過去の習慣を表す表現として used toがありますよね。
例えば次の文です。

He used to smoke.

そこで質問ですが、この文を否定文にすると“He didn't use to smoke.”でいいんでしょうか?

A 回答 (3件)

文語では助動詞的な用法「He used not to smoke.」



口語では動詞的な用法「He didn't use to smoke.」

が一般的に使われているようです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/12/07 11:21

 used not to や短縮形の usedn't(あるいは usen't)to は,かたい言い方で,今ではあまり用いられません。



 didn't used to ~の形が一般的ですが,didn't use to ~もくだけてた言い方では用いられます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/12/07 11:22

he never smoked か he did not used to smokeです

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/12/07 11:21

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTo be continued(つづく)って?

ドラマの最後などで見る「つづく」という意味の「To be continued」というのは、文法的にはどういう文の省略なんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

This story is to be continued.

直訳すると、「このお話は続く予定です」となります。

be to do で予定を表します。(この場合、do にあたるのが 受身のbe continued )

これから、「To be continued.」で、「次回へ続く」「以下、次回で」という意味の成句になったと思われます。

Qmight as well とmay well

文法の参考書に might as well は 否定では
使わないとあったのですが
たとえば might as well が ~したほうがよい
という意味なので ~しないほうがいいという
否定文には できないのでしょうか?
 また may well は 否定文はできるのですか?
 おしえてください

Aベストアンサー

こんにちは。

might/may as well は割とくだけた口語的な表現方法なんですが、誰かに対して"~するべきだ" と提案する場合の用法です。他にもう良い手立てや使い道などがない場合に状況判断をする方法として使われます。
"may as well" の方が若干ですが限定の意味合いが強くなります。「~した方がいい」と解釈はできるのですが、"had better~" とはまた意味は別です。

Had better は、前提とした理由がしっかりとあり、また、その結果が悪くならないように提案する場合です。

You had better have something to eat.
(何か食べたほうがいい)→きちんとした理由がある上で伝えている→例えば風邪をひいているから、何か食べた方がいいよ。→食べないともっと症状が悪化するよ。

You may as well have something to eat.
(何か食べたほうがいい)→特にこれといって他にすることがないので食べたら?結果はともかく、その状況で食べる事以外、特にふさわしい事柄がない状態。

同じ訳し方ができるのですが、目的は全く違います。

>~しないほうがいいという
否定文には できないのでしょうか?

否定文は作れます。/You (may)might as well not~
という形になります。ですがこの場合は
「~するぐらいなら、"~しない方がずっとましだ"」というようなイメージになります。

例えば

I am bored at school, I might as well not go.
学校がつまらないなら、(どうせ退屈なら)行かない方がましだ

>may well は 否定文はできるのですか?

may well も否定は可能です。may well not~の形であらわせます。「おそらく~ではない」"可能性が低い" という解釈でとらえることができます。

なにかあればお知らせくださいね。

こんにちは。

might/may as well は割とくだけた口語的な表現方法なんですが、誰かに対して"~するべきだ" と提案する場合の用法です。他にもう良い手立てや使い道などがない場合に状況判断をする方法として使われます。
"may as well" の方が若干ですが限定の意味合いが強くなります。「~した方がいい」と解釈はできるのですが、"had better~" とはまた意味は別です。

Had better は、前提とした理由がしっかりとあり、また、その結果が悪くならないように提案する場合です。

You had better have so...続きを読む

QTo Kill a Mockingbird (アラバマ物語)と1930年

アラバマ物語という本を読んでいます。(To Kill a Mockingbird)
日本でも有名な本だと思うのですが、読んだ事がある方に質問です。(読んで無くても分かる方にも!)
この物語の舞台は1930年代のアメリカですが、1930年代といったら世界恐慌真っ只中です。そこで、本の中で世界恐慌の影響が現れている部分などがあれば教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
僕は、大学の英語の授業でこの作品を読んでいます。

その授業の中で、ちょうど「世界恐慌」との関連性について先生が触れていたので、端的にお話したいと思います。

まず、この物語の舞台は、作者による仮想の街ですが、深南部(Deep South)のMaycombです。
当時、その深南部に属するアラバマ州は「綿」の主な生センチでした。
しかし、世界恐慌により綿の流通がストップしてしまい、まだ不完全であったReconstruction(再構築:南北戦争後の北部による南部の再建施策)の為に、北部以上に経済的ダメージを受けました。
そのような状況がわかる例を何個か挙げたいと思います。

まず、Scoutが初めて学校に行って、担任教師Mrs.Caroloneが話した猫の物語に対する生徒たちの反応です。著作権の関係上、そのシーンを引用するわけにはいかないのですが、現実離れしたおとぎ話は、厳しい現実を忘れさせてくれるようなものとは受け取ることはできないのです。
ここに、まず、世界恐慌の影響が見受けられます。
また、担任教師Mrs.Caroloneがアルファベットを黒板に書いて、スカウトに読ませたシーンですが、そこでも、すでに字を読める生徒がたくさんいた。というのは、家の仕事が忙しく、学校に来れない生徒が、二年生に上がれず、またScoutと同じ一年生をやっているのです。つまり、人を雇うような余裕のない家が、子供までも仕事に駆り出しているのです。それほど、経済が大変な状況なのです。

次に、Scoutと同級生の家族、Cunninghams(カニンガム家)の状況です。普通、昼食は、家に一旦帰って食べるか、売店などで買うものです。しかし、カニンガム家のWalter(ウォルター)が買うお金がなかったということです。

Ewells(ユーウェル家)も、世界恐慌の影響で、白人の割に貧困な生活を送っていると思われます。このような白人たちを、Poor Whiteといいます。そのことは、彼らの使う英語からも容易に想像できます。
例は、原書の英語版をお読みになっているならお分かりでしょうが、日本人が学校で習うような文法一本の英語では全く理解できないような英語がたびたび登場します。I amをI areとか言ったり、seeの過去形をsawではなくseenを使ったり、絶対裁判のような場で使わない表現を使ったり・・・つまり、高等教育を受けていないのです。これも、Cunninghamsと同じような傾向を感じられます。

以上が、僕が大学での授業での開設を参考に考えた回答です。
正直、南北戦争後の再構築(Reconstruction)の影響と、頭の中でこんがらがってしまっていて、その影響ばかりかもしれませんが、参考にしていただければ幸いです。
それでは、失礼します。

こんにちは。
僕は、大学の英語の授業でこの作品を読んでいます。

その授業の中で、ちょうど「世界恐慌」との関連性について先生が触れていたので、端的にお話したいと思います。

まず、この物語の舞台は、作者による仮想の街ですが、深南部(Deep South)のMaycombです。
当時、その深南部に属するアラバマ州は「綿」の主な生センチでした。
しかし、世界恐慌により綿の流通がストップしてしまい、まだ不完全であったReconstruction(再構築:南北戦争後の北部による南部の再建施策)の為に、北部以上に...続きを読む

Qshouldとoughtの違いについて

He is a foreigner, and ought to be treated as such.
(彼は外国人であるから、外国人らしく待遇されるべきだ。)


例えば上の文章で、oughtをshouldで言い換えることは出来るのでしょうか?どのようなニュアンスの違いがあるのか教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

Gです。こんにちは、kasagurandingさん。

私なりに説明させてくださいね.

ほとんどの場合全く違いを感じません.

ただ、ought toは常識・慣習的観念からみて、「すべき」のフィーリングがあり、shouldはアドバイス的なフィーリングがあります.

1) You ought to read more books.
2) You should read more books.
の例を見ると、もっと本を読むべきだ、と言う事ですが、1)は学生だから、試験があるから、読むべきだ、読むのが当然/常識だ、と言うフィーリングが入っています.

それに較べ、2)は成績が悪いからアドバイスとして、漢字力が足りないと思えるからアドバイスとして、と言うようなフィーリングが入ってくるように思えます.

余談ですが、want toをwanna, going to をgonnaとするように、ought toをoughtaと話し言葉での使い方が普通になってきています.

もうひとつの余談ですが、書くときはShe ought not to と言う形で否定文にすべきとされていますが、アメリカでは、He shouldn't ought to do it,と言う形を使うこと/人が多いです. アメリカ英語なのかもしれませんね.

これでいいでしょうか。 分からない点がありましたら、補足質問してください。

Gです。こんにちは、kasagurandingさん。

私なりに説明させてくださいね.

ほとんどの場合全く違いを感じません.

ただ、ought toは常識・慣習的観念からみて、「すべき」のフィーリングがあり、shouldはアドバイス的なフィーリングがあります.

1) You ought to read more books.
2) You should read more books.
の例を見ると、もっと本を読むべきだ、と言う事ですが、1)は学生だから、試験があるから、読むべきだ、読むのが当然/常識だ、と言うフィーリングが入っています.

それに較べ、2)は...続きを読む

QTo be or not to be の意味を教えてください

To be or not to be の意味を教えてください。
お願いしますm(__)m

Aベストアンサー

アメリカに35年半住んでいる者です。

私なりに書かせてくださいね。

シェイクスピアを知っている人はそれなりに訳を知っていることになりますね. しかし、今の時代にこれをいうことはシェイクスピアとは関係なく、~になるか(なり下がるか)ならないか、と言う意味にとります.

つまり、この中途半端な文章を使い、護身術では、To be or not to be,,,,,, a rape victim!!と言う言い方をして、レイプの犠牲者になりたいのかなりたくないのか、答えは出ているよね.と言う具合に使えるわけです.

また、シェイクスピアの事を知っている人なら、この後の、that is the question.を強調する為に使う言い方としても使います.

つまり、大学へ行くべきがそれとも好きな職につくべきか、と言う迷いがあるときに、相談された人は、To be or not to be.,,,,,,と考え込む、と言う使い方ですね.

最近ボーリングの質問がありましたが、10フレーム目で、この三つをストライクで決めればパーフェクトゲーム. この時点では誰もが感じるchokeの場面です. ボールを投げる前に、余裕のあるところを見せるために、Hamlet, you are not the only one to suffer. Me, too. To be or not to be!! This ball is the answer!! とみんなが聞こえるように言って、そして、みんなが見ている前で、胸に十字を切ってボールを投げる状況ですね. なかなかの役者だともいえますね。

と言う事で、どのように使われているかという視点で書かせてもらいました.

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに35年半住んでいる者です。

私なりに書かせてくださいね。

シェイクスピアを知っている人はそれなりに訳を知っていることになりますね. しかし、今の時代にこれをいうことはシェイクスピアとは関係なく、~になるか(なり下がるか)ならないか、と言う意味にとります.

つまり、この中途半端な文章を使い、護身術では、To be or not to be,,,,,, a rape victim!!と言う言い方をして、レイプの犠牲者になりたいのかなりたくないのか、答えは出ているよね.と言う具合に使えるわけです.

また、シ...続きを読む

Qtry to doとtry doingのちがい

現在形
try to do しようと努力する(まだしていない) try doingためしにやってみる(まだしていない)
過去形
tried to doしようと努力した(まだしていない) tried doingためしにやってみた(すでにした)
未来形
will try to doしようと努力するつもりです。 will try doingためしにやってみるつもりです。
結局、過去形以外はなにがちがうかピンときません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

try to do ~しようとする

try doing 試しに~してみる

不定詞は、未来に気持ちが向かっている が基本的な意味です。前置詞の to Osaka も 大阪へ という意味ですが、同じように大阪に気持ちが向かっていますね。不定詞の to と 前置詞の to はまったく関係がないわけではありません。

動名詞は 一般的なこと、あるいは済んでしまったことを意味します.

I tried to eat sushi. 私はすしを食べてみようとした(実際に食べたかどうかは分かりません)

I tried eating sushi. 私は試しにすしを食べてみた(食べたことははっきりしています)

try to do は やってみようという気持ちがあった ということを言っているだけです.

QTO DOリストとは何ですか

TO DOリストとは何ですか
TO DOリストとは何でしょうか。
パソコンやXperiaで使うことができるのでしょうか。
どうやって作るのでしょうか。

Aベストアンサー

TO DOリストとは「やらなければいけない事」の覚書です。

多岐にわたる仕事をしていると、いつまでに何を仕上げなければいけないか、忘れてしまう場合があります。また複数のメンバーで順に仕事をしていると終わっていない仕事が何か分かりにくくなります。それらを管理することを目的とします。

パソコンのソフトにフォーマットが入っている場合もあります。
システム手帳でもフォーマットが用意されているものもあります。
どんなツールを使うかは、そのリストを、何人で、どんなふうに使うかによりますね。

作り方も細かなところは自由です。
私が使っている項目は次の通りです。
・何をするのか
・締め切りはいつか
・他の作業との兼ね合いはあるのか
・誰がいつ仕上げたのか
・完成した報告はどこへするのか
ご自分の目的に合った使い方とフォーマットにしないと、リスト管理が目的にすりかわってしまいますから要注意です。

Q他動詞と自動詞の一番いい見分け方!最終結論

他動詞と自動詞の区別の仕方として一番いけてる方法は

有名な塾の先生が書いている参考書などを見て一覧表を
覚える

しかないのでしょうか?
(これ以上すばらしい他動詞と自動詞の瞬間的な見分け方を答えた人は今までにいません。だれか、スパッっと納得のいく見分け方を答えられる方はいないのでしょうか?失礼ですが)

参考書に書いてあるのは、せいぜい10個~20個くらいです。
しかし、テストでは絶対と言っていいほど、それ以外のものが出題されたりします。
で、今過去10年分の全大学の入試問題を見て、他動詞、自動詞の完全一覧表を作成しています。
完全一覧表というのは、なかなかありません。

それをつくって覚えるしか方法はないという結論なのでしょうか?

Aベストアンサー

日本語の自動詞と他動詞って暗記してますか?
してないですよね?

世の中の過半数が「まず先に文法ありき」と勘違いしてるんですが、
「文法」というのは、出来ちゃった結婚とか、新しい制度・法律の制定と同じことで、
まず既成事実があって、それに後から理屈を付け加えてるだけなんですよ。

・コマを回す → あ、そーか。「を」は他動詞の前に付くんだな
  ということは、「を」の後ろは他動詞だ。

・コマが回る → あ、そーか。「が」は自動詞の前に付くんだな
  ということは、「が」の後ろは自動詞だ。
  ふむふむ。


私が、かつて、北米からの留学生数人と友人関係にあった頃がありまして、ある日の、彼らとの会話。

私「日本では、SVOとかSVOCとかいうふうに英語を教えるんだよ」
留学生「なんじゃそりゃ?」(=意訳です)
私「SはSubjectで、VはVerbで・・・」
留学生「ははーん、それか。ところで、Cって何?」
私(英和辞書の中の“complement”を指差しながら)
 「これだよ。」
留学生「なんじゃそりゃ?」(=意訳です)

というわけで、
あまり、真正面から「文法」にぶち当たったり、暗記とかしなくていいですよ。
(go went gone とかを覚えるのはしょうがないですが)


コツだけ教えます。

I watched TV. 他動詞
She plays tennis. 他動詞
I speak English. 他動詞
Let's discuss Japanese music. 他動詞
(I) Thank you. 他動詞
I attended the meeting. 他動詞

I looked at her. 自動詞
(You) Listen to me. 自動詞
He comes to school by bus. 自動詞
Let's talk about Japanese music. 自動詞

自動詞って、後ろに名詞をくっ付けるときに、なんか間に入れますよね?

つまり、理屈ぬきで
looked at
listen to
comes to
talk about
というようなセットで覚えればいいんです。
つまり、「単語」ではなく「熟語」として覚えます。
自分の耳と口で、リズムで覚えればいいんです。

英語圏の子供達は「文法」は習わなくても、耳で「使える英語」は覚えます。

その「使える英語」という既成事実に、文法という理屈が、後から付いてきてるだけです。


だいぶ前にテレビで見たんですが、
芸能人(名前忘れた)が、学生時代の英語の授業の思い出を語ってました。
その英語の先生というのが面白い人で、
「discuss about, discuss about, discuss about」
と3回連呼した後、
「どーだ、お前ら。これで、お前らは一生"discuss about"って間違うようになるぞ。ざまあ見ろ。」
と言ったんだそうです。(笑)

日本語の自動詞と他動詞って暗記してますか?
してないですよね?

世の中の過半数が「まず先に文法ありき」と勘違いしてるんですが、
「文法」というのは、出来ちゃった結婚とか、新しい制度・法律の制定と同じことで、
まず既成事実があって、それに後から理屈を付け加えてるだけなんですよ。

・コマを回す → あ、そーか。「を」は他動詞の前に付くんだな
  ということは、「を」の後ろは他動詞だ。

・コマが回る → あ、そーか。「が」は自動詞の前に付くんだな
  ということは、「が」の...続きを読む

Q受け身について。なぜ「I want to eat something.

受け身について。なぜ「I want to eat something.」は「To eat is wanted something by me.」の受け身に出来ないのですか?

Aベストアンサー

>このことから不定詞を主語にした受動態は通常ありえないことが分かります。

 同じ不定詞を用いた英文でも、下記のような英文であれば受動態は可能です。(仮主語を用いるという条件がつきますが・・・。)

(1) We decided to go there at once.

  → To go there at once was decided.
  → It was decided to go there at once.

(2) They preferred to play tennis (than ...).

  → To play tennis was preferred (than ...).
  → It was preferred to play tennis (than ...).

 このような受動態が容認される理由としては、「decide」や「prefer」という動詞を用いた場合には「不定詞が表す行為」が「主語が行う行為」の影響を受けるということでしょう。

 すなわち、「決める」とか「好む=選ぶ」という行為は「その動詞の行為の後で、不定詞の行為が行われること」が予測可能だからだと思います。

 「want」という動詞の場合には「望んでいる」だけで「その行為がすぐに行われるわけではない」という感じがします。

 「decide」や「prefer」が「目的語が主語の行為によって受ける影響(変化)」を表しているのに対して、「want」という動詞は主語と目的語の間の「単なる関係」を示していると言って良いでしょう。この点が両者を見分ける一番のポイントのような気がします。

 今回のご質問は、おそらく下記の質問に対する回答(No.9)の中でなされている解説(?)をもとにしたものだと思いますが、そもそも「I want to eat something.」という英文を(その目的語を主語にした)受動態にするという発想をすること自体に問題があるのではないかという印象を受けます。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6247350.html

 私たち(回答者)は自分の考えの正当性を訴えるために様々な理屈を考えようとします。しかし、十分な知識や裏付けがないまま自分の頭の中で(根拠が伴わない)理屈を重ねるうちにとんでもない発想をしてしまいことがあり得ます。十分に気をつけたいものです。

 今回の疑問に対する回答は、「『SVO』という文型を持った英文がすべて受動態にできるわけではない」ということで良いのではないでしょうか。

 そして、それを判断するポイントは「主語(行為者)の行う行為によって目的語(受動者)が受ける影響(変化)の有無」だと思います。

 ご参考になれば・・・。






 

  

>このことから不定詞を主語にした受動態は通常ありえないことが分かります。

 同じ不定詞を用いた英文でも、下記のような英文であれば受動態は可能です。(仮主語を用いるという条件がつきますが・・・。)

(1) We decided to go there at once.

  → To go there at once was decided.
  → It was decided to go there at once.

(2) They preferred to play tennis (than ...).

  → To play tennis was preferred (than ...).
  → It was preferred to play tennis (than ...).

 このような...続きを読む

Q次の問題を教えてください。 (1) It continued to rain for three d

次の問題を教えてください。

(1) It continued to rain for three days without stopping.The () rainfall caused a flood.

①invisible ②imminent ③inbuilt ④incessant

(2) The policy of the government continued unchanged. In these circumstances,war was ().

①inclusive ②indecisive ③inevitable ④inclined

(3) Elaborate preparations are essential. They are () to the success of any expedition.

①indifferent ②prevalent ③indispensable ④preoccupied

(4) Many of those who survived the crash claimed that they had experienced a () sense of life's value in the days following the accident.

①hopeless ②heightened ③hideous ④hormonal

(5) He was rejected by all the top schools in the country and it made him terribly ().

①impressed ②depressed ③expressed ④repressed

次の問題を教えてください。

(1) It continued to rain for three days without stopping.The () rainfall caused a flood.

①invisible ②imminent ③inbuilt ④incessant

(2) The policy of the government continued unchanged. In these circumstances,war was ().

①inclusive ②indecisive ③inevitable ④inclined

(3) Elaborate preparations are essential. They are () to the success of any expedition.

①indifferent ②prevalent ③indispensable ④preoccupied

(4) Many of those who survived the cra...続きを読む

Aベストアンサー

(1) It continued to rain for three days without stopping.The () rainfall caused a flood.

答えは④。絶え間ないという意味。

(2) The policy of the government continued unchanged. In these circumstances,war was ().

答えは③。避けられないという意味。

(3) Elaborate preparations are essential. They are () to the success of any expedition.

答えは③。不可欠なという意味。

(4) Many of those who survived the crash claimed that they had experienced a () sense of life's value in the days following the accident.

答えは②。高められたという意味。

(5) He was rejected by all the top schools in the country and it made him terribly ().

答えは②。落ち込んでという意味。

(1) It continued to rain for three days without stopping.The () rainfall caused a flood.

答えは④。絶え間ないという意味。

(2) The policy of the government continued unchanged. In these circumstances,war was ().

答えは③。避けられないという意味。

(3) Elaborate preparations are essential. They are () to the success of any expedition.

答えは③。不可欠なという意味。

(4) Many of those who survived the crash claimed that they had experienced a () sense of life's v...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A