身内から遺産分割に関する相談を受け、質問しております。
相続遺産分割に強い弁護士を専門的に紹介するサイトなどありますが、
相談先の弁護士によって対応内容に相違は出てくるものでしょうか。

遺産相続に強い東京の弁護士
http://matome.naver.jp/odai/2142139724818834801

弁護士事務所のランキングサイトも見受けられ、弁護士をランキング付けする理由がよくわからないので、対応内容に差があるのか知りたいです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

そんな弁護士はいません。



なぜなら、遺産分割は、諸般の事情を総合的に判断するからです。
    • good
    • 0

依頼する案件によって弁護士・税理士・司法書士でどの専門家がベストであるかによって対応は違うと思います。



・単なる相続案件の場合
 弁護士・税理士・司法書士の誰でも一般的な知識の範囲内でやってくれるでしょう。ただし報酬については相続内容の規模によって違ってきます。

・親族間で揉めそうな相続案件
 この場合は弁護士が適任かと思います。ただし弁護士が全員相続案件について詳しいわけではないので、できるだけその分野に精通した専門家を探すか、あらゆるつてを頼って紹介してもらうのがベストですね。やはり「○○さんの紹介」・「○○先生の紹介」というのはとても大事です。受ける先生も無下にはできませんのできちんと話は聞いてくれるでしょう。あとは交渉しだい。

・遺産分割による相続
 親族間で揉める要素がないのであれば、遺産分割はそんなに難しいものではありません。親族間で話し合って分割協議書を作成すれば大丈夫です。また権利関係が複雑な不動産やややこしい遺産について助言を求めたいのであれば、税理士や司法書士に相談してみるのもいいでしょう。
意外とこういった問題は専門家に任せた方がいいと考える方もいますが、勉強の意味でも自分たちでやってみるのも一番の費用の節約になります。

まずはいきなり依頼するより何軒か回って相談することから始めてはいかがでしょうか?
1回の相談なら5000円~1万円くらいでやってくれます。そんなにかかりません。

こういったサイトも有効だとは思いますが、報酬を基本とした方々は何と言っても信頼と実績と専門的な知識の豊富さです。よっていろいろなコネクションを活用して探してみてください。なんか敷居が高いと思われがちですが、今は余程のカス事務所でない限りきちんと対応してくれると思いますよ。
    • good
    • 0

弁護士・司法書士どちらでも大丈夫です。



ちなみに私は、税理士事務所の紹介で司法書士の先生にやってもらいました。


強い弁護士と書いてありますが、身内と争うのですか?もしそうではなかったら、普通の弁護士・司法書士でも出来ますよ。
もし争うのなら、その分野で強い弁護士に頼むと良いでしょう。
    • good
    • 0

相続でのもめ事でしょうか? それなら弁護士になりますが、刑事専門という弁護士以外ならどこでも同じです。



もめ事で無いのであれば(相談に近いような場合)、税理士の方が適任です。
    • good
    • 0

>相談先の弁護士によって対応内容に相違は出てくるものでしょうか。



当然、弁護士ごとに異なります。

親身になってアドバイスしてくれる人もいれば事務的に進める人などいろいろです。
    • good
    • 0

一般的な遺産分割であれば、大体どの弁護士も同じです。



弁護士に相談するということは、簡単ではない問題があるわけですよね。
その内容によって得意分野が違います。

例えば、相続人に外国国籍や国際結婚した人がいて、国際的な問題がある場合。
特定の相続人が、親の面倒を見ていたり、生前贈与を受けているなど、均等に分割すると不満がある場合。
現金だけでなく、土地や会社があり、分割内容が単純でない場合。
婚外子や戸籍通りでなく相続を希望する人がいる場合。

それぞれに得意分野が違います。


あと、どの様な弁護士も、よくある事例を参考に、定型的に事務処理を使用とします。

それを、もう一歩のところでよく考えで相手に交渉をしてくれるかどうか、弁護士の心を動かすのは依頼人の熱意です。
少しでも知っている人、紹介がある方が良い場合が多いです。
    • good
    • 0

身内の方にアドバイスお願いします。


経験者談です。

親族の問題に弁護士を持ち込んだ時点で親族の関係は険悪になりもう修復不可能であること。
家族崩壊 親族崩壊 それでいいのですか?

誰も幸せにはなりませんよ。
揉めれば揉めるほど弁護士が儲かるだけです。溝は深まるだけ。幼い時からの思い出はないのですか? 
私は権利だけ主張する弁護士は卑しい職業だと感じています。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺産相続についての質問です。 親族が相続遺産の全てを明らかにしてくれません。 書類は家庭裁判所に

遺産相続についての質問です。

親族が相続遺産の全てを明らかにしてくれません。

書類は家庭裁判所に提出したとのことですが裁判所よりお借りして確認することはできますか?

Aベストアンサー

このような話、よくありますね。

遺産を把握している相続人に対し、把握していない相続人が遺産の詳細を示せと言います。なぜそのようなことをしなければならないのでしょうか?
相続人は、法定相続分の違いはあれども、遺産の調査の権限や把握の義務などは同じはずです。

ご自身で遺産調査をされてもよいのではありませんかね。

遺産分割調停の申し立てをしたと聞いているのであれば、申立書類の中の遺産内訳などの内容は、呼び出しなどの際に開示されるはずです。気になるのであれば、申し立てをされたであろう家裁に対し、開示されるのか、それはいつなのか、開示されないのであれば開示を受けるための手続きは、と聞いてみればよいのです。あくまでも、申立書の原本の一部を貸し出すことなどはできませんので、写しの交付という形になると思います。

遺産分割調停の申し立ては、亡くなられた方の最後の住所地を管轄する家庭裁判所のはずですので、特定もできることでしょう。

私の祖父が亡くなった際、叔父が私の親に遺産を明らかにしなかったことがあります。協議になっても変わらなかったことから、私が相続人である私の親から委任状を受け、可能性のある金融機関や市町村役所で遺産調査を行ったものです。
その結果、叔父は隠し通せないこと、調停などとなれば立場が悪くなることについて理解させ、双方の用意した遺産内容の整合性を図ったことがあります。

遺産の調査というものは、苦労するものです。
多くの場合、相続人の代表や協議の中から遺産の可能性を見出し、色々なところに調査したりするものです。預金も必ず通帳が見つかるとは限りませんからね。
そして、一度協議が終わったのに、新たな遺産が見つかることもあります。その発見された遺産の金額によっては、円満だった協議が争いになることもあります。

あなた自身も調査のうえで、双方の把握した遺産の整合性をとることで、もれもなくなるものです。すでに他の相続人の把握された情報が得られるわけですから、それ以外に遺産がないかをあなたもよく考え、必要に応じた調査をしたほうがよいかもしれません。

このような話、よくありますね。

遺産を把握している相続人に対し、把握していない相続人が遺産の詳細を示せと言います。なぜそのようなことをしなければならないのでしょうか?
相続人は、法定相続分の違いはあれども、遺産の調査の権限や把握の義務などは同じはずです。

ご自身で遺産調査をされてもよいのではありませんかね。

遺産分割調停の申し立てをしたと聞いているのであれば、申立書類の中の遺産内訳などの内容は、呼び出しなどの際に開示されるはずです。気になるのであれば、申し立てをされたであろ...続きを読む

Q遺産分割について

母親が無くなりました。家は生前に売り、そのお金は既に母の銀行口座に入ってます。遺言は無しで、兄妹2人だけなので母の口座の額を2人で平等分割する予定です。それ以外は財産はありません。

お聞きしたいのは、もし母が私を受取人として、わずかながらでも生命保険に入っていた場合、その保険金は別もので、私が全て受け取れますか? 法律では、もし受け取るならそれに値する銀行口座のお金を兄に渡さないといけないのでしょうか?それとも最初の予定通り、口座額は半々、プラス私には保険金受取りになりますか?
法律に詳しい方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

生命保険の受取人にあなたの名前が明記されているなら、保険金はすべてあなたのものであり相続財産とは関係ありません。

しかし「わずかながらでも生命保険に入っていた場合」とのことですが、お母さんが保険に入っていたかどうか確認できないのですか?
もし保険に入っていた可能性があるのなら、心当たりの保険会社すべてに確認して、出来ればかんぽ生命なんかも確認した方が良いと思いますよ。

それと、もしお母さんが多額の保険に入っていて、相続預金の金額とバランスが取れない場合は、お兄さんから文句が出る可能性もないとはいえません。
建前上は保険はすべてあなたのものではありますが、お兄さんと円満に収めるために相続預金の受取割合を多少調整するというケースもあることを含んでおく方がよろしいかと。

Q相続人以外に、遺産相続した時の相続税は?

私は被相続人です(遺産を残す人)。

相続人(息子2名)以外に、相続を残した場合の相続税について教えてください。
具体的には、孫に遺産をいくらか渡したいのです。

↓こちらを見ると、
https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4155.htm
相続税は、1000万円以下は10%の税金とありました。

相続人以外(=孫)に、遺言で、例えば1000万円残した場合、
1000万円の10%で、100万円
孫は相続人でないので、100万円×1.2=120万円が、孫が税務署に納める相続税

という計算であってますか?


補足:
私の命はもうそんなに長くないそうなので、贈与をしても相続扱いになるそうです。

Aベストアンサー

№2です。

家の相続税評価額がそれでいいのか(土地は「路線価方式」もしくは「倍率方式」、建物は「固定資産税評価額(固定資産税の通知の価額))というのはありますが、

遺産総額7000万円として
7000万円(遺産額)-4200万円(控除額)=2800万円(課税遺産額)
これを子が法定相続どおりに相続したものとして税額を計算します。
子1人(1/2) 1400万円×15%-50万円(控除)=160万円(税額)
子2人分 160万円×2人=320万円(税額)

孫は遺産全体の1/7を相続するので
320万円×1/7×1.2=55万円(税額)
です。

Q公平な相続でしょうか? 条件 父の遺産 不動産 1億2000万円 相続人 母、子A、子B 一次相続

公平な相続でしょうか?

条件
父の遺産 不動産 1億2000万円
相続人 母、子A、子B

一次相続
分割は法定相続割合で合意
但し、子Bは母の居宅や事業不動産であることを理由に二次相続に先送りし実際の受け取りはなし
母 9000万円
子A 3000万円

その後、母が相続対策で借入金でマンションを建て、課税評価を0円にする。

二次相続
子Bが母から遺産を相続。評価は0円

結果
子A 3000万円
子B 0円

子Bは不公平だとして、子Aに差額を請求するようなことはありますか?

Aベストアンサー

>一次相続
>分割は法定相続割合で合意
母:6000万
子A:3000万
子B:3000万
です。
先送りも何もありません。

仮に
母:9000万
子A:3000万
子B:0
で合意したとしましょう。

二次相続時の状態は
プラス資産9000万
マイナス資産9000万
ってことですかね?

公平な相続として想定されるのは。

子A:1500万-3000万(借金)=-1500万
子B:7500万-6000万(借金)=+1500万
が、一次の結果から合意できる
分割案となります。

いろいろな状況は想定されますけどね。
例えば…

お母さんが賃貸マンションで事業を
営むとすれば、借金は逐次返済されて
いくわけです。
そうすると、上述の(借金)は徐々に
減っていくわけです。
3000万の返済が終わったところで、
お母さんがお亡くなりになりました。
ということだと、
子A:1500万-1500万(借金)=0
子B:7500万-4500万(借金)=3000万
となり、
一次相続時の子Aの3000万と同等
で分かりやすいですかね。A^^;)

あなたの質問のウラには、
不動産事業としての『おいしさ』が
隠れているということだと思います。

母が不動産事業を遺して、借金があっても
安定した老後(収益をある)が約束されると
子Bと合意(ネゴ)できるなら、問題は起こ
らないのかもしれません。
却って、子Aが不満に思うことになる
かもしれませんが。

母が遺言を書くのは必須ですね。

いかがでしょうか?

>一次相続
>分割は法定相続割合で合意
母:6000万
子A:3000万
子B:3000万
です。
先送りも何もありません。

仮に
母:9000万
子A:3000万
子B:0
で合意したとしましょう。

二次相続時の状態は
プラス資産9000万
マイナス資産9000万
ってことですかね?

公平な相続として想定されるのは。

子A:1500万-3000万(借金)=-1500万
子B:7500万-6000万(借金)=+1500万
が、一次の結果から合意できる
分割案となります。

いろいろな状況は想定されますけどね。
例えば…

お母さんが賃貸マンションで事業を
営むとすれば、...続きを読む

Q遺産相続 遺産分割協議書の記入例について

先日母が他界し少し残った土地、古い家屋、預金を私が引き継ぐことになりました。
何分田舎なので土地や家屋の財産としての価値は殆どなく、今後の管理の問題もあるので兄弟全員(4人)に相続放棄は納得してくれるようになっています。行政書士等に依頼すると随分お金もかかるようで、公的機関に相談しながらやっていこうとは思っています。相続人の一人が遺産のすべてを取得するケースの場合です。兄弟五人のうち二人が遠方にいるため、一枚の紙で回し書きしていると一人がミスした時に全部やり直しの可能性があります。一人一人にそれぞれの用紙に記入するやり方のサンプルのHPがあれば教えて下さい。1枚の紙に全員の署名や印鑑が必ずいるのなら諦めます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>一人一人にそれぞれの用紙に記入するやり方
最終的に、その数枚の用紙を1冊に綴じて、全員の割り印が必要となります。

http://www.moj.go.jp/content/000123426.pdf


人気Q&Aランキング

おすすめ情報