外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

世間ではよく「家庭の味」とか「お店の味」とかを聞きますが、この両者の決定的な味の違いって何なのでしょうか?

例えばカレーとかは家庭とお店の味ではだいぶ違うので、その違いはわかるのですが、他の料理は何か分からなかったりします。

街では家庭の味を売りにしているお店もたくさんありますし、お店を構えているところでも家庭の味以下のところだってありますよね。(これは少し失礼な言い方ですが)

この違いが分かる方がいれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

お店の味とは、化学調味料の味だと思います。


#2の方の書かれているように、店は味付けが濃いです。
濃いというのは、化学調味料で味付けするととても濃く感じ、喉が渇くものなのです。
家庭でも化学調味料は使いますが、やはり業務用ですと量が違います。
それにお店では完全手作りということは少なく、業務用の食材加工品を使っている場合が多いです。
そういった意味でなく、高級料亭やフランス料理店の「お店の味」という場合は、やはり技術力の差でしょうね。
私は個人的に「火加減」だと思ってます。
まったく普通の野菜を油でソテーして塩コショウしただけでも、フランス料理のプロがやるとめちゃくちゃ美味しいですよね。
多分、微妙な火加減などでぜんぜん違ってくるのだと思います。
あと和食の場合は基本的な調味料(醤油や酒)の品質がいいのと、使い方が旨いのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちょっと勘違いされていると困るのですが、私が言いたかった「お店の味」というのはテレビで紹介されるような一流の飲食店のことで、ファミレスやファーストフードなどの料理は除外と考えてください。

一流のお店が化学調味料を大量に使っているとは思えません。
あくまでもプロは自然の味をどこまで引き出せるかによって腕も変わってくると思うので、それが家庭料理とはどれくらいの違いがあるのか気になったので質問させていただいた次第です。

確かに家庭とお店ではコンロの火力は全然違いますよね。
やはり火力1つとっても、全然別の料理になってしまうのでしょうね。

お礼日時:2006/11/23 20:17

下ごしらえにどれだけ手間を掛けるか?


というのもポイントのひとつではないでしょうか?

例えば、ラーメン屋さんなら、スープを作るのに朝(夜中?)4:00には準備して、スープを作る。
なんてことがザラにあると聞きますし、
昔、一流レストランのブイヤベースは一晩寝ずに灰汁とりをして、スープを透明にするところがある、
なんて事を聞いいたことがあります。

家庭で毎日作る料理に、これだけの手間は掛けられないですよね?
    • good
    • 2

「家庭の味」 と 「お店の味」 の決定的な味の違いは、単純にしてツボを得ているのが前者であり、いろいろと仕事をして味を研ぎ澄ませているのが後者なのではないでしょうか?



ある意味、「賄いの味」 は 「家庭の味」 に近かったりしませんか?
そんなに工数は掛けてられないし、でも、不味いと殴られる(喜んで貰えない)し、美味しいとみんなの気分が和む…みたいな感じで^^

お店にもいろいろありますが、和食系では、家では材料毎に別々にして煮込むなんて手の込んだことは出来ません。お店の味は出汁と素材の純粋なハーモニーですが、家庭の味は素材の協奏曲です。
魚系だと、お店の味はやはり良い素材とそれを活かす仕事です。家庭の味は、むしろ悪い素材?でも美味しく食べるコツです。
洋食でも、やはりお店の味は仕事の数と手間をかけたコクであったり深みであったり素材との調和であったり微妙なものですが、家庭の味…というとスープ系だったり、いもやチーズとかその地の特産を使った手作りの味ですよね^^
中華もいろいろですが、家庭ではシュウマイや点心はめったに作りませんし、フカヒレなんていうのも戻すだけでも大変なんで家ではまずやりませんが、餃子などは良くやりますので、自家製の皮作りから具の併せ方まで含めて、それが家庭の味になっていますね。。。

街で家庭の味を売りにしているお店は、一昔であれば女将がひとりで開いている 「小料理屋」 みたいなイメージでしょうか?まあ、敷居の高い小料理屋はちゃんと板さんが居るところもありましたのであんまり適切な表現ではないかも知れませんが、要は、プロの料理人ではなく、所謂 「家庭の味」 と称して家で作っているような(昔ながらの)料理を出してくれるところでしょうか?
まあ、あくまでも、その 「家庭の味」 ですので、「お店を構えているところでも家庭の味以下」 と言われてしまうと困ってしまうお店も多いかも知れませんが、今は、むしろ、ひじき・きんぴら・おから・芋の煮っころがしや、根菜の煮物等、昔は定番だったけれども最近は家庭のテーブルから消えているメニューがあるお店…みたいな感じになってきているのではないでしょうかね。

家庭の味ではないかも知れませんが、最近は肉屋のコロッケも冷凍を使っているのか画一化が進んでいて、むかしのように肉屋の店頭で買いたてのコロッケをむしゃつく楽しみも無くなってきたような気がします。。。
    • good
    • 1

参考程度に。


家庭の味…そのときによって微妙に味付けが変わる。器材が限られているので作れる料理も限られる(ガスでできる物やレンジ・オーブンでできる物)
お店の味…レシピの分量が決められていて、いつも同じ味を提供。その際家庭では使わないような高級食材や幅広い材料が使用され、キッチンの設備も充実しているため(天ぷらや中華料理などは特にコンロの大きさが桁違いですよね。また、昆布だし、白だし、フォンドヴォーなんかも一度に大量に作るのと、少量作るのでは味が違います。大量に作った方が私はおいしいと思います。これは家庭ではまねできない)、質の高い料理が作れる。また、その道を究めたプロがこだわっているので、おいしい料理が味わえる。お店の雰囲気を楽しめるなどの付加価値を付けてお客を呼ぶんじゃないかと思います。
味以外の話になってしまいましたが、参考意見で。
    • good
    • 1

#5です。


一流のお店の場合は別として書いたつもりです。
ただ補足として、化学調味料を多量に使うのはファミレスやファーストフードに限ったことではありません。
一流の「家庭料理の店(日本料理)」も化調はたくさん使いますし、業務用食材も使います。
ご質問の趣旨と違うとまた言われるかもしれませんが、化学調味料を多量に使う料理としては中華料理、エスニック料理があります。
これらは高級なお店でも大量に入ってます。
    • good
    • 0

>ゲテモノというのは少し言い過ぎではな


あっちこっちの郷土料理(ある種の課程料理です)を食べています。
一見嘔吐物に見える食品とか.猫の食事のほうか見た目が良い一見台所廃棄物の料理とか.「口が捻じ曲がる」くらい塩辛い味噌汁とか.いろいろあります。これが.それぞれの地区のある種の課程料理であり.その他の地区の人から見れば.「こみ゛を食べている」ような状態です。
    • good
    • 0

作る行程が同じでないだけなようなきはします。



良い材料で毎回同じ味に作ることは不可能です。
何か勘違いしているようなので。

良い食材はどちらかと言えば塩だけに近い味付けになるもので素材本来の味が優先されるものは同じ味がする素材は無いので毎回違う味がするのが普通です。

女性の料理って行程をこなさず時間だけを優先した作り方をする人が多いのではないですか?男の場合は時間と金額を考えず手間かけて取り組んだりする人もいるようですけど、店の場合は行程は決められたとおりにこなしていくのでしょうね。
レシピが同じでも作る人によって出来たものは違います。
作る人の癖が反影されてしまうのはさけられない事でしょう。
必要な行程をこなすってことは思っている以上に長い時間をつかって作ってる

お店での食事をおいしく味わうためには条件があるので書いておきます。
お金は自分で払う事、味の好みが違う人とはいかない事、食べるタイミングが極端に違う人とはいかない事。
時期についてはクリスマスはさけて年始もさける事。
食材は全般的に金額が下がっている食材を食べる事。
下の2つは金額が無制限のところは当てはまらないかも知れないけど、良いものが出来ている時って量も確保されている事が多いのでやすい場合が多い。逆に高い時は良い品物が出来ないのと同時に量も少ないので値が上がる。クリスマスから年末に向けて生産者が無理な事をするので良いものが無く値が上がるのと同じ状況になるので品質が落ちる。
    • good
    • 0

店の料理は食添の味付け


家庭の味は.わけのわからないゲテモノの味
ですね。なにをやっても起こられませんから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何をやっても怒られないというのはわかりますが、ゲテモノというのは少し言い過ぎではないですか?
別に虫や腐ったものを食べているわけではないのですから。

いつも辛口批評の#4さんならではの回答なのだと思いますが。

お礼日時:2006/11/23 11:01

プロのはしくれです。


お金をいただく料理は、味にブレがあっては、ならないという、定義があるようです。
何度、行っても同じ味を提供するということです。
盛り付けも、一味違う、演出をしていると思います。
家庭料理には、あまり登場しない、ハーブや、木の芽などは、プロのアイテムでは、ないでしょうか。
家庭だったら、4人家族で、お皿が違ってもご愛嬌ですが、売り物にそれは、許されないと思います。
私は、家庭料理は、手を抜くとまでは、申しませんが、手間だけかかる、これみよがしのテクニック(例えば、白髪ねぎとか)は、家庭では、使いません。
失敗したな、と思うものは、商品として、出せませんが、家庭では、何とかリカバーして、出します。
あまり失敗しませんが。
今、思いつくのは、こんなところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>何度、行っても同じ味を提供するということです。
すごく納得できます。
家庭料理の場合、その時によって味が違うのはよくあることですよね。

お店でしか使わないような食材も考えてみれば結構ありますね。
間違えても許されるのが家庭の味で、許されないのがお店の味なのでしょうね。

お礼日時:2006/11/23 10:58

 「違いがわかる方」と言われると恐縮しますが・・・


お店の味は味が濃いように思います。特に居酒屋はお酒がよく進むように濃い目の味付けになっているように思います。
 あと,家庭それぞれの隠し味や砂糖としょう油の微妙な加減でそれぞれの家庭の味が違うんだと思います。
 うちの旦那の実家は甘味が濃いので,旦那は甘めの味付けが好きです。
私は甘味が少なく,薄味のさっぱり目がお袋の味でした。
自分が慣れた味や親がよく作ってくれたメニューが「家庭の味」なのかなと思います。

 お店で「家庭の味」をうたっているのは,最近の家庭で作られていないような和食のお惣菜がメインのお店なんだと思います(肉じゃが,ひじきの煮物,きんぴらごぼう,お煮しめ,煮魚,焼き魚etc)。
家庭の「味」というより,昔の極一般的にあった家庭の「メニュー」って意味で捉えた方がいいのかなと思います。

 最近は,レトルトや冷凍食品を「家庭の味」と勘違いして食べている子供もいるようですから,和食中心のお店の味に懐かしさを感じる人がいてもおかしくないでしょうね・・・。(^。^;)

 ちなみに,個人的には,家庭では真似できないような特別な材料や高度な技を使って作る料理は「お店の味」って感じがします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

確かに家庭の味って千差万別ですよね。
それぞれの家庭の味って言うのがありますし、どんな人も家庭の料理を食べればホッとするというか安心するのではないでしょうか。

子供の頃から食べてきた慣れ親しんだ味=家庭の味
なのかもしれませんね。

お礼日時:2006/11/23 10:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q「豚の角煮」に「ねぎ」はなぜ必要なのですか?

最近自分の中で「豚の角煮」がブームなんですが、店で買うと一つ250円もするので、自分で作ろうと思いました。
ネットサーフィンしてレシピを捜し、その中で疑問がうまれたのですが、『煮る時に「ねぎの青い部分」と一緒に入れる。』が大半でした。なんでネギいれるんでしょうか?
このネギってお客様に出すときは一緒にお皿にだしちゃいけないもの系ですか?

あと生姜「ひとかけ」ってありましたが、親指第一関節サイズ程度と認識してますけど、そのサイズをそのまま鍋に入れるんですか?スライスとかおろす、とかするのでしょうか?

あと出汁棄てるのはもったいないなぁと思います。何か活用法はないでしょうか!!

Aベストアンサー

こんにちは。私のはねぎも生姜も臭みを取るものだと認識しています。風味付けの意味合いもあると思いますが。
ネギは煮込んでしまうと結構ドロドロになってしまうので、お客様に出すときは見栄えが悪いかもしれません。
生姜のサイズは結構適当で大丈夫ですよ♪
私は作るときネギは入れてません。
残った汁は煮玉子作ったり里芋を煮込んだりして使っています。

Qハンバーグに入れるパン粉&牛乳の割合を教えてください。

ハンバーグを作りたいのですが、
たまねぎ・ひき肉・パン粉・牛乳・卵が主流?かと思います。

卵はつなぎだと思うのですが、牛乳とパン粉の役割は何でしょうか?
以前牛乳なしで作ったのですが、特に違いがわからなかったので・・。

あと、どれくらいの量が適当なのかも教えてください。

焼き方なのですが、
両面焦げ目をつけてからお湯を半分くらい入れて、お湯がなくなるまで焼く。という方法をこちらで拝見し、今度チャレンジする予定なのですが、お湯を入れてからの火の強さが分かるかたいましたらこちらも教えてください。

Aベストアンサー

卵と同じく、パン粉もつなぎです。パン粉の代わりにお麩を砕いて使う人もいるようです。
牛乳はパン粉やお麩が肉に混ざりやすいよう湿らせる為です。水でもOKです。酒やコンソメスープ、玉葱をすりおろした水分を使う人もいるようです。(ハンバーグには少し水分を足した方がジューシーで美味しくなると説もあります)
これら全部、なければ無いで全く問題ありません!

最多で、つなぎ:肉=1:1ぐらいまで行けるんじゃないでしょうか。
今、冷蔵庫に肉がどれくらいあるか、どれくらいフンワリさせたいか、肉々しい味が好きか、ファミレスっぽい味(?)が好きか、
などお好みに合わせて、好きなように加減してください。
毎回気分によって変えると楽しいですよ。

お湯焼きは強火でお願いします。餃子と同じで、とにかく熱々の沸騰したお湯を入れるのがコツです。

Q高級レストランには大衆店との差額分払う価値がある?

TVで、高級中華レストラン赤坂離宮と、ファミレスのバーミヤンのチンジャオロース、酢豚等を、同じお皿で出して違いがわかるかどうか?という企画をやっていました。値段は、ランチで高級レストランのほうが3倍ぐらいします。芸能人でも、違いがわかる人とわからない人がいました。大衆店のほうが美味しいという人もいました。かなり金額に差がありますが、高級レストランには、大衆店との差額を払うだけの価値があると思いますか?できれば理由も教えてください。

Aベストアンサー

>高級レストランには大衆店との差額分払う価値がある?

私は典型的なバブル世代でして、中でも特にバブリーであった金融機関勤務。
当時は何しろ毎日が接待漬けで、懐石・フレンチ・寿司他高級店の繰り返し、依って赤坂離宮へも20~30回程度は訪れているはずです。

当時ペーペーで毎度幹事役を仰せつかる私としては、仕事そっちのけで接待稼業に精を出した結果、都内高級店のオーソリティーへと変貌を遂げましたが、赤坂離宮への評価はやはり一級品というもの(最近の状況は分からないが・・)。

尚誤解を恐れず、以下建前・奇麗事を全て省いて申し上げるが、高級調度品に囲まれ・それなりのサービスが提供される静寂な赤坂離宮(特に個室)と、周囲でじゃり共が騒ぎまくり、更にはそれを制止すらしない馬鹿親が蔓延るバーミヤンとの比較に、土台無理があります。

そもそも雰囲気をも含めたトータルで捉える層にとって、高級レストランへ払う対価は、決して高いものではないはず、但しコスト・パフォーマンスはまた別次元の問題、更にはお客さんの懐具合に依っても異なる、つまり単純な比較は出来ないという事。

まあ私自身としては、今更身銭を切ってまで、肩肘張った高級店に行こうとはこれっぽっちも思わないし、個人的にはおじちゃん・おばちゃんがやっている街の定食屋が一番とは思うが、記憶への対価として、高級店へ行く意義は認めざるを得ないといったところです。

>高級レストランには大衆店との差額分払う価値がある?

私は典型的なバブル世代でして、中でも特にバブリーであった金融機関勤務。
当時は何しろ毎日が接待漬けで、懐石・フレンチ・寿司他高級店の繰り返し、依って赤坂離宮へも20~30回程度は訪れているはずです。

当時ペーペーで毎度幹事役を仰せつかる私としては、仕事そっちのけで接待稼業に精を出した結果、都内高級店のオーソリティーへと変貌を遂げましたが、赤坂離宮への評価はやはり一級品というもの(最近の状況は分からないが・・)。

尚誤解を...続きを読む

Q中華料理屋と家でのチャーハンの違い

中華料理屋と家でのチャーハンは何か違います。あの独特のチャーハンらしい風味が出せません。恐らく決定的な違いがあるはずなんですが何がちがうんでしょう?
家では
適当な野菜をいため、
ご飯を入れて、
塩、醤油、中華のもと、、
といった感じなんですが中華料理屋独特の風味の出し方わかる方おられたら

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

皆さんのおっしゃるように、一にも二にも「火力」なのですが、それと「ラード」(豚脂)の使用が大きいです。
スーパーの棚にチューブ入りの精製ラードがおいてあると思いますので、使ってみてください。あの料理屋さんのコクのあるチャーハンが出来上がりますよ。

Q肉はゆでてから焼く?

テレビか何かで、「肉はゆでてうまみを閉じ込めてから、焼く~」というような内容を聞きました。
しかしこれも多分テレビですが、「まず焼いてうまみを閉じ込めてから、ゆでる」べし、というような内容も聞いたことがあります(あくまで「~というような」でうろ覚えです)。
肉は「ゆでて→焼く」「焼く→ゆでる」どっちがいいのでしょうか。同じ肉でも牛肉もあれば魚肉もあり、調理法もすき焼き、ステーキ、角煮…etc. と色々あり、一概には言えないかもしれませんが。
「うまみをとじこめる」以外にも、栄養分の損失、カロリー、等さまざまな観点から、回答お願いいたします。

Aベストアンサー

結論から言うと、「ゆでてから焼く」という調理法はありません(そうすることによって得られるメリットはまったく無いし、肉汁はすべて出てしまう。香りも損なわれる)。「焼く→ゆでる」が正解です。参考になる目安として、赤い肉(牛肉等)は焼くと肉汁が外へ外へと出ていく性質があり、白い肉(鶏肉、豚肉等)は焼くと肉汁が内へ内へと入っていく性質があるということです。あくまで焼き始めの段階での話ですが。焼きすぎればどちらも肉汁は流れ出てしまったり蒸発したりしてパサパサになります。料理は旨味を閉じこめる必要があったり、逆に旨味を取り出す(煮出す)必要がある場合があります。例えば、固いものが食べられない人のために美味しいスープを作るためにはできるだけ旨味を煮出す方法が適しているのは言うまでもありません。レストランの料理には色々なダシ汁を必要としますが、白い(透明な)ブイヨンを作る時、色がつかない様に肉は焼かずに煮出すし(仏料理ではあまり長時間煮ないケースが多いが、ラーメンのスープなどは別)、フォンドヴォーの様にブラウン色のダシを作る時は色と香りをつける為に香ばしく焼いた肉(スジ)を煮出します(比較的長時間煮る)。ちなみに肉の塊を食べる料理はゆでる他に「蒸し煮」「煮込み」「ロースト」等があり、どんな種類の肉も基本的にまず焼いてから蒸したり煮たりします。とにもかくにも、<ゆでてから「焼く??」> ことは私の思いつく限り、考えられないです。

結論から言うと、「ゆでてから焼く」という調理法はありません(そうすることによって得られるメリットはまったく無いし、肉汁はすべて出てしまう。香りも損なわれる)。「焼く→ゆでる」が正解です。参考になる目安として、赤い肉(牛肉等)は焼くと肉汁が外へ外へと出ていく性質があり、白い肉(鶏肉、豚肉等)は焼くと肉汁が内へ内へと入っていく性質があるということです。あくまで焼き始めの段階での話ですが。焼きすぎればどちらも肉汁は流れ出てしまったり蒸発したりしてパサパサになります。料理は旨味を閉...続きを読む

Q給付制限期間中にアルバイトをした場合、給付額はどうなりますか?

先日、自己都合退職をし、職安から認定を受けた者です。
給付制限期間が3ヶ月ありますが、この間、求職活動をしている間にアルバイトをした場合、3ヶ月後に給付される失業保険額はどのようになりますか?
当座の生活の為にはアルバイトをせざるを得ないので…。

御教授くださいませ。

Aベストアンサー

snakemenさん、はじめまして。

私も就職活動のため、職安に通っている者です。

回答としては、給付制限中にいくらアルバイトをしても、給付制限期間後の給付額には影響しません。

基本的に職安ではアルバイトを禁止している訳ではありませんよ。
ただ、仕事をしたら (その収入の大小に関係なく) 申告をしなさい、という事です。
(ですから、No.2 の方のご回答には、誤解があると思います。)

給付制限中は、第1回目の認定日の後は、給付制限が終わるまで認定日はありません。
ですから、給付制限終了後の最初の認定日の時に、給付制限期間中の就業状況を申告することになります。

この時に、給付制限期間が満了した日以後もアルバイトをしていると、その仕事をした日については、給付の繰り越しではなく、基本手当の替わりに 『就業手当』 として支給されることになります。
(支給要件に該当しないアルバイトの場合は、ただの繰り越しになります。)

就業手当 (or 早期就業支援金) は、基本手当日額の 30% (早期就業支援金の場合は 40%) しか支給されません。
就業手当の支給要件に該当するアルバイトでは、本人の意思に関係なく就業手当が支給されてしまいますので、意図的な繰り越しはできないようになっています。

また、そのアルバイトが継続的なものである場合、就職したと見なされ、基本手当の給付自体がストップする場合もあります。
(一般に、週20時間以上のアルバイトを 2週間以上継続していると、就職したと見なされるようです。ただし、職安によっても判断が違うようですが。)

給付制限中にまとまったアルバイトをしていた場合は、そのアルバイトが今後も継続するものかどうか、職安での審議の対象になります。
その場合は、行っていたアルバイトが終了したものであることを証明するために、『退職証明書』 の提出を求められることがあります。
退職証明書の書式は、『受給資格者のしおり』 に添付されていると思いますので、会社の担当者に書いてもらっておくといいでしょう。

なお、給付制限中のアルバイト自体が就職したと見なされた場合 (第1回目の認定日が来る前に、アルバイトを開始した場合などは、その時点で就職と見なされることがあります。) は、アルバイトを辞めた後で、再度求職申込みの手続きが必要になります。
その場合でも、給付制限は、当初の期間が満了すれば終了しますので (就職の扱いになっても、給付制限期間はそのまま進行します。)、給付制限の期間が過ぎていれば、改めて手続きをした時点から、直ぐに給付を再開できます。

snakemenさん、はじめまして。

私も就職活動のため、職安に通っている者です。

回答としては、給付制限中にいくらアルバイトをしても、給付制限期間後の給付額には影響しません。

基本的に職安ではアルバイトを禁止している訳ではありませんよ。
ただ、仕事をしたら (その収入の大小に関係なく) 申告をしなさい、という事です。
(ですから、No.2 の方のご回答には、誤解があると思います。)

給付制限中は、第1回目の認定日の後は、給付制限が終わるまで認定日はありません。
ですから、給付制...続きを読む

Q鮭の「ハラス」というのは?

「サケハラス」というのは、鮭のどういう部分を指すんでしょうか?

それと、そのように呼ばれる由来についても、よろしくお願いします。

--

Aベストアンサー

こんばんは。

鮭のハラス部分の画像はこちらです。

○ 秋鮭ハラス醤油干
http://www.himonoya.net/himono/ht-050.htm
写真手前が表側 (皮側) 、奥が内側 (内臓側) です。

○ 鮭のハラス焼
http://city.hokkai.or.jp/~rbzs45/ben_01.html
こちらは内側 (内臓側) です。

由来について
「大根にすが入る」と言いますね。
鮭のハラ (腹) にも、大根の「す」の様に、脂が入るので、
腹す→ハラスになった。と、私は習いました。
ただ、これについては全く自信がありませんが・・・

ご参考程度に。

参考URL:http://www.himonoya.net/himono/ht-050.htm,http://city.hokkai.or.jp/~rbzs45/ben_01.html

Q酒・みりん・しょうゆ の配分

料理はまだまだ初心者です。

私は割と甘辛い味付けが好きで、大抵
砂糖1:しょうゆ1:酒1:みりん1
の配分で味付けをするのですが、
酒・みりん・しょうゆの割合はレシピに寄って違いますよね。
この分量の違いはどういった意味があるのでしょうか?

例えば、甘めにしたい場合は砂糖を入れるというのは分かりますが、
みりんを多目にするとどういった違いがあるのか、
とか、お酒を入れるのはその料理にとって何の意味があるのか、など。。

皆さんのレシピにおける、酒・みりん・しょうゆ(もしくはその他)
の配分を教えていただけますでしょうか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

お醤油とお砂糖は勿論味付けのためですが、
お酒の役目はアルコールに含まれるアミノ酸が旨みを引き出し、柔かくする役割と、味を浸透させる効果があるので最初に入れます。
本みりんの場合は、砂糖よりもすっきりすっきりした甘さですが、お酒と同様に旨みを引き出す効果があるのでコクが出ますが、使い過ぎると味がくどくなりますので砂糖と上手く組み合わせて使います、
また、照りをつけるためと、引き締める効果があるので最後に使いますね。

スーパーなどで売っているみりん風調味料は名前は似ていますが別のものです。
うまみ調味料を入れた液体甘味料と考えてください。

配分は料理や好みによって変わるのでこれと言って決まりはありません。

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。


人気Q&Aランキング