「dポイント」が最大20倍になるお得な情報

こんにちは、私は、会社で経理を長いことしております。確定申告書の作成は税理士に任せておりますが、その前の段階までは社内でやっております。
毎回、申告書を見て、どこからどう数字をとっているのか見ておりますが、もっと税務を理解したいと思っており、どうせなら、資格を目指そうかなと思っている今日この頃ですが、ネットで調べてびっくりしたので質問させてください。

ネットでは、公認会計士と、税理士の資格取得までの年数が、会計士は2年程度で、税理士のほうは5年から10年とありました。会計士は誰もが難しいと言いますが、なぜ、こんなに取得までの年数が税理士のほうがかかっているのでしょうか?
単純に、会計士は2年が有効期限だからということではないですよね。(会計士資格を取るのに10年かかった人を知っています。)

会社の仕事もかなり忙しいので、そんなに毎日時間を勉強に割けるわけでもありません。2年くらい学校に通ってびっちり勉強すれば(週に20時間くらい)合格できると思っていたのですが、軽いショックを受けました。

お答えできるかたお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

税理士試験には、科目合格制度がありますからね。



公認会計士試験の場合には、基本的に試験勉強に専念しなければならないでしょう。試験範囲の学習量も多く、合格科目があっても、期限付きの科目免除にすぎないのでしょう。
長期の計画で挑戦が難しい私見ということで、短期決戦で不合格であれば挫折ということもあるのでしょうね。

税理士試験の受験者には、専門学校などでの集中学習で受験する人もいれば、社会人が夜間休日の専門学校などを利用して受験するというのもあります。

公認会計士や税理士の社会的評価が高いことをご存知ですか?
先生と皆から呼ばれるのです。資格がなければ行えない業務ということもある専門家となる試験です。
私は、専門学校4年間通い、税理士事務所で5年勤務しました。その間何度も税理士試験に挑戦しましたが、合格できず挫折しました。
専門学校在籍中には、朝9時から夜9時まで授業があり、宿題もあったぐらいです。それでいて科目合格できる人が一握りなのです。科目合格が一握りの中、5科目の合格をしなければならないのですよ。

税理士事務所の所長税理士が子供を税理士にするために大学院を二つ行かせるという話があったぐらいです。以前であれば、一定の法則に従って大学院修士を学部を変えて二つ取得すれば、税理士試験の全科目が免除となったのです。そのため、子が楽するためではなく、後継者を子にするため、確実に税理士資格を取得させるため、お金と時間をかけるというのです。現在は全科目免除ができるとしたら、公認会計士や弁護士資格を取得するか、商学部と法学部の大学教授をやるぐらいでしょう。ただ、一部科目免除はまだありますので、大学院を使った免除都市圏での挑戦の両方で目指す人がいるのですよ。

勉強を頑張ったぐらいで試験合格できるものではないと思います。生活を削り、睡眠時間を削り、運が良ければ合格できるというものなのです。

仕事のための知識であれば、税務会計検定や必要な税理士試験の科目だけでよいのではないですかね。税理士5科目や会計士試験まで目指すというのは、よくよく考えることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

税理士の資格ってすごいんですね。昔は、税務署に何年が勤務しただけでなれたという話など聞いておりましたので、そこまで難しいとは思いませんでした。確かに、業務に必要な分だけ勉強していたほうがよいですね。自分の時間を犠牲にしてまで取得することもないし、必要もない。
ありがとうございました。

お礼日時:2015/03/01 07:39

税理士合格を目指している41歳男性です。


私は現在、4科目合格者です。(税理士試験は5科目に合格して、ようやく税理士になれます。)
勉強開始から十年以上かかっています。
税理士試験は、一般的に私のように働きながらする方が多いです。
科目ごとの最低必要勉強時間は異なりますが、1科目平均600時間かかると思います。
5科目で平均3,000時間かかります。(これは本当に単純計算です。)
つまり1日1~2時間、毎日勉強しても約8年かかる計算です。

また、暗記理解する理論や計算公式は、かなり膨大にあり、覚えては忘れるの繰り返しで、働きながらであれば、この平均時間では合格レベルに達成できません。
さらに税理士試験は競争試験であり、1科目の合格者は受験者の上位1割程度で約9割は不合格です。
必然的に激しい競争になり、試験問題の難易度もかなり高いです。

働きながらでは2年に1科目合格して、10年で5科目合格しても、優秀な人と考えられます。
また、実際には、かなりの人が試験合格をあきらめています。
私も勉強開始当時は、10人以上の知人がいましたが、全員あきらめて私1人がまだ勉強中です。

仕事せず昼間に受験専念できるとしても、2年で5科目合格は、あくまで私個人の考えですが、90%
無理ではないでしょうか。(3年で5科目合格も、50%の確率と思います。)

この試験は学校に通ったか否かではなく、それはあくまで超最低ラインであって、膨大な数の基礎理論をどれだけ覚え応用理論に対応でき、膨大で難解な計算をどれだけ繰り返し解いたかがポイントです。

繰り返しますが、これは私個人の感覚ですので、他の方の投稿も参考にされて下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
税金関係は毎年いろいろ変化することがございますし、そのような仕事についても勉強ですね。
昔いた会社で、税理士資格の資格手当が10万だったんですが、わかる気がしますね。
それでは試験頑張ってください。

お礼日時:2015/03/06 20:40

お礼文に対しての補足



>税理士の資格ってすごいんですね。
>昔は、税務署に何年が勤務しただけでなれたという話など聞いておりましたので、そこまで難しいとは思いませんでした。

今でも税務署の職員は、一定年数を働くことにより、税理士試験免除による税理士への道があります。これは、あくまでも公務員の特権であり、税務署職員が税理士試験を簡単に合格できるものではないということです。名目上、公務員試験や公務員としての特殊業務についての研修の受講、実務経験により、税理士試験の免除とされるのでしょう。
ただし、経歴などによる審査があるので、すべての税務署職員が免除の対象となるわけではありません。

>確かに、業務に必要な分だけ勉強していたほうがよいですね。自分の時間を犠牲にしてまで取得することもないし、必要もない。

将来の不安などからの保険で資格取得をされる方もいます。
定年後の第二の人生でも、ある程度の収入を確保するために資格取得を考える方もいます。
実務のための試験ではなく、税理士としての素養をチェックするための試験ですので、一部の税法科目のみの合格で税理士になれますし、実務ではあまりないようなマニアックな計算なども試験に出題されます。実際に申告書の様式を受験生は見る機会もないと思います。特殊な試験ですので、実務のための学習にはならないと思いますね。

頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

目からウロコの話ですね。税理士の素養をチェックする試験、、、。また、全科目合格しなくても税理士として活動できるや、実務のための学習にならない、、。まあ確かに、ほとんどの資格において、資格を持ってるからといって、実務ができるかと言ったら、できませんからね。まあ、ちょっと何の資格がいいのか考えてみます。
詳しく教えていただき、ありがとうございました。

お礼日時:2015/03/01 21:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q共謀罪と騒がれていますが共謀罪とはなんのことですか?

共謀罪と騒がれていますが共謀罪とはなんのことですか?

Aベストアンサー

共謀罪

そのままの意味で、共謀したら罪に問われます。

今話題になっているのは、この共謀罪ではなく、組織と共謀した人が対象です。
また共謀しただけでなく、何らかの実行が伴わないといけません。

騒いでいるのは、この法律が施行されるとヤバい連中だけです。
一般の人は興味ありません。

Q確定申告を税理士に代行して貰ったら料金はいくらくらいかかりますか?

会社員ですが医療費のや若干の収入を合わせて確定申告したら

税理士さんにはいくらくらいでやってもらえるのでしょうか?

1万円くらいでお願いする事はできますか?

教えて下さい。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

会社員で医療費控除だけなら大した仕事ではないので1万円くらいでも引き受けてくれるかもしれない。
でも逆に単価が安すぎてこの申告時期では忙しくて引き受けてもらえないかもね。
確定申告とセットが多いみたいだから4~5万くらい?
いろんな税理士のHPを見てみるといいと思う。


国税庁の確定申告作成のHPを見てみたら?
私は自分でやった。
たぶん、自分でできちゃうよ。

Q税理士試験の受験資格はどうやって確認されるの?

私は今年の税理士試験を受験する資格がありません。
ただ、来年には受験資格を得ることができると考えていますので
今年、できれば簿記論だけ練習で受験してみたいと考えています。
そこで質問なのですが、国税はどうやって各々の受験資格を確認しているのでしょうか?
大卒で受験資格を得る方もいるでしょうし、日商や全経を経て受験資格を得る方もいらっしゃると思うのですが。

あと、税金を滞納している者は税理士登録できないと聞いたことがあるのですが、本当なのでしょうか?

Aベストアンサー

AN01ですが

滞納は、登録申請時に滞納があるとはねられる、ということです。

あと、受験資格証明に必要な書類については、国税庁のHPを見てください。乗っています。

Q税理士の資格について

最近、税理士もいいかなと漠然と考え始めたのですが、
受験資格に「大学卒(法律学か経済学に関する科目を1つはとっていること)」
みたいなことが書かれてありました。
私は理科系だったのでそのような科目を履修していないのですが、
1つだけ教職課程のからみで「日本国憲法」という科目をとりました。
はたしてこの科目は受験資格の法律学に関する科目に該当するのでしょうか?
該当しないとして、それでも税理士を受けたいとしたら1級簿記に受からなければ
ダメということになるのでしょうか?
くわしい方ぜひおしえてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

憲法でも大丈夫です。
受験申込の際に成績証明書が必要ですので卒業された大学でもらってください。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/zeirishi/siken/qa/anser/qa3.htm

Q税理士の相場について

はじめまして。相続の件についてお聞きしたいんですが、兄弟二人で母親(配偶者は死亡)の財産を相続した場合基本控除を超えるため相続税の申告を税理士に任せようかと思いますが税理士にかかる費用の大体の相場(費用の計算方法)などわかる方がおりましたら教えてください。相続する額は総額約1億円です。相続する内容は戸建の家屋と保険金や会社の退職金などです。税務署から税理士のリストをもらいましたが、費用などがあまりにも高い税理士はなるべく遠慮したいのでくわしい方いましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まずは、基礎控除ですが、兄弟二人が相続人ということですので「5000万+1000×2=7000万」になります。

次に「相続する額は総額約1億円」とありますが、これは単純は時価もしくは相続税評価額の合計でしょうか?

相続税評価の方法についてみていきますと

1.居住用家屋…固定資産税評価額(経過年数等によっても違いますが、時価の7割程度)

2.居住用土地…市街地ですと路線価を基に算定しますが、土地の形状によっては評価減ができますし、居住用土地の評価はそこに居住している人などが取得すると240平米以下の部分まで80%の評価減(つまり、20%の評価)ができます。(小規模宅地等の評価減といいます)

3.保険金…非課税枠「500万×法定相続人数2人=1000万」を死亡保険金から差引けます。

4.退職金…非課税枠「500万×法定相続人数2人=1000万」を死亡退職金から差引けます。

つまり、上記3.4.で確実に「1000万+1000万=2000万」は課税対象額が減額できますし、居住用家屋も通常時価よりは低い金額であること、土地については80%(240m2まで)の減額が可能です。

仮に単純な時価の総額が1億円というここであれば、そこから非課税枠合計2000万を差引いて8000万。8000万から基礎控除7000万を差引いて1000万。ということは居住用不動産の財産評価や他に負債によっては相続税はかなり圧縮できます。

ただ、相続税がOであっても、小規模宅地等の評価減を使用してOになっている場合には相続税の申告が必要です。

税理士に依頼すれば、#1の回答の通り数十万の報酬は必要になりますが、親族関係も特に複雑でなく、分割方法も決まっていて、財産内容も上記のものでしたら、ご自身でも申告書作成は可能です。わからないことがあれば税務署に資料を持ち込んでお尋ねになれば教えてくれます。

もし、税理士に依頼されるのであれば下記のような紹介してくれるサイトもありますのでご参考までに。(同じ税理士でも相続申告の経験があまりない税理士もいますので・・・)

http://www.expert-net.com/samurai/ad/

http://www.jalic.jp/

参考URL:http://www.fpstation.co.jp/souzoku/souzoku-now/1_30.html

まずは、基礎控除ですが、兄弟二人が相続人ということですので「5000万+1000×2=7000万」になります。

次に「相続する額は総額約1億円」とありますが、これは単純は時価もしくは相続税評価額の合計でしょうか?

相続税評価の方法についてみていきますと

1.居住用家屋…固定資産税評価額(経過年数等によっても違いますが、時価の7割程度)

2.居住用土地…市街地ですと路線価を基に算定しますが、土地の形状によっては評価減ができますし、居住用土地の評価はそこに居住している人などが取得すると240...続きを読む

Q働きながらの税理士資格取得について

29歳女です。
税理士事務所に転職して、働きながら税理士資格取得を目指そうと考えています。転職活動の結果、いくつかの税理士事務所から内定をいただいたものの、実際に勉強してみるとどうなのか経験のあるかたにアドバイスをいただきたいと思いました。

現職は税理士とは全く関係がなく、全く未経験からのチャレンジとなります。簿記3級の資格は持っており、とりあえず現在は6月の2級受験に向け、勉強中です。
内定先の事務所はすべて、働きながら税理士の資格を目指せる、という方針です。

不安点として、以下の4つがあります。
1 仕事自体も未経験なのに、税理士の勉強と両立できるのか心配です。どこも10名以内の小規模の事務所なので、仕事自体もかなり大変なのではと思っています。面接ではどこも遅くとも残業時間は夜8時くらいまで、とのことでしたが・・・。

2 働きながら税理士の勉強をする際に、どのくらいの勉強時間が必要なのでしょうか? 例えば、週2回夜に学校に通おうと思っていますが、プラス自習時間はどのくらい必要なのでしょうか? 働きながらとなると、土日も返上で勉強しないと合格できないものでしょうか? 資格学校では1日1~2時間でOKとのことでしたが、実際はどうなのでしょうか?

3 最終的に全科目合格までには何年くらいかかるのでしょうか? 

4 もし本気でやってみて、どうしても全科目合格できなかった場合、その後どんな選択肢が考えられますか? 一般企業の経理などに転職は可能なのでしょうか?

経験者のかた、ぜひアドバイスをお願いします。
どうぞよろしくお願いいたします。

29歳女です。
税理士事務所に転職して、働きながら税理士資格取得を目指そうと考えています。転職活動の結果、いくつかの税理士事務所から内定をいただいたものの、実際に勉強してみるとどうなのか経験のあるかたにアドバイスをいただきたいと思いました。

現職は税理士とは全く関係がなく、全く未経験からのチャレンジとなります。簿記3級の資格は持っており、とりあえず現在は6月の2級受験に向け、勉強中です。
内定先の事務所はすべて、働きながら税理士の資格を目指せる、という方針です。

不安点とし...続きを読む

Aベストアンサー

現在は無職(4月初旬から)ですが、働きながら(一般企業ですが)で税理士試験の勉強をした経験があります。

1.について
私は一般企業での経験のみですので、参考にはならないと思いますが、夜8時までが正確なのであれば、その後帰宅時間を有効利用して電車内で理論暗記や計算でもテキストを見る(授業なければ)ことをすれば両立できます。

2.どうしてもやる気が出ないなどの理由がなければ毎日必ず30分でも机に向かう(電車内でも勉強をする)という継続が大事です。さらに働きながらなので、土日はできるだけ勉強をする(返上という時間が大事なのではなく、内容・質が大事なのでいかに集中してやるかが大切です)ことです

3.人にもよるのでしょうが、早い人なら3年遅い人は10年以上はかかるとおもいます。ちなみに私は始めてから5年目になります(3科目合格)。

4.一般企業の経理には転職可能だと思います。そのときの年齢等にもよると思いますが、以前勤務していたところで、会計事務所で働いた経験がある人がいました。

ただやはり仕事なので残業があると結構きついです。試験前数ヶ月間ほとんど毎日終電近くまで残業が続いてた職場があったんですが、そういったときでも平日は毎日電車内で勉強して、土日はできるだけ集中してやりました(それでもその年の試験合格しました)。

現在は無職(4月初旬から)ですが、働きながら(一般企業ですが)で税理士試験の勉強をした経験があります。

1.について
私は一般企業での経験のみですので、参考にはならないと思いますが、夜8時までが正確なのであれば、その後帰宅時間を有効利用して電車内で理論暗記や計算でもテキストを見る(授業なければ)ことをすれば両立できます。

2.どうしてもやる気が出ないなどの理由がなければ毎日必ず30分でも机に向かう(電車内でも勉強をする)という継続が大事です。さらに働きながらなので、土...続きを読む

Q40歳代で簿記1級→税理士受験てありなんでしようか?

40歳代で簿記1級→税理士受験てありなんでしようか?

30歳代40歳代で簿記1級→税理士受験 合格された方のアドバイス、
体験など聞かせていただければ幸いです。

Aベストアンサー

若輩者が、失礼かと思いましたが、投稿させていただきます。

自分が目指す物に対して、年齢は関係ないと思います。
確かに、困難な道かもしれませんが、本気になれば何でもできると思います。

自分の場合、現在28歳ですが、高校卒業してから販売の仕事以外の経験がなく、簿記は高校時代に取得した、全経2級程度の知識しかありませんでした。
高卒で、経理経験もない自分ですが、改めて税理士になりたいという夢に向かい、簿記の勉強を始め、6月にパソコン財務会計主任者試験1級を取得し、現在は簿記1級へ向けて独学にて勉強してます。

自分の記憶力の低下などに不安を感じたりもしますが、努力が無駄になることはないと思いますし、諦めるのはいつでもできます。
考えてばかりで何も行動せずに、後で後悔しないためにも、結果を気にせずにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

Q国税専門官の税理士資格取得について

国税専門官は何年か勤めた後、税理士の資格を得られると予備校の校長から薦められました。
しかし、しっかり税理士の取得の道もあるわけで、国税専門官でなおかつ資格がとれるなんて話が変なのではないかなと疑問を持つようになりました。
つまり、国税専門官は税理士に比べて、能力が低い、税理士の資格をとても年齢的に顧客を採ることが難しいので生活していけない、・・・などのことがあるのではないでしょうか?

Aベストアンサー

税理士登録者のうち約半数が国税OB(国税専門官でなくてもなれる)だそうです。

23年ほど国税庁や税務署で働いて無試験でが税理士がもらえるようになったからといってすぐに税理士になるわけでなく定年退職もしくは、定年間近になって退職してからなる人が多いみたいです。

公務員として40年ほど勤め上げれば3000万の退職金をもらった上、働かなくても年金だけで毎年300~500万は入るため、仮に税理士で顧客がなくても食うには困らないみたいです。

税理士のの平均年齢が異様に高いのもこれが関係しています

たとえば16年の税理士実態調査報告書のデータを見ると

80歳代  5.4%
70歳代 29.1%ここまでで34.5%
60歳代 18.4%ここまでで52.9%
50歳代 19.3%ここまでで72.2%
40歳代 15.6%
30歳代 10.4%
20歳代  1.1%

となっています。3人に1人が70歳以上、2人に1人が60歳以上、7割以上が50歳以上という民間企業ではありえない分布になっています。

話を戻すと逆に試験に合格した税理士であっても、(知識が豊富でも)営業力がないと顧客がつかず生活保護を受けてるような人もいるみたいです。

ちなみに税理士として1億円以上の収入をあげている税理士の多く重要ポストまでいった国税のOB税理士だそうです。


参考
http://www.geocities.jp/gakureking/tax.html

税理士登録者のうち約半数が国税OB(国税専門官でなくてもなれる)だそうです。

23年ほど国税庁や税務署で働いて無試験でが税理士がもらえるようになったからといってすぐに税理士になるわけでなく定年退職もしくは、定年間近になって退職してからなる人が多いみたいです。

公務員として40年ほど勤め上げれば3000万の退職金をもらった上、働かなくても年金だけで毎年300~500万は入るため、仮に税理士で顧客がなくても食うには困らないみたいです。

税理士のの平均年齢が異様に高いのも...続きを読む

Q【英語】電車の運賃表などをアメリカ人は「tariff(タリフ)」って言いますか?ホテルの料金表も

【英語】電車の運賃表などをアメリカ人は「tariff(タリフ)」って言いますか?

ホテルの料金表もタリフって言うのでしょうか?

タリフ=料金表という表現は、価格によって距離や部屋のランクがレベルで変動する料金表についてタリフと言うので、料理のメニューの料理表のことはタリフとは言わない気がします。

現地の人は

電車の料金表
ホテルの料金表
レストランのメニューの料金表

のことを英語で何と言ってるのか教えてください。

初めてタリフという言葉を知りました。

Aベストアンサー

tariff を料金表(ホテル、レストラン、ガスや電気代)の意味で用いるのは主に英国のようです。元の意味が関税とか国際的運賃とか(大英帝国時代の?)国際関係にあるのだと思われます。

米国では table (or list) of charges (or rates), rate table などでしょうか。

Q税理士の資格取得後に公認会計士を目指す

現在社会人10年目です。儲かる資格を取得しようと思っています。そこで税理士と公認会計士が私の中では候補にあがっています。取得のしやすさ、難易度を考えると税理士の方が現状には向いているような気がします。でも公認会計士を取得すれば税理士の資格も取得できます。税理士の資格取得後に公認会計士を目指すのはおかしいでしょうか。共通する点が多いと思っていますが、間違いでしょうか。

Aベストアンサー

おかしくないですよ。
会計と税務は切っても切れない関係ですので、共通点が多いという認識も正しいと思います。
ただ、個人的には勉強に専念できる環境であれば、会計士を取ってしまうことをお勧めします。

税理士は一科目ずつ時間をかけて勉強することができるため、
仕事との両立という面では向いていると思うのですが、
一科目ずつ取得することができる故に受験期間が長期化しやすい傾向にある気がします。
また、受験生は特定の科目を深く勉強してくるので、競争率も必然的に高くなります。
簿財などの科目合格はともかく、全科目合格となると、なかなか難しいという印象です。

一方、会計士は科目合格制度が導入されたとはいえ、
年数制限があるため、多くの人は一度に全ての科目を勉強します。
その分、税理士とは違って短期間で合格する可能性も十分にあります。
また、広く浅い勉強が求められますので、ある科目で失敗しても他の科目で取り返すことも可能です。
そういった意味で、意外と合格しやすい一面もあります。
ただし、仕事との両立は相当厳しいと思います。

いずれにせよ、どちらも強い武器となる資格ですので、ぜひ頑張ってください。

おかしくないですよ。
会計と税務は切っても切れない関係ですので、共通点が多いという認識も正しいと思います。
ただ、個人的には勉強に専念できる環境であれば、会計士を取ってしまうことをお勧めします。

税理士は一科目ずつ時間をかけて勉強することができるため、
仕事との両立という面では向いていると思うのですが、
一科目ずつ取得することができる故に受験期間が長期化しやすい傾向にある気がします。
また、受験生は特定の科目を深く勉強してくるので、競争率も必然的に高くなります。
簿財な...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報