出産前後の痔にはご注意!

三価クロムイオンに水酸化ナトリウムを加えるとどのような色になりますか?

A 回答 (1件)

少量添加では


Cr3+ + 3NaOH → Cr(OH)3 + Na+
水酸化クロム(Ⅲ) 灰緑色沈殿

更に過剰に添加
Cr(OH)3 + NaOH → [Cr(OH)4]- + Na+
沈殿は溶解して緑色になります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジアンミン銀(I)イオンの反応

塩化銀にアンモニア水を加えるとジアンミン銀(I)イオンと塩化物イオンが生じます。その後に白色沈殿が出来るまで硝酸を加えます。
そのときの反応式はどういったものになるんですか?
詳しく教えてください。

Aベストアンサー

AgClは白色の沈殿で難溶塩の一つです。これに過剰のNH3を加えると、
AgCl + 2NH3 → [Ag(NH3)2]^+ + Cl^- の錯体生成反応が進んで
沈殿は溶解します。ここに強酸であるHNO3を加えていくと塩基である
NH3と中和が進むため、錯イオンが壊れてAg^+は再びCl^-と
結びついてAgClの白色沈殿を作ります。
[Ag(NH3)2]^+ + Cl^- + 2HNO3 → AgCl↓+ 2NH4^+ + 2NO3^-

Q塩化アンモニウムを入れる理由

第3属陽イオン(Al3+、Fe3+)の定性分析で
まずこの2つのイオンが入っている試料溶液に塩化アンモニウムを入れ、そしてアンモニア水で塩基性にした後煮沸し、ろ過しました。そしてここで、ろ紙上の沈殿に温水5mlにアンモニア水と塩化アンモニウム2~3滴加えた混合溶液で洗浄するのですが、なぜこの洗浄液に塩化アンモニウムを用いるのでしょうか?

実験書を読んでいてふと疑問に思ったので質問してみました。

Aベストアンサー

 アルミニウム水酸化物は、pHが高くなるとアルミン酸となって再溶解してしまい、沈殿が捕集できなくなる場合があるので、緩衝作用を持たせるため塩化アンモニウムを加えます。
 Al(OH)3 +OH- → AlO2- + 2H2O

Qクロムイオンの色について…

Cr3+の色は緑色って聞いたんですが、参考書の写真では緑色というよりも黒に見えます。
Cr3+の色は緑色であっているのでしょうか?

Aベストアンサー

実験でなんどかクロムを扱ったことがありますが確かに普通に実験で使う濃度だと濃いので黒く見えます。しかし、少量取れば確かに緑色であることが分ります。
おそらく参考書の写真も濃度が濃すぎるんでしょう。

Q銅イオンにアンモニア水を加えた場合

先日、高校のテキストを読み返していたら銅イオンの反応ところの補足事項に目が留まりました。
銅イオンを含む水溶液に塩基を加えると
Cu^2 + 2OH^→ Cu(OH)2
となることは理解しているのですが、この塩基がアンモニア水である場合では反応が違うと補足されているのです。
何がどう違うのかどうしてもわかりません。
どなたか教えていただきませんか?? 

Aベストアンサー

 その違いというのは、小量のアンモニア水と過剰量のアンモニア水
を加えた際の違いだと思います。

銅イオンは水中で[Cu(H_2O)4]~2+ の水和イオンで青色をしており、
そこに少量のアンモニアや水酸化ナトリウムを加えると水酸化銅(II)
を生成します。 Cu^2+ + 2OH^- → Cu(OH)_2
ちなみにアンモニアは水溶液中で
      NH_3 + H_2O⇔NH^4+ + OH^-
の平衡状態で存在しています。だから上のように反応します。
 
しかし、過剰量では 
Cu(OH)_2+4NH_3→[Cu(NH_3)_4]_2++2OH^-
のように反応してしまい、水酸化銅(II)の沈殿がとけてしまい、テトラアンミン銅(II)イオンの深青色溶液になってしまうことから、その教科書には反応が違うとして記されているのだと思います。
わかりにくい説明で申し訳ありません。 
    

Q第3族カチオンの分離

 Fe3+とAl3+、Cr3+はどのような性質によって分離するのですか?またAl3+とCr3+はどのような性質の違いによって分けるのですか?

Aベストアンサー

こんばんは
Fe3+、Al3+、Cr3+の中でAl3+だけは両性酸化物です。
即ち、強アルカリには溶解する性質があります。
従って、アンモニア水で水酸化物を生成させた後、沈殿物にNaOHを加えるとAl3+だけが溶解し分離できます。
鉄だけを分離する方法として、例えばシアン化カリウムなどで、フェロシアン化合物にするとか、タンニンなどで錯体を形成する方法が考えられます。
Al3+、Cr3+は錯体を生成しないので分離できます。
クロムを分離する方法としては、蒸発させたのち、過酸化ナトリウム(触媒としてV2O5を加えた方がよい)を加えて高温で溶融すると、クロム酸(六価クロム)に酸化されるため分離できます。(アルミも溶解しますが、アンモニア水で水酸化物、沈殿分離できます。)
分析で濃度を求めるだけなら、ICPや原子吸光を使えばそんなに気にすること無く結果がでます。

Qコバルトの反応で

定性分析の実験において、Co(2+)とOH(-)の反応ではCo(OH)2の淡紅色沈殿が生じるという予想だったのですが青色の沈殿が生じました。
これは、試料溶液が硝酸コバルトだったのでCo(NO3)2+NaOH→Co(OH)NO3+NaNO3という反応が起こったためだと思い、
レポートにもそう書いて提出したのですが、「なぜ青色になるか説明すること」というコメントつきで返されてしまいました。
Co(OH)NO3は青色沈殿ではないということでしょうか?
いろいろと調べてみてもCo(OH)NO3という化学式さえ見つからず困っています。
そもそも青色になったのはCo(NO3)2+NaOH→Co(OH)NO3+NaNO3という反応が起こったためなのでしょうか?
どなたかわかる方、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

手元にあった実験書を開いてみますと、Co(OH)2の色は、「桃色から青」と記されていました。また、海外のサイトによりますと、light blueと記されていました。
どうやら、ちょっとした条件の違いによって、桃から青のあいだで変わるようです。
しかしながら、この変化の原因は未だに不明です。
ただ、コバルトの性質として、例えば[Co(SCN)4]2-が青色であることなどを考えれば、本来はピンクのものが、ちょっとした不純物によって、青色になりやすいと言えるかも知れません。

いささか非科学的な話もあり、原因究明には至りませんでしたが、参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.teachmetuition.co.uk/Chemistry/Transition_Metals/transition_elements.htm

Q[Al(OH4)]-に酢酸とアルミノン試薬を入れたら赤色沈殿をしたんですが

[Al(OH4)]-に酢酸とアルミノン試薬を入れたら赤色沈殿をしたんですが、赤色沈殿の化学式と物質名が分かりません。知っている方教えて下さい。 また、[Al(OH4)]-の物質名は、水酸化アルミニウムイオンで良いんですか?

Aベストアンサー

化学物質としての正規名称ではありませんが、あえて呼ぶなら「アルミノンアルミニウム」でしょうか。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110002910462/


また、[Al(OH)4]^-(6配位として描けば[Al(OH)4(H2O)2]^-)の名前は、「アルミン酸イオン」に
なると思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0
(「1.1 化学的性質」の段を参照)
http://www.taimei-chem.co.jp/8323_1.htm

QCr3+とNa2O2の反応式

Cr3+(クロム(III)イオン)の溶液にNa2O2(過酸化ナトリウム)を入れよく振ると(CrO4)2-(クロム酸イオン)が生じるのですが反応式がわかりません。

Na2O2が加水分解されて水酸化ナトリウムと過酸化水素に分解されて過酸化水素がCr3+を酸化してCr6+にするのだろうと思うのですが…

一本の反応式にするには少々力不足で質問させていただいた次第です。
回答お願いいたします。

Aベストアンサー

H2O2 は弱酸(pKa=11.8)でもあるので、

Na2O2 + H2O ⇔ 2Na^+ + HO2^- + OH^- ‥(1)

塩基性溶液中に於いては、

HO2^- + H2O + 2e^- ⇔ 3OH^- ;E゜=0.878V ‥(2)

CrO4^2- + 4H2O + 3e^- ⇔ Cr(OH)3(aq) + 5OH^- ;E゜=-0.13V ‥(3)

(化学辞典/森北)


標準電位(E゜)から考えれば、HO2^- は Cr(OH)3(aq) を酸化可能であると考えられます。

(1)・3+(2)・3+(3)・2 からまとめると塩基性条件に於いては、

3Na2O2 + 2Cr(OH)3(aq) → 2Na2CrO4 + 2NaOH + 2H2O

Q第3属陽イオン定性分析で始めに、NH4CLを加えるのはなぜですか。

第3属陽イオン定性分析で始めに、NH4CLを加えるのはなぜですか。

Aベストアンサー

それは「緩衝作用」で、pHをなるべく7に近付けるためです。強アルカリ、強酸状態から始めるのは不適切、正確なpHが分かって居なくても緩衝剤があれば機械的に始められます。

Q二クロム酸イオンは過酸化水素と反応してクロムイオンになると学んだのですが、このページを見ると電子式が

二クロム酸イオンは過酸化水素と反応してクロムイオンになると学んだのですが、このページを見ると電子式がどちらも左辺に電子があるため反応しないように思うのですが、どういった反応式で二クロム酸はクロムイオンに戻るのですか?

Aベストアンサー

見るページが間違ってますね。
おそらく「酸化剤」のページを見てます。
「過酸化水素」と「二酸化硫黄」は「酸化剤」にも「還元剤」にもなり得るのです。
※反応する相手や液性によって変わるので、注意が必要。

「還元剤」のページに過酸化水素の半反応式が書いているはずです。

一応参考までに
「酸化・還元」
http://www.geocities.jp/chemacid/chembase/physical/oxid-reduct.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング