人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

経理をやっているものです。

年末調整の書類が一式届いたので従業員の方に記入提出を求めました。
うちには社員、パートさん、アルバイトといますが、社員、パートさんについては問題なく提出してもらえました。
アルバイトの人たちですが、扶養控除等申告書を書いてもらおうと11月中に渡し提出期限を定めたのですが出してくれない子がいて催促して明日持ってきますとは言うもののなかなか出してくれません。
この申告書を出さないことによって何かあるのでしょうか?
出していない子は全員親の扶養に入っている高校生の子たちです。
毎月のお給料は1~3万程度、年間でも十数万程度なので所得税はとっていません。
書ける子はその場で書かせたこともあるのですが、マイナンバーの記入が必要で高校生は親が管理している等で自分で通知カードをもっていないので家で書いてもらうしかなくてなかなか進みません。

自分が提出される側になったのが初めてなのでどうするべきか割と困っています。
税理士の先生からはアルバイト含め全員提出と聞いていますし、こちらも書いてくれるのを待つしかない状態です。
会社としてはきちんと提出してもらったほうがいいのでしょうか?
それとも出さないなら提出者本人にデメリット等があるだけでしょうか?

自分で調べたところ、税金を取られている人には乙欄で処理されるなどの違いなどがあるみたいですが所得が低いアルバイトの子についてはどうか気になりました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

扶養控除等申告書の年分を確認しましょう。


この時期に書かせるのは、平成29年分だったりします。
昨年の年末調整の際に平成28年分を書いてもらっていれば、今回の年末調整では、甲欄で行うことができます。

平成29年分については、1月の支払う給料の計算までに出してもらえばよいでしょう。平成28年分も提出されていないということであれば、月々の給与計算で預かるべき所得税が0ではなく、他の回答の言われるように乙欄で預からなくてはなりませんでした。最悪、12月に支払う給料がこれからあるのでしたら、そこで1年分を引くこととなります。平成28年分の扶養控除等申告書が間に合えば、今のままで進めることができるかもしれませんがね。

何でしたら、マイナンバーなしで取り急ぎ書かせ、別途マイナンバー記載済みのものを提出をさせることもよいと思います。本来制度上マイナンバーは必須ではありますが、間に合わない、従業員が拒否しているというような場合には、マイナンバーの記載なしでも書面自体は有効として扱われるはずですからね。
詳細は顧問の税理士または税理士事務所の担当者に相談しましょう。

参考までに、扶養控除等異動申告書は、年末時に翌年分を書いてもらうのです。ですので、採用時に書いてもらわないと、採用年の分の提出が漏れてしまいます。何年も継続して雇用している場合には、翌年分を毎年年末に出してもらっていますので、年末に出してもらう扶養控除等異動申告書がなくとも、年末調整事務は進められます。
    • good
    • 5

回答が出そろっている上に、ご質問者が理解できてるようですので、余計な追加になろうかと思いますが。


「提出者本人にデメリット等があるだけでしょうか?」に答えておきます。

扶養控除等申告書の提出をしない者に支払いする給与については「乙欄適用」で税額を引かなければならないのは、すでに理解なさったでしょう。

「アルバイトだから、源泉徴収しなくて良い」という話がちょこちょこあるのですが、誤りです(※)。
アルバイトか正社員かというのは、雇用形態の違いに過ぎず、また「給与計算をどうするか」の違いですので、どちらも税法では給与です。

本人からの徴収をせずに支払った場合には「支払をした者」に「払うように」請求が来ます。
ほとんどが税務調査で発覚するのです。
給与支払い台帳と扶養控除等申告書の突合がされ「扶養控除申告書が未提出の者から源泉徴収がされてませんね」と指摘されます。
これが「給与支払者」のデメリットになります。
本人から追加で徴収できれば良いのですが、請求しずらい面もあり、又は辞めてしまってるので「もらえない」こともありえます。
すると、その給与支払者が「自腹で払う」ことになるわけです。


扶養控除等申告書を提出してる者は、甲欄で源泉所得税を徴収します。
その際、月88,000円以下の給与額ですと、源泉所得税額はゼロです。
この「実務的には所得税徴収高が出ない」ことを「源泉徴収をしなくてよい」と考えてしまうと、勘違いの元なのです。
「アルバイトさんだから、月に88,000円も払うことはない」⇒「源泉所得税徴収高はない」⇒「源泉徴収はしなくて良い」⇒「アルバイト給与から源泉徴収はしなくてよい」としてしまうのです。
扶養控除等申告書の提出がある場合にはという大前提があり、そのうえで甲欄で計算すると「徴収すべき税額がない」という筋道になっているんです。
    • good
    • 1

№2です。



>今年の分?どういうこと?と思っていたのですが、先生がそう言っていたということは、今年の分を書いてもらったらとりあえず今年の分の今まで所得税を引くはずだった分も大丈夫ということでしょうか
まあ、そういうことでしょうね。
本来ではありませんが、確かにバイトだと年末調整のときに、その年の分を提出させていることもありますね。

>本来なら、アルバイトの子もちゃんと出していないといけなかったはずなのですね。
お見込みのとおりです。
前に書いたとおりです。

>就職してからも今までの会社では全て入ったとき、年末調整の時に書いていた記憶があるので、
年末調整のとき出したのは、おそらく翌年分ではないでしょうか?
通常、入社したときに提出しているはずです。
もしくは、前に書いたとおりで、異動がないか確認の意味で、再度、提出させることもあります。
私の会社では、年の初めと年末調整のとき、2回、その年の分の「扶養控除等申告書」を提出します。

>申告書を出していない子についても、理由を説明してどうにか出してもらうようにします。
そうですね。
出してもらう必要があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答何度もありがとうございます。
説明もキッチリしたところ、全員がすんなり提出してくれました。
出す意味を説明するだけでこんなに違うんだと思いました。
各方面への講習会には参加していますが、私ももう少し自主的に勉強しないと、と思ったキッカケになりました。

自分では今の会社に限らずアルバイトの時も、入社した時に書いたのを覚えています。
今の会社で私が今年、入社した後に入ってきたアルバイトの子がいないので前任者がどう対応していたのかわからないですが、これから新しい子が入ってきたらその時に書いてもらうようにしたいと思います。
異動があるかの確認の意味でも提出してもらうのも確実でいいなとおもいました。
ありがとうございました。

お礼日時:2016/12/15 17:24

扶養控除等申告書の提出がない場合は「(「乙」欄での所得税の源泉徴収)税金を徴収することになり、年末調整も会社でできないので、ご自分で来年2月に「確定申告」(申告すると税金が還付されるが手間がかかる)をすることになりますよ」と言う。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

乙欄での徴収をしらなかったので、今回勉強になりました。
今まで提出のお願いのみだったので、それを言ってみます。さすがに、確定申告になると面倒だと思うのでので出すと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2016/12/13 18:19

「扶養控除等申告書」は、配偶者控除や扶養控除などの所得控除を受けるために、本来、その年の最初の給料を支給する前に提出してもらうべきものです。


提出がなければ、源泉徴収税額表の「乙」欄での所得税の源泉徴収をします。
年末調整の時期は、来年分を提出か、本年分なら提出後異動がないか、確認するために提出を促します。

参考
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/ge …

>会社としてはきちんと提出してもらったほうがいいのでしょうか?
まあ、そうですね。
でも、あくまで給与所得者が本人の意思に基づき提出する書類です。
提出がなければ、年末調整をしないだけです。

>それとも出さないなら提出者本人にデメリット等があるだけでしょうか?
「扶養控除等申告書」の提出があれば「甲」欄適用で、月収88000円未満なら所得税を源泉徴収されませんが、なければ3%源泉徴収です。
でも、自分で確定申告すれば、引かれた所得税還付されます。

>自分で調べたところ、税金を取られている人には乙欄で処理されるなどの違いなどがあるみたいですが所得が低いアルバイトの子についてはどうか気になりました。
バイトとか正社員とか関係ありません。
同じ扱いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私としては知らなかった情報がたくさんありました。
教えていただきありがとうございました。
最近入社し、前任者には引き継ぎなし、というよりアルバイトに関しては単純に時給×時間と教わっていたので
甲乙欄についても今回初めて知りました。

自分は入社時に書き、ほかの社員やパートさんについてはすでに書いたものがあったのですが、アルバイトの分はありませんでした。
提出があれば、甲欄適用ということで、今までの処理は間違っていなかったというのがわかりました。
しかし、アルバイトについては提出がないので金額関係なく乙欄適用ということですが、これについては知りませんでした。
11月、年末調整の書類が届いたとき、初めてだったので担当の税理士事務所の先生に相談したところ、アルバイトまで全員含めて書いてもらって、この紙(届いたもの)は29年分だけど28年に書き換えるから大丈夫と言われて
今年の分?どういうこと?と思っていたのですが、
先生がそう言っていたということは、今年の分を書いてもらったらとりあえず今年の分の今まで所得税を引くはずだった分も大丈夫ということでしょうか・・・。そこは確認してみます。

貼っていただいた国税庁のホームページに
その年の最初に給与の支払を受ける日の前日(中途就職の場合には、就職後最初の給与の支払を受ける日の前日)までに提出してください。
とあるので、本来なら、アルバイトの子もちゃんと出していないといけなかったはずなのですね。
私はアルバイトの時も、就職してからも今までの会社では全て入ったとき、年末調整の時に書いていた記憶があるので、出す必要のある人は当たり前のようにみんな出しているものだと思っていました。
それが給料での処理にかかわってくるというのは知りませんでした。
(扶養家族がいることで変わってくるものについてはしっていたので、扶養の人数などは把握してました)

給料については税理士の先生に支払い前に毎月明細を提出し、確認を取ってもらったうえで源泉納付書を作成してもらっていたので間違いはなかったと思っていたのですが、もう一度しっかり確認します。

自分の知識不足を改めて思い知りました。
もう少しいろんな人に確認をして勉強します。

申告書を出していない子についても、理由を説明してどうにか出してもらうようにします。

お礼日時:2016/12/13 17:58

>毎月のお給料は1~3万程度、年間でも十数万程度なので所得税はとっていません…



だめですよ。
扶養控除等異動申告書の提出がない場合は、乙欄適用です。
乙欄は下限がなく、3.063% を源泉徴収しなければいけません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2511.htm
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …

>それとも出さないなら提出者本人にデメリット等があるだけ…

そういうことです。

12月最後の給料で、今年1年に払った給与の3.063% を源泉徴収して税務署に納め、同時に適用欄に「年調未済」と書いた源泉徴収票
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hot …
を本人に交付します。

本人はそれを元に確定申告すれば、3.063% は返ってくる (他社でバイトしていなければ) し、確定申告をしなければ3.063% はお国に貢献しておしまいになるだけです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

源泉徴収税額表をみて徴収していましたが、仕組みを知らなかったので前任者に教えられていた欄だけをみていました。

税理士さんがある程度協力してやってくれているので確認もしてもらっていますし、税金に関してはプロなので大丈夫だとは思っていましたが大丈夫じゃないかもしれないですね。
税理士さんに相談をしてみますが、書類をもう一度確認して、源泉徴収し納めようとおもいます。
アルバイトの子にもきちんと説明をします。

教えていただきありがとうございます。

お礼日時:2016/12/13 18:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q扶養控除等申告書は いつ提出するものでしょうか?

私は5月からパートをしており、月収は多いとき10万円、少ないとき3万円など変動があります。
年間収入は、夫の配偶者控除の範囲内(103万以内)にしています。

『扶養控除等申告書』という物を、入ってすぐにパート先でもらって提出したほうが良いと聞いたので、
事務の方に 「そのような用紙はありますか?」と尋ねたのですが、
「そういうのはないけど 年末調整の時にするのかも?」と言われ、
未だ用紙は頂いておりません。

なので今現在のお給料からは、毎月 所得税が引かれてしまっています。。。
事務の方がおっしゃるように 年末調整の時で問題ないのでしょうか?


よろしくおねがい致します。

Aベストアンサー

「扶養控除等申告書」は、その年の最初の給料をもらう前までに提出するものです。
年の途中から働き始めた場合は、最初の給料をもらう前です。
通常、会社が働き始めるときに渡して提出するように言います。

>事務の方がおっしゃるように 年末調整の時で問題ないのでしょうか?
最終的には年末調整で所得税は全額還付されるので結果は同じですが、本来ではありません。
貴方の職場は学校ですか。
ということは事務の人は公務員ですよね。
それなのに、法律に従っていないというか、そのことを知らないことはちょっとあきれますね。
パートでも正規職員でも法に基づいて処理をされるのがあたりまえです。

その事務の人に教えてあげてください。
「扶養控除等申告書」は働き始めとき、前の年の年末調整のとき、もしくは、翌年のその年の初めての給料をもらう前に給料の支払い先に提出をするものだということを。

Q扶養控除申告書を会社が渡してくれません。

主人の働いている会社(個人経営に近い少人数の有限会社です)ですが、
昨年までは扶養控除申告書を会社からもらい、ちゃんと提出していました。
なぜか今年は配布されません。社長に聞いても、はぐらかされる感じらしいです。
会社の税理士さんに聞いても、「本当は、ちゃんと出さないとダメなんですけど・・・、パソコンにデータが入ってますから」と意味不明の返答です。
個人加入している健康保険料の証明書は必要との事で、それは提出しました。
申告書なしで、ちゃんと年末調整してもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。
(※不明な点はお知らせください。)

>…と意味不明の返答です。
>…申告書なしで、ちゃんと年末調整してもらえるのでしょうか?

おっしゃるように「意味不明」ですが、「年末調整」は、あくまでも(税務署などではなく)「会社」が行なう事務処理(経理処理)ですから、「提出したことにして年末調整してしまう」ことは簡単です。

つまり、「(本業とは無関係で面倒なだけなので)年末調整は【しない】」こともまた簡単ということです。

事実、「アルバイトやパートは年末調整できない」と「意味不明の嘘をついて(あるいは本気で誤解して)年末調整しない会社(事業主)」の話は巷にいくらでもあります。

もちろん、「税務調査」の対象になって見つかれば相応のペナルティがありますので、「以後正しく処理する」という事業主も多いです。

『年末調整の話』(2010/08/08)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-557.html

---
ということで、「筋が通らない話」ですから、「税務署に相談する」というのが一番手っ取り早いです。

『国税局・税務署を調べる』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeikyoku/chizu/chizu.htm

しかし、「従業員」は立場上弱いですから、下手をすると「お前がたれ込んだのか?」ということで「パワハラ」を受けたりすることもあるので判断はおまかせします。

*****
以下は、「年末調整とはなんなのか?」「事業主がしてくれない時に損しない方法は?」ということについての「参考情報」です。
「今後どうするか?」を考える際の一助とされてください。

---
「年末調整」は、「給与を支払うたびに徴収した(された)所得税の額」と「年間の給与から計算した所得税の額」との【差額】を【精算する】手続きです。

この「精算」の際に、「各種の所得控除」が従業員から【申告】された場合は、「それらの所得控除を適用した所得税額で精算する(しなければならない)」ことになっています。

『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm

※ということで、「精算」とは言っても、「追加で徴収される」ことよりも「還付」になる事が多いわけです。

---
なお、「年末調整」は『給与所得者の扶養控除等申告書』を提出している人【のみ】が対象です。

「掛け持ち勤務」の場合は、【どこか1ヶ所】にしか提出できないものなので、「年末調整が行われない勤務先」が必ずあることになります。

その場合は、原則として「所得者自身で」「所得税の確定申告」を行なって、【改めて】「所得税の精算」をすることになります。

『年末調整の対象となる人』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2665.htm
>>…年末調整の対象となる人は、「給与所得者の扶養控除等申告書」を年末調整を行う日までに提出している一定の人です。…

『確定申告』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
>>所得税の確定申告は、…1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金…などがある場合には、その過不足を精算する手続きです。

※「所得税の確定申告」は、「個人住民税の申告」も兼ねていますので、別途申告する必要はありません。

『【確定申告・還付申告】>Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08

---
『給与所得者の扶養控除等申告書』と『給与所得者の保険料控除申告書兼…配偶者特別控除申告書』について

『…扶養控除等申告書』は、【その年最初に給与を支給される前まで】に【自主的に】提出します。

その後、「変更(異動)」があれば「異動申告書」として、やはり「自主的に」再提出します。

とは言っても、実務上は「従業員の自主性にまかせる」ことはほぼなく、【事業主が指示して】「変更(異動)」や「提出漏れ」の確認のため、「年末調整前にもう一度提出させる」「合わせて翌年分も提出させる」ということがほとんどです。

※ご主人も(昨年末に)【平成25年分】は提出済みではないでしょうか?

もう一つの『…保険料控除申告書兼…配偶者特別控除申告書』も、原則は「自主的に提出する」ものですが、やはり「事業主が指示して提出させる」ことがほとんどです。

提出の目的は、その名の通り「各種保険料控除と配偶者特別控除」を適用して年末調整(精算)してもらう」ためです。

『[手続名]給与所得者の保険料控除及び配偶者特別控除の申告』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_05.htm

---
ということで、【毎年】【年末時点の状況で】【申告内容は変わる】ものですから、「…パソコンにデータが入ってますから」というのは「おかしな主張」ということになります。

【ただし】、「ご主人に、年末調整に必要な情報をすべてヒアリングしている」「添付が必要な証明書もすべて受け取っている」ということであれば「データで入っている」→「パソコン内にデータとして申告書が作成してある」ということもありえます。

この点については、私のような「第三者(部外者)」は、まったく判断できませんので、ご主人にご確認ください。

※なお、「プリントアウトして印鑑を押せば申告書の出来上がり」ですが、「会社が勝手に提出を受けたことにして処理する」ということは【認められていません】。

---
ちなみに、「こういうことに税務署は気が付かないのか?」という疑問が湧くと思いますが、どちらの申告書も【会社が保管しておく】ことになっていますので、「税務調査で社内の実地調査が行われる」ようなことがないとなかなか発覚しないのです。

『[手続名]給与所得者の扶養控除等の(異動)申告 』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_01.htm
>>…給与の支払者が保管しておくことになっています。

以下のリンクは、「正しく取り扱わないと、税務調査で見つかった時(会社が)面倒なことになる」という記事です。

『「年末調整」~税務調査で指摘を受けないために~』(2010/12/01)
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-27d5.html

---
最後に、「年末調整が行われなかった場合」に、自分で【所得税の過不足を】精算する方法ですが、これは、単純に「所得税の確定申告」をするだけです。

たとえば、「医療費控除を申告して所得税の還付を受ける(住民税を安くする)」ために行なう「還付申告」と同じです。

「還付申告」は、「還付を受けるための確定申告」のことで、「還付申告」という別の申告があるわけではありません。

もちろん、「給与以外に収入はない」「勤務先も1社のみ」であれば、「会社」に精算する義務がありますので、「イレギュラーな手段」ではあります。

*****
(その他参考URL)

『所得税・住民税簡易計算機』
http://www.zeikin5.com/calc/
※「収入が【給与のみ】」の場合の「目安」です。
『所得から引かれる「控除」、仕組みを理解して節税を!』(更新日:2013年08月09日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/424898/
---
『確定申告と年末調整はどう違うの?』(更新日:2013年01月21日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/376430/
『還付申告は混雑期を避け3月15日過ぎに』
http://www.ioka-youji.com/article/13617737.html
---
『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『国税庁>ご意見・ご要望』
http://www.nta.go.jp/iken/mail.htm
---
『税務署はいくらから来る?』(2010/12/06)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-760.html
---
(多摩市の案内)『個人住民税(市民税・都民税)の申告について』
http://www.city.tama.lg.jp/16853/11/14703/003807.html

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。
(※不明な点はお知らせください。)

>…と意味不明の返答です。
>…申告書なしで、ちゃんと年末調整してもらえるのでしょうか?

おっしゃるように「意味不明」ですが、「年末調整」は、あくまでも(税務署などではなく)「会社」が行なう事務処理(経理処理)ですから、「提出したことにして年末調整してしまう」ことは簡単です。

つまり、「(本業とは無関係で面倒なだけなので)年末調整は【しない】」こともまた簡単ということです。

事実、「アルバイトやパートは年...続きを読む

Q扶養控除等申告書を二ヶ所に提出してしまった場合の対処

こんにちは。似たような質問もかなりありましたが、
いまいちよく分からないので、こちらで質問させていただきます。

今、私は大学生で、二ヶ所の派遣会社で、アルバイトをしています。
そこで、二ヶ所の会社から、それぞれ扶養控除等申告書を提出したのですが(ほぼ同時期)、よくよく見たら、扶養控除等申告書は、同時に二ヶ所には提出できません、と書いてあるじゃありませんか!!

もうすでに提出してしまったのですが、
これって問題なのでしょうか??
もしかしたら、脱税になってしまうんですか??
私はどうすればいいんでしょうか??

困ってます。
助けてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 まず,説明から…

◇「給与所得者の扶養控除等申告書」

・「給与所得者の扶養控除等申告書」は,ご質問のとおり2箇所に同時には提出できないこととなっています。
 なぜなら,この申告書は主たる勤務先に提出することとされているからです。

◇「給与所得者の源泉徴収税額表」

・質問者さんも含めて勤務先から給与をもらわれている方は,所得税の源泉徴収(給与天引き)がされますが(金額が少ない場合は0円の場合もあります。),その際の所得税の額は,「給与所得者の源泉徴収税額表」に定められています。つまり収入がいくらの場合は,所得税がいくらということが書かれている表です。

・この表には,「甲欄」「乙欄」があり(ちなみに「丙欄」もあります。),「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出している方は「甲欄」,提出していない方は「乙欄」が適用されます。

・「甲欄」は「乙欄」より税額が低く設定されていますので,質問者さんは両方の給与について「甲欄」,つまり本来より低い税額が適用されていることになります。

----------------
 以上から,

>今,私は大学生で,二ヶ所の派遣会社で,アルバイトをしています。
そこで,二ヶ所の会社から,それぞれ扶養控除等申告書を提出したのですが(ほぼ同時期),よくよく見たら,扶養控除等申告書は,同時に二ヶ所には提出できません,と書いてあるじゃありませんか!!
もうすでに提出してしまったのですが,これって問題なのでしょうか??

・所得税法に反することですから,一方を取り下げてください。

>もしかしたら,脱税になってしまうんですか??

・源泉徴収は所得税の仮払いですから,来年の確定申告が終わるまでは脱税にはなりません。
 今年の12月31日までの収入について所得税を計算し,来年の確定申告が終った時点でその税額より少ない額しか納税しなければ脱税になります。

>私はどうすればいいんでしょうか??

・上記のとおり,一方の申告を取り下げられればよいです。

・なお,両方の勤務先の収入を合わせて103万円以下でしたら,「確定申告」をされれば所得税の額は0円ですので,そもそも脱税にはなりません。

 こんにちは。

 まず,説明から…

◇「給与所得者の扶養控除等申告書」

・「給与所得者の扶養控除等申告書」は,ご質問のとおり2箇所に同時には提出できないこととなっています。
 なぜなら,この申告書は主たる勤務先に提出することとされているからです。

◇「給与所得者の源泉徴収税額表」

・質問者さんも含めて勤務先から給与をもらわれている方は,所得税の源泉徴収(給与天引き)がされますが(金額が少ない場合は0円の場合もあります。),その際の所得税の額は,「給与所得者の源泉徴収税額表...続きを読む

Q扶養控除等申告書とは?

ぶしつけなご質問なんですが、「扶養控除等申告書」とは
どういった目的で会社に提出するのでしょうか?。これって毎年
提出でしたっけ?。

実は昨年1月に提出が間に合わず「月額表の乙欄により源泉徴収されるべきこととなります」とかで大変高い額を控除されてしまいました。
※すぐに会社に申請して次月からは「甲欄の額」になりました

なんで乙欄になり高い額を控除されたのかも良くわからないのですが・・。

すみませんがアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

会社から給与をもらっている人は、毎月のお給料から所得税を
源泉徴収(天引き)されていますよね?

その天引きする所得税の額というのが、支払い給与の額によって
決まっていて、一覧表になっているのです。
で、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を年初に提出すると
甲欄の額で引きなさいと税法で決まっているのです。
だから、未提出の人は乙欄(金額が高い)で天引きされます。

そもそも「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」とは、
各家庭の扶養家族とか配偶者の所得を把握するための書類で、
年末にその書類を基に年末調整します。

しかし、最終的には、年末調整するわけですから、払いすぎていた
分は還付されるので損得はありません。
もし、仮にずっと提出していなかったら、年末調整できないので、
翌年に自分で確定申告して還付を受けることになります。

年度の途中で子供が生まれたり、配偶者がパートで働いたり、
扶養家族に異動があった場合にも、逐次会社に提出しなければ
いけません。

Q扶養控除等申告書の未提出について

派遣で3年間、同じ会社で働いています。
恥ずかしながら今年初めて年末調整をしてもらい、
還付金の多さに驚いています。
調べた結果、乙欄で徴収されていたものが、扶養控除等申告書を
提出したため、甲欄での徴収となり、還付されたようです。

そこで過去の源泉徴収票を確認したところ、

18年度 甲徴収 年調未済    
   (年末調整のみ申請せず)
19年度 乙徴収 年調未済 
   (扶養控除申告書未提出、年末調整申請せず)

となっています。

この場合、両年とも確定申告をすれば還付金はあるが、19年度は乙徴収されてしまい、甲に訂正はできないのでしょうか。
また派遣で長期(3ヶ月更新)で働いているのに乙徴収をされるのは普通なのでしょうか。(色々あって派遣元をあまり信用できません。)

書類を出さない自分が悪いのは重々承知していますが、取り戻す方法があれば教えてください。よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

>この場合、両年とも確定申告をすれば還付金はあるが、19年度は乙徴収されてしまい、甲に訂正はできないのでしょうか。

いいえ。確定申告することによって、甲に訂正する場合と同じ効果が得られます。ですから、18年分と19年分と20年分とを、それぞれ確定申告書を書いてみて、還付になる年度分は税務署へ提出し、還付でなく納付になってしまう年度分は確定申告を取りやめれば良いわけです。

>また派遣で長期(3ヶ月更新)で働いているのに乙徴収をされるのは普通なのでしょうか。(色々あって派遣元をあまり信用できません。)

所得税法では、働く者は扶養控除等申告書を提出せよと定めています。提出すれば甲欄が摘要されます。しかし提出しなければ、つまり法律を守らなければ乙欄(税金が高い)が摘要されても仕方ありません。

さっそく、平成21年分の扶養控除等申告書を提出しましょう。

Qアルバイト先での給与所得者の扶養控除等(異動)申告書について・・・

こんにちは

先日アルバイトを始めたばかりで、今日、給与所得者の扶養控除等(異動)申告書と書いてる用紙をもらったのですが、よくわからなくて困っています。

これはどう言うものなのでしょうか?
必ず書く必要はありますか?(書いたことでのメリットとデメリットは?)

ちなみに、私は専門学校生の18歳で、私がアルバイトしているお店から、1年間で50万円以下ぐらいお給料をいただくと思います。(時給の単純計算ですが・・・)
あと、父は、ある会社で仕事をしていて、母は主婦です。

書くとしたら書き方は、どのように書けば、いいのですか
また、書き方で注意するところとかありますか?

勤労学生の証明書 源泉徴収票の添付個所と裏に書いてありますが、これはなんでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

毎月給与から天引きされる源泉徴収の金額は税額表というもので決められています。
これには甲欄と乙欄のふたつの欄があり、どちらを使用するかは「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出するかしないかによって決まります。
「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出しなければ税額表の乙欄で計算されて天引きされる金額は多めです。
「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出すれば税額表の甲欄で計算されて天引きされる金額はずっと少なくなります。
ただたしかに甲欄より乙欄の方が月々に天引きされる金額は多いですが、これは言ってみれば仮払いみたいなものです。
1年が終わって年収が確定すれば、年末調整や確定申告でそれを基に正確な所得税を計算します、このときは甲欄でも乙欄でも関係なく計算の仕方はひとつなので、どちらでも同じ金額になります。
そして今まで月々に引かれた金額の合計がこれより多ければ、戻ってきます。
ですから乙欄で毎月多く引かれていれば多く戻ってくるし、甲欄で少なくしか引かれていなければ少なくしか戻ってきません。
つまり甲欄と乙欄の違いは、毎月天引きされる金額が異なるだけで支払う所得税の金額としては同じです。
1年を合計して支払う所得税は同じになるが一時的に毎月天引きされる金額の多いのは「乙」、少なめなのは「甲」ということです。

>1年間で50万円以下ぐらい

それだと「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を出さなければ源泉徴収あり、出せば源泉徴収なしかもしれません。

>書くとしたら書き方は、どのように書けば、いいのですか
また、書き方で注意するところとかありますか?

右上に氏名、フリガナ、生年月日、世帯主の氏名、続柄、住所、配偶者の有無がありますねそれだけ書いて印のところに印鑑を押せば後は何も書く必要はありません。

>勤労学生の証明書 源泉徴収票の添付個所と裏に書いてありますが、これはなんでしょうか?

それは勤労学生控除を受けるときの証明書や源泉徴収票をそこに貼り付けて添付するのです、今の質問者の方には必要ありません。

毎月給与から天引きされる源泉徴収の金額は税額表というもので決められています。
これには甲欄と乙欄のふたつの欄があり、どちらを使用するかは「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出するかしないかによって決まります。
「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出しなければ税額表の乙欄で計算されて天引きされる金額は多めです。
「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出すれば税額表の甲欄で計算されて天引きされる金額はずっと少なくなります。
ただたしかに甲欄より乙欄の方が...続きを読む

Q給料所得控除申告書を提出しないのはバカ?

前の職場に給料所得控除申告書を提出しない人がいました。
給料所得控除申告書を出さない場合、乙欄が適用になり、高額の所得税をとられますよね?
手取り20万円の場合、甲欄では所得税は4800円ですが、乙欄は2万1000円かかるはず!差額が1万6000円、年間で19万2000円は損していると考えていいでしょうか?
まあ、確定申告は過去5年にさかのぼってできますから、96万円の税金が戻ってきますよね?

Aベストアンサー

>給料所得控除申告書を出さない場合、乙欄が適用になり、高額の所得税をとられますよね?
「給料所得控除申告書」ではなく「扶養控除等申告書」ですね。
そのとおりです。

>差額が1万6000円、年間で19万2000円は損していると考えていいでしょうか?
確定申告しなければそういうことですね。

>確定申告は過去5年にさかのぼってできますから、96万円の税金が戻ってきますよね?
その年収なら所得税かかるでしょうから、96万円まるまるは戻ってはきません。

なお、給与所得者の場合、年末調整されなくてたとえ納め足らないとしても確定申告の義務はありません。
給与を1か所からもらっていて、その他の所得が20万円を超える場合は確定申告が必要とされています。

また、給与を2か所以上からもらっていて、年末調整をされなかった収入が20万円を超える場合は確定申告が必要とされています。
20万円を越えても、合計年収が150万円以下なら確定申告の必要ありません。

Q辞めた会社で出した扶養控除申請書

先月、単発バイトを紹介してくれる派遣会社に登録し、
並行して今は長期で出来るアルバイトを探しています。
アルバイトが決まれば、そちらで扶養控除申請書を提出するつもり
だったので単発派遣で申請書は出しませんでした。

しかし、ふと4月まで働いていた職場(バイト)にすでに申請書を出していた記憶があります。

こういう場合、今後する予定のバイト先で改めて扶養控除申請書を
出せるのでしょうか。一社にしか出せないと
聞きましたが、勤務期間が重なってなければ良いのか、
そもそも途中で仕事を辞めた場合は提出した申請書も無効になるのか、
気になってしまいました。

ちなみに夫に扶養されている立場なので、年収100万以内に
おさめるつもりで働いています。

あともう一つ、どこかで扶養控除申請書を出したとしても、
乙申請している仕事の分は確定申告を自分で行う必要があるのでしょうか。

全然年末調整とか確定申告の季節じゃないのにこんな質問で
すいません、気になってしまったので・・・。

Aベストアンサー

>今後する予定のバイト先で改めて扶養控除申請書を
出せるのでしょうか
 ・退職をした後に、新しい就職先には普通に提出して下さい
>一社にしか出せないと聞きましたが、勤務期間が重なってなければ良いのか
 ・同時には出せない、重複して出せないの意味です
  (A社で勤務していて、同時にB社でもアルバイトをしている等の場合に該当します:この場合A社に提出、B社には提出できません)

・扶養控除申請書を何に使うかですが
 ・月の給与から、源泉徴収がされていると思いますが、この金額の徴収区分を決めるのに使います
  提出している場合は、「甲表」適用、提出していない場合は「乙表」が適用されます
 例:扶養家族が居ない場合、88000円未満の場合、甲表では源泉は0円、乙表では源泉は×3%になります
   15万だと、甲表で2920円、乙表で8500円の源泉になります
 ・提出する、しないで、源泉の仮徴収金額が変わってきます
 ・最終的に、年末調整・確定申告で税額を確定しますから、最終的には同じ税額になります
  その際、仮徴収分で相殺して、多く徴収していれば還付され(この還付される金額が違ってきます)、足りなければ追徴することになります

>あともう一つ、どこかで扶養控除申請書を出したとしても、
乙申請している仕事の分は確定申告を自分で行う必要があるのでしょうか
 ・本業の他に副業でアルバイト等をしているの意味なら
  本業の源泉徴収票と副業の源泉徴収票を合算して、年明けに確定申告をする必要があります

  

>今後する予定のバイト先で改めて扶養控除申請書を
出せるのでしょうか
 ・退職をした後に、新しい就職先には普通に提出して下さい
>一社にしか出せないと聞きましたが、勤務期間が重なってなければ良いのか
 ・同時には出せない、重複して出せないの意味です
  (A社で勤務していて、同時にB社でもアルバイトをしている等の場合に該当します:この場合A社に提出、B社には提出できません)

・扶養控除申請書を何に使うかですが
 ・月の給与から、源泉徴収がされていると思いますが、この金額の徴...続きを読む

Q辞めたバイト先に出した扶養控除等申告書は、すぐ破棄される?

私は今学生でアルバイトをしています。

最近、現在のバイト(以下「現バイト」)とは別に、新たに希望のバイト(以下「新バイト」)が見つかり、面接に合格しました。
合格当初は、現バイトも辞めたくなかったので掛け持ちをしようと思っていました。
しかし、まだ学生ゆえ、現バイトを辞めて新バイト移ろうと決めました。

しかし、そこで気になることがあります。
「扶養控除等申告書」です。
これは、現バイトの方では、今年度のものは提出しました。
なので、確か、現バイトを辞めていない今現在、新バイトの方には、新たに提出することが出来ないと思いました。
(若しくは、提出しても受理されない。)
(↑間違ってないですよね?)
しかし、今すぐにでも新バイトをやりたいのです!

そこで、質問なのですが・・・
現バイトを辞めたら、既に提出した扶養控除等申告書は、バイト先で即日破棄されるのでしょうか?
それとも、現バイト先は、即日、税務署に破棄するよう頼んでくださるのでしょうか?

詳しいことをご存知の方、どうか教えてください。

Aベストアンサー

>現バイトからもらった源泉徴収票は、必ず、新バイトの方に提出しなければなりませんか?
提出しなくても良い場合は、ありませんか?

あります。
新バイトの方で年末調整しなければ、出さなくてもいいです。

新バイトの方で源泉徴収票を貰い、現バイトをやめた後貰う現バイトの分の源泉徴収票と一緒に自分で確定申告すればいいです。

この場合、新バイトの方には「自分で確定申告しますから。」と言いましょう。
この場合でも扶養控除等申告書は新バイトに出してくださいね。
他の方が言われるように税額が変わりますから。(確定申告すれば戻ってはくると思いますけど)

Q短期バイトの扶養控除等申告書の提出の仕方

私は最近正社員から退職したばかりで、
今は派遣やアルバイトで単発・短期の仕事ばかりしています。
それぞれ2,3日~8日くらいのものばかりです。

ほぼ毎回、雇用先が違うので、それぞれの会社から扶養控除等申告書を
渡されていまして、よく分からずに右上の欄だけ記入して提出していました。
ところが最近、扶養控除等申告書の提出は1箇所だけと知りました。
他の方の質問を読んで大体のしくみは分かったのですが、
私の場合、特に主な収入先というのが確定していません。
それぞれの会社から2,3万円ずつばかりなので・・・

・すでに何枚もそれぞれの会社に提出してしまったのですが、
どう対処したらいいですか?

・この場合、数年後に役所などから調査の連絡が来てしまうのでしょうか?

・月額約85000円以下なら所得税が引かれないとのことですが、
私の場合、1ヶ月に何社かからもらった給料を合計するとその金額を超えている月もあります。今後ももう少しはこのような形態で仕事をしていきたいのですが、その場合どのようにしたらいいですか??

本当に長くなってしまってすみません。夫もあとからたくさん税金がかかるのでは、、と心配しており、私も安心して働く事ができません。
回答よろしくお願いします。

私は最近正社員から退職したばかりで、
今は派遣やアルバイトで単発・短期の仕事ばかりしています。
それぞれ2,3日~8日くらいのものばかりです。

ほぼ毎回、雇用先が違うので、それぞれの会社から扶養控除等申告書を
渡されていまして、よく分からずに右上の欄だけ記入して提出していました。
ところが最近、扶養控除等申告書の提出は1箇所だけと知りました。
他の方の質問を読んで大体のしくみは分かったのですが、
私の場合、特に主な収入先というのが確定していません。
それぞれの会社から2...続きを読む

Aベストアンサー

質問者の方の場合、短期単発ばかりということなので、正しい方法は扶養控除申告書をどこにも提出せずに、税額計算は日額表丙欄(1ヶ所での勤務期間が2ヶ月以内の場合に適用される)で計算します。ちなみに源泉徴収税額表はネットで検索すればすぐでてきますので、日額表丙欄を見ていただくと日給9300円以内であれば税額0となっています。
さて、個別の質問についての回答です。
(1)すでに提出してしまった扶養控除申告書についてはそのままで構いません。
(2)役所の調査ですが、年間の収入で見て税額が発生しているにもかかわらず納税がなければ、連絡があるかもしれませんしないかもしれません。(発見されない可能性もありますので)
ただし、質問者の方の場合、1年間にももらった給料の明細を保存しておいて、来年税務署に確定申告に行って税額計算し納税すれば何の問題もありません。
(3)月額の基準というのは月給でもらう方が対象ですので、1ヶ月で何ヶ所も勤務して、その合計で基準を超えていても問題ありません。(2)でも書きましたが、1ヶ所が2ヶ月以内という短期の場合は、日額表丙欄での徴収のみをしておいて、翌年に確定申告で納税するという形になりますので。
多少専門用語が入ってしまって申し訳ありません。回答で分かりにくい内容があればまた説明させていただきます。

質問者の方の場合、短期単発ばかりということなので、正しい方法は扶養控除申告書をどこにも提出せずに、税額計算は日額表丙欄(1ヶ所での勤務期間が2ヶ月以内の場合に適用される)で計算します。ちなみに源泉徴収税額表はネットで検索すればすぐでてきますので、日額表丙欄を見ていただくと日給9300円以内であれば税額0となっています。
さて、個別の質問についての回答です。
(1)すでに提出してしまった扶養控除申告書についてはそのままで構いません。
(2)役所の調査ですが、年間の収入で見て税額が発生して...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング