グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

回答お願いします。  弥生の青色申告ソフトを使い記帳しています。 従業員の1月~6月の源泉徴収(¥27050)を7月9日に納付し仕訳をしたのですが、試算表をみると-50000となっています。  23年24年のを見返しましたが-50000とゆう数字はありませんでした。 25年の試算表の預り金をみると、1月時点で-50000となっています。 どこをどうみれば解決するのでしょうか。。。 乱文ですいませんが回答おねがいします。

A 回答 (4件)

弥生は使ったことが無いので、一般的な方法で書きます。



問題は平成25年1月に発生した可能性が高いですね。
1 平成24年7月以降の「預り金」総勘定元帳を印刷する。
  ⇒24年7月から12月[年末調整を含む]の徴収税額を1月に納税していると思われるので
2 印字した元帳を見ながら、内訳明細書を作成していく。
   ⇒添付した図を参照下さい
   ⇒文面から推測すると、7月の前月繰越額はゼロ円と思われますが、そうでない時には前月繰越額がゼロ円となっている月から始めるとよいです。
3 すると、どの内訳項目で幾らの月末残高が生じたのかが判明する。
  そのような事が生じる原因は
  ・勘違いして過去に徴収した金額とは異なる金額で納付している
  ・徴収額の間違いに気づいて正しい金額で納付したが、差額を追加徴収し忘れている
  ・仕訳を入力する際に貸借を間違っていたのを無理やり他の科目で合せていた
 などが考えられるので、前後の月の仕訳に対してその金額の妥当性を確認する。

まあ~1月になってマイナス5万円残高になったと言うことから勝手に想像すると「年末調整分の処理が可笑しい」
 ⇒本当は年末調整の結果、還付額が2万2950円発生していたのに、2万7050円納めてしまった
 ⇒年末調整の結果、各人に直接還付する金額合計が5万円。なのに各人に支払っていない>
「試算表・預り金のマイナスについて」の回答画像4

この回答への補足

詳しく回答いただきありがとうございます。 
24年度は従業員はおらず、25年1月~従業員をやとっているのですが、このような場合どうなるのでしょうか?

補足日時:2013/08/08 07:32
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。 解決いたしました。

お礼日時:2013/09/25 07:37

預り金の総勘定元帳を見ればすぐに分かります。



試算表の預り金の行をダブルクリックすると、預り金の総勘定元帳が表示されます。
そこで1月に入力されている50,000がどの仕訳から生じたのかが分かるので問題は解決するはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解決いたしました。ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/25 07:36

1月を中心によく確認すべきです。



1月ということから、年末調整がらみの可能性も大です。、
・本人への還付額が過大になっている、
・徴収すべき額を徴収していない、
・納付額が間違っている、
・入力ミスなどが考えられます。
    • good
    • 0

>>23年24年のを見返しましたが-50000とゆう数字はありませんでした。

 25年の試算表の預り金をみると、1月時点で-50000となっています。
ということならば、昨年12月の給与預かりの金額と、1月の納付金額が違う可能性が大ですね。
あるいは単純に入力誤りがあり、試算表が間違っているのかもしれません。
その場合は現預金が実際残高と違っているはずですが。
どちらにしても、このような間違いは、実際の預かりの内訳と納付の内容、たとえば預かり金額に給与計算の手違いで預かり漏れがある場合、納付に納付書の数字の書き間違いがあった場合、などいろいろな要因があり得ます。
12月の給与計算にさかのぼってそこから一つづつの数字をチェックするしかないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすいません。 何とか解決いたしました。 ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/25 07:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q12月決算で、年末調整の結果、預り金がマイナス。

お世話になります。

年末調整の結果、預り金勘定がマイナスになりました。
マイナスのまま決算をむかえたのですが、
B/S上、預り金勘定がマイナスでは変でしょうか?
通常はこのような場合、どう処理するのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

年末調整が正しく行われたことを前提とすれば、マイナスのままで構いません。そのマイナスは1月以後発生する所得税の預り金で充当されます。

Q弥生会計の預かり金入力について

弥生会計の預かり金入力について

弥生会計で預かり金入力をしたら、預かり金が負債扱いになっているようで決算時に預かり金の分だけ赤字になってしまいます(本当は収支プラスマイナスゼロなのに)。
具体的には添付の画像のように現金出納帳に預かり金を入力しています。社員の給料から天引きした厚生年金保険料を預かり金として処理しています。画像の4仕分けの入力内容だけで決算すれば損益計算書では収支トントンのはずですが、20000円の赤字と計算されてしまいます。

ソフトの使い方が間違っているのか、預かり金にたいする理解が間違っているのか。
教えていただければ幸いです。

経理関連のバックグラウンドはまるでありませんので、基本と思われることでも飛ばさずにコメントいただければ幸いです。
ソフトは弥生会計09です。

Aベストアンサー

・「給与18万円だが、2万円天引きしたので16万円払った」
・「厚生年金 4万円」の内訳が「天引き2万円+会社負担2万円」
ということでしょうか。だとしたら、「厚生年金4万円」の付け方が間違えています。
(「預かり金 2万円」が付いたままなので、現金残高は±0でも、「自分のものではなくなった2万円」の分マイナスになります)


預かり金は現金出納帳には入れられないので、振替伝票で入力してください。
給与の支払いは
「給与手当で借方18万円」
「現金で貸方16万円」
「預かり金で貸方2万円」
を付けます。

(この部分は、質問者さんの入力内容でも問題はないのですが、実際に存在しない架空の「現金出し入れ」を作ってしまっているので、あとで見るときに複雑になります。)

ここで預かり金を貸方につけることで、「現金残高」のうち2万円は、「自分のものではないお金」になります。

次に、厚生年金量の支払いについては、
「福利厚生費で借方2万円」
「預かり金で借方2万円」
「現金で貸方4万円」

になります。
(この部分が、2万円のずれが発生したポイントです。会社の支出としては、あくまで2万円です。それに、社員から預かった2万円をたした4万円が、現金から出て行く、という流れになります)

ここで、預かり金が貸方借方で相殺されて±0になります。

・「給与18万円だが、2万円天引きしたので16万円払った」
・「厚生年金 4万円」の内訳が「天引き2万円+会社負担2万円」
ということでしょうか。だとしたら、「厚生年金4万円」の付け方が間違えています。
(「預かり金 2万円」が付いたままなので、現金残高は±0でも、「自分のものではなくなった2万円」の分マイナスになります)


預かり金は現金出納帳には入れられないので、振替伝票で入力してください。
給与の支払いは
「給与手当で借方18万円」
「現金で貸方16万円」
「預かり金で貸方2万円」
を付けます。

(...続きを読む

Q初歩的な質問で申し訳ありませんが、残高試算表のどこを見たら赤字か黒字かわかりますか?

弥生会計を使用していて、「残高試算表」の一覧表が出てきますが、損益・貸借のどこの数字を見たら赤字か黒字かの判断がつくのかわかりません。資本とか負債とかの関係もいまいち理解できません。スバリここという所はありませんか?教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

黒字・赤字を判断する項目は、損益の「営業利益」「経常利益」「当期純利益」を見てください。

「営業利益」とは、「事業による損益」を表しています。
「経常利益」とは、「事業による損益+事業以外の損益」を表しています。
「当期純利益」とは、「経常損益+経常的には発生しない特別な損益」を表しています。

最終的に黒字か赤字かを判断するのであれば、「当期純利益」を見てください。

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。

Q法人市民税を支払った時の勘定科目は?

よろしくお願いします。

先日、職場で初めて決算をし、法人市民税を支払ったのですが
この際の勘定科目は、どのようにしたらよいのでしょうか?

自分なりに調べたところ、そのまま「法人市民税」で良さそうですが、
職場の会計ソフトにはその科目がなく、代わりに
「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」と「3 法人税等調整額」という科目があります。

3はその名前の通り、調整した時に使う勘定かな?と思いますので、おそらく1か2だと思うのですが、どちらを使うのが適当でしょうか?
(1と2って、使い方はどのように違うんでしょうか・・?)

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」は同じです。「1 法人税、住民税および事業税」が長ったらしいのに比べて、「2 法人税等」の方が短く簡明なので「2 法人税等」を使う会社が多いです。

法人市民税を支払ったとき、

(1)発生主義の仕訳:
〔借方〕未払法人税等OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO

(2)現金主義の仕訳:
〔借方〕法人税等OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO

Q税理士報酬の勘定科目

税理士報酬の勘定科目はなにが適切でしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

法人であれば「支払報酬」でしょう。

「支払手数料」でも悪くはないでしょうが、税理士や行政書士などの先生に支払ったものは「支払報酬」とするのが一般的です。

Q源泉所得税を支払った勘定科目は何ですか?

一人で法人を営んでいます。源泉所得税を六ヶ月に一回支払っています。(甲)

帳簿に記載する場合でお聞きします。

毎月法人として預かっている金額は科目として「預り金」で「収入」に記載すればいいと思うのですが、法人が支払った(甲)の科目は「預かり金」で「支払い」欄に記載すればいいのでしょうか?

税金なので違う科目があるように思うのですが・・

検索しても支払った時の(甲)の科目を説明したサイトを発見できません。

お詳しい方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

横レス失礼します。


議論が長引いているようですので、私の回答で納得して下さい。

以下、会計ソフトを使います。

ケーススタディとして、「11月25日、従業員に給料30万円を支給するとき、所得税1万円を天引きして、残額の29万円を現金で支払った。12月10日、天引きした所得税1万円を現金で納税した」とします。

※仕訳の入力では、「振替伝票」の画面だけを使うようにして下さい。その他の入力画面、例えば「現金出納帳」、「入金伝票」、「出金伝票」、「預金出納帳」、「売上帳」、「仕訳日記帳」などの画面は決して使わないようにして下さい。間違いが起きやすいので。

◇11月25日、従業員に給料30万円を支給するとき、所得税1万円を天引きして、残額の29万円を現金で支払った。

〔借方〕給 与 300,000/〔貸方〕現 金 290,000
〔借方〕…………{空欄}…………/〔貸方〕預り金  10,000
※この「預り金」は、「所得税預り金」でも良い。

この仕訳が、自動的に総勘定元帳へ転記されます。
・「給 与」元帳の借方へ300,000と記入。相手勘定は「諸口」。
・「現 金」元帳の貸方へ290,000と記入。相手勘定は「現金」。
・「預り金」元帳の貸方へ10,000と記入。相手勘定は「現金」。
転記後の総勘定元帳を確認して下さい。

また、現金出納帳へも自動的に転記されます。
・「支出」の欄へ290,000と記入。相手勘定は「給与」。

《注》しかし、このとき、「預り金」は現金出納帳へは転記されません。
  そもそも現金出納帳とは、財布(金庫)の現金の増減を記録するとともに、現金の有り高を管理するのが目的の帳簿です。入金があったら記入し、出金があったら記入します。そして出納帳の残高と財布(金庫)の中の現金とが一致することを確認します。
  ここの「預り金」は現金の増加に伴って発生する「預り金」ではないので、この「預り金」の増加を現金出納帳に記録するのは誤りです。この「預り金」は、給与の一部の支払いを保留するために生じる負債を表示する「預り金」に過ぎません。

【重要】ここで「現 金」元帳と現金出納帳は同じ機能を果たしていることに注意して下さい。そうです。会計ソフトでは、現金出納帳は必要ありません。「現金出納帳」は、コンピュータ会計時代の前の古い時代、つまり手書き簿記時代の「遺物」に過ぎないのです。


◇12月10日、天引きした所得税1万円を現金で納税した。

〔借方〕預り金 10,000/〔貸方〕現 金 10,000
※「預り金」で天引きした所得税を納税したときは「預り金」で支払いをします。「所得税預り金」で天引きした所得税を納税したときは「所得税預り金」で支払いをします。

この仕訳が、自動的に総勘定元帳へ転記されます。
・「預り金」元帳の借方へ10,000と記入。相手勘定は「現金」。
・「現 金」元帳の貸方へ10,000と記入。相手勘定は「預り金」。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということで、標題の御質問ですが、

>源泉所得税を支払った勘定科目は何ですか?

源泉所得税を支払う際の借方の勘定科目は「預り金」または「所得税預り金」です。

横レス失礼します。


議論が長引いているようですので、私の回答で納得して下さい。

以下、会計ソフトを使います。

ケーススタディとして、「11月25日、従業員に給料30万円を支給するとき、所得税1万円を天引きして、残額の29万円を現金で支払った。12月10日、天引きした所得税1万円を現金で納税した」とします。

※仕訳の入力では、「振替伝票」の画面だけを使うようにして下さい。その他の入力画面、例えば「現金出納帳」、「入金伝票」、「出金伝票」、「預金出納帳」、「売上帳」、「仕訳日記帳」などの...続きを読む

Q印鑑証明の仕訳

印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか?
ネットで検索したところ、
租税公課という話も見つかりましたし、
教えてgooでは手数料という話も見つかりました。
租税公課だと、税金なのかという疑問があり、
手数料だと、弥生会計の標準の仕訳にないところから
(支払手数料ならありますが)、
一般的ではない気がします。
何が一番適当なのでしょうか。

Aベストアンサー

消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。
あえて決めるなら、役所関連の費用というところから
公租公課(租税公課)というところでしょうか。
消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。

Q貸借対照表の金額が合わない。

平成19年度の個人事業の決算書を作成中です。
会計ソフトを使用しています。簿記の知識は初心者レベルです。

貸借対照表の(資産)と(負債・資本)の合計金額が、
ちょうど売掛金(期首残)の分、合いません。

前年から繰り越した売掛金は全て回収し、今期は繰り越す売掛金はありません。

試算表というものも見てみましたが、そちらでは借方と貸方の合計金額はピッタリ合っています。

貸借対照表の合計金額が合わないのはなぜでしょうか

他に何かしなくてはいけない処理があるのでしょうか

アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あー分かった。
やはり「元入金」が違っていますね。
もともと期首からして合計が合っていないですよ。
期首も期末もともに、資産の合計と負債の合計は一致しなければなりません。

[元入金] = [期首の資産の総額] - [期首の負債の総額]
= 3,881,403 - 50,400 = 3,831,003

現金     229,136     134,010
その他の預金 378,706     2,348,758
売掛金    3,049,410
車両運搬具  224,151     116,731
事業主貸            10,667,820
合計     3,881,403     13,267319

【負債・資本の部】
預かり金   50,400      18,680
預金の利息           2,423
事業主借            7,522,769
元入金    3,831,003    3,831,003 
青色申告特別
控除前の金額          1,892,444
合計     3,881,403     13,267,319

あー分かった。
やはり「元入金」が違っていますね。
もともと期首からして合計が合っていないですよ。
期首も期末もともに、資産の合計と負債の合計は一致しなければなりません。

[元入金] = [期首の資産の総額] - [期首の負債の総額]
= 3,881,403 - 50,400 = 3,831,003

現金     229,136     134,010
その他の預金 378,706     2,348,758
売掛金    3,049,410
車両運搬具  224,151     116,731
事業主貸            10,667,820
合計     ...続きを読む

Q個人事業の労災費・組合費

建設業で個人事業主です。
先日、土建組合なるものに加入しました。
それにあたり、
健康保険料・組合費・組合加入事務費
労災保険料(特別加入)・労災加入事務費
を支払いました。

健康保険料は、家計より負担するのはわかるのですが
そのほかの組合費・労災費等は事業費(経費)となるのでしょうか?なる場合の仕訳は、どのようになるのでしょうか?教えてください。よろしくおねがいします!

Aベストアンサー

 こんにちは、遅くなりした。♯1の者です。
 帳簿で考えるのでしたら、保険は事業費でいいのではないですか。確定申告で経費又は控除の対象になる物をすべて事業費とみなしておくと、正確な損益が常に帳簿で確認出来ますよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング