出産前後の痔にはご注意!

現在独身無職の女です。

※以下、社会保険や健康保険等の専門用語、言葉が間違っているかもしれないのでご了承ください…

去年の冬に会社を退職し、同棲をしていて結婚を控えているので正社員にはならずパートでやっていこうと思っています。
今は親の扶養に入れてもらっていて健康保険証?(病院に行く時に見せる青いカード)を持っています。
今後わたしが働く上で、このカードのままで尚且つ国民年金(今は免除申請をしていて停止してます)のみ自分で払っていこうと思ってます。
去年まで正社員でフルで働いていたのでいま無職ですが住民税がきてしまってとても苦しいです。調べたらこれは必ず払わないもいけないものみたいで…
今後パートで働く上で健康保険は親の扶養のまま、年金のみ自分で払う、住民税がこないようにする には103万以内、または130万以内どちらでしょうか?

恥ずかしいことにすべていままで会社がしてくれていたため無知なものでして…
損はしたくないですしどなたかアドバイスをいただけないでしょうか。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

同棲しているんですよね。


ご主人になる人は勤めているんですか?
また、社会保険に加入しているんですか?
その前提なら、結婚前でもご主人の
社会保険に扶養家族として加入すれば
いいんです。
健康保険料だけでなく、
●国民年金保険料も払わなくて済みます。
http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho- …

この条件は親御さんの社会保険の
扶養条件と同じで、月108,333円
(交通費込)が以下の見込みである
ことが条件です。
月額108,333×12ヶ月≒約130万
となるわけです。

繰り返しになりますが、
ご主人になる人が社会保険に
加入していることが前提条件であり、
端的にいえば、ご主人が生計の主体
となっていることが前提です。

ご主人が税金の控除(配偶者控除)
を受けるためには、こちらは、
実際の婚姻が必要です。
さらに条件はあなたの収入が
103万以下となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto301. …

住民税が非課税とするには、
地域により条件が変わります。
給与収入でいくと、93万以下
あるいは100万以下の条件の
所が多いです。
給与所得控除65万を引いた
給与所得(総所得)がいくらかが
条件となります。

東京の例
http://www.tax.metro.tokyo.jp/kazei/kojin_ju.htm …

いかがでしょうか?
    • good
    • 1

>年金のみ自分で払う、住民税がこないようにする には103万以内、または130万以内どちらでしょうか?


どちらでもありません。
所得税は年収103万円以下ならかかりませんが、住民税は年収93万円~100万円(市によって違います)を超えればかかります。
正確に知りたいなら、お住まいの市のHPで確認するか、役所で確認されることをおすすめします。

なお、130万円未満(以下ではありません)というのは、健康保険の扶養でいられる収入です。
また、結婚すれば年収130万円未満ならご主人の健康保険の扶養に入れ、国民年金も払わなくてもよくなります。
ただ、貴方の会社が大企業(従業員500人を超える)の場合は、10月からは年収106万円以上だと、会社で社会保険に加入しなくてはいけなくなるので、健康保険の扶養にはなれません。
    • good
    • 5

来年の住民税が非課税になるためには、控除の後の所得が35万以下にならなくちゃいけないから、基本控除(65万)しか受けられないなら1

00万になるのではないかな?
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q独身パートの税金について

去年病気をして、フルタイムのパートから、一日4時間週5勤務に変更しました。
この一年、前年の所得額での計算だと思うので、健康保険や国民年金など払うのが
大変でしたが、来年は減るかな~と思っていたのですが、会社のほうから
週2でもいいから7時間にしてもらえないかと言われました。

お金もないのでありがたいお話なのですが、中途半端に働くと税金とかかかるよ
という話も聞きます。(前は会社の社会保険に入ってました。)
時給は830円で、今は残業などもあるので、多いときで8万円、だいたい7万前後です。

親の扶養にも入っておらず、扶養している家族もありません。

私のようなケースでは、税金を気にせず働いたほうがよいのか、
主婦パートのように103万円以内に抑えたほうがいいのか
トータルの収入を考えると、どちらがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。
(※不明な点はお知らせください。)

>私のようなケースでは、税金を気にせず働いたほうがよいのか、主婦パートのように103万円以内に抑えたほうがいいのかトータルの収入を考えると、どちらがよいのでしょうか?

迷うことなく「前者」です。

これは、実際に数字で見てみるのが一番なので、以下の簡易計算機で「試算」してみてください。
「収入の増加額<税金の増加額」にはならないことがご理解いただけます。

『所得税・住民税簡易計算機』
http://www.zeikin5.com/calc/
※「収入が【給与のみ】」の場合の「目安」です。

・給与収入103万円→所得税0円+住民税9,000円=9,000円
・給与収入120万円→所得税8,500円+住民税23,500円=32,000円
  ↓
・収入17万円アップ、税金23,000円アップ
  ↓
・税引き後手取り147,000円アップ

*****
(備考1.)

「国民年金保険料」「国保保険料」などの「社会保険料」は、「納付額全額」が「社会保険料控除」の対象です。

『社会保険料控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1130.htm

『所得税の「基礎控除」とは』(更新日:2010年09月06日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/252921/
『各種控除一覧表|彦根市』
http://www.city.hikone.shiga.jp/somubu/zeimu/shiminzei/juminzei_koujyo_mi.html

*****
(備考2.)

「国民年金保険料」は、【定額】ですから、「免除・猶予」申請しない限り保険料は変わりません。

『国民年金保険料』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3763

『第1号被保険者』(と関連リンク)
http://www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/detail.jsp?id=152
『~年金が「2階建て」といわれる理由~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html

『国民年金保険料の免除を受けたいとき』
http://www.nenkin.go.jp/n/www///////service/detail.jsp?id=3649
>>…免除等は、原則として申請日にかかわらず、7月から翌年6月まで(申請日が1月から6月までの場合は、前年7月から6月まで)の期間を対象として審査します。…

*****
(備考3.)

「市町村国保の保険料」は、「個人住民税」と同様に、「前年の所得金額」が確定してから、「6月~7月」くらいに決定します。

『一宮市|所得金額とは』
http://www.city.ichinomiya.aichi.jp/division/shiminzei/guide/shiminzei/syotoku.html

「前年の所得金額」に応じて、「軽減」が行なわれますが、「申請」が必要な場合もあります。

『国民健康保険―保険料が安くなる制度―保険料の軽減制度』
http://kokuho.k-solution.info/2006/04/_1_29.html
『国民健康保険―保険料が安くなる制度―保険料の減免制度』
http://kokuho.k-solution.info/2006/04/_1_1_1.html
(八尾市の場合)『保険料の軽減(減額)について』
http://www.city.yao.osaka.jp/0000013401.html

*****
(その他参考URL)

『住民税とは?住民税の基本を知ろう』(更新日:2013年05月13日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/
(多摩市の案内)『個人住民税(市民税・都民税)の申告について』
http://www.city.tama.lg.jp/16853/11/14703/003807.html
---
『公的医療保険の運営者―保険者』
http://kokuho.k-solution.info/2006/01/post_1.html
『あなたも入るかもしれない?協会けんぽって何』(2008/10/02)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20081001/1019299/
『健康保険(協会けんぽ)の事務と手続等』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1964
---
(河内長野市の案内)『国民健康保険への加入など、届け出について』
http://www.city.kawachinagano.lg.jp/kakuka/kenkouzoushin/hokennenkin/gyoumu/hokumin_hoken/shikumi_kanyu/todokede/todokede.html
※「市町村国保」は、「それぞれの市町村が保険者」のため、「他の市町村とは違う点」もありますのでご注意ください。
---
『全国社会保険労務士会連合会>各種相談窓口 』
http://www.shakaihokenroumushi.jp/general-person/soudan/

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。
(※不明な点はお知らせください。)

>私のようなケースでは、税金を気にせず働いたほうがよいのか、主婦パートのように103万円以内に抑えたほうがいいのかトータルの収入を考えると、どちらがよいのでしょうか?

迷うことなく「前者」です。

これは、実際に数字で見てみるのが一番なので、以下の簡易計算機で「試算」してみてください。
「収入の増加額<税金の増加額」にはならないことがご理解いただけます。

『所得税・住民税簡易計算機』
http://www.zeikin5.co...続きを読む

Q独身、扶養家族無しの場合、健保・厚生年金と国保・国民年金の損得

こんにちは。

ご意見をいただけますか?
給与収入で、独身で扶養家族がいないとします。
健保・厚生年金の給与からの控除額の多さ、付加サービスを利用する時間の無さを考えると、掛け金(?)が少しは少なくて済む国保・国民年金の方が良い、という考え方もあると思います。

間違っている点がありましたら、ご指摘くださいますか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大抵の会社であれば、健康保険と厚生年金は強制加入ですが、中には任意適用となる場合もありますね。
http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/kousei/01.html#top

さて、社会保険制度間の損得ですが
1 医療保険
 国保には次の給付が御座いませんので、国保の負け。
 ・怪我をして会社を休んだ場合、法条文には書いてあるが、実際に条例制定しているところは無いので、「傷病手当金」の支給は無い。 
 ・ご質問者様が女性であれば、「出産手当金」の支給は無い。
2 年金
 個別に考えるまでも無く、国民年金保険料と同額の厚生年金保険料を納め続けた人が貰える年金は、「基礎年金+厚生年金」が基本。国民年金の負け。
 ちなみに、下記URLにある表から、国民年金保険料と同額の保険料を負担する人の給料は約18万5千円。
 http://www.sia.go.jp/seido/iryo/ryogaku2009/ryogaku01.pdf
 ・老齢給付
  特に付け足す事柄は無い。
 ・障害給付
  厚生年金は障害の程度が1級~3級になっているに対して、国民年金は1級または2級。保障の幅が違うから、国年の負け。
 ・遺族給付
  ご質問者様の設定された条件が「天涯孤独」であれば、受給権者が存在しないので、勝ち負けは無い。
  しかし、『所得税法上の扶養親族等』は居ないが、親は存命だとしたら、一定の条件に合致していれば遺族厚生年金だけは支給されるので、国民年金の負け。

こんな所でいかがでしょうか?

大抵の会社であれば、健康保険と厚生年金は強制加入ですが、中には任意適用となる場合もありますね。
http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/kousei/01.html#top

さて、社会保険制度間の損得ですが
1 医療保険
 国保には次の給付が御座いませんので、国保の負け。
 ・怪我をして会社を休んだ場合、法条文には書いてあるが、実際に条例制定しているところは無いので、「傷病手当金」の支給は無い。 
 ・ご質問者様が女性であれば、「出産手当金」の支給は無い。
2 年金
 個別に考えるまでも無く、...続きを読む

Q独身パートの手取り額とは

はじめまして、宜しくお願いします。

現在社員で6年程勤めていますが、昨年から体調を崩していてフルタイムで働くのがつらく、パートに変えようか迷っています。

社会に出てから今まで社員としての経験しかなく、収入面の計算が分からないので教えてください。

現在の控除額は約4万円(健康保険料約1万、年金1,8万、雇用保険1千円、所得税4千円、住民税9千円)、手取り17万強頂いています。

パートの時給は800~850円のようです。

勤務時間としては9時~17時(週休2日)を希望しているのですが、時給800円で計算した場合の手取り額はいくらくらいになりますか?(交通費は1万支給されています)

税金など知識不足の為お恥ずかしいですが、詳しい方いらっしゃいましたら教えて頂きたいです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>勤務時間としては9時~17時(週休2日)を希望しているのですが、時給800円で計算した場合の手取り額はいくらくらいになりますか?(交通費は1万支給されています)
 ・>9時~17時(週休2日)・・・休憩は1時間で、一月30日とした場合
  800円×7時間(実働)=5600円(1日当たり)、週休2日なので月に22日出勤で
  5600円×22日=123200円、プラス交通費の1万として(実際はパートの場合交通費が変わること有り)
 ・月に133200円の支給額
 ・健康保険料:6679円、厚生年金保険料:11233円、雇用保険料:666円、所得税:1540円、住民税:9000円(住民税の金額は確定なので変わりません)
  で、控除額の合計は、29118円
 ・手取額は、133200円-29118円=104082円

・上記の数値はあくまでも参考数値です
・健康保険料・厚生年金保険料は下記より
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/resources/content/91737/131.pdf
・所得税は下記より
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2012/data/01_1.pdf

>勤務時間としては9時~17時(週休2日)を希望しているのですが、時給800円で計算した場合の手取り額はいくらくらいになりますか?(交通費は1万支給されています)
 ・>9時~17時(週休2日)・・・休憩は1時間で、一月30日とした場合
  800円×7時間(実働)=5600円(1日当たり)、週休2日なので月に22日出勤で
  5600円×22日=123200円、プラス交通費の1万として(実際はパートの場合交通費が変わること有り)
 ・月に133200円の支給額
 ・健康保険料:6679円、厚生年金保険料:11233円、雇用保険料:666円、...続きを読む

Q所得税と住民税、独身と既婚での違い?

はじめまして。
タイトルの通りなのですが、所得税と住民税って独身と既婚、扶養の人数とかで違いますか?独身ですが、ほぼ収入の同じな既婚の同級生は私よりかなり低い金額だったので疑問に思いました。
もし既婚や扶養のある人より独身のほうがそれらの税金が高いのだとすれば、何が理由なのでしょうか?
初歩的な質問だと思いますが、ご存知の方のご回答をよろしくお願いします!

Aベストアンサー

はい、独身の方が、所得税住民税共に高くなっています。
これは、既婚の扶養がある人には、税額控除といって、収入から引くことの出来る金額が大きくなり、税金の計算に有利になっているからです。

控除には、
配偶者控除…配偶者(職についていない)に対して、380,000円
配偶者特別控除…一定の所得以下のパート等で働いている配偶者に対して、所得に応じて380,000円~0円
※配偶者控除と配偶者特別控除は、重複して控除出来ない。

障害者控除…扶養家族に障害者がいる場合には、障害者1人に対して270,000円(特別障害者は1人に対して400,000円)
扶養控除…扶養家族がいる場合、一般の扶養親族380,000円(同居特別障害者の場合730,000円)
特定扶養親族(16歳から23歳の人)630,000円(同居特別障害者の場合980,000円)
老人扶養親族(同居老親等)580,000円(同居特別障害者の場合930,000円)

基礎控除…一律380,000円

等があります。上記の控除金額は、所得税に対するもので、住民税は、金額が異なりますし、税率も自治体によって異なります。
税金は、収入金額から控除の合計額を引いた所得金額に応じた税率を掛けたものが、納付する税金となります。

>もし既婚や扶養のある人より独身のほうがそれらの税金が高いのだとすれば、何が理由なのでしょうか?

独身者より、扶養等のある人の方が、何かとお金がかかります。特に、サラリーマンにとっては、税金に対して必要経費がほとんど認められていない状況では、このような各種控除をすることによって、家計への税負担の重圧感を軽減する目的があります。

はい、独身の方が、所得税住民税共に高くなっています。
これは、既婚の扶養がある人には、税額控除といって、収入から引くことの出来る金額が大きくなり、税金の計算に有利になっているからです。

控除には、
配偶者控除…配偶者(職についていない)に対して、380,000円
配偶者特別控除…一定の所得以下のパート等で働いている配偶者に対して、所得に応じて380,000円~0円
※配偶者控除と配偶者特別控除は、重複して控除出来ない。

障害者控除…扶養家族に障害者がいる場合には、障害者1人に対して270,000円...続きを読む

Q年収と扶養、年収を130万円越えた場合の国民健康保険や年金について教え

年収と扶養、年収を130万円越えた場合の国民健康保険や年金について教えてください。
他の方々の似た質問や回答、他サイトも見ましたが混乱するばかりなので質問させて頂きました。
私は33歳、契約社員です。
以前はきちんと働いていましたが、病気で退職し、サラリーマンの父の扶養に入り生活をしていました。年金も全額免除してもらっている状態です。
現在は体調が良くなったため、週24時間程度で勤務を続けております。
(併せて、簡単なWワークをしており、そちらで月1万程度もらっています)
雇用保険のみ加入しています。あとお給料から引かれているのは所得税です。
今年の1月~9月までのお給料(Wワーク含)の総額(控除される前のもの/交通費含)は、100万円程度です。このまま働くと、130万円を少し越える程度になりそうです。
以下に質問をまとめさせて頂きます。

(1)今までの私の情報では
「年収100万↑で翌年に住民税がかかる」
「年収103万↑で父の扶養者控除がなくなり父のお給料が少し減る」(民主党の政策で廃止になった?)
「年収130万↑で翌年に国民健康保険料、年金全額支払となる」と把握しておりました。
中には国民健康保険料は「継続して一定の収入がある人であり年収は関係ない」という話もあり混乱しております。なにが正しいのでしょうか?

(2)国民年金は年収130万↓だと半額免除、130万↑だと全額支払という認識で間違いないでしょうか?

(3)来年以降、もっと体調が良くなったら、週32時間程度で働こうと考えています。
その時に会社で厚生年金に入るようになったら、年金額免除とか関係なくなるのでしょうか?

(4)年収を130万円~140万程度の国民健康保険の毎月の負担額はいくら位なのでしょうか?

(4)以前FPの知人に、こういった税金関係で年収を数える場合は、
総支給額(控除される前の額+交通費)で計算すると言われましたが間違いありませんか?


経済的にギリギリの生活をしておりますので、
このまま働いて、年収がほんの少し130万を越えてしまうことで、
来年度以降に負担が増えてしまうことが心配です。

きちんと伺いたいことがまとめられていないかもしれませんが、
知識のある方、ご助言頂けると助かります。
よろしくお願い致します。

年収と扶養、年収を130万円越えた場合の国民健康保険や年金について教えてください。
他の方々の似た質問や回答、他サイトも見ましたが混乱するばかりなので質問させて頂きました。
私は33歳、契約社員です。
以前はきちんと働いていましたが、病気で退職し、サラリーマンの父の扶養に入り生活をしていました。年金も全額免除してもらっている状態です。
現在は体調が良くなったため、週24時間程度で勤務を続けております。
(併せて、簡単なWワークをしており、そちらで月1万程度もらっています)
雇用保険の...続きを読む

Aベストアンサー

>「年収100万↑で翌年に住民税がかかる」
そのとおりです。

>「年収103万↑で父の扶養者控除がなくなり父のお給料が少し減る」(民主党の政策で廃止になった?)
そのとおりです。
なお、子どもの扶養控除は廃止になりますが、今のところ成年者の扶養控除は廃止にはなりません。

>「年収130万↑で翌年に国民健康保険料、年金全額支払となる」と把握しておりました。
いいえ。
国保は年収に関係なくかかります(もちろん所得が多ければ保険料は増えますが)し、130万円という数字は関係ありません。
ただ、130万円以上だと、親の健康保険の扶養にはなれません。
それは、通常、1年間に換算して130万円を超える見込み(月収108334円以上)になったとき、扶養からはずれなくてはいけません。
なので、本来、貴方は親の健康保険の扶養からはずれていなくてはいけません。
親の会社もしくは健康保険の事務局に確認されることをおすすめします。

年金は貴方だけの収入ではなく親の所得も関係しますが、130万円という数字は関係ありません。
所得(「収入」から「給与所得控除(年収によって変わります)」を引いた額)により、全額免除だったり、一部免除(1/2、1/4、3/4)だったりします。
全額免除がダメになったとしても一部免除になる可能性は十分あります。
詳しくは役所の年金担当部署でご確認ください。

>中には国民健康保険料は「継続して一定の収入がある人であり年収は関係ない」という話もあり混乱しております。なにが正しいのでしょうか?
いいえ。
間違いです。

>来年以降、もっと体調が良くなったら、週32時間程度で働こうと考えています。
その時に会社で厚生年金に入るようになったら、年金額免除とか関係なくなるのでしょうか?
そのとおりです。
厚生年金を払うなら、それとは別に国民年金として払うことはなくなります。

>年収を130万円~140万程度の国民健康保険の毎月の負担額はいくら位なのでしょうか?
国保の保険料は市町村によって計算方法が異なるため何とも言えません。
役所の担当部署に聞かれることをおすすめします。

>こういった税金関係で年収を数える場合は、総支給額(控除される前の額+交通費)で計算すると言われましたが間違いありませんか?
いいえ。
原則、交通費は非課税です。
社会保険の扶養認定の場合は、その年収の条件130万円には総支給額でみます。

>経済的にギリギリの生活をしておりますので、このまま働いて、年収がほんの少し130万を越えてしまうことで、来年度以降に負担が増えてしまうことが心配です。
今より負担が増えるのは確かでしょう。

>「年収100万↑で翌年に住民税がかかる」
そのとおりです。

>「年収103万↑で父の扶養者控除がなくなり父のお給料が少し減る」(民主党の政策で廃止になった?)
そのとおりです。
なお、子どもの扶養控除は廃止になりますが、今のところ成年者の扶養控除は廃止にはなりません。

>「年収130万↑で翌年に国民健康保険料、年金全額支払となる」と把握しておりました。
いいえ。
国保は年収に関係なくかかります(もちろん所得が多ければ保険料は増えますが)し、130万円という数字は関係ありません。
ただ、1...続きを読む

Qパート勤務で年収103万円以下のメリットは?

妹は今年の春、大学を卒業し、実家に住んでいます。
就職は「正社員」にはなれなかったものの、
やりたい仕事で、将来的には正規雇用も見込める会社で、
パートとして4月から勤めています。

労働時間が長いため、そこの会社の社会保険(健康保険・年金・雇用保険)に加入しています。
収入は今のところ月に手取りで12万くらいあります。
賃金や労働時間については、やりたい仕事をさせてもらっているので、文句はないようです。


ただ、妹と同じ条件(保険や時給等)で働いている
同僚のAちゃん(独身・実家住まい)が最近になって、
「税金のことがあるから、年収を103万円下におさえたい」と漏らしていたそうです。
そんなことがあって、妹が、私に、
「なんで103万円以下ってAちゃんは言ってるの?」と聞いてきました。



「103万円以下」でって言葉は私も学生時代にバイトをしていたお店では
パートのおばさん達の口からきいたことはあります。
でもおばさん達は旦那さんの扶養に入っていたし、
独身のAちゃんの場合とは違うと思うんです。


パートで社保に入れている時点で、事業所が半分その掛け金?を払ってくれているのに、
103万円以下にしたい、ってちょっと都合よすぎるんじゃないのかな?
と私は思います。

採用前に、賃金・労働時間・仕事内容に不満があるなら違う所に行ったほうがいいから、
よく考えて返事聞かせて、とまで言ってもらえたそうなので、
そこで申し出るべきだったのでは・・・
と思います。


長くなりましたが、パート(アルバイト)で、その事業所の社保に入っていて、
年収103万円以下のメリットってなんですか?
住民税とかの税金なんですか?

妹に聞かれて、恥ずかしながら私も分からないので、
今後の参考のために簡単に教えて頂けないでしょうか。
よろしくお願いします。

妹は今年の春、大学を卒業し、実家に住んでいます。
就職は「正社員」にはなれなかったものの、
やりたい仕事で、将来的には正規雇用も見込める会社で、
パートとして4月から勤めています。

労働時間が長いため、そこの会社の社会保険(健康保険・年金・雇用保険)に加入しています。
収入は今のところ月に手取りで12万くらいあります。
賃金や労働時間については、やりたい仕事をさせてもらっているので、文句はないようです。


ただ、妹と同じ条件(保険や時給等)で働いている
同僚のAちゃん(独身・実家...続きを読む

Aベストアンサー

>でもおばさん達は旦那さんの扶養に入っていたし、独身のAちゃんの場合とは違うと思うんです。
同じことです。
年収103万円以下の人は、生計を一にする(通常同居)にする親族(配偶者、親、子など)の税金上の扶養になれ、その扶養にした親族が扶養控除(配偶者控除)を受けられ、その分、所得税や住民税が安くなるということです。

>パートで社保に入れている時点で、事業所が半分その掛け金?を払ってくれているのに、103万円以下にしたい、ってちょっと都合よすぎるんじゃないのかな?
税法上は、1月から12月までの年収が103万円以下なら、前に書いたように税金上の扶養でいられます。
なので、社会保険と税金は関係ないので、都合いいとかの問題ではないです。
条件に該当すれば、税金上の扶養になれます。
ただ、Aさんは働く時間を減らせば社会保険加入の要件からはずれてしまいますし、自分の手取り収入も減ってしまいます。

>年収103万円以下のメリットってなんですか?
前に書いたとおりです。
それに加え、103万円以下だと自分も所得税がかかりません。
厳密には、自分が払った社会保険料は控除でき、その額によっては103万円を越えてもかかりません。
ただ、その場合、親族の扶養にはなれません。
なお、住民税は年収93万円~100万円(市町村によって違います)を超えればかかります。
でも、自分の税金は働いた以上にかかることはありません。

103万円以下にしようとすれば前に書いたように社会保険からはずれるし、自分の手取り収入も減ってしまうので、自分のメリットは何もありません。
ただ、Aさんの親が税金上の控除を受けられ、所得税や住民税が安くなるということだけです。
たとえそうしたとしても、親とAさんの手取り収入を合計した場合、全体の手取り収入は、今の働き方に比べ少なくなってしまいます。

なので、総合的に判断した場合、Aさんが今の働き方を変え103万円以下で働くメリットはありません。

>でもおばさん達は旦那さんの扶養に入っていたし、独身のAちゃんの場合とは違うと思うんです。
同じことです。
年収103万円以下の人は、生計を一にする(通常同居)にする親族(配偶者、親、子など)の税金上の扶養になれ、その扶養にした親族が扶養控除(配偶者控除)を受けられ、その分、所得税や住民税が安くなるということです。

>パートで社保に入れている時点で、事業所が半分その掛け金?を払ってくれているのに、103万円以下にしたい、ってちょっと都合よすぎるんじゃないのかな?
税法上は、1...続きを読む

Q年収120万にかかる所得税と住民税

を教えて下さい。
年収=120万円
基礎控除=38万円
給与取得控除が180万以下なので収入×40%より、
給与取得控除=120万円×40%=48万円

課税所得=収入-(基礎控除+給与所得控除)より、
課税所得=120万円(38万円+48万円)=34万円

課税所得が195万以下は5%の課税より、
所得税=34万円×5%=1.7万円
なので12で割、月に1400円程度の所得税で正しいでしょうか。

次に住民税です。
住民税=所得割額(10%)+均等割額(4000円)
まず所得割と均等割がどちらもかからない場合に、
合計所得金額が35万円以下があります。

均等割りのみ課税の場合は
総所得金額等が35万円以下があります。

上で出した課税所得税と、
合計所得税と総所得税等の違いがわかりません。
自分の場合はどうなるのでしょうか。

Aベストアンサー

>年収=120万円…

それが「給与」であるなら、「所得」は 55万円。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

[所得] - [所得控除の合計] = [課税所得]

「所得控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
は個々人によって該当するものが違いますので、お書きの情報だけでは最終判断まではできません。
まあ、基礎控除以外は一つも該当しないと仮定すれば、
[課税所得] = 55万 - 38万 = 17万円

>課税所得が195万以下は5%の課税より…

この話が去年以前の復習でなければ、復興所得税が加算されるので
[当年の所得税] = 17万 × 5.105% = 8,600円 (100円未満切り捨て)

>なので12で割、月に1400円程度の所得税で…

所得税は 1年が終わってからの後払いです。
月々の源泉徴収は、あくまでも仮の分割前払い、取らぬ狸の皮算用にすぎません。

年の初めや途中に今年はどれだけ稼げるか分からないのに、年額を 12で割るような計算はできません。

皮算用は皮算用専用の早見表によります。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2012/data/01_1.pdf

>総所得金額等が35万円以下があります…

その給与以外に収入源がなければ、
[所得] = [総所得] = [総所得等] = [合計所得金額]
皆同じで、あなたの場合は 55万円です。

>自分の場合はどうなるのでしょうか…

同じく、基礎控除以外の所得控除は一つも該当しないとして、住民税の基礎控除は 33万なので
[課税所得] = 55万 - 33万 = 22万円

[所得割] = 22万 × 10% = 22,000円
[均等割] = 4,000円
[翌年の市県民税] = 26,000円

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>年収=120万円…

それが「給与」であるなら、「所得」は 55万円。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

[所得] - [所得控除の合計] = [課税所得]

「所得控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
は個々人によって該当するものが違いますので、お書きの情報だけでは最終判断まではできません。
まあ、基礎控除以外は一つも該当しないと仮定すれば、
[課税所得] = 55万 - 38万 = 17万円

...続きを読む

Q独身のパートの仕事のこと(保険・年金)!

現在、学生。
これからパートの仕事を始めようとしております。

パートで3/4以上ならば、社会保険となるらしいですが、
もし適用されない場合、国民健康保険の保険料を
どれくらい払うことになるのでしょうか?
国民年金は毎月1万4千円位払うというのは聞きましたが、
他に払うものはあるのでしょうか?
また、年収103万、130万を超えると、独身の私の場合は
どうなるのでしょうか?
他のサイトを見ても、おおまかにしか理解できないので、
なんでも良いのですが、パートについて教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

103万130万というのは扶養に入る場合(親や旦那がいる場合です)に考えればいいことなのでお一人で国民年金、健康保険に入られるなら考えなくても大丈夫です。
さて、パートで3/4というのは正社員の労働時間に対して、です。
正社員の労働時間が8時間で週5日勤務ならその3/4以上働くと会社は社会保険に入れなくてはいけないのです。守ってない会社もたくさんありますのでご注意ください。
もし、社会保険に入れなかった場合。。。国民年金がまず月13500円かかります。次は国民健康保険です。保険証をもらうためにはこれに加入しなければいけません。国民健康保険料は市町村によっても収入によっても違ってきますので、近所のお役所に問い合わせてみてください。
あとは税金くらいです。これはたぶん天引きされます。

Q給料10万円の社会保険料はいくらですか

パートで社会保険加入(介護ナシ)しました。

給料は10万1000円(交通費0円)くらいです。
健康保険9,676円
厚生年金12,484円
厚生基金3,540円
雇用保険708円の計26,408円を社会保険料として引かれてました。これって雇用保険以外は全額自己負担ですよね。

私は社会保険1万4000円程度だと思ってました。25日給料貰いましたが、会社に文句言っていません。
この場合、会社は保険負担してないのですか?それとも計算ミスですか?
HPの社会保険で調べましたら、健康保険は2倍の料金ですよね。年収見込み額は120万で月の金額いくら位ですか?
何も言わなかったら、年末の源泉徴収で払い過ぎた分は戻って来るのですか?
詳しい方がいたら教えて下さい。会社に報告したら、対応してくれますか?

Aベストアンサー

ちょっと高いですね。

101,000円の標準報酬月額は104千円となりますので、一般的な社会保険の料率(自己負担分)を掛け合わせると・・・

健康保険料 千分の41
4,264円

厚生年金保険料 千分の67.9
7,061円

となり、同額を会社も負担しているはずです。
厚生年金基金に加入している場合は、その場合の厚生年金保険料と、基金の保険料を合わせて一般的に社会保険における厚生年金保険料の自己負担分と同額となるのが通常でありますので、ご質問の場合は、厚生年金保険料と基金の保険料を足した金額が、上記の7,061円にならなければなりません。

・・・かなり引かれすぎですね。

考えられることとして、今回の給料は、最初だからたまたま少なかったなどということはありませんか?
社会保険の標準報酬月額は、あなたが実際にもらう給料の金額を予想して、届出書に記載します。
これは、最初の給料を記載するわけではなくて、今後、おおむねこれくらいの月額をもらうであろう金額を記載することとなっています。

そのため、最初に出た給料にしては、かなり大目の保険料となってしまうことが多々あります。

それと、厚生年金基金に加入されていることから、健康保険は健康保険組合ではないですか?
健康保険組合であれば、独自で健康保険料率を設定することが出来ますので、一般的な社会保険における健康保険料率よりも高いことがありえます。
と入っても今回の保険料は、104千円の保険料にしてみたとすると、高すぎますけどね。

どちらにしても、一度会社に聞いてみたほうが良いと思いますよ。
聞いてみた結果、会社負担分も支払っているようであれば、健康保険法および厚生年金保険法違反として、社会保険事務所に訴えてみるのも良いでしょう。
今の時点では、あくまでも推測の域を出ていませんしね。

ちょっと高いですね。

101,000円の標準報酬月額は104千円となりますので、一般的な社会保険の料率(自己負担分)を掛け合わせると・・・

健康保険料 千分の41
4,264円

厚生年金保険料 千分の67.9
7,061円

となり、同額を会社も負担しているはずです。
厚生年金基金に加入している場合は、その場合の厚生年金保険料と、基金の保険料を合わせて一般的に社会保険における厚生年金保険料の自己負担分と同額となるのが通常でありますので、ご質問の場合は、厚生年金保険料...続きを読む

Q住民税は、およそでいいのでいくらなのか教えて下さい

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。

国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円
国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円

この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。

住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず
ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが

ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上
必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか?

私は年収200~230万位で 
年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形
住民税は毎月払うのでしょうか?

毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで
年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど

自由になるお金減りすぎますよね。

あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・

年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが
こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか?

月の収入で見ると

月給 180,000円
年金  -15,000円くらい
健康保険-16,000円くらい
所得税 -7000円くらい
住民税 -???円(仮に10,000円として)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 

醜い数値が出ました。

ひとり暮らしをしたら

知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。
食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円
この時点ですでに9万円です。 
残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払...続きを読む

Aベストアンサー

年収210万円とした場合の住民税
住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。
所得割
1360000円(所得)-370000円(社会保険料控除)-330000円(基礎控除)=660000円(課税所得)
660000円(課税所得)×10%(税率)=66000円
これに、均等割5000円がプラスされ71000円が税額です。
なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。

71000円÷12=5900円/月
が、毎月の給料から天引きされます。

なお、所得税は7000円も引かれません。
4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。
年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング