こんばんは。ふと素朴な疑問が浮かんでしまいました。関係代名詞のthatは、「前置詞+that」という形では使えないというルールがありますが、これはどうしてなのでしょうか?

学校の先生に尋ねたところ、

"The pamphlet about that moden office equipment is mine."という文を黒板に書き、「前置詞+関係代名詞thatという形が存在すると、この例文のように、about+thatを見た瞬間、「このthatは関係代名詞なのかそれとも冠詞的代名詞のどっちだ?」という思考が生まれ、一瞬、流れを止めてしまいかねない。前者の可能性がなければ、素直にthatを冠詞的代名詞のthatだと解釈し、そのあとのmodernは当然thatによって修飾されている、と読み手は瞬時に判断できるわけだ。”

とおっしゃいました。先生のこの説明は正しいのでしょうか?ただどうしてかよくわからないのですが、まだ頭がモヤモヤしてスッキリ疑問が解決したような気がしないのです・・。おかしな質問でごめんなさい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

先生が言われたことは大体こんな事じゃないかなと思います。


Tell me more about that girl .
( あの女の子についてもっと教えてくれよ。)
この例文のように「 前置詞(about)+指示形容詞(that)+名詞 」という大変見慣れた前置詞句があるので
Tell me the topic about that the girls were talking .
のようにもし仮に「 前置詞(about)+関係代名詞(that)」構造があればどうしても上記の前置詞句を予想して読むので混乱が起きて思考が止まるということだと思います。
( Tell me the topic and the girls were talking about it .を関係代名詞 that で表現した場合です。)
of which/whom , about which/whom などはいかにも「前置詞+係代名詞 」という感じである一方で about thatは「 前置詞(about)+指示形容詞(that)」なのか「 前置詞(about)+関係代名詞(that)」なのかでは本当に混乱します。そのために「 前置詞(about)+関係代名詞(that)」は一般的には起こらないということだと思います。
> The pamphlet about that modern office equipment is mine."
( その現代的なオフィス設備についてのパンフレットは私の物だ。)
thatが関係代名詞とすると「現代的なオフィス施設が私の物であるとパンフレット?」先行詞が不明確で意味不明になりそうです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、たしかにthatの指示代名詞としての用法はすごくありふれたものですものね。これにもし「前置詞+関係代名詞that」という形があったら読み手は必ず「う!どっちだ?」となってしまいますね。

ところで、「「前置詞+that」は一般的には起こらないと」とのことですが、そういう形が使われることはあるのですか?もしよろしければ教えてください。

お礼日時:2005/04/16 20:10

No.2 ohboy です。

前置詞 + 関係代名詞( that ) 用法は
興味があったのでいろいろ調べてみましたが・・
「 about/in/on/with/through + that 」などで Yahoo USで検索してみると、出てくるのは前置詞とthatがバラバラになった物しか出てきません。また、出てきてもそれは明らかに「 前置詞+指示形容詞(that)+名詞 」、「 前置詞)+代名詞(that) 」ばかりでした。
また、Shakespeareの「から騒ぎ」の一つのセリフで僕は
I can tell you strange news of that you yet dreamt not . ( お前が聞いたこともないような不思議な話もできるんだがな。)とばかり思っていたものが正確には
I can tell you strange news that you yet dreamt not of.文法通りになっていて「あれ、何で勘違いしていたんだろう。」ということでした。多分、芝居のセリフなので of that を強調で?
ということで僕が調べた限りでは全くありませんでした。
お力になれなくて済みません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろお調べになってくださったのですね。お手数をかけました。本当にありがとうございます。
僕もohboy729さんのようにGoogleなどで検索をかけましたが、やはり前置詞+代名詞や冠詞的代名詞などの例しか見つけることができませんでした(たとえあるにせよ、前置詞+thatはヒット数がすごいのですべてをチェックすることは不可能ですよね・・・)。

お礼日時:2005/04/17 11:15

基本的に関係代名詞のthatは、「前置詞+that」では使えないと思います。


関係代名詞のthatはその前にある先行詞(名詞)がどのようなものであるかを示すために使われます。
例:I'll give you the desk that I bought yesterday.
(昨日買った机君にあげますよ)
この場合は関係詞のthatはdeskが昨日買ったのもであるということを示していますね?
このように使うのです。
では、thatの前に前置詞が来るとどうなるか、というと・・・・・
前置詞=先行詞となります。
しかし、前置詞は名詞とはなり得ないのでthatの関係代名詞は成り立ちません。
つまり、thatの前に前置詞があった場合、冠詞的代名詞のthatと解釈するのです。
わかっていただけましたか?
もし、理解できなければまた言ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、前置詞を先行詞と考える、わけですね。これは僕にとってとても斬新なものです。どうもありがとうございます。お礼が遅れてどうもすいませんでした。

お礼日時:2005/04/16 20:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「前置詞+(関係代名詞の)that」がダメな理由。

「前置詞+関係代名詞」の中で「前置詞+(関係代名詞の)that」だけが許されない理由を教えてください。

Aベストアンサー

>「前置詞+関係代名詞」の中で「前置詞+(関係代名詞の)that」だけが許されない理由を教えてください。

 大変面白い質問だと思います。考えられる可能性はひとつです。

 それは「関係代名詞の『that』は限定する力が強いから」というものです。

 言い換えれば、「that」と先行詞との間にわざわざ「前置詞」を置くことによって「that」の限定する力が弱まってしまうことを話し手(または書き手)が無意識のうちに嫌っている内に、その用法が長い英語の歴史の中で(文法という形で)定着したのだと思われます。

 「that」の限定する力について触れておきましょう。例えば、先行詞に「the same」や「the only」などが付いている場合には「who」や「which」よりも「that」が好まれます。これは『that』が先行詞の意味を限定する力が強いためです。

 また、「which」や「who」などに「,」をつける非制限用法(または継続用法)があるのに対して「that」の前には「,」をつけることができないのも同じ理由によるものです。

 もし「,」を「that」の前に置いたなら、そのために先行詞と「that」の関係が弱まってしまいます。それは「that」の持っている先行詞を限定する力を弱めてしまうことになります。言い換えれば、「,」をつけるという行為は、わざわざ「that」を用いている目的と矛盾することになってしまいます。そして「前置詞」を「that」の前に置いた場合にも同じことが言えるということです。

 「関係代名詞」と「前置詞」が用いられた英文を使用頻度順に紹介しておきます。

(1) This is the man he spoke about yesterday.

(2) This is the man that he spoke about yesterday.

(3) This is the man who(m) he spoke about yesterday.

(4) This is the man about whom he spoke about yesterday.

 (1)は最も「informal」な場面で、(4)が最も「formal」な場面で用いられます。興味深いことは、(1)と(2)には先行詞の後に「,」を置くことができませんが、(3)と(4)には「,」を置くことができるということです。

 それは、(1)や(2)の英文では「(that) he spoke about yesterday」という部分と「the man」の結びつきが強いということを表しています。だからというわけでもないのですが、(1)(2)の英文では「about」という「前置詞」を先行詞の後に置くことはできません。

 以上のことから考えられる結論を再度まとめておきます。関係代名詞の「that」の前に「前置詞」を置くことができない理由は、「関係代名詞の『that』は先行詞を限定する力が強いのに、その間に『前置詞』を置いてしまうと、せっかくのその『限定する力』が弱まってしまうから」ということになります。

 当たり前だと思われていることに疑問を持つことは大切なことです。そこから英語に対するより深い知識やより正しい用法への認識が生まれるからです。

 今後の英語学習のご参考になれば・・・。

>「前置詞+関係代名詞」の中で「前置詞+(関係代名詞の)that」だけが許されない理由を教えてください。

 大変面白い質問だと思います。考えられる可能性はひとつです。

 それは「関係代名詞の『that』は限定する力が強いから」というものです。

 言い換えれば、「that」と先行詞との間にわざわざ「前置詞」を置くことによって「that」の限定する力が弱まってしまうことを話し手(または書き手)が無意識のうちに嫌っている内に、その用法が長い英語の歴史の中で(文法という形で)定着したのだと思われます...続きを読む

QSo ~ as と As ~ as の違い

例えば構文集に
「私の知る限り」は
So [もしくはAs] long as I know
「はやくも~のころには」は
As early as ~
と出ています。

そこで質問なのですが、それぞれどういう時にSo asを取ったりAs asを取ったりするんですか?
というのも、全部as asで覚えようとしても問題文ではso asで出ることが多いし、
かといってso asで覚えようとしたら今度はas asでなければならない表現が
あるようなので、覚えづらいのです。

(根本には比較と関係代名詞の両方でso asを習うために、イマイチas as(so as)の
正体がつかめていない、というのがあります。)

Aベストアンサー

No.1で回答した者です。

おっしゃるとおり、twice as ... as は前に twice という副詞がついているので as ... as ですね。

so (as) far as は、副詞が前につかなければ so でも as でも構いませんが、副詞が前につく場合は as を用います。

たとえば...

 × I'll do my best hard so far as possible.
 ○ I'll do my best hard as far as possible.

ということになります(この hard は副詞の hard です)。

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q違いを教えて!keep on ~ing と keep ~ing

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういうニュアンスに変化するのかが、どうもしっくり理解できません。

また、「on」を使っても特に意味自体に変化はなさそうな例文も↑のサイトからいくつも見られました。(例えば、「keep on listening/聞き続ける」や「keep on going/行き続ける」などたくさん。)

どういう時に「on」を使うのか、教えていただけないでしょうか。

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういう...続きを読む

Aベストアンサー

沢山ご回答がありますね。

keep (on) ~ing は on があってもなくても同じ意味で 単純に「し続ける」という意味です。
on は 副詞で「(ある動作を)続けて」という意味をもち これを入れるとより継続的に繰り返している感じになります。
まあそれゆえ日本語で捕らえると「しつこい」という意味を含むことになるかもしれませんね。

御参考になれば幸いです。

Q前置詞+wh-節とthat節の違いについて

例えば、

He is aware that it is difficult to do ~ .

という文章と、

He is aware of how difficult it is to do ~ .

という文章を比べた場合、なぜthat節の時はofが抜け落ちて、wh-節の時はofがつかないとダメなのですか?

Aベストアンサー

名詞節には that 節の他,if/whether, wh- がありますが,
前置詞の後に that,if を持ってくることはできません。
一部,in that ~, except that ~などがありますが,あくまでも例外です。

「~を知っている」という場合,基本 be aware of ~と前置詞がいるのですが,
普通に文的内容で that 節を持ってくる場合は自動的に前置詞は消えます。

あるいは of the fact that ~からの省略と説明できなくもありません。

疑問詞節 wh- については前置詞の後に持ってこれます。

しかし,前置詞を省略することが多いです。

多い,というのと,that の場合にあってはならない,というのは別です。

I'm sure that ~
I'm afraid that ~
I'm sorry that ~
こういう形容詞の後の that 節は副詞節とする説もありますが,
本来,名詞節であり,前置詞が置けないから自動的に省略されています。

繰り返しますが,wh- の場合に of がないとダメなわけじゃなく,
なくてもいいです。

ただ,本来,aware という形容詞の後に目的語的なものはこないので,
単純な名詞を持ってくる場合には前置詞を介する必要があります。

名詞節には that 節の他,if/whether, wh- がありますが,
前置詞の後に that,if を持ってくることはできません。
一部,in that ~, except that ~などがありますが,あくまでも例外です。

「~を知っている」という場合,基本 be aware of ~と前置詞がいるのですが,
普通に文的内容で that 節を持ってくる場合は自動的に前置詞は消えます。

あるいは of the fact that ~からの省略と説明できなくもありません。

疑問詞節 wh- については前置詞の後に持ってこれます。

しかし,前置詞を省略することが多...続きを読む

Qif any と if everの違いについて

She seldom, if ( ) , goes out by herself.
答えはeverなのですが、if any と if ever の違いがわかりません。

省略をカッコで表すと下のようになると思うのですが、この2文はどう違うのでしょうか。

There is little, (even) if (there is) any (hope), hope of your sccess.
There is little, (even) if (there is) ever (hope), hope of your sccess.

Aベストアンサー

まず any と ever の基本的な意味について確認すると、

 any「たとえ1つ(わずか)でもあるか、少しもないか」(数量の有無)
  Do you have any money?「お金を(少しでも)もっていますか」
  I don't have any money.「お金を(少しも)もっていません」
 ever「たとえ1度でもあるか、1度もないか」(回数の有無)
  Have you ever seen it?「それを(1度でも)見たことがありますか」
  No one has ever seen it.「だれもそれを(1度も)見たことがない」

これをふまえれば、原則として次の組み合わせになることがわかるでしょう。

  little, if any / few, if any (数量)
  seldom, if ever / rarely, if ever (回数・頻度)

なお、これらの意味について、参考書などで「たとえあるとしてもほとんど(めったに)ない」とか訳されていることが多いですが、これでは意味不明ですよね。要するに if any や if ever は、little や seldom の表す<少なさ>を強調する働きをしていて、「ほとんど全くない」「まずめったにない」といったニュアンスになります。

まず any と ever の基本的な意味について確認すると、

 any「たとえ1つ(わずか)でもあるか、少しもないか」(数量の有無)
  Do you have any money?「お金を(少しでも)もっていますか」
  I don't have any money.「お金を(少しも)もっていません」
 ever「たとえ1度でもあるか、1度もないか」(回数の有無)
  Have you ever seen it?「それを(1度でも)見たことがありますか」
  No one has ever seen it.「だれもそれを(1度も)見たことがない」

これをふまえれば、原則と...続きを読む

Qquite a fewは何故「相当数の」?

quite a fewを辞書で引くと、「かなりの数の」「相当数の」という訳が出てきます。
しかしquiteとa fewという組み合わせでこのような解釈になる理由というか、イメージがよくわかりません。
何も知らずに訳したら「かなり少ない」となってしまいますよね?

曖昧な質問かも知れませんが、「quite a few」のイメージを何となくでも良いのでお教えください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このquiteと言う単語は「次に来る形容詞的フィーリングの最大限ともいえる数値をもたらす」と言うフィーリングがあります(を出せる単語です)。

a fewとはどういうことでしょうか。 数個と言う訳が付いていますね。 数個と言う数ははっきり言っていくつかは分かりませんね。 その分からないと言う部分を最大限に持っていっているわけです。 その最大限と言うのは「相当な数」と言うフィーリングになるわけです。

ですから、a few/bitと言ういかにも少ないと感じる量が最大限の数値になるわけです。

これは、すでに多いと言うフィーリングをもつ、many/a lotにしても同じことなのです。 これもいくら多いと言ってもはっきりした数値は分かりませんね。 これを最大限にもっていく、と言うことは、very manyと言うことにもなるわけです。

ではこれは数だけのことを言うかと言うとそうでもありません。 He is a guy.と言えば単に「男性だ」と言っているわけですね。 これを、He is quite a guy.と言う表現に変えて、男性は男性だけど男性としての最大限の価値を持つ男性、と言うことになり、なかなかの奴だよ、と言うフィーリングになるわけです。

また、not quite finishedと言うような表現としても使い、終わっていないといえる最大限の状況、つまり、日本語に直すと、まだ終了したとは言えない、もう少しで終わるところ、と言う言い方とマッチするわけです。

もう少し例を出しましょうね。 quite a while agoと言うと言う表現がありますね。 ただのa while agoと言うあいまいとも言えるフィーリングの最大限に伸ばした、「かなり」昔のことだけど、と言うフィーリングを出すことができるわけです。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このquiteと言う単語は「次に来る形容詞的フィーリングの最大限ともいえる数値をもたらす」と言うフィーリングがあります(を出せる単語です)。

a fewとはどういうことでしょうか。 数個と言う訳が付いていますね。 数個と言う数ははっきり言っていくつかは分かりませんね。 その分からないと言う部分を最大限に持っていっているわけです。 その最大限と言うのは「相当な数」と言うフィーリングになるわけです。

ですから、a few/b...続きを読む

Q関係副詞と接続詞の見分け方

関係副詞と接続詞の見分け方で便利な方法はあるのでしょうか?when などです。

Aベストアンサー

<接続詞>
He called me. I was out then.(彼が私に電話をした。私はそのとき外出していた。)

When he called me, I was out.
二つの文を一つにするためのものが[接続詞]

<関係副詞>
The day when he was born is today.(今日は私の生まれた日だ)
ここでは[when he was born]が[The day]にかかっているので、[The day when he was born]は[彼の生まれた日]となる。
そしてその日が今日なので[~ is today]となります。
この関係副詞のwhenがかかっている[day]のような単語を先行詞とか呼んじゃったりします。高校で出てくるかも。(ついこないだ出てきました)
つまり関係副詞は、[ひとつの単語に説明を加える]だけなんです。[The day is today]ではただ、[日は今日です]となり、何の日なのか分かりません。だから説明として[when he was born]で彼の生まれたなどの説明をつけるわけです。関係代名詞みたいなもんです。

<接続詞>
He called me. I was out then.(彼が私に電話をした。私はそのとき外出していた。)

When he called me, I was out.
二つの文を一つにするためのものが[接続詞]

<関係副詞>
The day when he was born is today.(今日は私の生まれた日だ)
ここでは[when he was born]が[The day]にかかっているので、[The day when he was born]は[彼の生まれた日]となる。
そしてその日が今日なので[~ is today]となります。
この関係副詞のwhenがかかっている[day]のような単語を先行詞とか呼んじゃったり...続きを読む

Qas is(was) ... は文法的にどう解釈すればよいのでしょうか?

例を挙げると、英辞郎に、

As is often the case with victims, she doesn't want ....
被害者にはよくあることだが...
As was pointed out at the time, he was no longer ....
すでに指摘されたように...

などの例文がありますが、
この最初の "as is(was)" を文法的にどう解釈するのか分かりません。

as が 主語なのでしょうか?
それとも何らかの主語が省略された表現なのでしょうか?

英検3級止まりの英語力でも分かるように説明していただけたら助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1) Do in Rome as Romans do.
ローマ人がするようにローマでは振舞え(郷に入りては郷に従え)
(2) As she said, the river was full of trout.
彼女が言ったように川は鱒であふれていた。
(3) Associate with such a one as you can look up to.
尊敬できるような人と付き合え
(4) As is often the case with victims, she doen't want...
被害者によくあるように(ことだが)彼女は…したがらない

as にはいくつかの意味があります。そのうち「ように、ような」で訳せるもののいくつかの例ですが、(1)(2)は接続詞、(3)(4)は関係代名詞と「されています」。

また(1)(3)は as の後ろから「~ように、~ような」ととり、(2)(4)は主節の内容を受けています。

(2)「彼女が言ったこと」→「川が鱒であふれていたこと」
(4)「被害者によくあること」→「…したがらないこと」

これらの用法の as は

・自分自身(asの導く節)が「~ように、ような」
・相手(主節)の内容を指して「そのように、そのような」

という働きをもち、いずれも中核にあるのは「同じように(な)」というイメージです。

ここからは「文法のための文法」です。

「接続詞」とされるもの
(1) Do in Rome as Romans do.
ローマ人がするようにローマでは振舞え(郷に入りては郷に従え)
(2) As she said, the river was full of trout.
彼女が言ったように川は鱒であふれていた。
では as 節の動詞 do, say はこれだけで用が足りる動詞(つまり自動詞)と辞書で定義されています。つまり完全な文を率いているので「接続詞」であってもいいのです。これはどういうことかと言えば、

「関係代名詞」とされるもの
(3) Associate with such a one as you can look up to.
尊敬できるような人と付き合え
(4) As is often the case with victims, she doen't want...
被害者によくあるように(ことだが)彼女は…したがらない
においては as 節の動詞 look up to は「他動詞」とされており目的語をとらなければなりません。is には主語がありません。このままでは不完全な文になりますから、as を関係代名詞ということにするのです。

関係代名詞は「文をつなぐ働き」と「主語、目的語、補語」の働きを兼ね備えたものです。

This is the man whom I saw.
whom は文をつなぎ、また saw の目的語になっています。
This is the man who spoke to me.
who は文をつなぎ、また spoke の主語になっています。

まとめれば、働きやイメージは同じか似通っていますが、あくまで文法的観点からは別の品詞と扱われているのです。

なお、#3でおっしゃっているように、様態というより注釈的な使い方ではコンマを使い主節と区切るのが一般的です。

(1) Do in Rome as Romans do.
ローマ人がするようにローマでは振舞え(郷に入りては郷に従え)
(2) As she said, the river was full of trout.
彼女が言ったように川は鱒であふれていた。
(3) Associate with such a one as you can look up to.
尊敬できるような人と付き合え
(4) As is often the case with victims, she doen't want...
被害者によくあるように(ことだが)彼女は…したがらない

as にはいくつかの意味があります。そのうち「ように、ような」で訳せるもののいくつかの例ですが、(...続きを読む

Q前置詞の直後に(関係代名詞の)that節が来れない理由を教えてください

前置詞の直後に(関係代名詞の)that節が来れない理由を教えてください。

Aベストアンサー

>これについてはいかが思われますか?

これはよく言われる理由です。「接着剤として強力」「強く先行詞を修飾」というのは「that の方が特定する力が強い」という表現で言い換えられることが多く、#1で書いたのと同じ「元来 which は『どんなものか』で性質を付け加え、that は『それ』でそのものズバリを指す」という理由が付け加えられることもあります。

先行詞に only, all, 最上級がつくときの関係代名詞は that になることが多いということの説明にはよく当てはまります。つまり、こういうものがついた先行詞は限定されたものになるため、それに今更「どんなものか(あるいは現代語の意味で「どれか」」などつけるよりもすっぱりと「それは」と言ってしまった方が理にかなっています。
しかし、先行詞が特定のもや固有名詞であるいわゆる非制限用法においては先行詞はすでに限定されているわけであり、関係節が先行詞を後ろから限定するのではありません。それなら追加説明を付けるのに疑問詞起源のものを使って「どんなものかというと…」とか「どれかというと…」などというよりストレートに指示代名詞起源の that で「それは…」と言った方が合理的です。もちろん話し言葉では固有名詞を言った後、相手の注意を引くためにあえて指示代名詞を使い「それは…(このときは当然 that がアクセントを持ちます)」ということも可能でしょう。しかしこれを、非制限であれ制限であれ、関係代名詞と同じ見た目になるように書くことは決まり上許されていないのです。

以上から、that が非制限用法にならないことの説明は十分にできないと思います。また that そのものに強い特定力があるからといってそれに前置詞がつかないことの説明にはなりません。中高生に説明するときは「that の方がくっつける力が強い(非制限用法がないこと)。すき間に入り込んでそれ自体見えなくなることも多い(関係詞の省略や接触節のこと)。接着剤でくっつけるとき間に余計なものが入ったらまずいでしょ」と言ったことはありますが、それは今回の質問に答えたことにはなりませんね。

>これについてはいかが思われますか?

これはよく言われる理由です。「接着剤として強力」「強く先行詞を修飾」というのは「that の方が特定する力が強い」という表現で言い換えられることが多く、#1で書いたのと同じ「元来 which は『どんなものか』で性質を付け加え、that は『それ』でそのものズバリを指す」という理由が付け加えられることもあります。

先行詞に only, all, 最上級がつくときの関係代名詞は that になることが多いということの説明にはよく当てはまります。つまり、こういうものがついた先...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報