人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

今日、高校の中間テストがありました
高校生になって始めての定期考査だったので
張り切って勉強していたのですが、
授業であまり触れていないところなどが
結構出題されて全然出来ませんでした…。
もしかしたら赤点になってしまうかも知れません
もし赤点だった場合は一般的にどうなるのですか?
追試なんかをするのでしょうか?
また赤点だった場合次回の期末でいい点をとるなどで
カバーすることは出来るのでしょうか?
あと、1年間あまりに成績が酷すぎると
進級できないそうですが、
進級できない生徒はどれくらいるんですかね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

高校に勤めています。


一般的には皆さんが仰る様に学校によって違いますが学校側は留年させるのが目的ではありませんから赤点1回=留年と言う所はまず無いと思います。以下ご参考までに項目に分けてみました

(1)出題傾向
テストに就いては[授業であまり振れていない所が出題されて…」と言う事ですがこれも学校や先生に依ります。
勤務先では授業で触れた事が出題される事が殆どですけれど私の出身校では授業で触れたことなどまず出ませんでした。(授業で基礎を習い、テストはその応用が出来るか、つまり実力を判断するとの事でした)
また出題傾向は試験を作る先生にも依るので教科によっては複数の先生が出題(大抵中間を作った先生と期末を作る先生が違う、と言うようなイメージでしたが)される事もあり、そのような場合には『誰が作るか』によっても違いました。

(2)追試・レポート・補習
試験の結果は基本か応用かは兎も角習熟度をはかるものですから『赤点』と言う事はそれに達していないと言う判断になります。それを補ったりする方法に追試・レポート・補習などがありますがこれも学校や先生によって違います。
勤務先では各教科レポート提出させるものが殆どですが数学については追試が行なわれます。
出身校では数学は追試、ただ、赤点が30点未満なのに対し、追試合格点は80点以上、更に追試の方が問題が難しくなり、合格するまで追試を受け続けなければならないという条件でした。英語は赤点を取ると教科の雑用係・連絡係に任命され次の試験までは解放されることはありませんでした。他の教科では個々に呼び出されてレポート課題が与えられる(点数に応じ)というものが多かったと記憶しています。
補習については一般生徒が休みの時、学校で一定時間補習を受け終了後にテストがあるものもあります。

(3)留年など
試験の結果が悪くて留年という場合には年間のトータル(平均)を見る学校が多いですから1度の(中間)試験で赤点を取っても即留年、と言うことにはなら無いと思います。成績のつけ方については学校によると思うので悪い点数の結果がそのまま残ってしまうこともあるかと思いますが学期制を採っているならば中間の赤点は期末でカバー出来ると思います。(中間+期末の平均で成績をつけることが殆どなので通知表には挽回できれば反映しない)

また成績が悪い場合には2で申し上げた方法などで何とか救済してくれる所も多いですが出席日数が不足している場合には成績が良くても留年することもあります。
この場合には基本的な救済措置はありません。ただ…欠席が多い生徒には事前に「このまま休むと危ない]と言う忠告をしてくれる先生も居ます。

進級出来ない生徒…これについては学校の方針にも依りますので何とも言えませんので、心配なら担任の先生などに聞いてみては如何でしょうか?先ほども申し上げたとおり学校側は留年生を多く出すのが目的では無い筈なので対処法や方針、過去のデータなどは教えてくれると思います。

ご参考までに
    • good
    • 10
この回答へのお礼

詳しいご説明ありがとうございます助かりました!
高校に勤めてる方の回答、とても参考になりました
これからも勉強を頑張りたいと思います
回答ありがとうございました

お礼日時:2006/05/23 12:55

追試などの扱いは学校によります。


ですが、一つ言えることは公立の学校の場合は赤点が原因で進級できない事は99%ないです。
赤点取った場合でも、先生の補習を受けたり、赤点者課題を提出する事で進級に必要な点数はくれる学校がほとんどです。
なのでくよくよ考えずにスパッと割り切って、今回のテストの反省と次のテストに向けての勉強をした方が良いですよ。

もちろん次のテストで今回の結果をカバーする事は出来ます。中間と期末の点数の平均をもとにして通知表の点数を決める学校が多いですからね。

でも私立は赤点取ったら容赦なく留年させられる所が多いとは聞きます。
silver-youさんの学校が私立ならば先生に相談した方がいいかもしれませんね。

ちなみに私の学校(県立)での留年の取り扱いは
学年末の通知表で一教科でも30点以下があると、留年です。(私の学校は通知表は100点満点の点数制です)
    • good
    • 7
この回答へのお礼

僕の学校は都(公)立の学校です
留年は滅多にないんですね~
ダメな教科があれば次の期末でがんばります 
回答ありがとうございました

お礼日時:2006/05/23 12:52

●「赤点(欠点)、および、進級・原級留置・・・」など、については、その学校の、「システム」に、よります。



ご参考までに、私の卒業した、高校(新潟県)のシステムでは、

「赤点(欠点)」は、各教科100点満点中、34点以下、の点数のことです。

我が高校(母校)には、「追考査(追試験)」の、制度は、ありません。

ただし、つぎの、3つの「条件」の、一つにでも、あてはまれば、当該生徒は、「原級留置」となります。
・全教科(科目)の、平均点(100点満点)が、39点以下の者。
・19点以下の、科目(当該科目を、「放棄」したと、みられる者、に限る。)が、1つでもある者。
・34点以下(いわゆる、『赤点(欠点)』)の、科目が、3科目以上、ある者。

と、なっています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

いろんな学校があるのですね
情報ありがとうございます

お礼日時:2006/05/23 12:49

学校によって違うと思います。


普通は入学直後に説明があると思うのだけど・・・。

私が出たところの場合、各期末の時点でそれまでの平均が赤点だと補習がありました。(期末の休みの間ね)
年間通して赤点だと追試がありました。
それでもダメなら留年でした。(私の学校は一教科でもあれば留年でした)

進級できない生徒の数はその学校のレベルによると思います。
あまりいい学校でない場合、ごろごろいるでしょうけど、そこそこ以上ならそんなにいないはずです。
私の場合年間一人ぐらいでした。

私は赤点を取ったことはありますが、留年はありませんでした。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

教科別に説明されたのではっきりしないんですよ
留年っていうのは少ないようですね
でも気を緩めずにこれからも頑張ります
回答ありがとうございました

お礼日時:2006/05/23 12:48

大半の学校が追試だと思います。


それでも駄目ならレポートを書かせるなど。
授業に出て、ちゃんと聞いてさえいれば、普通は進級出来る程度の成績は付けて貰えるものです。
勿論、今回通知票に赤字で「1」が付いても、次頑張れば進級もちゃんと出来ます。

ちなみに赤点の点数は学校よって変わってきます。
アホ高校だったウチの学校は35点でしたが、友人の通っていた進学校の数学の赤点は15点でした。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

あれって本当に赤字で書かれるんですか~
初めて知りました。。。
確か先生が1つくのは大体
1学年で1桁って言っていたがします
アドバイスありがとうございました

お礼日時:2006/05/23 12:45

これは僕が実際に経験したのですが,別に赤点をとっても担当の先生に怒られるといったことはなかったです.追試についてですが,これは科目によることもあればそれぞれの担当の先生のやり方によります.




次にカバーについて.質問者さんの高校ではどういう学期制か知りませんが前期と後期では別になるので前期で取ってしまった赤点はそのまま残ります.次回の期末だと後期の成績に影響すると思いますが.

進級できない生徒について.僕の高校では1学年で400人ちょっとで留年した人は2桁になるかならないかです.

まあ,あまり引きずらずにテストの見直しをするなり次に向けて頑張るなどやっておいた方がいいですよ(気が早いかも・・・)

長文になってしまいましたが,このような回答でも参考までに見てくれると有難いです
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!
あんまり引きずりすぎずに適度に
勉強を頑張っていきたいと思います

お礼日時:2006/05/23 12:43

 赤点だったら、一般的に親に呼び出しを食らう可能性があります。

ただ、一回の赤点で追試はありません。次回の期末でいい点をとるなどで
カバーすることは出来ます。(赤点は40点以下だとなる恐れがあります。ちなみに、みんなができなくて、平均点が悪いと点数を上乗せすることもあります。)
 赤点の決め方も先生によってさまざまですが、平均に較べて相当悪くなければ大丈夫です。
 成績が悪いと補習がありますが、これも2学期までで赤点の心配がある生徒に限られると思います。(学校によっては違うかもしれませんが)
 なお、進級できない生徒は実のところほとんどいません。先生も生徒の実力を考えて試験問題を作っているんですから。わざと勉強しないということがなければ大丈夫でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

呼び出しですか?
それは先輩とかから聞いたことありませんね…。
うちの学校はそこまでやらないと思いますね…。
回答ありがとうございました

お礼日時:2006/05/23 12:41

すべて学校によって対応が違います。

先生に訊いてください。

参考までに、以下は私の高校の例です。
>もし赤点だった場合は一般的にどうなるのですか?
>追試なんかをするのでしょうか?
>また赤点だった場合次回の期末でいい点をとるなどでカバーすることは出来るのでしょうか?
成績が出るのは期末試験後だったので、中間で点数が悪くても期末で頑張れば挽回は出来ました。期末時点で赤点状態の成績の場合、補習などで次学期に備えます。そして、最終的に学年末時点で、1年間の成績を加味して赤点かどうかが決定されました。そこで赤点の場合、追試などを行って、それでもダメな場合に留年となります。

>あと、1年間あまりに成績が酷すぎると進級できないそうですが、進級できない生徒はどれくらいるんですかね?
私の高校では1年間に一人か二人くらいでした。成績の悪い者は留年云々の前に、学校に来なくなって退学する者が多かった気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり学校やめちゃう人って出ちゃうんですか…
次回の期末テストで絶対に挽回します
(まだ赤点って決まったわけじゃありませんけど笑)
アドバイスありがとうございました

お礼日時:2006/05/23 12:40

初めまして♪



お答えとしては「学校による」です。

参考として私の通った高校では、前期と後期の2期制でそれぞれ中間テストと期末テストがありました。
赤点のラインは30点以下です。

前期と後期(計4回のテスト)で1科目に付き2回赤点を取ったらその科目は赤点科目となり、その赤点科目が2科目以上あると留年となりました。

しかしこれはあくまで私が通ってた高校の話なので、詳しい話は担任の先生に相談するのが一番ですね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

僕の学校は3学期制です
だけど、ほかの高校のシステムが
わかって良かったです♪
回答ありがとうございます

お礼日時:2006/05/23 12:38

ここで質問しても的確な回答、アドバイスは


期待できないかもしれません。

こういったことは学校によって対応が違ってきます。
質問者さんの不安な気持ちを素直に
担任又は科目担当の先生にぶつけて
相談してみてはいかがでしょうか?
何も落とす為にテストを
やっているわけではありません
何かしらの対応をしてくださる可能性は
十分にあると思いますよ。

それに期末、2学期、3学期とありますから
まだ落胆するには早すぎるとも思いますよ。
もちろん今回のことを糧に更なる努力も忘れずに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やっぱり学校ごとに違いますよね
気にはしてますけど毎日の勉強量を増やして見ます
アドバイスありがとうございます

お礼日時:2006/05/23 12:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q赤点とって追試も駄目だったら留年?

数学で赤点をとってしまいました。公立高校です。
もし、追試の点数が指定された点数を上回る事が出来なかったら、即留年なんでしょうか?平常点も足しても赤点、、っていう場合です。数(2)一教科のみです。どうなんでしょう。心配です。

Aベストアンサー

わたしは、それで、留年しました。でも学校の方もなるべく留年しないようにがんばって追試とかやってくれましたよ。わたしは、途中でめんどくさくなって投げ出しましたから。本人のやる気さえあれば、何とかなると思いますよ。結果、留年したとしても今では、いい思い出になってます。なかなかできない社会勉強ですから。ちなみに私は、3?です。

Q高1女子。 初めての定期テストで赤点でした・・

娘のことでご相談いたします。

先日、入学後初めての定期テストで 1教科赤点がありました。 クラス順位もビリ。おそらく学年でもビリかと思われます。

元々、その学校でやっていくには、本人がかなり努力していかないとついていけない事はわかっておりましたが、その学校で部活をやりたい!との頑固な本人の、強い意志により受験を希望。ならば条件として【留年・退学・浪人はしない】と約束させての受験→合格→入学の運びとなりました。

自室へ向かうものの、試験勉強もあまりやっていないのはうすうす解っていましたが、主人とは『初回のテストで赤点でもとれば我に返るだろう』と、あえて口を出さずにおりました。
そして、部活での疲労+希望校合格に浮かれ調子に乗って?・・ が災いし、今回の顛末。

・・が、テスト返却後も こちらの想像していたほどの《危機感・焦り》はあまり無い様子。さすがに懲りて勉強をしだしたと信じていたところに、自室で携帯を片手にベッドで寝ていたのを見て、私の怒りは頂点・娘の携帯を折りました。

第一子が故のおっとりが原因なのか、受験直後の塾の先生にも『もう少し早くエンジンがかかればもっと成績が伸びた』と言われたほど、危機感・切迫感がなく(ないように見え)イライラします。
とにかく親の言う事に聞く耳持たずタイプ。あらゆる場面で近道を教えても、我流で行き、後から《そうしておけば・・》とやっと納得することが多く結果的に遠回りに・・小さい頃からそんな子でした。

裏を返せば、強いもの=意思を持っている子だと思っているので、目標を見つければそこに向かって努力は出来るタイプだと信じています。 
なので 『高校側は《ガッツはあるのでウチの学校でもついてこれる子》と見込んで合格させてくれたと思う。だから勉強面でも目標を見つけて頑張れ』『自分に厳しく・自分に負けるな』と叱咤激励することほぼ毎日、の状態です。

公立校である事・さらに学力面で心配なのもあり、必要とあらば通塾や通信教育も選択肢に入れても良いんだよ、と 入学前から伝えておりました。(そのかわり、親が塾を探し回る事はしないので、自分で情報収集して自分から話を持ってきなさい、と)
今回のテスト結果を受けた際も、再度通塾等の話をしたのですが、本人は問題集と参考書を購入して来た次第です。

高校は大学進学率が80%近くの学校なのですが、私たち夫婦は大学・専門・就職・・、娘が希望するならば、特にこだわりは持っておりません。ただ、自分がやりたいことを見つけた段階で困らぬよう、ある程度の知識は備えていた方が人生の選択は広がると、かねがね言って聞かせています。


(学力面の話からは少し離れますが)先日、クラスに気の合う友達がイマイチいなくて疲れる・部活の友達の方が気の合う子がいるから心の居場所があり楽しいかな~と話してくれました。 元々、外では元気いっぱい・イイ顔をし、周りに人はいるタイプのようですが、その分家では若干疲れを感じる子。 友達作りは無理する必要はないよ~と助言したら 私に話してスッキリしたのか、少し元気復活!の状態にありました。

そこへきて、現在、携帯不所持の我が子。部活の連絡事項や友達との連絡ツールとして、携帯は今の高校生に必要不可欠なのは 十二分に理解しています。
夫は男親・シビアなもので、『もう携帯を与える必要はない』と言っておりますが、女親の私としては、(勉強は最低限当たり前ですが)、高校生としての楽しみ・今しかない青春♪にも、参加させてあげたい! そう思ってしまうのです。

7月初旬の2回目の定期テストの結果次第(目標を自分で決めさせました)で、携帯所持も部活動存続も決定する、と話しましたが・・ 考えるほどに、これでよいのか解らなくなってきました。

携帯も部活も我が子から奪い→目標設定に無理があり多分奪う結果になるので(笑)、楽しみもないまま学校に行かせることに意味があるのか。退学したいなんて言い出さないだろうか・・ 等等・・


親としては、悲しいかな、我が子にはせめて【真ん中】でいて欲しい。今の学校にいる以上、それが相当の努力を要することはわかっています。そんな中、それ=真ん中を要求する事は間違っているのでしょうか?
ただ、本人の意思=どの位置にいれば納得できるのか、を確認していない事に今気づきましたので、今日帰宅したら 確認しようとは思っています。 

なにぶん、聞く耳持たずの我が子・やる気は本人が目を覚まさないと 何も変わらないと諦めはじめています。
でも、携帯と部活、その両方を どのように&どのタイミングで与える・奪うを するべきなのか、しないべきなのか・・  ご意見をお聞かせください。  支離滅裂で 申し訳ありません・・

娘のことでご相談いたします。

先日、入学後初めての定期テストで 1教科赤点がありました。 クラス順位もビリ。おそらく学年でもビリかと思われます。

元々、その学校でやっていくには、本人がかなり努力していかないとついていけない事はわかっておりましたが、その学校で部活をやりたい!との頑固な本人の、強い意志により受験を希望。ならば条件として【留年・退学・浪人はしない】と約束させての受験→合格→入学の運びとなりました。

自室へ向かうものの、試験勉強もあまりやっていないのはうすうす解っ...続きを読む

Aベストアンサー

進学校ではどうしてもビリであっても赤点をとらないようについていけば
それなりに進学できるだけの全国順位はキープできるんじゃないかな?と思います。

ここは「真ん中」にこだわるより
娘さんがきちんと勉強にベストを尽くしているかどうか、じゃないでしょうか。

自室じゃなくて居間やダイニングで勉強させるという方法もあります。
別に家で勉強をほとんどしなくても、とにかく授業に集中してくる、という子もいます。

せっかく部活が好きだから部活での良い循環を目指したいですよね。

部活したい→成績が落ちたらできなくなる→勉強する、という…。

授業中は友達のことなど考えずにとにかく勉強に集中するべきでしょう。
クラスの友達と気が合わなくても、進学校は女の子でも割とドライな子が多いと思います。
お昼休みくらいは談笑して食事をとるとしても
小さい休み時間は基本、次の時間の準備、予習、小テストのための暗記時間などに充てられると思います。

おうちでは帰宅後すぐに携帯を回収して、勉強が終わったら返す、というのもいいと思いますが

やはり年齢的に義務→権利、という順序でやっていく方が良いと思います。

自分の高校のラグビー部の男子なんか相当勉強して頑張ってましたよ。
3年の春夏でみな引退する部活ですがラグビーは12月に引退をかけた試合が。
「受験に響く」と言われたくない一心で、とにかくみんな勉強に集中していました。
部活をして、放課後の勉強時間がないから授業で可能な限り理解して帰ろうと頑張ってました。

これからお嬢さんが生きて行く上で、仕事とかでも職場に気が合う人がいなくても
仕事は仕事ですよね。
高校も目標に向けての通過点であって、気の合う仲間がいるかどうかは別ですし
まだ1年生の春でしょう?
3年間部活やクラスでの勉強を通して頑張ることで、きずなや仲も深まっていくはずです。
友達は出会った瞬間意気投合したからといって深い間柄になるとも限りません。
ノリは合うけど深い話はできない、ってあいてもいるでしょう?
焦らずに卒業するころには友達になれてるといいな、でいいと思います。

部活の方はたぶん与える、奪うは進学校なら学校の方で規定があると思います。
○教科以上赤点だと部活動停止、赤点解消後に復帰…など。
親御さんはとりあえず携帯だけでいいんじゃないかなぁ。

進学校ではどうしてもビリであっても赤点をとらないようについていけば
それなりに進学できるだけの全国順位はキープできるんじゃないかな?と思います。

ここは「真ん中」にこだわるより
娘さんがきちんと勉強にベストを尽くしているかどうか、じゃないでしょうか。

自室じゃなくて居間やダイニングで勉強させるという方法もあります。
別に家で勉強をほとんどしなくても、とにかく授業に集中してくる、という子もいます。

せっかく部活が好きだから部活での良い循環を目指したいですよね。

部活したい→成績...続きを読む

Q公立高校は赤点を取っても落第しない?

公立高校の高校三年生です。
文系に転向したため理科をどう扱うか困っています。
ある本に「公立高校の場合は赤点を取っても出席日数が足りていれば落第されることはない」と書いてありました。
しかし、私の高校の教師が「単位がでない場合は卒業できません」と言っています。もし大学に合格した場合でも赤点で単位が出なければ卒業できないのでしょうか?それともこれは教師の脅し文句なのでしょうか?

Aベストアンサー

元高校教員です。
卒業に必要な単位数よりも、実際に履修している授業の単位数合計が多ければ、赤点が1科目くらいあっても卒業・進級できる可能性もあります。(ただ、赤点になりやすい数学・理科・英語などは、それ1科目での単位数(≒授業時数)が多いことがしばしば)

留年する生徒がいるということは、その学年部の先生方がその生徒を十分に指導できなかったことを示す結果ともいえます。また、留年先 (?) の下の学年にも迷惑をかけることになるので、安易に留年させることはできません。そのため、極力留年させないように、補習・追試等を行い、単位を認定することができるだけの結果を生徒が出せるよう、先生方も努力します。
(「公立高校の場合は赤点を取っても出席日数が足りていれば落第されることはない」という記述は、このことを誇張したものでしょうか)
それでもなお、その生徒が単位を取得できるだけの結果を示せない場合は赤点、赤点が多く取得単位数が足りなければ留年ということになります。

Q今の高校の通知表の評価方式を教えてください

昔は5段階、あるいは10段階評価だったと思いますが、今でもそうでしょうか?

昔は5段階と10段階を採用している学校がまちまちだったと思うのですが
今はどうなっているのでしょうか?

また現在も5段階と10段階評価なら、どちらが主流なのでしょうか?
(特に地方の進学校などについて知りたく思います)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 岩手県の県立高校でした。
 五段階でした。1から5で、1がいわゆる赤点です。絶対評価方式でテスト・平常点などを調整して100点とし、75以上を5、60以上を4、45以上を3、20以上を2とし、それ以下を1としていました。
 さて、大学に提出する際ですが、AからEまでの評定平均値による評定が記載されます。4.5以上がAといった具合です。大学の推薦入試では、特に指定校などで評定の制限があったり、校内選考の際の資料ともなります。ですからさまざまなつけ方を高校側がしても、大学側の指示通りに評定を算出することになります。そうしなければ大学側の選考がややこしくなります。
 またついでですが、AにはさらにマルAというものがあり、Aを丸で囲んで表記されます。これはA評定のうち人格に優れ特に勉学態度が優良であるものに対してのものらしいです。らしいです、というのは実際には評定平均4.7以上には自動的につけるなどのきまりを高校側で決めていたりしても不思議ではないからです。こういうものがあること自体は確かなのですが、実態はよくわかりません。たんなる一生徒でしたから。

 岩手県の県立高校でした。
 五段階でした。1から5で、1がいわゆる赤点です。絶対評価方式でテスト・平常点などを調整して100点とし、75以上を5、60以上を4、45以上を3、20以上を2とし、それ以下を1としていました。
 さて、大学に提出する際ですが、AからEまでの評定平均値による評定が記載されます。4.5以上がAといった具合です。大学の推薦入試では、特に指定校などで評定の制限があったり、校内選考の際の資料ともなります。ですからさまざまなつけ方を高校側がしても、大学側...続きを読む

Q高3の最後の試験 赤点を一個でもとったら留年?

国語がどうしても苦手です。
学校の先生は試験を入試問題から出題するのでかなり厳しいです。

できるときは普通にできるのですが、苦手な文章がでたらおしまいです。

中間テストでは大丈夫だったのですが、高期末テストが不安です。
もちろん勉強はしますが、なんせ入試問題から出るということなので確実に平均点以上とれるという自信がないです。

もし赤点をとったらどうしようと本当に心配で困ってます。

今できることは国語力をつけることぐらいしかできませんが・・・

でも赤点1つだけとかならたとえ高3の最後の試験でも補習、追試などでカバーしてもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
学校によって対応が様々なので先生に聞くのが確実ですね。
聞くのは担任じゃなくてもいいと思いますよ。
聞きやすそうな先生がいいかもしれないですね。
休み時間とか昼休みとか放課後なんかに。
その先生の授業が終わって、教室から出るときなどなど。
その学校で働いてる先生なら誰でも知ってるはずです。

ちなみに、自分も赤点ありましたよ。
商業科目の簿記と数学のふたつ。
みんなからは「赤点野郎Aチーム」と賛美されてました。
数学は補修と追試テストで赤点解消になりました。

簿記は中間・期末テストともに白紙で提出です。
全くわからなかったので・・。
見事、全学期オール1です。10段階評価で。
こんな自分にも卒業式前日にチャンスが。
「追認テスト」と呼ばれてました。
先生が設けた基準点以上なら合格。
そのときは、60点以上でした。
60点以上なら合格。明日は卒業式。参加できる。
60点以下なら不合格。留年決定。卒業式の参加は自由。

人間、死ぬ気になれば何でもできます。
テスト直前までに覚えた断片的なことを余白に書き、
思い出しながらテストを受けました。
結果、45点。
でも、余白に書き込んだ行為が認められたのか
合格になりました。真相はわかりませんが。
卒業式当日、知恵熱で苦しかったのを覚えてます。

なので、仮に赤点をとってしまったとしても、
それを挽回する方法があるのが普通です。
たとえ進学校だとしても同じかと。
先生は脅すように生徒に言うみたいですけどね。
「赤点とったら留年だぞ!」って。

まずは先生に確認して落ち着きましょう。
それで、ベストな状態でテストに望めば問題ないかと。
自分に無意味な圧力かけても仕方ないです。

テスト頑張ってくださいね~。

こんにちは。
学校によって対応が様々なので先生に聞くのが確実ですね。
聞くのは担任じゃなくてもいいと思いますよ。
聞きやすそうな先生がいいかもしれないですね。
休み時間とか昼休みとか放課後なんかに。
その先生の授業が終わって、教室から出るときなどなど。
その学校で働いてる先生なら誰でも知ってるはずです。

ちなみに、自分も赤点ありましたよ。
商業科目の簿記と数学のふたつ。
みんなからは「赤点野郎Aチーム」と賛美されてました。
数学は補修と追試テストで赤点解消になりました。
...続きを読む

Q欠席は何日まで可能でしょうか?

私は県立高校に通っているのですが、色々な理由があってあまり学校に行きたくありません。落第はせずに進級したいのですが、公欠、出席停止をのぞくと1年間で何日まで欠席できるのでしょうか?やはり、学校によって違うのでしょうか。私立高校ではなく、普通の公立高校なので、変わった制度なんかは特にありません。学校の先生に聞けば良いのかもしれませんが、学校に行きたくないと思っていることがバレてしまうと厄介なことが多いのでなかなか聞くことが出来ません。
どなたか、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

落第せずに進級するためには、出席しなければならない日数の5分の4以上の出席が必要です。したがって、現行の制度では、一年は52週ありますが、夏休みが6週、冬休みが2週、春休み2週あり合計で10週は休みです、あと祝日休暇が年間10日あります。したがって、42×5-10=200あります。私立高校では創立記念日とかあり、入試休みもあるはずです。それで公立より少なく190日だと思います。
したがって、38日がボーダーラインとなります。
あと遅刻は2回をもって1回の欠席とする。さらに、学校によっては半分を過ぎて遅刻すると欠席扱いする場合もあるようです、ただし一部の授業は出席となりますので、学校自体は欠席でも出席しても意味がないという意味ではありません。
あと出席停止は出席扱いではありません、在籍していない扱いと同じですね。厳密に言うと停学に等しいです。この出席停止も長期になると在籍日数が足らなくなるため、進級できませんね。極論をいうと一年間全部出席停止ならどうなるか?そういう例はまずないのですが、停学が3ヶ月以上の場合は在籍期間に参入しないとなっているので。出席停止も3ヶ月を超えると進級できないでしょう。
そもそも、年間の半分くらいしが日数がないわけで、一般の会社だと
5勤務2休ですので52×5=260日となりますが、祝日が15日、お盆が3日、正月休暇2日(元旦は除くため、1月2日、1月3日)これを差し引くと240日ありますね。高校では、50分授業×6=300分ですから一日5時間の時間数ですかね。これを×190日ですから年間1000時間未満の時間数ですかね。一般の会社では1800時間以上ありますよ。あと、授業ずっと座っていること多いでしょう。仕事は立ってやるのもあたりまえだとおもっていてください。高校なんか、今思うのですが、あんなの楽勝ですよ!

落第せずに進級するためには、出席しなければならない日数の5分の4以上の出席が必要です。したがって、現行の制度では、一年は52週ありますが、夏休みが6週、冬休みが2週、春休み2週あり合計で10週は休みです、あと祝日休暇が年間10日あります。したがって、42×5-10=200あります。私立高校では創立記念日とかあり、入試休みもあるはずです。それで公立より少なく190日だと思います。
したがって、38日がボーダーラインとなります。
あと遅刻は2回をもって1回の欠席とする。さらに、学校によっては半分を過ぎて遅...続きを読む

Q無理して入った高校は苦労しますか?

息子が高校受験を控えています。
よく、友達などからのアドバイスで「レベルの高い高校に無理して入ると後が大変。大学進学も難しくなるし、成績が悪いと就職も出来なくなる。だから、入学後あまり苦労しなくても常に成績が上でいられる高校に入ったほうがいい。」なんて言われます。
それって本当なんでしょうか?
偏差値70以上のトップ高で最下位よりも偏差値50の普通レベルの高校でトップの成績のがいい大学に入れるって本当でしょうか?
にわかには信じられません。
息子は普通の成績なのですが、今より偏差値5ほど上の高校をと考えているようです。
宜しくアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

>レベルの高い高校に無理して入ると後が大変。

無理して入ると言うところがひっかかりますが、入れるなら入りましょう。それとも勉強面では楽をして高校を過ごさせたいのでしょうか。

ご承知の通り、高校は義務教育ではありません。それが一体何と思われるでしょうが、高校へ入って気がつくことは、教科書が違います。上位高校は中身が濃い編集です。下位高校( 高1の場合 )は中3の内容のような編集です( 学習内容は高1ですが )。スタート地点ですでに差がついています。それが現実です。

レベルの高い高校は、それはそれで苦労します。偏差値70の高校の先生方は、偏差値70の生徒たちと想定して授業を行います。「こんなことは中学で習ってきたはずだ」と、説明省略もあるでしょう。
そのかわり高校の偏差値が20低ければ、20低い授業を受けることになります。わかりやすい授業かも知れませんが、そのうちつまらなくなります。わかりきっていることを授業で説明されるのですから。

大学への推薦は、高校1年1学期の成績( 9教科 )から高校3年1学期までの、1教科平均値で考えます。私の調べでは、3.0( 5段階評価で )以上でOKの大学もあります( あれこれ迷わなければ )。

レベルの高い高校には、いわゆる有名大学から推薦依頼が多く来ます。

>息子は普通の成績なのですが、今より偏差値5ほど上の高校をと考えているようです。

狙えるならそうしてください。最終的には、塾や中学校の先生と相談ということになるでしょう。

個人塾の者が回答致しました。

>レベルの高い高校に無理して入ると後が大変。

無理して入ると言うところがひっかかりますが、入れるなら入りましょう。それとも勉強面では楽をして高校を過ごさせたいのでしょうか。

ご承知の通り、高校は義務教育ではありません。それが一体何と思われるでしょうが、高校へ入って気がつくことは、教科書が違います。上位高校は中身が濃い編集です。下位高校( 高1の場合 )は中3の内容のような編集です( 学習内容は高1ですが )。スタート地点ですでに差がついています。それが現実です。

レベルの高い高...続きを読む

Q中間テストの点がかなり悪くても・・・

もし中間テストの点がすごく悪くて欠点に等しい点数でも、期末テストで良い点を取れれば成績に欠点はまぬがれる事が出来るんでしょうか?
それとも中間テストで超最低点を取った時点で欠点確実なんですか?
教えて下さい!!

Aベストアンサー

 こんばんは。

 中間テストで0点でも、期末テストで100点を取れば欠点になるはずがありません。授業態度や出席状況に極端な問題が無ければですが。
 期末テストに向けて頑張ってください。

 ただ、こんなところで質問するのではなく、担任や教科担任に相談した方がいいとは思います。それができないと言うのなら、あなたの態度に問題がある可能性が高いので注意してください。

Q高校2年男子の親 退部 成績不振 赤点 留年

高校2年男子の親。野球推薦で入学させてもらいましたが、1年終わりで野球部退部。1学期は赤点のオンパレード。70%が進学の高校なのでついていけなくなってまったと思われます。進級できない場合、もう少しレベルの低い高校(公立・私立)で途中編入を受け入れてもらえることは現実的に可能でしょうか?

Aベストアンサー

#3です。少しきつい言い方になってしまったなと思っていたのですが、丁寧なお返事いただき恐縮です。
われわれ大人も程度の差こそあれかつては思春期の悩みをかかえていたはずなんですが、
大人になってしまうとそれを思い出せなくなってしまって困りますよね。

やはり気になってしまうのが、質問者様の「~ではないか」、「~と思う」という部分です。
私には息子さん自身から語られた言葉ではなく、質問者様の推測のような印象を受けるのです。
例えば、「高校に親しい友人はいない」、「タバコとバイクがばれたから部活を辞めた」、「別の高校に行きたい」と本人が言ったのでしょうか?
そうでない場合、それらは質問者様の推測であって、実際とは異なるかもしれません。

私の意見としては、#1様、#2様と同様で、以下の2つです。
1.判断は本人に任せること
2.息子さんの意見を「聴く」こと

1は、親が先回りして決断してしまうと、その後何かに失敗する度に親や他人のせいにし、恨むようになる恐れがあります。
自分が選択したことであれば、失敗して落ち込むことはあっても結果に納得すると思います。
また、「親が決めてしまうのは自分を信じてくれないからだ」と親に対して不信感を抱くこともあります。

2の「聴く」というのは、子どもと真剣に向き合って、相手の言い分を受け入れるという意味で強調しました。
いつも質問者様が息子さんと話をされる時に、よくご自身が言っていることをそのまま紙に書き出してみてください。
「~するな」という命令、「~はダメだ/~は間違っている」という批判、「~すべき/~はどうか」という提案になっていませんか?
例え熱心に息子さんの話を聞いているつもりでも、質問者様の価値観に基づいた返事をすると、
息子さんの側からすれば「そらみたことか。僕の考えを聴くようなふりして結局親の意見を通したいだけじゃないか。」という気持ちでしょう。
私も以前カウンセラーの方にこの方法を教えていただき自分の言葉を書き出してみたことがあります。
するとほとんどが命令、批判、提案であったことに驚き、反省したことがあります。
>いつも言うことが同じ(学校は休むな、勉強しなさい)だから話したくないと、拒否されてしまう状態です。
というところから、息子さんは自分の意見を受け入れもらえない、理解してくれないと感じていると思います。

まず、「あなたの話を全部聴くから、話してくれないか」と言って、質問者様は一切黙って聴くことをお勧めします。
「うんうん」という相槌や「そう、~なのね」と息子さんの言ったことの復唱以外は言わないようにするんです。
そして、息子さんが話しきったら「あなたの気持ちはわかった、少し考えさせて」と話を終える。
もし意見を求められたら、「あなたの判断にまかせるよ」を決断を息子さんに委ねてしまう。
ご両親からするととてもじれったく感じてあれこれ言いたくなると思いますが、
親が何も言わなくなると表情が明るくなってくる子を何人か見ました。

#3です。少しきつい言い方になってしまったなと思っていたのですが、丁寧なお返事いただき恐縮です。
われわれ大人も程度の差こそあれかつては思春期の悩みをかかえていたはずなんですが、
大人になってしまうとそれを思い出せなくなってしまって困りますよね。

やはり気になってしまうのが、質問者様の「~ではないか」、「~と思う」という部分です。
私には息子さん自身から語られた言葉ではなく、質問者様の推測のような印象を受けるのです。
例えば、「高校に親しい友人はいない」、「タバコとバイ...続きを読む

Qどうにかして留年を免れたいのですが…

こんにちわ。初めて質問させていただきます。(長文です)

私の妹は現在高校2年生なのですが、
酷い鬱状態で、毎日がつまらない、死にたいと言って
ろくに食事もとらず、部屋に引き篭もり、
2年生になってから学校にあまり行かなくなりました。

私たち家族はなんとか学校に行ってほしいと思い、
宥めたり励ましたり怒ったり色々して説得しました。

その甲斐あってか、2学期になってからほとんど休むことなく
真面目に学校に行くようになりました。
最近では学校が楽しいとまで言うようになりました。

ところが、
昨日担任の先生から連絡があり、
ある教科の欠席日数が3分の1を超えていたので
進級はおそらく無理だろうと言われました。

以前に担任の先生と話をした時には、
なんとかギリギリ大丈夫だとおっしゃっていたので、
それを聞いてから妹は1日も休まずに通っていたのです。
しかし、それは先生の勘違いだったらしく、
やはりちょうど3分の1を超えていて、
問答無用で留年らしいのです。妹はまだこのことを知りません。
せっかく頑張っている妹に伝えるのは凄く心苦しいです。
私としましては、どうにかして進級させてあげたいという気持ちです。


そこで、みなさんにお聞きしたいのですが、
なんとか留年を免れる方法があれば教えて頂きたいのです。

3分の1を超えたという授業の欠席日数は、
ぴったり3分の1らしいので、
このうちの1日でも公欠ならば留年は免れるようなのです。
私の考えでは、忌引で1日休んだことにしたらどうかと思っています。

妹に甘いことは十分承知しております。
ですが、自殺する寸前だった妹が、ここまで立ち直り、
今の学年で卒業したいとまで言うようになったので、
なんとかしてあげたいのです。
どうかみなさんのお知恵をお貸し下さい。
よろしくお願いします。

こんにちわ。初めて質問させていただきます。(長文です)

私の妹は現在高校2年生なのですが、
酷い鬱状態で、毎日がつまらない、死にたいと言って
ろくに食事もとらず、部屋に引き篭もり、
2年生になってから学校にあまり行かなくなりました。

私たち家族はなんとか学校に行ってほしいと思い、
宥めたり励ましたり怒ったり色々して説得しました。

その甲斐あってか、2学期になってからほとんど休むことなく
真面目に学校に行くようになりました。
最近では学校が楽しいとまで言うようになりました。...続きを読む

Aベストアンサー

えっと、6です。
手荒な方法だけはおすすめできません。
学校側とはあくまでもけんかしないでください。

出席日数の規定をもう少し詳しく書きます。
そもそも、高等学校における出席日数の規定は、法にも条例にもありません。あくまでも学校長の裁量です。そして、小学校や中学校に準ずるように定められています。
→学校教育法施行規則第65条【高等学校の準用規定】

では、何故、小・中では出席日数がそれほど問題にならないのに高校では問題になるかと言いますと・・。
高校では、課程修了の認定に関する事項を学則として、都道府県知事に提出し、認可を受けなければならないのです。
→学校教育法施行規則第3条及び第4条

ですから、学則に成績に「10段階評価で3以上を単位認定」とか、
「5段階評価で2以上」とか、「5段階評価で3以上」とか、記されている可能性があります。また、「出席日数を2/3以上とする」とか、
「欠席日数1/3以上を認めない」とか、記入されている可能性があります。

テストの点数では、仮に100点満点で5点だったとしても、通常、学則にテストの点数が記入されている可能性は少ないため、何点をどの評価にするかは、全くの学校側の裁量です。ですから、まじめな生徒なら、追試・補講などで、合格ラインの評価を与えることが出来ます。

しかし、学則に単位習得の出席日数を記入されている可能性が高いので、これを犯すと、学校側は、厳密に言うと、学校教育法施行規則第3条及び第4条の規定に反することになります。ですから、テストの点ならまあ下駄を履かせやすいのですが、日数となると議員さんが動いて解決する問題とも思えません。(するかもしれませんが・・・)

それ故、出席日数は、本来、問答無用で留年の可能性が高いのです。

それを、踏まえて、どう解決していくかと言うことです。

昨年の単位未履修事件では、ご存知のように、高校長の自殺者や、減棒処分を受けた教員も多々いました。減棒などの判断をするのは、県の教育委員会なわけでして、今、学校側は完全に県の教育委員会に目が向いていると思います。

敵にならずに、味方になりつつ、こちらが抱える問題を学校側に投げ返す。これは、クレームの「王道」です。

えっと、6です。
手荒な方法だけはおすすめできません。
学校側とはあくまでもけんかしないでください。

出席日数の規定をもう少し詳しく書きます。
そもそも、高等学校における出席日数の規定は、法にも条例にもありません。あくまでも学校長の裁量です。そして、小学校や中学校に準ずるように定められています。
→学校教育法施行規則第65条【高等学校の準用規定】

では、何故、小・中では出席日数がそれほど問題にならないのに高校では問題になるかと言いますと・・。
高校では、課程修了の認定に...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング