最新閲覧日:

4年ほど前にレーシック手術をしました。当時は左1.5右1.2まで回復し、その後若干の低下はありましたが、ほぼ1.2/1.0くらいで推移していました。ところが健康診断で久しぶりに計測したところ、1.2/0.4まで低下していたので、手術を受けた医院の診察を受けてきました。医師の話しでは、「視力低下は人によって原因が異なるので理由はわからない。再手術も可能だが、今度は手元の視力が落ちるので、どっちみち、遠視/近視いづれかに支障がでます。生活に不自由(夜間車運転等)が出るようならメガネを着用してください」とのことでした。そこで質問ですが、術後4年で手術前の視力に戻ってしまうことは、仕方のないことなのでしょうか。4年でメガネ生活に戻るならレーシック手術をした意味がありません。右目は手術前乱視で、手術で乱視は改善されていました。しかし今回の診察では乱視があるようです。専門知識がないので、今後のアドバイス(医院への対応、視力との付き合い方)をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

視力に関係する目の組織としては、角膜、水晶体、硝子体、網膜、視神経などが有ります。


レーシックはその内の角膜の厚さを削って、屈折率を調整して視力を出すもので、
水晶体、硝子体、網膜、視神経などには関係がなく、ここに異常が生ずれば当然視力は落ちます。
年齢や目の使い方でも当然視力低下が起こります。
あなたの場合、右の視力低下が大きいので、角膜以外の異常(原因)も考えられます。
その原因を調べる必要が有りそうです。
単に再手術(レーシック)だけでは、解決しそうにもないようです。
きちんと検査して貰った方が良いでしょう。(レーシックをしてない眼科が良いかも)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

近日中に普通の眼科を受診してみることにしました。ありがとうございます。

お礼日時:2015/02/22 13:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報