私の勤め先の部署が変わりまして、金融機関全般をお客様とする担当になりました。
私の会社は金融機関でありませんし、金融業界に対する知識にも乏しいことから
FPに絞って資格所得を含めた自己学習を予定しています。
(その理由は省略させてください)
FPにも2種類あるということは知っていたのですが、
実際現場の方が取得されている物を取りたいと思っていますので、
2種類のFPについての違いについて、私が調べた結果を下記に並べさせて頂きました。
現場の方々からのアドバイス・私の認識の誤りなど色々ご意見頂きたいと思います。
よろしくお願いします。

●AFP・CFP
・認定機関:日本FP協会(特定NPO)
・試験告示:日本FP協会(民間資格)
・資格取得/維持のコスト:認定教育機関での講習(約20万円)+隔年での維持費
・強み:独立系?独立のためのステップとして取得する人が多い
   :AFPの取得は比較的容易
   :生保からの支持が強い
・弱み:恒常的な出費
   :NPOでありながら各団体からその営利主義に批判が多い?

●金財FP
・認定機関:金融財政事情研究会(社団法人)
・試験告示:厚生労働省(公的資格)
・資格取得/維持のコスト:受験費のみ?
・強み:銀行系?各種金融業務関連資格のラインナップの一つ
   :3級の受験資格はなし
   :銀行からの支持が強い
・弱み:1・2級には受験資格が必要
   :あくまで金融機関の業務能力を裏付ける資格であり、独立家養成を目的としていない。
   (独立している人で取得者は多いと思いますが)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

金財FP3級とCFPを持っています。



それぞれの資格について、本に書いていないことなど良く調べていらっしゃいますね。特にAFP・CFPの弱みの項など、感じていてもなかなか口に出せないですよね。

両方受験した経験で補足比較させていただきますと、金財FPが記述式で細かな計算能力が必要であるのに対し、AFP・CFPの試験は4択で、ざっくりとした知識でも正答しやすいと言えます。

まさに、銀行と生保の体質の違いに近く、試験のタイプが異なりますので、難易度を単純比較するのは難しいです。

また、CFPは独立のステップに取得する人は確かに多いですが、この資格だけで独立は難しいです。金融機関の営業職が取得するケースと、会計士や税理士など他の資格取得者があわせて取得されるケースに大別されると思います。

以上、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ずいぶん回答が遅れまして申し訳ありません。
やはりCFPは既に他の資格がもった方が取られるケースがありますか・・・
大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/23 22:31

No.2に書き込んだものです。

ミスがありましたので訂正させてください。

金財FP3級は、記述式でなくマークシートでした。2級以上が記述です。しかし細かな計算能力が必要である試験には変わりありません。

私の記憶違いで、大変失礼しました。
    • good
    • 2

都銀に勤務していた者です。


お尋ねの違いですが、一番明確な違いとしては、やはり試験の難易度の差から「キンザイFP」よりは「AFP」そして「CFP」(CFPのほうが格が上といわれていました」の取得が理想という感じでした。
「キンザイFP」は現在は殆どの銀行で必須という感じになるのではないでしょうか。銀行によっては始めから「AFP」取得を行員に推奨しているしているところもあるようです。「CFP」は費用の面から希望者が自己のステップアップの為に・・というイメージです。
「AFPの取得は比較的容易」とありますが、決してそんな事はありません。
今のようにFPという資格がメジャーになる以前は確かにそうでもなかったかもしれませんが、現在の試験はかなり難しくなっています。
わたし個人の非常に主観的なイメージを言わせて頂けば、名刺に印刷するとするなら、「キンザイ」より「AFP/CFP」のほうが「おおっ」と思えますね。
因みにわたしは「キンザイ」しか持ってませんでした(笑)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございます!
確かに資格の魅力は「AFP」が上かな~という気がします。
ただ、「キンザイ」は行員の方々に半強制されているという事実を見ましても
我々(お客様の事情を理解していく立場)としては邪険にはできません(苦笑)。

こういった生のご意見をどしどしお待ちしております!!!

お礼日時:2002/01/06 18:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFP、AFP、CFP関連の新しい資格について

私はFP三級の資格をとろうと思っているのですが、先日既にFP3級をもっている知人の職場にどこからか電話がかかってきて「FP関連の新しい資格が近々出来ますので、是非取得をご検討下さい。」みたいなことを言われたらしく、知人から「もしかしたら今FPをとるよりその新しい資格が成立するのを待って、そちらの勉強をした方がいいかもしれないよ。」と言われたのですが、どうも知人の話の内容がよく分かりません。どなたかこの「新しく出来る資格」についてご存知の方がいらっしゃいましたら、詳しく教えて頂けませんか。よろしくお願いします。ちなみに、電話をかけてきた会社はTLP?というような名前だったといっていました。

Aベストアンサー

多分、「金融士」の事だと思いますよ。
詳しくは下記URLをご参考に。ただ、まだ構想の段階であり、しか
も取得するのには、かなり高いハードルがいくつもあるようですよ。

参考URL:http//www.fsa.go.jp/news/19/sonota/20080430.pdf

QAFPの継続学習で教えてください。FP以外の資格挑戦は、継続学習と認め

AFPの継続学習で教えてください。FP以外の資格挑戦は、継続学習と認められないのでしょうか?

以前、どこかで耳にしたことがあるのですが、FPの科目に「不動産」があり、AFP取得後に「宅建」へのチャレンジも対象になるとか・・・。

お願いします。

Aベストアンサー

> AFPの継続学習で教えてください。FP以外の資格挑戦は、
> 継続学習と認められないのでしょうか?
継続教育の単位として認められるのは、日本FPが認定した講習会の受講完了であり、他の資格取得を以って単位認定はしておりません。
<以下はFP協会ホームページのQ&Aより転載>
Q4. 「継続教育単位の取得方法」は
  継続教育単位を取得するには次の方法があります。
(1) 研修の受講
(2) 執筆
(3) 講師
(4) 協会が承認した「スタディ・グループ」(以下「SG」という)における勉強会
Q5. 「研修の受講」とは
  研修の受講とは次のものを指します。
(1) 協会の認定教育機関が主催する「継続教育研修」、「CFP?試験対策講座」
(2) 「『FPジャーナル』継続教育テスト」
(3) 協会本部が主催する「FPフェア」
(4) 協会ブロック・支部が主催する継続教育研修
(5) その他、協会が認める研修
Q6. 「協会の認定教育機関が主催する「継続教育研修」とは
  協会の認定教育機関は、継続教育単位取得の機会として、継続教育研修を開催しています。開催予定は、「Myページ」の「継続教育セミナー情報」、『FPジャーナル』の「継続教育セミナー情報」で確認することができます。継続教育研修では、取得できる継続教育単位数や課目があらかじめ定められていますので、資格更新に必要な要件が満たせるよう計画的に受講することができます。また、継続教育研修にはそれぞれの「承認番号」が定められています。継続教育単位の管理・申請に必要な番号ですので、必ずご確認ください。
Q7. 「協会の認定教育機関が主催するCFP?試験対策講座」とは
  協会の認定教育機関が実施する「CFP?資格審査試験」の試験対策講座の受講でも継続教育単位を取得することができます。CFP?試験対策講座の開催予定は、「Myページ」の「CFP?試験対策講座」、『FPジャーナル』の「継続教育セミナー情報(CFP?試験対策講座の欄)」で確認することができます。
 また、CFP?資格審査試験の全課目に合格した場合はその時点で15単位を満了したとみなされます。課目合格による単位申請は認められません。
Q8. 「『FPジャーナル』継続教育テスト」とは
  『FPジャーナル』の隔月(偶数月)に掲載される「FPジャーナル継続教育テスト」を受験し、合格することで、1回につき3単位が取得できます。
出題形式は20問・4肢択一方式(10問以上の正解で合格)で、『FPジャーナル』に掲載されている「FP誌上講座」をもとにした内容となっています。
受験方法は、(1)『FPジャーナル』巻末に添付されているハガキ(マークシート)に記載し、返送するか、(2)協会会員専用HP「Myページ」で受験(入力)するか、のいずれかとなっています。
受験料は、1回の受験につき、(1)ハガキ(980円・税込)、(2)「Myページ」(880円・税込)です。
なお、『FPジャーナル』継続教育テストは「複数課目」(倫理を含む)として規定されていますので、本テストに1回でも合格すれば課目数という要件は満たしたことになります

> 以前、どこかで耳にしたことがあるのですが、FPの科目に「不動産」があり、
> AFP取得後に「宅建」へのチャレンジも対象になるとか・・・。
古い話なので、多少記憶違いはあるかもしれませんが・・・
単位認定制度が始まって数年間だけは、関連する資格取得をすると、その資格に応じて単位に換算するという取り扱いがありました。

> AFPの継続学習で教えてください。FP以外の資格挑戦は、
> 継続学習と認められないのでしょうか?
継続教育の単位として認められるのは、日本FPが認定した講習会の受講完了であり、他の資格取得を以って単位認定はしておりません。
<以下はFP協会ホームページのQ&Aより転載>
Q4. 「継続教育単位の取得方法」は
  継続教育単位を取得するには次の方法があります。
(1) 研修の受講
(2) 執筆
(3) 講師
(4) 協会が承認した「スタディ・グループ」(以下「SG」という)における勉...続きを読む

QFP2級、AFPの資格取得について

FP2級、AFPを取得したいのですが、詳細をどなたか教えてください。
まずFP2級の試験に合格した後、さらにAFPの試験を受けて合格して 両方の資格が得られるのでしょうか? また、ユーキャンとかきんざいなどの通信教育を受けていればAFPの試験は免除されるのでしょうか?
どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1級FP技能士の者です。
2つの資格を取得するに当たり、試験を2回受ける必要はなく、また、通信講座を受講したからといって試験が免除されることはありません。

2級FP技能士とAFP資格審査試験の関係ですが、2級FP技能士を認定する2級FP技能検定はAFP資格審査試験を兼ねていますので、どちらの資格も受ける試験は同じということになります。但し、AFP資格認定のためには試験合格に加えてAFP認定研修を修了する必要があります。ユーキャンやきんざい等の通信教育機関が実施する2級FP技能士の講座はAFP認定研修の指定を受けた教材が多いようですが、念のため、教材の説明に「AFP認定研修」である旨記載されていることを確認する必要があります。

また、これらの資格認定の条件ですが、2級FP技能士は2級FP技能検定試験の学科試験と実技試験の両方に同時合格することで認定されます。AFP資格は2級FP技能検定試験の学科試験と実技試験の両方に同時でも別々でも良いので合格し、かつ、AFP認定研修を修了し、日本FP協会に登録することで認定されます。また、AFP認定研修の修了は試験合格の前でも後でも構いません。

1級FP技能士の者です。
2つの資格を取得するに当たり、試験を2回受ける必要はなく、また、通信講座を受講したからといって試験が免除されることはありません。

2級FP技能士とAFP資格審査試験の関係ですが、2級FP技能士を認定する2級FP技能検定はAFP資格審査試験を兼ねていますので、どちらの資格も受ける試験は同じということになります。但し、AFP資格認定のためには試験合格に加えてAFP認定研修を修了する必要があります。ユーキャンやきんざい等の通信教育機関が実施する2級FP技能士の講座はAFP認定研修...続きを読む

Q宅建とFP1級どちらがよいでしょうか?ちなみに金融機関に勤務しておりま

宅建とFP1級どちらがよいでしょうか?ちなみに金融機関に勤務しております

Aベストアンサー

資格の色んな意味での「即効性」を求めるなら「FP1級」でしょう
か。基本的に、宅建より難易度も高いという評価です。ですが、本当
に役立つかは、職種により違います。融資担当なら宅建の方が、担保
に絡む不動産や法的知識は必須なため重要ですし、渉外・得意先係な
ら、税務やライフプラン二ングを絡めた営業活動にはFP1級の方が
重要である事が多いでしょう。(まあ、1級だと、資産家や企業が主
な営業先な場合も多いので、当然に不動産や法的知識も必要ですが)
ちなみに、私も銀行員で数年前まで、渉外係(個人顧客)をしていま
したが、かなり相続の事を尋ねられることが多かったですね。やっぱ
り、ある程度の年配の方だと、大いに関心があるようです。FPでも
相続の基礎は学びますので、税務と組み合わせて、一般論的な流れを
説明できれば(ちなみに、個別的な事は、税理士等の専門職でなけれ
ば判断できません。ご存じだと思いますが)信頼を得やすくなります
よ。

Q金融以外の業界でのFP資格の価値&その他のオススメの資格

自己啓発ために何か資格を取ろうと考えていて、特にFPに興味があります。

ただ、現在いる業界は金融ではありませんし、今後金融業界に行きたいという希望も特にはありません
(というより今は転職願望もありません)。

自己啓発のためとはいえ、せっかく勉強するのだから仕事やキャリアにプラスとなる資格を取りたいのですが、
このように金融以外の業界にいる場合も、FPを取って何かしらのメリットはありますか?
それとも他の資格の取得を目指した方が有益でしょうか?

尚、勉強期間としては毎日1~2時間の勉強時間で、数ヶ月~1年ぐらいで取得の可能性があるものを希望しています。

また、FP以外には社労士や行政書士、宅建、税理士試験の一教科あたりにも興味があるのですが、
これらの資格は上記の勉強期間では難しいでしょうか?

参考までに、現在取得している資格は日商簿記2級とビジネス実務法務検定2級、
証券外務員(これも自己啓発のために取りました)で、職業は人事総務系の仕事をやっています。

アドバイスをいただけると助かります。
※特に今から勉強を始めて、10~11月頃に合格できるレベルのものがもしあれば理想的です。

宜しくお願いします!!

自己啓発ために何か資格を取ろうと考えていて、特にFPに興味があります。

ただ、現在いる業界は金融ではありませんし、今後金融業界に行きたいという希望も特にはありません
(というより今は転職願望もありません)。

自己啓発のためとはいえ、せっかく勉強するのだから仕事やキャリアにプラスとなる資格を取りたいのですが、
このように金融以外の業界にいる場合も、FPを取って何かしらのメリットはありますか?
それとも他の資格の取得を目指した方が有益でしょうか?

尚、勉強期間としては毎日1~2時...続きを読む

Aベストアンサー

ほぼあなたが持っておられる資格と同様のものを持っています。そして一応FPでした。(今は協会を脱退しているので技能士ですが。)まず、FPを取るメリット。金融機関以外ならあまりメリットはないと思います。もっとも金融機関でもメリットは少ないと思いますが。今のお仕事なら社労士がいいのではないですか?社労士ありきでFPならFP資格は生きてきます。税理士プラスFPでも良いと思います。FPだけでは何の役にも立たないと思います。独占資格ではないからです。FP資格がなくてもコンサルタントはできます。だからです。私自身も資格志向に一時はしりましたが、会社勤めなので資格にこだわらずに勉強をするようにしました。IT関連の勉強とか、内部統制とか、いろいろ会社勤めしていると資格はなくても役立つ勉強、興味のある勉強がいっぱいあるのでそれを勉強しています。資格はモチベーションを保つためにいるのでしょうが興味や役に立たない資格にこだわらないほうがいいと思うようになりました。答えになっていないかも知れませんが、自分の経験を書いてみました。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

おすすめ情報