業ではなく「講義」の方がいいでしょう。

~~ボールペンでイラストを描く~~
「ボールペン」は不要です。

~~約半年かけての制作~~
「約」などという曖昧な表現は絶対にダメです。
また、半年なら"6か月"、半月なら"15日"というように、数字で表現した方が説得力が増します。

~~ギリギリに利き手である右手の手首を骨折してしまい~~
「ギリギリ」は「直前」という言葉に替えましょう。
「利き手である右手」は不要ですね。書くとしても「利き手を骨折」だけで十分です。


~~もし、私が早い段階で計画的に~~
「もし、」というのは不要です。

**全体的に**
一文一文が長すぎる個所もあるので、句読点もっと意識した方がいいです。


3.文章構成について



文章構成の基本は「起承転結」です。

起:学生生活を通して得たことは何なのか。
承:具体例や経験談。
転:その後どうしたのか。
結:学生生活を通して得たことは何なのか。それを今後どう活かしていきたいのか。

ですが、今のあなたの文章は「起承  」になっています。
「結」もあるにはあるのですが、途中で終わってしまってします(1.アドバイス参照)。

あなたが書くべき「転」とは、悔しい思いをしたあと、二の舞を踏まないようにどのように行動したのか、その行動した結果はどうだったのか。ということです。




4.修正後の文章

1~3の項目を踏まえて、あなたの文章を書きかえてみました。修正する時の参考になれば幸いです。
上記に挙げたところ以外にも、ちょくちょく修正を入れています。


事前に計画を立てることの大切さを学びました。
大学の講義で展示会をすることになり、私はイラストを描くことにしました。この時の私は、6ケ月かけての制作だったため、なんとかなるだろうと思い無計画に進めていました。しかし、締切り直前に利き手骨折してしまい、イラストを描くことが出来なくなったため、未完成のまま展示することになってしまいました。この時、早い段階で計画的に進めていれば、締切り日から余裕をもって描き終えることが出来たのではないかと思い、自分の無計画さを悔やみました。

その後は同じ思いをしないために、出題される課題やレポートは締切りより2日前に終わらせることを目標にスケジュール表を作成し、計画的に物事を進めるように心がけました。その結果、最近は展示会で感じた悔しさを感じることはなくなりました。
私はこの経験から、学んだ「事前に計画を立てることの大切さ」を活かし、入社後は~~のようにしていきたいと考えています。




5.最後に

「計画を立てるなんていうのは普通のことだとは思うのですが思いつかなくて」

それでいいんです。
今は普通なことを「普通だ」と感じ、普通のことを普通にできる、普通な人のままでいいんですよ。
たかが大学生の歳で、人よりスバ抜けたことをアピールできる人なんてそうそういるもんじゃないです。「この人すごいな」と感じたら、それはその人が説明上手なだけで、元を正せばなんてことありませんよ。



今後あなたがとるべき行動は、
1.他の回答者様の意見も併せ、今の文章を修正する。
2.面接を受ける。そこでは質問されるので、質問内容を覚えておく。
3.同じ質問をされないように内容や表現を修正する。
4.面接を受ける。そこでは質問されるので、質問内容を覚えておく。
(以下、繰り返し)

書類審査のない企業も多々あるので、そのような企業にはバンバン書類を出してください。たとえ興味なくてもです。
面接を受け、上記リストを繰り返してください。そうすれば、文章は完成系へ近づき、面接などに場慣れすることもできます。
個人的にですが、就活で最も危機感を覚えるのは、面接や試験に場慣れした他の就活生がいることです。面接などに不慣れで緊張していると、自分の100%を出し切ることが難しくなってしまいます。しかし、場慣れ人たちは100%を出し切る方法を知っているので、いい印象を与えることができます。

面接を受けた後、次の日にでも選考辞退の旨を伝えれば、悪いことは何も言われません。
ここで受ける企業は本命ではないのですから、辞退することであなたの印象が悪くなろうと関係ありません。他の企業にあなたの評判が広まるなんてことはありえません。
堂々と選考辞退しちゃってください。


書類を出すだけでなく、興味のない企業でも説明会などには参加してください。たとえ本命とは他業他社でもです。得るモノがあるはずです。

私は建設業には毛頭興味はありません。ですが、友人の付き添いで建設系企業の説明会に行ったとき、人事の人が言った言葉があります。その言葉は「我々は建物に命を吹き込む仕事をしている」というのもでした。私はその言葉を少しアレンジし、本命の製造業向けに変えた言葉をESや履歴書に必ず入れていました。偶然か否か、その後の書類選考の通過率は高かったです。


「習うより慣れろ」です。

1番気になったこと。それは、
あなたは今回の経験で学んだことを、社会人としてまたは入社後、どのような場面でどのように活かしていこうと考えていますか?


こんにちは。
就活を終えた大学4年生です。
私の回答は全部で5部構成にしており、少々長いですが最後までお付き合いいただければ幸いです。


1.アドバイス

文章の最後を「大切さを学びました。」で終わらせていますが、この終わり方はあまり良くないですね。
この手の文章で最も重要なのは、"学びました"の次にくる一言です。

その一言とは、あなた...続きを読む

Q説明会の日程を間違えてバックレてしまいました

説明会の予約をしていたのですが、日にちを間違えててホントは今日だったのに行きませんでした。
どうしたらいいでしょうか?
電話とかメールで謝罪をした方がいいですか?

ちなみに今日行くはずだったところはちょっと興味があっただけで
面接まで進む気はなっかたところです。

だからといってやばい事してしまったな…

Aベストアンサー

面接まで進む気がない会社だったのなら、特に問題ないと思いますよ。

私の場合は、風邪を引いて当日にキャンセルしたことがあります。その時は、その企業から後日改めて説明会の案内が来ました。それで再度予約したのですが、直前になって今度は外せない予定ができてしまい、またキャンセルしてしまったのです。そしたら、その企業からはもう説明会の案内は来なくなりました。私もこの会社に関しては、少し興味があっただけで選考に進む気はなかったので、向こうも「その程度のモノ」と捉えたのでしょう。

ただ、企業側は、説明会に参加する学生の名簿を事前に作っていて、実際私も現在就職活動中なのですが、少なくともこれまでに参加した説明会では、必ずといっていいほど受付で大学名と名前を聞かれ、蛍光ペンでチェックされていました。なので、これからは予定を間違えたり忘れたりすることがないよう、スケジュール管理はしっかりしておくことをオススメします。2月以降は、説明会や選考の予定もぎゅうぎゅうに詰まってくると思いますし・・・。お互い頑張りましょうね。

Q専攻テーマって…?

就活中の大学3年生です。興味を持っている企業のHPのエントリー欄に、所属ゼミと専攻テーマを記載する欄があります。この専攻テーマとは卒論のテーマと捉えてよいのでしょうか?また、私はゼミには所属していますが卒論のテーマはまだ決まっていません。その際「未定」と記入しても良いものなのでしょうか?もし他にもふさわしい記入の仕方などがありましたら教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「未定」と書くのはちょっと印象が悪そうです。
既にゼミに入っているわけですから、
何もかも未定というわけではなくて、自分の専攻について少しはイメージを持っていらっしゃいますよね?
分かっているところまでで良いので、何か書いておいたほうが良いと思います。

たとえば、質問者様が日本文学部に所属していて、平安時代のゼミに属してるもののどの作品をテーマに卒論を書くか決めていない、という状態だとしたら、
「専攻:平安時代の日本文学について」
くらいまでは書けますよね?
頑張ってください。

Q「自己PR」と「学生時代に力を入れたこと」

就活をしている大学3年です。

そろそろESを出していかないといけない時期になりました。

夏から自己PRと学生時代に力を入れたことについて自己分析して、すでに書いたりして
焦ったりしていなかったのですが、いくつか疑問が生まれました。

まず私の自己PRをどういう風に書いていたかといいますと、

(1)PRポイント⇒(2)具体例⇒(3)貴社でこんなふうに活かせる

という流れです。

ここでの(1)PRポイントは「自分はこんな人間だ」ということを端的に示したのですが、

そのPRポイントは自分にとっては習慣化していて、当たり前となっていることを書きました。

例えば「私は余裕を持って行動できる人間です」みたいな感じです。

ですがES本を買って、過去の先輩たちのESを見ていると

(1)PRポイント⇒(2)問題点⇒(3)行動⇒(4)結果⇒(5)PRポイントを繰り返す⇒(6)貴社でこう活かせる

という流れでした。

自己PRにはどんな問題があって、それをどう乗り越えたかを書かないとだめなのでしょうか?

もちろん学生生活で問題に直面し、それを乗り越えて学んだことはありますが

それを書こうとすると他に具体例がありません。その問題に直面して、それを乗り越えようとして学んだことなので、、、。

アドバイスをいただけると嬉しいです。


また、学生時代に力を入れたことについても質問させてください。

まず自己PRと学生時代に力を入れたことの内容は被ってしまうものでしょうか?

先ほどの自己PRで、問題に直面して乗り越えたときの強みを自己PRにするならば、

学生時代に力を入れたことを通して問題に直面し、それを乗り越えて学んだことが自己PR.。
それならば内容が重複すると思うんです・・・。



私はこれまで、「学生時代に力を入れたこと」については
(1)学生時代に力を入れたことは〇〇です。

(2)なぜそれに力をいれ、どのように頑張ったのか

(3)そこでどんな問題点があったか

(4)それをどう乗り越えたか

(5)そこから何を学んだか

という流れで書いていました。

(5)のそこから学んだことは自己PRの内容とは被らないことを書いていましたが、
学生時代に力を入れたことから学んだことを自己PRにするんでしょうか・・・。

先ほどのことを繰り返すと、自己PRのPRポイントは自分の中では当たり前となっていたことを書いており、力を入れたことを通して得たことではありません。


どうかアドバイスをお願いします・・。

就活をしている大学3年です。

そろそろESを出していかないといけない時期になりました。

夏から自己PRと学生時代に力を入れたことについて自己分析して、すでに書いたりして
焦ったりしていなかったのですが、いくつか疑問が生まれました。

まず私の自己PRをどういう風に書いていたかといいますと、

(1)PRポイント⇒(2)具体例⇒(3)貴社でこんなふうに活かせる

という流れです。

ここでの(1)PRポイントは「自分はこんな人間だ」ということを端的に示したのですが、

そのPRポイントは自分にとっては習慣化して...続きを読む

Aベストアンサー

まず、具体例というのは、(2)問題点⇒(3)行動⇒(4)結果の部分と考えていいと思います。

次に1つは具体例があるということですね。
具体例は3つくらい用意したほうがいいといわれています。
1つだけは本当にPRできるようなもので、残りの2つは些細なことでもいいんじゃないでしょうか。

自己PRと学生時代がんばったことの内容は被るのは必然です。
がんばったということは他者にアピールできることをしていたと捉えられます。
確かにいい具体例になるでしょう。
内容が重複しても問題はないとおもいます。
まるまるコピーするのではなければですが。

学んだことが必ずしも自分にプラスになるとは限らないと考えると、PRにもなるし、PRに使えない場合もあると思います。
学んだ内容によりけりです。

当たり前のこととは、つまりあなたらしさがあらわせられているのではないでしょうか。

自己PRや志望動機などを書いたら就職課に持っていって添削してもうこともできるのではないでしょうか。
ご自身で考えることも大切ですが、他人の意見を参考にすることも大切です。

Q面接で質問に答える時間はどれくらい?

3日後に面接を控えています。いろいろな質問を想定して、準備をしているのですが、ひとつ疑問に思ったことが・・・・
ひとつの質問に対して答える時間って大体どれくらいがいいのでしょうか?
あまり長いのもよくないといわれていますし、短いのも熱意が足りないように思われてしまうような気が・・・・・・
時間がありません。
経験者の方のご回答を待っています。

Aベストアンサー

私も何度か面接する側になったことがありますが、
面接というのは、その短い時間の中で、一緒に働くにあたってマイナスポイントがないかを見るものだと思います。
その人の良さを面接で見い出すのは難しいので、
普通に受け答えできるか、採用した後こちらが困るような点がないかを見るネガティブな視点が主です。

質問に対してそっけなく一言だったり、あまりにも話が噛み合わないのは、
コミュニケーション能力を疑いますし、逆に延々と語られても状況判断に疑問を持ちます。

質問に対して、回答プラスその理由を簡潔に述べる位でよいと思います。
マイナスさえなく、その場が和やかならば面接は合格すると思います。

面接は自分が選ばれる場であると共に、自分が会社を選ぶ場でもあります。

ありのままをさらけだし、自分からも面接官を審査する心構えで頑張って下さい。

Qサークルに入らなかった私

現在大学3年です。大学1年のサークル勧誘の段階で、どこに入ろうか迷っているうちに完全に出遅れ、結局部活・サークルに入らずに現在に至っています。
振り返れば、お世辞にも友人が多いとは言えず、上記の通りサークルにも所属せず、飲み会や合宿といったイベントをほとんど知らずにきた私の大学生活は、家庭教師や塾の事務といったバイトと、資格取得のためのハードな勉強(履修)で埋め尽くされていました。資格は教育関連のものですが、将来は、バイト経験や講義で得た知識を生かして、教育関係の企業に就きたいと考えております。
そこで質問なのですが、サークルに入らなかったことについて、面接でその理由を聞かれたり、突っ込まれたりすることはあるのでしょうか?大学生活を送るなかで、そこから自分が何かを得たとはどうしても思えないので、面接がとても不安です。バイトの経験や資格取得に燃えたことも、立派なネタになるでしょうか?ご意見やアドバイス等いただけると幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは、

 最近は殆どお見受けしなくなりましたが、「趣味:特になし」、「特技:特になし」、「サークル活動:経験なし」、「バイト経験:なし」という履歴書も実在しました。

 この場合、面接直前の履歴書の読み返し時に、どうしても、「不活発な人(暗い人)」という先入観が生じるのは事実です。先入観を持ってしまうと、どうしても、実際の面接が多少おとなしいだけでも、不活発と感じてしまいます。

 反面、上記の様な履歴書であっても、面接してみると、とても明るく、活発な受け答えで、「なぜ、サークルに入らなかったの?」と言う質問に対しては、

 「(笑顔で、)1年の時にに2年生の単位も取れるだけ取ってしまおうという無謀な計画を立ててしまい(ここでまた笑顔)、結局思ったほど取れなかった上に、サークルに入るタイミングも失ってしまいました(ここで、明るく照れ笑い)」

 と答えた方もおります。(もちろん合格、現在も活躍中)

 要は、「サークルをしていない」人が嫌われるのではなく、「何も計画や目的なしにダラダラしていた人」が嫌われるのです。

 貴方の場合は、きちんとした目的があったのですから、それを相手に伝える言葉さえ用意してあれば、全く問題はありません。

 ご参考になれば幸いです。就活応援します。

こんにちは、

 最近は殆どお見受けしなくなりましたが、「趣味:特になし」、「特技:特になし」、「サークル活動:経験なし」、「バイト経験:なし」という履歴書も実在しました。

 この場合、面接直前の履歴書の読み返し時に、どうしても、「不活発な人(暗い人)」という先入観が生じるのは事実です。先入観を持ってしまうと、どうしても、実際の面接が多少おとなしいだけでも、不活発と感じてしまいます。

 反面、上記の様な履歴書であっても、面接してみると、とても明るく、活発な受け答えで、...続きを読む

Q学業以外の活動を特に何もしていません。

エントリーシートにサークル・クラブなどの学業以外の活動について書く欄があるかと思いますが、大学時代から今に至るまで特に何もしていません。
籍を置いたことすらありません。
大学とは関係のないサークルなどに所属していたかどうかというと、それもありません。

こうした自分の経歴が最近非常に気になります。
というのは、会社説明会などで「何かサークルはやってなかったの?」「学業以外で力を入れたことは?」「スポーツとかはしないの?」などと企業の方から聞かれることが多いためです。

また、就活のハウツー本などを読んでいると、自己PRの際にアルバイトやサークルのエピソードを用いているのが多い気がします。
実際に就活を終えた人から「大学の勉強以外に何もしていないのはまずい」「どこの企業に行ってもスポーツについて聞かれるし、そういうのは会社の重役を担う世代に受けがいい」「なんだかんだで体育会系は有利だ」などと聞かされることもあります。

今までは「特に何もしていませんが、その分勉強に力をいれてまいりました」などと答えていましたが、これに限界を感じてきました。
というのも勉強を頑張ったことで何か成果(たとえば学会発表、新しい発見、受賞など)が得られたわけではないためです。
思い切ってエピソードをねつ造しようかとも思いましたが、どうしても良心の呵責に苛まれてしまいますし、そもそもサークルというものがどのようなものなのかすらわからないため思うようにいきません。
ある程度の経験があればそこから話を膨らませることができそうですが、私にはそうした経験自体がない状態です。
もはや諦めるしかないのでしょうか。

就職活動を終えた方にお聞きしたいのですが、就職活動をする中で「学業以外の活動を何もしていないのは不利だ」と感じたことはありますでしょうか?
また、私のような経歴の方がもしいらっしゃれば、どのように自己PRをしたのか参考までにお聞かせ願えればと思います。

その他、採用に関する企業側・学生側の本音などなんでもかまいません。
ご意見等を宜しくお願い致します。

エントリーシートにサークル・クラブなどの学業以外の活動について書く欄があるかと思いますが、大学時代から今に至るまで特に何もしていません。
籍を置いたことすらありません。
大学とは関係のないサークルなどに所属していたかどうかというと、それもありません。

こうした自分の経歴が最近非常に気になります。
というのは、会社説明会などで「何かサークルはやってなかったの?」「学業以外で力を入れたことは?」「スポーツとかはしないの?」などと企業の方から聞かれることが多いためです。

ま...続きを読む

Aベストアンサー

本音を言います。
おそらく就職指導室やこのような健全なサイトでこのようなことを前提
に質問すると、学業に専念したことに対する考えをもっと掘り下げる、
何か小さなことでもいいから見つけてよく考えるといった綺麗ごとの
回答しか帰ってきません。残念ながら・・・

>サークル・クラブなどの学業以外の活動について書く欄があるかと思いますが、大学時代から今に至るまで特に何もしていません。
籍を置いたことすらありません。

まずいです。非常に危険です。特に何もしていませんが、その分勉強に力をいれてまいりました。これは自分を落としてくださいといわんばかりの回答以外の何者でもありません。
良心の呵責に苛まれてしまいます
こんなことを言っている場合ではありません。今すぐねつ造話を
つくり自分なりに構成を立てて下さい。その代わり資格の摸造は
アウトです。(わかっているとは思いますが一応)
周りの友達の意見を参考に話を作成します。冷たい友達しか
いない場合とにかくエントリーシートや履歴書の見本があるサイトや
本を参考に自分なりにアレンジして作成してください。
そもそも学生のアピールなどたかが知れています。同じテニスサークル
に入っている人のアピールを聞いても十中八九同じようなアピールしか
帰ってきませんし質問をしても当たり前のようなことしか答えられないのが現実なのです。その中でもすさまじい経験の持ち主や話がうまい輩
がとてつもなくすごい企業に入るのが現状なのです。
あなたはどれぐらい嘘をつくのがうまいですか?顔にはでませんか?
普段嘘をつくことはありますか?世渡りのうまい人間は嘘も上手です。
言っても良い嘘、言ってはならない嘘とたくさんあります。人を傷つける嘘はなりません。しかしそれ以外の嘘はうまく活用しなければならないこともあります。こんなことをいうと就職した後ばれたらまずいと
いった意見や面接官は見破られるといった意見が帰ってくるとは思いますがあてにしないでください。現に自分は捏造をフル活用し、多くの
内定を貰いました。始めはなかなか鋭い質問が帰ってくるとタジタジでしたが数をこなすにつれて本当に自分が活動したのではないかと錯覚する程クオリティの高い捏造話をできるようなるに至りました。
みんな嘘はついているのです。
気にしないでください。ただその嘘の大きさの程度が違うだけです。
馬鹿正直に全部答えられたら就職戦線で生き残ることはできないことは
もちろん社会でも生きていけません。
>就活のハウツー本などを読んでいると、自己PRの際にアルバイトやサークルのエピソードを用いているのが多い気がします。
当然です。それしかアピールできないんです。学生というのは。
あと模範的ですばらしいものは参考にしないでください。あんなエピソードを持っている輩はそうそういません。あのような本は自分が惨めになり危機感を煽り買わせるための代物以外の何者でもありません。自分の周りや先輩をご覧ください。現実が見えてきます。情報に翻弄されないように。ちょっとクオリティを下げて自分の話に摩り替えるのが
基本的な使い方です。

がんばれ!

本音を言います。
おそらく就職指導室やこのような健全なサイトでこのようなことを前提
に質問すると、学業に専念したことに対する考えをもっと掘り下げる、
何か小さなことでもいいから見つけてよく考えるといった綺麗ごとの
回答しか帰ってきません。残念ながら・・・

>サークル・クラブなどの学業以外の活動について書く欄があるかと思いますが、大学時代から今に至るまで特に何もしていません。
籍を置いたことすらありません。

まずいです。非常に危険です。特に何もしていませんが、その分勉強に...続きを読む

Q企業からの電話は必ず受けないと落とされる?

就職活動中の者です。
会社説明会に出席しているだけでまだ、選考は受けていません。
合否を電話で知らせてくる企業が多いと思います。
ですが、もしもその電話にたまたま、出られなかった場合はすぐに落とされてしまうのでしょうか?
例えば、トイレやお風呂に入るだろうし、電車やバスに乗っていて携帯電話に出られない。折り返しの電話を入れるにも、万が一非通知でかかってきた場合はどの企業が掛けたのかわからないと思います。
聞いた話によると、一回電話に出なかった場合、即落とされた人もいるみたいです。その人が受けた会社は大手らしいですが、大手企業は結構冷たいと言っていました。

選考中は携帯電話を四六時中持っていないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

落とされません。

でも、留守電はONにしておいたほうがいいかも。
大抵は、留守電にメッセージを残しておいてくれる企業が多く、
その場合は、また後でかけなおします。または、都合のいい時に○○まで連絡下さいとメッセージが入っています。

また、留守電をONにしていなくても、
大抵は、後からかけなおしてくれます。

>一回電話に出なかった場合、即落とされた人もいるみたいです。

これ、デマだと思いますよ^^;
どうして、一度は受かったのに電話にでなかったから落とされたと、その人はわかったのでしょうか?一度着歴が残っていたのに、後日不合格の連絡が入ったからですか?ちょっとおかしくないですかね?


また、企業が電話してくるのは、
殆どの場合は、合格の場合のみです。不合格の人にまで電話していたらいくら人手があっても足りませんから。
つまり、企業側はあなたに会社にきてほしいと思っているわけです。
そんな人を、電話に出られなかっただけで落とすなんてこと。一体新卒採用一人に莫大な費用をかけているのに、一本の電話に出られないだけで落とすということはないでしょう。企業ももちろん、24時間テレアポのように学生がでられないことは百も承知です。


また、もしそんな電話一本でられなかっただけで不合格にするような会社があれば、相手の都合も考えることができないようなつまらない企業だから行く価値はないと思えばいいと思います。


就活、頑張ってね。
あんまり変な情報に踊らされないように^^;

落とされません。

でも、留守電はONにしておいたほうがいいかも。
大抵は、留守電にメッセージを残しておいてくれる企業が多く、
その場合は、また後でかけなおします。または、都合のいい時に○○まで連絡下さいとメッセージが入っています。

また、留守電をONにしていなくても、
大抵は、後からかけなおしてくれます。

>一回電話に出なかった場合、即落とされた人もいるみたいです。

これ、デマだと思いますよ^^;
どうして、一度は受かったのに電話にでなかったから落とされたと、その人はわ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング