庇の建築面積算定はわかりますが、床面積には含まれるのでしょうか?(1階、2階どちらに算定でしょうか?)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1階の庇の場合,#1さんの指摘の通り,通常は床面積に含まれませんが,自転車置き場などの室内的用途(生活上又は部品の格納の目的で雨露をしのぐ用途)のある場合は,建築面積と同じ計算方法で,庇の先端から1mを超える部分を1階の床面積に算入します。

例えば,1本柱の傘のような建物の場合,周囲の先端から1mを差し引いて床面積とする,と言うことです。

2階以上の場合で,その階のテラスなどに突き出ている庇の場合は,用途に関係なく,先端から2mを超える部分をその階の床面積に算入します。2m以上の庇が有れば,十分に室内的用途に使えるという判断です。即ち,2m以上突き出ている場合で,両側に壁等がない場合は,(庇の出-2m)x(庇の幅-2mx両側2箇所)を床面積として算入します。片側に壁がある場合は,(庇の出-2m)x(庇の幅-片側2m)で,両側に壁等が有る場合は,(庇の出-2m)x(庇の幅)になります。
    • good
    • 2

床面積には入りません。


ただし、その下が物干場だったり自転車置場だったりの使用目的があれば、
使用する面積が1階の床面積に算入されますから気をつけて下さい。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建築基準法の床面積の算入について

1階と2階をつなぐ屋内階段があるとして
それは
1階と2階のどちらの床面積に含まれるのでしょうか?

Aベストアンサー

階段は1階2階どちらにも算入されます。
吹き抜けがあればその部分は1階のみに算入します。

Q2階床伏図兼1階小屋伏図について

現在、2級建築士「製図」の試験勉強をしているのですが、要求図面の「2階床伏図兼1階小屋伏図」の理解に苦しんでいます。
いくつか参考書を購入して勉強しているのですが、今いち作図方法がわかりません。非常にわかりやすいテキスト等あれば教えて下さい。
仕事も建築関係ではないので実際に図面というのを描くのも今回が初めてで、本当の初心者向けに解説されているものがあれば助かります。

雑文で申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>「2階床伏図兼1階小屋伏図」の理解に苦しんでいます
◆はっきり言って、理解できてないようですね
2階床のレベルは1階の屋根のレベルでもありますから
2階床伏図は当然、1階小屋伏図を兼ねることになります
>今いち作図方法がわかりません
◆2階床伏図は床仕上げのない状態、小屋伏図は屋根仕上のない状態
、これが判らないと作図は無理です
>本当の初心者向けに解説されているものがあれば~
◆専門書はどうしても関連の仕事をしている人向けですから、
それはないと思いますよ
工事中の木造建物の軸組みをよく観察してみましょう
すでに買われているかもしれませんが
下記は私が仕事を始めた頃からある本です
(「木造の詳細」シリーズはロングセラーのいい本です)
「木造の詳細 構造編 彰国社」
http://www.shokokusha.co.jp/books/mdetail.html

Q床面積について

工場の一部に体育館の点検用通路などのような床を設ける計画をしています。この場合この床は床面積としてカウントされるでしょうか?体育館の点検用通路は常時使わないから床面積に算入しないという事例はしっていますが、今回の計画では常時使う計画をしています。なんとか算入されない論法をかんがえていますが、なにか知っている人がいれば知恵を貸して下さい。お願いします

Aベストアンサー

愛知県の例規集には
点検のみの目的の場合は不算入とあります。

常時使用するのなら算入すべきでしょう。

算入したくないのなら、点検のみの使用ということで
構造的にも納得できる設計になっていないといけないでしょう。
(例えば、その通路からでしか入れない部屋があったりしたら無理なのではないでしょうか?)

Q建築製図:面積の計算の仕方

建築製図の初心者です。
基本的な質問をさせて頂きます。

製図において各室の床面積などは壁厚などを考慮せずに部材の中心線から中心線までの長さから計算するのでしょうか?

以上。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ここに書かれています。

http://www.iuk.co.jp/img/10_18.pdf#search='床面積'

Q地下階のある建築物の地震による水平力の検討

建築士独学中です。

「地下階のある建築物の地震による水平力の検討では、地下外壁を介して地中に伝達される水平力と杭が負担する水平力を別々に行う」
とありました。
意味が取れないので解説お願いします。
地下階や杭に作用した地震力が他方から逃げていくと仮定すると危険側の設計になってしまうので避けるということを言っているのでしょうか?

Aベストアンサー

恐らく、杭設計用水平力の分担率に関する記述と考えられます。

建物の根入れ部分(地盤面以下で杭頭までの間の部分)は、杭と同様に側面を土によって支えられていると考えることも可能です。

したがって、その部分(根入れ)が負担できるであろう水平力を、建物の高さと根入れ部分の深さの関数によって計算することが許されています。
イメージとしては、全水平力=杭の水平力+根入れ部分の水平力(土の抵抗力)、です。
また、根入れ部分の水平力に対して各部材が抵抗できることを検証する必要があります。

しかし、あくまでも杭の設計用水平力の低減に関する項目ですので、上部構造体はこの低減を使用することは出来ません。

ちなみに、液状化の発生が予想される地盤には適用できません。
当然ですよね、液状化が発生すると土としての抵抗力が失われますから。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報