出産前後の痔にはご注意!

土地とか家とかの所有者を調べるにはどこに行けばわかりますか?法務局ですか?

A 回答 (5件)

> 土地とか家とかの所有者を調べるにはどこに行けばわかりますか?法務局ですか


はい、そうなります。

ご質問者様は「調べる」と書かれていますが、不動産登記簿に記載内容を『閲覧』するという方法と、印刷された不動産登記簿を『入手』という方法のどちらをご希望なのでしょうか?
また、『入手』の場合、自力で行うのか?専門家に代行させるのか?と言う点が不明ですね。

① 閲覧の仕方には3つあります。
(1)目的の不動産が登記されている法務局を訪れる
 法務局に備え付けられている「登記事項要約書・閲覧申請書」と言う用紙に必要事項を記入し、手数料を支払って(申請書に印紙を貼付)窓口に提出。しばらくすると、名前(今は受付番号の方が多いと思う)が呼ばれるので、指定された閲覧コーナーで「登記事項要約書」を閲覧。閲覧することによって知りたい不動産の登記情報を入手したのであれば、「登記事項要約書」は指定された返却場所へ持って行き、あなたは閲覧コーナーから退場する。印刷物が必要な時には、後の方に書く『入手』を行う。
(2)近くの法務局を訪れて、オンラインサービスを利用する
 全ての不動産情報に対して使えるわけではありませんが、目的の法務局が遠方の場合、近くの法務局で「オンライン登記情報提供制度」を利用して、閲覧するという方法も取れます。
 但し、これを利用するためには「事前登録」を行うか、クレジットカード類を持参して「一時利用」を選択する必要があります。
(3)インターネットで、オンラインサービスを利用する
 概要は(2)と同じ。印刷も可能
 ↓のサイトを利用します。
 http://www1.touki.or.jp/service/index.html

②登記簿を入手する
(1)目的の不動産が登記されている法務局を訪れる
 手順は①(1)とほとんど同じ。申請用紙に必要事項を記入し、印紙を貼付して窓口に提出して待っていればよい。出来上がれば呼び出してくれる。
(2)司法書士に委託する
 自分で出向く手間が省けますが、司法書士へ司法書士報酬及び諸経費の支払いが必要となります。また、自分で法務局に行った場合には即日入手可能ですが、こちらの場合には数日から数週間を要します。
(3)「オンライン登記情報提供制度」
 ①の(3)に書きましたように、閲覧および印刷ができるサイトを利用すれば、交通費なしで即日入手が可能。
    • good
    • 0

法務局に行って、土地・建物の登記簿謄本を取得してください。



そこに、所有者が記載されています。

※登記簿謄本は住所(住居表示)ではなく、地番で申請し取得します。
地域によっては住所(住居表示)と地番が違うところもありますのでご注意を。
確認するには、公図を取得してください。
    • good
    • 0

所轄の法務局が間違いないですが、


司法書士事務所や不動産屋でも。
クレジットカードをもっており地番さえわかれば、自宅でもわかりますよ。
http://www1.touki.or.jp/
    • good
    • 0

該当土地家屋を受け持つ法務局/出張所

    • good
    • 1

最寄りの法務局です。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続人の戸籍謄本の役所への申請時(親族ではなく、例えば債権者側が申請)に、相続人が記載されている裁判

相続人の戸籍謄本の役所への申請時(親族ではなく、例えば債権者側が申請)に、相続人が記載されている裁判所印が押印されている相続放棄申述書を添付すれば、申請時の資料として、充分でしょうか。どなたか詳しい方、教えて頂けませんか。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

 第三者への戸籍謄本(抄本)の交付については、挙証資料はもとより、使用目的により判断します。
 ご質問文だけでは肝心の使用目的が不明なので、何とも言えないです。

Q大企業で三年目、冬の賞与総支給で30万、退職金制度、福利厚生はしっかりしてますが、辞めたほうがいいか

大企業で三年目、冬の賞与総支給で30万、退職金制度、福利厚生はしっかりしてますが、辞めたほうがいいかなあ?でるだけまし、小売業です。昇格しまいとあがりません。正社員の数6000人です。

Aベストアンサー

大企業でも 業績が悪かったら ボーナスの額は少ない
そして、ボースは査定が厳しく 同期でも倍・半分も珍しくない 
辞めてもいいけど 中小企業に転職したら 大企業の有難みが分かるよ

Q両親が亡くなり実家を売る事になり、測量をやり直す事になり周りの家の人に印をもらっていたらしいのですが

両親が亡くなり実家を売る事になり、測量をやり直す事になり周りの家の人に印をもらっていたらしいのですが、裏の家の人だけ頑として印を押してくれません。印鑑を押す事に凄く抵抗があるらしく、不動産屋さん、測量士さん、土地家屋調査士さんとも手こずってるらしいのです。どうしたら良いのでしょうか。分かる方、いらっしゃいましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

菓子折り持参でお願いに。
それでも駄目なら、役所に相談を。

Q土地の登記簿、法務局に詳しい方教えてください。 親族の土地の登記簿の閲覧、写しをもらうのは、誰でも出

土地の登記簿、法務局に詳しい方教えてください。
親族の土地の登記簿の閲覧、写しをもらうのは、誰でも出来ますか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

誰でもできますし、親族に限らず誰のでも交付を受けられます。公開情報ですから。
ネットから申請してpdfで受ける方法もあります。
http://www.touki-kyoutaku-online.moj.go.jp/

Q持ち主の分からない土地を調べる方法があったら教えてください。

我が家の目の前に持ち主不明の荒れ放題の土地があります。 雑木や雑草を整理して欲しいのですが、登記簿をもとにその人の住所まで訪ねていきましたが、すでに住んでおらず、近所のひとにたずねても登記簿にあるその人のことはなにもわかりませんでした。 もし持ち主が発見できてその方から承諾してもらうことができれば、私の自費をつかってでも荒れ放題の土地をきれいに整理したいと考えています。 持ち主不明の土地はどうやって持ち主を探せばよいのでしょう。 たいへん困っています。 どなたかいい方法を教えていただけませんか。 どうぞよろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

日本国内に点在している所有者不明土地が問題になっていますよね。
質問者様も考えられたことだとは思いますが、登記名義人の情報から戸籍を辿って、本人や法定相続人の情報を調べることも可能ですが、調べるだけでも費用が掛かり、本人が無くなって相続人が多人数に渡る場合に、「誰に」「どのようにして」話をするかが問題になるでしょう。

不動産営業マン時代に空地(くうち)調査をして、現況更地の土地に相続が発生して、どうやら兄弟姉妹が相続したような物件がありました。誰に話をすれば良いのか少し考えて、その物件から一番近い距離に住んでいる方に連絡を試みました。
結局、その方から兄弟姉妹の中で話を纏めてくれるキーマンとなる方に連絡が行き、売却の話を纏めることは出来ました。
相続から間が無く、被相続人と相続人の関係性が同一と言う事と、「誰も住まわないし、使う予定も無いから売ってしまおう」という意見の一致があった事も幸いしたと思います。これは、登記簿調査で相続が判明した例ですが、ご質問のケースではそこに至るまでの費用と手間の問題がありますね。

今回のご相談は、住まいの前に荒れ地があるのは気分が良くないから、「その必要に迫られたワケでも無く」「所有者の利益を害することなく公共の利益にも叶う」ことから、雑草を抜いてあげたり雑木を伐採してあげよう、という事だと思います。法的に言えば、民法697条~の事務管理が成立するかどうかでしょう。
「好意できれいにしてあげたのに、その土地の権利者を名乗る者から文句が来た」ような場合にはこの条項で対抗することになると思います。
また、事務管理で費用を負担した場合であっても、必ずしもその費用を回収できるとは限りません。

どの程度の整地をお考えなのかは判りませんが、トラブルになった場合には事務管理で対抗する事を念頭に置かれて対応する事をオススメします。

日本国内に点在している所有者不明土地が問題になっていますよね。
質問者様も考えられたことだとは思いますが、登記名義人の情報から戸籍を辿って、本人や法定相続人の情報を調べることも可能ですが、調べるだけでも費用が掛かり、本人が無くなって相続人が多人数に渡る場合に、「誰に」「どのようにして」話をするかが問題になるでしょう。

不動産営業マン時代に空地(くうち)調査をして、現況更地の土地に相続が発生して、どうやら兄弟姉妹が相続したような物件がありました。誰に話をすれば良いのか少し考え...続きを読む

Q状況 15年前に亡くなった父の遺産相続について、長男から遺産はゼロであったので手続することはないと説

状況
15年前に亡くなった父の遺産相続について、長男から遺産はゼロであったので手続することはないと説明を受けていました。昨年末に母が亡くなり遺産相続手続きをすることになり、兄弟で均等割に決まりました。しかし手続きする中で、父には3億余りの遺産があったこと、それら全て長男が得たこと、一部については父が亡くなる前意識がなかった1か月のあいだに、長男が父や母の許可なく無断で名義変更して得ていたことがわかりました。
なお、相続手続き書類を受け負った税理士は、父と母ともに、同じ方と判明しています。

質問
今から、長男に対し、相続分割協議と分割のやり直しを請求できますか?
できる場合、どのような手順を踏みますか?

Aベストアンサー

こんにちは。

>15年前に亡くなった父の遺産相続について、長男から遺産はゼロであったので手続することはないと説明を受けていました。

 この時、遺産分割協議をして、遺産分割協議書を作成されたのでしょうか?
 「長男から遺産はゼロであったので手続することはないと説明を受けていました。」とのことですので、遺産分割協議書を作成されていないものとして、以下書かせていただきます。

>今から、長男に対し、相続分割協議と分割のやり直しを請求できますか?
できる場合、どのような手順を踏みますか?

 遺産分割協議には時効がありません。遺産分割協議書が無い(つまり遺産分割協議をされていない)場合は、これから遺産分割協議をされればよいです。

 その際、「長男が父や母の許可なく無断で名義変更」したものは特別受益として、これを相続財産に持ち戻し(つまり、相続財産と見なし)、遺産分割協議をすることを主張されればよいです。特別受益は遺産分割を公平に行うための制度ですから、これについても遺産分割協議と同様に期間の制限はありません。

 考え方は以上ですので、まずは行政や弁護士会がやっている無料法律相談などで相談された後、質問者さんのケースで遺産分割協議ができるか確認され、できるのであれば専門家(弁護士)などに依頼されればよいと思います。

こんにちは。

>15年前に亡くなった父の遺産相続について、長男から遺産はゼロであったので手続することはないと説明を受けていました。

 この時、遺産分割協議をして、遺産分割協議書を作成されたのでしょうか?
 「長男から遺産はゼロであったので手続することはないと説明を受けていました。」とのことですので、遺産分割協議書を作成されていないものとして、以下書かせていただきます。

>今から、長男に対し、相続分割協議と分割のやり直しを請求できますか?
できる場合、どのような手順を踏みますか?
...続きを読む

Q年末調整と確定申告を両方やる上での注意事項

昨年私は会社の給与所得以外に一時所得がありました。
会社から年末調整をするときに一時所得は確定申告をしてくださいと言われました。
それで確定申告に「収入金額等」→「給与」を入力した場合
二重に納税が発生するのではないでしょうか?
なので!給与には入力しないのが正解でしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>年末調整はリセットされるので 給与所得は記入する
>でいいのでしょうかね?
リセットはされませんが、税務署も忙しいので、
会社からすでに提出された書類と照合するだけで済ましたいので、
再度、給与所得を記入して再計算して自己申告するってことです。
それをリセットというならそう理解していただいても結構です。
お役所に出す書類は、再申告の場合以前の経過はすべて記載します。
でも、確定申告は最終結果を再提出するだけでよいようです。
そういう意味では以前の申告はキャンセル・リセットされると言えます。
昨年は間違え続けてなんと4回も提出しましたが、最終分で還付されました。
今年も同時に数通提出したのですが、一回で済ましたものより、
二回提出したものは還付が2週間遅れとなりました。

Q父がクルマで事故を起こしました 父が10キロくらいのスピードで右折しようとしたら相手の方が直進ですご

父がクルマで事故を起こしました
父が10キロくらいのスピードで右折しようとしたら相手の方が直進ですごいスピードで突っ込んできたらしく 正面衝突し、相手側が首の骨を折ってしまいました
この場合怪我をさせたこちらが悪いとおもうのですが 過失運転致傷になりますか?もしなったら罰金なんどはどのくらいで、いつ頃通知が届くのか分かる方がいたら教えてもらいたいです

Aベストアンサー

車は、修理代見積りを取れば示談できますが、
人身は、怪我が治るか(もうこれ以上改善しない)症状固定にならなければ
損害額が確定しません。

月に1-2回は怪我の回復具合を見てお見舞いに伺い、
示談が成立するよう保険会社と連絡をとると良いのでは。

Q相続問題について これからどうするか

質問というか、皆様の率直な意見を聞かせてください。

現在、相続問題で悩んでいます。
今住んでいる実家は、家が父名義、土地が祖父名義です。
土地を相続して父名義に変えたいのですが、祖父が住んでいた
家が空き家になってしまっていて、それを誰が相続するかが
決まりません。

祖父の家は築50年ほどで立地も悪く相続すれば負債になりかねません。
私としては父の家が建っている祖父の土地だけ相続し、祖父の実家
は他の方が相続するか売却するかできれば理想なのですが
他の相続人とは弁護士を通さなければ話し合いが出来ないほど
仲が険悪で当然弁護士の費用も掛かります。
遺産相続を依頼すると約100万程かかるそうです
仮に遺産相続を弁護士に依頼しても自分の望む形になるか、
祖父の実家が売却できるか等はやってみなけらば分からない
と言われて弁護士への依頼を決断出来ずにいます。

それ以外にも
今住んでいる父の実家は築35年程なのでこれから修繕費もかかるだろうし
ここまでして相続するべき物なのか

他の相続人が近くに住んでいるので嫌がらせをされるのではないか(過去に根も
葉もない噂をながされました)

仮に他に相続人に祖父の家が渡ったとしてもちゃんと管理してくれるのか
祖父の実家は車で5分程の距離にあり管理の事なので近隣の人から苦情が
私にこないか

などの理由もあり弁護士に遺産相続を依頼するか、それとももういっそ
父の実家ごと相続放棄をして家を出てしまおうか悩んでいます

現在私は独身で年齢は35歳、貯金は800万円ほど、父の介護をしている為
父が亡くなるまで家を離れられません。

みなさんだったらこの状況でどうゆう決断をされますか
情けない話ですか答えがでません

私だったらこうするな~位の軽い気持ちで構いません
みなさまの意見を聞かせてください、お願いいたします。

質問というか、皆様の率直な意見を聞かせてください。

現在、相続問題で悩んでいます。
今住んでいる実家は、家が父名義、土地が祖父名義です。
土地を相続して父名義に変えたいのですが、祖父が住んでいた
家が空き家になってしまっていて、それを誰が相続するかが
決まりません。

祖父の家は築50年ほどで立地も悪く相続すれば負債になりかねません。
私としては父の家が建っている祖父の土地だけ相続し、祖父の実家
は他の方が相続するか売却するかできれば理想なのですが
他の相続人とは弁護士を...続きを読む

Aベストアンサー

自分に都合のいいことばかり考えてらっしゃいます

Q遺産相続での被相続人預金引き出しについて

遺産相続で遺産分割協議書作成して相続税払わないといけませんが、その一連の手続きの中で最初にくる被相続人の銀行預金引き出しについて教えて下さい。

通常は銀行に本人死亡を連絡、預金封鎖、封鎖解除してもらうための資料作成、封鎖解除となるかと思います。しかしこのためには被相続人の出生以降の戸籍謄本、除籍謄本収集等、面倒と聞いています。そして対象の銀行や証券会社が多数に亘る場合手続きがさらに面倒そうです。
これらの手続きを省略する方法として、銀行への本人死亡連絡・預金封鎖の前に、配偶者が被相続人のパスワード等を使ってネットで預金引き出し配偶者の口座に移すことが可能です。現在の一日の引出可能額は1千万と多くなっているケースが多く、預金が相当多額な場合以外全額引き出すことも簡単にできます。
あくまでも目的は預金封鎖を受けないためであって、引き出した預金は全額遺産として申告します。

配偶者が遺産全額相続すると法定相続人全員が納得しており相続人間での争いは考えられない場合、この方法で何か問題があるでしょうか。お教え下さい。

Aベストアンサー

要は、生きてる間に預金を下ろしてしまうのは、後々問題になるか?ですよね。
遺産としては相続発生の日の残高が把握されます。
相続発生日以前に引き下ろしされた金額は「本人が所有してる現金」として把握すれば良いです。
「引き出した預金は全額遺産として申告」は正。

なお
1「封鎖」ではなく「凍結」です。
 預金凍結は、相続発生を金融機関が知ったときにされます。相続人からの連絡を待って凍結されるものではありません。
 地元に直結してる信用金庫などでは情報収集力が高いために、死亡日に凍結されることもあります。
 逆に都市銀行で県内に支店が数店しかないようなケースでは、相続発生事実をいつまでも知らずに凍結作業がされない場合もあります(※)。
2 残高が仮にゼロになった預金でも、そのまま凍結されます。
 というのは利息計算が口座解約時にされるためです。
 微々たるものなので無視するとなれば(相続税法でもこれは認められている)、凍結された口座をそのままにしておけば、後は金融機関がそれをどうするかの問題が残るだけです。

※預金凍結はなぜされるか
相続人の一部が相続財産である預金を全額引き下ろししてしまうと、金融機関は「債権者(預金者は金融機関にとっては債権者です)の身元確認を怠って、請求額を渡してしまった」事になります。
 一億円の預金がある人が死亡したとします。ここで銀行が死亡事実を知らずに、相続人原因が4人いるのに、そのうちの一人に全額払い出してしまったとします。
 銀行は他の相続人から「どうして相続人全員の同意を得てない者に全額払い出しをしてしまったのか」と損害賠償請求をされる事になります。
 預金者信託者などの死亡を金融機関に伝えずに、全額の引き出しをした場合には、金融機関も相続発生している事実を知る由がありませんので、損害賠償請求をされてもこれに対抗できそうです。
 この場合には「相続発生の事実を知らせずに払い戻し等を請求した者」が他の相続人から損害賠償請求をされる話になるでしょう。
 全相続人が承諾していて、かつ、金融機関が死亡の事実を知らずに「債権の払い出し」に応じた場合には、特に問題は起きないでしょう。
 具体的に問題となるのは「相続発生の事実を金融機関に伝えずに、相続人のひとりが預金引き出しして、どこかに行ってしまった。あるいは自己の負債返済に充当してしまった」など、他の相続人が相続できる額を侵してしまったケースでしょう。

要は、生きてる間に預金を下ろしてしまうのは、後々問題になるか?ですよね。
遺産としては相続発生の日の残高が把握されます。
相続発生日以前に引き下ろしされた金額は「本人が所有してる現金」として把握すれば良いです。
「引き出した預金は全額遺産として申告」は正。

なお
1「封鎖」ではなく「凍結」です。
 預金凍結は、相続発生を金融機関が知ったときにされます。相続人からの連絡を待って凍結されるものではありません。
 地元に直結してる信用金庫などでは情報収集力が高いために、死亡日に凍結さ...続きを読む


人気Q&Aランキング