NaClのX線回折の実験をしたのですが、色が黄色になりました。
これってどういう性質あるいは原理で色がついてるんですか?
以外にも調べた本に色の事に触れているものがなくて。。。
また偶然(?)炎色反応と同じ色っていうのも何かあるんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

redbean さんの書かれているように,色中心が生じたものと思われます.


本来は透明な物質中に,
何らかの作用によって局所的な電子準位が生じて色がつくことがあります.
この原因となるところを色中心と呼んでいて,
通常は種々な構造の格子欠陥によっています.

色中心ができる典型的物質がハロゲン化アルカリで,
色中心をつくる典型的方法がX線照射です.
yamikuro2001 さんの状況はまさにこれになっていたわけです.
その他,アルカリ金属蒸気にさらすなどの方法もあります.

放射線にさらされたガラスが茶色になる現象も,
この色中心の効果と言われています.

色が炎色反応と同じという件ですが,
redbean さんと同意見で偶然のように思われます.
炎色反応は炎の中で揮発した金属原子の状態間遷移による輝線スペクトルですが,
色中心の方は固体内での格子欠陥にとらえられた電子の準位間遷移が
関係しています.
したがって,色中心はアルカリ原子の種類だけでなく,
ハロゲンの効果もシビアなはずで,両者の色の起源は違うものだと思います.
    • good
    • 0

X線により、結晶構造に欠陥が生じたのでしょう。


おそらく、カラーセンター(色中心、着色中心)が
生じたためでしょう。
結晶中の陰イオンの欠陥で電子が捕獲され、それが
光の波長の選択吸収を生じるとか。

専門家ではないので詳しい説明はできませんが、
これは物性論、結晶学などの領域で出てきますね。

黄色は偶然でしょう。塩化ナトリウムをピンクや
紫にもできますから。
    • good
    • 0

こんにちは。

これは照射中に色が出た、ということでしょうか?

だとすると、照射されたX線の一部をナトリウム原子が吸収し、励起されてナトリウムD線を放出してもとの準位に戻ったんじゃないかと思いますが。

照射後、結晶が着色していたのなら、ちょっと判りかねます。m(__)m
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食品の塩分表示がナトリウム表記の場合 NaClとの比較で塩分量を計算するようですが 食品にNaCl以

食品の塩分表示がナトリウム表記の場合
NaClとの比較で塩分量を計算するようですが
食品にNaCl以外のナトリウムが入っている可能性はないのでしょうか。

Aベストアンサー

十分あり得ます。
しかし、過剰摂取による健康被害が懸念されるのは「ナトリウムイオン」そのものです。NaCl以外でも摂取すればトータルとしては同じなのです。
ですから一番なじみのあるNaCl換算するのでしょう。
「ナトリウム量を塩分換算する」
http://gen-en.net/sio-kansan.html

逆に、カリウムに置き換えることによってナトリウムを減らした
「減塩しお」なんて物もありますね。
https://allabout.co.jp/gm/gc/457628/

QX線回折実験

X線回折実験の結果の意味がわかりません.

m3m ←結晶の対称性かなにかでしょうか.

Aベストアンサー

> m3m ←結晶の対称性かなにかでしょうか.

その通りです。
立方晶系の点群のひとつです。

Q食用青色1号と黄色5号

国内で使用される食用青色1号と黄色5号はそれぞれFDAの青色1号と黄色6号としてそのまま米国で使用して良いのでしょうか?

Aベストアンサー

日本の食用青色1号
http://www.saneigenffi.co.jp/color/gob1.html
日本の食用黄色5号
http://www.saneigenffi.co.jp/color/goy5.html
http://kenko4u.com/archives/2005/09/_fcf.html

貴方が書かれたとおりだと思いますが、素人なので絶対とは書けません。

Qオイル(油)の黄色って何の色ですか?

オイルって大体が黄色ですよね。
以前植物オイルをスキンケアに使っていたのですが、
窓際に置いておいたら日に当たったからか黄色から透明になっていました。
酸化してしまったんだろうなぁと思うのですが、
油が酸化すると何がどうなって黄色から透明になるのか、
そもそもあの黄色は油の何の成分によってなのか気になります。
どなたか詳しい方、教えてくださると助かります。

Aベストアンサー

私の経験だと、油が酸化していくと、透明→黄色→黒色と変化していくことが多かったと思います。身近な油だと最初から薄い黄色ですが、天ぷら油を使い続けると黒色になっていきますよね。
固形物ですがワセリンも白色→黄色→黒色になります。化粧品でよく使用される脂肪酸エステル系材料も比較的安定ですが、酸化が進むと黄色になるケースがあります。(加水分解後に脂肪酸のアルキルが酸化?)
油単体で黄色の時は色んなケースがありますが、1つの例として二重結合などの共役による光吸収が考えられます。また、不純物により色が着いているケースもあります。
さて、質問者さんのケースですが、その植物オイルに入っていた不純物が日光により分解して色が消えたのではないかと推測します。例えば、酸化防止剤とか植物由来の微量の色素など。その植物オイルに他の材料が配合されている場合は別の化学反応が起きている可能性もあります。

Qターメリック(ウコン)で黄色に染まった布に固形石鹸を付けると、ピンク色

ターメリック(ウコン)で黄色に染まった布に固形石鹸を付けると、ピンク色に変化します。
石鹸を洗い落とすとまたもとの黄色に戻るのですが、この反応は、化学的にはどう説明できるのでしょうか。

幼児教室でウコン染め体験をするので、知りたく思います。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おそらくはpHの影響だろうと思います。
中性では黄色で、アルカリ性ではピンクっぽくなるということでしょう。
重曹でアルカリ性にしたり、酢で酸性にしても同様のことが起こるかもしれません。
参考URLに説明があります。

参考URL:http://www.kiriya-chem.co.jp/tennen/ukon.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報