親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

会社でラウンダーとして自家用車を業務使用します。
フルタイムなので平日全部です。
会社より月35000円車両手当を頂きますが、給与所得となる為、年収が上がり社会保険等の税金が上がるのですが、その場合車検や任意保険、タイヤ交換やオイル交換を経費として確定申告申告などできないのでしょうか?
会社に入ってから車両手当が課税されると聞きまして月の給料も高くない中税金が結構上がるようなので、できる事なら確定申告などをして出来るだけ税金を下げられたら凄く助かりますm(_ _)m

分からない事だらけで質問も分かりにくい表現になってましたらご指摘下さい。

A 回答 (3件)

給与としてもらっている方には、給与所得控除という概算経費の控除があります。


ですので、通常、実経費を引くことはできません。

ただ、給与所得者の特定支出控除という制度があり、実額経費を引く制度があります。しかし、特定支出控除を受けますと、通常の給与所得控除が受けられなくなるはずです。

一般的に給与所得控除を超える特定支出(実費)などを負担していたら、雇用条件乗到底納得できるレベルのお話ではなくなるはずです。
現実的には難しいことでしょう。

であれば、会社と車の賃貸契約を結び、実額相当の賃料で契約することです。
そのほか、実費を直接会社に負担してもらうという考えもあります。
ただ、これも会社側の規則などの整備も必要でしょうし、あなただけの意見でどうこうできるものでもないと思います。

あとは、交通費として支給してもらうという考えもあります。
交通費は、所得税や住民税の計算上、一定金額までは非課税とされます。
非課税制度を活用し、それを超える手当部分についてのみ税負担をすることで、節税になるやもしれませんね。ただ、これも社内規則が絡む可能性があります。
ラウンダーという職種がわかりませんが、雇用主の状況次第でもあると思いますね。

私の会社では、交通費的なものは当然非課税として処理しますし、社会保険料の計算からも除外できるような制度にしています。
これは、実費弁償的なお金に課税されたり、社会保険料負担をさせてしまうと、実質手取りを減らすことになりますからね。
ただ、経験上、会社の経営者や事務員などで、制度を本当に理解し、従業員の立場に沿った対応ができているところは少ないですね。
    • good
    • 0

給与所得者には自営業者の経費に相当する給与所得控除があり、通常経費は認められません。



一部の項目については、控除が認められる場合もありますが、
車両持ち込み時の経費については対象外です。
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1415.htm

車両持ち込みの場合、都度実費精算の形をとったり、
別途賃貸契約を結んだりすれば給与としての課税をのがれることが
できる場合もあるようですが、結構難しそうです。
    • good
    • 1

>車検や任意保険、タイヤ交換やオイル交換を…



それが、

>会社より月35000円車両手当…

です。

どんな車か具体的にお書きでありませんが、一般的な乗用車であれば年間42万もの維持費がかかることは少ないでしょう。

>給与所得となる為…

給与には、実際の経費があってもなくても一定割合を経費と見なす「給与所得控除」があります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

>経費として確定申告申告などできないのでしょうか…

「給与所得控除」の額より実際の経費のほうが多いというなら、確定申告は可能です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1415.htm

それを具体的に数値を出して立証できますか。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qファイナンシャルプランニング技能士です

税理士でもなく会計士でも社会保険労務士でもない、
中途半端な、ファイナンシャルプランニング技能士のせいぜい3級に受かった程度で
このカテゴリーで得意がって回答している人がいるみたなのですが、恥ずかしくありませんか。

Aベストアンサー

大体正しい事を述べられてるので、目くじらを立てる必要はないと思いますよ。
ひとつ残念なのは「前に書いたとおりです」と述べられる点ですね。
文脈からは、前述のとおりとする方がわかりやすいのですが、前に書いた通りですというと「以前の回答で書いたとおりです」という受け止め方をされてしまうことがあるようで(過去に、質問者から、この言い方には苦情がついてたことがあった)残念な言い方だなと思います。

Q国保節約のための確定申告のやり直しは可能でしょうか

確定申告で株式譲渡益を記入して申告したので、
国民健康保険料の通知が約80万となっており困っています。
取引口座は特定口座源泉徴収ありにしているので
確定申告をやり直して、株式譲渡益を記入せずに
国保保険料を節約することは可能でしょうか。

Aベストアンサー

確定申告書に記載した所得が、申告しなくても良い所得の場合(所得税法第121条該当)には、申告書の撤回ができることになってます(※)。
本例のような場合には、同じように申告の撤回ができるようになってないか、確認したところ、国税庁長官通達で、修正申告あるいは更正の請求をするさいに、特定口座で源泉徴収をされていた株式譲渡所得を除くことはできないとしてますので、実務的には難しいです。

ただし、国税庁長官通達は国税職員の処理均一化のためのものでして、国民を縛りつける力はありません。
「長官がなにを言ってるのか知らないが、申告書に記載しなくても良い譲渡所得を記載してしまったので、申告を撤回する」とし、その撤回が認められないならば、不服審査をして裁判所にて判断してもらう道はあります。

かって相続税や関係する通達が違法だと訴えて最高裁で「違法である」とされた事例もあります。
私見ですが、源泉徴収有特定口座の譲渡所得を確定申告書に記載してしまった方については、その撤回ができるように法令で解決するか、通達で運用処理するかすべきではないかと思います。
というのは、所得税法第121条(給与所得者等の少額所得の申告不要制度)では、申告書の撤回が認められているからです。
国民健康保険料の負担が大きく違ってしまうような場合には「よく知らなかったから申告書に記載してしまった人」を救済する事をしないと、株式税制の弊害が無知の人へのしわ寄せになってしまう気がします。





租税特別措置法基本通達
(源泉徴収選択口座において生じた所得の金額等を申告した場合の効果)

37の11の5-4
 源泉徴収選択口座において生じた所得又は損失の金額を上場株式等に係る譲渡所得等の金額に算入したところにより確定申告書を提出した場合には、その後においてその者が更正の請求をし、又は修正申告書を提出する場合においても、当該所得又は損失の金額を当該上場株式等に係る譲渡所得等の金額の計算上除外することはできないことに留意する。
(平15課資3-2、平27課資3-4、課個2-19、課法10-5、課審7-13改正)


所得税法基本通達
(確定所得申告を要しない者から提出された確定申告書の撤回)

121-2 申告書に記載されたところによれば法第121条各項の規定に該当することとなる者から提出された申告書で第3期分の税額が記載されているものにつき、これらの者から当該申告書を撤回したい旨の書面による申出があったときは、その申出の日に当該申告書の撤回があったものとし、当該申告書に係る既納の第3期分の税額を還付する。



申告書を取り消すことはできませんが、申告書の撤回をすることは上記の場合にはできます。
取り消しも撤回も同じことなので「一旦提出した申告書は取り消すことができない」という言い方は、実は正確には間違いです。

確定申告書に記載した所得が、申告しなくても良い所得の場合(所得税法第121条該当)には、申告書の撤回ができることになってます(※)。
本例のような場合には、同じように申告の撤回ができるようになってないか、確認したところ、国税庁長官通達で、修正申告あるいは更正の請求をするさいに、特定口座で源泉徴収をされていた株式譲渡所得を除くことはできないとしてますので、実務的には難しいです。

ただし、国税庁長官通達は国税職員の処理均一化のためのものでして、国民を縛りつける力はありません。
「...続きを読む

Q【税務署の窓口対応について】(これって普通ですか?)

以前、住民税と都民税を支払いに市役所に行き、納税しました
そのときに窓口の方に、「大切なお金をありがとうございます。大切に使わせていただきます。」といわれました。
正直なところ、それまでは貧乏だから税金なんか払いたくないし何でこんなに高いんだ・・・
と思っていましたが、こういった対応をしていただいたおかげで税金に対するイメージが変わり、しっかりと納税をしようと考えるようになりました。
こういった対応って普通なのですか?

また私は市役所で納税しましたが、税務署でも同じように窓口で支払いをしたときは「ありがとうございます。大切に使います」というような事を言うのでしょうか?
あまり下手に出すぎるとなめられて滞納されてしまう気がします。税務署のように個人事業者等が税金を払っているところは税金を払うのは当たり前、義務と考え、税務署側は「ありがとう」の気持ちはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

まぁそもそもにしてその窓口の人が本当に「市役所」の人かというのは疑問ですね。
民間委託されていれば、民間レベルの応対になりますからね。
委託であれば委託先、そうでなければ公務員個人の考え方でしょうね。

ただ普通に申告して、普通に払ってくれる分にはどんな役所であれ最近の対応は丁寧ですよ。
もちろん滞納であれば別問題だとは思いますが。
(下手に出たからって滞納する人は、そうでなくても最初から滞納している)

Q市・県民税の徴収についてご教示願います。

すみません。市・県民税の徴収についてご教示願います。

 小生、数年前よりWワークをしており、市・県民税の額が多い事で本業先に
バレないように役所の方には副業分の税の徴収は普通徴収するように申請をし続
けてきており現在に至っておりました。
 
 ところが昨年末に役所の方から副業分の税の徴収については今年度からは本業
先からの特別徴収でしか対応しない旨の書類が届き、どう対応したらよいか悩ん
でいるところです。

 当社の経理課の担当者は、税に詳しく、同等の収入の者と小生の税額を比べて
税が多いと指摘するような人間であるためにそのような指摘を受けた場合に経理
担当者を納得させれるような、もっともらしい返答をご教示ください。

 役所の方は、例えば、後で確定申告により控除を減らした場合や、株式譲渡等の
給与所得以外の所得を申告された場合にも起こり得ますので、直ちに他の給与収
入があるということには繋がりませんので知れることはないですと言いますがそ
んな理由で大丈夫なのでしょうか。

 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

副業禁止でないのであれば、正直に話されることをおすすめします。
嘘をつき続けてもよくはありませんし、サイトの規約上、会社をだますごまかす方法の回答は誰もかけないはずですよ。

最近では、特別徴収の通知が圧着などにより給与担当者に詳細はわからないようになっているはずです。親展扱いですしね。
ですので、他の所得などがあったなどとうそをつけばごまかせるかもしれませんが、そんな嘘が毎年では疑われることでしょう。

私は税理士事務所勤務経験もありますし、税理士試験をはじめとする税法の勉強も経験があります。そのような私が事務を担当している私の会社では、当然あなたが心配するような状況は良くありますよ。ただ、勤務先と言えどもあなたの所得の内訳について、税務署や市役所へ問い合わせる権限はありません。
ただ、虚偽の届出や回答をしていたことが判明すれば、当然社内規則で処罰される恐れ羽ありますし、処罰までいかなくても、そんな信頼のおけない従業員については、ほとんどすべてについて疑いの目で見ることとなりますので、昇進昇級等の社内評価ではよいことはないでしょうね。

税務や各種制度に詳しくなければ、嘘や虚偽の説明に対して会社から質問されて困るのはあなただと思います。相続で得たものなどを売却と言ったら、相続税はどうしたのとか、手続きはどうしたのとか聞かれて困りませんか?扶養や家族構成、緊急連絡先などの届出と矛盾してもいけませんしね。さらに雑談の中で矛盾に気づく人もいます。
嘘をつけば嘘をつき続けなければなりません。そう簡単なことではありませんよ。

副業禁止でないのであれば、正直に話されることをおすすめします。
嘘をつき続けてもよくはありませんし、サイトの規約上、会社をだますごまかす方法の回答は誰もかけないはずですよ。

最近では、特別徴収の通知が圧着などにより給与担当者に詳細はわからないようになっているはずです。親展扱いですしね。
ですので、他の所得などがあったなどとうそをつけばごまかせるかもしれませんが、そんな嘘が毎年では疑われることでしょう。

私は税理士事務所勤務経験もありますし、税理士試験をはじめとする税法の勉強...続きを読む

Qめちゃくちゃ怒ってます!!確定申告について質問です。 とある記帳代行サービスに確定申告の代行を頼んで

めちゃくちゃ怒ってます!!確定申告について質問です。



とある記帳代行サービスに確定申告の代行を頼んでいたのですけど、つい先日確定申告がなされていない事が発覚しました。話によると試算表を確認して頂いて、サインを頂いたら申告する手筈になっていたとのこと。しかし、そんな資料は全く送られて来なく、レシートを送るための青封筒は送られて来ました。手数料も銀行から引き落とされておらず、おそらくなんですが忘れていたものと思われます。こんなんで私はお金を払って再度申告させなければなりません。調べましたが、期限切れの申告は青色申告は65万の控除は10万になってしまうようです。頭にきます。それなら電話かメールで試算表の確認したサインが届いていない旨を私に通告する義務があるでしょう。控除が受けられない挙句、わざわざ手数料も払わなければいけないんでしょうか?どうすればいいでしょうか?もう手数料だけでも払いたくありません。責任取って欲しいです。何か良いアドバイスはありますか?

Aベストアンサー

回答が、ぶつ切れになって、ノイズ回答もあるので、要点がわからなくなる可能性があるので、まとめちゃいます。

1 申告書が期限内に提出されてない原因は、この際どうでも良い
 このような内容の申告書になると連絡した書面が発送され、それに本人がOKしてから申告書の提出をするシステムは「税理士ならば当然すべき確認行為」。
  ここで「当該書面を発送してある」「受け取ってない」というのは水掛け論。仮に相手が発送事跡を証明できたとしても、その回答が来てないので申告書の作成と提出をしてないというのは、お話になっていない。
 税理士の業務懈怠。

2 すべて行為をすべき主体は税理士でなくてはいけない。
当書面が本人から提出されないなら、税理士が本人に電話するなり接触して、期限内申告に努力すべき。

3 税理士が記帳代行を誰に委託していようと、顧客は知ったことではない。知る必要もない。

4 記帳代行サービス者が「自分が雇ってる税理士に依頼する」という事自体が、税理士から委託を受けて仕事をしていないことの証左。

5 税理士法では、税理士が主催してる法人にしか、記帳代行業務を委託できないことになっている。

6 記帳代行サービス者が「5」に該当しない法人、あるいは、個人なら、両者ともに「にせ税理士」である。

7 税理士はにせ税理士に名義を貸しているので、名義貸し行為にあたり税理士法に抵触している。

8 話が決裂しても良い。
 出来上がってる申告に必要な決算書の提出を求めて、記帳代行料金は「きちんと支払う」と申し出る。
 とにかく確定申告書の提出と納税をしないと本人には延滞税がどんどんついてしまう。

9 決裂したら、これ幸いと税務署にて「名義貸し行為をしてる税理士がいる」と報告する。
 一職員では話がすぐに通じないので、総務課長に面接することが肝要です。

10 消費者センターへの相談は無意味。士業の「名義貸し行為」問題は消費者センターが取り扱う問題にはなじまないので、ウダウダ時間を消費するだけ。

回答が、ぶつ切れになって、ノイズ回答もあるので、要点がわからなくなる可能性があるので、まとめちゃいます。

1 申告書が期限内に提出されてない原因は、この際どうでも良い
 このような内容の申告書になると連絡した書面が発送され、それに本人がOKしてから申告書の提出をするシステムは「税理士ならば当然すべき確認行為」。
  ここで「当該書面を発送してある」「受け取ってない」というのは水掛け論。仮に相手が発送事跡を証明できたとしても、その回答が来てないので申告書の作成と提出をしてないと...続きを読む

Q住民税について 市から住民税支払いの紙が来ました。 今月の30日支払いです。 4月29日に前の会社辞

住民税について
市から住民税支払いの紙が来ました。
今月の30日支払いです。
4月29日に前の会社辞めて5月8日に今の会社に入社しました。今の会社は研修期間中でまだ住民税は引かれていません。
気になったのが前の会社で住民税引かれてたから住民税払わなくていいのかなと思いました。
これって払うべきですかね?

Aベストアンサー

>前の会社で住民税引かれてたから
>住民税払わなくていいのかなと
>思いました。
いいえ。そんなことはありません。
住民税は前年1~12月の所得に対して、
6月から納付するものです。
納付書が郵送されてくれば、6、8,10,1月の
4期で振込書で払います。(普通徴収)

会社では6月から翌年5月まで12分割で
天引きされます。(特別徴収)
今年は再就職先での天引きはありません。
再就職先ではあなたの給与支払報告書を
お住まいの役所に提出していないので、
天引きする先が分からないのです。
◆研修期間中というのは関係ありません。

納付書を会社に渡して、手続きをすれば
天引きに変えてくれる会社もありますが、
会社の担当者によると思います。

ということで、早く6月末までの第1期分
は早く払って下さい。
★払わないと延滞税が加算される可能性が
ありますよ。

ご留意下さい。

Q扶養控除と社会保険控除?について

来年から扶養控除は150万に変更されますよね?でも、社会保険料を主人の会社で負担してもらうことにしたいとなると、私の勤務先か501人以下の企業なので130万までは社会保険は主人の会社で負担してもらえるということでしょうか?
それとも、106万なのでしょうか?

Aベストアンサー

ファイナンシャルプランニング技能士です。

>来年から扶養控除は150万に変更されますよね?
配偶者控除のことでしょうか?
その見込みです。

>社会保険料を主人の会社で負担してもらうことにしたいとなると
??よく意味がわかりませんが、ご主人の会社で貴方の社会保険(健康保険)料を負担することはありませんが‥。
貴方が扶養であれば、貴方は健康保険料を負担する必要がない、ということであって、会社がそれを負担するわけではありません。
扶養でも扶養でなくても、ご主人の健康保険料(会社負担分も含め)は変わりません。
なお、貴方の医療費(7割分)はご主人が加入している健康保険が負担します。

>私の勤務先か501人以下の企業なので130万までは社会保険は主人の会社で負担してもらえるということでしょうか?
いいえ。
前に書いたとおりです。
「扶養」ということであれば、それはお見込みのとおりです。

>それとも、106万なのでしょうか?
いいえ。
大企業の場合、106万円(月収88000円)以上だと、社会保険に加入しその保険料を負担しなくてはいけくなるということです。
貴方の会社はそうでないので、そういうことはありません。
貴方が社会保険に加入しない場合、年収130万円未満であれば、ご主人の扶養でいられます。

ファイナンシャルプランニング技能士です。

>来年から扶養控除は150万に変更されますよね?
配偶者控除のことでしょうか?
その見込みです。

>社会保険料を主人の会社で負担してもらうことにしたいとなると
??よく意味がわかりませんが、ご主人の会社で貴方の社会保険(健康保険)料を負担することはありませんが‥。
貴方が扶養であれば、貴方は健康保険料を負担する必要がない、ということであって、会社がそれを負担するわけではありません。
扶養でも扶養でなくても、ご主人の健康保険料(会社負担分も含...続きを読む

Q産休中の人の賞与計算

会社で労務の仕事をしているものです。
産休中の方の賞与計算について教えてください。
例えば産休中の方に支払う賞与が30万円とすると

①社会保険料は控除しない(免除中)
②雇用保険料は3/1000控除で900円
③所得税 前月給与がないので
300,000-900÷6=49,850
→源泉徴収月額表で88000円未満で0円

賞与支払い額
300,000-900(雇保)-0(所得税)=299,100円

※扶養なし、賞与年2回

所得税が0になってしまいうのですが
これで計算方法はあっておりますでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>これで計算方法はあっておりますでしょうか?

計算方法は間違いです。
③の部分は
300,000-900÷6=299,850 ですので

(300,000-900)÷6=49,850 が正です。
・・・・・・・
という突っ込みは本筋ではないので置いておきますが、考え方はあっていると思います。

Q青色申告の個人事業主です。節税にお詳しい方、教えてください。

青色申告の自営業(サービス業+通販)で、妻を専従者とした2名のみです。毎年、売上が700万程度で、夫婦で数万円程度の所得税を納付してきました。
数年前に両親が亡くなり、土地を相続し、相続税は、税理士経由で兄弟それぞれ納付しましたが、今年3月に相続した土地の半分を知り合いに1600万円で売却しました。(そのうち空家解体や登記などで500万円程度出費)

そこで、今年の確定申告なのですが、不動産売却所得として申告することになると思うのですが、自営業者としてできる節税方法を教えてください。
まず、解体などの経費も雑損等で引くと思うのですが、事業で、赤字になれば、所得を抑えられるのでしょうか、素人考えでは、車や設備を買い替える・増やす。専従者給与・賞与を増やす。
また、自宅で仕事をしていますが、事務所費等を計上してこなかったので(この辺りがよくわかっていなくて、自分が自分に払うことになるのですが)などです。
今から準備したほうがよいことを教えてください。

Aベストアンサー

相続で得た不動産については「被相続人が取得した日」から所有期間を計算します。
相続した日から計算して短期譲渡になるから、国税地方税合わせて40%近い税金が発生すると勘違いされてませんか。
両親が取得した日は不動産登記簿を見れば判明します。
おそらく長期譲渡所得となるはずです。

https://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3202.htm

不動産に関する税金を「資産税」という言い方をすることがあります。
資産税の特色として、一歩間違えると負担する税額が大きく変わる点があります。
その危険負担を考えると「土地を売った」ようなケースは税理士に依頼するのがベターです。

Q年収 手取りについて詳しい方教えてください。

23歳 年収480円ほどで
専業主婦の妻、子供4歳、1歳の2人。

手取りだと330万円なっています
社会保険や色々ひかれるとは思いますが150万円引かれるのは普通でしょうか?


住んでる場所などによって変わってはくるとは思いますが、、

私が無知なので、詳しい方いらっしゃいましたら、教えていただけると嬉しいです、

Aベストアンサー

月々の手取りが28万ということなら、
給与の月額は35万となります。

月々の給与明細から引かれるものは
概ね以下のようになっているはずです。

社会保険料
①健康保険 17,838 約5%
②厚生年金 32,728 約9%
③雇用保険  1,080 0.3%
④保険料計 51,646

①は健保組合によって少し金額が
変わります。

税金
⑤所得税  6,660
⑥住民税  12,800
⑦税金計  19,460
となります。

保険料+税金約7万が天引き
されるわけです。
額面35万から7万引かれて
手取28万となっているはずです。

給与明細で金額が概ね合っているか
確認して下さい。

35万×12ヶ月=420万となります。

年収480万ということであれば、
※480万-420万=60万
⑪賞与30万×2回
※賞与でなければ、月5万ほどですから
⑫個人年金保険料
⑬生命保険料
⑭財形貯蓄
といったものが考えられます。

給与明細、賞与明細など
ご確認下さい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング