税理士を目指そうと思っています。
意思はある程度固まっているのですがご意見を参考までに頂きたいなと思っています。
当方30歳男未婚で社会人(営業8年)をやってきました。
昨年、中小企業診断士の勉強を始め勉強の楽しさ、そして自分のキャリアをよく考えることが多くなりその中で税理士を目指したい気持ちが強くなってきました。
今年の夏ころから1年or2年勉強に専念しその後は税理士事務所で勤務しながら35歳を目標に
取得したいと考えています。
税理士試験はかなりハードだと聞いています。30歳から目指すのは無謀でしょうか?
一旦職歴にブランクもつきますし、まったく科目合格ができなかったときのリスクも
高いと思っています。。皆様のアドバイス・ご意見頂ければと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

大変苦労されると思いますし、合格できない場合もリスクとして考えられるのであれば、目指されてもよいでしょう。



ただ、私は高校専門学校、税理士事務所就職の間、税理士試験を何度も受験しましたが、科目合格すらできませんでしたね。そして、暗記や学習時間の確保などの観点で、年齢を重ねることで厳しくなり20代後半で挫折しましたね。
私のような人はいくらでもいます。

税理士試験は、計算の能力以上に制度の理解と論文の暗記の試験となりますから、年齢を重ねるほど厳しくなります。

また、税理士試験の科目合格なんて、税理士事務所の就職など以外では、ほとんど役立ちませんよ。合格科目のみ税理士と同じように活動できるのであればよいですが、そんなことはありませんからね。

どうせなら、簿記検定から始めてはいかがですか?
日商簿記1級や全経簿記上級を余裕持って合格できるようでなければ、税理士試験の簿記論や財務諸表論の計算でついていけません。
私の出た専門学校では、聞き手と逆の手で、電卓を使わされましたね。それでいてブラインドタッチで高速で計算できるようにさせられましたね。人間必ず正確な計算ができるわけではありませんので、検算などを十分にする必要があります。となれば、高速の計算能力が必要なのです。

あと税務会計検定というものもあります。税理士を目指す人なども受験される検定試験です。

計算や制度などであれば、これらの試験でどのようなものかを理解できることでしょう。それでも、税理士を目指したい気持ちがあるのであれば、良いのではありませんかね。

私であれば、合格率が少しでも高い社会保険労務士や行政書士を検討しますね。
どうしても税理士ということであれば、大学院修士などでの科目免除を考えます。通信制の大学院での免除もあるようですし、二つ修士をとれば、最大3科目免除となり、2科目合格で税理士試験合格ですからね。
    • good
    • 0

好きなら 目指してください。

    • good
    • 0

私は安易に勧められません。


というのも、私は25歳ごろに挫折したからです。

私は、全国的にCMで知られている税理士試験合格者を出す専門学校で、高卒現役で入学し税理士をめざし、専門学校在学中4年間(税理士試験受験回数3回)で科目合格一つもできませんでした。
現役で5科目揃えられた同級生はいませんでした。最大の合格科目数でも3科目程度で、1科目でも合格できた人でも一握りしかいませんでしたね。

税理士事務所勤務しながらの儒意見もしましたが、結果合格科目0でしたね。

ま、私が能力が足らなかったと言えばそれまでです。
ただ、同級生などで合格できなかった人でも、有名専門学校で朝9時から夜9時まで授業や試験演習を受け、論文等の暗記などの宿題もこなして、睡眠時間を削る生活を何年もしてもこのような結果でしたね。

頑張れば合格できる、という試験ではありません。
専門学校内で優秀で、模擬試験でも合格レベルを常に維持した人が、本番試験では何度も不合格となる試験でしたからね。
私のいた税理士事務所では、50過ぎのベテラン職員が4科目合格で、受験していませんでしたね。あと1科目なのだからという考えをする人が多いなか、あきらめざる負えない考えに至る試験だったのでしょうね。

受験会場へ行くと、親ぐらいの年齢もちらほらいましたので、どんな年齢でも遅くはないとは思います。しかし、合格率を見てもらえばわかるように、難関であることはあると思います。

受験には受験資格が必要ですが、お持ちでしょうか?
簿記検定での受験資格であれば何も言いませんが、社会人経験や学歴による受験であれば注意してください。
簿記や税理士を目指す専門学校で、3年間簿記検定の最上位級が合格できず、税理士試験の受験資格を得られない人もいましたね。
簿記科目は当然簿記検定最上位級合格をしていても、厳しい試験です。
それをろくに理解もせず受験に時間を費やす、簿記でつまずく人もいます。

どうせ目指すのであれば、5科目揃えようなんて考えず、大学院による科目免除を利用したうえで、合格しやすい科目での受験をおすすめしますね。

最後に、税理士となるためには、実務経験が必要となります。
税理士事務所などで経験を積むのが一般的ですが、税理士試験に採用されなければ経験を積むことができません。
税理士事務所の中には、職員が資格者となると、顧客を奪って独立される、同一地域での開業ですと顧客の奪い合いのライバルになってしまうと恐れる場合もあります。また、税理士業界では、申告書への捺印と税務調査の立会以外、資格のない補助者で業務を進めることが多く、必ずしも資格者が優遇されるわけではありません。資格なし補助者でもよいわけですし、やはり若い人の採用のほうが多いです。
せっかく頑張っても、実務経験が詰めず税理士になれない。登録上の最低限の経験ができて登録できても、その程度の経験で顧問先からの信頼が得られるかも疑問なのです。あなたが税理士の息子など、親族で税理士業をしている人がおり、経験も積むことができ、登録もでき、引き継ぐことができるのであれば、チャンスでしょう。大変な資格だと思いますね。私があなたの年rネイで目指すとしたら社会保険労務士あたりですかね。税理士は価格競争も激しく、社労士業界は助成金業務などで、食べていける可能性がありますからね。

長文失礼しました。
    • good
    • 1

30歳から目指すのは無謀でしょうか?


  ↑
試験はかなり難関ですが、無謀というほど
ではありません。
キチンと勉強をすれば取れる資格です。

問題は、独立出来るか、ですね。
独立できなければ、会社員と変わりません、
というか、会社員の方がマシです。

弁護士だって、年収200万以下がゴロゴロ
しています。

知りあいの税理士も、独立したけど客がつかず、
あっぷあっぷしていて、介護士などのバイトで
食いつないでいます。

試験合格よりも、客をつかむ方がはるかに
難しいと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンサル業界を目指すにあたって

経営コンサル業界を志望している社会人4年生です。
現職はITメーカーの営業です。
質問が2点あります。

1.社会人4年目というのは第2新卒としてみなしてもらえるのでしょうか。
現職がコンサルではないため、キャリア採用だとかなりつらいです。第2新卒としてアナリストからのスタートで採用してもらえるものでしょうか。

2.採用面接で問われるケーススタディについて、有効な対策法があれば教えてください。
「そば屋の売上を2倍にするには?」など問われるアレです。かなり難問に感じているのですが、トレーニング法や対策本などがあれば教えてください。

Aベストアンサー

外資系コンサルティングファーム勤務経験者です。
1.小職の経験上、キャリア採用の一番下のランク(コンサルタント等)としての採用可能性があります。また、#1の方が仰るように企業によっては新卒同様の扱いをしてもらえる可能性もありますので、ホームページ等で確認できなければ、問い合わせてみては如何でしょうか?

2.外資の戦略系では押さえておく必要があります。
マッキンゼーのHPでも推奨されていますが、
ロジカル・シンキング
― 論理的な思考と構成のスキル
照屋 華子 (著), 岡田 恵子 (著)

東洋経済新報社
2001年5月発行
227P 22cm
ISBN: 4-492-53112-2
価格: 2,200円(税別)

若しくは同社のWebでもOn-line case studyが提供されています。下記参考URL

要は思考方法を見られます。短時間で自分の考えを論理的に整理し、また面接官とのディスカッションを通じて合理的な結論を導き出すことができるかです。正解は存在しません。
対策無しで面接の臨み、合格した方もいるようですが、やはり全く準備しないというのはお勧めできません。

みん就や
http://www.nikki.ne.jp/
その他の情報サイトから積極的に情報収集を行ってください。
頑張って下さい。健闘を祈ります。

参考URL:http://www.mckinsey.com/aboutus/careers/applyingtomckinsey/

外資系コンサルティングファーム勤務経験者です。
1.小職の経験上、キャリア採用の一番下のランク(コンサルタント等)としての採用可能性があります。また、#1の方が仰るように企業によっては新卒同様の扱いをしてもらえる可能性もありますので、ホームページ等で確認できなければ、問い合わせてみては如何でしょうか?

2.外資の戦略系では押さえておく必要があります。
マッキンゼーのHPでも推奨されていますが、
ロジカル・シンキング
― 論理的な思考と構成のスキル
照屋 華子 (著), 岡田 恵子...続きを読む

QIT系コンサルタントを目指して

現在プログラマとして3年目になる25歳男です。
大学を中退して接客業などをして2年前にプログラマに転職しました。

今働いてる会社はベンチャー企業で、トップが起業家としてやってきた人で、「エンジニアもビジネススキル・感覚を持つべきだ」と言い続けており、その影響か将来IT系のコンサルタントとしてやっていきたいと思っています。

そのため今通信の大学(産業能率大学)に通うか悩んでいます。
通おうと思った理由として、
・ビジネス知識(経営や戦略・会計等)がまったく無いため独学で学ぶだけでなく大学に行った方がより深く学べる?
・IT系コンサルタントといってもビジネス知識は持ってないといけない?
・そこまで深く知っていなくてもIT系コンサルタントとしてやれるとしても、逆に深く知っていればそれは強みとなる?
などがあります。

また、将来経営などのコンサルもやっていければいいなと思っています。
その場合、勉強の目標として国内のMBAを取得することも考えています。(MBA幻想のつもりではないですが)
MBAを取得するためには基本的に大学を卒業していて社会人経験がある人なので今の自分は大学卒業という条件がありません。
そのために大学に通っておいた方が良いかなという考えもあります。

大学に行くべきか皆さんの意見が欲しいです。
また、行くとしたら
・産業能率大学以外におすすめの学校はあるか?
・どのコースが良いか?(産業能率大学では経営・経営情報・経営指導の3コースが候補にあがってます)
などの情報があればお願いします。

長文になってしまいましたがよろしくお願いします。

現在プログラマとして3年目になる25歳男です。
大学を中退して接客業などをして2年前にプログラマに転職しました。

今働いてる会社はベンチャー企業で、トップが起業家としてやってきた人で、「エンジニアもビジネススキル・感覚を持つべきだ」と言い続けており、その影響か将来IT系のコンサルタントとしてやっていきたいと思っています。

そのため今通信の大学(産業能率大学)に通うか悩んでいます。
通おうと思った理由として、
・ビジネス知識(経営や戦略・会計等)がまったく無いため独学で学ぶだけで...続きを読む

Aベストアンサー

どこの大学がいいかはお薦めはできませんが、
>・ビジネス知識(経営や戦略・会計等)がまったく無いため独学で学ぶだけでなく大学に行った方がより深く学べる?
>・IT系コンサルタントといってもビジネス知識は持ってないといけない?

その通りです。ITコンサルはただの技術者ではなく、お客様の社内の業務の仕組み(コンピュータシステムではなく人がやっていること)を理解して、それを改善・システム化する提案を会社の経営者に提案するスキルが必要です。現場の人や経営者と同じ言葉で話せないと役に立ちません。

> そのために大学に通っておいた方が良いかなという考えもあります。

MBAコースを勉強するメリットは、知識だけでなく、実はいっしょに勉強した人の人脈にあります。特に経営コンサルだと、これが仕事の上で後々、非常に意味を持つことがあります。

がんばってください。

Qイメージコンサルタント-、目指したいのですが。。

こんにちは。
先週40歳を迎え、次の20年に向けて新たな挑戦をしたいと考えております。
これまで14年間、金融業界でマーケティングコミュニケーションマネージャー、現在はIT企業でマーケティングスペシャリストとして働いています。

社会人成り立ての時に受けたメディアトレーニングで、イメージコンサルタントという仕事を知りました。そして、いつかなりたいとずっと思っていました。しかし、20代、30代では説得力がないかなと人生、社会人経験を積むことで時間を費やしてきました。

とうとう40歳になり、それなりに経験も重ね、説得力ある年代になったかと思います。

しかし、私はCA上がりでも、モデル出身でもありません。あまり、マナーのことは分かりません。

私のように、ビジネスの世界で生きてきた人間が、突然イメージコンサルタントになれるか不安です。
一応、大森メソッドという会社のイメージコンサルタント養成講座を受けようかと考えています。

しかし、7日間の受講で54万近くかかります。かなり高い値段だと思うのですが。。。


マンションも購入したばかりで、無駄な投資をする余裕はないです。

でも、真剣にフリーランスでイメージコンサルタントとしていつか働きたいと考えております。


大森メソッドを受講された方、いらっしゃいますか?

念願のコンサルタントになれましたか?

仕事になりますか?

単なるぼったくりではないですか?

海外生活14年で英語は堪能なので、いずれAICI(アメリカのイメージコンサルタント協会)のメンバーになり、正式な資格も得ようと考えています。

無謀な夢でしょうか。

悩んでいます。

どんなアドバイスでも結構ですので、お考え、共有いただけますでしょうか?

よろしくお願いいたします。

こんにちは。
先週40歳を迎え、次の20年に向けて新たな挑戦をしたいと考えております。
これまで14年間、金融業界でマーケティングコミュニケーションマネージャー、現在はIT企業でマーケティングスペシャリストとして働いています。

社会人成り立ての時に受けたメディアトレーニングで、イメージコンサルタントという仕事を知りました。そして、いつかなりたいとずっと思っていました。しかし、20代、30代では説得力がないかなと人生、社会人経験を積むことで時間を費やしてきました。

とうとう40...続きを読む

Aベストアンサー

多くの人は直接 AICI に加入できないのを活用して、日本で窓口をやるかわりに、お師匠さんにはたんまりお月謝とお礼を持ってきてくれはるんやろなぁ、という資格商売をしているのでしょう。

CA やモデルは、それだけで経歴=肩書きに使えて、出版のお話も出ますし、プロデュースして知名度を集客に結びつけることができます。それは、アパレルに限らず、資格の世界でも同じです。

以前、元CAさんが記したファーストクラスに乗る人がどうこうという自己啓発本だかを見かけたことがありますが、見た目だけのマナーで心がこもっていないことが伝わってきました。むしろ、ファーストクラスのお客様の振るまいのほうが、自然に大人の社会でのマナーを心得ている、と勉強させられただけなのでは、と思ったものです。

それくらい、資格の中でも「言った者勝ち」「稼いだ者勝ち」の資格商売ともいえる世界があること、そこでは声の大きいもの勝ちであること、をじっとガマンしながら、そういう目をも超えられる「イメージコンサルタント」になられることを願っています。

Q従業員が日々思う、問題に思っている事を議論する議題は?

こんにちは、みなさん。
【質問】
今度、会社で、役員をはさみ、従業員が日常で、問題に思っている事を打ち上げたり、話し合ったりする場所があります。しかし、いざ、話し合え、打ち上げと言われても、建前と本音があり、どこまで、話してよいのか?どんな話題が上の人も下の人もいる中で、話し合いに適しているのか、思いつきません。

何か、良いアドバイスがあったら教えてください。

業種:クレジット会社

Aベストアンサー

改善計画文書のフォーマットを作って、無記名にして出すようにします。

事前に、パソコンで打てば誰が書いたか、ほとんど分かりませんし、投書箱のようにして集めれば、プライバシーが保たれます。
本来業務改善に、タブーがあってはなりません。ただやはり人間関係を損ねたくないので、言いたいこともいえなくなりますよね。

ですので、最初は無記名で忌憚無く話せる雰囲気をつくり、障害がなくなったら、記名式に戻して誰でも提案できるようにするのがいいでしょう。いつまでも無記名というのは、いずれ無責任体質に成っていくからです。

あとは、議事進行の采配しだいですね。

Qご意見をお願いします

数ヶ月前に転職した今の会社ですが、

セクショナリズムが蔓延し、社内に覇気ややる気、向上心が無いというか、
「真面目にやるとバカを見る」のような冷めた雰囲気が漂ってます。

社長や役職は社会貢献やブランドなど、抽象的な目標ばかり掲げ、
それが各社員のシラケムードを、増幅させているようにも感じます。

役員は、それとなく社内の問題を認識してはいるようで、
部間の議論を活性化させようと、各社員にテーマを出しています。

先日私がその取りまとめ役に入ったのですが、
各社員から下記のような発言が多く、正直絶望してしまいました。

「それは私の仕事ではありません」
「最終責任は誰が取るんですか?」
「そもそも最初から今回の方法は無理があったんですよ」
「あなたの提言って今回意味があるんですか?」
「そもそも今回は何をしたいんですかね?」
「(何も提言せず)時間がきたので失礼します」

誰一人、「こうだと問題があるから、こう取りまとめよう」と
助言やフォローをしてくれる人も無く、勝手に雑談をするばかりで、

最後には私が転職して間もないことで、話についていけないと
それをバカにされたり・・、散々でした。
正直、かなり気持ちが滅入ってます。

こういった社風というのは、イベントや啓蒙活動などで改善ができるものでしょうか?。

個人的には問題は各自の「意識」にあると感じるのですが・・。

他に皆様が感じられた問題点など、ご指摘頂けると助かります。
※自分ができる改善案を色々と考えています

数ヶ月前に転職した今の会社ですが、

セクショナリズムが蔓延し、社内に覇気ややる気、向上心が無いというか、
「真面目にやるとバカを見る」のような冷めた雰囲気が漂ってます。

社長や役職は社会貢献やブランドなど、抽象的な目標ばかり掲げ、
それが各社員のシラケムードを、増幅させているようにも感じます。

役員は、それとなく社内の問題を認識してはいるようで、
部間の議論を活性化させようと、各社員にテーマを出しています。

先日私がその取りまとめ役に入ったのですが、
各社員から下記のような発...続きを読む

Aベストアンサー

 経営コンサルティング(と言うより会社を審査する仕事)を長年している関係で、とても多くの会社を訪問し、そこの経営の状態も見てきましたが、(30年間の大手企業のサラリーマン経験も踏まえて言えば)社風というか会社のカラーや文化というのは、トップ(社長)が変わらなければ変わりません。
 トップの強い意向でもない限り、一介の社員(あなたです)が社風やカルチャーや社員の問題意識を変えようと働きかけても、無理です。変わりませんし変えられません。あまり動くと社内で完全に浮き上がり、ギクシャクするようになります。

 (大企業の場合は)所属が変ったり、(規模に関係なく)会社が変わると、違い(とくに変だなと思うこと)がよく目につきます。新鮮な目で問題をとらえることができるわけです。そういう気づきはとても貴重な情報で、改善のために活用されるべきです。ですが、現実には(そのような問題意識がトップにあって、そのトップが改善しようという意向がなければ)闇に葬られるばかりです。

 また、そのような新鮮な目で見られるのも3ヶ月か半年くらいがせいぜいで、だんだんとその社風に染まってしまい、1年も経つと問題と思う目さえ、褪せていきます。とても残念なことですが。

> イベントや啓蒙活動などで改善ができるものでしょうか?
 いいえ。トップの問題意識がなければ、現実的には無理でしょうね。会社のカルチャーも社風もトップの姿勢に左右されるのです。トップに問題意識を持ってもらわないと、部課長や一般社員に働きかけても変えられません。トップに働きかけて会社を動かさないとダメです。

 経営コンサルティング(と言うより会社を審査する仕事)を長年している関係で、とても多くの会社を訪問し、そこの経営の状態も見てきましたが、(30年間の大手企業のサラリーマン経験も踏まえて言えば)社風というか会社のカラーや文化というのは、トップ(社長)が変わらなければ変わりません。
 トップの強い意向でもない限り、一介の社員(あなたです)が社風やカルチャーや社員の問題意識を変えようと働きかけても、無理です。変わりませんし変えられません。あまり動くと社内で完全に浮き上がり、ギクシャ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報