痔になりやすい生活習慣とは?

さまざまな種類のアミノ酸を培地にして細菌を培養しました。
この結果、各アミノ酸ごとに数や色に違いが出ました。
例えば、グルタミン酸は数が少なく、フェニルアラニンは多くコロニーが見られました。
アミノ酸はそれぞれ代謝中間体に分解されるのに、数や色が異なるのはどうしてなのでしょうか。
最終的に同じになるのでは?とおもうのですが・・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#2です



2次代謝産物とは、例えば乳酸菌の出す乳酸とか、緑膿菌のフルオレセインとか、O157のベロ毒素とか...
あと菌の臭いなんかは、菌が放出した有機酸がもとですし。
菌が生体活動の中で菌体外に放出したものが2次代謝産物といわれるものです。
    • good
    • 0

窒素源は添加したアミノ酸だけですか?


pHは合わせましたか?

アミノ酸といっても、含硫アミノ酸もありますし、フェニルアラニンはインドール環を持っています。グルタミン酸はそのまま溶かせば酸性です。

菌は、自分の周りにある炭素源と窒素源を資化してエネルギーを得て、2次代謝産物を放出します。資化する経路は同じでもそこで放出される代謝産物は、資源によって異なって当然です。コロニーの色は、2次代謝産物の色ですから、色が変わっても不思議はないでしょう。

また、菌の生育条件の中で、pHは大きなファクターの一つです。酸性アミノ酸や塩基性アミノ酸を使った場合、pHを合わせなければ、生育条件が他のアミノ酸と異なってしまいますから、コロニー数に差が出るのが自然でしょう。

ところで、コロニー数に差があったというのは、どのくらいの差ですか?
微生物の世界では、1桁違わないと差があるとは言いませんよ。10個と100個は差がありますが、100個と200個ではばらつきの範囲内です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが、回答ありがとうございました。
窒素源・炭素源はアミノ酸のみでした。アミノ酸を唯一の窒素源・炭素源として増殖の過程を観察する実験でした。
コロニーの差は、グルタミンとフェニルアラニンでは一桁の差はありました。他のはその間くらいです。(正確な数はわかりませんが・・・)
それと、基本的なことなのかもしれませんが・・・二次代謝物とは、たとえばどのようなものですか?

お礼日時:2005/01/13 20:52

各種類のアミノ酸は、すべて代謝により別のアミノ酸に変換できる訳ですが、種類によってこの能力を欠くものが居ます。


例えば人間の場合17種類のアミノ酸の幾つかは合成できません(そのため体外から摂取する必要があり、必須アミノ酸と呼ばれています)。
これは細菌にも当てはまり、特定のアミノ酸の代謝能力を持たないか、非常に弱いため、該当するアミノ酸の入っていない培地では、生育しないものが生じます。また、代謝の際にA→B→Cの様に中間代謝物がある場合にB→Cの反応が起こらなければ、Bがどんどん溜まっていくこともあります。(色の違いが出るかはよくわかりません)
アミノ酸だけでなく、糖、有機酸、金属塩等を変えても違いがでます。細菌の種類を見分ける基本的な手段でもあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q微生物の培養方法について

回分培養と流加培養について教えて下さい.
特にこの2つの培養方法の違いについてお願いします.

Aベストアンサー

rei00さんのご紹介なさっている本を読めば
大丈夫だとは思いますので、一応簡単に・・・・

簡単にいうと、培養の時の培地の扱い方の違いなんですよ。

回分培養というのは、培養している時に培地を新たに加えるような事はしないで、
最初に用意した培地のまま培養を進めていく方式です。
一回培養を始めたら、あとはじっと見守る~。

流加培養はその逆で、
培養槽に一定の割合で新たな培地を供給していく方法です。

蛇足ですが・・・
回分培養では微生物の増殖が進むにつれて、
基質(栄養)が減少したり、代謝生成物の蓄積等が起こり、
微生物の生育は時間と共に頭打ちになります。
(定常期のことですね。)
時と共に培地の中身も変わっていくって感じで。

流加培養では、
培地が供給され続けるために基質の減少がないので微生物は増殖し続けます。

勿論、増殖が続くのはそれだけによるのではなく、
代謝産物が蓄積をしない事のおかげによる事もありますよ。
(流加培養では新たに加えた培地と同じ量の培地を流出させるのが
 普通だったと記憶しています。)
こちらは、上手くやれば培地の状態・組成等を一定に保つ事も可能です。

まだまだ、細かい違いとかはありますが、簡単にということで。(^^)

rei00さんのご紹介なさっている本を読めば
大丈夫だとは思いますので、一応簡単に・・・・

簡単にいうと、培養の時の培地の扱い方の違いなんですよ。

回分培養というのは、培養している時に培地を新たに加えるような事はしないで、
最初に用意した培地のまま培養を進めていく方式です。
一回培養を始めたら、あとはじっと見守る~。

流加培養はその逆で、
培養槽に一定の割合で新たな培地を供給していく方法です。

蛇足ですが・・・
回分培養では微生物の増殖が進むにつれて、
基質(栄養)が減...続きを読む


人気Q&Aランキング